研究者データベース

大田 ゆかり
オオタ ユカリ
食健康科学教育研究センター
講師
Last Updated :2022/11/15

研究者基本情報

研究者

  • 氏名

    大田 ゆかり, オオタ ユカリ

所属

  • 食健康科学教育研究センター, 講師

基本情報

  • 研究者氏名(日本語)

    大田, ゆかり
  • 研究者氏名(カナ)

    オオタ, ユカリ

所属

  • 群馬大学, 食健康科学教育研究センター, 講師
  • 群馬大学, 食健康科学教育研究センター, 講師

所属部局等

  • 所属情報

    食健康科学教育研究センター

学位

  • 博士(工学)
  • 博士(工学)
  • 博士(工学)

所属学協会

  • マリンバイオテクノロジー学会
  • 日本木材学会
  • リグニン学会
  • 日本応用糖質学会
  • 日本農芸化学会

経歴

  • 2017年04月, 2017年09月, 京都大学大学院農学研究科, 非常勤講師
  • 2016年04月, 2019年03月, 国立研究開発法人海洋研究開発機構, 深海バイオ応用研究開発グループ, グループリーダー代理
  • 2019年04月, 2020年03月, 国立研究開発法人海洋研究開発機構, 超先鋭研究開発部門超先鋭研究プログラム, 招聘研究員
  • 2019年03月, 9999年, 群馬大学, 食健康科学教育研究センター, 講師
  • 2009年04月, 2014年03月, 独立行政法人海洋研究開発機構, 主任研究員
  • 2007年04月, 2009年03月, 独立行政法人海洋研究開発機構, 研究員
  • 2014年04月, 2016年03月, 独立行政法人海洋研究開発機構, 主任技術研究員

研究活動情報

研究分野

  • ライフサイエンス, 応用生物化学
  • 人文・社会, 家政学、生活科学
  • ライフサイエンス, 食品科学
  • ライフサイエンス, 応用微生物学
  • 環境・農学, 環境農学, バイオマス
  • 環境・農学, 環境材料、リサイクル技術

研究キーワード

  • リグニン
  • 遺伝子資源
  • 深海微生物
  • オリゴ糖
  • 食品安全性
  • カラギナーゼ
  • アガラーゼ
  • 食品分析
  • 食品機能性
  • バイオマス
  • グルタチオン転移酵素
  • 生分解性プラスチック

論文

  • Degradation of ester linkages in rice straw components by Sphingobium species recovered from the sea bottom using a non‐secretory tannase‐family α/β hydrolase, Yukari Ohta; Madoka Katsumata; Kanako Kurosawa; Yoshihiro Takaki; Hiroshi Nishimura; Takashi Watanabe; Ken‐ichi Kasuya, 2021年05月03日, Environmental Microbiology, 研究論文(学術雑誌)
  • Characterization of a poly(butylene adipate-co-terephthalate) hydrolase from the mesophilic actinobacteria Rhodococcus fascians, Phouvilay Soulenthone; Yuya Tachibana; Miwa Suzuki; Tsukasa Mizuno; Yukari Ohta; Ken-ichi Kasuya, 2021年02月, Polymer Degradation and Stability, 184, 109481, 109481, 研究論文(学術雑誌)
  • Characterization of a mesophilic actinobacteria that degrades poly(butylene adipate-co-terephthalate), Phouvilay Soulenthone; Yuya Tachibana; Fumihiro Muroi; Miwa Suzuki; Nariaki Ishii; Yukari Ohta; Ken-ichi Kasuya, 2020年11月, Polymer Degradation and Stability, 181, 109335, 109335, 研究論文(学術雑誌)
  • Chemical and genomic analyses of polycyclic aromatic hydrocarbon biodegradation in Sphingobium barthaii KK22 reveals divergent pathways in soil sphingomonads, Allyn H. Maeda; Shinro Nishi; Yuji Hatada; Yukari Ohta; Kanna Misaka; Marie Kunihiro; Jiro F. Mori; Robert A. Kanaly, 2020年07月, International Biodeterioration & Biodegradation, 151, 104993, 104993, 研究論文(学術雑誌)
  • 人工漆材料の最前線 : 再生可能バイオマスを原料とする人工漆材料の創製, 磯﨑 勝弘;縣 亮介;松田 博;中村 正治;池永 誠;橘 洋一;大田 ゆかり, 2020年, 塗装工学, Journal of Japan Coating Technology Association, 55, 1, 18, 26
  • Complete Genome Sequence of Sphingobium sp. Strain YG1, a Lignin Model Dimer-Metabolizing Bacterium Isolated from Sediment in Kagoshima Bay, Japan, Yukari Ohta; Yasuhiro Shimane; Shinro Nishi; Junko Ichikawa; Kanako Kurosawa; Taishi Tsubouchi; Shun'ichi Ishii, 2018年04月26日, Genome Announcements, 6, 17, 研究論文(学術雑誌)
  • Complete genome sequence of Altererythrobacter sp. strain B11, an aromatic monomer-degrading bacterium, isolated from deep-sea sediment under the seabed offKashima, Japan, Allyn H. Maeda; Shinro Nishi; Shun'ichi Ishii; Yasuhiro Shimane; Hideki Kobayashi; Junko Ichikawa; Kanako Kurosawa; Wataru Arai; Hideto Takami; Yukari Ohta, 2018年03月01日, Genome Announcements, 6, 12, 研究論文(学術雑誌)
  • Producing Functional Chemicals From Wood Lignin Using Marine Bacteria Enzymes, Yukari Ohta, 2018年02月, Convertec International, Convertec International, 2, 66, 70, 研究論文(学術雑誌)
  • Enzymatic Specific Production and Chemical Functionalization of Phenylpropanone Platform Monomers from Lignin, Yukari Ohta; Ryoichi Hasegawa; Kanako Kurosawa; Allyn H. Maeda; Toshio Koizumi; Hiroshi Nishimura; Hitomi Okada; Chen Qu; Kaori Saito; Takashi Watanabe; Yuji Hatada, 2017年01月, CHEMSUSCHEM, 10, 2, 425, 433, 研究論文(学術雑誌)
  • Combination of six enzymes of a marine Novosphingobium converts the stereoisomers of β-O-4 lignin model dimers into the respective monomers, Ohta Y; Nishi S; Hasegawa R; Hatada Y, 2015年10月, Scientific Reports, SCIENTIFIC REPORTS, 5, 研究論文(学術雑誌)
  • Involvement of flocculin in negative potential-applied ITO electrode adhesion of yeast cells, Sumihiro Koyama; Taishi Tsubouchi; Keiko Usui; Katsuyuki Uematsu; Akihiro Tame; Yuichi Nogi; Yukari Ohta; Yuji Hatada; Chiaki Kato; Tetsuya Miwa; Takashi Toyofuku; Takehiko Nagahama; Masaaki Konishi; Yuriko Nagano; Fumiyoshi Abe, 2015年09月, FEMS YEAST RESEARCH, 15, 6, 研究論文(学術雑誌)
  • Crystal structure of the catalytic domain of a GH16 β-agarase from a deep-sea bacterium, Microbulbifer thermotolerans JAMB-A94, Takagi E; Hatada Y; Akita M; Ohta Y; Yokoi G; Miyazaki T; Nishikawa A; Tonozuka T, 2015年, Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, Bioscience, Biotechnology and Biochemistry, 79, 4, 625, 632, 研究論文(学術雑誌)
  • Draft genome sequence of Novosphingobium sp. strain MBES04, isolated from sunken wood from Suruga Bay, Japan, Yukari Ohta; Shinro Nishi; Kiwa Kobayashi; Taishi Tsubouchi; Kagami Iida; Akiko Tanizaki; Kanako Kurosawa; Akiko Adachi; Mizue Nishihara; Reona Sato; Ryoichi Hasegawa; Yuji Hatada, 2015年, Genome Announcements, 3, 1, 研究論文(学術雑誌)
  • Thalassospira alkalitolerans sp. nov. and Thalassospira mesophila sp. nov., isolated from a decaying bamboo sunken in the marine environment, and emended description of the genus Thalassospira., Tsubouchi T; Ohta Y; Haga T; Usui K; Shimane Y; Mori K; Tanizaki A; Adachi A; Kobayashi K; Yukawa K; Takagi E; Tame A; Uematsu K; Maruyama T; Hatada Y, 2014年09月, International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology, International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology, 64, 1, 107, 115, 研究論文(学術雑誌)
  • Enhancing thermostability and the structural characterization of Microbacterium saccharophilum K-1 β-fructofuranosidase., Ohta Y; Hatada Y; Hidaka Y; Shimane Y; Usui K; Ito T; Fujita K; Yokoi G; Mori M; Sato S; Miyazaki T; Nishikawa A; Tonozuka T, 2014年08月, Applied Microbiology and Biotechnology, APPLIED MICROBIOLOGY AND BIOTECHNOLOGY, 98, 15, 6667, 6677, 研究論文(学術雑誌)
  • Thermophilic and halophilic β-agarase from a halophilic archaeon Halococcus sp. 197A, Minegishi H; Shimane Y; Echigo A; Ohta Y; Hatada Y; Kamekura M; Maruyama T; Usami R, 2013年11月, Extremophiles, EXTREMOPHILES, 17, 6, 931, 939, 研究論文(学術雑誌)
  • Microbacterium saccharophilum sp nova, isolated from a sucrose-refining factory, Yukari Ohta; Tetsuya Ito; Kozue Mori; Shinro Nishi; Yasuhiro Shimane; Katsuhiko Mikuni; Yuji Hatada, 2013年08月, INTERNATIONAL JOURNAL OF SYSTEMATIC AND EVOLUTIONARY MICROBIOLOGY, 63, 8, 2765, 2769, 研究論文(学術雑誌)
  • Attachment and Detachment of Living Microorganisms Using a Potential-Controlled Electrode, Sumihiro Koyama; Masa-aki Konishi; Yukari Ohta; Tetsuya Miwa; Yuji Hatada; Takashi Toyofuku; Tadashi Maruyama; Yuichi Nogi; Chiaki Kato; Taishi Tsubouchi, 2013年08月, MARINE BIOTECHNOLOGY, 15, 4, 461, 475, 研究論文(学術雑誌)
  • Salinisphaera japonica sp. nov., a moderately halophilic bacterium isolated from the surface of a deep-sea fish, malacocottus gibber, and emended description of the genus salinisphaera, Yasuhiro Shimane; Yusuke Tsuruwaka; Masayuki Miyazaki; Kozue Mori; Hiroaki Minegishi; Akinobu Echigo; Yukari Ohta; Tadashi Maruyama; William D. Grant; Yuji Hatada, 2013年06月01日, International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology, 63, 6, 2180, 2185, 研究論文(学術雑誌)
  • Draft genome sequence of Sphingobium sp. strain KK22, a high-molecular-weight polycyclic aromatic hydrocarbon-degrading bacterium isolated from cattle pasture soil, Allyn H. Maeda; Shinro Nishi; Yasuhiro Ozeki; Yukari Ohta; Yuji Hatada; Robert A. Kanaly, 2013年, Genome Announcements, 1, 6, 研究論文(学術雑誌)
  • Crystal structure of a lactosucrose-producing enzyme, Arthrobacter sp. K-1 β-fructofuranosidase., Tonozuka T; Tamaki A; Yokoi G; Miyazaki T; Ichikawa M; Nishikawa A; Ohta Y; Hidaka Y; Katayama K; Hatada Y; Ito T; Fujita K, 2012年12月, Enzyme and Microbial Technology, ENZYME AND MICROBIAL TECHNOLOGY, 51, 6-7, 359, 365, 研究論文(学術雑誌)
  • Unique substrate specificity of a thermostable glycosyl hydrolase from an uncultured Anaerolinea, derived from bacterial mat on a subsurface geothermal water stream, Masaaki Konishi; Shinro Nishi; Hideto Takami; Yasuhiro Shimane; Yuriko Nagano; Kozue Mori; Yukari Ohta; Yuji Hatada, 2012年10月, BIOTECHNOLOGY LETTERS, 34, 10, 1887, 1893, 研究論文(学術雑誌)
  • Screening and phylogenetic analysis of deep-sea bacteria capable of metabolizing lignin-derived aromatic compounds, Y. Ohta; S. Nishi; T. Haga; T. Tsubouchi; R. Hasegawa; M. Konishi; Y. Nagano; Y. Tsuruwaka; Y. Shimane; K. Mori; K. Usui; E. Suda; K. Tsutsui; A. Nishimoto; Y. Fujiwara; T. Maruyama; Y. Hatada, 2012年10月, Open Journal of Marine Science, Open Journal of Marine Science, 2, 4, 177, 187, 研究論文(学術雑誌)
  • Hyper-production and characterization of the ι-carrageenase useful for ι-carrageenan oligosaccharide production from a deep-sea bacterium, Microbulbifer thermotolerans JAMB-A94T, and insight into the unusual catalytic mechanism., Hatada Y; Mizuno M; Li Z; Ohta Y, 2011年06月, Marine Biotechnology, MARINE BIOTECHNOLOGY, 13, 3, 411, 422, 研究論文(学術雑誌)
  • Biochemical synthesis of novel, self-assembling glycolipids from ricinoleic acid by a recombinant α-glucosidase from Geobacillus sp., Konishi MA; Fukuoka T; Shimane Y; Mori K; Nagano Y; Ohta Y; Kitamoto D; Hatada Y, 2011年01月, Biotechnology Letters, BIOTECHNOLOGY LETTERS, 33, 1, 139, 145, 研究論文(学術雑誌)
  • Salarchaeum japonicum gen. nov., sp. nov., an aerobic, extremely halophilic member of the Archaea isolated from commercial salt made in Okinawa, Japan, Shimane Y; Hatada Y; Minegishi H; Echigo A; Nagaoka S; Miyazaki M; Ohta Y; Maruyama T; Usami R; Grant WD; Horikoshi K, 2011年01月, International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology, International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology, 61, 2266, 2270, 研究論文(学術雑誌)
  • Natronoarchaeum mannanilyticum gen. nov., sp. nov., an aerobic, extremely halophilic archaeon isolated from commercial salt, Yasuhiro Shimane; Yuji Hatada; Hiroaki Minegishi; Toru Mizuki; Akinobu Echigo; Masayuki Miyazaki; Yukari Ohta; Ron Usami; William D. Grant; Koki Horikoshi, 2010年11月, INTERNATIONAL JOURNAL OF SYSTEMATIC AND EVOLUTIONARY MICROBIOLOGY, 60, 11, 2529, 2534, 研究論文(学術雑誌)
  • Microbulbifer agarilyticus sp nov and Microbulbifer thermotolerans sp nov., agar-degrading bacteria isolated from deep-sea sediment, Masayuki Miyazaki; Yuichi Nogi; Yukari Ohta; Yuji Hatada; Yoshihiro Fujiwara; Susumu Ito; Koki Horikoshi, 2008年05月, INTERNATIONAL JOURNAL OF SYSTEMATIC AND EVOLUTIONARY MICROBIOLOGY, 58, 5, 1128, 1133, 研究論文(学術雑誌)
  • Hyperproduction and application of alpha-agarase to enzymatic enhancement of antioxidant activity of porphyran, Yuji Hatada; Yukari Ohta; Koki Horikoshi, 2006年12月, JOURNAL OF AGRICULTURAL AND FOOD CHEMISTRY, 54, 26, 9895, 9900, 研究論文(学術雑誌)
  • A novel enzyme, lambda-carrageenase, isolated from a deep-sea bacterium, Yukari Ohta; Yuji Hatada, 2006年10月, JOURNAL OF BIOCHEMISTRY, 140, 4, 475, 481, 研究論文(学術雑誌)
  • Oxidatively stable maltopentaose-producing α-amylase from a deep-sea Bacillus isolate, and mechanism of its oxidative stability validated by site-directed mutagenesis, Hatada Y; Masuda N; Akita M; Miyazaki M; Ohta Y; Horikoshi K, 2006年10月, Enzyme and Microbial Technology, ENZYME AND MICROBIAL TECHNOLOGY, 39, 6, 1333, 1340, 研究論文(学術雑誌)
  • Sequence of the gene for a high-alkaline mannanase from an alkaliphilic Bacillus sp strain JAMB-750, its expression in Bacillus subtilis and characterization of the recombinant enzyme, Y Hatada; N Takeda; K Hirasawa; Y Ohta; R Usami; Y Yoshida; WD Grant; S Ito; K Horikoshi, 2005年12月, EXTREMOPHILES, 9, 6, 497, 500, 研究論文(学術雑誌)
  • α-Glucosidase from a strain of deep-sea Geobacillus: a potential enzyme for the biosynthesis of complex carbohydrates., Hung VS; Hatada Y; Goda S; Lu J; Hidaka Y; Li Z; Akita M; Ohta Y; Watanabe K; Matsui H; Ito S; Horikoshi K, 2005年10月, Applied Microbiology and Biotechnology, APPLIED MICROBIOLOGY AND BIOTECHNOLOGY, 68, 6, 757, 765, 研究論文(学術雑誌)
  • Purification and Characterization of a Novel α-Agarase from a Thalassomonas sp., Ohta Y; Hatada Y; Miyazaki M; Nogi Y; Ito S; Horikoshi K, 2005年04月, Current Microbiology, CURRENT MICROBIOLOGY, 50, 4, 212, 216, 研究論文(学術雑誌)
  • High-level expression of a neoagarobiose-producing β-agarase gene from Agarivorans sp JAMB-A11 in Bacillus subtilis and enzymic properties of the recombinant enzyme., Ohta Y; Hatada Y; Ito S; Horikoshi K, 2005年04月, Biotechnology and Applied Biochemistry, BIOTECHNOLOGY AND APPLIED BIOCHEMISTRY, 41, 2, 183, 191, 研究論文(学術雑誌)
  • Deep-sea Microbulbifer sp. that produce industrially useful agarases, Yukari Ohta; Yuji Hatada; Yuichi Nogi; Susumu Ito; Koki Horikoshi, 2005年, Current Topics in Biotechnology, 2, 87, 91
  • Cloning, expression, and characterization of a glycoside hydrolase family 86 β-agarase from a deep-sea Microbulbifer-like isolate, Ohta Y; Hatada Y; Nogi Y; Li Z; Ito S; Horikoshi K, 2004年12月, Applied Microbiology and Biotechnology, APPLIED MICROBIOLOGY AND BIOTECHNOLOGY, 66, 3, 266, 275, 研究論文(学術雑誌)
  • Hyper-production of an isomalto-dextranase of an Arthrobacter sp by a proteases-deficient Bacillus subtilis: sequencing, properties, and crystallization of the recombinant enzyme, Y Hatada; Y Hidaka; Y Nogi; K Uchimura; K Katayama; Z Li; M Akita; Y Ohta; S Goda; H Ito; H Matsui; S Ito; K Horikoshi, 2004年10月, APPLIED MICROBIOLOGY AND BIOTECHNOLOGY, 65, 5, 583, 592, 研究論文(学術雑誌)
  • Thermostable β-Agarase from a Deep-sea Microbulbifer Isolate, Ohta Y; Hatada Y; Nogi Y; Li Z; Zhang HM; Ito S; Horikoshi K, 2004年10月, Journal of Applied Glycoscience, Journal of Applied Glycoscience, 51, 3, 203, 210, 研究論文(学術雑誌)
  • Enzymatic properties and nucleotide and amino acid sequences of a thermostable β-Agarase from a novel species of deep-sea Microbulbifer, Ohta Y; Hatada Y; Nogi Y; Miyazaki M; Li Z; Akita M; Hidaka Y; Goda S; Ito S; Horikoshi K, 2004年05月, Applied Microbiology and Biotechnology, APPLIED MICROBIOLOGY AND BIOTECHNOLOGY, 64, 4, 505, 514, 研究論文(学術雑誌)
  • Enzymatic properties and nucleotide and amino acid sequences of a thermostable beta-agarase from the novel marine isolate, JAMB-A94, Y Ohta; Y Nogi; M Miyazaki; ZJ Li; Y Hatada; S Ito; K Horikoshi, 2004年05月, BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY, 68, 5, 1073, 1081, 研究論文(学術雑誌)
  • Crystallization and preliminary X-ray study of gamma-type cyclodextrin glycosyltransferase from Bacillus clarkii, M Akita; Y Hatada; Y Hidaka; Y Ohta; M Takada; Y Nakagawa; K Ogawa; T Nakakuki; S Ito; K Horikoshi, 2004年03月, ACTA CRYSTALLOGRAPHICA SECTION D-BIOLOGICAL CRYSTALLOGRAPHY, 60, 3, 586, 587, 研究論文(学術雑誌)
  • Development of a useful vector system that enables visual detection of inhibitors of nucleic acid synthesis, K Yuasa; T Kumagai; Y Ohta; M Sugiyama, 1997年, JOURNAL OF FERMENTATION AND BIOENGINEERING, 84, 2, 155, 157, 研究論文(学術雑誌)
  • Kinetic-studies of Streptomycin uptake implicated in self-resistance in a Streptomycin producer., Masanori Sugiyama; Seiji Mizuno; Ohta Y; Mochizuki H; Nimi O, 1990年11月, Biotecnology Letter, Biotecnology Letter, 12, 1, 1, 6, 研究論文(学術雑誌)
  • Novel glycolipid-type surfactants synthesized by a recombinant α-glucosidase of Geobacillus sp. HTA-462, a deep-sea microorganism, Masaaki Konishi; Tokuma Fukuoka; Kozue Mori; Yuriko Nagano; Yukari Ohta; Dai Kitamoto, 2010年11月, Journal of Biotechnology, 150, 408, 409, 研究論文(学術雑誌)
  • 深海から分離した Microbulbifer 属細菌の耐熱性β-アガラーゼ, 大田 ゆかり;秦田 勇二;能木 裕一;李 志軍;張 慧敏;伊藤 進;堀越 弘毅, 2004年07月, Journal of applied glycoscience, Journal of applied glycoscience, 51, 3, 203, 210
  • 深海微生物から有用酵素を探し出す : 特異な活性を示す新規アガラーゼの発見, 大田 ゆかり;秦田 勇二, 2004年11月, 化学と生物, 42, 11, 706, 707
  • 過酷な環境を生きる深海微生物から取得した新規有用酵素とその応用, 大田 ゆかり;小西 正朗;長野 由梨子;森 梢;嶋根 康弘;矢島 好文;鶴若 祐介;泰田 勇二, 2010年10月, 高圧討論会講演集, 51
  • 過酷な環境を生きる深海微生物の新規な難分解性多糖分解酵素, 大田 ゆかり;秦田 勇二, 2010年11月, 高圧力の科学と技術 = The Review of high pressure science and technology, The Review of High Pressure Science and Technology, 20, 4, 354, 361
  • 深海微生物に期待!, 秦田 勇二;宮崎 征行;大田 ゆかり, 2013年02月, 化学と生物, KAGAKU TO SEIBUTSU, 51, 2, 104, 110
  • 354 抗癌抗生物資ブレオマイシン生産菌のblmA遺伝子の構造と機能, 大田 ゆかり;杉山 政則;Oavies J. E., 1991年, 日本醗酵工学会大会講演要旨集, 3
  • 深海微生物の生産する有用酵素, 大田 ゆかり;秦田 勇二;宮崎 征行;掘越 弘毅, 2005年10月, 生物工学会誌 : seibutsu-kogaku kaishi, 83, 10, 479, 581
  • 2Ga11 電極基板上における生きた微生物の付着配置および剥離の制御(セル&ティッシュエンジニアリング,一般講演), 小山 純弘;坪内 泰志;小西 正朗;大田 ゆかり;秦田 勇二;丸山 正;能木 裕一;加藤 千明, 2011年, 日本生物工学会大会講演要旨集, 63
  • 【トピックス:技術紹介】 深海微生物より発見された海藻多糖分解酵素・その解析と応用, 秦田 勇二;大田 ゆかり, 2011年, 応用糖質科学:日本応用糖質科学会誌, Bulletin of Applied Glycoscience, 1, 4, 339, 341
  • 1P-255 透明電極基板を用いた酵母の電気回収技術(バイオプロセス,一般講演), 小山 純弘;坪内 泰志;能木 裕一;臼井 けい子;植松 勝之;多米 晃裕;伊東 孝洋;小林 健二;大田 ゆかり;加藤 千明;長濱 統彦;小西 正朗;豊福 高志;三輪 哲也;阿部 文快;長野 由梨子;秦田 勇二;丸山 正, 2014年, 日本生物工学会大会講演要旨集, 66
  • 深海から分離したMicrobulbifer属細菌の耐熱性β-アガラーゼ, 大田 ゆかり;秦田 勇二;能木 裕一;李 志軍;張 慧敏;伊藤 進;掘越 弘毅, 2004年, Journal of Applied Glycoscience, Journal of Applied Glycoscience, 51, 3, 203, 210
  • 深海バイオリソース応用研究―深海微生物からの新規有用酵素探索―:-深海微生物からの新規有用酵素探索-, 秦田 勇二;能木 裕一;宮崎 征行;大田 ゆかり, 2009年, 極限環境微生物学会誌, Journal of Japanese Society for Extremophiles, 8, 2, 85, 91
  • 海洋微生物からの有用機能の探索とその応用:生活や環境保全に微生物酵素を役立てる, 大田 ゆかり, 2019年, 化学と生物, KAGAKU TO SEIBUTSU, 57, 3, 167, 172
  • 深海微生物の有用性 (総特集 マリンゲノムの展開(下)深海微生物のゲノム生物学), 大田 ゆかり;日高 祐子;秦田 勇二, 2004年09月, 海洋, Kaiyo monthly, 36, 9, 641, 646
  • 深海の遺伝子源としての可能性--深海底泥サンプルからの新規有用微生物(寒天分解酵素生産菌)の発見 (特集 海洋エネルギー・資源の開発動向), 秦田 勇二;大田 ゆかり, 2004年11月, 電気評論, Electrical review, 89, 11, 43, 46
  • 高い可能性を秘めた深海微生物(新規酵素の発見とその利用) (特集 海洋科学技術が拓く新しい物質材料研究), 秦田 勇二;大田 ゆかり, 2012年10月, 工業材料, 60, 10, 22, 27
  • セミナー室 海洋生物資源への期待 : マリンバイオテクノロジーの現場から(1)深海微生物に期待!, 秦田 勇二;宮崎 征行;大田 ゆかり, 2013年02月, 化学と生物 : 日本農芸化学会会誌 : 生命・食糧・環境, 51, 2, 104, 111
  • 深海微生物の新規性と産業応用への可能性, 秦田 勇二;大田 ゆかり, 2014年02月, JMOAレポート, 9, 1, 17
  • LIGNIN 海洋性バクテリアの酵素で木材成分のリグニンから機能性化学品を生成, 大田 ゆかり, 2017年06月, コンバーテック, 45, 6, 81, 85
  • リグニンから機能性芳香族モノマーを海洋性バクテリアの酵素で作る, 大田 ゆかり, 2017年, バイオサイエンスとインダストリー, 75, 4, 328, 330
  • Prolonged 20 h heating of chicken meat in water at 75°C softens the meat, increases the levels of endogenous and degraded metabolites in the stock, but depletes reduced glutathione and glutamine, Yukari Ohta; Romanas Chaleckis; Madoka Katsumata; Koki Yokota; Sonoko Ayabe; Takayuki Oshima; Ken-ichi Kasuya, 2022年08月25日
  • Involvement of flocculin in negative potential-applied ITO electrode adhesion of yeast cells, Sumihiro Koyama; Taishi Tsubouchi; Keiko Usui; Katsuyuki Uematsu; Akihiro Tame; Yuichi Nogi; Yukari Ohta; Yuji Hatada; Chiaki Kato; Tetsuya Miwa; Takashi Toyofuku; Takehiko Nagahama; Masaaki Konishi; Yuriko Nagano; Fumiyoshi Abe, 2015年07月17日, FEMS Yeast Research, 15, 6, fov064

MISC

  • 人工漆材料の最前線:再生可能バイオマスを原料とする人工漆材料の創製, 磯﨑 勝弘; 縣 亮介; 松田 博; 池永 誠; 橘 洋一; 大田 ゆかり; 中村正治, 2020年01月, 塗装工学, 55, 1, 18, 25
  • 海洋微生物からの有用機能の探索とその応用, 大田ゆかり, 2018年03月, 日本農芸化学会受賞講演要旨集, 35, 36
  • リグニンから機能性芳香族モノマーを海洋性バクテリアの酵素で作る, 大田ゆかり, 2017年12月, 一般財団法人バイオインダストリー協会
  • 海洋性バクテリアの酵素で木材成分のリグニンから機能性化学品, 大田ゆかり, 2017年06月, 株式会社加工技術研究会, 531, 82, 85
  • 海洋性細菌の酵素で木材成分リグニンからプラスチックをつくる, 大田ゆかり, 2017年06月, Blue Earth, 149, 24, 27
  • 海底下の微生物生態系と新規木質バイオマス代謝機能の探索, 稲垣史生; 大田ゆかり, 2016年02月, 四国紙パルプ協会ニュースレター, 41, 1, 10
  • 深海微生物の新規性と産業応用への可能性, 秦田勇二; 大田ゆかり, 2014年02月, 日本水産油脂協会 JMOAレポート, 9, 1, 17, 記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 耐熱性β-フルクトフラノシダーゼの開発, 嶋根 康弘; 殿塚 隆史; 臼井 けい子; 伊藤 哲也; 岩沢 美佐子; 正木 久晴; 岸野 恵理子; 大田 ゆかり; 森 梢; 秦田 勇二, 2013年08月, 平成24年度先端研究施設共用促進事業「地球シミュレータ産業戦略利用プログラム」利用成果報告書, 63, 71
  • セミナー室;深海微生物に期待!, 秦田 勇二; 宮崎 征行; 大田 ゆかり, 2013年04月, 化学と生物, 51, 104, 110
  • 食品中に含まれるカラギーナンのフィンガープリント分析法の開発, 秦田勇二; 大田ゆかり, 2009年06月, 財団法人アサヒビール学術振興財団 研究紀要, 財団法人アサヒビール学術振興財団 研究紀要, 22, 22, 24
  • 深海微生物の生産する有用酵素, 大田ゆかり; 秦田勇二; 宮﨑征行; 掘越弘毅, 2005年10月, 生物工学会誌, 83, 479, 480
  • 深海微生物の有用性, 大田ゆかり; 日高 祐子; 秦田 勇二; 伊藤 進; 掘越 弘毅, 2004年12月, 月刊海洋, 36, 641, 646
  • 過酷な環境を生きる深海微生物の新規な難分解性多糖分解酵素, 大田ゆかり; 秦田勇二, 2010年12月11日, 高圧力の科学と技術, Review of High Pressure Science and Technology/Koatsuryoku No Kagaku To Gijutsu, 20, 4, 354, 361
  • 深海微生物より発見された海藻多糖分解酵素・その解析と応用, 秦田 勇二; 大田 ゆかり, 2011年11月20日, 応用糖質科学 : 日本応用糖質科学会誌 = Bulletin of applied glycoscience, 1, 4, 339, 341
  • リグニンモデル2量体中β-O-4結合を開裂する海洋性Novosphingobium属細菌の木質バイオマス成分代謝, 黒澤佳奈子; 坪内泰志; 秦田勇二; 長谷川良一; 西村裕志; 渡辺隆司; 大田ゆかり, 2015年11月, 第60回 リグニン討論会要旨集, 筑波大学, 2015.11.6. poster P-17, Proceedings of the 60th Lignin Symposium, Tsukuba, Japan, 130, 131, 研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • 海洋性Novosphingobium属細菌に由来するリグニンモデル2量体β-O-4結合開裂酵素群の酵素学的解析, 大田ゆかり; 黒澤佳奈子; 永田崇; 片平正人; 西村裕志; 渡辺隆司; 長谷川良一; 秦田勇二, 2015年11月, 第60回 リグニン討論会要旨集, 筑波大学, 2015.11.6. poster P-16, Proceedings of the 60th Lignin Symposium, Tsukuba, Japan, 128, 129, 研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • 透明電極による生きた微生物の付着および剥離の電気制御, 小山純弘; 小西正朗; 大田ゆかり; 三輪哲也; 秦田勇二; 豊福高志; 丸山正; 能木裕一; 加藤千明; 坪内泰志, 2014年05月31日, マリンバイオテクノロジー学会大会講演要旨集, マリンバイオテクノロジー学会大会講演要旨集, 16th, 20
  • 透明電極基板を利用した酵母のマイクロパターニング技術の開発, 小山純弘; 坪内泰志; 臼井けい子; 植松勝之; 多米晃裕; 能木裕一; 大田ゆかり; 秦田勇二; 加藤千明; 長濱統彦; 小西正朗; 豊福高志; 三輪哲也; 阿部文快; 長野由梨子; 丸山正, 2014年03月29日, 電気化学会大会講演要旨集, 電気化学会大会講演要旨集, 81st, 261
  • ITO電極を用いた環境微生物の電気回収法, 小山純弘; 小西正朗; 大田ゆかり; 三輪哲也; 秦田勇二; 豊福高志; 丸山正; 能木裕一; 加藤千明; 坪内泰志, 2014年03月12日, 日本化学会講演予稿集, 日本化学会講演予稿集, 94th, 3, 874
  • ITO電極基板を用いた効率的な環境微生物の回収法, 小山純弘; 小西正朗; 大田ゆかり; 三輪哲也; 秦田勇二; 豊福高志; 丸山正; 能木裕一; 加藤千明; 坪内泰志, 2014年, ブルーアース要旨集, ブルーアース要旨集, 2014, 81, 82
  • 海洋微生物からの有用機能の探索とその応用ー生活や環境保全に微生物酵素を役立てるー, 大田ゆかり, 2019年02月, 化学と生物, 57, 3, 167, 172
  • 高い可能性を秘めた深海微生物(新規酵素の発見とその利用) (特集 海洋科学技術が拓く新しい物質材料研究), 秦田勇二; 大田ゆかり, 2012年10月, 工業材料, 60, 10, 22, 27
  • 過酷な環境を生きる深海微生物から取得した新規有用酵素とその応用, 大田 ゆかり; 小西 正朗; 長野 由梨子; 森 梢; 嶋根 康弘; 矢島 好文; 鶴若 祐介(JAMSTEC; 秦田 勇二, 2010年10月10日, 高圧討論会講演集, 51, 78, 78, 講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)
  • 深海微生物から有用酵素を探し出す : 特異な活性を示す新規アガラーゼの発見, 大田ゆかり; 秦田勇二, 2004年11月25日, 化学と生物, 42, 11, 706, 707, 記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 深海の遺伝子源としての可能性--深海底泥サンプルからの新規有用微生物(寒天分解酵素生産菌)の発見 (特集 海洋エネルギー・資源の開発動向), 秦田勇二; 大田ゆかり, 2004年11月, 電気評論, 89, 11, 43, 46, 記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 大学・官公庁研究機関の研究室紹介(114) 発法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)海洋生命理工学研究開発センター 深海バイオ応用研究開発グループ, 大田 ゆかり, 2016年12月, 紙パルプ技術協会誌, 70, 76, 77
  • 海洋微生物由来酵素群による森林バイオマス成分リグニンの分解反応解析, 大田 ゆかり; 渡辺; 隆司; 西村 裕志; 渡邊 崇人; Qu Cheng; 齋藤 香織; 岡田 ひとみ; 片平 正人; 黒澤 佳奈子; 秦田 勇二, 2015年06月, 平成26年度 開放型研究推進部・生存圏学際萌芽研究センター活動報告
  • 深海は有用な酵素の宝庫, 秦田 勇二; 大田 ゆかり, 2014年07月, サイエンスポータルJST「テクノフロント」
  • 耐熱性β-フルクトフラノシダーゼの開発, 嶋根 康弘; 伊藤; 哲也; 岩沢 美佐子; 西 真郎; 大田 ゆかり; 田所 宏基; 岸野 恵理子; 殿塚 隆史; 秦田 勇二, 2012年09月, 平成23年度先端研究施設共用促進事業「地球シミュレータ産業戦略利用プログラム」利用成果報告書, 93, 100
  • フラグメント分子軌道法を活用したリグニンβ-O-4還元開裂酵素の機能改変, 嶋根康弘; 黒澤佳奈子; 市川淳子; 前田亜鈴悠; 布浦拓郎; 山置佑大; 永田崇; 片平正人; 高谷光; 吉田亮太; 中村正治; 磯崎勝弘; 渡辺隆司; 大田ゆかり, 2017年, リグニン討論会講演集, 62nd
  • 海洋性細菌に由来するリグニンβ-O-4還元開裂酵素GST4の解析, 嶋根康弘; 前田亜鈴悠; 塩谷美夏; 黒澤佳奈子; 市川淳子; 布浦拓郎; 山置佑大; 永田崇; 片平正人; 高谷光; 吉田亮太; 中村正治; 渡辺隆司; 大田ゆかり, 2016年, リグニン討論会講演集, 61st
  • 1P-255 透明電極基板を用いた酵母の電気回収技術(バイオプロセス,一般講演), 小山 純弘; 坪内 泰志; 能木 裕一; 臼井 けい子; 植松 勝之; 多米 晃裕; 伊東 孝洋; 小林 健二; 大田 ゆかり; 加藤 千明; 長濱 統彦; 小西 正朗; 豊福 高志; 三輪 哲也; 阿部 文快; 長野 由梨子; 秦田 勇二; 丸山 正, 2014年, 日本生物工学会大会講演要旨集, 66, 81, 81
  • 深海バイオリソース応用研究―深海微生物からの新規有用酵素探索―, Hatada, Y; Nogi, Y; Miyazaki, M; Ohta, Y, 2009年04月25日, - J. Jap. Soci. Extremophiles, Journal of Japanese Society for Extremophiles, 8, 2, 85, 91, 記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 深海沈木から単離した微生物が生産するリグニン由来芳香族モノマーのポリマー原料としてのポテンシャル, 大田ゆかり; 長谷川良一; 秦田勇二, 2014年, 日本木材学会大会研究発表要旨集(完全版)(CD-ROM), 64th
  • セミナー室 海洋生物資源への期待 : マリンバイオテクノロジーの現場から(1)深海微生物に期待!, 秦田 勇二; 宮崎 征行; 大田 ゆかり, 2013年02月, 化学と生物 : 日本農芸化学会会誌 : 生命・食・環境 / 日本農芸化学会 編, 51, 2, 104, 111
  • ITO電極による生きた微生物の付着および剥離の電気制御, 小山純弘; 小西正朗; 小西正朗; 大田ゆかり; 三輪哲也; 秦田勇二; 豊福高志; 丸山正; 能木裕一; 加藤千明; 坪内泰志, 2013年, マリンバイオテクノロジー学会大会講演要旨集, 15th
  • ITO電極を用いた酵母の電気回収, 小山純弘; 坪内恭志; 臼井けい子; 植松勝之; 多米晃裕; 多米晃裕; 能木裕一; 大田ゆかり; 秦田勇二; 加藤千明; 小西正朗; 小西正朗; 豊福高志; 三輪哲也; 阿部文快; 阿部文快; 丸山正; 長野由梨子, 2013年, 電気化学秋季大会講演要旨集, 2013
  • ITO電極を利用した生きた深海微生物の電気回収, 小山純弘; 小西正朗; 小西正朗; 大田ゆかり; 三輪哲也; 秦田勇二; 豊福高志; 丸山正; 能木裕一; 加藤千明; 坪内泰志, 2013年, 高圧討論会講演要旨集, 54th
  • 海洋生物資源への期待:マリンバイオテクノロジーの現場から-1 深海微生物に期待!, 秦田勇二; 宮崎征行; 大田ゆかり, 2013年, 化学と生物, 51, 2
  • 深海環境における真菌多様性, 長野由梨子; 長濱統彦; 小西正朗; 森梢; 嶋根康広; 大田ゆかり; 秦田勇二, 2011年, 高圧討論会講演要旨集, 52nd
  • 相模湾メタン冷湧水域における真菌多様性, 長野由梨子; 瀧下清貴; 長濱統彦; 渡部裕美; 大田ゆかり; 小西正朗; 森梢; 嶋根康弘; 鶴若祐介; 秦田勇二, 2011年, ブルーアース要旨集, 2011
  • 好塩性古細菌が生産する新規マンナン分解酵素, 嶋根康弘; 峯岸宏明; 越後輝敦; 大田ゆかり; 下重裕一; 小西正朗; 長野由梨子; 森梢; 秦田勇二, 2011年, 日本農芸化学会関東支部講演要旨集, 2011, Oct
  • 2Ga11 電極基板上における生きた微生物の付着配置および剥離の制御(セル&ティッシュエンジニアリング,一般講演), 小山 純弘; 坪内 泰志; 小西 正朗; 大田 ゆかり; 秦田 勇二; 丸山 正; 能木 裕一; 加藤 千明, 2011年, 日本生物工学会大会講演要旨集, 63, 160, 160
  • 深海環境から見出された新規微生物の生産する有用酵素, 秦田勇二; 能木裕一; 宮崎征行; 大田ゆかり, 2010年, 緑膿菌感染症研究会講演記録, 44th
  • 深海微生物由来新規イオタカラギナーゼの解析とその応用, 大田ゆかり; 水野正浩; LI Zhijun; 小西正朗; 長野由梨子; 森梢; 嶋根康弘; 秦田勇二, 2010年, マリンバイオテクノロジー学会大会講演要旨集, 13th
  • 深海の微生物に有用酵素を求めて, 秦田勇二; 長野由梨子; 森梢; 小西正朗; 大田ゆかり, 2009年, マリンバイオテクノロジー学会大会講演要旨集, 12th

書籍等出版物

  • 酵素開発・利用の最新技術, 分担執筆, 秦田 勇二; 大田 ゆかり; 日高 祐子; 能木 裕一, 深海微生物からの有用酵素の探索, シーエムシー出版, 2007年04月, ISBN: 9784882316633
  • 極限環境生物の産業展開, 分担執筆, 秦田 勇二; 小西正明; 大田 ゆかり, 深海微生物由来有用酵素の探索と応用, シーエムシー出版, 2012年08月, 190-200, ISBN: 9784781306247
  • リグニン利活用のための最新技術動向, 分担執筆, 大田ゆかり, 西村裕志, 片平正人, 礒﨑勝弘, 中村正治, 海洋微生物酵素群によるリグニン分解高度化と人工漆材料への展開, シーエムシー出版, 2020年03月, iv, 227p, ISBN: 9784781314945
  • 酵素利用技術体系〜基礎・解析から改変・高機能化・産業利用まで〜, 分担執筆, 秦田 勇二; 大田 ゆかり, 深海微生物から発掘した有用酵素とその利用, エヌ・ティー・エス, 2010年04月, 250-257, ISBN: 9784860432713
  • 食と微生物の辞典, 分担執筆, 秦田 勇二; 大田 ゆかり, 寒天(アガロース)からオリゴ糖をつくる, 朝倉書店, 2017年07月, 196-207, ISBN: 9784254431216
  • バイオマス由来の高機能材料, 分担執筆, 大田ゆかり, 海洋由来細菌によるリグニン関連物質代謝とその有効利用, エヌ・ティー・エス, 2016年11月, 185-195, ISBN: 9784860434694

講演・口頭発表等

  • Enzymatic production of functional aromatic compounds from a lignin fraction extracted from non-edible biomass, 2019 KSBB Fall Meeting and International Symposium, 2019年10月11日, 英語, 韓国, 国際会議
  • 海洋微生物のリグニン・芳香族化合物代謝をホワイトバイオへつなぐ −バイオマスから遊離される未同定低分子芳香族代謝物のLCMS分析−, 第28回環境化学討論会, 2019年06月12日, 日本語, 国内会議
  • 海洋微生物を活用したSDGsへの挑戦-海と森をホワイトバイオでつなぐ-, 日本農芸化学会2019年大会, 2019年03月24日, 日本語, 国内会議
  • Production of aromatic monomers from wood lignin using marine bacterial enzymes: connecting the forest and the ocean with white biotechnology, 7th symposium of the Korean Society for Enzyme Engineering, 2019年01月24日, 英語, 韓国, 国際会議
  • 海の底に玉手箱を探して, 山口大学微生物研究推進体第10回研究成果発表会, 2018年12月20日, 日本語, 国内会議
  • 海洋微生物からの有用機能の探索とその応用, 日本農芸化学会2018年度 第3回関東支部例会, 2018年12月13日, 日本語, 国内会議
  • リグニンからフェニルプロパノンモノマーをバイオでつくる, エコマテリアル研究会 18−2, 2018年10月19日, 日本語, 国内会議
  • 海洋性細菌の酵素でリグニンから機能性化学品をつくる, グリーン科学技術研究所セミナー, 2018年04月27日, 日本語, 国内会議
  • 海洋微生物からの有用機能の探索とその応用, 日本農芸化学会2018年度(平成30年度)大会・受賞講演, 2018年03月16日, 日本語, 国内会議
  • 深海へつづく, 日本科学未来館サイエンテイスト・トーク, 2018年01月28日, 日本語, 国内会議
  • 海洋性の酵素で木材の天然リグニンから機能性化学品を生産する方法, 時代を刷新する会, 2017年12月05日, 日本語, 国内会議
  • 海域におけるリグニンの微生物代謝の理解からホワイトバイオへ, 第19回マリンバイオテクノロジー学会シンポジウム, 2017年06月03日, 日本語, 国内会議
  • 海洋性細菌によるリグニン分解とその有用利用, 第57回海中海底工学フォーラム, 2016年12月22日, 日本語, 国内会議
  • 海洋性バクテリアの陸域バイオマス代謝, 第43回高知大学アカデミアセミナー, 2015年11月27日, 日本語, 国内会議
  • 海洋由来バクテリアのリグニン分解酵素, 京都大学化学研究所・附属元素科学国際研究センター典型元素機能化学・化学資源セミナー, 2015年10月13日, 日本語, 国内会議
  • 海洋由来バクテリアのリグニン分解酵素, 第267回生存圏シンポ ジウム 第11回持続的生存圏創成のためのエネルギー循環シンポジウム −マイクロ波高度利用と先端分析化学− 第4回先進素材開発解析システム (ADAM) シンポジウム, 2014年10月20日, 日本語, 国内会議
  • 深海微生物の糖質分解酵素, 第51回高圧討論会シンポジウム, 2010年10月20日, 日本語, 国内会議
  • 深海の微生物に有用酵素を求めて, 第12回マリンバイオテクノロジー学会, 2009年05月31日, 日本語, 国内会議
  • Development of Bioprocess Using Marine Microbial Enzymes for Efficient Lignin Degradation and Catalytic Generation of Super-Urushiol from Lignin Monomers, 1st Gunma University Center for Food Science and Wellness (GUCFW) International Symposium and ALCA/JST workshop, 2019年11月06日, 英語, 国際会議
  • Identification of the differentially-expressed genes in Novosphingobium sp. MBES04 in response to lignin related compounds, 1st International Lignin Symposium, 2019年09月14日, 英語, 国際会議
  • Fractionation and analysis of lignin-carbohydrate complex using lignin-degrading enzymes, 1st International Lignin Symposium, 2019年09月14日, 英語, 国際会議
  • Fractionation and analysis of lignin-carbohydrate complex in wood cell wall, The 3rd Asia Research Node Symposium on Humanosphere Science, NCHU, Taiwan, 2018年09月26日, 英語, 国際会議
  • Analysis of Lignin-Carbohydrate Complexes in woody biomass by using NMR, HSS2017 and 7th ISSH meeting, 2017年11月01日, 英語, 国際会議
  • Enzymatic cascade of a marine Novosphingobium cleaving β-O-4 linkages of a wood component, lignin, Extremophiles 2016, 2016年09月13日, 英語, 国際会議
  • Agarases and carrageenases isolated from deep-sea microbiota, FEMS2013 - 5th Congress of European Microbiologists, 2013年07月21日, 英語, 国際会議
  • Deep-sea bacteria capable of metabolising lignin-related aromatic compounds, FEMS2013 - 5th Congress of European Microbiologists, 2013年07月21日, 英語, 国際会議
  • Isolation and phylogenetic analysis of lignin-related aromatic compound metabolizing bacteria from the deep sea, Lignobiotech II symposium, 2012年10月14日, 英語, 国際会議
  • Agarases and carrageenases found from deep-sea bacteria, The 9th Asia-Pacific Marine Biotechnology Conference [APMBC2012], 2012年07月13日, 英語, 国際会議
  • Exploration of lignin-related aromatic compound metabolising bacteria from the deep-sea, The 9th Asia-Pacific Marine Biotechnology Conference [APMBC2012], 2012年07月13日, 英語, 国際会議
  • Fungal diversity in deep-sea methane cold-seep ecosystems, International Union of Microbiological Societies 2011 Congress, 2011年09月09日, 英語, 国際会議
  • Characterization of a glycosyl hydrolase obtained from a subsurface geothermal water stream in a Japanese gold mine, International Union of Microbiological Societies 2011 Congress, 2011年09月06日, 英語, 国際会議
  • リグニンから芳香族モノマー;海洋微生物酵素の活用, 第10回CSJ化学フェスタ2020 テーマ企画セッション:海との共生~豊かな海を守り、共に繁栄するためには?~, 2020年10月21日
  • リグニンを原料とする人工漆材料の創製, 高分子学会 20-1接着と塗装研究会「バイオマス由来のプラスチック・工業材料」, 2020年09月25日
  • 農産物食品製造・加工残渣の高付価値化に向けた リグニン分解酵素の開発, 第21回酵素応用シンポジウム, 2020年06月12日
  • 海洋細菌の新規β-etheraseによるリグニン主要結合の特異的開裂, 第10回CSJ化 学フェスタ2020, 2020年10月22日
  • 海洋細菌Altererythrobacter sp. B11のβ-etheraseによるリグニン主要結合の分解特性, 第69回 高分子討論会, 2020年09月16日, 日本語
  • 非可食バイオマスを原料とする機能性芳香族化合物の酵素・微生物生産, 大田ゆかり, 第68回高分子討論会, 2019年09月16日, 日本語
  • 細菌による植物バイオマス成分代謝の理解とその利用, 大田ゆかり, 第18回ムシラボセミナー, 2019年08月23日, 日本語
  • "海に沈んだ小さな生き物に潜む底力 ― 人の暮らしに役立つ酵素を探す・調べる・使う― ", 大田ゆかり, 京都大学・複合原子力科学研究所 先端生命・物質科学 特別講演会2, 2019年05月09日, 日本語
  • Novosphingobium sp. MBES04株のリグニン関連物質存在下におけるトランスクリプトーム解析, 第63回リグニン討論会, 2018年11月02日
  • ホワイトバイオでつなぐ ~リグニンから機能性芳香族モノマーへ~, 第67回高分子討論会, 2018年09月
  • リグニン変換スマート細菌の創製に向けた代謝パスウェイとフラックスの解明, JAMSTEC2018研究成果報告会, 2018年04月
  • Production of aromatic monomers from wood lignin using marine bacterial enzymes: connecting the forest and the ocean with white biotechnology, 7th symposium of Korean Society for Enzyme Engeneerng, 2018年01月
  • 木材リグニンのβO4開裂酵素反応前後の分析, 第356回生存圏シンポジウム, 2017年11月
  • フラグメント分子軌道法を活用したリグニンβ-O-4還元開裂酵素の機能改変第62回リグニン討論会, 第62回リグニン討論会, 2017年10月
  • Sphingombium sp. YG1由来guaiacylglycerol-β-guaiacyl ether - Cα位酸化酵素の酵素学的解析と利用, 第62回リグニン討論会, 2017年10月
  • Cα位ヒドロキシ基酸化能を有すSphingobium sp. YG1株のゲノム解析, 第5回NGS現場の会, 2017年05月
  • Sphingobium sp. YG1ゲノムからのCα位ヒドロキシ基酸化能を有すshort-chain dehydrogenase/ reductase 遺伝子の探索, ゲノム微生物学会, 2017年03月
  • 酵素反応親和性リグニンフラクションによるフェニルプロパノン化合物のワンポット酵素生産, 第67回日本木材学会, 2017年03月
  • 海洋性細菌のリグニン分解酵素による木質バイオマス成分変換機構の理解, 第335回生存圏シンポジウム・生存圏ミッションシンポジウム, 2017年02月
  • 温和なリグニン抽出法と海洋微生物由来酵素による物質生産, 第330回生存圏シンポジウム, 2017年01月
  • 海洋微生物酵素群によるリグニン分解高度化と人工漆材料への展開, BioJapan2016, 2016年10月
  • 海洋環境からのGuaiacylglycerol-β-guaiacyl ether -Cα位酸化酵素の探索, 第61回リグニン討論会, 2016年10月
  • 海底下嫌気性微生物群集のリグニン関連モノマー代謝, 第61回リグニン討論会, 2016年10月
  • 海洋性細菌に由来するリグニンβ-O-4還元開裂酵素GST4の解析, 第61回リグニン討論会, 2016年10月
  • 木質バイオマスにおける超分子構造とステレオ選択的な酵素反応及び核酸のin-cell NMR, 第55回NMR討論会, 2016年09月
  • 深海微生物Novosphingobium sp. MBES04株のリグニン代謝関連酵素の解析, 日本農芸化学会2016年度大会, 2016年03月29日
  • 深海および海底下微生物からの新規木質バイオマス代謝探索, 電気とバイオ(微生物)小集会, 2016年03月
  • リグニンモデル2量体中β-O-4結合を開裂する海洋性Novosphingobium属細菌のゲノムおよびトランスクリプトーム解析, 第60回リグニン討論会, 2015年11月
  • リグニンモデル2量体中β-O-4結合を開裂する海洋性Novosphingobium属細菌の木質バイオマス成分代謝, 第60回リグニン討論会, 2015年11月
  • 海洋性 Novosphingobium属細菌に由来するリグニンモデル2量体β-O-4結合開裂酵素群の酵素学的解析, 第60回リグニン討論会, 2015年11月
  • Distinct effects of FLO10 gene on ITO electrode surface adhesion in Saccharomyces cerevisiae, 日本化学会第95春季年会, 2015年03月
  • 海洋微生物由来酵素群による森林バイオマス成分リグニンの分解反応解析, 第275回 生存圏シンポジウム ミッションシンポジウム, 2015年02月
  • Behaviors of the water/acetonitrile-soluble low-molecular-weight compounds in the soft-hydrothermal processing of the waste culture media of edible mushrooms, 第59回 リグニン討論会, 2014年09月
  • 深海沈木から単離したNovosphingobium属細菌によるリグニンモデル化合物代謝, 第64回 日本木材学会大会, 2014年03月
  • 深海沈木から単離した微生物が生産するリグニン由来芳香族モノマーのポリマー原料としてのポテンシャル, 第64回日本木材学会大会, 2014年03月
  • ITO電極を用いた環境微生物の電気回収法, 日本化学会第94春季年会, 2014年03月
  • MD・FMO計算によるMicrobacterium saccharophilum K-1株由来β-フルクトフラノシダーゼの耐熱化, 日本農芸化学会, 2014年03月
  • Microbacterium saccharophilum K-1株由来β-フラクトフラノシダーゼ耐熱化酵素の立体構造解析, 農芸化学会2014年度大会, 2014年03月
  • Thalassomonas agarivorans由来αアガラーゼの結晶化及び機能解析, 農芸化学会2014年度大会, 2014年03月
  • 深海環境よりリグニン代謝微生物を探索, 農芸化学会2014年度大会, 2014年03月
  • 透明電極基板を利用した酵母のマイクロパターニング技術の開発, 電気化学会第81回大会, 2014年03月
  • ITO電極基板を用いた効率的な環境微生物の回収法, ブルーアース2014, 2014年02月
  • ITO電極を利用した生きた深海微生物の電気回収, 第54回高圧討論会, 2013年11月
  • マイナス電位印加によるITO電極基板への酵母の付着配置制御, 特殊環境微生物セミナー2013, 2013年10月
  • 生きた深海微生物の電気回収, 第18回生物関連高圧研究会シンポジウム, 2013年09月
  • ITO電極を用いた酵母の電気回収, 2013年電気化学秋季大会, 2013年09月
  • ITO電極による生きた微生物の付着および剥離の電気制御, 第15回マリンバイオテクノロジー学会大会, 2013年06月
  • Microbulbifer thermotolerans JAMB-A94由来耐熱性βアガラーゼの構造解析, 農芸化学会2013年度大会, 2013年03月
  • ランダム変異導入によるMicrobacterium saccharophilum K-1株由来β-フルクトフラノシダーゼの耐熱化, 農芸化学会2014年度大会, 2013年03月
  • 深海沈木から単離したバクテリアの分類学的位置と芳香族モノマー代謝, 第57回 リグニン討論会, 2012年10月
  • 電位印加を利用した生きた微生物の電極基板上への誘引付着および剥離回収法, 第6回バイオ関連化学シンポジウム, 2012年09月
  • ITOパターン電極上における生きた微生物の付着および剥離の電気制御, 極限環境生物学会, 2011年11月
  • 電極基板上における生きた微生物の付着配置および剥離の制御, 第63回日本生物工学会大会, 2011年09月
  • 相模湾メタン冷湧水域における真菌多様性, Blue Earth 2011, 2011年03月
  • 二次性深海魚Malacocottus gibber の表層環境における飼育, 2010年度 日本魚類学会, 2010年09月
  • 高度好塩性古細菌が生産するマンナン分解酵素の探索, 極限環境微生物学会2008年度年会, 2008年11月
  • 深海に有用微生物を求めて, 日本食品機械研究会シンポジウム, 2005年05月
  • 新規深海由来微生物JAMB-A94株由来耐熱性β-アガラーゼの酵素化学的性質と遺伝子配列の解析, 日本農芸化学会2004年度大会, 2004年03月
  • Arthrobacter globiformis T6株由来イソマルトデキストラナーゼの枯草菌宿主ベクター系による大量分泌生産, 2004年度日本農芸化学会大会, 2004年03月
  • 深海土壌サンプルより単離されたMicrobulbifer属細菌由来の寒天分解酵素の解析, 日本応用糖質科学会 第52回大会, 2003年09月
  • Alpha-glucosidase from Geobacillus sp, strain HTA-462,a novel enzyme having ydrolytic,transglycosylation,and isomerization activities, 極限環境微生物学会第3回年会, 2002年12月
  • Degradation of Ester Linkages in Rice Straw Components by a Sphingobium Isolated from a Sunken-wood Which Developed Distinct Microbial Communities, Yukari Ohta; Madoka Katsumata; Kanako Kurosawa; Yoshihiro Takaki; Miwa Suzuki; Hiroshi Nishimura; Takashi Watanabe; Ken-ichi Kasuya, World Microbe Forum 2021, 2021年06月20日, 2021年06月20日, 2021年06月24日, 英語
  • Enzymatic Production of Functional Chemicals from Wood Lignin -New development of white biotechnology, The 2nd Asia Research Node Symposium on Humanosphere Science, Kyoto University, 2017年07月
  • 海洋微生物酵素群によるリグニン分解高度化と人工漆材料への展開, JSTバイオマス関連プロジェクト合同進捗報告会, 2016年12月02日
  • 木質バイオマスにおける超分子構造とステレオ選択的な酵素反応及び核酸のin-cell NMR, 第55回NMR討論会, 2016年11月
  • Sphingobium barthaii KK22による多環芳香族炭化水素(PAHs)生変換の化学的および遺伝的解析, 第31回日本微生物生態学会, 2016年10月22日
  • 陸域有機物の海洋流入増大に備えたリグニン動態追跡, 科研費特設分野研究代表者交流会, 2016年10月17日
  • 海洋微生物酵素群によるリグニン分解高度化と人工漆材料への展開, NEDO-ALCAバイオマス関連合同シンポジウム, 2016年08月09日
  • Thalassomonas agarivorans A33株由来αアガラーゼの諸性質解析および枯草菌を宿主とした 生産検討, 日本農芸化学会2016年度大会, 2016年03月29日
  • 陸域有機物の海洋流入増大に備えたリグニン動態追跡用分子マーカーの樹立, 科研費特設分野研究代表者交流会, 2015年09月
  • リグニン分解微生物を用いたリグニン利活用技術, 「電気と微生物」小集会講演, 2015年03月
  • リグニンからフェニルプロパン系モノマーを微生物/酵素で作る, 新技術説明会, 2014年11月25日, 日本語
  • 透明電極基板を用いた酵母の電気回収技術, 第66回日本生物工学会大会, 2014年09月09日
  • 深海沈木から単離したNovosphingobium属細菌の2量体リグニンモデル化合物β-O-4結合還元的開裂酵素群の解析, 第64回 日本木材学会大会, 2014年03月13日
  • 深海由来 Novosphingobium 属細菌を用いた バイオマスからの芳香族モノマー生産, 第64回 日本木材学会大会, 2014年03月13日
  • リグニン代謝能を有すNovosphingobium属細菌のゲノム解析, 第8回 日本ゲノム微生物学会年会, 2014年03月07日
  • 最先端研究開発支援プログラムFIRSTシンポジウム「科学技術が拓く2030年」へのシナリオ, 2014年02月28日
  • フラグメント分子軌道法の耐熱性酵素設計への応用, 日本農芸化学会関東支部会, 2013年11月22日
  • ITO電極基板への出芽酵母の付着配置制御技術, 第14回極限環境生物学会年会, 2013年10月27日
  • MD・FMO法を利用した耐熱性酵素の設計, 極限環境生物学会年会, 2013年10月26日
  • 耐熱性β-フルクトフラノシダーゼの開発, 地球シミュレータ産業利用シンポジウム, 2013年10月22日
  • 芳香族化合物を代謝するHalomonas属細菌の分離とゲノム解析, 第7回日本ゲノム微生物学会年会, 2013年03月08日
  • 海洋環境からの有用微生物・有用酵素の探索, 知的クラスター形成に向けた研究拠点構築事業シンポジウム, 2012年12月19日
  • Fungal diversity in deep-sea environments, 13th International Deep-sea Biology Symposium, 2012年12月05日
  • 高度好塩性古細菌Halococcus sp. 197A 株が生産する超耐熱性好塩性アガラーゼの精製と諸性質解析, 極限環境生物学会年会, 2012年12月01日
  • 好塩性アガラーゼ生産菌”Halococcus agarolyticus”の分類同定とHalococcus 属の再分類, 極限環境生物学会年会, 2012年12月01日
  • 高度好塩性古細菌Halococcus sp. 197A 株が生産する新規超耐熱性寒天分解酵素の配列解析, 極限環境生物学会年会, 2012年12月01日
  • Fungal diversity in deep-sea environments, BMS Annual Scientific Meeting 2012 Fungal Interactions, 2012年09月05日
  • 深海極限環境中の真菌多様性, 第52回高圧討論会, 2011年11月09日
  • Fungal diversity in deep-sea methane cold-seep ecosystems, World conference on marine biodiversity 2011, 2011年09月28日
  • Discovery of agarases from the deep-sea, BIT Life Sciences’ 2nd Annual World Congress of Industrial Biotechnology 2009, 2009年04月, 英語
  • 植物由来芳香族化合物を分解する酵素と微生物の解析:農業加工残渣の高付加価値化に向けて, 日本農芸化学会 2022年度大会シンポジウム 「複合的アプローチで拓く新規フードサイエンス」, 2022年03月18日
  • リグニンモデル化合物で特異的に発現誘導される Novosphingobium sp. MBES04株遺伝子の機能解析, 日本農芸化学会 2022年度大会, 2022年03月18日
  • リグニン由来低分子で特異的に発現誘導されるNovosphingobium sp. MBES04株遺伝子の機能解析, 日本農芸化学会 関東支部 2021年度支部大会, 2021年08月28日
  • ⾧時間加熱による鶏肉の機能性成分・食感への影響, 日本食品工学会第23回(2022年度)年次大会(岡山), 2022年09月06日

産業財産権

  • 特許権, 寒天由来オリゴ糖を効率良く生産する寒天分解酵素, 大田 ゆかり; 秦田 勇二; 伊藤 進; 掘越 弘毅, 2004年01月08日, 特許第4334361号
  • 特許権, 寒天分解酵素およびその利用, 大田 ゆかり; 秦田 勇二; 能木 裕一; 伊藤 進; 掘越 弘毅, 2004年03月24日, 特許第4441486号
  • 特許権, 新規DNA断片およびそれを含む組換えベクター、それらによって形質転換された形質転換体、ならびにそれらの利用, 秦田 勇二; 大田 ゆかり; 日高 祐子; 中村 信之, 2007年07月13日, 特許第5126879号
  • 特許権, 外来遺伝子を細胞に安定に保持する方法, 秦田 勇二; 大田 ゆかり; 日高 祐子; 中村 信之, 2007年07月13日, 特開2009-017840
  • 特許権, 生産性改善法, 秦田 勇二; 大田 ゆかり; 日高 祐子; 中村 信之; 中川 佳紀; 高田 正保, 2007年07月13日, 特開2009-017842
  • 特許権, 新規なβ-フルクトフラノシダーゼ、その製造方法及びその利用, 大田 ゆかり; 秦田 勇二; 中村 信之; 伊藤 哲也; 藤田 孝輝, 2008年12月25日, 特許第5383175号
  • 特許権, プラスミドベクター, 大田 ゆかり; 秦田 勇二; 森 梢; 中村 信之, 2010年03月31日, 特許第5807866号
  • 特許権, 生きた微生物の固定化方法および調製方法, 小山 純弘; 丸山 正; 加藤 千明; 能木 裕一; 秦田 勇二; 大田 ゆかり; 小西 正朗; 坪内 泰志, 2011年01月21日, 特許第5737674号
  • 特許権, 新規な細胞外分泌型ヌクレアーゼ, 森 梢; 大田 ゆかり; 秦田 勇二; 中村 信之; 宮崎 征行, 2011年09月15日, 特許第5757580号
  • 特許権, 微生物を利用したフェニルプロパン系化合物の製造方法, 大田 ゆかり; 秦田 勇二; 長谷川 良一, 2014年02月10日, 特許第5900931号
  • 特許権, 1-(4-ヒドロキシ-3-メトキシフェニル)-1,3-プロパンジオールの製造方法, 長谷川 良一; 大田 ゆかり; 秦田 勇二, 2014年02月10日, 特開2015-151338
  • 特許権, 3,3-ビス(4-ヒドロキシ-3-メトキシフェニル)-1-プロパノール及びその製造方法, 長谷川 良一; 大田 ゆかり; 秦田 勇二, 2014年02月10日, 特許第6265479号
  • 特許権, グアイアシルビニルケトンの製造方法, 長谷川良一; 大田ゆかり; 秦田 勇二, 特願2014-43066, 2014年03月05日, 特開2015-168634, 2915年09月28日
  • 特許権, 酵素を利用したフェニルプロパン系化合物の製造方法, 大田 ゆかり; 秦田 勇二; 長谷川 良一; 西 真郎, 特願2014-23843, 2014年02月10日, 特開2015-149909, 2015年08月24日

受賞

  • 第21回酵素応用シンポジウム研究奨励賞, 第21回酵素応用シンポジウム研究奨励賞, 大田ゆかり, Yukari Ohta, 農産物食品製造・加工残渣の高付加価値化に向けたリグニン分解酵素の開発, 一般財団法人天野エンザイム科学技術振興財団, 2020年01月
  • 農芸化学女性研究者賞 – JSBBA Award for Women Scientists –, JSBBA Award for Women Scientists, 大田ゆかり, Yukari Ohta, 海洋微生物からの有用機能の探索とその応用, 日本農芸化学会, 2018年03月
  • 研究開発功績賞, 研究開発功績賞, 大田ゆかり;秦田 勇二, Yukari Ohta;Yuji Hatada, 深海生物から各種アガラーゼ(寒天分解酵素)の発見とその成果の活用及び応用・展開, 海洋研究開発機構, JAMSTEC, 2010年04月

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 農産物食品製造・加工残渣の高付加価値化に向けたリグニン分解酵素の開発, 天野エンザイム科学技術振興財団, 第21回酵素応用シンポジウム研究奨励賞助成金, 2020年
  • 海洋環境を利用する新しい海洋生分解性プラスチック創出, 新エネルギー・産業技術総合開発機構, NEDO先導研究プログラム/エネルギー・環境新技術先導研究プログラム, 2019年, 2021年
  • 海洋微生物由来酵素群によるリグニン分解の高度化と人工漆材料への展開, 海洋微生物由来酵素群によるリグニン分解の高度化と人工漆材料への展開, 大田ゆかり, 大田ゆかり, 科学技術振興機構, JST, JST戦略的創造研究推進事業 先端的低炭素化技術開発(ALCA), JST戦略的創造研究推進事業 先端的低炭素化技術開発(ALCA), 2015年, 2019年, 研究代表者, 競争的資金
  • リグニンから機能性芳香族モノマーを生産する海洋性細菌由来酵素群の反応機構解析と応用, 大田ゆかり, 一般財団法人杉山産業化学研究所, 助成金, 2015年, 研究代表者, 競争的資金
  • 食品中のカラギーナンのフィンガープリント分析法の開発, 秦田 勇二, 財団法人アサヒビール学術振興財団, 助成金, 2007年, 競争的資金
  • 海洋微生物由来酵素群による森林バイオマス成分リグニンの分解反応解析, 大田ゆかり, 京都大学, 生存圏研究所 共同研究費, 2014年, 研究代表者, 競争的資金
  • リグニン変換スマート細菌の創製に向けた代謝パスウェイとフラックスの解明, 大田ゆかり, 海洋研究開発機構, 助成金, 2017年, 2018年, 研究代表者, 競争的資金
  • 海洋微生物からの有用機能の探索とその応用, 大田ゆかり, 日本農芸化学会, 農芸化学女性研究者賞助成金, 2017年, 2019年, 研究代表者, 競争的資金
  • リグニン変換スマート細菌の創製につなぐ細胞内レドックス動態の解明, 大田ゆかり, 文部科学省, 科学研究費補助金 基盤研究C, 2018年, 2020年, 研究代表者, 競争的資金
  • リグニン由来C6-C3プラットホーム芳香族化合物の高効率バイオ生産系デザイン, 大田ゆかり, 文部科学省, 科学研究費補助金 基盤研究C, 2015年, 2018年, 研究代表者, 競争的資金
  • 陸域有機物の海洋流入増大に備えたリグニン動態追跡用分子マーカーの樹立, 大田ゆかり, 文部科学省, 科学研究費補助金 基盤研究C, 2015年, 2018年, 研究代表者, 競争的資金
  • リグニン有効利用の鍵となるβ-O-4結合切断酵素の機能解析と応用研究, 秦田 勇二, 文部科学省, 科学研究費補助金 基盤研究C, 2015年, 競争的資金
  • センサス・オブ・マリンライフ日本参画に向けた貴重深海バイオリソース持続的利用基盤, 秦田 勇二, 文部科学省, 科学研究費補助金 基盤研究C, 2010年, 2011年, 競争的資金
  • 新規酵素群を用いたカラギーナン組成分析と内因性GAG撹乱因子としてのリスク評価, 大田ゆかり, 文部科学省, 科学研究費補助金 基盤研究C, 2008年, 2010年, 研究代表者, 競争的資金
  • 極限環境に適応した深海微生物生存戦略のグリーンバイオケミストリーへの展開, 大田ゆかり, 日本学術振興会, JSPS先端研究助成基金助成金・最先端・次世代研究開発プログラム(NEXT), 2011年, 2013年, 研究代表者, 競争的資金
  • プラスチック生分解が引き金となる難分解添加剤放出による海洋環境汚染の加速評価基盤, 大田 ゆかり, 日本学術振興会, Japan Society for the Promotion of Science, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C), 基盤研究(C), Grant-in-Aid for Scientific Research (C), 群馬大学, Gunma University, 2021年04月, 2024年03月, 21K05870
  • 海洋微生物酵素によるリグノセルロース変換反応の解析, 京都大学, 先進素材開発解析システム(ADAM)共同利用研究, 公募型共同研究, 2020年04月, 2023年02月, 研究代表者
  • 上州地鶏の特徴的な機能性成分の挙動解析, 群馬県, 2020年
  • 上州地鶏調理加工技術研究, 群馬県, 2020年
  • Bacillus 属細菌による抗菌環状リポペプチド生産システム実証, 新エネルギー・産業技術総合開発機構 NEDO, カーボンリサイクル実現を加速するバイオ由来製品生産技術の開発(バイオものづくりプロジェクト), 2021年, 2025年
  • 深海模倣系構築による高圧下の蛋白質構造の実測法の開発, 杉山 正明; 大田 ゆかり; 井上 倫太郎, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 挑戦的研究(萌芽), 挑戦的研究(萌芽), 京都大学, 2021年07月09日, 2024年03月31日, 21K18602

教育活動情報

担当経験のある科目(授業)

  • 食品科学特論, 群馬大学
  • ぐんま未来学, 群馬大学
  • 環境創生理工学, 群馬大学
  • 化学・生物化学原論II, 群馬大学
  • 生物化学特論, 静岡大学
  • 応用生命科学特論Ⅱ, 京都大学

社会貢献活動情報

社会貢献活動

  • 自分の声に耳を澄まして,一歩を踏み出す, 高度人材育成センター 2019年度HRCC エンカレッジセミナー, 2019年12月19日, 2019年12月19日, 講演会(対象:大学生, 大学院生)
  • 食品科学特論「食品と酵素」, 2020年11月13日, 2020年11月13日(対象:大学院生, 社会人・一般)

メディア報道

  • 海洋研究開発機構や京大 バイオプラ創出 海洋細菌を活用, 日経産業新聞, 2017年01月05日
  • JAMSTECなど, 海洋性細菌の酵素でリグニンから機能性化学品を生産する方法を発見, 環境情報メディア「環境展望台」, 2016年12月28日
  • 海洋性の酵素で木材の天然リグニンから機能性化学品を生産する方法とは, Economic News, 2016年12月24日
  • 海洋性細菌由来の酵素が木材成分から機能性化学品を生産, 日経テクノロジーonline, 2016年12月21日
  • バイオマスから樹脂抽出 海洋機構 細菌の酵素利用, 日刊工業新聞, 2016年12月
  • JSTの新規低炭素化技術開発 新規16課題採択 温室ガス削減期待, 科学新聞, 2016年10月20日
  • 世界で最も深く潜る船で未知なる微生物を発見!深海で生き抜くための特殊な能力とは?, BSジャパンテレビ出演, 世の中進歩堂, 2010年01月31日


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.