研究者データベース

山延 健
ヤマノベ タケシ
分子科学部門
教授
Last Updated :2022/05/24

研究者基本情報

研究者

  • 氏名

    山延 健, ヤマノベ タケシ

基本情報

  • 研究者氏名(日本語)

    山延, 健
  • 研究者氏名(カナ)

    ヤマノベ, タケシ

使用外国語

  • 発表に使用する外国語

    英語
  • 執筆に使用する外国語

    英語

所属

  • 群馬大学
  • 群馬大学, 大学院理工学府 分子科学部門, 教授

学位

  • 工学博士
  • 工学博士

経歴

  • 1987年, 1988年, 東京工芸大学 助手
  • 1988年, 1993年, 東京工芸大学 講師
  • 1993年, - 群馬大学 助教授
  • 1987年, 1988年
  • 1988年, 1993年
  • 1993年

研究活動情報

研究分野

  • ナノテク・材料, 高分子化学

研究キーワード

  • 高分子構造
  • 核磁気共鳴
  • 高分子物性
  • 高分子構造, 核磁気共鳴, 高分子物性

論文

  • 固体NMR から得られる高分子材料の構造情報, 山延健, 2021年02月05日, 繊維学会誌, 77, 2, 69, 75
  • Effect of water spray on degradation of styrene-butadiene-rubber during accelerated weathering tests, Makiko Kano, Yoshito Ohtake, Takeshi Yamanobe, Hiroki Uehara, 2020年10月01日, Polymer Degradation and Stability, 182, 109379
  • In-situ analysis for melt-drawing behavior of ultra-high molecular weight polyethylene / normal molecular weight polyethylene blend films, Hidekazu Tanaka, Saki Saijo, Masaki Kakiage, Takeshi Yamanobe, Hiroki Uehara, 2021年01月20日, Polymer, 213, 123213
  • Synthesis of Nanosheets Containing Uniformly Dispersed PdII Ions at an Aqueous/Aqueous Interface: Development of a Highly Active Nanosheet Catalyst for Mizoroki–Heck Reaction, Daisuke Nagai, Moeko Morita, Takeshi Yamanobe, 2020年07月16日, ACS OMEGA, 5, 29, 18484, 18489
  • Actuation mechanism of drawn polyethylene evaluated by structural change during cyclic stretching/shrinking, Hiroaki Yoshizawa, Ayaka Takazawa, Masaki Kakiage, Takeshi Yamanobe, Naoki Hayashi, Maki Hiraoka, Hiroyasu Masunaga, Kouki Aoyama, Hiroki Uehara, 2021年06月01日, Sensors and Actuators A: Physical, 323, 112634
  • Radiation grafting of DMAEMA and DEAEMA-based adsorbents for thorium adsorption, Nor Azillah Fatimah Othman, Sarala Selambakkannu, Takeshi Yamanobe, Hiroyuki Hoshina, Noriaki Seko, Tuan Amran Tuan Abdullah, 2020年03月04日, Journal of Radioanalytical and Nuclear Chemistry, 324, 429, 440
  • Oxygen-Free Poly(dimethylsilylene), Soichiro Kyushin, Kazuto Mizoguchi, Tomohiro Tanaka, Takeshi Yamanobe, Kenichi Hayashi, 2020年12月09日, Organometallics, 39, 24, 4651, 4656
  • Pd- and Au-Induced Circular and Fibrous Polymer Gelation via Thiocarbonyl Groups and High Pd Catalyst Activity, Daisuke Nagai, Ayaka Kubo, Moeko Morita, Naoyuki Shimazaki, Yasuyuki Maki, Hiroyuki Takeno, Masanobu Mori, Hiroki Uehara, Takeshi Yamanobe, 2020年05月20日, Applied Polymer Materials, 2, 6, 2211, 2219
  • Comparison of macro- and nanotribological behavior with surface plastic deformation of polystyrene, T Aoike; H Uehara; T Yamanobe; T Komoto, 2001年04月, LANGMUIR, 17, 7, 2153, 2159, 研究論文(学術雑誌)
  • Surface deformation properties of polystyrene as evaluated from the morphology of surfaces scratched by using the tip of a scanning force microscope, T Aoike; T Yamamoto; H Uehara; T Yamanobe; T Komoto, 2001年09月, LANGMUIR, 17, 18, 5688, 5692, 研究論文(学術雑誌)
  • Phase Transition during Heating of Nanostructured Ultrahigh Molecular Weight Polyethylene Membranes, Hiroki Uehara; Takuya Tamura; Hideyuki Yamashita; Takeshi Yamanobe; Hiroyasu Masunaga, 2015年12月, JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY B, 119, 52, 15909, 15918, 研究論文(学術雑誌)
  • Property Development for Biaxial Drawing of Ethylene-Tetrafluoroehtylene Copolymer Films and Resultant Fractural Behavior Analyzed by in Situ X-ray Measurements, Hiroki Uehara; Yasunori Ono; Masaki Kakiage; Takumi Sakamura; Hiroyasu Masunaga; Yasumasa Yukawa; Yoshiaki Higuchi; Hiroki Kamiya; Takeshi Yamanobe, 2015年03月, JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY B, 119, 11, 4284, 4293, 研究論文(学術雑誌)
  • A facile, selective, high recovery system for precious metals based on complexation between melamine and cyanuric acid, D. Nagai; T. Kuribayashi; H. Tanaka; H. Morinaga; H. Uehara; T. Yamanobe, 2015年, RSC ADVANCES, 5, 38, 30133, 30139, 研究論文(学術雑誌)
  • In Situ Analysis of Melt-Drawing Behavior of Ultrahigh Molecular Weight Polyethylene Films with Different Molecular Weights: Roles of Entanglements on Oriented Crystallization, Satomi Kato; Hidekazu Tanaka; Takeshi Yamanobe; Hiroki Uehara, 2015年04月, JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY B, 119, 15, 5062, 5070, 研究論文(学術雑誌)
  • Effect of Blending Asymmetry for Poly(L-lactic acid)/Poly(D-lactic acid) on Structural Change during Heating, Yuka Yokoyama; Hiroki Uehara; Takeshi Yamanobe, 2013年, ADVANCED MICRO-DEVICE ENGINEERING III, 534, 71, +, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Structure and curing mechanism of high-ortho and random novolac resins as studied by NMR, Masahiro Nomoto; Yukio Fujikawa; Tadashi Komoto; Takeshi Yamanobe, 2010年07月, JOURNAL OF MOLECULAR STRUCTURE, 976, 1-3, 419, 426, 研究論文(学術雑誌)
  • Stereo-Complex Crystallization of Poly(lactic acid)s in Block-Copolymer Phase Separation, Hiroki Uehara; Yusuke Karaki; Shizuka Wada; Takeshi Yamanobe, 2010年10月, ACS APPLIED MATERIALS & INTERFACES, 2, 10, 2707, 2710, 研究論文(学術雑誌)
  • Precise side-chain conformation analysis of L-phenylalanine in alpha-helical polypeptide by quantum-chemical calculation and C-13 CP-MAS NMR measurement, Subaru Niimura; Junya Suzuki; Hiromichi Kurosu; Takeshi Yamanobe; Akira Shoji, 2010年04月, JOURNAL OF MOLECULAR STRUCTURE, 969, 1-3, 40, 47, 研究論文(学術雑誌)
  • Phase development mechanism during drawing from highly entangled polyethylene melts, Hiroki Uehara; Masaki Kakiage; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto; Syozo Murakami, 2006年06月, MACROMOLECULAR RAPID COMMUNICATIONS, 27, 12, 966, 970, 研究論文(学術雑誌)
  • Alternating copolymer of bithiophene and dialkylbithiazole and its tendency to align on the surfaces, Takakazu Yamamoto; Syun-ichi Otsuka; Kimiyasu Namekawa; Hiroki Fukumoto; Isao Yamaguchi; Takashi Fukuda; Naoki Asakawa; Takeshi Yamanobe; Takeshi Shiono; Zhengguo Cai, 2006年08月, POLYMER, 47, 17, 6038, 6041, 研究論文(学術雑誌)
  • Structure and morphology of diamond-like carbon coated on nylon 66/poly(phenylene ether) alloy, Akira Igarashi; Hiroshi Hayashi; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto, 2006年05月, JOURNAL OF MOLECULAR STRUCTURE, 788, 1-3, 238, 245, 研究論文(学術雑誌)
  • High-performance polypropylene film prepared from reactor powders having different characteristics, Hiroki Uehara; Tomomi Hirao; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto; Yuzo Yamamoto, 2006年09月, POLYMER, 47, 20, 7145, 7152, 研究論文(学術雑誌)
  • A study on pyrolysis and cross-link formation of poly(p-phenylene butadiyne) by thermoanalysis and spectroscopy, J Ozaki; M Ito; H Fukazawa; T Yamanobe; M Hanaya; A Oya, 2006年08月, JOURNAL OF ANALYTICAL AND APPLIED PYROLYSIS, 77, 1, 56, 62, 研究論文(学術雑誌)
  • Surface-deformation characteristics of uniaxially oriented poly(ethylene terephthalate) film as evaluated from nanoscratch tests with scanning probe microscopy, H Uehara; T Asakawa; M Kakiage; T Yamanobe; T Komoto, 2006年05月, LANGMUIR, 22, 11, 4985, 4991, 研究論文(学術雑誌)
  • Single-walled carbon nanotube nucleated solution-crystallization of polyethylene, Hiroki Uehara; Kaori Kato; Masaki Kakiage; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto, 2007年12月, JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY C, 111, 51, 18950, 18957, 研究論文(学術雑誌)
  • Structure and characterization of nylon 46, Takeshi Yamanobe; Yoshihito Kurihara; Hiroki Uehara; Tadashi Komoto, 2007年03月, JOURNAL OF MOLECULAR STRUCTURE, 829, 1-3, 80, 87, 研究論文(学術雑誌)
  • A morphological study of the effect of carbon nanotube filler on tribology of phenol/formaldehyde resin-based composites, A Igarashi; T Terasawa; M Kanie; T Yamanobe; T Komoto, 2005年, POLYMER JOURNAL, 37, 7, 522, 528, 研究論文(学術雑誌)
  • Solid-state H-1-NMR relaxation behavior for ultra-high-molecular-weight polyethylene reactor powders with different morphologies, Hiroki Uehara; Hidekazu Tanaka; Takeshi Yamanobe, 2012年08月, POLYMER JOURNAL, 44, 8, 795, 801, 研究論文(学術雑誌)
  • Phase Transition of Poly(tetramethyl-p-silphenylenesiloxane) As Revealed by in Situ X-ray and NMR Measurements, Hiroki Uehara; Tomohiro Obana; Masaki Kakiage; Eiichi Akiyama; Takeshi Yamanobe, 2012年09月, MACROMOLECULES, 45, 18, 7446, 7453, 研究論文(学術雑誌)
  • Structure and molecular mobility of nascent isotactic polypropylene powders, Takeshi Yamanobe; Katsunori Ueki; Tadashi Komoto; Hiroki Uehara, 2012年08月, POLYMER JOURNAL, 44, 8, 764, 771, 研究論文(学術雑誌)
  • Control of tribological properties with a series of random copolymers, T Aoike; T Ikeda; H Uehara; T Yamanobe; T Komoto, 2002年04月, LANGMUIR, 18, 7, 2949, 2951, 研究論文(学術雑誌)
  • Morphology of melt-crystallized syndiotactic polypropylene, J Harasawa; H Uehara; T Yamanobe; T Komoto, 2002年, JOURNAL OF ELECTRON MICROSCOPY, 51, 3, 157, 166, 研究論文(学術雑誌)
  • Stereocomplex poly(lactic acid) nanoparticles crystallized through nanoporous membranes and application as nucleating agent, Hiroki Uehara; Mina Ishizuka; Hidekazu Tanaka; Makiko Kano; Takeshi Yamanobe, 2016年, RSC ADVANCES, 6, 17, 13971, 13980, 研究論文(学術雑誌)
  • Characterizations of PDMS-graft copolyimide membrane and the permselectivity of gases and aqueous organic mixtures, Cheol Min Yun; Eiichi Akiyama; Takeshi Yamanobe; Hiroki Uehara; Yu Nagase, 2016年10月, POLYMER, 103, 26, 214, 223, 研究論文(学術雑誌)
  • Relationship between Solid State Molecular Motion and Morphology for Ultra High Molecular Weight Polyethylene Crystallized under Different Condition, Hiroki Uehara; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto, 2000年06月, Macromolecules, MACROMOLECULES, 33, 13, 4861, 4870
  • Synthesis and properties of radiopaque polymer hydrogels: polyion complexes of copolymers of acrylamide derivatives having triiodophenyl and carboxyl groups and p-styrene sulfonate and polyallylamine, M Okamura; H Uehara; T Yamanobe; T Komoto; S Hosoi; T Kumazaki, 2000年10月, JOURNAL OF MOLECULAR STRUCTURE, 554, 1, 35, 45, 研究論文(学術雑誌)
  • Structural change with blending of crystalline?/amorphous block copolymers having different types of microphase separations, Kakiage, Masaki; Sekiya, Miho; Yamanobe, Takeshi; Uehara, Hiroki, 2011年12月, Polymer, POLYMER, 52, 26, 6146, 6153, 研究論文(学術雑誌)
  • Structural and property changes during uniaxial drawing of ethylene-tetrafluoroethylene copolymer films as analyzed by in-situ X-ray measurements, Yasunori Ono; Masaki Kakiage; Takeshi Yamanobe; Yasumasa Yukawa; Yoshiaki Higuchi; Hiroki Kamiya; Kiyotaka Arai; Hiroki Uehara, 2011年02月, POLYMER, 52, 4, 1172, 1179, 研究論文(学術雑誌)
  • Robust and transparent membrane of crystalline silicone via a melt-drawing technique, Hiroki Uehara; Tomohiro Obana; Masaki Kakiage; Hidekazu Tanaka; Hiroyasu Masunaga; Takeshi Yamanobe; Eiichi Akiyama, 2014年, JOURNAL OF MATERIALS CHEMISTRY C, 2, 2, 373, 381, 研究論文(学術雑誌)
  • Non-solvent processing for robust but thin membranes of ultra-high molecular weight polyethylene, Hiroki Uehara; Takuya Tamura; Kazuki Hashidume; Hidekazu Tanaka; Takeshi Yamanobe, 2014年, JOURNAL OF MATERIALS CHEMISTRY A, 2, 15, 5252, 5257, 研究論文(学術雑誌)
  • In Situ NMR Measurement of Novel Silicone Elastomer Obtained by Cross-Linking of Silicones Having Phenylene Backbone and Hyperbranched Molecular Architectures, Hiroki Uehara; Masazumi Saitoh; Ryosuke Morita; Eiichi Akiyama; Takeshi Yamanobe, 2014年02月, MACROMOLECULES, 47, 3, 888, 896, 研究論文(学術雑誌)
  • Nanoporous morphology control of polyethylene membranes by block copolymer blends, Hiroki Uehara; Makiko Kano; Hidekazu Tanaka; Satomi Kato; Hiroyasu Masunaga; Takeshi Yamanobe, 2014年, RSC ADVANCES, 4, 80, 42467, 42477, 研究論文(学術雑誌)
  • In-situ SAXS Analysis during Uniaxial Drawing of Polyethylene-block-Polystyrene Copolymer Film, Hiroki Uehara; Masaki Kakiage; Hidekazu Tanaka; Takeshi Yamanobe, 2014年, ADVANCED MICRO-DEVICE ENGINEERING IV, 596, 50, 54, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Highly Transparent and Robust Poly(tetrafluoroethylene) Membrane Prepared by Biaxial Melt-Drawing, Hiroki Uehara; Yuuki Arase; Ken Suzuki; Yasumasa Yukawa; Yoshiaki Higuchi; Yasuhiko Matsuoka; Takeshi Yamanobe, 2014年06月, MACROMOLECULAR MATERIALS AND ENGINEERING, 299, 6, 669, 673, 研究論文(学術雑誌)
  • RAFT-mediated graft polymerization of glycidyl methacrylate in emulsion from polyethylene/polypropylene initiated with -radiation, Jordan F. Madrid; Yuji Ueki; Lucille V. Abad; Takeshi Yamanobe; Noriaki Seko, 2017年09月, JOURNAL OF APPLIED POLYMER SCIENCE, 134, 36, 45270, 研究論文(学術雑誌)
  • Tetraalkoxyphenanthrene-Fused Thiadiazoloquinoxalines: Synthesis, Electronic, Optical, and Electrochemical Properties, and Self-Assembly, Shin-Ichiro Kato; Keitaro Watanabe; Misaki Tamura; Masahiko Ueno; Masashi Nitani; Yutaka Ie; Yoshio Aso; Takeshi Yamanobe; Hiroki Uehara; Yosuke Nakamura, 2017年03月, JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY, 82, 6, 3132, 3143, 研究論文(学術雑誌)
  • Tetraalkoxyphenanthrene-Fused Hexadecadehydro[20]- and Tetracosadehydro[30]annulenes: Syntheses, Aromaticity/Antiaromaticity, Electronic Properties, and Self-Assembly, Nobutaka Takahashi; Shin-Ichiro Kato; Minoru Yamaji; Masahiko Ueno; Ryunosuke Iwabuchi; Yui Shimizu; Masashi Nitani; Yutaka Ie; Yoshio Aso; Takeshi Yamanobe; Hiroki Uehara; Yosuke Nakamura, 2017年09月, JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY, 82, 17, 8882, 8896, 研究論文(学術雑誌)
  • Effects of chain transfer agent on the electron beam-induced graft polymerization of glycidyl methacrylate in emulsion phase, Jordan F. Madrid; Lucille V. Abad; Takeshi Yamanobe; Noriaki Seko, 2017年06月, COLLOID AND POLYMER SCIENCE, 295, 6, 1007, 1016, 研究論文(学術雑誌)
  • Crystallization and hardening of poly(ethylene-co-vinyl acetate) mouthguards during routine use, Ryoko Kuwahara; Ryotaro Tomita; Natsumi Ogawa; Kazunori Nakajima; Tomotaka Takeda; Hiroki Uehara; Takeshi Yamanobe, 2017年03月, SCIENTIFIC REPORTS, 7, 44672, 研究論文(学術雑誌)
  • One‐pot exchange reaction of acyl hydrazone combined with radical polymerization of styrene derivatives bearing acyl hydrazone moieties, 山延 健, 2019年12月, JOURNAL OF POLYMER SCIENCE, PART A: POLYMER CHEMISTRY, JOURNAL OF POLYMER SCIENCE, PART A: POLYMER CHEMISTRY, 57, 2505, 2510
  • 試料組成および練り時間が熱可塑性エラストマーの物性と構造に与える影響, 岩淵 龍之介; 永井 大介; 米山 賢; 上原 宏樹; 山延 健; 眞中 将一, 2018年07月, 高分子論文集, 75, 4, 337, 346
  • 示差走査型熱量計測定とin-situ X線測定の融合による高分子材料の融解挙動解析, 上原宏樹; 増田綾子; 山延健, 2018年, 分析化学, Bunseki Kagaku, 67, 3, 145, 151, 研究論文(学術雑誌)
  • シリコーン樹脂の構造制御と物性発現, 上原宏樹; 山延健; 秋山映一, 2017年, 日本ゴム協会誌, 90, 7, 338, 345
  • 動的粘弾性による新しい架橋型熱可塑性エラストマーの評価方法の検討, 眞中将一; 岩淵龍之介; 小薬次郎; 上原宏樹; 山延健, 2017年, 日本ゴム協会誌, 90, 4, 183, 189
  • 結晶性成分を導入したシリコーン・エラストマーの相構造制御および物性評価, 磯貝 由紀子; 森田 涼介; 上原 宏樹; 山延 健; 秋山 映一, 2015年, 高分子論文集, KOBUNSHI RONBUNSHU, 72, 3, 110, 117, 研究論文(学術雑誌)
  • 示差走査熱量分析―ラマン分光法と材料特性解析, 鈴木俊之; 山延健, 2014年, ぶんせき, 12, 683, 688
  • シリカエアロゲルとポリウレタンフォームを複合化したコンポジット断熱材の調製と耐久性評価, 井上 望; 山延 健, 2013年04月, 高分子論文集, Kobunshi Ronbunshu, 70, 4, 123, 128, 研究論文(学術雑誌)
  • シリカエアロゲルの合成及び表面改質を施したシリカエアロゲルとアクリル樹脂のコンポジットの作製, 井上 望; 山延 健, 2013年02月, 高分子論文集, Kobunshi Ronbunshu, 70, 2, 35, 41, 研究論文(学術雑誌)
  • 高分子材料の延伸過程におけるin-situ NMR測定法の開発と応用, 山延健; 撹上将規; 宮崎紀明; 森田翔; 上原宏樹, 2012年05月, 高分子論文集, Kobunshi Ronbunshu, 69, 5, 235, 241, 研究論文(学術雑誌)
  • パウダー試料の透過型電子顕微鏡観察用染色法およびそのポリエチレン単結晶試料への応用, 松田秀夫; 吉田信貴; 上原宏樹; 山延健; 甲本忠史, 1999年, 高分子論文集, Kobunshi Ronbunshu, 56, 10, 702, 708, 研究論文(学術雑誌)
  • 液体.溶液NMR,スピンエコ-,パルス法NMR, 山延 健, 2005年, 高分子辞典 第3版
  • 群馬大学工学部における情報化学教育, 山延 健; 工藤 貴子, 2003年, 日本化学会情報化学部会誌, 21
  • マヨネーズはなぜ腐りにくいのか, 山延 健, 2002年, 上毛新聞
  • ポリエチレン重合パウダーのモロフォロジーと分子運動性, 山延 健; 上原 宏樹; 甲本 忠史, 2002年02月, 高分子加工, 51, 2
  • 磁石(磁場)を用いた材料の構造解析-核磁気共鳴法(NMR)-, 山延 健, 2002年, HiKaLo, 2
  • NMRの応用-合成高分子-, 山延 健; 安藤勲, 2006年, 実験化学講座, in press
  • ラメラ厚分布と融解プロファイルの比較から求めたポリエチレン結晶の表面自由エネルギー, 松田秀夫; 青池卓; 上原宏樹; 山延健; 甲本忠史, 2001年07月, 高分子論文集, 58, 7
  • 高分子科学とNMR, 山延 健; 撹上将規; 上原宏樹, 2007年, 化学工業, 58
  • 走査プローブ顕微鏡を用いたナノ・スクラッチ試験による高分子表面の構造・物性解析, 上原宏樹; 山延健, 2013年08月, 成形加工, 25, 8
  • インプロセスNMR計測による新規シリコーンの架橋反応追跡とエラストマー特性, 上原宏樹; 山延健; 秋山映一, 2014年05月, プラスチックス, 65, 5
  • エチレン-酢酸ビニル共重合体製マウスガードの使用による物性変化に関する分子論的考察, 桑原 涼子; 中島 一憲; 武田 友孝; 上原 宏樹; 山延 健, 2017年02月, スポーツ歯学, 20, 2, 19, 26
  • エチレン-酢酸ビニル共重合体の構造・物性に及ぼす組成、熱処理、圧縮の影響, 桑原 涼子; 富田 遼太郎; 中島 一憲; 武田 友孝; 上原 宏樹; 山延 健, 2018年02月, スポーツ歯学, 21, 2, 31, 36
  • 固体高分解能13C NMRによるポリエチレンの構造解析, 安藤勲; 山延 健, 1985年, 繊維学会誌, 41
  • Structure and physical properties of poly(lactic acid) and cyclodextrin composite, Yamanobe, Takeshi; Takeda, Hayata; Takada, Yoshihisa; Nagai, Daisuke; Yoneyama, Masaru; Uehara, Hiroki; Takahashi, Keiko, 2019年02月, Journal of Inclusion Phenomena and Macrocyclic Chemistry, Journal of Inclusion Phenomena and Macrocyclic Chemistry, 93, 1-2, 117, 126
  • Evaluation of the Scandium Affinity under the Iron Coexistence Using Radiation Grafted Adsorbents, Natsuki HAYASHI; Hiroyuki HOSHINA; Haruyo AMADA; Takeshi YAMANOBE; Noriaki SEKO, 2014年, Journal of Ion Exchange, 25, 4, 105
  • Tetraalkoxyphenanthrene-Fused Dehydroannulenes: Synthesis, Self-Assembly, and Electronic, Optical, and Electrochemical Properties, Kato Shin-Ichiro; Takahashi Nobutaka; Tanaka Hidekazu; Kobayashi Atsushi; Yoshihara Toshitada; Tobita Seiji; Yamanobe Takeshi; Uehara Hiroki; Nakamura Yosuke, 2013年, Chemistry
  • Application and analysis of a DSC-Raman spectroscopy for indium and poly(lactic acid), T. Suzuki; K. Takahashi; H. Uehara; T. Yamanobe, 2013年09月, Journal of Thermal Analysis and Calorimetry, 113, 3, 1543, 1549, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Nanoporous Membranes: Nanowrinkled and Nanoporous Polyethylene Membranes Via Entanglement Arrangement Control, Uehara, Hiroki; Tamura, Takuya; Kakiage, Masaki; Yamanobe, Takeshi, 2012年, Advanced Functional Materials, 22, 10, 2048, 2057, 研究論文(学術雑誌)
  • Nanowrinkled and Nanoporous Polyethylene Membranes Via Entanglement Arrangement Control, Uehara, Hiroki; Tamura, Takuya; Kakiage, Masaki; Yamanobe, Takeshi, 2012年, Advanced Functional Materials, 22, 10, 2048, 2057, 研究論文(学術雑誌)
  • Effects of knot characteristics on tensile breaking of a polymeric monofilament, Hiroki Uehara; Hiroyuki Kimura; Asami Aoyama; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto, 2007年03月, NEW JOURNAL OF PHYSICS, 9, 65, 研究論文(学術雑誌)
  • Structure and dynamics of polypeptides in the thermotropic liquid crystalline phase as elucidated by NMR spectroscopy, YAMANOBE TAKESHI; Isao Ando, 2006年, Thermotropic Liquid Crytals, Thermotropic Liquid Crytals
  • C-13 NMR CHEMICAL-SHIFT AND CRYSTAL-STRUCTURE OF POLYETHYLENE CHAINS IN THE SOLID-STATE AS STUDIED BY TIGHT-BINDING THEORY WITHIN THE INDO-S FRAMEWORK, H KUROSU; ANDO, I; T YAMANOBE, 1989年11月, JOURNAL OF MOLECULAR STRUCTURE-THEOCHEM, 60, 239, 247, 研究論文(学術雑誌)
  • INTERCHAIN EFFECT OF C-13 NUCLEAR MAGNETIC-RESONANCE CHEMICAL-SHIFT AND ELECTRONIC-STRUCTURE OF POLYOXYMETHYLENE CHAINS IN THE SOLID-STATE, H KUROSU; T YAMANOBE; ANDO, I, 1988年10月, JOURNAL OF CHEMICAL PHYSICS, 89, 8, 5216, 5223, 研究論文(学術雑誌)
  • PROTON NMR RELAXATION AND MOLECULAR-MOTION OF LONG-CHAIN CYCLIC PARAFFINS IN THE SOLID-STATE, M TAKENAKA; T YAMANOBE; T KOMOTO; ANDO, I; H SATO; K SATO, 1987年10月, JOURNAL OF POLYMER SCIENCE PART B-POLYMER PHYSICS, 25, 10, 2165, 2178, 研究論文(学術雑誌)
  • Structure and Morphology of Diamond-like Carbon Coated on Nylon 66/Poly(phenylene ether) Alloy, Akira IGARASHI; YAMANOBE TAKESHI; KOMOTO TADASHI, 2006年, J. Mol. Struct., J. Mol. Struct., 788
  • Molecular motion of the main chain for a series of poly(alkyl L-glutamate)s as studied by H-2 NMR, T Yamanobe; Y Naito; Y Iwakura; T Komoto, 2002年01月, JOURNAL OF MOLECULAR STRUCTURE, 602, 449, 454, 研究論文(学術雑誌)
  • Structure and dynamics of polypeptides in the thermotropic liquid crystalline phase as elucidated by NMR spectroscopy, YAMANOBE TAKESHI; Isao Ando, 2006年, Thermotropic Liquid Crytals, Thermotropic Liquid Crytals
  • NMR chemical shift calculations and structural characterizations of polymers, Ando, I; S Kuroki; H Kurosu; T Yamanobe, 2001年08月, PROGRESS IN NUCLEAR MAGNETIC RESONANCE SPECTROSCOPY, 39, 2, 79, 133
  • Alternating copolymer of bithiophene and dialkylbithiazole and its strong tendency to assemble and to form an aligned structure on the surface of substrates., YAMANOBE TAKESHI; T. Yamamoto, 2006年, Polymer, Polymer, 47
  • Alkaline dechlorination of poly(vinyl chloride) in organic solvents under mild conditions, T Yoshinaga; M Yamaye; T Kito; T Ichiki; M Ogata; C Jie; H Fujino; T Tanimura; T Yamanobe, 2004年12月, POLYMER DEGRADATION AND STABILITY, 86, 3, 541, 547, 研究論文(学術雑誌)
  • A study on pyrolysis and cross-link formation of poly(p-phenylene butadiyne) by thermoanalysis and spectroscopy, OZAKI JUN-ICHI; YAMANOBE TAKESHI; HANAYA MINORU; OYA ASAO, 2006年02月, J. Anal. Appl. Pyrolysis, J. Anal. Appl. Pyrolysis, 77
  • Structure and mobility of a series of poly(alkyl L-glutamate)s studied by VT C-13 CPMAS NMR spectroscopy, Y Naito; T Komoto; T Yamanobe, 2002年01月, JOURNAL OF MOLECULAR STRUCTURE, 602, 437, 447, 研究論文(学術雑誌)
  • Effects of knot characteristics on tensile breaking of a polymeric monofilament, Hiroki Uehara; Hiroyuki Kimura; Asami Aoyama; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto, 2007年03月21日, New Journal of Physics, 9, 研究論文(学術雑誌)
  • Tribology of ultra-high molecular weight polyethylene disks molded at different temperatures, Taku Aoike; Daisuke Yokoyama; Hiroki Uehara; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto, 2007年02月, WEAR, 262, 5-6, 742, 748, 研究論文(学術雑誌)
  • Continuous film processing from ultrahigh-molecular-weight polyethylene reactor powder and mechanical property development by melt drawing, Hiroki Uehara; Ryota Yoshida; Masaki Kakiage; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto, 2006年11月, INDUSTRIAL & ENGINEERING CHEMISTRY RESEARCH, 45, 23, 7801, 7806, 研究論文(学術雑誌)
  • Molecular weight segregation on surfaces of polyethylene blended films as estimated from nanoscratch tests using scanning probe microscopy, Jun-ichi Suwa; Masaki Kakiage; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto; Hiroki Uehara, 2007年05月, LANGMUIR, 23, 11, 5882, 5885, 研究論文(学術雑誌)
  • Transient crystallization during drawing from ultra-high molecular weight polyethylene melts having different entanglement characteristics, Masaki Kakiage; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto; Syozo Murakami; Hiroki Uehara, 2006年10月, POLYMER, 47, 23, 8053, 8060, 研究論文(学術雑誌)
  • Nanoperiodic arrangement of Crystal/Amorphous phases induced by tensile drawing of highly entangled polyethylene, Hiroki Uehara; Kei-ichi Takeuchi; Masaki Kakiage; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto, 2007年08月, MACROMOLECULES, 40, 16, 5820, 5826, 研究論文(学術雑誌)
  • Effects of molecular characteristics and processing conditions on melt-drawing behavior of ultrahigh molecular weight polyethylene, Masaki Kakiage; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto; Syozo Murakami; Hiroki Uehara, 2006年09月, JOURNAL OF POLYMER SCIENCE PART B-POLYMER PHYSICS, 44, 17, 2455, 2467, 研究論文(学術雑誌)
  • Solid-state characterization of polyethylene reactor powders and their structural changes upon annealing, Hiroki Uehara; Ayako Uehara; Masaki Kakiage; Hiroshi Takahashi; Syozo Murakami; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto, 2007年07月, POLYMER, 48, 15, 4547, 4557, 研究論文(学術雑誌)
  • Nanoporous polyethylene film prepared from bicontinuous crystalline/amorphous structure of block copolymer precursor, H Uehara; T Yoshida; M Kakiage; T Yamanobe; T Komoto; K Nomura; K Nakajima; M Matsuda, 2006年06月, MACROMOLECULES, 39, 12, 3971, 3974, 研究論文(学術雑誌)
  • Structural arrangement of crystal line/amorphous phases of polyethylene-block-polystyrene copolymer as induced by orientation techniques, H Uehara; T Yoshida; M Kakiage; T Yamanobe; T Komoto, 2006年06月, JOURNAL OF POLYMER SCIENCE PART B-POLYMER PHYSICS, 44, 12, 1731, 1737, 研究論文(学術雑誌)
  • Phase transitions during heating of melt-drawn ultrahigh molecular weight polyethylenes having different molecular characteristics, Masaki Kakiage; Miho Sekiya; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto; Sono Sasaki; Syozo Murakami; Hiroki Uehara, 2008年05月, JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY B, 112, 17, 5311, 5316, 研究論文(学術雑誌)
  • Oriented crystallization induced by uniaxial drawing from poly(tetrafluoroethylene) melt, Takashi Morioka; Masaki Kakiage; Takeshi Yarnanobe; Tadashi Komoto; Yoshiaki Higuchi; Hiroki Kamiya; Kiyotaka Arai; Syozo Murakami; Hiroki Uehara, 2007年12月, MACROMOLECULES, 40, 26, 9413, 9419, 研究論文(学術雑誌)
  • In situ SAXS analysis of extended-chain crystallization during melt-drawing of ultra-high molecular weight polyethylene, Masaki Kakiage; Miho Sekiya; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto; Sono Sasaki; Syozo Murakami; Hiroki Uehara, 2007年11月, POLYMER, 48, 25, 7385, 7392, 研究論文(学術雑誌)
  • Novel In-Situ NMR Measurement System for Evaluating Molecular Mobility during Drawing from Highly Entangled Polyethylene Melts, Masaki Kakiage; Hiroki Uehara; Takeshi Yamanobe, 2008年09月, Macromolecular Rapid Communications, 29, 19, 1571, 1576, 研究論文(学術雑誌)
  • EFFECT OF INTERCHAIN INTERACTIONS ON C-13 NUCLEAR MAGNETIC-RESONANCE CHEMICAL-SHIFTS AND ELECTRONIC-STRUCTURES OF POLYACETYLENE IN THE SOLID-STATE AS STUDIED BY TIGHT-BINDING MOLECULAR-ORBITAL THEORY, T ISHII; H KUROSU; T YAMANOBE; ANDO, I, 1988年12月, JOURNAL OF CHEMICAL PHYSICS, 89, 12, 7315, 7319, 研究論文(学術雑誌)
  • INTERCHAIN EFFECT OF C-13 NUCLEAR MAGNETIC-RESONANCE CHEMICAL-SHIFT AND ELECTRONIC-STRUCTURE OF POLYOXYMETHYLENE CHAINS IN THE SOLID-STATE, H KUROSU; T YAMANOBE; ANDO, I, 1988年10月, JOURNAL OF CHEMICAL PHYSICS, 89, 8, 5216, 5223, 研究論文(学術雑誌)
  • STRUCTURE AND MOBILITY OF POLY(GAMMA-N-ALKYL-L-GLUTAMATE)S IN THE SOLID AND LIQUID-CRYSTALLINE STATES AS STUDIED BY NMR-SPECTROSCOPY, T YAMANOBE; H TSUKAMOTO; Y UEMATSU; ANDO, I; UEMATSU, I, 1993年05月, JOURNAL OF MOLECULAR STRUCTURE, 295, 25, 37, 研究論文(学術雑誌)
  • C-13 CPMAS NMR-STUDY OF THE STRUCTURE OF P-T-BUTYLCALIX[4]ARENE-ALKYLBENZENE CLATHRATES IN THE SOLID-STATE, T YAMANOBE; NAKAMURA, I; K HIBINO; T KOMOTO; H KURUSU; ANDO, I; Y NAKAMOTO; S ISHIDA, 1995年08月, JOURNAL OF MOLECULAR STRUCTURE, 355, 1, 15, 20, 研究論文(学術雑誌)
  • Structure and physical properties of naphthalene containing polyesters .1. Structure of poly(butylene 2,6-naphthalate) and poly(ethylene 2,6-naphthalate) as studied by solid state NMR spectroscopy, T Yamanobe; H Matsuda; K Imai; A Hirata; S Mori; T Komoto, 1996年, POLYMER JOURNAL, 28, 2, 177, 181, 研究論文(学術雑誌)
  • Simple and excellent preparation of polymorphic crystals of 4,5-bis(4-methoxyphenyl)-2-(3-nitrophenyl)-1H-imidazole, Y Sakaino; K Kishi; Y Inouye; T Yamanobe, 1996年, MOLECULAR CRYSTALS AND LIQUID CRYSTALS SCIENCE AND TECHNOLOGY SECTION A-MOLECULAR CRYSTALS AND LIQUID CRYSTALS, 276, A259, A269, 研究論文(学術雑誌)
  • Effect of interchain interactions on 13C nuclear magnetic resonance chemical shifts and electronic structures of polyacetylene in the solid state as studied by tight‐binding molecular orbital theory, Takahiro Ishii; Hiromichi Kurosu; Takeshi Yamanobe; Isao Ando, 1988年12月, J. Chem. Phys., JOURNAL OF CHEMICAL PHYSICS, 89, 12, 7315, 7319, 研究論文(学術雑誌)
  • INTERCHAIN EFFECT OF C-13 NUCLEAR MAGNETIC-RESONANCE CHEMICAL-SHIFT AND ELECTRONIC-STRUCTURE OF POLYOXYMETHYLENE CHAINS IN THE SOLID-STATE, H KUROSU; T YAMANOBE; ANDO, I, 1988年10月, JOURNAL OF CHEMICAL PHYSICS, 89, 8, 5216, 5223, 研究論文(学術雑誌)
  • POLYETHYLENE STRUCTURE IN THE SOLID-STATE AS STUDIED BY VARIABLE-TEMPERATURE C-13 CP MAS NMR-SPECTROSCOPY, ANDO, I; T YAMANOBE; S AKIYAMA; T KOMOTO; H SATO; T FUJITO; K DEGUCHI; M IMANARI, 1987年06月, SOLID STATE COMMUNICATIONS, 62, 11, 785, 788, 研究論文(学術雑誌)
  • CONFORMATION AND MOLECULAR PACKING OF NORMAL-ALKYL SIDE-CHAINS PROTRUDING FROM ALPHA-HELICAL POLY(L-GLUTAMATES) AS STUDIED BY C-13 CP/MAS NMR-SPECTROSCOPY, M TSUKAHARA; T YAMANOBE; T KOMOTO; J WATANABE; ANDO, I; UEMATSU, I, 1987年07月, JOURNAL OF MOLECULAR STRUCTURE, 159, 3-4, 345, 353, 研究論文(学術雑誌)
  • 13C NMR chemical shift and Crystal Structure of Polyethylene chains in the solid state as studied by Tight-Binding theory within the INDD/S framework, YAMANOBE TAKESHI; Isao?Ando; Hiromichi?Kurosu, 1989年, J.Mol.Struct(THEOCHEM), J.Mol.Struct(THEOCHEM), 201
  • Polymorphisms of 4,5-bis(4-methoxyphenyl)-2-(3-nitrophenyl)-1H-imidazole as studied by solid state NMR, T Yamanobe; T Komoto; Y Sakaino, 1996年, MOLECULAR CRYSTALS AND LIQUID CRYSTALS SCIENCE AND TECHNOLOGY SECTION A-MOLECULAR CRYSTALS AND LIQUID CRYSTALS, 276, 273, 282, 研究論文(学術雑誌)
  • Crystal structure of poly(butylene-2,6-naphthalate), H Koyano; Y Yamamoto; Y Saito; T Yamanobe; T Komoto, 1998年08月, POLYMER, 39, 18, 4385, 4391, 研究論文(学術雑誌)
  • NMR Chemical Shifts and Structures of Polymers, YAMANOBE TAKESHI; Isao Ando; Shigeki Kuroki; Hiromichi Kurosu, 2000年, Report on Progress in Polymer Physics in Japan, Report on Progress in Polymer Physics in Japan, 43
  • CONFORMATIONS AND C-13 NMR CHEMICAL-SHIFTS OF SOME POLYAMIDES IN THE SOLID-STATE AS STUDIED BY HIGH-RESOLUTION C-13 NMR-SPECTROSCOPY, K KUBO; ANDO, I; T SHIIBASHI; T YAMANOBE; T KOMOTO, 1991年01月, JOURNAL OF POLYMER SCIENCE PART B-POLYMER PHYSICS, 29, 1, 57, 66, 研究論文(学術雑誌)
  • Diffusional behavior of solvent in polypeptide liquid crystalline and gel states with highly oriented chains as studied by NMR spectroscopy, CH Zhao; HJ Zhang; T Yamanobe; S Kuroki; Ando, I, 1999年05月, MACROMOLECULES, 32, 10, 3389, 3395, 研究論文(学術雑誌)
  • Morphology of drawn syndiotactic polypropylene films, J Harasawa; H Uehara; T Yamanobe; T Komoto; M Terano, 2002年06月, JOURNAL OF MOLECULAR STRUCTURE, 610, 1-3, 133, 142, 研究論文(学術雑誌)
  • Size-Selective Diffusion in Nanoporous but Flexible Membranes for Glucose Sensors, Hiroki Uehara; Masaki Kakiage; Miho Sekiya; Daisuke Sakuma; Takeshi Yamonobe; Nao Takano; Antoine Barraud; Eric Meurville; Peter Ryser, 2009年04月, ACS NANO, 3, 4, 924, 932, 研究論文(学術雑誌)
  • CONFORMATIONAL BEHAVIOR OF POLY (BETA-ASPARTATE) WITH N-ALKYL SIDE-CHAINS IN THE SOLID-STATE AS STUDIED BY C-13-CP/MAS-NMR SPECTROSCOPY, M OKABE; T YAMANOBE; T KOMOTO; J WATANABE; ANDO, I; UEMATSU, I, 1989年10月, JOURNAL OF MOLECULAR STRUCTURE, 213, 213, 220, 研究論文(学術雑誌)
  • CONFORMATION AND DYNAMIC ASPECTS OF POLY(GAMMA-NORMAL-OCTADECYL L-GLUTAMATE) IN THE SOLID-STATE AND LIQUID-CRYSTALLINE STATE AS STUDIED BY VARIABLE-TEMPERATURE C-13 CP/MAS NMR-SPECTROSCOPY, T YAMANOBE; M TSUKAHARA; T KOMOTO; J WATANABE; ANDO, I; UEMATSU, I; K DEGUCHI; T FUJITO; M IMANARI, 1988年01月, MACROMOLECULES, 21, 1, 48, 50, 研究論文(学術雑誌)
  • PROTON NMR RELAXATION AND MOLECULAR-MOTION OF LONG-CHAIN CYCLIC PARAFFINS IN THE SOLID-STATE, M TAKENAKA; T YAMANOBE; T KOMOTO; ANDO, I; H SATO; K SATO, 1987年10月, JOURNAL OF POLYMER SCIENCE PART B-POLYMER PHYSICS, 25, 10, 2165, 2178, 研究論文(学術雑誌)
  • Overlapping of different rearrangement mechanisms upon annealing for solution-crystallized polyethylene, H Matsuda; T Aoike; H Uehara; T Yamanobe; T Komoto, 2001年05月, POLYMER, 42, 11, 5013, 5021, 研究論文(学術雑誌)
  • Lamellar characteristics controlled by prior polymer concentration for solution-crystallized ultra-high molecular weight polyethylene, H Uehara; H Matsuda; T Aoike; T Yamanobe; T Komoto, 2001年06月, POLYMER, 42, 13, 5893, 5899, 研究論文(学術雑誌)
  • Synthesis and Properties of Radiopaque Polymer Hydrogels Ⅱ: Copolymers of 2,4,6-Triiodophenyl-or N-(3-carboxy-2,4,6-triiodophenyl) acrylamide and p-Styrene sulfonate, Masahiko Okamura; Takeshi Yamanobe; Tomohiro Arai; Hiroki Uehara; Tadashi Komoto, 2002年01月, Journal of Molecular Structure, JOURNAL OF MOLECULAR STRUCTURE, 602, 1, 17, 28, 研究論文(学術雑誌)
  • Solid-state H-1 NMR relaxation analysis of ultrahigh molecular weight polyethylene reactor powder, H Uehara; T Aoike; T Yamanobe; T Komoto, 2002年03月, MACROMOLECULES, 35, 7, 2640, 2647, 研究論文(学術雑誌)
  • Novel Design Solving the Conductivity vs Water-Uptake Trade-Off for Polymer Electrolyte Membrane by Bicontinuous Crystalline/Amorphous Morphology of Block Copolymer, Hiroki Uehara; Masaki Kakiage; Miho Sekiya; Tsukasa Yamagishi; Takeshi Yamanobe; Katsuhiko Nakajima; Toshio Watanabe; Kumiko Nomura; Kohei Hase; Masatoshi Matsuda, 2009年10月, MACROMOLECULES, 42, 20, 7627, 7630, 研究論文(学術雑誌)
  • Hierarchical constraint distribution of ultra-high molecular weight polyethylene fibers with different preparation methods, Masaki Kakiage; Takuya Tamura; Syozo Murakami; Hiroshi Takahashi; Takeshi Yamanobe; Hiroki Uehara, 2010年05月, Journal of Materials Science, 45, 10, 2574, 2579, 研究論文(学術雑誌)
  • Structure and Property Gradation from Surface to Bulk of Poly(L-lactic acid)/Poly(D-lactic acid) Blended Films as Estimated from Nanoscratch Tests Using Scanning Probe Microscopy, Masaki Kakiage; Tomoyuki Ichikawa; Takeshi Yamanobe; Hiroki Uehara; Daisuke Sawai, 2010年03月, ACS APPLIED MATERIALS & INTERFACES, 2, 3, 633, 638, 研究論文(学術雑誌)
  • Nano-platelet structure of clay materials observed by atomic force microscope, Masaki Kakiage; Rie Takamatsu; Hiroki Uehara; Takeshi Yamanobe; Keizo Suzuki, 2011年, Key Engineering Materials, 459, 57, 61, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Morphology of melt-crystallized syndiotactic polypropylene, J Harasawa; H Uehara; T Yamanobe; T Komoto, 2002年, JOURNAL OF ELECTRON MICROSCOPY, 51, 3, 157, 166, 研究論文(学術雑誌)
  • Stereo-complex crystallization of poly(lactic acid)s in block-copolymer phase separation, Hiroki Uehara; Yusuke Karaki; Shizuka Wada; Takeshi Yamanobe, 2010年10月27日, ACS Applied Materials and Interfaces, 2, 10, 2707, 2710, 研究論文(学術雑誌)
  • Characterization of the Cross-Linked Structure of Cured Novolac Resins with Hexamethylenetetramine by Pyrolysis-Gas Chromatography, Masahiro Nomoto; Tadashi Komoto; Takeshi Yamanobe, 2010年11月, BUNSEKI KAGAKU, 59, 11, 1013, 1020, 研究論文(学術雑誌)
  • C-13 NMR CHEMICAL-SHIFT AND ELECTRONIC-STRUCTURE OF AN INFINITE POLYMER-CHAIN AS STUDIED BY TIGHT-BINDING MO THEORY - POLYETHYLENE, AND CIS AND TRANS POLYACETYLENES, T YAMANOBE; R CHUJO; ANDO, I, 1983年, MOLECULAR PHYSICS, 50, 6, 1231, 1249, 研究論文(学術雑誌)
  • CONFORMATION OF CYCLIC PARAFFINS AND POLYETHYLENE IN THE SOLID-STATE AS STUDIED BY C-13 CP MAS NMR, ANDO, I; T YAMANOBE; T SORITA; T KOMOTO; H SATO; K DEGUCHI; M IMANARI, 1984年, MACROMOLECULES, 17, 10, 1955, 1958, 研究論文(学術雑誌)
  • C-13 NMR CHEMICAL-SHIFT AND CRYSTAL-STRUCTURE OF PARAFFINS AND POLYETHYLENE AS STUDIED BY SOLID-STATE NMR, T YAMANOBE; T SORITA; T KOMOTO; ANDO, I; H SATO, 1985年, JOURNAL OF MOLECULAR STRUCTURE, 131, 3-4, 267, 275, 研究論文(学術雑誌)
  • C-13 NMR CHEMICAL-SHIFT AND ELECTRONIC-STRUCTURE OF SOLID POLYPEPTIDES AS STUDIED BY TIGHT-BINDING MO THEORY - POLYGLYCINE AND POLY(L-ALANINE), T YAMANOBE; ANDO, I; H SAITO; R TABETA; A SHOJI; T OZAKI, 1985年, BULLETIN OF THE CHEMICAL SOCIETY OF JAPAN, 58, 1, 23, 29, 研究論文(学術雑誌)
  • CHAIN CONFORMATION OF POLYETHYLENE IN THE CRYSTALLIZED STATE AS STUDIED BY C-13 CP/MAS NMR, ANDO, I; T SORITA; T YAMANOBE; T KOMOTO; H SATO; K DEGUCHI; M IMANARI, 1985年, MAKROMOLEKULARE CHEMIE-RAPID COMMUNICATIONS, 6, 5, 349, 352, 研究論文(学術雑誌)
  • THE EFFECTS OF INTERMOLECULAR INTERACTIONS ON NMR SPIN-SPIN COUPLINGS .1. METHYL-ALCOHOL, ANDO, I; T SANEFUJI; T YAMANOBE; S WATANABE; GA WEBB, 1985年, JOURNAL OF MOLECULAR LIQUIDS, 31, 1, 31, 40, 研究論文(学術雑誌)
  • C-13 NMR CHEMICAL-SHIFT AND ELECTRONIC-STRUCTURE OF AN INFINITE POLYMER-CHAIN AS STUDIED BY TIGHT-BINDING THEORY WITHIN THE CNDO/2 FRAMEWORK - POLYETHYLENE, AND CIS AND TRANS POLYACETYLENES, T YAMANOBE; ANDO, I, 1985年, JOURNAL OF CHEMICAL PHYSICS, 83, 6, 3154, 3160, 研究論文(学術雑誌)
  • CONFORMATIONAL CHARACTERIZATION OF GLYCINE RESIDUES INCORPORATED INTO SOME HOMOPOLYPEPTIDES BY SOLID-STATE C-13 NMR-SPECTROSCOPY, S ANDO; T YAMANOBE; ANDO, I; A SHOJI; T OZAKI; R TABETA; H SAITO, 1985年, JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 107, 25, 7648, 7652, 研究論文(学術雑誌)
  • Carbon-13 NMR chemical shift and electronic structure of polypeptide as studied by tight-binding MO theory: poly(β-benzyl L-aspartate) with the right-handed α-helix and left-handed α-helix forms, Takeshi Yamanobe; Isao Ando; Hazime Saito; Ryoko Tabeta; Akira Shoji; Takuo Ozaki, 1985年, Chemical Physics, CHEMICAL PHYSICS, 99, 2, 259, 264, 研究論文(学術雑誌)
  • C-13 NMR-STUDIES OF THE CONFORMATION OF CYCLIC PARAFFINS, N-PARAFFINS AND POLYETHYLENE IN SOLUTION, T YAMANOBE; T SORITA; ANDO, I; H SATO, 1985年, MAKROMOLEKULARE CHEMIE-MACROMOLECULAR CHEMISTRY AND PHYSICS, 186, 10, 2071, 2078, 研究論文(学術雑誌)
  • CHAIN CONFORMATION OF POLYETHYLENE IN THE SOLID-STATE AS STUDIED BY C-13 CROSS-POLARIZATION MAGIC ANGLE SPINNING NUCLEAR MAGNETIC-RESONANCE SPECTROSCOPY, ANDO, I; T SORITA; T YAMANOBE; T KOMOTO; H SATO; K DEGUCHI; M IMANARI, 1985年, POLYMER, 26, 12, 1864, 1868, 研究論文(学術雑誌)
  • THE EFFECTS OF INTERMOLECULAR INTERACTIONS ON C-13 NMR CHEMICAL-SHIFTS .1. METHYL-ALCOHOL, T YAMANOBE; ANDO, I; GA WEBB, 1986年12月, JOURNAL OF MOLECULAR LIQUIDS, 33, 1, 63, 70, 研究論文(学術雑誌)
  • C-13 NMR CHEMICAL-SHIFT AND CRYSTAL-STRUCTURES OF CYCLIC PARAFFINS OF LONG-CHAIN LENGTHS, M TAKENAKA; T YAMANOBE; T KOMOTO; ANDO, I; H SATO, 1987年03月, SOLID STATE COMMUNICATIONS, 61, 9, 563, 565, 研究論文(学術雑誌)
  • C-13 NMR CHEMICAL-SHIFTS AND ELECTRONIC-STRUCTURE OF CIS AND TRANS POLYACETYLENES AS STUDIED BY TIGHT-BINDING THEORY WITHIN THE INDO/S FRAMEWORK, T YAMANOBE; ANDO, I; GA WEBB, 1987年05月, JOURNAL OF MOLECULAR STRUCTURE-THEOCHEM, 36, 191, 201, 研究論文(学術雑誌)
  • C-13 NMR CHEMICAL-SHIFT AND ELECTRONIC-STRUCTURE OF POLYOXYMETHYLENE IN THE SOLID-STATE, H KUROSU; T YAMANOBE; T KOMOTO; ANDO, I, 1987年09月, CHEMICAL PHYSICS, 116, 3, 391, 398, 研究論文(学術雑誌)
  • C-13 NMR CHEMICAL-SHIFTS AND ELECTRONIC-STRUCTURE OF POLY(TERT-BUTYLACETYLENE), T YAMANOBE; ANDO, I; R CHUJO, 1982年, POLYMER JOURNAL, 14, 10, 827, 829
  • Enhanced amination and adsorption performance of functional copolymer synthesized via RAFT-mediated radiation grafting in emulsion, Madrid; Jordan F; Ueki, Yuji; Abad, Lucille V; Yamanobe, Takeshi; Seko, Noriaki, 2018年08月, Journal of Polymer Research, Journal of Polymer Research, 25, 9
  • Trithiazolyl-1,3,5-triazines bearing decyloxybenzene moieties: Synthesis, photophysical and electrochemical properties, and self-assembly behavior, Shin-Ichiro Kato; Satoshi Jin; Terutaka Kimura; Naoki Yoshikawa; Daiki Nara; Kenji Imamura; Yoshihito Shiota; Kazunari Yoshizawa; Ryo Katoono; Takeshi Yamanobe; Hiroki Uehara; Yosuke Nakamura, 2018年, Organic and Biomolecular Chemistry, 16, 19, 3584, 3595, 研究論文(学術雑誌)
  • 2,4,5,7,9,10-Hexaethynylpyrenes: Synthesis, Properties, and Self-Assembly, Kato, Shin-ichiro; Kano, Haruka; Irisawa, Ken-ichi; Yoshikawa, Naoki; Yamamoto, Ryuichiro; Kitamura, Chitoshi; Nara, Daiki; Yamanobe, Takeshi; Uehara, Hiroki; Nakamura, Yosuke, 2018年11月, Organic Letters, Organic Letters, 20, 23
  • 示差走査熱量曲線のピーク分離によるポリエチレン/ポリスチレンブロック共重合体の等温結晶化挙動の解明, 撹上将規; 関谷美穂; 東宮大貴; 山延健; 上原宏樹, 2019年01月, 高分子論文集, Konbunshi Ronbunshu, 76, 2, 150, 156, 研究論文(学術雑誌)
  • NMR analysis of morphology and structure of polymers, Takeshi Yamanobe; Hiroki Uehara, 2016年04月01日, Polymer Morphology: Principles, Characterization, and Processing, 131, 150, 論文集(書籍)内論文
  • Synthetic macromolecules, Hiromichi Kurosu; Takeshi Yamanobe, 2015年, Nuclear Magnetic Resonance, 44, 431, 455, 研究論文(学術雑誌)
  • Robust and transparent membrane of crystalline silicone via a melt-drawing technique, Hiroki Uehara; Tomohiro Obana; Masaki Kakiage; Hidekazu Tanaka; Hiroyasu Masunaga; Takeshi Yamanobe; Eiichi Akiyama, 2014年01月14日, Journal of Materials Chemistry C, 2, 2, 373, 381, 研究論文(学術雑誌)
  • Synthetic macromolecules, Hiromichi Kurosu; Takeshi Yamanobe, 2014年, Nuclear Magnetic Resonance, 43, 423, 456, 研究論文(学術雑誌)
  • Preparation and Aging of Polyurethane Foams Filled with Silica Aerogels, Nozomi Inoue; Takeshi Yamanobe, 2013年, KOBUNSHI RONBUNSHU, 70, 4, 123, 128, 研究論文(学術雑誌)
  • Preparation of Silica Aerogel/Acrylic Resin Composites, Nozomi Inoue; Takeshi Yamanobe, 2013年, KOBUNSHI RONBUNSHU, 70, 2, 35, 41, 研究論文(学術雑誌)
  • Development and Application of in situ Pulse NMR Measurement System for Drawing of Polymeric Materials, Takeshi Yamanobe; Masaki Kakiage; Noriaki Miyazaki; Sho Morita; Hiroki Uehara, 2012年05月, KOBUNSHI RONBUNSHU, 69, 5, 235, 241, 研究論文(学術雑誌)
  • A specialist periodical report on nuclear magnetic resonance (2011/8) synthetic macromolecules, Hiromichi Kurosu; Takeshi Yamanobe, 2012年, Nuclear Magnetic Resonance, 41, 386, 428, 研究論文(学術雑誌)
  • Nanoporous polyethylene membranes for glucose sensors, H. Uehara; M. Kakiage; M. Sekiya; D. Sakuma; T. Yamanobe; N. Takano; A. Barraud; E. Eric Meurville; P. Ryser, 2011年, IFMBE Proceedings, 37, 987, 991, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Structure and dynamics of thermotropic liquid crystalline polymers by NMR spectroscopy, Isao Ando; Takeshi Yamanobe, 2007年, Thermotropic Liquid Crystals: Recent Advances, 179, 233, 論文集(書籍)内論文
  • Chapter 9 Polyethylene and paraffins, Takeshi Yamanobe; Hiromichi Kurosu, 1998年, Studies in Physical and Theoretical Chemistry, 84, C, 327, 349, 研究論文(学術雑誌)
  • Cleaning of Printed Circuit Board by Octamethylcyclotetrasiloxane/ Perfluorocarbon, Nobuhiro Saito; Sigeo Yamafuji; Yasutaka Imajo; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto, 1996年, Nippon Kagaku Kaishi, 1996, 12, 1038, 1044, 研究論文(学術雑誌)
  • Application of Octamethyicyclotetrasiloxane/Perfluorocarbon to Vapor Phase Cleaning of Oil, Nobuhiro Saito; Sigeo Yamafuji; Hiroshi Shimozawa; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto, 1996年, Nippon Kagaku Kaishi, 1996, 8, 742, 746, 研究論文(学術雑誌)
  • Texture of Polypeptide Liquid Crystal and some Biological Systems, Yoshiko Uematsu; Takeshi Yamanobe; Ichitaro Uematsu, 1990年, Sen'i Gakkaishi, 46, 11, 511, 518, 研究論文(学術雑誌)
  • Nmr nuclear shielding and the electronic structures of macromolecules, I. Ando; T. Yamanobe; H. Kurosu; G. A. Webb, 1990年01月01日, Annual Reports on NMR Spectroscopy, 22, C, 205, 248, 研究論文(学術雑誌)
  • Nylon 6 structure in solid state as studied by high‐resolution 13C‐NMR spectroscopy, Kimihiro Kubo; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto; Isao Ando; Toru Shiibashi, 1989年, Journal of Polymer Science Part B: Polymer Physics, 27, 4, 929, 937, 研究論文(学術雑誌)
  • Single-walled carbon nanotube nucleated solution-crystallization of polyethylene, Uehara, Hiroki;Kato, Kaori;Kakiage, Masaki;Yamanobe, Takeshi;Komoto, Tadashi, 2007年, JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY C, JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY C, 111, 51, 18950, 18957
  • 工作油の洗浄へのオクタメチルシクロテトラシロキサン/ペルフルオロカーボンの適用, 齋藤 信宏;山藤 茂夫;下澤 宏;山延 健;甲本 忠史, 1996年08月, 日本化学会誌 : 化学と工業化学 = Journal of the Chemical Society of Japan : chemistry and industrial chemistry, Journal of the Chemical Society of Japan,chemistry and industrial chemistry, 1996, 8, 742, 746
  • オクタメチルシクロテトラシロキサン/ペルフルオロカーボン系洗浄剤による基板洗浄, 齋藤 信宏;山藤 茂夫;今城 康隆;山延 健;甲本 忠史, 1996年12月, 日本化学会誌 : 化学と工業化学 = Journal of the Chemical Society of Japan : chemistry and industrial chemistry, Journal of the Chemical Society of Japan,chemistry and industrial chemistry, 1996, 12, 1038, 1044
  • パウダー試料の透過型電子顕微鏡観察用染色法およびそのポリエチレン単結晶試料への応用, 松田 秀夫;吉田 信貴;上原 宏樹;山延 健;甲本 忠史, 1999年10月, 高分子論文集, KOBUNSHI RONBUNSHU, 56, 10, 702, 708
  • Structure and Physical Properties of Naphthalene Containing Polyesters I. Structure of Poly(butylene 2,6-naphthalate) and Poly(ethylene 2,6-naphthalate) as Studied by Solid State NMR Spectroscopy, YAMANOBE Takeshi;MATSUDA Hideo;IMAI Katsue;HIRATA Akihiko;MORI Shinichiro;KOMOTO Tadashi, 1996年02月, Polymer journal, Polymer Journal, 28, 2, 177, 181
  • ラメラ厚分布曲線と融解プロファイルの比較から見積もったポリエチレン結晶の表面自由エネルギー, 松田 秀夫;青池 卓;上原 宏樹;山延 健;甲本 忠史, 2001年07月, 高分子論文集, 58, 7, 326, 331
  • Morphology of melt-crystallized syndiotactic polypropylene, Harasawa Jun-ichi;Uehara Hiroki;Yamanobe Takeshi;KOMOTO Tadashi, 2002年06月, Journal of electron microscopy, Journal of Electron Microscopy, 51, 3, 157, 166
  • A Morphological Study of the Effect of Carbon Nanotube Filler on Tribology of Phenol/Formaldehyde Resin-based Composites, Igarashi Akira;Terasawa Toshinari;Kanie Mihoko;YAMANOBE Takeshi;KOMOTO Tadashi, 2005年07月, Polymer journal, Polymer journal, 37, 7, 522, 528
  • 熱分解ガスクロマトグラフィーによるノボラック/ヘキサメチレンテトラミン系硬化樹脂の橋架け構造の分析, 野本 雅弘;甲本 忠史;山延 健, 2010年11月, 分析化学 = Japan analyst, BUNSEKI KAGAKU, 59, 11, 1013, 1020
  • ラメラ厚分布曲線と融解プロファイルの比較から見積もったポリエチレン結晶の表面自由エネルギー, 松田 秀夫;青池 卓;上原 宏樹;山延 健;甲本 忠史, 2001年, 高分子論文集, KOBUNSHI RONBUNSHU, 58, 7, 326, 331
  • オクタメチルシクロテトラシロキサン/ペルフルオロカーボン系洗浄剤による基板洗浄, 齋藤 信宏;山藤 茂夫;今城 康隆;山延 健;甲本 忠史, 1996年, 日本化学会誌, NIPPON KAGAKU KAISHI, 1996, 12, 1038, 1044
  • 精密洗浄に関する研究 (第1報) 工作油の洗浄へのオクタメチルシクロテトラシロキサン/ペルフルオロカーボンの適用, 齋藤 信宏;山藤 茂夫;下澤 宏;山延 健;甲本 忠史, 1996年, 日本化学会誌, NIPPON KAGAKU KAISHI, 1996, 8, 742, 746
  • A Morphological Study of the Effect of Carbon Nanotube Filler on Tribology of Phenol/Formaldehyde Resin-based Composites, Igarashi Akira;Terasawa Toshinari;Kanie Mihoko;Yamanobe Takeshi;Komoto Tadashi, 2005年, Polymer Journal, Polymer Journal, 37, 7, 522, 528
  • 高分子材料の延伸過程におけるin situ NMR測定法の開発と応用, 山延 健;撹上 将規;宮崎 紀明;森田 翔;上原 宏樹, 2012年, 高分子論文集, KOBUNSHI RONBUNSHU, 69, 5, 235, 241
  • 群馬大学工学部における情報化学教育, 山延 健;工藤 貴子, 2003年, 日本化学会情報化学部会誌, CICSJ Bulletin, 21, 3

MISC

  • Novel in situ NMR Measurement System for Evaluating Molecular Mobility during Drawing from Highly Entangled Polyethylene Melts, Masaki Kakiage; Hiroki Uehara; Takeshi Yamanobe, 2008年10月, MACROMOLECULAR RAPID COMMUNICATIONS, 29, 19, 1571, 1576
  • Phase transitions during heating of melt-drawn ultrahigh molecular weight polyethylenes having different molecular characteristics, Masaki Kakiage; Miho Sekiya; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto; Sono Sasaki; Syozo Murakami; Hiroki Uehara, 2008年05月, JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY B, 112, 17, 5311, 5316
  • Phase transitions during heating of melt-drawn ultrahigh molecular weight polyethylenes having different molecular characteristics, Masaki Kakiage; Miho Sekiya; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto; Sono Sasaki; Syozo Murakami; Hiroki Uehara, 2008年05月, JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY B, 112, 17, 5311, 5316
  • Surface deformation properties of polystyrene as evaluated from the morphology of surfaces scratched by using the tip of a scanning force microscope, T Aoike; T Yamamoto; H Uehara; T Yamanobe; T Komoto, 2001年09月, LANGMUIR, 17, 18, 5688, 5692
  • Surface deformation properties of polystyrene as evaluated from the morphology of surfaces scratched by using the tip of a scanning force microscope, T Aoike; T Yamamoto; H Uehara; T Yamanobe; T Komoto, 2001年09月, LANGMUIR, 17, 18, 5688, 5692
  • Size-Selective Diffusion in Nanoporous but Flexible Membranes for Glucose Sensors, Hiroki Uehara; Masaki Kakiage; Miho Sekiya; Daisuke Sakuma; Takeshi Yamonobe; Nao Takano; Antoine Barraud; Eric Meurville; Peter Ryser, 2009年04月, ACS NANO, 3, 4, 924, 932
  • Size-Selective Diffusion in Nanoporous but Flexible Membranes for Glucose Sensors, Hiroki Uehara; Masaki Kakiage; Miho Sekiya; Daisuke Sakuma; Takeshi Yamonobe; Nao Takano; Antoine Barraud; Eric Meurville; Peter Ryser, 2009年04月, ACS NANO, 3, 4, 924, 932
  • Novel Design Solving the Conductivity vs Water-Uptake Trade-Off for Polymer Electrolyte Membrane by Bicontinuous Crystalline/Amorphous Morphology of Block Copolymer, Hiroki Uehara; Masaki Kakiage; Miho Sekiya; Tsukasa Yamagishi; Takeshi Yamanobe; Katsuhiko Nakajima; Toshio Watanabe; Kumiko Nomura; Kohei Hase; Masatoshi Matsuda, 2009年10月, MACROMOLECULES, 42, 20, 7627, 7630
  • Novel Design Solving the Conductivity vs Water-Uptake Trade-Off for Polymer Electrolyte Membrane by Bicontinuous Crystalline/Amorphous Morphology of Block Copolymer, Hiroki Uehara; Masaki Kakiage; Miho Sekiya; Tsukasa Yamagishi; Takeshi Yamanobe; Katsuhiko Nakajima; Toshio Watanabe; Kumiko Nomura; Kohei Hase; Masatoshi Matsuda, 2009年10月, MACROMOLECULES, 42, 20, 7627, 7630
  • Tetraalkoxyphenanthrene-Fused Dehydroannulenes: Synthesis, Self-Assembly, and Electronic, Optical, and Electrochemical Properties, Shin-ichiro Kato; Nobutaka Takahashi; Hidekazu Tanaka; Atsushi Kobayashi; Toshitada Yoshihara; Seiji Tobita; Takeshi Yamanobe; Hiroki Uehara; Yosuke Nakamura, 2013年09月, CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL, 19, 36, 12138, 12151
  • Effect of Blending Asymmetry for Poly(L-lactic acid)/Poly(D-lactic acid) on Structural Change during Heating, Yuka Yokoyama; Hiroki Uehara; Takeshi Yamanobe, 2013年, ADVANCED MICRO-DEVICE ENGINEERING III, 534, 71, +
  • Structure and Property Gradation from Surface to Bulk of Poly(L-lactic acid)/Poly(D-lactic acid) Blended Films as Estimated from Nanoscratch Tests Using Scanning Probe Microscopy, Masaki Kakiage; Tomoyuki Ichikawa; Takeshi Yamanobe; Hiroki Uehara; Daisuke Sawai, 2010年03月, ACS APPLIED MATERIALS & INTERFACES, 2, 3, 633, 638
  • Structure and Property Gradation from Surface to Bulk of Poly(L-lactic acid)/Poly(D-lactic acid) Blended Films as Estimated from Nanoscratch Tests Using Scanning Probe Microscopy, Masaki Kakiage; Tomoyuki Ichikawa; Takeshi Yamanobe; Hiroki Uehara; Daisuke Sawai, 2010年03月, ACS APPLIED MATERIALS & INTERFACES, 2, 3, 633, 638
  • Structure and curing mechanism of high-ortho and random novolac resins as studied by NMR, Masahiro Nomoto; Yukio Fujikawa; Tadashi Komoto; Takeshi Yamanobe, 2010年07月, JOURNAL OF MOLECULAR STRUCTURE, 976, 1-3, 419, 426
  • Structure and curing mechanism of high-ortho and random novolac resins as studied by NMR, Masahiro Nomoto; Yukio Fujikawa; Tadashi Komoto; Takeshi Yamanobe, 2010年07月, JOURNAL OF MOLECULAR STRUCTURE, 976, 1-3, 419, 426
  • Hierarchical constraint distribution of ultra-high molecular weight polyethylene fibers with different preparation methods, Masaki Kakiage; Takuya Tamura; Syozo Murakami; Hiroshi Takahashi; Takeshi Yamanobe; Hiroki Uehara, 2010年05月, JOURNAL OF MATERIALS SCIENCE, 45, 10, 2574, 2579
  • Hierarchical constraint distribution of ultra-high molecular weight polyethylene fibers with different preparation methods, Masaki Kakiage; Takuya Tamura; Syozo Murakami; Hiroshi Takahashi; Takeshi Yamanobe; Hiroki Uehara, 2010年05月, JOURNAL OF MATERIALS SCIENCE, 45, 10, 2574, 2579
  • Stereo-Complex Crystallization of Poly(lactic acid)s in Block-Copolymer Phase Separation, Hiroki Uehara; Yusuke Karaki; Shizuka Wada; Takeshi Yamanobe, 2010年10月, ACS APPLIED MATERIALS & INTERFACES, 2, 10, 2707, 2710
  • Precise side-chain conformation analysis of L-phenylalanine in α-helical polypeptide by quantum-chemical calculation and 13C CP-MAS NMR measurement, Niimura, Subaru; Suzuki, Junya; Kurosu, Hiromichi; Yamanobe, Takeshi; Shoji, Akira, 2010年04月, Journal of Molecular Structure, JOURNAL OF MOLECULAR STRUCTURE, 969, 1-3, 40, 47
  • CONFORMATION AND DYNAMIC ASPECTS OF POLY(GAMMA-NORMAL-OCTADECYL L-GLUTAMATE) IN THE SOLID-STATE AND LIQUID-CRYSTALLINE STATE AS STUDIED BY VARIABLE-TEMPERATURE C-13 CP/MAS NMR-SPECTROSCOPY, T YAMANOBE; M TSUKAHARA; T KOMOTO; J WATANABE; ANDO, I; UEMATSU, I; K DEGUCHI; T FUJITO; M IMANARI, 1988年01月, MACROMOLECULES, 21, 1, 48, 50
  • CONFORMATION AND DYNAMIC ASPECTS OF POLY(GAMMA-NORMAL-OCTADECYL L-GLUTAMATE) IN THE SOLID-STATE AND LIQUID-CRYSTALLINE STATE AS STUDIED BY VARIABLE-TEMPERATURE C-13 CP/MAS NMR-SPECTROSCOPY, T YAMANOBE; M TSUKAHARA; T KOMOTO; J WATANABE; ANDO, I; UEMATSU, I; K DEGUCHI; T FUJITO; M IMANARI, 1988年01月, MACROMOLECULES, 21, 1, 48, 50
  • Phase development mechanism during drawing from highly entangled polyethylene melts, Hiroki Uehara; Masaki Kakiage; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto; Syozo Murakami, 2006年06月, MACROMOLECULAR RAPID COMMUNICATIONS, 27, 12, 966, 970
  • Alternating copolymer of bithiophene and dialkylbithiazole and its tendency to align on the surfaces, Takakazu Yamamoto; Syun-ichi Otsuka; Kimiyasu Namekawa; Hiroki Fukumoto; Isao Yamaguchi; Takashi Fukuda; Naoki Asakawa; Takeshi Yamanobe; Takeshi Shiono; Zhengguo Cai, 2006年08月, POLYMER, 47, 17, 6038, 6041
  • Nanoporous polyethylene film prepared from bicontinuous crystalline/amorphous structure of block copolymer precursor, H Uehara; T Yoshida; M Kakiage; T Yamanobe; T Komoto; K Nomura; K Nakajima; M Matsuda, 2006年06月, MACROMOLECULES, 39, 12, 3971, 3974
  • Nanoporous polyethylene film prepared from bicontinuous crystalline/amorphous structure of block copolymer precursor, H Uehara; T Yoshida; M Kakiage; T Yamanobe; T Komoto; K Nomura; K Nakajima; M Matsuda, 2006年06月, MACROMOLECULES, 39, 12, 3971, 3974
  • Structure and morphology of diamond-like carbon coated on nylon 66/poly(phenylene ether) alloy, Akira Igarashi; Hiroshi Hayashi; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto, 2006年05月, JOURNAL OF MOLECULAR STRUCTURE, 788, 1-3, 238, 245
  • High-performance polypropylene film prepared from reactor powders having different characteristics, Hiroki Uehara; Tomomi Hirao; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto; Yuzo Yamamoto, 2006年09月, POLYMER, 47, 20, 7145, 7152
  • High-performance polypropylene film prepared from reactor powders having different characteristics, Hiroki Uehara; Tomomi Hirao; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto; Yuzo Yamamoto, 2006年09月, POLYMER, 47, 20, 7145, 7152
  • Surface-deformation characteristics of uniaxially oriented poly(ethylene terephthalate) film as evaluated from nanoscratch tests with scanning probe microscopy, H Uehara; T Asakawa; M Kakiage; T Yamanobe; T Komoto, 2006年05月, LANGMUIR, 22, 11, 4985, 4991
  • Oriented crystallization induced by uniaxial drawing from poly(tetrafluoroethylene) melt, Takashi Morioka; Masaki Kakiage; Takeshi Yarnanobe; Tadashi Komoto; Yoshiaki Higuchi; Hiroki Kamiya; Kiyotaka Arai; Syozo Murakami; Hiroki Uehara, 2007年12月, MACROMOLECULES, 40, 26, 9413, 9419
  • Oriented crystallization induced by uniaxial drawing from poly(tetrafluoroethylene) melt, Takashi Morioka; Masaki Kakiage; Takeshi Yarnanobe; Tadashi Komoto; Yoshiaki Higuchi; Hiroki Kamiya; Kiyotaka Arai; Syozo Murakami; Hiroki Uehara, 2007年12月, MACROMOLECULES, 40, 26, 9413, 9419
  • Single-walled carbon nanotube nucleated solution-crystallization of polyethylene, Hiroki Uehara; Kaori Kato; Masaki Kakiage; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto, 2007年12月, JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY C, 111, 51, 18950, 18957
  • In situ SAXS analysis of extended-chain crystallization during melt-drawing of ultra-high molecular weight polyethylene, Masaki Kakiage; Miho Sekiya; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto; Sono Sasaki; Syozo Murakami; Hiroki Uehara, 2007年11月, POLYMER, 48, 25, 7385, 7392
  • In situ SAXS analysis of extended-chain crystallization during melt-drawing of ultra-high molecular weight polyethylene, Masaki Kakiage; Miho Sekiya; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto; Sono Sasaki; Syozo Murakami; Hiroki Uehara, 2007年11月, POLYMER, 48, 25, 7385, 7392
  • A morphological study of the effect of carbon nanotube filler on tribology of phenol/formaldehyde resin-based composites, A Igarashi; T Terasawa; M Kanie; T Yamanobe; T Komoto, 2005年, POLYMER JOURNAL, 37, 7, 522, 528
  • Nanowrinkled and Nanoporous Polyethylene Membranes Via Entanglement Arrangement Control, Hiroki Uehara; Takuya Tamura; Masaki Kakiage; Takeshi Yamanobe, 2012年05月, ADVANCED FUNCTIONAL MATERIALS, 22, 10, 2048, 2057
  • Nanowrinkled and Nanoporous Polyethylene Membranes Via Entanglement Arrangement Control, Hiroki Uehara; Takuya Tamura; Masaki Kakiage; Takeshi Yamanobe, 2012年05月, ADVANCED FUNCTIONAL MATERIALS, 22, 10, 2048, 2057
  • Phase Transition of Poly(tetramethyl-p-silphenylenesiloxane) As Revealed by in Situ X-ray and NMR Measurements, Hiroki Uehara; Tomohiro Obana; Masaki Kakiage; Eiichi Akiyama; Takeshi Yamanobe, 2012年09月, MACROMOLECULES, 45, 18, 7446, 7453
  • Phase Transition of Poly(tetramethyl-p-silphenylenesiloxane) As Revealed by in Situ X-ray and NMR Measurements, Hiroki Uehara; Tomohiro Obana; Masaki Kakiage; Eiichi Akiyama; Takeshi Yamanobe, 2012年09月, MACROMOLECULES, 45, 18, 7446, 7453
  • Structure and molecular mobility of nascent isotactic polypropylene powders, Takeshi Yamanobe; Katsunori Ueki; Tadashi Komoto; Hiroki Uehara, 2012年08月, POLYMER JOURNAL, 44, 8, 764, 771
  • Synthesis and Properties of Radiopaque Polymer Hydrogels Ⅱ: Copolymers of 2,4,6-Triiodophenyl-or N-(3-carboxy-2,4,6-triiodophenyl) acrylamide and p-Styrene sulfonate, Masahiko Okamura; Takeshi Yamanobe; Tomohiro Arai; Hiroki Uehara; Tadashi Komoto, 2002年01月, Journal of Molecular Structure, JOURNAL OF MOLECULAR STRUCTURE, 602, 1, 17, 28
  • Synthesis and properties of radiopaque polymer hydrogels II: copolymers of 2,4,6-triiodophenyl- or N-(3-carboxy-2,4,6-triiodophenyl)-acrylamide and p-styrene sulfonate, M Okamura; T Yamanobe; T Arai; H Uehara; T Komoto; S Hosoi; T Kumazaki, 2002年01月, JOURNAL OF MOLECULAR STRUCTURE, 602, 1, 17, 28
  • Control of tribological properties with a series of random copolymers, T Aoike; T Ikeda; H Uehara; T Yamanobe; T Komoto, 2002年04月, LANGMUIR, 18, 7, 2949, 2951
  • Alkaline dechlorination of poly(vinyl chloride) in organic solvents under mild conditions, T Yoshinaga; M Yamaye; T Kito; T Ichiki; M Ogata; C Jie; H Fujino; T Tanimura; T Yamanobe, 2004年12月, POLYMER DEGRADATION AND STABILITY, 86, 3, 541, 547
  • Alkaline dechlorination of poly(vinyl chloride) in organic solvents under mild conditions, T Yoshinaga; M Yamaye; T Kito; T Ichiki; M Ogata; C Jie; H Fujino; T Tanimura; T Yamanobe, 2004年12月, POLYMER DEGRADATION AND STABILITY, 86, 3, 541, 547
  • Synthesis and properties of radiopaque polymer hydrogels: polyion complexes of copolymers of acrylamide derivatives having triiodophenyl and carboxyl groups and p-styrene sulfonate and polyallylamine, M Okamura; H Uehara; T Yamanobe; T Komoto; S Hosoi; T Kumazaki, 2000年10月, JOURNAL OF MOLECULAR STRUCTURE, 554, 1, 35, 45
  • Nano-Platelet Structure of Clay Materials Observed by Atomic Force Microscope, Masaki Kakiage; Rie Takamatsu; Hiroki Uehara; Takeshi Yamanobe; Keizo Suzuki, 2011年, SILICON SCIENCE AND ADVANCED MICRO-DEVICE ENGINEERING I, 459, 57, +
  • Nano-Platelet Structure of Clay Materials Observed by Atomic Force Microscope, Masaki Kakiage; Rie Takamatsu; Hiroki Uehara; Takeshi Yamanobe; Keizo Suzuki, 2011年, SILICON SCIENCE AND ADVANCED MICRO-DEVICE ENGINEERING I, 459, 57, +
  • Structural change with blending of crystalline/amorphous block copolymers having different types of microphase separations, Masaki Kakiage; Miho Sekiya; Takeshi Yamanobe; Hiroki Uehara, 2011年12月, POLYMER, 52, 26, 6146, 6153
  • Structural and property changes during uniaxial drawing of ethylene-tetrafluoroethylene copolymer films as analyzed by in-situ X-ray measurements, Yasunori Ono; Masaki Kakiage; Takeshi Yamanobe; Yasumasa Yukawa; Yoshiaki Higuchi; Hiroki Kamiya; Kiyotaka Arai; Hiroki Uehara, 2011年02月, POLYMER, 52, 4, 1172, 1179
  • C-13 NMR CHEMICAL-SHIFTS AND ELECTRONIC-STRUCTURE OF CIS AND TRANS POLYACETYLENES AS STUDIED BY TIGHT-BINDING THEORY WITHIN THE INDO/S FRAMEWORK, T YAMANOBE; ANDO, I; GA WEBB, 1987年05月, JOURNAL OF MOLECULAR STRUCTURE-THEOCHEM, 36, 191, 201
  • C-13 NMR CHEMICAL-SHIFTS AND ELECTRONIC-STRUCTURE OF CIS AND TRANS POLYACETYLENES AS STUDIED BY TIGHT-BINDING THEORY WITHIN THE INDO/S FRAMEWORK, T YAMANOBE; ANDO, I; GA WEBB, 1987年05月, JOURNAL OF MOLECULAR STRUCTURE-THEOCHEM, 36, 191, 201
  • Robust and transparent membrane of crystalline silicone via a melt-drawing technique, Hiroki Uehara; Tomohiro Obana; Masaki Kakiage; Hidekazu Tanaka; Hiroyasu Masunaga; Takeshi Yamanobe; Eiichi Akiyama, 2014年, JOURNAL OF MATERIALS CHEMISTRY C, 2, 2, 373, 381
  • Non-solvent processing for robust but thin membranes of ultra-high molecular weight polyethylene, Hiroki Uehara; Takuya Tamura; Kazuki Hashidume; Hidekazu Tanaka; Takeshi Yamanobe, 2014年, JOURNAL OF MATERIALS CHEMISTRY A, 2, 15, 5252, 5257
  • Modification of physical properties of poly(L-lactic acid) by addition of methyl-β-cyclodextrin, Suzuki Toshiyuki; Ei Ayaka; Takada Yoshihisa; Uehara Hiroki; Yamanobe Takeshi; Takahashi Keiko, 2014年12月, Beilstein journal of organic chemistry, BEILSTEIN JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY, 10, 2997, 3006
  • Nanoporous morphology control of polyethylene membranes by block copolymer blends, Hiroki Uehara; Makiko Kano; Hidekazu Tanaka; Satomi Kato; Hiroyasu Masunaga; Takeshi Yamanobe, 2014年, RSC ADVANCES, 4, 80, 42467, 42477
  • In-situ SAXS Analysis during Uniaxial Drawing of Polyethylene-block-Polystyrene Copolymer Film, Hiroki Uehara; Masaki Kakiage; Hidekazu Tanaka; Takeshi Yamanobe, 2014年, ADVANCED MICRO-DEVICE ENGINEERING IV, 596, 50, 54
  • インプロセスNMR計測による新規シリコーンの架橋反応追跡とエラストマー特性, 上原宏樹; 山延健; 秋山映一, 2014年, プラスチックス, 65, 5, 34, 42
  • Evaluation of the Scandium Affinity under the Iron Coexistence Using Radiation Grafted Adsorbents, Natsuki HAYASHI; Hiroyuki HOSHINA; Haruyo AMADA; Takeshi YAMANOBE; Noriaki SEKO, 2014年, Journal of Ion Exchange, 25, 4, 105
  • 走査プローブ顕微鏡を用いたナノ・スクラッチ試験による高分子表面の構造・物性解析, 上原宏樹; 山延健, 2013年, 成形加工, 25, 8, 367, 371
  • Structure and molecular mobility of nascent isotactic polypropylene powders, Takeshi Yamanobe; Katsunori Ueki; Tadashi Komoto; Hiroki Uehara, 2012年08月, Polymer Journal, 44, 8, 764, 771
  • Characterization of the cross-linked structure of cured novolac resins with hexamethylenetetramine by pyrolysis-gas chromatography, Masahiro Nomoto; Tadashi Komoto; Takeshi Yamanobe, 2010年, Bunseki Kagaku, 59, 11, 1013, 1020
  • Structure and characterization of nylon 46, Takeshi Yamanobe; Yoshihito Kurihara; Hiroki Uehara; Tadashi Komoto, 2007年03月17日, Journal of Molecular Structure, 829, 1-3, 80, 87
  • A study on pyrolysis and cross-link formation of poly(p-phenylene butadiyne) by thermoanalysis and spectroscopy, Jun-ichi Ozaki; Masaki Ito; Hiroko Fukazawa; Takeshi Yamanobe; Minoru Hanaya; Asao Oya, 2006年08月, Journal of Analytical and Applied Pyrolysis, 77, 1, 56, 62
  • Phase development mechanism during drawing from highly entangled polyethylene melts, Hiroki Uehara; Masaki Kakiage; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto; Syozo Murakami, 2006年06月24日, Macromolecular Rapid Communications, 27, 12, 966, 970
  • NMRの応用-合成高分子-, 山延 健; 安藤勲, 2006年, 実験化学講座, in press
  • Structure and dynamics of polypeptides in the thermotropic liquid crystalline phase as elucidated by NMR spectroscopy, YAMANOBE TAKESHI; Isao Ando, 2006年, Thermotropic Liquid Crytals
  • 液体.溶液NMR,スピンエコ-,パルス法NMR, 山延 健, 2005年, 高分子辞典 第3版
  • Synthetic Macromolecules, YAMANOBE TAKESHI; Hiromichi Kurosu, 2005年, Specialist Periodical Reports, Nuclear Magnetic Resonace, Royal Society of Chemistry Publishing, 34 415-470
  • Synthetic Macromolecules, YAMANOBE TAKESHI; Hiromichi Kurosu, 2004年, Specialist Periodical Reports, Nuclear Magnetic Resonace, 33 386-438
  • 群馬大学工学部における情報化学教育, 山延 健; 工藤 貴子, 2003年, 日本化学会情報化学部会誌, 21, 54, 55
  • Synthetic Macromolecules, YAMANOBE TAKESHI; Hiromichi Kurosu, 2003年, Specialist Periodical Reports, Nuclear Magnetic Resonace, 32 361-400
  • Structure and mobility of a series of poly(alkyl L-glutamate)s studied by VT 13C CPMAS NMR spectroscopy, Yoshiyuki Naito; Tadashi Komoto; Takeshi Yamanobe, 2002年01月09日, Journal of Molecular Structure, 602-603, 437, 447
  • Morphology of melt-crystallized syndiotactic polypropylene, Jun-Ichi Harasawa; Hiroki Uehara; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto, 2002年, Journal of Electron Microscopy, 51, 3, 157, 166
  • Synthetic Macromolecules, YAMANOBE TAKESHI; Hiromichi Kurosu, 2002年, Specialist Periodical Reports, Nuclear Magnetic Resonace, 31 353-387
  • Molecular motion of the main chain for a series of poly(alkyl L-glutamate)s as studied by H-2 NMR, T Yamanobe; Y Naito; Y Iwakura; T Komoto, 2002年01月, JOURNAL OF MOLECULAR STRUCTURE, 602, 449, 454
  • 固体1H-NMRによる超高分子量ポリエチレン重合パウダーの分子運動に関する研究, 山延 健; 上原 宏樹; 甲本 忠史, 2002年, Macromolecules, 35巻, 3640-3647
  • Structure and mobility of a series of poly(alkyl L-glutamate)s studied by VT C-13 CPMAS NMR spectroscopy, Y Naito; T Komoto; T Yamanobe, 2002年01月, JOURNAL OF MOLECULAR STRUCTURE, 602, 437, 447
  • マヨネーズはなぜ腐りにくいのか, 山延 健, 2002年, 上毛新聞
  • 磁石(磁場)を用いた材料の構造解析-核磁気共鳴法(NMR)-, 山延 健, 2002年, HiKaLo, 2巻 5
  • ポリエチレン重合パウダーのモロフォロジーと分子運動性, 山延 健; 上原 宏樹; 甲本 忠史, 2002年, 高分子加工, 51, 2, 65, 76
  • Morphology of drawn syndiotactic polypropylene films, J. Harasawa; H. Uehara; T. Yamanobe; T. Komoto; M. Terano, 2002年06月03日, Journal of Molecular Structure, 610, 1-3, 133, 142
  • Synthetic Macromolecules, YAMANOBE TAKESHI; Hiromichi Kurosu, 2001年, Specialist Periodical Reports, Nuclear Magnetic Resonace, 30 377-411
  • ラメラ厚分布と融解プロファイルの比較から求めたポリエチレン結晶の表面自由エネルギー, 松田秀夫; 青池卓; 上原宏樹; 山延健; 甲本忠史, 2001年, 高分子論文集, Kobunshi Ronbunshu, 58, 7, 326, 331
  • Comparison of macro- and nanotribological behavior with surface plastic deformation of polystyrene, Taku Aoike; Hiroki Uehara; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto, 2001年04月03日, Langmuir, 17, 7, 2153, 2159
  • Overlapping of different rearrangement mechanisms upon annealing for solution-crystallized polyethylene, H Matsuda; T Aoike; H Uehara; T Yamanobe; T Komoto, 2001年05月, POLYMER, 42, 11, 5013, 5021
  • Lamellar characteristics controlled by prior polymer concentration for solution-crystallized ultra-high molecular weight polyethylene, H Uehara; H Matsuda; T Aoike; T Yamanobe; T Komoto, 2001年06月, POLYMER, 42, 13, 5893, 5899
  • NMR Chemical Shift calculations and Structural Characterization of Polymers, YAMANOBE TAKESHI; Isao Ando; Shigeki Kuroki; Hiromichi Kurosu, 2001年, Progress in Nuclear Magnetic Resonance, Vol.39 79-133
  • Diffusional behavior of solvent in polypeptide liquid crystalline and gel states with highly oriented chains as studied by NMR spectroscopy, CH Zhao; HJ Zhang; T Yamanobe; S Kuroki; Ando, I, 1999年05月, MACROMOLECULES, 32, 10, 3389, 3395
  • 4,5-ビス(4-メトキシフェニル)-2-(3-ニトロフェニル)-1H-イミダゾールの固体高分解能NMRによる研究, 山延 健, 1996年, 277/,273-282
  • 4,5ビス(4- メトキシフェニル)-2-3-ニトロフェニル-1H-イミダゾールの結晶多形の調製, 山延 健, 1996年, 277/,259-269
  • Polymorphisms of 4,5-bis(4-methoxyphenyl)-2-(3-nitrophenyl)-1H-imidazole as studied by solid state NMR, Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto; Yoshiko Sakaino, 1996年, Molecular Crystals and Liquid Crystals Science and Technology Section A: Molecular Crystals and Liquid Crystals, 276-277, 273, 282
  • Simple and excellent preparation of polymorphic crystals of 4,5-bis(4-methoxyphenyl)-2-(3-nitrophenyl)-1H-imidazole, Y Sakaino; K Kishi; Y Inouye; T Yamanobe, 1996年, MOLECULAR CRYSTALS AND LIQUID CRYSTALS SCIENCE AND TECHNOLOGY SECTION A-MOLECULAR CRYSTALS AND LIQUID CRYSTALS, 276, A259, A269
  • Structure and physical properties of naphthalene containing polyesters .1. Structure of poly(butylene 2,6-naphthalate) and poly(ethylene 2,6-naphthalate) as studied by solid state NMR spectroscopy, T Yamanobe; H Matsuda; K Imai; A Hirata; S Mori; T Komoto, 1996年, POLYMER JOURNAL, 28, 2, 177, 181
  • ナフタレン基を含んだポリエステルの構造と物性I, 山延 健, 1996年, 28/2,177-181
  • 固体NMRによるP-オーブチルカリクスアレン/アルキルベンゼン複合体の構造解析, 山延 健, 1995年, 355/,15-20
  • C-13 CPMAS NMR-STUDY OF THE STRUCTURE OF P-T-BUTYLCALIX[4]ARENE-ALKYLBENZENE CLATHRATES IN THE SOLID-STATE, T YAMANOBE; NAKAMURA, I; K HIBINO; T KOMOTO; H KURUSU; ANDO, I; Y NAKAMOTO; S ISHIDA, 1995年08月, JOURNAL OF MOLECULAR STRUCTURE, 355, 1, 15, 20
  • STRUCTURE AND MOBILITY OF POLY(GAMMA-N-ALKYL-L-GLUTAMATE)S IN THE SOLID AND LIQUID-CRYSTALLINE STATES AS STUDIED BY NMR-SPECTROSCOPY, T YAMANOBE; H TSUKAMOTO; Y UEMATSU; ANDO, I; UEMATSU, I, 1993年05月, JOURNAL OF MOLECULAR STRUCTURE, 295, 25, 37
  • 固体及び液晶状態におけるポリ(γ-η-アルキルL-グルタメート)のNMRによる研究, 山延 健, 1993年, 295,25
  • CONFORMATIONS AND C-13 NMR CHEMICAL-SHIFTS OF SOME POLYAMIDES IN THE SOLID-STATE AS STUDIED BY HIGH-RESOLUTION C-13 NMR-SPECTROSCOPY, K KUBO; ANDO, I; T SHIIBASHI; T YAMANOBE; T KOMOTO, 1991年01月, JOURNAL OF POLYMER SCIENCE PART B-POLYMER PHYSICS, 29, 1, 57, 66
  • Tight-Binding法によるポリエチレンの固体状態における化学シフトと結晶構造に関する研究, 山延 健, 1989年, 201,239
  • 13C NMR chemical shift and Crystal Structure of Polyethylene chains in the solid state as studied by Tight-Binding theory within the INDD/S framework, YAMANOBE TAKESHI; Isao Ando; Hiromichi Kurosu, 1989年, J. Mol. Struct. (THEDCHEM, 201,239
  • CONFORMATIONAL BEHAVIOR OF POLY (BETA-ASPARTATE) WITH N-ALKYL SIDE-CHAINS IN THE SOLID-STATE AS STUDIED BY C-13-CP/MAS-NMR SPECTROSCOPY, M OKABE; T YAMANOBE; T KOMOTO; J WATANABE; ANDO, I; UEMATSU, I, 1989年10月, JOURNAL OF MOLECULAR STRUCTURE, 213, 213, 220
  • 固体高分解能NMRによるポリ(β-アルキル L-グルタメート)のコンホメーションに関する研究, 山延 健, 1989年, 213,213
  • Interchain effect of 13C nuclear magnetic resonance chemical shift and electronic structure of polyoxymethylene chains in the solid state, Hiromichi Kurosu; Takeshi Yamanobe; Isao Ando, 1988年, J. Chem. Phys., 89, 5216
  • Effect of interchain interactions on 13C nuclear magnetic resonance chemical shifts and electronic structures of polyacetylene in the solid state as studied by tight-binding molecular orbital theory, Takahiro Ishii; Hiromichi Kurosu; Takeshi Yamanobe; Isao Ando, 1988年, The Journal of Chemical Physics, 89, 12, 7315, 7319
  • CONFORMATION AND DYNAMIC ASPECTS OF POLY(GAMMA-NORMAL-OCTADECYL L-GLUTAMATE) IN THE SOLID-STATE AND LIQUID-CRYSTALLINE STATE AS STUDIED BY VARIABLE-TEMPERATURE C-13 CP/MAS NMR-SPECTROSCOPY, T YAMANOBE; M TSUKAHARA; T KOMOTO; J WATANABE; ANDO, I; UEMATSU, I; K DEGUCHI; T FUJITO; M IMANARI, 1988年01月, MACROMOLECULES, 21, 1, 48, 50
  • Interchain Effect of 13C nuclear magnetic resonance chemical shift and electronic structure of Polyoxymethylene chains in the solid state, YAMANOBE TAKESHI; Hiromichi Kurosu; Isao Ando, 1988年, J. Chem. Phys., 89,5216
  • Effect of interchain interactions on 13C nuclear magnetic resonance chemical shifts and electronic structures of polyacetylene in the solid state as studied by tight‐binding molecular orbital theory, Takahiro Ishii; Hiromichi Kurosu; Takeshi Yamanobe; Isao Ando, 1988年, J. Chem. Phys., The Journal of Chemical Physics, 89, 12, 7315, 7319
  • C-13 NMR CHEMICAL-SHIFT AND ELECTRONIC-STRUCTURE OF POLYOXYMETHYLENE IN THE SOLID-STATE, H KUROSU; T YAMANOBE; T KOMOTO; ANDO, I, 1987年09月, CHEMICAL PHYSICS, 116, 3, 391, 398
  • C-13 NMR CHEMICAL-SHIFT AND CRYSTAL-STRUCTURES OF CYCLIC PARAFFINS OF LONG-CHAIN LENGTHS, M TAKENAKA; T YAMANOBE; T KOMOTO; ANDO, I; H SATO, 1987年03月, SOLID STATE COMMUNICATIONS, 61, 9, 563, 565
  • PROTON NMR RELAXATION AND MOLECULAR-MOTION OF LONG-CHAIN CYCLIC PARAFFINS IN THE SOLID-STATE, M TAKENAKA; T YAMANOBE; T KOMOTO; ANDO, I; H SATO; K SATO, 1987年10月, JOURNAL OF POLYMER SCIENCE PART B-POLYMER PHYSICS, 25, 10, 2165, 2178
  • POLYETHYLENE STRUCTURE IN THE SOLID-STATE AS STUDIED BY VARIABLE-TEMPERATURE C-13 CP MAS NMR-SPECTROSCOPY, ANDO, I; T YAMANOBE; S AKIYAMA; T KOMOTO; H SATO; T FUJITO; K DEGUCHI; M IMANARI, 1987年06月, SOLID STATE COMMUNICATIONS, 62, 11, 785, 788
  • THE EFFECTS OF INTERMOLECULAR INTERACTIONS ON C-13 NMR CHEMICAL-SHIFTS .1. METHYL-ALCOHOL, T YAMANOBE; ANDO, I; GA WEBB, 1986年12月, JOURNAL OF MOLECULAR LIQUIDS, 33, 1, 63, 70
  • CHAIN CONFORMATION OF POLYETHYLENE IN THE SOLID-STATE AS STUDIED BY C-13 CROSS-POLARIZATION MAGIC ANGLE SPINNING NUCLEAR MAGNETIC-RESONANCE SPECTROSCOPY, ANDO, I; T SORITA; T YAMANOBE; T KOMOTO; H SATO; K DEGUCHI; M IMANARI, 1985年, POLYMER, 26, 12, 1864, 1868
  • C-13 NMR-STUDIES OF THE CONFORMATION OF CYCLIC PARAFFINS, N-PARAFFINS AND POLYETHYLENE IN SOLUTION, T YAMANOBE; T SORITA; ANDO, I; H SATO, 1985年, MAKROMOLEKULARE CHEMIE-MACROMOLECULAR CHEMISTRY AND PHYSICS, 186, 10, 2071, 2078
  • Carbon-13 NMR chemical shift and electronic structure of polypeptide as studied by tight-binding MO theory: poly(β-benzyl L-aspartate) with the right-handed α-helix and left-handed α-helix forms, Takeshi Yamanobe; Isao Ando; Hazime Saito; Ryoko Tabeta; Akira Shoji; Takuo Ozaki, 1985年, Chemical Physics, CHEMICAL PHYSICS, 99, 2, 259, 264
  • CONFORMATIONAL CHARACTERIZATION OF GLYCINE RESIDUES INCORPORATED INTO SOME HOMOPOLYPEPTIDES BY SOLID-STATE C-13 NMR-SPECTROSCOPY, S ANDO; T YAMANOBE; ANDO, I; A SHOJI; T OZAKI; R TABETA; H SAITO, 1985年, JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 107, 25, 7648, 7652
  • Carbon-13 NMR chemical shift and electronic structure of an infinite polymer chain as studied by tight-binding theory within the CNDO/2 framework: polyethylene, and cis and trans polyacetylenes, Takeshi Yamanobe; Isao Ando, 1985年, Journal of Chemical Physics, 83, 6, 3154, 60
  • 固体高分解能13C NMRによるポリエチレンの構造解析, 安藤勲; 山延 健, 1985年, 繊維学会誌, Sen'i Gakkaishi, 41, 8, 255, 259
  • THE EFFECTS OF INTERMOLECULAR INTERACTIONS ON NMR SPIN-SPIN COUPLINGS .1. METHYL-ALCOHOL, ANDO, I; T SANEFUJI; T YAMANOBE; S WATANABE; GA WEBB, 1985年, JOURNAL OF MOLECULAR LIQUIDS, 31, 1, 31, 40
  • CHAIN CONFORMATION OF POLYETHYLENE IN THE CRYSTALLIZED STATE AS STUDIED BY C-13 CP/MAS NMR, ANDO, I; T SORITA; T YAMANOBE; T KOMOTO; H SATO; K DEGUCHI; M IMANARI, 1985年, MAKROMOLEKULARE CHEMIE-RAPID COMMUNICATIONS, 6, 5, 349, 352
  • Carbon-13 NMR chemical shift and electronic structure of solid polypeptides as studied by tight-binding MO theory. Polyglycine and poly(L-alanine), Takeshi Yamanobe; Isao Ando; Hazime Saito; Ryoko Tabeta; Akira Shoji; Takuo Ozaki, 1985年, Bulletin of the Chemical Society of Japan, 58, 1, 23, 9
  • C-13 NMR CHEMICAL-SHIFT AND CRYSTAL-STRUCTURE OF PARAFFINS AND POLYETHYLENE AS STUDIED BY SOLID-STATE NMR, T YAMANOBE; T SORITA; T KOMOTO; ANDO, I; H SATO, 1985年, JOURNAL OF MOLECULAR STRUCTURE, 131, 3-4, 267, 275
  • CONFORMATION OF CYCLIC PARAFFINS AND POLYETHYLENE IN THE SOLID-STATE AS STUDIED BY C-13 CP MAS NMR, ANDO, I; T YAMANOBE; T SORITA; T KOMOTO; H SATO; K DEGUCHI; M IMANARI, 1984年, MACROMOLECULES, 17, 10, 1955, 1958
  • C-13 NMR CHEMICAL-SHIFT AND ELECTRONIC-STRUCTURE OF AN INFINITE POLYMER-CHAIN AS STUDIED BY TIGHT-BINDING MO THEORY - POLYETHYLENE, AND CIS AND TRANS POLYACETYLENES, T YAMANOBE; R CHUJO; ANDO, I, 1983年, MOLECULAR PHYSICS, 50, 6, 1231, 1249
  • Application and analysis of a DSC-Raman spectroscopy for indium and poly(lactic acid), T. Suzuki; K. Takahashi; H. Uehara; T. Yamanobe, 2013年09月, Journal of Thermal Analysis and Calorimetry, 113, 3, 1543, 1549
  • Tetraalkoxyphenanthrene-fused dehydroannulenes: Synthesis, self-assembly, and electronic, optical, and electrochemical properties, Shin-Ichiro Kato; Nobutaka Takahashi; Hidekazu Tanaka; Atsushi Kobayashi; Toshitada Yoshihara; Seiji Tobita; Takeshi Yamanobe; Hiroki Uehara; Yosuke Nakamura, 2013年09月02日, Chemistry - A European Journal, 19, 36, 12138, 12151
  • Structure and molecular mobility of nascent isotactic polypropylene powders, Takeshi Yamanobe; Katsunori Ueki; Tadashi Komoto; Hiroki Uehara, 2012年, Polymer Journal (Tokyo, Japan), 44, 8, 764, 771
  • Solid-state 1H-NMR relaxation behavior for ultra-high-molecular- weight polyethylene reactor powders with different morphologies, Hiroki Uehara; Hidekazu Tanaka; Takeshi Yamanobe, 2012年08月, Polymer Journal, 44, 8, 795, 801
  • Characterization of the cross-linked structure of cured novolac resins with hexamethylenetetramine by pyrolysis-gas chromatography, Masahiro Nomoto; Tadashi Komoto; Takeshi Yamanobe, 2010年, Bunseki Kagaku, 59, 11, 1013, 1020
  • Effects of knot characteristics on tensile breaking of a polymeric monofilament, Hiroki Uehara; Hiroyuki Kimura; Asami Aoyama; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto, 2007年03月, NEW JOURNAL OF PHYSICS, 9, 65
  • A study on pyrolysis and cross-link formation of poly (p-phenylene butadiyne) by thermoanalysis and spectroscopy, J. Ozaki; M. Ito; H. Fukazawa; T. Yamanobe; M. Hanaya; A. Oya, 2006年, J. Appl. Anal. Pyrol., 77, 56, 62
  • High-performance polypropylene film prepared from reacter powders having different characteristics, Hiroki Uehara; Tomomi Hirao; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto; Yuzo Yamamoto, 2006年, Polymer, 47, 7145, 7152
  • High-Performance Polypropylene Film Prepared from Reactor Powders Having Different Characteristics, Hiroki Uehara; Tomomi Hirao; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto; Yuzo Yamamoto, 2006年, Polymer, 47, 20, 7145, 7152
  • Structure and dynamics of polypeptides in the thermotropic liquid crystalline phase as elucidated by NMR spectroscopy, YAMANOBE TAKESHI; Isao Ando, 2006年, Thermotropic Liquid Crytals
  • Phase Development Mechanism during Drawing from Highly Entangled Polyethylene Melts, Hiroki Uehara; Masaki Kakiage; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto; Syozo Murakami, 2006年, Macromolecular Rapid Communications, 27, 12, 966, 970
  • A study on pyrolysis and cross-link formation of poly(p-phenylene butadiyne) by thermoanalysis and spectroscopy, Jun-ichi Ozaki; Masaki Ito; Hiroko Fukazawa; Takeshi Yamanobe; Minoru Hanaya; Asao Oya, 2006年08月, Journal of Analytical and Applied Pyrolysis, 77, 1, 56, 62
  • Synthetic Macromolecules, YAMANOBE TAKESHI; Hiromichi Kurosu, 2005年, Specialist Periodical Reports, Nuclear Magnetic Resonace, 34 415-470
  • Synthetic Macromolecules, YAMANOBE TAKESHI; Hiromichi Kurosu, 2004年, Specialist Periodical Reports, Nuclear Magnetic Resonace, 33 386-438
  • Synthetic Macromolecules, YAMANOBE TAKESHI; Hiromichi Kurosu, 2003年, Specialist Periodical Reports, Nuclear Magnetic Resonace, 32 361-400
  • Structure and Mobility of a Series of Polyalkyl L-glutamates as Studied by VTC13C CPMAS NMR Spectroscopy, YAMANOBE TAKESHI; KOMOTO TADASHI, 2002年, J. Mol. Struct, Vol.602-603, 437-447
  • Morphology of melt-crystallized syndiotactic polypropylene, Jun-Ichi Harasawa; Hiroki Uehara; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto, 2002年, Journal of Electron Microscopy, 51, 3, 157, 166
  • Synthetic Macromolecules, YAMANOBE TAKESHI; Hiromichi Kurosu, 2002年, Specialist Periodical Reports, Nuclear Magnetic Resonace, 31 353-387
  • Molecular motion of the main chain for a series of poly(alkyl L-glutamate)s as studied by 2H NMR, Takeshi Yamanobe; Yoshiyuki Naito; Yasushi Iwakura; Tadashi Komoto, 2002年01月09日, Journal of Molecular Structure, 602-603, 449, 454
  • Morphology of drawn syndiotactic polypropylene films, J. Harasawa; H. Uehara; T. Yamanobe; T. Komoto; M. Terano, 2002年06月03日, Journal of Molecular Structure, 610, 1-3, 133, 142
  • Surface deformation properties of polystyrene as evaluated from the morphology of surfaces scratched by using the tip of a scanning force microscope, Taku Aoike; Takahiro Yamamoto; Hiroki Uehara; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto, 2001年09月04日, Langmuir, 17, 18, 5688, 5692
  • Synthetic Macromolecules, YAMANOBE TAKESHI; Hiromichi Kurosu, 2001年, Specialist Periodical Reports, Nuclear Magnetic Resonace, 30 377-411
  • Overlapping of different rearrangement mechanisms upon annealing for solution-crystallized polyethylene, H. Matsuda; T. Aoike; H. Uehara; T. Yamanobe; T. Komoto, 2001年, Polymer, 42, 11, 5013, 5021
  • Lamellar characteristics controlled by prior polymer concentration for solution-crystallized ultra-high molecular weight polyethylene, H. Uehara; H. Matsuda; T. Aoike; T. Yamanobe; T. Komoto, 2001年03月30日, Polymer, 42, 13, 5893, 5899
  • NMR chemical shift calculations and structural characterizations of polymers, Isao Ando; Shigeki Kuroki; Hiromichi Kurosu; Takeshi Yamanobe, 2001年, Progress in Nuclear Magnetic Resonance Spectroscopy, 39, 2, 79, 133, 書評論文,書評,文献紹介等
  • Relationship between solid-state molecular motion and morphology for ultrahigh molecular weight polyethylene crystallized under different conditions, Hiroki Uehara; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto, 2000年06月27日, Macromolecules, 33, 13, 4861, 4870
  • NMR Chemical Shifts and Structures of Polymers, YAMANOBE TAKESHI; Isao Ando; Shigeki Kuroki; Hiromichi Kurosu, 2000年, Report on Progress in Polymer Physics in Japan, Vol.43 467
  • Synthetic Macromolecules, YAMANOBE TAKESHI; Hiromichi Kurosu, 2000年, Specialist Periodical Report, Nudear Magnetic Resonance, 29 419-452
  • Diffusional behavior of solvent in polypeptide liquid crystalline and gel states with highly oriented chains as studied by NMR spectroscopy, Chenhua Zhao; Huajun Zhang; Takeshi Yamanobe; Shigeki Kuroki; Isao Ando, 1999年05月18日, Macromolecules, 32, 10, 3389, 3395
  • Polymorphisms of 4,5-Bio (4 methoxyphenyl)-2-(3-Nitrophenyl) 1H-Imidazole as studied by soli) state NMR, YAMANOBE TAKESHI; KOMOTO TADASHI, 1996年, Mol. Crys. Liq. Crys., 277/,273-282
  • Simple and excellent preparation of polymorphic crystals of 4,5-bis(4-methoxyphenyl)-2-(3-nitrophenyl)-1H-imidazole, Y Sakaino; K Kishi; Y Inouye; T Yamanobe, 1996年, MOLECULAR CRYSTALS AND LIQUID CRYSTALS SCIENCE AND TECHNOLOGY SECTION A-MOLECULAR CRYSTALS AND LIQUID CRYSTALS, 276, A259, A269
  • Structure and physical properties of naphthalene containing polyesters .1. Structure of poly(butylene 2,6-naphthalate) and poly(ethylene 2,6-naphthalate) as studied by solid state NMR spectroscopy, T Yamanobe; H Matsuda; K Imai; A Hirata; S Mori; T Komoto, 1996年, POLYMER JOURNAL, 28, 2, 177, 181
  • C-13 CPMAS NMR-STUDY OF THE STRUCTURE OF P-T-BUTYLCALIX[4]ARENE-ALKYLBENZENE CLATHRATES IN THE SOLID-STATE, T YAMANOBE; NAKAMURA, I; K HIBINO; T KOMOTO; H KURUSU; ANDO, I; Y NAKAMOTO; S ISHIDA, 1995年08月, JOURNAL OF MOLECULAR STRUCTURE, 355, 1, 15, 20
  • STRUCTURE AND MOBILITY OF POLY(GAMMA-N-ALKYL-L-GLUTAMATE)S IN THE SOLID AND LIQUID-CRYSTALLINE STATES AS STUDIED BY NMR-SPECTROSCOPY, T YAMANOBE; H TSUKAMOTO; Y UEMATSU; ANDO, I; UEMATSU, I, 1993年05月, JOURNAL OF MOLECULAR STRUCTURE, 295, 25, 37
  • CONFORMATIONS AND C-13 NMR CHEMICAL-SHIFTS OF SOME POLYAMIDES IN THE SOLID-STATE AS STUDIED BY HIGH-RESOLUTION C-13 NMR-SPECTROSCOPY, K KUBO; ANDO, I; T SHIIBASHI; T YAMANOBE; T KOMOTO, 1991年01月, JOURNAL OF POLYMER SCIENCE PART B-POLYMER PHYSICS, 29, 1, 57, 66
  • 13C NMR chemical shift and Crystal Structure of Polyethylene chains in the solid state as studied by Tight-Binding theory within the INDD/S framework, YAMANOBE TAKESHI; Isao Ando; Hiromichi Kurosu, 1989年, J. Mol. Struct. (THEDCHEM, 201,239
  • CONFORMATIONAL BEHAVIOR OF POLY (BETA-ASPARTATE) WITH N-ALKYL SIDE-CHAINS IN THE SOLID-STATE AS STUDIED BY C-13-CP/MAS-NMR SPECTROSCOPY, M OKABE; T YAMANOBE; T KOMOTO; J WATANABE; ANDO, I; UEMATSU, I, 1989年10月, JOURNAL OF MOLECULAR STRUCTURE, 213, 213, 220
  • Interchain effect of 13C nuclear magnetic resonance chemical shift and electronic structure of polyoxymethylene chains in the solid state, Hiromichi Kurosu; Takeshi Yamanobe; Isao Ando, 1988年, J. Chem. Phys., 89, 5216
  • Effect of interchain interactions on 13C nuclear magnetic resonance chemical shifts and electronic structures of polyacetylene in the solid state as studied by tight-binding molecular orbital theory, Takahiro Ishii; Hiromichi Kurosu; Takeshi Yamanobe; Isao Ando, 1988年, The Journal of Chemical Physics, 89, 12, 7315, 7319
  • CONFORMATION AND DYNAMIC ASPECTS OF POLY(GAMMA-NORMAL-OCTADECYL L-GLUTAMATE) IN THE SOLID-STATE AND LIQUID-CRYSTALLINE STATE AS STUDIED BY VARIABLE-TEMPERATURE C-13 CP/MAS NMR-SPECTROSCOPY, T YAMANOBE; M TSUKAHARA; T KOMOTO; J WATANABE; ANDO, I; UEMATSU, I; K DEGUCHI; T FUJITO; M IMANARI, 1988年01月, MACROMOLECULES, 21, 1, 48, 50
  • Interchain Effect of 13C nuclear magnetic resonance chemical shift and electronic structure of Polyoxymethylene chains in the solid state, YAMANOBE TAKESHI; Hiromichi Kurosu; Isao Ando, 1988年, J. Chem. Phys., 89,5216
  • Effect of interchain interactions on 13C nuclear magnetic resonance chemical shifts and electronic structures of polyacetylene in the solid state as studied by tight-binding molecular orbital theory, Takahiro Ishii; Hiromichi Kurosu; Takeshi Yamanobe; Isao Ando, 1988年, The Journal of Chemical Physics, 89, 12, 7315, 7319
  • C-13 NMR CHEMICAL-SHIFT AND ELECTRONIC-STRUCTURE OF POLYOXYMETHYLENE IN THE SOLID-STATE, H KUROSU; T YAMANOBE; T KOMOTO; ANDO, I, 1987年09月, CHEMICAL PHYSICS, 116, 3, 391, 398
  • C-13 NMR CHEMICAL-SHIFT AND CRYSTAL-STRUCTURES OF CYCLIC PARAFFINS OF LONG-CHAIN LENGTHS, M TAKENAKA; T YAMANOBE; T KOMOTO; ANDO, I; H SATO, 1987年03月, SOLID STATE COMMUNICATIONS, 61, 9, 563, 565
  • PROTON NMR RELAXATION AND MOLECULAR-MOTION OF LONG-CHAIN CYCLIC PARAFFINS IN THE SOLID-STATE, M TAKENAKA; T YAMANOBE; T KOMOTO; ANDO, I; H SATO; K SATO, 1987年10月, JOURNAL OF POLYMER SCIENCE PART B-POLYMER PHYSICS, 25, 10, 2165, 2178
  • POLYETHYLENE STRUCTURE IN THE SOLID-STATE AS STUDIED BY VARIABLE-TEMPERATURE C-13 CP MAS NMR-SPECTROSCOPY, ANDO, I; T YAMANOBE; S AKIYAMA; T KOMOTO; H SATO; T FUJITO; K DEGUCHI; M IMANARI, 1987年06月, SOLID STATE COMMUNICATIONS, 62, 11, 785, 788
  • THE EFFECTS OF INTERMOLECULAR INTERACTIONS ON C-13 NMR CHEMICAL-SHIFTS .1. METHYL-ALCOHOL, T YAMANOBE; ANDO, I; GA WEBB, 1986年12月, JOURNAL OF MOLECULAR LIQUIDS, 33, 1, 63, 70
  • CHAIN CONFORMATION OF POLYETHYLENE IN THE SOLID-STATE AS STUDIED BY C-13 CROSS-POLARIZATION MAGIC ANGLE SPINNING NUCLEAR MAGNETIC-RESONANCE SPECTROSCOPY, ANDO, I; T SORITA; T YAMANOBE; T KOMOTO; H SATO; K DEGUCHI; M IMANARI, 1985年, POLYMER, 26, 12, 1864, 1868
  • C-13 NMR-STUDIES OF THE CONFORMATION OF CYCLIC PARAFFINS, N-PARAFFINS AND POLYETHYLENE IN SOLUTION, T YAMANOBE; T SORITA; ANDO, I; H SATO, 1985年, MAKROMOLEKULARE CHEMIE-MACROMOLECULAR CHEMISTRY AND PHYSICS, 186, 10, 2071, 2078
  • C-13 NMR CHEMICAL-SHIFT AND ELECTRONIC-STRUCTURE OF POLYPEPTIDE AS STUDIED BY TIGHT-BINDING MO THEORY - POLY(BETA-BENZYL L-ASPARTATE) WITH THE RIGHT-HANDED ALPHA-HELIX AND LEFT-HANDED ALPHA-HELIX FORMS, T YAMANOBE; ANDO, I; H SAITO; R TABETA; A SHOJI; T OZAKI, 1985年, CHEMICAL PHYSICS, 99, 2, 259, 264
  • CONFORMATIONAL CHARACTERIZATION OF GLYCINE RESIDUES INCORPORATED INTO SOME HOMOPOLYPEPTIDES BY SOLID-STATE C-13 NMR-SPECTROSCOPY, S ANDO; T YAMANOBE; ANDO, I; A SHOJI; T OZAKI; R TABETA; H SAITO, 1985年, JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 107, 25, 7648, 7652
  • Carbon-13 NMR chemical shift and electronic structure of an infinite polymer chain as studied by tight-binding theory within the CNDO/2 framework: polyethylene, and cis and trans polyacetylenes, Takeshi Yamanobe; Isao Ando, 1985年, Journal of Chemical Physics, 83, 6, 3154, 60
  • THE EFFECTS OF INTERMOLECULAR INTERACTIONS ON NMR SPIN-SPIN COUPLINGS .1. METHYL-ALCOHOL, ANDO, I; T SANEFUJI; T YAMANOBE; S WATANABE; GA WEBB, 1985年, JOURNAL OF MOLECULAR LIQUIDS, 31, 1, 31, 40
  • CHAIN CONFORMATION OF POLYETHYLENE IN THE CRYSTALLIZED STATE AS STUDIED BY C-13 CP/MAS NMR, ANDO, I; T SORITA; T YAMANOBE; T KOMOTO; H SATO; K DEGUCHI; M IMANARI, 1985年, MAKROMOLEKULARE CHEMIE-RAPID COMMUNICATIONS, 6, 5, 349, 352
  • Carbon-13 NMR chemical shift and electronic structure of solid polypeptides as studied by tight-binding MO theory. Polyglycine and poly(L-alanine), Takeshi Yamanobe; Isao Ando; Hazime Saito; Ryoko Tabeta; Akira Shoji; Takuo Ozaki, 1985年, Bulletin of the Chemical Society of Japan, 58, 1, 23, 9
  • Carbon-13 chemical shift and crystal structure of paraffins and polyethylene as studied by solid state NMR, Takeshi Yamanobe; Tetsushi Sorita; Tadashi Komoto; Isao Ando; Hisaya Sato, 1985年, Journal of Molecular Structure, 131, 3-4, 267, 75
  • CONFORMATION OF CYCLIC PARAFFINS AND POLYETHYLENE IN THE SOLID-STATE AS STUDIED BY C-13 CP MAS NMR, ANDO, I; T YAMANOBE; T SORITA; T KOMOTO; H SATO; K DEGUCHI; M IMANARI, 1984年, MACROMOLECULES, 17, 10, 1955, 1958
  • C-13 NMR CHEMICAL-SHIFT AND ELECTRONIC-STRUCTURE OF AN INFINITE POLYMER-CHAIN AS STUDIED BY TIGHT-BINDING MO THEORY - POLYETHYLENE, AND CIS AND TRANS POLYACETYLENES, T YAMANOBE; R CHUJO; ANDO, I, 1983年, MOLECULAR PHYSICS, 50, 6, 1231, 1249
  • In-situ WAXD/SAXS同時計測によるメタロセン系超高分子量ポリエチレンの溶融延伸挙動解析, 成田 千尋; 清水 由惟; 上原 宏樹; 山延 健; 大西 拓也; 若林 保武; 稲富 敬; 阿部 成彦; 増永 啓康, 2017年12月, 東ソー研究・技術報告, Tosoh research & technology review, 61, 98, 57, 65, 機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等
  • Synthetic macromolecules, Hiromichi Kurosu; Takeshi Yamanobe, 2013年, Nuclear Magnetic Resonance, 42, 420, 449, 書評論文,書評,文献紹介等
  • Synthetic macromolecules, Hiromichi Kurosu; Takeshi Yamanobe, 2011年, Nuclear Magnetic Resonance, 40, 391, 431, 書評論文,書評,文献紹介等
  • Practical NMR Analysis of Morphology and Structure of Polymers, Takeshi Yamanobe; Hiroki Uehara; Masaki Kakiage, 2010年, Annual Reports on NMR Spectroscopy, 70, C, 203, 239, その他
  • 群大工学部研究室から, 山延健; 上原宏樹, 2007年08月, 桐生タイムス, 2007/8/11, 記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)
  • PMSE 244-Polysaccharide nano gel encapsulating DNA/polycation complexes for gene delivery, Masaki Kakiage; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto; Syozo Murakami; Hiroki Uehara, 2006年09月, ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 232, 183, 183, 研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • PMSE 267-Study on interfacial properties of high performance carbon fiber/PPESK composites, Takashi Morioka; Masaki Kakiage; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto; Syozo Murakami; Hiroki Uehara, 2006年09月, ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 232, 192, 192, 研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • PMSE 263-Application of commercial aliphatic hyperbranched polyesters as processing additives of PVC, Jun-ichi Suwa; Masaki Kakiage; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto; Hiroki Uehara, 2006年09月, ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 232, 182, 182, 研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Nano-periodic arrangement of structural phases of polyethylene-black-polystyrene copolymer as induced by orientation tehniques, Hiroki Uehara; Tomoyuki Yoshida; Masaki Kakiage; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto, 2006年09月, ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 232, 205, 205, 研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Primary and Secondary Structures of Synthetis Polymer Systems as Studied by 13C NMR Spectroscopy., Isao Ando; T.Yamanobe; Tetsuo Asakura, 1990年, Pergamon Press, London, 22, 4, 349, 400

書籍等出版物

  • 高分子分析ハンドブック, 朝倉書店, 2005年
  • キラキラわくわく化学, 上毛新聞社, 2003年
  • 高分子・生体分子のNMR, 東京化学同人, 1992年
  • 高分子の固体NMR(分担), 1998年
  • 固体高分解能NMR、非晶構造、導電性高分子, 高分子・生体分子のNMR, 1992年
  • 高分子分析入門, 講談社, 2010年
  • Specialist Periodical Report, Nuclear Magnetic Resonance, 共著, 2007年
  • Thermotropic Liquid Crystals, 2006年
  • Specialist Periodical Reports, Nuclear Magnetic Resonace, 共著, 2005年
  • Specialist Periodical Reports, Nuclear Magnetic Resonace, 共著, 2004年
  • Specialist Periodical Reports, Nuclear Magnetic Resonace, 共著, 2003年
  • Specialist Periodical Reports, Nuclear Magnetic Resonace, 共著, 2002年
  • Specialist Periodical Report, Nuclear Magnetic Resonance, 共著, 2008年
  • Specialist Periodical Report, Nuclear Magnetic Resonance, 共著, 2009年
  • Specialist Periodical Report, Nuclear Magnetic Resonance, 共著, 2010年
  • A specialist periodical report on nuclear magnetic resonance (2011/8) synthetic macromolecules, 共著, 2012年
  • Specialist Periodical Report, Nuclear Magnetic Resonance, 共著, 2011年
  • Annual Reports on NMR Spectroscopy, 2010年
  • Specialist Periodical Report: Nuclear Magnetic Resonance, 共著, 2013年
  • Encyclopedia of NMR, 2012年
  • Specialist Periodical Report:Nuclear Magnetic Resonance, 共著, 2014年
  • Specialist Periodical Report:Nuclear Magnetic Resonance, 共著, 2015年
  • Polymer Morphology, 2016年, ISBN: 9781118452158
  • 実験化学講座 NMR・ESR, 単著, 山延 健; 安藤勲, 丸善, 2006年
  • Specialist Periodical Report:Nuclear Magnetic Resonance, 2006年
  • Specialist Periodical Report:Nuclear Magnetic Resonance, 共著, 2001年
  • Specialist Periodical Report:Nuclear Magnetic Resonance, 共著, 2000年
  • Specialist Periodical Report:Nuclear Magnetic Resonance, 共著, 1999年
  • Specialist Periodical Report:Nuclear Magnetic Resonance, 共著, 1998年

講演・口頭発表等

  • 超高分子量ポリエチレン二軸延伸フィルムの 一軸延伸挙動, 和久井瑛登,撹上将 規,上原宏樹,山延健増永啓康,青 山光輝, 2020繊維学会秋季研究発表会, 2020年11月05日, 2020年11月05日, 2020年11月06日
  • π共役系超分子の昇温および降温過程における相 転移挙動の in-situ 計測, 比 田井友紀, 西條早紀, 撹上将規, 上原宏樹, 山延 健, 林和宏, 鈴木一正, 加藤 真一郎,青山光輝, 増永啓康, 2020年度繊維学会年次大会, 2020年06月10日, 2020年06月10日, 2020年06月12日
  • 異なる組成比のエチレン-アクリル酸 共重合体およびアイオノマーにおけ る引張挙動の解析, 鶴貝巧, 福嶋月乃, 撹上 将規, 上原宏樹, 山延健, 青 山光輝, 増永啓康, プラスチック成形加工学会第31回年次大会, 2020年06月24日, 2020年06月24日, 2020年06月25日
  • 新規6員環ポリオレフィンおよびその延伸試料の相転移挙動のin-situ解析と熱測定, 周藤康介,佐藤圭,撹上将規,山延健,上原宏樹,竹内大介, 第56回熱測定討論会, 2020年10月27日, 2020年10月27日, 2020年10月28日
  • エチレン-アクリル酸共重合体の引張り過程およ び昇温過程における構造変化, 鶴貝 巧, 撹上将規, 上原宏樹, 山延 健, 青山光輝, 2020年11月26日, 2020年11月26日, 2020年11月27日
  • 潤滑油組成が高分子トライボロジーに与 える影響, 樋口敦也,小俣智弥,撹上 将規,上原宏樹,山延健,大沼田 靖之,田川一生, トライボロジー会議2020 秋, 2020年11月13日, 2020年11月11日, 2020年11月13日
  • 単体硫黄を活用した含硫黄高分子の直接合成, 米山 賢, 山延 健, 霜田 遥香, 中村 啓太, 第69回高分子討論会, 2020年09月16日, 2020年09月16日, 2020年09月18日
  • イオン液体と酸素を用いた酸化重合によるポリイミン の合成, 米山 賢, 山延 健, 新井 康弘, 第69回高分子学会年次大会, 2020年05月29日, 2020年05月27日, 2020年05月29日
  • MXD6の結晶化とモルフォロジーに関する研究, 繊維学会年次大会, 2006年
  • 超高分子量ポリエチレンの溶融延伸/緩和過程で起こる相構造変化のin-situ解析, 第53回高分子討論会, 2004年
  • 異なる条件で作成したポリエチレン/ポリスチレン・ブロック共重合体フィルムの3次元相構造解析と機能評価, 第53回高分子討論会, 2004年
  • 固体NMRによるポリエチレン単斜晶の生成と消滅に関する研究(2), 高分子学会NMR研究会, 2004年
  • PETフィルム表面の分子配向がナノ・スクラッチ挙動に与える効果, 第53回高分子学会年次大会, 2004年
  • ポリエチレン/ポリスチレン・ブロック共重合体の結晶/非晶・共連続構造の配向処理によるナノ規則配列化, 第53回高分子学会年次大会, 2004年
  • 異なる絡み合い特性を有する超高分子量ポリエチレンの溶融延伸過程で起こる一時通過型結晶化, 第53回高分子学会年次大会, 2004年
  • 固体NMRによるポリエチレン単斜晶の生成と消滅に関する研究, 高分子学会NMR研究会, 2003年
  • PVDC共重合体の結晶化とモルフォロジーに関する研究, 高分子学会NMR研究会, 2003年
  • 固体NMRによるポリエチレン単斜晶生成と消滅に関する研究, 第53回高分子討論会, 2003年
  • ポリエチレン重合パウダーの熱処理に伴うモルフォロジー変化, 第53回高分子討論会, 2003年
  • ポリアクリル酸の分解に関する研究 II.過硫酸塩による分解物の構造, 繊維学会年次大会, 2003年
  • ポリアクリル酸の分解に関する研究 III.ポリアクリル酸架橋ゲルの分解, 繊維学会年次大会, 2003年
  • 固体NMRによるポリブチレンナフタレートのβ晶生成に関する研究, 繊維学会年次大会, 2003年
  • 固体NMRによるポリブチレンナフタレートのβ晶生成に関する研究, 高分子学会NMR研究会, 2003年
  • ポリアクリル酸系ゲルの分解に関する研究, 高分子学会NMR研究会, 2003年
  • シンクロトロン放射光を用いた超高分子量ポリエチレン溶融延伸過程における相構造形成のin-situ測定, 第52回高分子学会年次大会, 2003年
  • ポリプロピレン重合パウダーからの直接フィルム成形と延伸による高性能化, 第52回高分子学会年次大会, 2003年
  • 固体NMRによるポリブチレンナフタレートβ晶生成機構に関する研究, 群馬県分析研究会第27回研究発表会, 2003年
  • 単層カーボンナノチューブ/ポリマー鎖の凝集化, 第10回プラスチック成形加工学会秋季大会, 2002年
  • 走査フォース顕微鏡および電子顕微鏡によるポリマー材料の構造・物性評価, 日本化学会関東支部群馬地区地域懇談会, 2002年
  • Transformation of Crystal Structure of Ultra High Molecular Weight Polyethylene as Studied by Solid State NMR, 8th SPSJ International Polymer Conference, 2005年
  • ポリエチレン重合パウダーからの連続フィルム成形と溶融延伸による高性能化, 高分子学会・第11回ポリマー材料フォーラム, 2002年
  • 超高分子量ポリエチレン重合パウダーからの連続フィルム成形と溶融延伸による高性能化, 第13回プラスチック成形加工学会年次大会, 2002年
  • 固体NMRによるポリエチレン単斜晶の構造と分子運動, 高分子学会NMR研究会, 2002年
  • 固体NMRによるポリブチレンナフタレートの構造と分子運動, 高分子学会NMR研究会, 2002年
  • ポリアクリル酸系ゲル分解物の構造, 高分子学会NMR研究会, 2002年
  • シンジオタクチックポリプロピレン溶液結晶化物の熱処理過程における再配列機構, 第51回高分子学会年次大会, 2002年
  • ポリエチレン・リアクターパウダーのモルフォロジーと重合過程における相構造形成, 第51回高分子学会年次大会, 2002年
  • ポリブチレン-2,6-ナフタレートの結晶構造と分子運動, 第40回NMR討論会, 2001年
  • ポリフッ化ビニリデン・フィラメントの結節破断挙動に及ぼす結節種の影響, 第50回高分子討論会, 2001年
  • 超高分子量ポリエチレンの延伸に伴う規則構造の発現, 第50回高分子討論会, 2001年
  • ポリアクリル酸の分解に関する研究, 第50回高分子討論会, 2001年
  • アイソタクチックポリプロピレン重合パウダーの構造と分子運動, 繊維学会年次大会, 2001年
  • 異なる条件で成形した結晶性/非晶性ブロック共重合体モルフォロジーのTEM観察, 第51回高分子学会討論会, 2002年
  • ナイロン46結晶化物の構造と分子運動, 繊維学会年次大会, 2001年
  • ポリエチレン単斜晶の構造と分子運動, 高分子学会NMR研究会, 2001年
  • ポリブチレン-2,6-ナフタレート延伸物の構造と分子運動, 高分子学会NMR研究会, 2001年
  • 異なる溶液濃度で結晶化させた超高分子量ポリエチレンのラメラ構造と分子運動性, 第50回高分子学会年次大会, 2001年
  • ポリエチレン重合パウダーのモルホロジーと分子運動性, 第50回高分子学会年次大会, 2001年
  • Morphological Deformation and Enzymatic Degradation of Biodegradable Polyester, 8th SPSJ International Polymer Conference, 2005年
  • Surface Deformation Characteristics of Oriented Poly(ethylene terephthalate) Films as Evaluated from Nano-Scratch Tests with Scanning Probe Microscopy, MACRO2004, 2004年
  • Transient Crystallization during Drawing from Ultra-High Molecular Weight Polyethylene Melts Having Different Entanglement Characteristics, MACRO2004, 2004年
  • Morphology of Polyolefin Reactor Powders and Their Application for Pelletize-Less Processing, IUPAC Polymer Conference on the Mission and Challenges of Polymer Science and Technology (IUPAC-PC2002), 2002年
  • Morphological and NMR Studies on Nascent Isotactic Polypropylene Powders, International Symposium on Furture Technologies for Polyolefin and Olefin Polymerization Catalysis, 2001年
  • 超高分子量を有する直鎖状低密度ポリエチレンフィルムの表面変形特性, 繊維学会年次大会, 2006年
  • MXD6の結晶化とモルフォロジーに関する研究, 第55回高分子学会年次大会, 2006年
  • インプロセスX線計測から評価したエチレン/テトラフルオロエチレン交互共重合体の延伸/熱処理過程における構造変化, 第55回高分子学会年次大会, 2006年
  • 異なる条件で作製した超高分子量ポリエチレン溶融延伸試料の昇温過程における相転移挙動, 第55回高分子学会年次大会, 2006年
  • ポリプロピレン重合パウダーの性状と直接成形/延伸フィルムの構造および物性, 第17回高分子加工技術討論会, 2005年
  • 異なる高次構造を発現する結晶性・非晶性ブロック共重合体のブレンドによる相変化, 第54回高分子討論会, 2005年
  • ポリテトラフルオロエチレン・フィルムの溶融延伸挙動のin-situ解析, 第54回高分子討論会, 2005年
  • Morphological Deformation and Enzymatic Degradation of Biodegradable Polyester, 第44回NMR討論会, 2005年
  • Crystallization Behavior and Morphology of Poly(m-xylylene adipamide), 第44回NMR討論会, 2005年
  • Crystallization Behavior of Vinylidene Chloride Copolymers, 第44回NMR討論会, 2005年
  • 分子量特性及び延伸条件が超高分子量ポリエチレンの溶融延伸挙動に及ぼす効果, 第54回高分子年次大会, 2005年
  • 固体NMRによるポリエチレン単斜晶の生成と消滅に関する研究, 第54回高分子年次大会, 2005年
  • 生分解性ポリエステルの生分解過程に関する研究, 第54回高分子年次大会, 2005年
  • 生分解性ポリエステルの生分解課程に関する研究, 高分子学会分析討論会, 2004年
  • 固体NMRによるポリエチレン単斜晶の生成と消滅に関する研究, 第43回NMR討論会, 2004年
  • ポリフェニレンエーテルの熱処理による構造変化に関する研究, 第43回NMR討論会, 2004年
  • 主鎖にフェニル基を有するポリアミドの結晶化とモルフォロジーに関する研究, 第43回NMR討論会, 2004年
  • Transformation of Crystal Structure of Ultra High Molecular Weight Polyethylene as Studied by Solid State NMR, The 1st Asi-Pacific NMR Symposium, 2005年
  • ポリカーボネートの結晶化に関する研究, 繊維学会年次大会, 2006年
  • SPMナノスクラッチ試験により評価した配向PETフィルムの表面変形特性, 第53回高分子討論会, 2003年
  • ポリアクリル酸の分解に関する研究 I.過硫酸塩による分解と分子運動性, 繊維学会年次大会, 2003年
  • アイソタクチックポリプロピレン重合パウダーの微細構造, 第41回NMR討論会, 2002年
  • SPMナノスクラッチ挙動から見積もったポリエチレンブレンドフィルム表面の分子量偏析, 第54回高分子討論会, 2005年
  • 異なる分子量特性を有する超高分子量ポリエチレンの溶融延伸成形におけるインプロセス計測, 第18回日本放射光学会年会放射光科学合同シンポジウム, 2005年
  • エンジニアリングプラスチックの結晶化とモルフォロジーに関する研究, 高分子学会NMR研究会, 2004年
  • 結晶性/非晶性ブロック共重合体の高次構造制御とエッチング処理, 第53回高分子討論会, 2003年
  • 固体NMRによるポリエチレン単斜晶の構造と分子運動, 第51回高分子学会年次大会, 2002年
  • ポリエチレン単斜晶の構造と分子運動, 第50回高分子討論会, 2001年
  • Comoparison of Macro/Nanotribology of Polymeric Materials, International Tribology Conference, 2000年
  • 均一ラメラ構造を有する超高分子量ポリエチレン膜のナノポーラス化とその透過性評価, 第59回高分子学会討論会, 2010年
  • ポリエチレンナノポーラス膜の細孔サイズ制御と生体膜への応用, 第58回高分子学会討論会, 2009年
  • 溶液及び溶融状態から調製した超高分子量ポリエチレンフィルムの延伸/圧縮による単斜晶の生成, 第58回高分子学会討論会, 2009年
  • 結晶性/非晶性ブロック共重合体のブレンドによるポリエチレン・ナノポーラス膜の細孔サイズ制御と膜透過性評価, 第59回高分子学会討論会, 2010年
  • 高い有機物選択性と耐久性を示すシロキサングラフト化ポリイミド膜, 第59回高分子学会討論会, 2010年
  • 新規シリコーンの一軸延伸過程のin-situ計測による架橋構造解析と調製条件による構造制御, 第59回高分子学会討論会, 2010年
  • 溶融二軸延伸による高性能ポリテトラフルオロエチレン・フィルムの成形, 第59回高分子学会討論会, 2010年
  • 結晶性シリコーンの昇温過程における相構造変化に与える分子量の効果, 第5回相模ケイ素材料フォーラム, 2010年
  • 新規シリコーンの一軸延伸過程のin-situ計測による架橋構造解析と調製条件による構造制御, 第5回相模ケイ素材料フォーラム, 2010年
  • 全芳香族系シリコーン・モノマーの熱重合過程における構造形成と直接膜成形, 第5回相模ケイ素材料フォーラム, 2010年
  • 多孔膜の連通チャネルを利用したポリ乳酸のステレオ・コンプレックス結晶化とナノ・パーティクル化, 第5回相模ケイ素材料フォーラム, 2010年
  • ブロック共重合体のナノ相分離構造によって拘束されたポリ乳酸のステレオコンプレックス結晶化, 第58回高分子学会年次大会, 2010年
  • 結晶性シリコーンの昇温過程における相構造変化に与える分子量の効果, 第59回高分子学会年次大会, 2010年
  • 多孔膜の連通チャネルを利用したポリ乳酸のステレオ・コンプレックス結晶化とナノ・パーティクル化, 第59回高分子学会年次大会, 2010年
  • 超高分子量ポリエチレンフィルムの延伸/圧縮による単斜晶の生成と消失, 第59回高分子学会年次大会, 2010年
  • ランダムコポリマー表面を用いた摩擦特性の制御, トライボロジー会議2001秋 宇都宮, 2001年
  • 無機酸化物粉体と高分子の相互作用に関する研究, 第59回高分子学会討論会, 2010年
  • 全芳香族系シリコーン・モノマーの熱重合過程における構造形成と直接膜成形, 第59回高分子学会年次大会, 2010年
  • ケイ素系ブロック共重合体の昇温過程における構造変化と膜材料としての応用, 第21回高分子加工技術討論会, 2009年
  • 結晶性ケイ素含有高分子の昇温過程における相転移挙動と配向化 Ⅱ 延伸による分子配向性付与と高性能化, 第58回高分子学会討論会, 2009年
  • 結晶性高分子の延伸過程におけるNMR測定, 09-1 NMR研究会(高分子学会), 2009年
  • ポリL乳酸/ポリD乳酸・ブレンドフィルムのステレオコンプレックス結晶化と熱処理による構造変化, 高分子学会関東支部群馬栃木地区講演会, 2009年
  • ポリテトラフルオロエチレンフィルムの溶融二軸延伸による膜材料への適用, 高分子学会関東支部群馬栃木地区講演会, 2009年
  • 無機酸化物粉体と高分子の相互作用に関する研究, 10-1 NMR研究会(高分子学会), 2010年
  • ブロック共重合体のナノ相分離構造によって拘束されたポリ乳酸のステレオコンプレックス結晶化, 高分子学会関東支部群馬栃木地区講演会, 2010年
  • 超高分子量ポリエチレンフィルムの延伸/圧縮による単斜晶の生成と消失, 高分子学会関東支部群馬栃木地区講演会, 2010年
  • 溶融二軸延伸による高性能ポリテトラフルオロエチレン・フィルムの成形, 第21回高分子加工技術討論会, 2009年
  • 結晶性ケイ素含有高分子の昇温過程における相転移挙動と配向化 Ⅰ 固体高分解能NMRによる分子構造解析, 第58回高分子学会討論会, 2009年
  • 結晶性高分子の延伸過程におけるNMR測定, 第58回高分子学会討論会, 2009年
  • 固体状態におけるシクロデキストリン/ポリ乳酸包接複合体の構造と分子運動に関する研究, 第26 回シクロデキストリンシンポジウム, 2009年
  • 剛直性及び多分岐性を付与した新規シリコーンの熱架橋挙動のin-situ計測とその力学物性評価, 第58回高分子学会討論会, 2009年
  • 溶融二軸延伸/緩和処理による超高分子量ポリエチレン膜の高性能化と構造変化, 第58回高分子学会討論会, 2009年
  • ケイ素系ブロック共重合体の昇温過程における構造変化と膜材料としての応用, 第4回相模ケイ素材料フォーラム, 2009年
  • 結晶性高分子の延伸過程におけるNMR測定, 第4回相模ケイ素材料フォーラム, 2009年
  • 剛直性及び多分岐性を付与した新規シリコーンの熱架橋挙動のin-situ計測とその力学物性評価, 第4回相模ケイ素材料フォーラム, 2009年
  • 溶液及び溶融状態から調製した超高分子量ポリエチレンフィルムの延伸/圧縮による単斜晶の生成, 第4回相模ケイ素材料フォーラム, 2009年
  • Poly(m-xylylene adipamide)の結晶化挙動のin-situ解析, 09-1 NMR研究会(高分子学会), 2009年
  • 結晶性ケイ素含有高分子の昇温過程における相転移挙動と配向化 Ⅱ 延伸による分子配向性付与と高性能化, 第58回高分子学会年次大会, 2009年
  • 高分子溶融体の物性と分子運動に関する研究, 09-1 NMR研究会(高分子学会), 2009年
  • 溶液及び溶融状態から調製した超高分子量ポリエチレンフィルムの延伸/圧縮による単斜晶の生成, 09-1 NMR研究会(高分子学会), 2009年
  • シクロデキストリン包接複合体の構造に関する研究, 高分子学会関東支部群馬栃木地区講演会, 2009年
  • 高分子溶融体の粘度と分子運動に関する研究, 高分子学会関東支部群馬栃木地区講演会, 2009年
  • SPMナノスクラッチにより見積もったポリ乳酸フィルムの表面変形挙動, 第20回高分子加工技術討論会(日本レオロジー学会), 2008年
  • 様々な環境下におけるパルスNMR測定による高分子材料のin-situ解析手法の開発, 2008年
  • 結晶性ケイ素含有高分子の昇温過程における相転移挙動と配向化, 第57回高分子学会討論会, 2008年
  • 高分子材料の変形過程における分子運動性変化のin-situ NMR計測, 日本化学会第2回関東支部大会, 2008年
  • 溶液および溶融状態から調製した超高分子量ポリエチレンフィルムの延伸/圧縮による単斜晶の生成, 第57回高分子学会討論会, 2008年
  • PLLA/PSジブロック共重合体の結晶化挙動と昇温過程における相構造変化, 第3回相模ケイ素材料フォーラム, 2008年
  • ポリテトラメチル-p-シルフェニレンシロキサンの昇温過程における相転移挙動と配向化, 第3回相模ケイ素材料フォーラム, 2008年
  • Poly(m-xylylene adipamide)の等温結晶化過程における微細構造解析, 第57回高分子学会年次大会, 2008年
  • SPMナノスクラッチにより見積もったポリ乳酸フィルムの表面変形挙動, 第57回高分子学会年次大会, 2008年
  • エチレンテトラフルオロエチレン共重合体フィルムの二軸延伸による高性能化とラメラ破壊挙動のin-situ計測, 第57回高分子学会年次大会, 2008年
  • 延伸過程におけるin-situ構造解析から評価したエチレンテトラフルオロエチレン共重合体フィルムの異種成分ブレンド効果, 第57回高分子学会年次大会, 2008年
  • 周期的変形印加による溶融ポリエチレン分子鎖の絡み合い分布制御, 第57回高分子学会年次大会, 2008年
  • Poly(m-xylylene adipamide)の等温結晶化過程における微細構造解析, 高分子学会関東支部群馬栃木地区講演会, 2008年
  • SPMナノスクラッチにより見積もったポリ乳酸フィルムの表面変形挙動, 高分子学会関東支部群馬栃木地区講演会, 2008年
  • エチレンテトラフルオロエチレン共重合体フィルムの二軸延伸による高性能化とラメラ破壊挙動のin-situ計測, 高分子学会関東支部群馬栃木地区講演会, 2008年
  • 延伸過程におけるin-situ構造解析から評価したエチレンテトラフルオロエチレン共重合体フィルムの異種成分ブレンド効果, 高分子学会関東支部群馬栃木地区講演会, 2008年
  • 超高分子量ポリエチレンの溶融延伸過程におけるin-situパルスNMR計測を用いた分子鎖絡み合い解析, 高分子学会関東支部群馬栃木地区講演会, 2008年
  • 溶液および溶融状態から調製した超高分子量ポリエチレンフィルムの延伸/圧縮による単斜晶の生成, 高分子学会関東支部群馬栃木地区講演会, 2008年
  • ポリスチレン-ポリジメチルシロキサン・ブロック共重合体フィルムの表面構造と規則配列化, 第56回高分子学会討論会, 2007年
  • ポリスチレン-ポリジメチルシロキサン・ブロック共重合体フィルムの表面構造と規則配列化, 第2回相模ケイ素材料フォーラム, 2007年
  • PETフィルムの分子鎖異方性が表面変形特性に与える効果, SII走査型プローブ顕微鏡セミナー2006, 2006年
  • SPMナノ・スクラッチ挙動から見積もったポリエチレンブレンドフィルム表面の分子量偏析, SII走査型プローブ顕微鏡セミナー2006, 2006年
  • ポリテトラフルオロエチレン・フィルムの溶融延伸挙動のin-situ解析, 第54回高分子学会討論会, 2005年
  • SPMナノスクラッチ試験により評価した配向PETフィルムの表面変形特性, 日本化学会関東支部群馬地区地域懇談会, 2003年
  • 粘土材料の構造とポリエチレンへの単層分散化, 第15回高分子加工技術討論会(日本レオロジー学会), 2003年
  • 結晶性高分子の表面偏析による階層構造形成と表面物性, 高分子学会, 2012年
  • ポリ(ノナメチレンテレフタルアミド)(PA9T)の結晶化挙動に関する研究, 高分子学会, 2012年
  • 超高分子量ポリエチレン/通常分子量ポリエチレン・ブレンドフィルムの溶融延伸過程における構造変化とブレンド比率が溶融延伸におよぼす効果, 高分子学会, 2012年
  • 超高分子量ポリエチレンの延伸、圧縮による構造及び物性変化に関する研究, 高分子学会, 2012年
  • ポリアミド樹脂の摩擦摩耗挙動, 高分子学会, 2012年
  • ロール成形と溶融二軸延伸の組み合わせによる超高分子量ポリエチレン薄膜の高性能化, 高分子学会, 2012年
  • 溶媒を用いない超高分子量ポリエチレン薄膜・微多孔膜の製造方法., 高分子学会, 2012年
  • シクロデキストリン/ポリ乳酸抱接複合体の構造と分子運動., 高分子学会, 2012年
  • 高強度・高伸度を有するシリコーンの変形過程におけるin-situ 計測, 高分子学会, 2012年
  • 溶融延伸によるポリテトラフルオロエチレン膜のナノ構造化と高性能化, 高分子学会, 2012年
  • 多孔性シリコーンと構造の物性に関する研究., 高分子学会, 2012年
  • ポリ(ノナメチレンテレフタルアミド)(PA9T)の結晶化挙動に関する研究., 高分子学会, 2012年
  • 溶融延伸による超高分子量ポリエチレン/通常分子量ポリエチレン・ブレンドフィルムの高性能化および高機能化..., 高分子学会, 2012年
  • ポリ(シルフェニレンシロキサン/スチレン)ブロックコポリマーの構造と物性., 高分子学会, 2012年
  • メチルシクロデキストリンによるポリ乳酸の可塑化と構造制御, 2012年
  • 多孔性シリコーンエラストマーの作製とその特徴, 2012年
  • ポリ(シルフェニレンシロキサン/スチレン)ブロックコポリマーの合成と物性, 2012年
  • 高伸度・高強度を有する新規シリコーンの変形過程におけるin-situ NMR/SPM計測, 2012年
  • 低誘電率シリコーン薄膜の創製とエレクトロニクス材料への応用, 2012年
  • シリコーンの多孔化と構造に関する研究, 2011年
  • 超高分子量ポリエチレン/通常分子量ポリエチレン・ブレンドの溶融延伸過程における配向結晶化挙動のin-situ計測, 2011年
  • ポリ(ノナメチレンテレフタルアミド)の結晶化挙動の研究, 2011年
  • 超高分子量ポリエチレンの延伸、圧縮による構造及び物性変化に関する研究, 2011年
  • シクロデキストリンポリ乳酸包接複合体の分子運動と力学物性, 2011年
  • In-situ NMR/SPM測定を用いたシリコーン変形過程における物性発現機構の解明, 2011年
  • ポリ(ノナメチレンテレフタルアミド)の結晶化挙動の研究, 2011年
  • 超高分子量ポリエチレン/通常分子量ポリエチレン・ブレンドフィルムの溶融延伸挙動のin-situ計測, 2011年
  • 超高分子量ポリエチレンの延伸、圧縮による構造及び物性変化に関する研究, 2011年
  • Crystallization mechanism of poly(nonamethyleneterephthalamide) as studied by solid state NMR, 2011年
  • メタロセン系超高分子量ポリエチレンの溶融二軸延伸挙動及び得られる膜構造..., 高分子年次大会, 2015年
  • エチレン-酢酸ビニル共重合体に及ぼす熱処理効果に関する研究, 高分子年次大会, 2015年
  • PA6/MXD6ブレンドフィルムの摩擦・摩耗挙動, 高分子年次大会, 2015年
  • 含硫黄ポリビニルアルコール誘導体の金属架橋挙動と金属複合材料への応用, 高分子年次大会, 2015年
  • 超高分子量メタロセンポリエチレンの物性及びその分子量依存性, 高分子年次大会, 2014年
  • メタロセン系超高分子量ポリエチレン重合パウダーの構造解析, 高分子年次大会, 2014年
  • 超高分子量ポリエチレンの溶融延伸挙動に与える分子量分布の効果, 高分子年次大会, 2014年
  • 結晶性成分の導入によるシリコーン・エラストマーの物性及び相構造変化, 高分子年次大会, 2014年
  • ポリ乳酸/シクロデキストリン包接複合体の構造と物性に関する研究, 高分子年次大会, 2014年
  • 歯科材料の劣化挙動に関する研究, 高分子年次大会, 2014年
  • NMRによるマウスガード劣化機構の解明, 高分子年次大会, 2013年
  • PA9T及びPA9Tコポリマーの結晶化挙動に関する研究., 高分子年次大会, 2013年
  • メチルシクロデキストリン添加によるポリ乳酸の構造と物性に関する研究., 高分子年次大会, 2013年
  • 異なる分子量を有する超高分子量ポリエチレンの溶融延伸挙動のin-situ解析, 高分子年次大会, 2013年
  • In-situ計測による超高分子量ポリエチレンの溶融延伸挙動と結晶相転移の解明, 高分子討論会, 2015年
  • 環状ポリオレフィンの融解挙動解析と物性評価, 高分子討論会, 2015年
  • 高分子/シクロデキストリン複合体の構造解析と物性評価に関する研究, 高分子討論会, 2015年
  • 超高分子量ポリエチレン溶融延伸物の相転移を伴う特異的な融解挙動, 高分子討論会, 2014年
  • 超高分子量樹脂の溶融延伸過程における配向結晶化のインプロセス計測, 高分子討論会, 2013年
  • 固体1H-NMRによる超高分子量ポリエチレン重合パウダーの特徴付け, 高分子討論会, 2013年
  • MRによるマウスガード劣化機構に関する研究, 高分子討論会, 2013年
  • ラミンとシアヌル酸の複合体形成を利用したレアメタル回収, 高分子討論会, 2013年
  • ポリ( ノナメチレンテレフタルアミド)( PA9T) の結晶化挙動に関する研究, 高分子学会群馬・栃木地区講演会, 2014年
  • メチルシクロデキストリン/ポリ乳酸包接複合体の構造解析及び物性評価, 高分子学会群馬・栃木地区講演会, 2014年
  • 二軸延伸と熱処理によるポリフッ化ビニリデン薄膜の高性能化, 高分子学会群馬・栃木地区講演会, 2014年
  • 超高分子量ポリエチレン /通常分子量ポリエチレ ン・ブンドフィルムの溶融延伸による構造変化と高機能, 高分子学会群馬・栃木地区講演会, 2014年
  • 環状ポリオレフィンの融解挙動解析と物性評価, 相模材料フォーラム, 2015年
  • 超高分子量ポリエチレン重合パウダーの分子運動分布に及ぼす分子量分布の影響, 相模材料フォーラム, 2015年
  • メタロセン系超高分子量ポリエチレン及びチーグラー系超高分子量ポリエチレンの溶融二軸延伸挙動と膜構造の比較, 相模材料フォーラム, 2015年
  • in-situ X 線計測による超高分子量ポリエチレン/高密度ポリエチレン積層フィルムの溶融延伸過程における構造変化の解明, 相模材料フォーラム, 2015年
  • 結晶性シリコーンのブレンドによるエラストマー材料の高性能化, 相模材料フォーラム, 2015年
  • 超高分子量ポリエチレン重合パウダーの絡み合い生成における分子量分布の影響, 相模材料フォーラム, 2014年
  • メタロセン系超高分子量ポリエチレンとチーグラー系超高分子量ポリエチレンの溶融延伸挙動の比較, 相模材料フォーラム, 2014年
  • 結晶性成分をブレンドしたシリコーン・エラストマーの相構造制御及び物性評価, 相模材料フォーラム, 2014年
  • シリカエアロゲル混合によるシリコーン材料の低誘電率化, 相模材料フォーラム, 2013年
  • 新規シリコーンを用いた高強度エラストマーの創製およびその架橋構造解析, 相模材料フォーラム, 2013年
  • ポリオキシメチレンフィルムの二軸延伸による高性能化, ポリマー材料フォーラム, 2015年
  • シリカエアロゲルのブレンドによるシリコーン材料の低誘電率化, ポリマー材料フォーラム, 2013年
  • 新規シリコーンを用いた高性能エラストマーの創製と架橋構造解析, ポリマー材料フォーラム, 2013年
  • 溶融延伸によって調製したポリテトラフルオロエチレン膜の高次構造解析, ポリマー材料フォーラム, 2013年
  • 熱処理による超高分子量ポリエチレン溶融二軸延伸膜の高次構造制御, ポリマー材料フォーラム, 2013年
  • シクロデキストリン添加によるポリ乳酸の延伸挙動に関する研究, シクロデキストリンシンポジウム, 2014年
  • Analysis of Recrystallizations and Melting of PA9T by DSC-Raman, IUMRS-ICA2014, 2014年
  • Ultra-drawing via metastable phase for crystalline polymers, IUMRS-ICA2014, 2014年
  • In-Situ Analysis for Melt-Drawing Behavior of Ultra-High Molecular Weight Polyethylene Films with Different Molecular Weights, IUMRS-ICA2014, 2014年
  • NMR測定によるマウスガード劣化機構の解明, 日本スポーツ歯科医学会, 2013年
  • マウスガードの適切な保管場所・保管温度についての考察, 日本スポーツ歯科医学会, 2014年
  • メチルシクロデキストリン添加によるポリ乳酸の改質, シクロデキストリンシンポジウム, 2013年
  • マウスガード使用による結晶化度及び分子運動状態に関する研究, 日本スポーツ歯科医学会, 2015年
  • Effects of temperature and pressure on the structure of ethylene- vinyl acetate copolymer (EVA), Pacifichem 2015, 2015年
  • Structure and physical properties of polymer/cyclodextrin composite: Poly(lactic acid) and polypropylene, Pacifichem 2015, 2015年
  • Preparation of high-performance poly(oxymethylene) film by drawing techniques, Pacifichem 2015, 2015年
  • In-situ analysis for melt drawing behaviors of metallocene- and Ziegler-catalyzed ultra-high molecular weight polyethylene, Pacifichem 2015, 2015年
  • 高分子材料の構造解析と運動状態解析, 繊維学会夏季セミナー, 2015年
  • ポリオキシメチレンフィルムの延伸による高性能化, 高分子年次大会, 2014年
  • 結晶性成分を導入したシリコーン・エラストマーの力学物性, 高分子討論会, 2015年
  • 半芳香族ポリアミドの結晶化挙動に関する研究, 高分子討論会, 2014年
  • 異なる分子骨格を有するシリコーン・ブレンドの相分離構造と力学物性, ポリマー材料フォーラム, 2015年
  • ポリアミド樹脂の摩擦摩耗挙動, ポリマー材料フォーラム, 2013年
  • Crystallization Mechanism of Partial Aromatic Polyamides, IUMRS-ICA2014, 2014年
  • Structural and property development of silicone elastomer blended with crystalline component, Pacifichem 2015, 2015年
  • Non-solvent preparation of nanostructured membranes of ultrahigh molecular weight polyethylene by drawing technique, Pacifichem 2015, 2015年
  • 練り時間が熱可塑性エラストマーの物性・モルフォロジーに与える影響, 日本ゴム協会, 2016年
  • 含硫黄PVA誘導体と金イオンの架橋反応を利用した金属架橋ゲルの合成, 高分子学会, 2016年
  • 含硫黄PVA誘導体と金イオンの架橋反応による金ナノ粒子が均一分散した繊維状ゲルの合成, 高分子討論会, 2016年
  • 含硫黄 PVA 誘導体と金イオンの架橋反応を利用した繊維状ゲルの合成, 繊維学会年次大会, 2016年
  • 含硫黄 PVA 誘導体の金属イオン架橋挙動と金属複合材料への応用, 繊維学会年次大会, 2016年
  • 環状ポリオレフィンの融解挙動解析と物性評価, 繊維学会年次大会, 2016年
  • In-situ計測から評価した超高分子量ポリエチレン溶融延伸挙動に与える分子量分布の効果, 繊維学会年次大会, 2016年
  • ポリオキシメチレン共重合体の延伸による構造変化と高性能化・高機能化, 2016年
  • 架橋度の異なるシリコーン・エラストマーの延伸過程における構造変化, 日本ゴム協会, 2016年
  • 架橋度の異なるシリコーン・エラストマーの延伸過程における構造変化, 日本ゴム協会, 2016年
  • 結晶性成分のブレンドによる高強度シリコーン・エラストマーの創製と引張り過程における構造変化, 日本ゴム協会, 2016年
  • 結晶性成分のブレンドによる高強度シリコーン・エラストマーの創製と引張り過程における構造変化, 日本ゴム協会, 2016年
  • 超高分子量ポリエチレンの溶融延伸による高性能化・高機能化., 高分子討論会, 2016年
  • 架橋シリコーンの変形印加過程におけるin-situ NMR構造解析, 高分子討論会, 2016年
  • 超高分子量ポリエチレン/高密度ポリエチレン・積層フィルムの溶融延伸後に起こる冷却結晶化挙動のin-situ計測, 高分子討論会, 2016年
  • 超高分子量ポリエチレン溶融二軸延伸膜の多重結晶配向と分子量分布の効果, 高分子討論会, 2016年
  • エチレン-酢酸ビニル共重合体の結晶化挙動に関する研究, 高分子討論会, 2016年
  • A6/MXD6ブレンドフィルムの摩擦・摩耗挙動, 高分子討論会, 2016年
  • Structural Change during Stretching Silicone Elastomers with Different Cross-Linking Characteristics, International Rubber Conference 2016, 2016年
  • Kneading Time Dependence of the Physical Properties and the Morphology of TPV, International Rubber Conference 2016, 2016年
  • New Testing Method for the Thermoplastic Vulcanization Processing Analysis by Dynamic Viscoelastic Propert, International Rubber Conference 2016, 2016年
  • 分子量分布の異なる超高分子量ポリエチレンの溶融二軸延伸膜の特異な結晶配向, ポリマー材料フォーラム, 2016年
  • 超高分子量ポリエチレン/高密度ポリエチレン・積層フィルムの溶融延伸における構造形成機構の解明, ポリマー材料フォーラム, 2016年
  • メチレン鎖長の異なる半芳香族ポリアミドの物性と構造解析, 繊維学会, 2016年
  • ポリ乳酸/シクロデキストリン複合体の構造解析と物性評価, シクロデキストリンシンポジウム, 2016年
  • メチレン鎖長の異なる半芳香族ポリアミドの物性と構造解析, NMR討論会, 2016年
  • 動的粘弾性による新しい架橋型熱可塑性エラストマーの評価方法の検討, 日本ゴム協会年次大会, 2017年
  • 練り時間の異なるエチレンプロピレンジエン共重合体(EPDM)ゴムの物性,モルフォロジー, 日本ゴム協会年次大会, 2017年
  • 練り時間が異なる熱可塑性エラストマーの構造・物性, 日本ゴム協会年次大会, 2017年
  • In-situ X線計測と熱分析による分子量分布の異なる超高分子量ポリエチレン溶融二軸延伸膜の結晶構造解析, 高分子学会年次大会, 2017年
  • 結晶性高分子フィルムの二軸延伸によるナノポーラス化, 高分子学会年次大会, 2017年
  • 組成比の異なるポリオキシメチレン・エチレンオキサイド共重合体フィルムの延伸・冷却過程におけるin-situ X線測定, 高分子学会年次大会, 2017年
  • 分子量分布の異なる超高分子量ポリエチレンフィルムの成形条件が溶融延伸挙動に与える影響, 高分子学会年次大会, 2017年
  • 修飾シクロデキストリン添加によるポリ乳酸の構造・物性への効果, 高分子学会年次大会, 2017年
  • メチレン鎖長の異なる半芳香族ポリアミドの物性と構造解析, 高分子学会年次大会, 2017年
  • ポリ乳酸の二軸延伸による薄膜化, 繊維学会年次大会, 2017年
  • フィルム・繊維の延伸過程におけるインプロセス, 繊維学会年次大会, 2017年
  • 成形条件の異なる超高分子量ポリエチレンフィルム の溶融延伸過程における in-situ X線計測, 繊維学会年次大会, 2017年
  • 異なる条件で成形したメタロセン系超高分子量ポリエチレンフィルムの溶融一軸延伸過程におけるインプロセスX線, ケイ素・材料フォーラム, 2017年
  • ゴム練り状態の異なる合成ゴムの物性・モルフォロジー, ケイ素・材料フォーラム, 2017年
  • ポリ乳酸への修飾シクロデキストリン添加による効果, ケイ素・材料フォーラム, 2017年
  • エチレンオキサイドコモノマー含有量の違いがポリオキシメチレン系フィルムの一軸延伸過程における構造変化に与える影響, ケイ素・材料フォーラム, 2017年
  • 修飾シクロデキストリン/ ポリ乳酸複合体の構造・物性に関する研究, シクロデキストリンシンポジウム, 2017年
  • 含硫黄PVA 誘導体と金属イオンの架橋反応を利用した金属複合材料の創製, 高分子討論会, 2017年
  • 溶融延伸挙動から評価した高分子鎖の絡み合い特性, 高分子討論会, 2017年
  • 練り条件と試料組成がEPDM/PP 系熱可塑性エラストマーの物性と構造に与える影, 高分子討論会, 2017年
  • メタロセン系超高分子量ポリエチレン・フィルムの成形条件が溶融延伸過程における伸びきり結晶化に与える効果, 高分子討論会, 2017年
  • ポリオキシメチレン共重合体フィルムの延伸過程における相構造形成のインプロセス計測, 高分子討論会, 2017年
  • RAFT-mediated polymerization in emulsion phase:gamma- and electron-beam initiated grafting, Symposium on Macromolecules, 2017年
  • 分子鎖絡み合い特性の異なる超高分子量ポリエチレン/通常分子量ポリエチレン・ブレンドフィルムの溶融一軸延伸過程におけるin-situ 計測, 繊維学会秋季研究発表会, 2017年
  • コモノマーを有するポリオキシメチレン系フィルムの延伸過程における相構造形成の調査, 繊維学会秋季研究発表会, 2017年
  • 成形条件の異なるメタロセン系超高分子量ポリエチレンフィルムの溶融延伸過程におけるin-situ X線計測, 繊維学会秋季研究発表会, 2017年
  • 練り条件と試料組成が動的架橋型熱可塑性エラストマーの物性と構造に与える影響, 繊維学会秋季研究発表会, 2017年
  • The addition effect of the modified cyclodextrin on the structure and physicalproperties of poly(lactic acid), 9th Asian Cyclodextrine Symposium, 2017年
  • Development of Facile, Selective, and High - Recovery Materialsfor Rare Metal, Gunma International Symposium 2018, 2018年
  • Polyaddition of Diamine and Diacrylate in Water, Gunma International Symposium 2018, 2018年
  • Structure and physical property of semi - aromatic polyamides with various methylene length, Gunma International Symposium 2018, 2018年
  • Investigation of phase formation during stretching for polyoxymethylene - based film containing comonomer content, Gunma International Symposium 2018, 2018年
  • INFLUENCE OF MOLDING CONDITION ON MELT DRAWING BEHAVIOR OF METALLOCENE - CATALYZED ULTRA -HIGH MOLECULAR WEIGHT POLYETHYLENE FILMS, Gunma International Symposium 2018, 2018年
  • Structural Change during Tensile Deformation of Silicone Elastomers As Evaluated by In - situ Measurements, Gunma International Symposium 2018, 2018年
  • Effect of modified cyclodextrin on polylactic acid / modified cyclodextrin complex, Gunma International Symposium 2018, 2018年
  • Effect of kneading condition and the composition on the structure and physical properties of EPDM/PP thermoplastic elastomer, Gunma International Symposium 2018, 2018年
  • Kneading time dependence of morphology and physical properties of ethylene propylene diene (EPDM) rubber, Gunma International Symposium 2018, 2018年
  • In-Situ Measurements of Uniaxial Melt - Drawing Behavior for Ultra-High Molecular Weight / Normal Molecular Weight Polyethylene Blend Films with Different Entanglement Characteristics, Gunma International Symposium 2018, 2018年
  • メチレン鎖長の異なる半芳香族ポリアミドの構造・物性に関する研究, 繊維学会, 2016年
  • Transformation of Crystal Structure of Ultra High Molecular Weight Polyethylene as Studied by Solid State NMR, 8th SPSJ International Polymer Conference, 2005年
  • Morphological Deformation and Enzymatic Degradation of Biodegradable Polyester, 8th SPSJ International Polymer Conference, 2005年
  • Surface Deformation Characteristics of Oriented Poly(ethylene terephthalate) Films as Evaluated from Nano-Scratch Tests with Scanning Probe Microscopy, MACRO2004, 2004年
  • Transient Crystallization during Drawing from Ultra-High Molecular Weight Polyethylene Melts Having Different Entanglement Characteristics, MACRO2004, 2004年
  • Morphology of Polyolefin Reactor Powders and Their Application for Pelletize-Less Processing, IUPAC Polymer Conference on the Mission and Challenges of Polymer Science and Technology (IUPAC-PC2002), 2002年
  • Morphological and NMR Studies on Nascent Isotactic Polypropylene Powders, International Symposium on Furture Technologies for Polyolefin and Olefin Polymerization Catalysis, 2001年
  • Transformation of Crystal Structure of Ultra High Molecular Weight Polyethylene as Studied by Solid State NMR, The 1st Asi-Pacific NMR Symposium, 2005年
  • Comoparison of Macro/Nanotribology of Polymeric Materials, International Tribology Conference, 2000年
  • Crystallization mechanism of poly(nonamethyleneterephthalamide) as studied by solid state NMR, 2011年
  • Analysis of Recrystallizations and Melting of PA9T by DSC-Raman, IUMRS-ICA2014, 2014年
  • Ultra-drawing via metastable phase for crystalline polymers, IUMRS-ICA2014, 2014年
  • In-Situ Analysis for Melt-Drawing Behavior of Ultra-High Molecular Weight Polyethylene Films with Different Molecular Weights, IUMRS-ICA2014, 2014年
  • Effects of temperature and pressure on the structure of ethylene- vinyl acetate copolymer (EVA), Pacifichem 2015, 2015年
  • Structure and physical properties of polymer/cyclodextrin composite: Poly(lactic acid) and polypropylene, Pacifichem 2015, 2015年
  • Preparation of high-performance poly(oxymethylene) film by drawing techniques, Pacifichem 2015, 2015年
  • In-situ analysis for melt drawing behaviors of metallocene- and Ziegler-catalyzed ultra-high molecular weight polyethylene, Pacifichem 2015, 2015年
  • Crystallization Mechanism of Partial Aromatic Polyamides, IUMRS-ICA2014, 2014年
  • Structural and property development of silicone elastomer blended with crystalline component, Pacifichem 2015, 2015年
  • Non-solvent preparation of nanostructured membranes of ultrahigh molecular weight polyethylene by drawing technique, Pacifichem 2015, 2015年
  • Structural Change during Stretching Silicone Elastomers with Different Cross-Linking Characteristics, International Rubber Conference 2016, 2016年
  • Kneading Time Dependence of the Physical Properties and the Morphology of TPV, International Rubber Conference 2016, 2016年
  • New Testing Method for the Thermoplastic Vulcanization Processing Analysis by Dynamic Viscoelastic Propert, International Rubber Conference 2016, 2016年
  • RAFT-mediated polymerization in emulsion phase:gamma- and electron-beam initiated grafting, Symposium on Macromolecules, 2017年
  • The addition effect of the modified cyclodextrin on the structure and physicalproperties of poly(lactic acid), 9th Asian Cyclodextrine Symposium, 2017年
  • Development of Facile, Selective, and High - Recovery Materialsfor Rare Metal, Gunma International Symposium 2018, 2018年
  • Polyaddition of Diamine and Diacrylate in Water, Gunma International Symposium 2018, 2018年
  • Structure and physical property of semi - aromatic polyamides with various methylene length, Gunma International Symposium 2018, 2018年
  • Investigation of phase formation during stretching for polyoxymethylene - based film containing comonomer content, Gunma International Symposium 2018, 2018年
  • INFLUENCE OF MOLDING CONDITION ON MELT DRAWING BEHAVIOR OF METALLOCENE - CATALYZED ULTRA -HIGH MOLECULAR WEIGHT POLYETHYLENE FILMS, Gunma International Symposium 2018, 2018年
  • Structural Change during Tensile Deformation of Silicone Elastomers As Evaluated by In - situ Measurements, Gunma International Symposium 2018, 2018年
  • Effect of modified cyclodextrin on polylactic acid / modified cyclodextrin complex, Gunma International Symposium 2018, 2018年
  • Effect of kneading condition and the composition on the structure and physical properties of EPDM/PP thermoplastic elastomer, Gunma International Symposium 2018, 2018年
  • Kneading time dependence of morphology and physical properties of ethylene propylene diene (EPDM) rubber, Gunma International Symposium 2018, 2018年
  • In-Situ Measurements of Uniaxial Melt - Drawing Behavior for Ultra-High Molecular Weight / Normal Molecular Weight Polyethylene Blend Films with Different Entanglement Characteristics, Gunma International Symposium 2018, 2018年
  • Nano-Periodic Arrangement of Structural Phases of Polyethylene-block-Polystyrene Copolymer as Induced by Orientation Techniques, Hiroki Uehara; Tomoyuki Yoshida; Masaki Kakiage; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto, 232nd national meetings & expositions of the American Chemical Society, 2006年09月12日
  • ポリエチレン重合パウダーの熱処理に伴うモルフォロジー変化と分子運動性解析, 上原宏樹; 上原綾子; 撹上将規; 山延健; 甲本忠史, 第18回高分子加工技術討論会(日本レオロジー学会), 2006年10月23日, 名古屋工業試験場
  • ポリエチレン単斜晶の生成と消滅に関する研究, 山延健; 上原宏樹; 甲本忠史, 第55回高分子学会討論会, 2006年09月20日, 富山大学
  • ポリエチレン変形過程における相構造形成のin-situ測定, 上原宏樹; 撹上将規; 吉田友幸; 山延健; 甲本忠史; 村上昌三; 小寺賢, 第17回日本放射光学会年会, 2004年01月09日, つくば国際会議場
  • ポリプロピレン重合パウダーの性状と直接成形/延伸フィルムの構造及び物性, 平尾朋三; 上原宏樹; 山延健; 甲本忠史; 山本雄三, 第12回ポリマー材料フォーラム, 2003年11月28日
  • Molecular Weight Segregation on Surfaces of Polyethylene Blended Films as Estimated from Nano-Scratch Tests Using Scanning Probe Microscopy, Hiroki Uehara; Jun-ichi Suwa; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto, 2007 Materials Research Society Fall Meeting, 2007年11月28日
  • Structure and Property Gradation from Surface to Bulk As Evaluated by Nano-Scratch Tests Using Scanning Probe Microscopy, Tomoyuki Ichikawa; Masaki Kakiage; Hiroki Uehara; Takeshi Yamanobe; Daisuke Sawai, 9th International Symposium on Polymers for Advanced Technologies (PAT2007), 2007年10月23日
  • Transformation of crystal structure of ultra high molecular weight polyethylene as studied by solid state NMR, Takeshi Yamanobe; K. Hashizume; Keiko Kano; Hiroki Uehara; Tadashi Komoto, The 44th Annual Meeting of Japanese NMR Society and the 1st Asian-Pasific NMR Symposium, 2006年11月10日
  • Molecular Weight Segregation on Surfaces of Polyethylene Blend Films as Estimated from Nano-Scratch Tests Using Scanning Probe Microsopy, Jun-ichi Suwa; Masaki Kakiage; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto; Hiroki Uehara, 232nd national meetings & expositions of the American Chemical Society, 2006年09月12日
  • In-situ SAXS Analysis of Extended Crystallization during Melt-Drawing of Ultra-High Molecular Weight Polyethylene, Masaki Kakiage; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto; Syozo Murakami; Hiroki Uehara, 232nd national meetings & expositions of the American Chemical Society, 2006年09月12日
  • 超高分子量ポリエチレンの溶融延伸過程におけるin-situパルスNMR計測を用いた分子鎖絡み合い解析, 撹上将規; 上原宏樹; 山延健, 第46回NMR討論会, 2007年09月11日, 札幌コンベンションセンター
  • In-situ SAXS Analysis of Extended Crystallization during Melt-Drawing of Ultra-High Molecular Weight Polyethylene, Masaki Kakiage; Hiroki Uehara; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto; Syozo Murakami, XIII International Conference on Small-angle Scattering (SAS 2006), 2006年07月12日
  • Morphology of Polyolefin Reactor Powders and Their Application for Pelletize-Less Processing, Hiroki Uehara; Tomomi Hirao; Takeshi Yamanobe; Yuzo Yamamoto; Tadashi Komoto, 8th Japan International SAMPE Symposium and Exhibition, 2003年11月19日
  • In-Situ Observation of Phase Development during Melt-Drawing of Ultra-High Molecular Weight Polyethylene Using Synchrotron Radiation, Hiroki Uehara; Tomoyuki Yoshida; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto; Masaru Kotera; Syozo Murakami, 19th Annual Meeting of Polymer Processing Society, 2003年07月10日
  • Control of Chain Entanglement Distribution of Polymer Melts by Cyclic Deformation, Masaki Kakiage; Syozo Murakami; Takeshi Yamanobe; Hiroki Uehara, 2007 Materials Research Society Fall Meeting, 2007年11月
  • Transformation of Crystal Structure of Ultra High Molecular Weight Polyethylene as Studied by Solid State NMR, Takeshi Yamanobe; Hiroki Uehara; Tadashi Komoto, The 10th Pacific Polymer Conference (PPC 10), 2007年12月
  • ポリ乳酸のモルホロジーに関する研究, 寺田美帆; 森村太亮; 山延 健; 粕谷健一; 甲本忠史, 第56回高分子学会討論会, 2007年09月, 名古屋
  • Structural Change with Blending of Crystalline/Amorphous Block Copolymers Having Different Types of Microphase Separations, Masaki Kakiage; Miho Sekiya; Hiroki Uehara; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto, The 2nd Gunma International Symposium on Chemistry (GIS2007), 2007年07月
  • Structural Change during Uniaxial Drawing and Annealing from Amorphous Poly(L-lactic acid), Hiroki Uehara; Masaki Kakiage; Hiroyuki Takeno; Takeshi Yamanobe; Syozo Murakami; Daisuke Sawai; Suong-Hyu Hyon, 9th International Symposium on Polymers for Advanced Technologies (PAT2007), 2007年10月
  • Extended-Chain Crystallization during Drawing from Ultra-High Molecular Weight Polyethylene Melts, Masaki Kakiage; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto; Syozo Murakami; Hiroki Uehara, 9th International Symposium on Polymers for Advanced Technologies (PAT2007), 2007年10月
  • Structural Changes during Drawing of Ethylene-alt-Tetrafluoroethylene Copolymer Films as Analyzed by In-situ X-ray Measurements, Yasunori Ono; Masaki Kakiage; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto; Akiyoshi Higuchi; Hiroki Kamiya; Kiyotaka Arai; Syozo Murakami; Hiroki Uehara, 2007 Materials Research Society Fall Meeting, 2007年11月
  • 射出成型による樹脂被覆金属の密着性とモルホロジー, ビン ソフィアン; アジス ヘルミ; 須田絢子; 河井貴彦; 山延 健; 甲本忠史; 久米原宏之; 荻原博; 野澤淳一, 第56回高分子学会討論会, 2007年09月, 名古屋
  • ポリエステルの難燃化に関する研究, 安藤怜; 牧内和; 山延 健; 甲本忠史; 尾島英史, 第56回高分子学会討論会, 2007年09月, 名古屋
  • インサート成型による金属表面へのポリマーコーティング, 須田絢子; ビン ソフィアン; アジス ヘルミ; 河井貴彦; 山延 健; 甲本忠史; 久米原宏之; 荻原博; 野澤淳一, 第12回高分子分析討論会, 2007年11月, 東京
  • 延伸過程におけるin-situ構造解析から評価したエチレンテトラフルオロエチレン共重合体フィルムの分子量ブレンド効果, 鈴木大祐; 小野靖方; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健; 湯川裕正; 樋口義明; 新井清隆, 第57回高分子学会年次大会, 2008年05月, 横浜
  • ポリ乳酸のモルホロジーに関する研究, 寺田美帆; 森村太亮; 山延 健; 粕谷健一; 甲本忠史, 第56回高分子学会討論会, 2007年09月, 名古屋
  • フェノール樹脂/ポリオキシメチレンブレンド物の構造と物性に関する研究, 藤川征央; 加藤亮一; 河井貴彦; 山延 健; 甲本忠史, 第12回高分子分析討論会, 2007年11月, 東京
  • 芳香族ジアミン、芳香族ジアルデヒド、硫黄を用いた酸化的環化重合によるポリベンゾチアゾールの合成, 中村啓太; 山延健; 米山賢, 繊維学会年次大会, 2019年06月06日, 東京
  • 反応性の異なるジアミンと硫黄とからのコポリチオアミド合成とその特性評価, 米山賢; 友松瑛里; 山延健, 繊維学会年次大会, 2019年06月06日, 東京
  • 金属配位親水性ポリマーと金属イオンのゲル化を利用した有機無機複合材料の創製, 永井大介; 森田萌子; 島崎正起; 久保彩香; 槙靖幸; 武野宏之; 森勝伸; 上原宏樹; 山延健, 繊維学会年次大会, 2019年06月06日, 東京
  • ポリプロピレン圧縮成形物の結晶配向と力学的性質, 西條早紀; 吉澤宏亮; 山延健; 上原宏樹; 陳平凡; 小林豊, 繊維学会年次大会, 2019年06月06日, 東京
  • ポリビニルアルコールフィルムの一軸延伸過程における構造変化, 新田紗也花; 山延健; 上原宏樹, 繊維学会年次大会, 2019年06月06日, 東京
  • ポリビニルアルコール繊維の延伸による構造及び物性変化, 須田裕斗; 小俣智弥; 上原宏樹; 山延健; 津村佳弘, 繊維学会年次大会, 2019年06月06日, 東京
  • 修飾シクロデキストリン添加によるポリ乳酸の構造・物性, 武田隼太; 山延健; 上原宏樹; 高橋圭子; 米山賢; 永井大介, 第1回北関東地区講演会(高分子学会関東支部), 2019年03月11日, 桐生
  • 溶融延伸挙動から評価した超高分子量ポリエチレンの成形条件が絡み合い形成に及ぼす効果, 清水由惟; 髙澤彩香; 山延健; 上原宏樹; 大西拓也; 若林保武; 稲富敬; 阿部成彦, 第1回北関東地区講演会(高分子学会関東支部), 2019年03月11日, 桐生
  • EPDMゴムの練りによるバウンドラバー形成と構造・物性, 星野郁弥; 上原宏樹; 山延健; 眞中将一, 第1回北関東地区講演会(高分子学会関東支部), 2019年03月11日, 桐生
  • ポリオキシメチレンの延伸による構造変化と高性能化・高機能化, 奈良大樹; 山延健; 上原宏樹; 池田剛志; 増永啓康, 第1回北関東地区講演会(高分子学会関東支部), 2019年03月11日, 桐生
  • アルコキシベンゼン部位を有するトリチアゾリルトリアジン誘導体の合成、物性および自己集合, 林 和宏; 金子献吾; 松本泰昌; 中村洋介; 奈良大樹; 山延健; 上原宏樹; 北村千寿; 加藤真一郎, 日本化学会第99春季年会, 2019年03月17日, 桐生
  • 促進耐候性試験時の雨を想定した水噴霧がSBRの劣化に与える影響(2)~カーボンブラック配合SBR~, 狩野真貴子; 飯塚智則; 伊東寛文; 山延健; 上原宏樹, 日本ゴム協会2019年年次大会, 2019年05月23日
  • 極微量造核剤の添加によるポリプロピレン成形品の構造物性の制御, 小林豊; 陳平凡; 西條早紀; 吉澤宏亮; 山延健; 上原宏樹, プラスチック成形加工学会第30回年次大会, 2019年06月12日, 東京
  • 新規6員環ポリオレフィンの昇温過程における構造変化と熱物性, 周藤康介; 佐藤圭; 奈良大樹; 撹上将規; 山延健; 上原宏樹; 小坂田耕太郎; 竹内大介, 第3回熱分析討論会(日本分析化学会・熱分析研究懇談会), 2019年06月28日, つくば
  • ポリビニルアルコール繊維の延伸による構造及び物性変化, 津村佳弘; 須田裕斗; 小俣智弥; 吉澤宏亮; 上原宏樹; 山延健, 第152回ポバール会, 2019年07月06日, 京都
  • 溶融二軸延伸技術を用いた超高分子量ポリエチレンフィルムの高性能化及び膜構造形成, 東宮大貴; 奈良大樹; 撹上将規; 山延健; 上原宏樹, 第68回高分子討論会(高分子学会), 2019年09月26日, 福井
  • ナイロン6フィルムの延伸過程における構造変化のin-situX線回折測定と物性評価, 増田彩香; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健; 下津二希; 小林亮介; 鈴木剛; 稲葉芳彦, 第68回高分子討論会(高分子学会), 2019年09月26日, 福井
  • 金属配位ポリマー上での種核成長を利用した金属分離法の開発, 永井 大介; 野中 優衣; 秋山 拓海; 高橋 里奈; 山延 健, 第68回高分子討論会(高分子学会), 2019年09月26日, 福井
  • 様々な脂肪族ジアジドと脂肪族ジアルキンからのポリ(1,5-トリアゾール)のRu触媒による選択的合成, 宮田 彩美; 山延 健; 米山 賢, 第68回高分子討論会(高分子学会), 2019年09月26日, 福井
  • イオン液体と酸素を用いたキシリレンジアミン類からのポリイミンの合成とその性質, 新井 康弘; 山延 健; 米山 賢, 第68回高分子討論会(高分子学会), 2019年09月26日, 福井
  • アシルヒドラゾン骨格を有するスチレン誘導体のラジカル重合挙動, 小林 寿稔; 中村 謙斗; 永井 大介; 山延 健, 第68回高分子討論会(高分子学会), 2019年09月26日, 福井
  • Ru触媒を用いたジニトリルとジオールからのポリアミド合成, 森山 愛里紗; 山延 健; 米山 賢, 第68回高分子討論会(高分子学会), 2019年09月26日, 福井
  • 芳香族ジアミン、芳香族ジアルデヒド、硫黄を用いた酸化的環化重合によるポリベンゾチアゾールの合成, 米山 賢; 山延 健; 中村 啓太, 第68回高分子討論会(高分子学会), 2019年09月26日, 福井
  • Effect of modified cyclodextrin on the structure and physical properties of poly(lactic acid), Takeshi YAMANOBE; Hayata TAKEDA; Daisuke NAGAI; Masaru YONEYAMA; Hiroki UEHARA; Keiko TAKAHASHI, 10th Asian Cyclodextrin Conference, 2019年08月29日
  • Membrane Preparation and Properties of Novel 6-Membered Ring Polyolefin, Kosuke SHUTO; Kei SATO; Daiki NARA; Masaki KAKIAGE; Takeshi YAMANOBE; Hiroki UEHARA; Kohtaro OSAKADA; Daisuke TAKEUCHI, S-Membrane International Conference 2019, 2019年09月06日
  • Comparison of melt-drawability for different ultra-high molecular weight polyethylene materials, Nozomi WATANABE; Daiki TOMIYA; Masaki KAKIAGE; Takeshi YAMANOBE; Hiroki UEHARA, S-Membrane International Conference 2019, 2019年09月06日
  • Evaluation of structure and physical properties of ionic polyurethane, Akane KANMURA; Tsukino FUKUSHIMA; Masaki KAKIAGE; Takeshi YAMANOBE; Hiroki UEHARA; Seiji UJIIE, S-Membrane International Conference 2019, 2019年09月06日
  • 新規6員環ポリオレフィンの製膜とその物性, 周藤康介; 佐藤 圭; 奈良; 大樹; 山延 健; 上原; 宏樹; 小坂田 耕太郎; 竹内; 大, 高分子学会年次大会, 2019年05月29日, 大阪
  • ポリプロピレン圧縮成形フィルムの結晶配向と力学的性質, 西條 早紀; 吉澤 宏亮; 山延 健; 上原 宏樹; 陳 平凡; 小林 豊, 高分子学会年次大会, 2019年05月29日, 大阪
  • 異なる超高分子量ポリエチレン原料のフィルム成形性および溶融延伸性の比較, 渡邊 希; 東宮; 大貴; 山延健; 上原 宏樹, 高分子学会年次大会, 2019年05月29日, 大阪
  • イオン性ポリウレタンの構造および物性評価, 上村 茜; 福嶋 月乃; 山延; 健; 上原 宏樹; 氏家 誠司, 高分子学会年次大会, 2019年05月29日, 大阪
  • ポリビニルアルコール繊維の延伸による構造及び物性変化, 須田 裕斗; 小俣; 智弥; 上原; 宏樹; 山延; 健; 津村 佳弘, 高分子学会年次大会, 2019年05月29日, 大阪
  • ポリビニルアルコールフィルムの一軸延伸過程における構造変化, 新田 紗也花; 山延 健; 上原 宏樹, 高分子学会年次大会, 2019年05月29日, 大阪
  • In触媒とジシロキサン還元剤を用いた還元重合によるポリチオエーテルの合成, 米山 賢; 木村 駿汰; 山延 健, 高分子学会年次大会, 2019年05月29日, 大阪
  • 金属配位ポリマー上での種核成長を利用した白金族相互分離法の開発, 永井 大介; 野中; 優衣; 秋山 拓海; 高橋 里奈; 山延 健, 高分子学会年次大会, 2019年05月29日, 大阪
  • Property Improvement and Structural Development of Ultra-High Molecular Weight Polyethylene Film by Biaxial Melt-Drawing Technique, Daiki Tomiya; Daiki Nara; Masaki Kakiage; Takeshi Yamanobe; Hiroki Uehara, S-Membrane International Conference 2019, 2019年09月06日
  • In-situ X-ray diffraction measurement of structural change during drawing of nylon 6 film, Ayaka MASUDA; Masaki KAKIAGE; Hiroki UEHARA; Takeshi YAMANOBE; Kazuki SHIMOTSU; Ryosuke KOBAYASHI; Takeshi SUZUKI; Yoshihiko INABA, S-Membrane International Conference 2019, 2019年09月06日
  • Influence of high strength polyamide fiber on friction and wear characteristics of polyamide 6, Tomoya OMATA; Masaki KAKIAGE; Hiroki UEHARA; Takeshi YAMANOBE, S-Membrane International Conference 2019, 2019年09月06日
  • Synthesis of polybenzothiazoles by novel oxidative cyclopolymerization, Keita Nakamura; Takashi Yamanobe; Masaru Yoneyama, S-Membrane International Conference 2019, 2019年09月06日
  • Ru-catalyzed Click-type Cycloaddition polymerization of diazides and dialkynes, Ayami Miyata; Takeshi Yamanobe; Masaru Yoneyama, S-Membrane International Conference 2019, 2019年09月06日
  • Oxidative polymerization of xylylenediamines using ionic liquid and oxygen, Yasuhiro Arai; Takeshi Yamanobe; Masaru Yoneyama, S-Membrane International Conference 2019, 2019年09月06日
  • Synthesis and Structural properties of hydrogel having a sodium styrenesulfonate moiety, Marina Hoshino; Kakiage Masaki; Masaru Yoneyama; Hiroki Uehara; Takeshi Yamanobe; Daisuke Nagai; Yusuke Shigeta; Shinji Ozoe, S-Membrane International Conference 2019, 2019年09月06日
  • Structural change during uniaxial stretching process of polyvinyl alcohol film, Sayaka NITTA; Hayata TAKEDA; Masaki KAKIAGE; Takeshi YAMANOBE; Hiroki UEHARA, S-Membrane International Conference 2019, 2019年09月06日
  • In-situ X-ray Analysis for Structural Change during Uniaxial Deformation of Ethylene-Styrene Random Copolymer Film, Tsukino Fukushima; Ayako Masuda; Masaki Kakiage; Takeshi Yamanobe; Hiroki Uehara, S-Membrane International Conference 2019, 2019年09月06日
  • Crystalline orientation and mechanical properties of compression molded polypropylene, Saki Saijo; Hiroaki Yoshizawa; Masaki Kakiage; Takeshi Yamanobe; Hiroki Uehara; Pingfan Chen; Yutaka Kobayashi, S-Membrane International Conference 2019, 2019年09月06日
  • Effect of polyethylene tie molecules on actuator function, Hiroaki Yoshizawa; Daiki Nara; Masaki Kakiage; Takeshi Yamanobe; Hiroki Uehara; Hiroyasu Masunaga; Koki Aoyama, S-Membrane International Conference 2019, 2019年09月06日
  • Effect of heating on the structure and physical properties of poly(vinyl alcohol) fiber, Hiroto Suda; Tomoya Omata; Hiroaki Yoshizawa; Masaki Kakiage; Hiroki Uehara; Takeshi Yamanobe, S-Membrane International Conference 2019, 2019年09月06日
  • Evaluation of physical properties of polylactic acid / modified cyclodextrin complex, Hayata TAKEDA; Yoshihisa TAKADA; Daisuke NAGAI; Masaru YONEYAMA; Hiroki UEHARA; Takeshi YAMANOBE; Keiko TAKAHASHI, The 19th International Cyclodextrin Symposium, 2018年04月28日
  • ポリ(エチレン-スチレン)ランダム共重合体フィルムの変形過程における構造変化のin-situ X線計測, 嶋月乃; 増田綾子; 山延 健; 上原宏樹; 増永啓康; 青山光輝, エラストマー討論会, 2018年11月29日, 名古屋
  • 特殊構造ポリオレフィン膜の延伸過程におけるin-situ X 線計測, 澳塩朋輝; 奈良大樹; 山延健; 上原宏樹; 竹内大介; 小坂田耕太郎, 繊維学会年次大会, 2018年06月14日, 東京
  • アシルヒドラゾンモノマーを用いた高分子主鎖構築反応と側鎖交換反応の並列制御, 小林寿稔; 中村謙斗; 永井大介; 山延健, 繊維学会年次大会, 2018年06月13日, 東京
  • 含硫黄ポリビニルアルコール誘導体を用いた白金族相互分離挙動, 野中優衣; 秋山拓海; 高橋里奈; 永井大介; 山延健, 繊維学会年次大会, 2018年06月13日, 東京
  • トリメチルシクロデキストリン添加によるポリ乳酸の構造・物性の変化, 武田隼太; 高田佳尚; 永井大介; 米山賢; 上原宏樹; 山延健; 高橋圭子, 繊維学会年次大会, 2018年06月14日, 東京
  • ポリオキシメチレン共重合体フィルムの延伸挙動の解明と二軸延伸膜の創製, 奈良大樹; 山下秀之; 山延健; 上原宏樹; 池田剛志, 繊維学会年次大会, 2018年06月14日, 東京
  • in-situ X 線測定から評価した直鎖状低密度ポリエチレンの刺激応答性と延伸による高次構造形成, 吉澤宏亮; 奈良大樹; 山延健; 上原宏樹; 青山光輝; 増永啓康; 林直毅; 平岡牧, 繊維学会年次大会, 2018年06月14日, 東京
  • 超高分子量ポリエチレン溶融二軸延伸薄膜および多孔質膜の構造解析と大面積化, 東宮大貴; 清水由惟; 奈良大樹; 山延健; 上原宏樹, 繊維学会年次大会, 2018年06月14日, 東京
  • 半芳香族ポリアミドを充填したポリアミド6 の摩擦摩耗挙動, 小俣智弥; 山延健; 上原宏樹; 撹上将規; 鎌田優那, 繊維学会年次大会, 2018年06月14日, 東京
  • 量子ビーム照射による高分子膜の構造・物性の変化, 増田彩香; 岩淵龍之介; 上原宏樹; 山延健; 林菜月; 瀬古典明, 繊維学会年次大会, 2018年06月14日, 東京
  • in-situX 線計測を用いたポリ(エチレン-スチレン)ランダム共重合体膜の変形応答解析, 福嶋月乃; 増田綾子; 山延健; 上原宏樹; 増永啓康; 青山光輝, 繊維学会年次大会, 2018年06月14日, 東京
  • スチレンスルホン酸ナトリウム骨格をもつハイドロゲルの合成と構造物性, 星野真里奈; 武田隼太; 永井大介; 米山賢; 上原宏; 樹; 山延健; 尾添真治, 繊維学会年次大会, 2018年06月14日, 東京
  • ゴム練りによるバウンドラバー形成と構造・物性評価, 星野郁弥; 岩淵龍之介; 上原宏樹; 山延健; 眞中将一, 繊維学会年次大会, 2018年06月14日, 東京
  • In-situX線計測を用いたポリオキシメチレン系フィルムの延伸過程における結晶構造変化・, 奈良大樹; 山下秀之; 上原宏樹; 山延健; 池田剛志; 増永啓康, 繊維学会秋季研究発表会, 2018年11月01日, 福井
  • In-situX線測定を用いたポリエチレン延伸フィルムの伸縮メカニズムの解明, 吉澤宏亮; 奈良大樹; 西條早紀; 山延健; 上原宏樹; 林直毅; 平岡牧; 青山光輝; 増永啓康, 繊維学会秋季研究発表会, 2018年11月01日, 福井
  • In-situX線計測を用いたポリ(エチレン-スチレン)ランダム共重合体ィルムの一軸変形過程における構造変化の追跡・, 福嶋月乃; 増田綾子; 山延健; 上原宏樹; 増永啓康; 青山光輝, 繊維学会秋季研究発表会, 2018年11月01日, 福井
  • スチレンスルホン酸ナトリウム骨格を有したハイドロゲルの合成とその構造物性, 星野真里奈; 永井大介; 米山賢; 上原宏樹; 山延健; 尾添真治, 繊維学会秋季研究発表会, 2018年11月01日, 福井
  • 高強度ポリアミド繊維で強化したポリアミド6の摩擦摩耗挙動, 小俣智弥; 山延健; 上原宏樹; 撹上将規; 鎌田優那, 繊維学会秋季研究発表会, 2018年11月01日, 福井
  • アシルヒドラゾンモノマーを用いた高分子主鎖構築反応と側鎖交換反応の並列制御, 小林 寿稔; 中村; 謙斗; 永井 大介; 山延 健, 高分子学会年次大会, 2018年05月24日
  • Ru触媒を用いた脂肪族ジアジドと脂肪族ジアルキンからのポリ(1,5- トリアゾール)の合成, 米山 賢; 山延 健; 宮田 彩美, 高分子学会年次大会, 2018年05月25日
  • イオン液体と酸素を用いたキシリレンジアミンからのポリイミンの合成, 米山 賢; 山延 健; 新井 康弘, 高分子学会年次大会, 2018年05月23日
  • 含硫黄ポリビニルアルコール誘導体を用いた白金族相互分離挙動, 野中 優衣; 秋山 拓海; 高橋 里奈; 永井 大介; 山延, 高分子学会年次大会, 2018年05月24日
  • 溶融二軸延伸による超高分子量ポリエチレンの大面積薄膜化と多孔質化, 東宮 大貴; 清水 由惟; 奈良 大樹; 山延 健; 上原 宏樹, 高分子学会年次大会, 2018年05月23日
  • 新規環状ポリオレフィンの製膜と延伸による構造・物性変化, 奈良 大樹; 澳塩 朋輝; 上原 宏樹; 山延 健; 竹内 大介; 小坂田; 耕太郎, 高分子学会年次大会, 2018年05月23日
  • メタロセン系超高分子量ポリエチレンの溶融延伸挙動に与える分子構造の影響., 大西 拓也; 若林; 保武; 稲富; 敬; 阿部; 成彦; 成田; 千尋; 清水 由惟; 上原; 宏樹; 山延 健, 高分子学会年次大会, 2018年05月23日
  • 量子ビーム照射による高分子膜の構造・物性への影響., 増田 彩香; 岩淵; 龍之介; 上原; 宏樹; 山延; 健; 林 菜月; 瀬古 典明, 高分子学会年次大会, 2018年05月23日
  • エチレン-スチレン・ランダム共重合体の二軸延伸による製膜とin-situ X 線測定による引張り特性, 福嶋 月乃; 増田; 綾子; 上原 宏樹; 山延 健; 増永 啓康; 青山光輝, 高分子学会年次大会, 2018年05月23日
  • 脂肪族ジアミンと硫黄からのポリチオアミド合成, 米山 賢; 山延; 健; 森山 愛里紗, 高分子学会年次大会, 2018年05月24日
  • 半芳香族ポリアミド繊維で強化された脂肪族ポリアミドの摩擦摩耗挙動., 小俣 智弥; 上原 宏樹; 山延; 健; 鎌田優那; 撹上 将規, 高分子学会年次大会, 2018年05月25日
  • Entanglement Characteristics Evaluated from Melt-Drawing Behaviors, Hiroki Uehara; Takeshi Yamanobe, Macro 2018 Conference, 2018年07月02日
  • Investigation of Phase Formation during Sretching for Polyoxymethylene-based Film Containing Ethyleneoxide Comonomer, Daiki Nara; Hideyuki Yamashita; Hiroki Uehara; Takeshi Yamanobe; Tsuyoshi Ikeda, Macro 2018 Conference, 2018年07月02日
  • Structural Deformation during Melt-Drawing of Ultra-High Molecular Weight / Normal Molecular Weight Polyethylene Blend Films with Different Entanglement Characteristics, Hidekazu Tanaka; Hiroki Uehara; Takeshi Yamanobe, Macro 2018 Conference, 2018年07月02日
  • Structural Development during Melt-Drawing of Ultra-HighMolecular Weight / Normal Molecular Weight Polyethylene BlendFilms with Different Blend Ratios, Hidekazu Tanaka; Takeshi Yamanobe; Hiroki Uehara, International Polymer Conference, 2018年12月04日
  • Development of Efficient Recovery Material for Precious Metalsand Its Application to Organic-Inorganic Hybrid Materials, Daisuke Nagai; Takeshi Yamanobe, International Polymer Conference, 2018年12月04日
  • Influence of bound rubber on physical properties of syntheticrubber, Fumiya Hoshino; Ryunosuke Iwabuchi; Hiroki Uehara; TakeshiYamanobe, International Polymer Conference, 2018年12月04日
  • SURFACE ION-IMPRINTED POLYMER FOR SELECTIVERECOGNITION OF THORIUM IN ACIDIC CONDITION, Nor Azillah Fatimah; Sarala Selambakkanu; Hiroyuki Hoshina; Noriaki Seko; Takeshi Yamanobe, International Polymer Conference, 2018年12月04日
  • Synthesis of polythioethers from aromatic dialdehydes and sulfurusing indium catalyst and disiloxane as reducing agents, Shunta Kimura; Takeshi Yamanobe; Masaru Yoneyama, International Polymer Conference, 2018年12月04日
  • In触媒とジシロキサン還元剤を用いた芳香族ジアルデヒドと硫黄からのポリチオエーテルの合成, 木村 駿汰; 山延; 健; 米山 賢, 高分子討論会, 2018年09月14日, 札幌
  • 金属配位親水性ポリマーと金属イオンの架橋反応を利用した有機無機複合材料の創製, 永井 大介; 森田 萌子; 島崎 正起; 久保; 彩香; 槙 靖幸; 武野 宏之; 森 勝伸; 上原 宏樹; 山延健, 高分子討論会, 2018年09月14日, 札幌
  • 分子量分布の異なる超高分子量ポリエチレンフィルムの溶融延伸後の冷却結晶化過程におけるin-situ X 線計, 清水 由惟; 高澤; 彩香; 上原; 宏樹; 山延; 健; 大西 拓也; 若林; 保武; 稲富 敬; 阿部; 成彦; 増永; 啓, 高分子討論会, 2018年09月14日, 札幌
  • ポリ乳酸 /修飾シクロデキストリンブレンドにおけるシクロデキストリン分子サイズの影響, 武田 隼太; 山延 健; 上原 宏樹; 高橋 圭子; 米山; 賢; 永井 大介, 高分子討論会, 2018年09月14日, 札幌
  • ポリオキシメチレン系フィルムの延伸過程におけるin-situ X線計測, 奈良 大樹; 山下 秀之; 上原; 宏樹; 山延; 池田; 剛志; 増永 啓康, 高分子討論会, 2018年09月14日, 札幌
  • 混練りがEPDM ゴムの物性に及ぼす影響, 星野 郁弥; 上原 宏樹; 山延 健; 眞中 將一, 高分子討論会, 2018年09月14日, 札幌
  • メタロセン系超高分子量ポリエチレンフィルムの成形条件が溶融延伸挙動および冷却結晶化挙動に与える影響, 清水由惟; 上野雅彦; 上原宏樹; 山延 健; 大西拓也; 若林保武; 稲富 敬; 阿部成彦; 増永啓康, 相模ケイ素・材料フォーラム, 2018年06月29日
  • スチレンスルホン酸ナトリウム骨格をもつハイドロゲルの合成とその構造物性, 星野真里奈; 武田隼太; 永井大介; 米山 賢; 上原宏樹; 山延 健; 尾添真治, 相模ケイ素・材料フォーラム, 2018年06月29日
  • 新規環状ポリオレフィンの製膜と延伸過程における構造変化, 周藤康介; 奈良大樹; 澳塩朋輝; 奈良大樹; 上原宏樹; 山延 健; 竹内大介; 小坂田耕太郎, 相模ケイ素・材料フォーラム, 2018年06月29日
  • 2種類の脂肪族ジアミンと単体硫黄とからのコポリチオアミドの合成とその性質, 米山 賢; 友松 瑛里; 山延 健, 高分子学会年次大会, 2019年05月29日, 大阪
  • 異なる超高分子量ポリエチレン原料のフィルム成形性および溶融延伸性の比較, 渡邊希; 東宮大貴; 山延健; 上原宏樹, 繊維学会年次大会, 2019年06月06日, 東京
  • イオン性ポリウレタンの構造および物性評価, 上村茜; 福嶋月乃; 山延健; 上原宏樹; 氏家誠司, 繊維学会年次大会, 2019年06月06日, 東京
  • 新規6 員環ポリオレフィンの製膜とその物性, 周藤康介; 奈良大樹; 上原宏樹; 山延健; 佐藤圭; 小坂田耕太郎; 竹内大介, 繊維学会年次大会, 2019年06月06日, 東京
  • 促進耐候性試験時の雨を想定した水噴霧がSBRの劣化に与える影響, 狩野真貴子; 飯塚智則; 伊東寛文; 大武義人; 山延 健; 上原宏樹, エラストマー討論会, 2018年11月29日, 名古屋
  • In-situ X 線計測から評価したメタロセン系超高分子量ポリエチレンフィルムの成形条件が溶融延伸挙動に与える効果, 清水 由惟; 上野雅彦; 山延 健; 上原 宏樹; 大西拓也; 若林 保武; 稲富 敬; 阿部 成彦; 増永啓康, 繊維学会年次大会, 2018年06月14日, 東京
  • 直鎖状低密度ポリエチレンの延伸による高次構造形成とin-situ X 線測定による刺激応答性能, 吉澤 宏亮; 奈良 大樹; 山延; 健; 上原 宏樹; 青山; 光輝; 増永; 啓康; 平岡; 牧; 林 直毅, 高分子学会年次大会, 2018年05月23日
  • スチレンスルホン酸ナトリウム骨格を有するハイドロゲルの合成と構造物性, 星野 真里奈; 武田 隼太; 永井 大介; 米山; 賢; 上原; 宏樹; 山延; 健; 尾添; 真, 高分子学会年次大会, 2018年05月24日
  • Evaluation of physical properties of polylactic acid / modifiedcyclodextrin complex, Hayata Takeda; Daisuke Nagai; Masaru Yoneyama; Hiroki Uehara; Takeshi Yamanobe; Keiko Takahashi, International Polymer Conference, 2018年12月04日
  • m-キシリレンジアミン、1,6-ヘキサメチレンジアミン、 硫黄とからのコポリチオアミドの合成とその特性, 米山 賢, 山延 健, 霜田遥香, 第69回高分子学会年次大会, 2020年05月29日, 2020年05月27日, 2020年05月29日
  • バイモーダルな分子量分布を有する超高分子量ポリエチレ ンの溶融延伸挙動の in-situ測定, 髙澤 彩香, 吉澤 宏 亮, 撹上 将規, 上原 宏樹, 山延 健 , 清水 由惟, 大西 拓也, 若林 保武, 稲富 敬, 阿部 成彦, 青山 光輝, 増永 啓康, 第69回高分子学会年次大会, 2020年05月27日, 2020年05月27日, 2020年05月29日
  • 超高分子量ポリエチレン溶融二軸延伸フィルムからの溶融 延伸…, 和久井瑛登, 東宮大貴, 撹上 将規, 上原 宏樹, 山延 健, 第69回高分子学会年次大会, 2020年05月27日, 2020年05月27日, 2020年05月29日
  • π共役系超分子の昇温および降温過程における相転移挙 動の in-situ 解析, 比田井 友紀, 西條 早紀, 撹上 将 規, 上原 宏樹, 山延 健, 林 和宏, 鈴木一正, 加藤 真一郎, 青山 光輝, 増永 啓康, 第69回高分子学会年次大会, 2020年05月27日, 2020年05月27日, 2020年05月29日
  • エチレン-アクリル酸共重合体およびアイオノマーの応力・ひ ずみ挙動解析, 鶴貝 巧, 福嶋 月乃, 撹上 将規, 上 原 宏樹, 山延 健, 青山 光輝, 増永 啓康, 第69回高分子学会年次大会, 2020年05月27日, 2020年05月27日, 2020年05月29日
  • 潤滑油組成が高分子トライボロジーに与える効果, 樋口 敦也, 小俣 智弥, 撹上 将規, 上原 宏樹, 山延 健, 大沼田 靖之, 田川 一生, 第69回高分子学会年次大会, 2020年05月29日, 2020年05月27日, 2020年05月29日
  • ポリビニルアルコール不織布を用いた炭化ホウ素繊維の作 製, 田 雄介, 須田 裕斗, 撹上 将規, 上原 宏樹, 山延 健, 第69回高分子学会年次大会, 2020年05月29日, 2020年05月27日, 2020年05月29日
  • バイモーダルな分子量分布をもつ超高分子量ポリエチレ ンの溶融延伸, 髙澤 彩香, 撹上 将規, 上原 宏樹, 山延 健 , 清水 由惟, 大西 拓也, 若林 保武, 稲富 敬, 阿部 成彦, 第29回ポリマー材料フォーラム, 2020年11月26日, 2020年11月26日, 2020年11月27日
  • 溶融プロセスによる高強度ポリエチレン繊維の作製, 撹上 将規, 上原 宏樹, 山延 健, 第29回ポリマー材料フォーラム, 2020年11月26日, 2020年11月26日, 2020年11月27日
  • ポリプロピレン・プレス成形フィルムの変形機構, 西條 早 紀, 撹上 将規, 山延 健, 上原 宏樹, 陳 平凡, 小 林 豊, 第29回ポリマー材料フォーラム, 2020年11月26日, 2020年11月26日, 2020年11月27日
  • 異なる化学組成を有するポリウレタン・エラストマーの引張り 変形過程における構造変化と物性発現, 田辺 智輝, 上村 茜, 新田 紗也花, 撹上 将規, 上原 宏樹, 山延 健, 石黒 正, 第29回ポリマー材料フォーラム, 2020年11月27日, 2020年11月26日, 2020年11月27日
  • コモノマー組成がポリオキシメチレン共重合体フィルムの 配向結晶化挙動に及ぼす影響, 島袋 航, 周藤 康介, 撹上 将規, 上原 宏樹, 山延 健, 池田 剛志, 第29回ポリマー材料フォーラム, 2020年11月27日, 2020年11月26日, 2020年11月27日
  • ポリアルキルメタクリレートを添加した潤滑油が高分子材料 の摩擦摩耗挙動に与える影響, 樋口 敦也, 撹上 将 規, 上原 宏樹, 山延 健, 大沼田 靖之, 田川 一生, 第29回ポリマー材料フォーラム, 2020年11月27日, 2020年11月26日, 2020年11月27日
  • 摩擦材物性における樹脂成分の影響, 鈴木翔太,増田彩香,撹上 将規,上原宏樹,山延健,中島政 哉,長沼拓,松本益幸,園部哲也, トライボロジー会議2020 秋, 2020年11月11日, 2020年11月11日, 2020年11月13日
  • In-situ X線測定とDSC測定の組み合わせによるπ共役系超分子の融解および結晶化挙動の解析, 比田井友紀,西條早紀,林和宏,撹上将規,上原宏樹,山延健,鈴木一正,加藤真一郎,青山光輝,増永啓康, 第56回熱測定討論会, 2020年10月27日, 2020年10月27日, 2020年10月28日
  • 異なる組成比を有するエチレン-アクリル 酸共重合体およびアイオノマーの引張変 形挙動の追跡, 鶴貝巧, 撹上将規, 上原宏樹, 山延健, 青山光輝, プラスチック成形加工学会第28回秋季大会, 2020年12月02日, 2020年12月01日, 2020年12月02日
  • 6In-situ計測技術によるポリオキシメ チレン共重合体・ブレンドフィルムの 延伸過程に, 島袋航, 周藤康介, 撹上 将規, 上原宏樹, 山延健, 池田剛志, プラスチック成形加工学会第31回年次大会, 2020年06月25日, 2020年06月24日, 2020年06月25日
  • 超高分子量ポリエチレンフィルムの分子 鎖絡み合い特性に及ぼす原料パウダー の影響, 渡邊希, 撹上将規, 山延健, 上原宏樹, プラスチック成形加工学会第28回秋季大会, 2020年12月02日, 2020年12月01日, 2020年12月02日
  • 超高分子量ポリエチレンの溶融延伸性に 与えるバイモーダルな分子量分布の影 響, 髙澤彩香, 撹上将規, 上原宏 樹, 山延健, 清水由惟, 大西拓 也, 若林保武, 稲富敬, 阿部成彦, プラスチック成形加工学会成形加工シンポジア, 2020年12月02日, 2020年12月01日, 2020年12月02日
  • 溶融紡糸・延伸によるポリエチレン繊維 の作製と高強度化, 撹上将規, 上原宏 樹, 山延健, プラスチック成形加工学会成形加工シンポジア, 2020年12月02日, 2020年12月01日, 2020年12月02日
  • In-situ 測定によるバイモーダルな分子量分布を有 する超高分子量ポリエチレンの溶融延伸挙動の追 跡, 髙澤彩香, 吉澤宏亮, 撹 上将規, 上原宏樹, 山延健, 清水由惟, 大西拓也 , 若林保武 , 稲 富 敬 , 阿部成彦 , 青山光輝, 増永啓康, 2020年度繊維学会年次大会, 2020年06月11日, 2020年06月10日, 2020年06月12日
  • ポリオキシメチレン共重合体・ブレンドフィルムの延 伸過程における配向結晶化の in-situ 計測, 島袋航, 周藤康介, 撹上将規, 上 原宏樹, 山延健, 池田剛志, 2020年度繊維学会年次大会, 2020年06月10日, 2020年06月10日, 2020年06月12日
  • 組成比の異なるエチレンーアクリル酸共重合体およ びアイオノマーにおける応力 ・ひずみ挙動の解 析, 鶴貝巧, 福嶋月乃, 撹上 将規, 上原宏樹, 山延健, 青山 光輝, 増永啓康, 2020年度繊維学会年次大会, 2020年06月10日, 2020年06月10日, 2020年06月12日
  • 超高分子量ポリエチレン融体の配向/緩和サイクル による構造変化, 大森健太, 渡邊希 , 撹 上 将 規 , 上 原 宏 樹 , 山 延 健 , 青山光輝, 増永啓康, 2020年度繊維学会年次大会, 2020年06月11日, 2020年06月10日, 2020年06月12日
  • 超高分子量ポリエチレン二軸延伸フィルムからの溶 融延伸挙動, 和久井瑛登, 東宮大貴 , 撹上将規 , 上 原 宏 樹 , 山延健 , 青山光輝, 増永啓康, 2020年度繊維学会年次大会, 2020年06月11日, 2020年06月10日, 2020年06月12日
  • 摩擦材の摩擦・摩耗挙動における樹脂成分の効 果, 鈴木翔太, 増田彩香, 撹上将規, 上原宏樹, 山延健, 中島政哉, 長沼拓, 松本益幸, 園部哲也, 2020年度繊維学会年次大会, 2020年06月11日, 2020年06月10日, 2020年06月12日
  • イオン性ポリウレタンの延伸過程における構 造変化のin-situ X線解析, 上村茜,福 嶋月乃,撹上将規,上原宏樹,山延健, 氏家誠司, 青山光輝,増永啓康, 2020繊維学会秋季研究発表会, 2020年11月05日, 2020年11月05日, 2020年11月06日
  • ポリビニルアルコール不織布を用いた繊維状 炭化ホウ素の作製, 依田雄介,須田裕 斗,撹上将規,上原宏樹,山延健, 2020繊維学会秋季研究発表会, 2020年11月05日, 2020年11月05日, 2020年11月06日
  • 超高分子量ポリエチレン融体への周期的な配 向/緩和による構造変化, 大森健太, 渡邊希,撹上将規,上原宏樹,山延健, 増永啓康,青山光輝, 2020繊維学会秋季研究発表会, 2020年11月06日, 2020年11月05日, 2020年11月06日

産業財産権

  • 特許権, 超高分子量ポリエチレン製フィルムの製造方法, 上原宏樹; 山延健; 田村拓也, -
  • 特許権, ポリテトラフルオロエチレン延伸フィルムの製造方法およびポリテトラフルオロエチレン延伸フィルム, 上原宏樹; 山延健; 荒瀬友貴; 樋口義明; 湯川裕正; 深澤寧司, -
  • 特許権, 多孔フィルムの製造方法, 永井雅之; 上原宏樹; 山延健; 坂村拓映, -
  • 特許権, ポリ乳酸ステレオコンプレックス結晶の製造方法、ポリ乳酸、その成形体、合成繊維、多孔体およびイオン伝導体, 上原宏樹; 山延健; 唐木由佑, -
  • 特許権, ポリ乳酸微粒子の製造方法、ポリ乳酸微粒子、並びにこれを用いた結晶核剤及び成形体, 上原宏樹; 山延健, -
  • 特許権, ポリエチレン製多孔質膜の製造方法およびポリエチレン製多孔質膜, 上原宏樹; 山延健, -

受賞

  • The bronze award of poster presentation, Asian and Oceanian Cyclodextrin League, 2019年09月01日


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.