研究者データベース

関 庸一
セキ ヨウイチ
情報学部
教授
Last Updated :2022/04/08

研究者基本情報

研究者

  • 氏名

    関 庸一, セキ ヨウイチ

所属

  • 情報学部, 教授

基本情報

  • 研究者氏名(日本語)

    関, 庸一
  • 研究者氏名(カナ)

    セキ, ヨウイチ

論文上での記載著者名

  • Yoichi Seki

使用外国語

  • 発表に使用する外国語

    英語
  • 執筆に使用する外国語

    英語

所属

  • 群馬大学, 教授
  • 群馬大学, 情報学部, 教授

所属部局等

  • 所属情報

    情報学部
  • 職名情報

    教授

学歴

  • 1988年, 早稲田大学, 理工学研究科, 機械工学専攻工業経営学専門分野 博士後期課程
  • 1982年, 早稲田大学, 理工学部, 数学科

学位

  • 工学博士
  • 工学博士

所属学協会

  • 日本経営工学会
  • 日本品質管理学会
  • 日本オペレーションズ・リサーチ学会
  • 応用統計学会
  • Institute for Operations Research and the Management Sciences
  • 日本マーケティング・サイエンス学会
  • 日本人工知能学会

経歴

  • 1987年, 1990年, 早稲田大学 助手
  • 1990年, 1991年, 群馬大学助手 工学部(情報工学科)
  • 1991年, 2002年, 群馬大学助教授 工学部(情報工学科)
  • 2002年03月, 9999年, 群馬大学教授 工学部(情報工学科)

共同研究・希望テーマ

  • データマイニング, 産学連携,民間を含む他機関との共同研究, 技術相談:可, 共同研究:可, その他:不可
  • 統計的品質管理, 産学連携,民間を含む他機関との共同研究, 技術相談:可, 共同研究:不可, その他:不可

研究活動情報

研究分野

  • 情報通信, 統計科学
  • 自然科学一般, 応用数学、統計数学

研究キーワード

  • データマイニング
  • 統計的品質管理
  • 経営工学
  • データ解析

論文

  • 大規模経営情報の生む可能性, 関 庸一, 2019年07月, 経営システム, Vol.29, No.1, 43, 48
  • Price percolation model, Yasuhiro Kanai; Keiji Abe; Yoichi Seki, 2015年06月, PHYSICA A-STATISTICAL MECHANICS AND ITS APPLICATIONS, 427, issue 1, 226, 233, 研究論文(学術雑誌)
  • Prediction of Care Class by Local Additive Reference to Prototypical Examples, T. Miyano; T. Tsutsui; Y. Seki; S. Higashino; H. Taniguchi, 2005年12月, IEEE Transactions on Information Technology in Biomedicine, 9, 4, 502, 507, 研究論文(学術雑誌)
  • A Community-led Development and Implementation of "Low-speed Electric Bus" for Local Revitalization, Kenji Amagaia; Takayuki Takarada; Yoichi Seki; Masato Funatsu; Shuji Matsumura; Hiroto Kotake; Hiroyuki Uesaka; Kenichi Kawamura; Kikuo Nezu; Tokushi Nakashima; Masahiro Munemura; Yasuo Kawabata; Masayuki Horioi, 2014年, Energy Procedia, INTERNATIONAL CONFERENCE ON APPLIED ENERGY, ICAE2014, 61, 1468, 1471, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 食品スーパーの多様性と顧客購買行動との関係分析, 川名純平; 諏訪竜也; 関 庸一, 2018年, 日本オペレーションズ・リサーチ学会和文論文誌, 61, 23, 44, 研究論文(学術雑誌)
  • Ensemble anomaly detection from multi-resolution trajectory features, Shin Ando; Theerasak Thanomphongphan; Yoichi Seki; Einoshin Suzuki, 2015年01月, Data Mining and Knowledge Discovery, 29, 1, 39, 83, 研究論文(学術雑誌)
  • 低炭素移動手段として開発した低速電動バスの導入と地域コミュニティの活性化, 小竹裕人; 関庸一; 群馬大; 天谷賢児; 宝田恭之; 根津紀久雄; 法人北関東産官学研究会; 清水宏康; 宗村正弘; 株式会社シンクトゥギャザー, 2016年, 日本エネルギー学会誌, 95, 11, 980, 986, 研究論文(学術雑誌)
  • 特徴的部分系列に基づく時系列および形状系列の判別分析, 須賀佑太朗; 関庸一; 安藤晋, 2015年, 情報処理学会論文誌 数理モデル化と応用, Vol.8, No.2, 66, 76
  • Evaluation of Micro EV’s Spreading to Local Community by Multinomial Logit Model, Yoichi Seki; Luis C. Manrique; Kenji Amagai; Takayuki Takarada, 2012年, Industrial Engineering & Management Systems, Industrial Engineering & Management Systems, 11, 2, 147, 153
  • 地域医療データバンクレセプトデータを活用した病院選択行動のロジット分析, 仁藤慎也; 藍原雅一; 関 庸一, 2014年, 医療情報学, Vol.33, No.5, 243, 251
  • Analysis for Activation of Old Shopping Streetsbased on the Surveys of Citizens and Storekeepers,, Gao Wa; Yoichi Seki; Kenji Amagai; Takayuki Takarada, 2014年, International Journal of Marketing Studies, International Journal of Marketing Studies, Vol. 6, No. 2, 92, 101
  • 価格-販売量推移曲線のモデル化と活用法―民生エレクトロニクス関連製品への適用―,, 金井康弘; 阿部圭司; 関庸一, 2014年, 日本オペレーションズ・リサーチ学会和文論文誌, Vol. 57, 44, 66
  • Use of capillary electrophoresis with dual-opposite end injection for simultaneous analysis of small ions in saliva samples from wrestlers undergoing a weight training program, Masanobu Mori; Fumi Ishikawara; Toshihiro Tomoda; Sachiko Yamada; Minako Okamoto; Hideyuki Itabashi; Yoichi Seki; Ryutaro Matsumoto; Yoshifumi Shoho; Larasati Martha; Hiroyuki Sumino; Masami Murakami, 2016年02月, JOURNAL OF CHROMATOGRAPHY B-ANALYTICAL TECHNOLOGIES IN THE BIOMEDICAL AND LIFE SCIENCES, 1012, 178, 185, 研究論文(学術雑誌)
  • Relationship between Word-of-Mouth Network and Behavioral Tendency - Preliminary Research for Local Downtown Activation, Gao wa; Yoichi seki; Takayuki takarada, 2013年, International Journal of Marketing Studies, International Journal of Marketing Studies, Vol. 5, No. 5, 1, 11
  • サンプルの所属度に応じた可変自己組織化マップ, 多賀谷侑史; 安藤晋; 関 庸一, 2012年, 情報処理学会論文誌. 数理モデル化と応用, 5, 3, 1, 13
  • 一般化線形モデルによる価格弾力性推定に基づく粗利最大化, 関 庸 一; 亀倉大和, 2012年, 日本経営工学会誌, 63, 3, 147, 153
  • 贅沢度デシルに基づく百貨店におけるブランドマトリックス構成法, 井上孝; 石川雄大; 関 庸一, 2011年, オペレーションズ・リサーチ, 56, 2, 91, 97
  • 世帯特性と素材特性を考慮した階層的メニューレコメンデーション システム, 中村友哉; 清水美和; 藍原雅一; 安藤普; 関 庸一, 2010年, オペレーションズ・リサーチ, 55, 2, 91, 97
  • 多量の入札履歴からの落札額分布推定, 関 庸一; 阿左美 尚志, 2009年02月, オペレーションズ・リサーチ, 54, 2, 58, 64
  • SOMによるファン層の解析に基づくCD購買予測モデルの作成, 五反田 剛; 石井 良和; 原 健一郎; 関 庸一, 2007年02月, オペレーションズ・リサーチ, 52, 2, 87, 93, 研究論文(学術雑誌)
  • 自己組織化マップによる行動履歴の類型化 - クレジットカード利用履歴を利用したキャッシング移行予測-, 関 庸 一; 長井 歩; 石原 淳一郎; 渡邊 亮, 2006年, 日本経営工学会誌, 57, 5, 404, 412, 研究論文(学術雑誌)
  • 買回りタイプによる顧客購買行動の理解, 渡邊 亮; 北村 裕人; 星野 直人; 関 庸一, 2005年, オペレーションズ・リサーチ, 50, 9, 644, 653, 研究論文(学術雑誌)
  • 事象系列のストリング分析 - 百貨店における買回り行動の分析, 関 庸一; 小茂田 宏; 石原淳一郎, 2004年, オペレーションズ・リサーチ, 49, 2, 67, 74, 研究論文(学術雑誌)
  • 交互作用基準による再帰分割線形モデル, Yoichi Seki; Isamu Nojima, 2004年, 応用統計学, Japanese journal of applied statistics, 33, 2, 111, 130, 研究論文(学術雑誌)
  • ID付きPOSデータからの顧客行動パタンの抽出, 関 庸一, 2003年, オペレーションズ・リサーチ, 48, 2, 75, 82, 研究論文(学術雑誌)
  • 混合効果モデルによる異常劣化モニタリング法, 関 庸一; 下田 祐紀夫; エルニ ドゥイ スマヤティ, 2002年, 品質, 32, 4, 100, 110
  • 要介護認定一次判定方式の基礎となった統計モデルの妥当性, 関 庸一; 筒井 孝子; 宮野 尚哉, 2000年11月30日, 応用統計学, Ouyou toukeigaku, 29, 2, 101, 110, 研究論文(学術雑誌)
  • Transient behavior of a single-stage kanban system based on the queueing model, Yoichi Seki; Naoto Hoshino, 1999年04月, International Journal of Production Economics, 60-61, 369, 374, 研究論文(学術雑誌)
  • Nonparametric tests based on contrasts for d-star, bipartite and broom tree alternatives, Naoto Hoshino; Seki Yoichi, 1997年01月, Communications in Statistics - Theory and Methods, 26, 1, 129, 138, 研究論文(学術雑誌)
  • MDL基準に基づく正規母集団変化時点検出に関する研究, 関 庸一; 橋本 巧, 1996年, 日本経営工学会誌, 47, 3, 192, 198, 研究論文(学術雑誌)
  • MDL基準に基づく半順序対立仮説の検定法, Naoto HOSHINO; Yoichi SEKI, 1996年, 応用統計学, Japanese journal of applied statistics, 25, 1, 3, 16, 研究論文(学術雑誌)
  • A test based on mdl criterion for comparing increasing dose levels with a zero dose control, Naoto Hoshino; Yoichi Seki, 1996年01月, Communications in Statistics - Theory and Methods, 25, 8, 1729, 1744, 研究論文(学術雑誌)
  • Lot scheduling problem for continuous demand, Yoichi Seki; Keiji Kogure, 1996年06月, International Journal of Production Economics, 44, 1-2, 7, 15, 研究論文(学術雑誌)
  • 多元分割表の連関分析について : 調査データの数量化法に関する研究, 辻谷将明; 関 庸一; 宮崎晴夫, 1995年04月, 日本経営工学会誌, 46, 1, 13, 20, 研究論文(学術雑誌)
  • On the level probabilities for useful partially ordered alternatives in the analysis of variance, Hoshino Naoto; Miyazaki Haruo; Seki Yoichi, 1995年01月, Communications in Statistics - Theory and Methods, 24, 8, 2059, 2071, 研究論文(学術雑誌)
  • Lattice path counting and M/M/c queueing systems, Kiyoshi Muto; Haruo Miyazaki; Yoichi Seki; Yoshihiro Kimura; Yukio Shibata, 1995年03月, Queueing Systems, 19, 1-2, 193, 214, 研究論文(学術雑誌)
  • 複合品の計数規準型-回抜取検査方式の設計, 宮崎晴夫; 関 庸一; 嶋田正道, 1992年, 日本経営工学会誌, 42, 6, 413, 419, 研究論文(学術雑誌)
  • 線形構造をもつ評定項目の評定空間の構成 : 評定法による評定データの数量化に関する研究, 関 庸一; 宮崎 晴夫; 十代田 三知男, 1988年, 日本経営工学会誌, 39, 3, 184, 研究論文(学術雑誌)
  • 最尤法による評定空間の構成, 関 庸一; 宮崎晴夫; 十代田三知男, 1989年, 日本経営工学会誌, 39, 6, 398, 403, 研究論文(学術雑誌)
  • Effect of factory automation on worker's desires in manufacturing industry, RINTARO MURAMATSU; MICHIO SOSHIRODA; HARUO MIYAZAKT; KAZUYOSHI ISHII; YOUTCHI SEKI, 1987年02月, International Journal of Production Research, 25, 2, 273, 284, 研究論文(学術雑誌)
  • Principal Components and Principal Clusters, Haruo Miyazaki; Youichi Seki, 1987年05月, Journal of Information and Optimization Sciences, 8, 2, 189, 199, 研究論文(学術雑誌)
  • 評定カテゴリーおよび評定対象間の類似度による評定空間の構成とその商品ブランドイメージ数量化への応用 : 評定法による評定データの数量化方式に関する研究, 関 庸一; 宮崎 晴夫; 十代田 三知男, 1987年, 日本経営工学会誌, 38, 5, 334, 339, 研究論文(学術雑誌)
  • 評定法による評定データの数量化方式に関する研究, 関 庸一; 宮崎 晴夫; 十代田 三知男, 1986年, 日本経営工学会誌, 37, 5, 289, 294
  • 高齢者居住地域に導入された低速電動バスによる地域の自然発生的な見守り効果, 小竹裕人; 舩津賢人; 天谷賢児; 関 庸一; 宝田恭之; 根津紀久雄; 佐羽宏之; 登丸貴之; 大橋 司; 清水宏康; 宗村正弘, 2019年10月, 社会安全とプライバシー, 3, 1, 15, 27, 研究論文(学術雑誌)
  • Extraction of Health Condition Type from Personal Histories of Specific Medical Examination, Naoki Ikabata; Yoichi Seki; Junya Hujisaki; Takashi Sanada; Azusa Kamachi; Mika Tanigawa, 2019年07月31日, Total Quality Science, 4, 3, 138, 147, 研究論文(学術雑誌)
  • DEA法による公立病院の効率性の分析, 藍原雅一; 小林貴子; 関 庸一, 2010年, 日本医療経営学会誌, 4, 1, 51, 59, 研究論文(学術雑誌)
  • MDL基準による用量水準比較のためのノンパラメトリック検定, 星野 直人; 関 庸一, 2001年, 計算機統計学, 14, 1, 45, 55
  • 工具が摩耗と欠損の 2つのモードで寿命になる場合の経済的切削速度と工具交換時期の研究, 下田祐紀夫; 櫻井文仁; 関 庸一; 植村清司, 2000年, 日本経営工学会誌, 50, 6, 445, 454, 研究論文(学術雑誌)
  • 極値分布に基づく評定空間の構成, 関 庸一; 宮崎晴夫, 1992年, 日本経営工学会誌, 43, 5, 413, 419, 研究論文(学術雑誌)
  • LOGMAPによる対象布置の再現程度について, 関 庸一, 1989年, マーケティング・サイエンス, 34, 35, 43, 研究論文(学術雑誌)
  • 複合部品の計数一回抜取検査法の設計, 宮崎 晴夫;関 庸一;嶋田 正道, 1991年, 日本経営工学会誌, Journal of Japan Industrial Management Association, 42, 3

MISC

  • 大規模データから知恵を引き出す - データマイニングと樹形モデル, 関 庸一, 2004年, 品質, Vol.34, No.2, 150, 156
  • Frontier Leadership Program for Engineering Students in Gunma University, Shunichi Ishijima; Naoto Shimizu; Tsuyoshi Masuda; Yoichi Seki; Seiji Tobita, 2012年, Journal of Engineering Education Research, 15, 4, 21, 25
  • Discrete Choice Model in the Big Data Era―Creating Abundant Datasets about Choice Situations―, Yoichi SEKI, 2013年, Journal of Japan Industrial Management Association, 64, 2E, 343, 347
  • 適応型局所非線形近似手法の要介護認定への応用, 宮野 尚哉; 筒井 孝子; 関 庸一; 谷口 仁志, 2000年07月13日, 電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題, IEICE technical report. Nonlinear problems, 100, 205, 19, 25

書籍等出版物

  • クオリティマネジメント用語辞典, 日本規格協会, 2004年
  • シミュレーション工学, 朝倉書店, 2007年, ISBN: 9784254228342
  • 実験計画法入門, ソフトバンククリエイティブ, 2007年, ISBN: 9784797342789

講演・口頭発表等

  • A Method to extract customer behavior patterns from POS data including customer ID, 16th Asia Quality Symposium,pp.33-44, 2002年
  • State Diffusion Model on SOM map based on Multinomial Logistic Model, 4th World Conference of the International Association for Statistical Computing, 2008年
  • ACE: Anomaly Clustering Ensemble for Multi-perspective Anomaly Detection in Robot Behaviors, SIAM Conference on Data Mining, 2011年
  • Evaluation of Micro EV's Spreading to Local Community by Multinomial Logit Model, The Twelfth Asia Pacific Industrial Engineering and Management Systems Conference(12th APIEMS), 2011年
  • An analysis of the fluctuation in electronic component prices using a price percolation model, The 14th Asia Pacific Industrial Engineering and Management Systems Conference, 2013年
  • Extraction of health condition type from personal histories of specific medical examination, 15th ANQ Congress, Sep 20-21, 2017,, 2017年
  • A Method to extract customer behavior patterns from POS data including customer ID, 16th Asia Quality Symposium,pp.33-44, 2002年
  • 介護保険サービスの高齢者心身状態への影響の二段階SOMによる分析, 日本品質管理学会研究発表要旨集, pp.87-90, 2006年
  • ホットスポットによる平面領域クラスタリング, 日本経営工学会平成17年度秋季研究大会予稿集, pp.60-61, 2005年
  • クレジットカード利用履歴を利用したキャッシング移行予測, 経営情報学会2005年春季研究発表大会予稿集, pp.S56-S59, 2005年
  • 不整合時系列データからの変化の抽出 - 介護サービスの心身状態に与える影響の分析, 日本品質管理学会研究発表要旨集, pp.109-112, 2004年
  • 重み付き距離によるk-NN平滑化回帰, 日本経営工学会秋季研究大会予稿集, pp.78-79, 2002年
  • SOMノード群上での回帰モデル統合, 日本経営工学会春季大会予稿集, pp.150-151, 2004年
  • 自己組織化マップによる消費者行動履歴の分析, 日本マーケティング・サイエンス学会第79回研究大会, 2006年
  • 要介護認定調査結果から得られる高齢者類型と介護保険サービス利用の関係, 日本品質管理学会研究発表要旨集, pp.15-18, 2004年
  • ID付きPOSデータからの顧客購買行動パタンの発見, 日本オペレーションズ・リサーチ学会 秋季研究発表会アブストラクト集, pp.166-167, 2002年
  • 自己組織化マップによる消費者行動履歴の分析, 日本マーケティング・サイエンス学会第79回研究大会, 2006年
  • 地図上ポテンシャルからの支配領域構成法, 統計関連学会連合大会 講演報告集, pp.88, 2006年
  • 交互作用基準による再帰分割線形モデル, 統計関連学会連合大会 講演報告集, pp.123, 2007年
  • WEBアクセスログデータからの情報取得行動の分析, 日本経営工学会平成17年度秋季研究大会予稿集, pp.96-97, 2007年
  • The Method of Measuring the Nursing Care Needs of the Elderly with the Application of a Mathematical Model in Japan's New Public Long-Term Care Insurance System, 53rd Annual Scientific Meeting of The Gerontological Society of America,pp.374, 2000年
  • 高齢者介護負担感の樹形モデルによる解析, 日本経営工学会秋季研究大会予稿集, pp.101-102, 2000年
  • 線形項を含む樹形回帰モデルにおけるモデル選択算法, 日本品質管理学会 第30回年次大会研究発表会予稿集, pp.121-124, 2000年
  • 要介護認定一次判定ロジックの基礎となった統計モデルの妥当性, 日本計量生物学会・応用統計学会2000年度合同年次大会予稿集, pp.131-138, 2000年
  • State Diffusion Model on SOM map based on Multinomial Logistic Model, 4th World Conference of the International Association for Statistical Computing, 2008年
  • クレジットカード利用履歴データを用いた顧客の破綻の予測に関する研究, 日本経営工学会平成20年度秋季研究大会 予稿集, pp.292-293, 2008年
  • 競争入札における落札率の二重指数分布による推定, 日本マーケティング・サイエンス学会 84回研究大会, 2008年
  • 医療マーケッティングにおける大規模レセプトデータベースの活用法, 日本経営工学会平成21年度春季研究大会 予稿集, pp.22-23, 2009年
  • 極値分布による落札額分布推定法, 2008年度 統計関連学会連合大会講演報告集, pp.183, 2008年
  • 口コミネットワークと行動習慣の関係, 日本経営工学会平成21年度秋季研究大会予稿集, pp.40-41, 2009年
  • サンプルの所属度に応じた可変自己組織化マップ, 情報処理学会数理モデル化と問題解決研究会, 2010年
  • サンプルの所属分布に応じた可変自己組織化マップ, 日本経営工学会平成21年度秋季研究大会予稿集, pp.162-163, 2009年
  • 消費者ニーズと商店主意識を考慮した商店街再生, 日本経営工学会平成21年度春季大会予稿集, pp.32-33, 2010年
  • 店舗業態評価と来店行動との多項ロジット分析に基づく商店街活性化策, 日本経営工学会平成24年度春季大会予稿集, pp.95-95, 2012年
  • ACE: Anomaly Clustering Ensemble for Multi-perspective Anomaly Detection in Robot Behaviors, SIAM Conference on Data Mining, 2011年
  • Evaluation of Micro EV's Spreading to Local Community by Multinomial Logit Model, The Twelfth Asia Pacific Industrial Engineering and Management Systems Conference(12th APIEMS), 2011年
  • 地理的加重一般化モデルを用いた疾病地図の推定, 2012年度統計関連学会連合大会, 2012年
  • 地域医療データバンクのレセプトデータを活用した病院選択行動のロジット分析, 第32回医療情報学連合大会, 2012年
  • 単位空間が変化する時系列データに対するMT法, 日本品質工学会第40回年次大会研究発表要旨集, pp.153-156, 2010年
  • 時系列データに対する自己相関補正累積MT法, 日本経営工学会平成23年度春季研究大会予稿集, pp.118-119, 2011年
  • An analysis of the fluctuation in electronic component prices using a price percolation model, The 14th Asia Pacific Industrial Engineering and Management Systems Conference, 2013年
  • 人行動分類のための類型パターンに基づく最近傍法, 第93回数理モデル化と問題解決研究発表会, 2013年
  • 予測自己組織化マップによる稠密な時系列気象観測データからの短期降雨予測, 2015年度統計関連学会連合大会講演報告集, p.317, 2015年
  • 特徴的部分系列に基づく系列データの判別分析, 第102回数理モデル化と問題解決研究発表会, 2015年
  • 最尤自己組織化マップによる来店・購買履歴からの顧客行動習慣の抽出, 日本経営工学会平成25年度春季研究大会予稿集, pp.18-19, 2015年
  • Price percolation model による電子部品の市場成長の再現, 日本経営工学会平成24年度秋季研究大会予稿集, pp.94-95, 2014年
  • 特定健康診査データからの健康状態類型の抽出, 日本品質管理学会第110回研究発表会要旨集, pp.137-140, 2016年
  • 最尤自己組織化マップによる計数値ベクトルのセグメンテーション, 統計関連学会連合大会講演報告集, p.112, 2016年
  • 自己組織化マップによる大規模データ中の多様性の把握法, 日本経営工学会秋季大会予稿集, pp.146-147, 2016年
  • Extraction of health condition type from personal histories of specific medical examination, 15th ANQ Congress, Sep 20-21, 2017,, 2017年
  • 就職エントリーの共起分布を用いたSOM による企業推奨法, 日本経営工学会平成25年度秋季研究大会, 2015年
  • 木構造SOMによる予測クラスタリング,, 統計関連学会連合大会, 2017年
  • 自己組織化マップを用いた稼働異常検知アルゴリズム, 日本品質管理学会第47回年次大会研究発表会, 2017年
  • Adaptive SOM anomaly detection for time series data, Tomonori Kitani; Jyun'pei Kawana; Yoichi Seki, The 20th Asia Pacic Industrial Engineering And Management Systems, 2019年12月, 2019年12月02日, 2019年12月05日, 英語
  • 特徴的部分系列に基づく時系列および形状系列の判別分析, 須賀佑太朗; 関庸一; 安藤晋, 情報処理学会論文誌 数理モデル化と応用, 2015年, 2015年, 2015年
  • 1-3 要介護認定調査結果から得られる高齢者類型と介護保険サービス利用の関係(2. 研究発表会の要旨)((社)日本品質管理学会 第34回年次大会), 関 庸一; 筒井 孝子; 松本 博規, 品質, 2005年01月15日, 2005年01月15日, 2005年01月15日, 日本語
  • 2-8 不整合時系列データからの変化の抽出 : 介護サービスの心身状態に与える影響の分析((社)日本品質管理学会第74回研究発表会), 関 庸一; 筒井 孝子; 松本 博規, 品質, 2004年10月15日, 2004年10月15日, 2004年10月15日, 日本語

産業財産権

  • 特許権, 処置データ推定方法及び処置データ推定システム,

受賞

  • 平成19年度データ解析コンペティション 最優秀賞, 2008年
  • 第29回事例研究賞, 2009年
  • 応用統計学会 優秀論文賞, 2005年
  • 平成13年度データ解析コンペティション 優勝, 2002年
  • 日本経営工学会論文奨励賞, 1987年
  • Best paper award of 12th Asia Pacific Industrial Engineering and Management Systems Conference, 2011年
  • 平成22年度データ解析コンペティション 優秀賞, 2011年

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 医療サービス履歴からの個人状態の時間発展の推定とその応用, Estimation of temporal evolution of personal condition from medical service history and its application, 関 庸一, Seki Yoichi, 日本学術振興会, Japan Society for the Promotion of Science, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C), 基盤研究(C), Grant-in-Aid for Scientific Research (C), 群馬大学, Gunma University, 2015年04月, 2018年03月, 実証分析対象として、大阪府和泉市における平成23~平成28年度の医療サービス履歴データ(国民健康保険のレセプトデータ、および、特定健康審査結果)と、当該期間の運動指導プログラムの実施結果を利用した。特定健診データから自己組織化マップにより健康状態類型を抽出し、これとレセプトデータから、類型毎の主要病名、医療費を求めて疾病リスク等を明らかした。さらに、6年間の健康状態変化を検討した結果から、メタボリックシンドロームに相当する個人類型は、医療費、受療率ともに他類型に比べ多いこと、運動指導プログラムは健康状態の改善に寄与することが示唆された。また、最尤法による自己組織化マップの拡張を検討した。, As an empirical analysis, we used the medical service history data (Recept Data of National Health Insurance and Specific Medical Examination Result) of Izumi City, Osaka Prefecture, from FY2011 to FY2016, and data of the exercise instruction program in the period. From the specific medical examination data, the health condition type was extracted by the self-organizing map, and the major disease name and medical cost for each type were obtained using the recept data, and the disease risk etc. of each type was clarified. In addition, as a result of considering the change in health condition type during the 6 years, it is suggested that medical expenses and rates of treatment accepter of the types corresponding to metabolic syndrome is larger than the other types, and that the exercise instruction program contribute to improving health condition. We also studied development of self-organizing map by maximum likelihood method., 15K00435
  • 時空間上の大規模履歴の自己組織化による状態遷移確率モデルの構築, Development of probabilistic transition models using self-organizing of a large-scale histrical data on space-time dimension, 関 庸一, SEKI Yoichi, 日本学術振興会, Japan Society for the Promotion of Science, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C), 基盤研究(C), Grant-in-Aid for Scientific Research (C), 群馬大学, Gunma University, 2011年, 2013年, 大量の時空間履歴データを分析しようとする際の困難は、その履歴の多様性にある。本研究では、履歴群のもつ位相的構造や部分系列の構造を利用することで、履歴の遷移を確率モデルとして抽出する方法論を与えた。具体的には、マップ範囲をデータの位相構造に適合させて変形させる可変自己組織化法(Flexible SOM [FSOM])を開発し、そのマップ上で遷移として履歴を捉える方法などを与えた。得られた方法論は、流通や金融などでのサービス利用履歴や、レセプトなどの医療サービス履歴、都市空間中の移動履歴などの実データで検証し、その有効性を明らかとした。, When we analyze a large-scale historical data on space-time dimension, there is the difficulty with the variety of the history. In this study, we proposed methodologies to develop probabilistic models of the transitions in histories, using their topological structure and the structure of the subsequence of history. We develop flexible self-organization map (FSOM), which is a SOM whose map range is automatically adjusted by the topological structure of history. Transitions in histories are grasped by the structure derived from the FSOM and so on. We verified our methodologies with the real world data, for example, service use history in merchandising or the finance business, health care service histories such as the receipt, and movement histories in city space., 23500344
  • 品質工学(タグチメソッド)の理論と応用に関する学術的研究, Theoretical studies on Taguchi methods and their applications, 田中 研太郎; 宮川 雅巳; 永田 靖; 中西 寛子; 関 庸一; 山田 秀; 仁科 健; 青木 敏; 来島 愛子; 宮川 雅巳; 田中 研太郎, TANAKA Kentaro; NAGATA Yasushi; NAKANISHI Hiroko; SEKI Yoichi; YAMADA Syu; NISHINA Ken; AOKI Satoshi; KURUSHIMA Aiko; MIYAKAWA Masami, 日本学術振興会, Japan Society for the Promotion of Science, 科学研究費助成事業 基盤研究(A), Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (A), 基盤研究(A), Grant-in-Aid for Scientific Research (A), 東京工業大学, Tokyo Institute of Technology, 2007年, 2009年, 本研究では,日本発のマネジメント・オブ・テクノロジーである品質工学(タグチメソッド)を数理的側面から捉え直し,定式化して普遍化していくことで,発展させやすいものに整理していくことを目指し,「SN比の統計的推測」,「直交表実験の計画と解析」,「オンライン品質管理」,「MTシステムの理論研究」の4つのテーマに分けて研究を行った.それぞれについて,「改良型T法の提案」,「変化点による工程診断」,「異常値検出のためのMTシステム」,「過飽和実験計画の構成」などの研究成果を得ることができた., In this research, we investigated the mathematical aspects of Taguchi method. Especially, we studied on the following four topics : i) statistical inference of SN ratio, ii) analysis of orthogonal array, iii) online quality control, iv) theoretical analysis of MT system. As a result, we obtained some new results : an improved version of T method, a new method for diagnosis of process by change-point detection, an application of MT system for outlier detection, a new method for supersaturated designs, and so on., 19201029
  • 大規模履歴データからの因果確率モデル構築のための時間発展類型の抽出, Extraction of developing type for construction of stochastic causality models from large scale historical data set, 関 庸一; 長井 歩, SEKI Yoichi; NAGAI Ayumu, 日本学術振興会, Japan Society for the Promotion of Science, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C), 基盤研究(C), Grant-in-Aid for Scientific Research (C), 群馬大学, Gunma University, 2007年, 2009年, 多量の個人履歴データを用い,行動の類型の上での時間発展の共通性から,個人のクラスターと時間発展モデルを抽出する各種の方法論を提案した.個体集団の細分の方法としては,古典的SOMを用いる方法の事例を検討するとともに,そこで生じた問題点を解決するために,位相的な構造を表現する新たな方法論として,可変自己組織化マップを提案した.また,クラスター上での予測方法として各種の予測モデルを作成した., We propose some methodology to extract individual clusters and developing type's models for construction of stochastic causality models from large scale historical data set. For clustering individual set, we make some cases using classical self-organizing maps, and propose flexible self-organizing maps, as a new method to present intrinsic topological structure of individuals. And we make some prediction models to estimate on the clusters., 19500232
  • 不完全大規模時系列データからの非線形な構造変化の抽出, Extraction of nonlinear structural change of time series from incomplete large-scale data, 関 庸一, SEKI Yoichi, 日本学術振興会, Japan Society for the Promotion of Science, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C), 基盤研究(C), Grant-in-Aid for Scientific Research (C), 群馬大学, Gunma University, 2004年, 2006年, 3年間の研究により、理論的な検討として以下のようなモデルを開発、提案し、提案手法を統計解析言語S上などに実装した。また、行政関連の介護保険関連データでサービス評価の分析、および、マーケティング関連の購買行動履歴POSデータやWebアクセスログデータで顧客の履歴類型の分析などを行い、実務家と方法論の有効性の検証を行なった。さらに、日本オペレーションズ・リサーチ学会の研究部会他が主催した平成16,17,18年度データ解析コンペティションに参加した。以上を通じ、提案手法の有効性を評価した。 1、時系列多変量履歴をもつ個体群の類型化の方法論を検討した。多様な個体履歴を類型化するため、時点ごとの多変量特性ベクトルから、時点ごとの個体特性の類型を自己組織化マップ(SOM : Self-OrganizingMaps)により得る方法を基礎として、これを拡張する方法を提案した。具体的には、基本のSOM類型の履歴採取期間における頻度分布から、類型間の近傍関係を考慮した分布間距離を用いるSOMにより、履歴採取期間全体での個体履歴類型を、個体に対し与える方法を提案した。また、空間統計学を利用した指標の作成法を検討した。 2、時系列推移の多様性のモデル化として、以下のSOMによる層別に基づいた方法等を提案した。 (1)履歴類型を用いることにより、目的変数と説明変数の関係が類似した履歴類型を識別した上で、それぞれの履歴類型群の上での回帰モデルを与えるモデル統合分析法を提案した。 (2)系列事象を適切に分類し、分類に応じたモデル化を行うことが必要となるため、SOMを拡張し、時区間ごとの特徴量の類型化を行うことで、個体をクラスタリングする方法を検討した。具体的には、各サンプルに対し、複数群の特徴量が観測されている場合について、二段階にSOMを用いることにより、それぞれの変量群の構造を残したまま、個体類型を作成する方法を与えた。, As theoretical viewpoints, we proposed the following models, and implemented the programs of these models with the statistical language S. In order to verify proposed methodology, we made case studies about care service evaluation data, POS (Point Of Sales) data with customer ID and Web access log data. In addition, we participated in the data analysis competition sponsored by the Operations Research Society of Japan etc.. 1, We consider methods to extract types of individuals which have multivariate history. We use SOM (Self-Organizing Maps) to extract basic types of individuals at a specified point in time. Next, we define new distances between distributions of basic types on the SOM map using distribution functions. We then map the distributions of behavior types in order to obtain customer types over the long-term by SOM (Seki, et al. 2006). In addition, we consider a method to make index using spatial statistics. 2, We propose models which extract nonlinear structural changes in heterogeneous time series. (1) We propose a model merge method, in order to obtain a segmentation whose segment has a homogeneous functional relation between variates. (2) We generalize the SOM when there are two variable groups. We propose two stage SOM, which retains each structure of two variable groups, and extracts types of individuals., 16500170
  • 多様性を含む大規模データからの情報抽出のための統計モデルの開発, Development of statistical models for knowledge acquisition from large-scale data including multiform samples, 関 庸一, SEKI Yoichi, 日本学術振興会, Japan Society for the Promotion of Science, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C), 基盤研究(C), Grant-in-Aid for Scientific Research (C), 群馬大学, Gunma University, 2001年, 2003年, 理論的な検討として以下のようなモデルを開発、提案し、手法のプロトタイププログラムを統計解析言語S上で作成・評価した。 (1)樹形回帰モデルの線形項の整理手法の開発 線形項採用の樹形回帰モデル基本アルゴリズム(関&筒井98)について,線形モデルに変換できる再帰分割線形モデルを提案した(雑誌論文5)。 (2)混合効果モデルによる異常劣化モニタリング法 オンラインで収集される劣化データに対して、混合効果モデルにより予測モデルを作成し、異常な劣化を発見するモニタリング法を検討、提案した(雑誌論文2)。 (3)Nearest Neighbor型ノンパラメトリック回帰の距離定義の拡張 参照データセット中における重みつきユークリッド距離定義の重みを最適化することにより、説明変数の相異なる効果を考慮できる統計モデルの推定算法を提案した。 (4)サンプルセットの層別の方法論の検討 大規模データに対してサンプルの層別に使用する変量群と,目的変量を回帰するための変量群が考えられる場合について,目的変数と説明変数の関係が類似した層をSOM(Self-Organizing Maps)により識別した上で,それぞれの層の上での回帰モデルを与える方法を提案した. (5)MDL基準を用いたモデル評価 MDL基準をノンパラメトリック検定に応用した方法を提案した(雑誌論文1)。 また、提案方法論の検証などのため、日本オペレーションズ・リサーチ学会マーケティング・データ解析研究部会他が主催した平成13,14,15年度データ解析コンペティションに参加して、以下の成績をあげた。 平成13年度 食品スーパーID付きPOSデータ 本大会優勝 (雑誌論文3) 平成14年度 百貨店ID付きPOSデータ 部会敢闘賞 (雑誌論文4) 平成15年度 系列百貨店三店舗のID付きPOSデータ 部会優良賞, As theoretical viewpoints, we proposed the following models and developed the prototype programs of these methods with the statistical language S. (1)We proposed a recursive partitioning linear model, which can be transformed to ordinal linear models, based on tree regression model with linear terms (Seki & Tsutsui 98). (2)We proposed a process monitoring chart to monitor the parts whether irregular deterioration occurred, supposing that the deterioration characteristic can be continuously monitored by development of sensor technology. (3)We proposed a method to estimate a Nearest Neighbor type non-parametric regression model, by optimizing the weight of the weighted Euclidian distance, in order to take into consideration the levels of explanation variables effect. (4)We proposed a method which stratifies sample set by discriminating the class in which the relation between the response variable and explanation variables are similar, in the case where two explanation variable sets are given : one can be used for stratification of sample set, and another can be used for regression of response variable. (5)We proposed a non-parametric, test using Minimum Description length criterion for comparing dose levels. In order to verify proposed methodology about POS (Point Of Sales) data with customer ID, we participate in the data analysis competition sponsored by the Operations Research Society of Japan etc., and obtained the following results. 2001 a food supermarket's data, competition championship 2002 a department store's data, Sectional-meeting fighting spirit award 2003 3 department stores' data, Sectional-meeting superior prize, 13680507
  • 一般化樹形回帰モデルによる大規模データからの情報抽出に関する研究, Data Mining from Large Data Set by Generalized Tree Regression Model, 関 庸一, SEKI Yoichi, 日本学術振興会, Japan Society for the Promotion of Science, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C), 基盤研究(C), Grant-in-Aid for Scientific Research (C), 群馬大学, Gunma University, 1999年, 2000年, データマイニングのためのモデルとして、データの自動層別を行う樹形回帰モデルを取り上げ、以下の点について一般的な場合に拡張する推定方法の提案とその適用を行なった。 1.加法的な変量の利用を許す一般化 目的変量の残差を保持する算法を開発することで、各決定節での説明変量の目的変量への効果がそれ以下の部分木において共通であれば、線形回帰項として決定節に採用を許す算法を開発した。この際、分岐変数の選択基準として、交互作用効果の大きさを基準とした木の成長法を採用することにより、従来の樹形回帰モデルに比べ、単純な分岐で多様な効果を推定することを可能とした。 2.目的変量の確率分布に関する拡張 これまでの樹形回帰分析では目的変量が正規分布する場合が検討されてきているが、これはサービス時間のように負の値を取らないデータに対しては、厳密には適用できない。サービス量に適合する分布として、ポアソン複合指数分布を検討し、樹形モデルの各リーフにおいて、目的変数がこの分布に従う場合について、対応する数値計算法を開発した。 3.実証データでの樹形回帰分析の応用 樹形回帰分析の応用として、介護保険制度の基礎となった統計モデルの解析過程を整理するとともに、関連した分析を行ない、提案方法の評価を行なった。 今後の課題としては、提案アルゴリズムの計算量の低減が挙げられる。また、応用場面としては、提案法を、厚生省病院管理研究所と共同研究中の介護保険法関係の要介護度決定のためのデータなどに応用し、従来の方法に対して改良モデルを提案することが課題となる。, Our research project dealt with tree regression models as data mining method. We studied the below subjects as generalization of the ordinal tree regression model. (a) Generalization of the covariates use as additive term We propose the method to estimate tree models which have linear regression terms in each node of regression tree, using degree of interaction effect as splitting criterion. The method enable us to make a simple tree which have fewer splits than ordinal tree regression models. (b) Generalization of distribution assumption of response variable Ordinal tree regression model assume implicitly that response variable distributes as normal distribution. To apply the models to the service time response data, we propose the method under the assumption that response variable has Poisson compound exponential distribution. (c) Varidity study of the tree regression model We analyze empirical data to confirm the varidity of proposed methods, for example, Long-term care service time data which was investigated for the Care Needs Certification in Japanese Long-term Care Insurance. The reduction of calculation time remains as future study., 11680437
  • 統計的モデル選択による平均値構造の同定とその意思決定問題への応用, 関 庸一, 日本学術振興会, Japan Society for the Promotion of Science, 科学研究費助成事業 奨励研究(A), Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Encouragement of Young Scientists (A), 奨励研究(A), Grant-in-Aid for Encouragement of Young Scientists (A), 群馬大学, Gunma University, 1997年, 1998年, 本研究では、経営管理上発生する意思決定問題のうち、データ発生源の平均値構造の変化/同質性の同定問題を扱っている。本年度は、平均値構造の変化を補助変数から明らかにする問題として、以下のの二つの問題を取り上げ、MDL基準に基づく問題に適したモデル選択基準の導入と、平均値構造モデルの推定方法の提案/開発を行なった。 1. 目的変量が複数ある場合の樹形回帰モデルの推定法 目的変量が複数ある場合に、それらを回帰するためには、従来、それぞれ樹形回帰分析することが普通であったが、共通の回帰木を相関も考慮して与える解析法を提案し、推定プログラムを開発した。 2. 変化点の推定のためのタブーサーチアルゴリズムの開発 連続共変量に対して、目的変量のモデルの変化点を推定する問題はモデルクラスの組合せ的爆発を生じ、実質的に推定が困難であったが、本研究では、一つの連続共変量に関する場合について、組合せ問題に対して有効であるといわれるメタヒューリスティックの一つであるタブーサーチを利用した推定アルゴリズムを開発した。 以上の提案アルゴリズムは統計解析言語S上で実現したが、稼働速度の問題があり、大規模なシミュレーション実験による検証が残された課題となる。また、さらなる計算量の低減とともに、推定結果の良さを失わないようなモデルクラスの制限方法も合わせて検討を進める必要がある。, 09780403
  • サンプルパス法による待ち行列システムの過渡特性の研究, 関 庸一, 日本学術振興会, Japan Society for the Promotion of Science, 科学研究費助成事業 奨励研究(A), Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Encouragement of Young Scientists (A), 奨励研究(A), Grant-in-Aid for Encouragement of Young Scientists (A), 群馬大学, Gunma University, 1996年, 1996年, 本研究では、生産工程など各種システムでの要求と能力の動的なバランスを取るための基礎研究として待ち行列モデルを取り上げ、その過渡特性について検討を進めた。システムの状態遷移を、累積到着数iおよび累積離脱数jの対を状態空間とした格子上のランダムウォークとして表現し、lattice pathの数え上げ問題に還元するサンプルパス法によるアプローチをとり、昨年度までに得られていたM/M/c待ち行列システム過渡解を、より複雑な待ち行列モデルに拡張した。これにより、数値計算容易な理論過渡確率解pij(t)を与え、以下のような各種モデルの動的特性について数値計算法を提案した。 1.システムの状態をフェーズに細分化した定式化を行い、到着分布をア-ラン到着に拡張したM/E_S/1待ち行列システムの過渡解を得た。 2.深さ制限を受けたLattice pathの数え上げ方法を与え、システム容量の制限を考慮したM/M/1/m待ち行列システムの過渡解を得た。このモデルは、システム容量の制限のないモデルに比べパス本数が減少し、過渡解の計算量が減るので、本研究のアプローチがより有効であることがわかった。 3.到着率やサービス率が時間軸上でpiecewiseに変わるシステムに対して過渡解を求める方法として、負荷の変化時点ごとに得られた過渡解をつなぎ合わせていく数値解法を提案し、この種のシステムの過渡特性を明らかにする方法を与えた。 今後の課題としては、タンデム型モデルなどへの解の拡張や、過渡解の数値計算法の改良が挙げられる。, 08780414


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.