研究者データベース

大重 真彦
オオシゲ マサヒコ
環境創生部門
准教授
Last Updated :2022/05/26

研究者基本情報

研究者

  • 氏名

    大重 真彦, オオシゲ マサヒコ

基本情報

  • 研究者氏名(日本語)

    大重, 真彦
  • 研究者氏名(カナ)

    オオシゲ, マサヒコ

所属

  • 群馬大学, 大学院理工学府 環境創生部門, 准教授
  • 群馬大学, 大学院理工学府 環境創生部門, 准教授

学位

  • 博士(理学)
  • 博士(理学)

所属学協会

  • 日本分子イメージング学会
  • 量子生命科学会
  • 日本バイオイメージング学会
  • 日本農芸化学会
  • 化学工学会
  • 日本分子生物学会
  • 静電気学会
  • 北関東地区化学技術懇話会

経歴

  • 2014年04月, 9999年, 群馬大学, 大学院理工学府環境創生部門, 准教授, 准教授・常勤専任講師相当

研究活動情報

研究分野

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学), 計測工学, 分子操作
  • ライフサイエンス, 分子生物学, DNA複製・修復
  • ライフサイエンス, 放射線科学, イメージング
  • ナノテク・材料, 生体化学, 分子設計
  • ライフサイエンス, 生物有機化学, 天然物化学
  • ライフサイエンス, 腫瘍診断、治療学, 分子イメージング

研究キーワード

  • 放射線科学
  • イメージング
  • 静電気工学
  • 生物有機化学
  • 分子生物学
  • 生物化学工学

論文

  • 放射線増感剤「レブリチン」の開発, 大重真彦、桂進司、菅原二三男、坂口謙吾, 2021年12月21日, Medical Science Digest, 48, 1, 56, 58, 研究論文(学術雑誌)
  • Synthesis of 3-octadecanoxypropyl 6-deoxy-6-sulfo-α-d-glucopyranoside (ODSG) as a lipase-resistant SQAP derivative, Masahiko Oshige, Koki Kano, Shunsuke Shinada, Akifumi Kawaguchi, Takato Uchida, Nozomi Ishii, Hiroaki Horiuchi, Fumio Sugawara, Kengo Sakaguchi, Ichiro Matsuo, Shinji Katsura, 2021年11月15日, Bioorg. Med. Chem. Lett., 52, 128391, 研究論文(学術雑誌)
  • DNA Manipulation and Single-Molecule Imaging, Takahashi S., Oshige M., Katsura S., 2021年03月, Molecules, 26, 4, 1050, 研究論文(学術雑誌)
  • Distribution and metabolism of 14C-Sulfoquinovosylacylpropanediol (14C-SQAP) after a single intravenous administration in tumor-bearing mice., Ruike T; Kanai Y; Iwabata K; Matsumoto Y; Murata H; Ishima M; Ohta K; Oshige M; Katsura S; Kuramochi K; Kamisuki S; Sahara H; Miura M; Sugawara F; Sakaguchi K, 2019年03月, Xenobiotica; the fate of foreign compounds in biological systems, 49, 3, 346, 362, 研究論文(学術雑誌)
  • A New Method for Immobilization of His-Tagged Proteins with the Application of Low-Frequency AC Electric Field., Takahashi Shunsuke;Kishi Kazuki;Hiraga Ryota;Hayashi Kazuki;Mamada Youhei;Oshige Masahiko;Katsura Shinji, 2018年03月05日, Sensors (Basel, Switzerland), 18, 3
  • Direct single-molecule observations of DNA unwinding by SV40 large tumor antigen under a negative DNA supercoil state., Shunsuke Takahashi; Shinya Motooka; Shohei Kawasaki; Hirofumi Kurita; Takeshi Mizuno; Shun-Ichi Matsuura; Fumio Hanaoka; Akira Mizuno; Masahiko Oshige; Shinji Katsura, 2018年01月, Journal of biomolecular structure & dynamics, 36, 1, 32, 44
  • 高電圧パルス印加による「その場」タンパク質抽出固定化技術の開発 (論文特集 2016年度静電気学会全国大会), 平賀 諒太; 岸 一希; 高橋 俊介; 宮田 英史; 大重 真彦; 桂 進司, 2017年01月, 静電気学会誌, 41, 1, 2, 7
  • 静電技術を用いたグルコース燃料電池の電極作製技術, 大重真彦; 馬場淑行; 高岩将太; 津田裕太; 福田 泰基; 高橋俊介; 川上友則; 桂進司, 2016年, 静電気学会誌, 40, 5, 245, 250, 研究論文(学術雑誌)
  • Real-time single-molecule observations of T7 Exonuclease activity in a microflow channel, Shunsuke Takahashi; Tomohiro Usui; Shohei Kawasaki; Hidefumi Miyata; Hirofumi Kurita; Shun-ichi Matsuura; Akira Mizuno; Masahiko Oshige; Shinji Katsura, 2014年07月, ANALYTICAL BIOCHEMISTRY, 457, 24, 30, 研究論文(学術雑誌)
  • A New Direct Single-Molecule Observation Method for DNA Synthesis Reaction Using Fluorescent Replication Protein A, Shunsuke Takahashi; Shohei Kawasaki; Hidefumi Miyata; Hirofumi Kurita; Takeshi Mizuno; Shun-ichi Matsuura; Akira Mizuno; Masahiko Oshige; Shinji Katsura, 2014年03月, SENSORS, 14, 3, 5174, 5182, 研究論文(学術雑誌)
  • Immobilization of His-tagged proteins through interaction with L-cysteine electrodeposited on modified gold surfaces, Hidefumi Miyata; Kazuhiro Yumoto; Kanako Itoh; Miki Sasahara; Hiroki Kawaura; Nobuyuki Oshima; Taiho Shuzuki; Shunsuke Takahashi; Masahiko Oshige; Shinji Katsura, 2014年, ADVANCED MICRO-DEVICE ENGINEERING IV, 596, 219, 223, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Real-time single-molecule observations of T7 Exonuclease activity in a microflow channel, Takahashi, Shunsuke;Usui, Tomohiro;Kawasaki, Shohei;Miyata, Hidefumi;Kurita, Hirofumi;Matsuura, Shun-ichi;Mizuno, Akira;Oshige, Masahiko;Katsura, Shinji, 2014年, ANALYTICAL BIOCHEMISTRY, ANALYTICAL BIOCHEMISTRY, 457, 24, 30
  • Direct observation of fluorescently labeled single-stranded λDNA molecules in a micro-flow channel., Takahashi Shunsuke;Kawasaki Shohei;Yamaguchi Koji;Miyata Hidefumi;Kurita Hirofumi;Mizuno Takeshi;Matsuura Shun-ichi;Mizuno Akira;Oshige Masahiko;Katsura Shinji, 2013年03月08日, Journal of fluorescence, Journal of fluorescence, 23, 4
  • Immobilization of His-Tagged Proteins on Various Solid Surfaces Using NTA-Modified Chitosan., Oshige M; Yumoto K; Miyata H; Takahashi S; Nakada M; Ito K; Tamegai M; Kawaura H; Katsura S, 2013年, Open Journal of Polymer Chemistry, Open Journal of Polymer Chemistry, 3, 1, 6, 10
  • Analysis of the stress response of yeast Saccharomyces cerevisiae toward pulsed electric field, Takanori Tanino; Syouko Sato; Masahiko Oshige; Takayuki Ohshima, 2012年04月, JOURNAL OF ELECTROSTATICS, 70, 2, 212, 216, 研究論文(学術雑誌)
  • Direct Observation Method of Individual Single-Stranded DNA Molecules Using Fluorescent Replication Protein A, Masahiko Oshige; Shohei Kawasaki; Hiroki Takano; Kouji Yamaguchi; Hirofumi Kurita; Takeshi Mizuno; Shun-ichi Matsuura; Akira Mizuno; Shinji Katsura, 2011年05月, JOURNAL OF FLUORESCENCE, 21, 3, 1189, 1194, 研究論文(学術雑誌)
  • DNAおよびタンパク質の固定化技術, 大重 真彦;桂 進司, 2010年12月, 表面技術 = The journal of the Surface Finishing Society of Japan, Journal of the Surface Finishing Society of Japan, 61, 12, 820, 822
  • A new DNA combing method for biochemical analysis, Masahiko Oshige; Kouji Yamaguchi; Shun-ichi Matsuura; Hirofumi Kurita; Akira Mizuno; Shinji Katsura, 2010年05月, ANALYTICAL BIOCHEMISTRY, 400, 1, 145, 147, 研究論文(学術雑誌)
  • Metnase possesses a structure-specific endonuclease activity that enhances joining of non-compatible ends, Suk-Hee Lee; Robert Hromas; Masahiko Oshige; Sue S. Lee, 2010年04月, FASEB JOURNAL, 24
  • 塩基配列認識ペプチドを用いたナノ粒子配列法の開発, 大重真彦; 勝又三映子; 岩崎大輔; 山崎圭樹; 桂 進司, 2008年07月, 高分子論文集, 65
  • Identification of macrolide antibiotic-binding human_p8 protein, Tetsuro Morimura; Mio Hashiba; Hiroshi Kameda; Mihoko Takami; Hirokazu Takahama; Masahiko Ohshige; Fumio Sugawara, 2008年05月, JOURNAL OF ANTIBIOTICS, 61, 5, 291, 296, 研究論文(学術雑誌)
  • Development of Nanoparticle Array Method by Using DNA Sequence Recognition Peptide, Masahiko Oshige; Mieko Katsumata; Daisuke Iwasaki; Keijyu Yamazaki; Shinji Katsura, 2008年, KOBUNSHI RONBUNSHU, 65, 7, 493, 495, 研究論文(学術雑誌)
  • Biochemical characterization of a SET and transposase fusion protein, metnase: its DNA binding and DNA cleavage activity, Yaritzabel Roman; Masahiko Oshige; Young-Ju Lee; Kristie Goodwin; Millie M. Georgiadis; Robert A. Hromas; Suk-Hee Lee, 2007年10月, BIOCHEMISTRY, 46, 40, 11369, 11376, 研究論文(学術雑誌)
  • Characterization of a second proliferating cell nuclear antigen (PCNA2) from Drosophila melanogaster, Tatsushi Ruike; Ryo Takeuchi; Kei-ichi Takata; Masahiko Oshige; Nobuyuki Kasai; Kaori Shimanouchi; Yoshihiro Kanai; Ryoichi Nakamura; Fumio Sugawara; Kengo Sakaguchi, 2006年11月, FEBS JOURNAL, 273, 22, 5062, 5073, 研究論文(学術雑誌)
  • Identification of antibiotic clarithromycin binding peptide displayed by T7 phage particles, Tetsuro Morimura; Naoko Noda; Yasutaro Kato; Tetsuaki Watanabe; Takeki Saitoh; Takayuki Yamazaki; Keiichi Takada; Satoko Aoki; Keisuke Ohta; Masahiko Ohshige; Kengo Sakaguchi; Fumio Sugawara, 2006年10月, JOURNAL OF ANTIBIOTICS, 59, 10, 625, 632, 研究論文(学術雑誌)
  • The SET domain protein Metnase mediates foreign DNA integration and links integration to nonhomologous end-joining repair, SH Lee; M Oshige; ST Durant; KK Rasila; EA Williamson; H Ramsey; L Kwan; JA Nickoloff; R Hromas, 2005年12月, PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 102, 50, 18075, 18080, 研究論文(学術雑誌)
  • Selective inhibitors of terminal deoxyribonucleotidyltransferase (TdT): Baicalin and genistin, Y Uchiyama; J Tagami; S Kamisuki; N Kasai; M Oshige; H Chiku; S Ibe; O Koiwai; F Sugawara; K Sakaguchi, 2005年10月, BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-GENERAL SUBJECTS, 1725, 3, 298, 304, 研究論文(学術雑誌)
  • Structural analysis of epolactaene derivatives as DNA polymerase inhibitors and anti-inflammatory compounds, Y Mizushina; K Kuramochi; H Ikawa; Kuriyama, I; N Shimazaki; M Takemura; M Oshige; H Yoshida; O Koiwai; F Sugawara; S Kobayashi; K Sakaguchi, 2005年05月, INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR MEDICINE, 15, 5, 785, 793, 研究論文(学術雑誌)
  • Inhibitory effect of conjugated eicosapentaenoic acid on human DNTA topoisomerases I and II, Y Yonezawa; T Tsuzuki; T Eitsuka; T Miyazawa; T Hada; K Uryu; C Murakami-Nakai; H Ikawa; Kuriyama, I; M Takemura; M Oshige; H Yoshida; K Sakaguchi; Y Mizushina, 2005年03月, ARCHIVES OF BIOCHEMISTRY AND BIOPHYSICS, 435, 1, 197, 206, 研究論文(学術雑誌)
  • Affinity capture of a mammalian DNA polymerase beta by inhibitors immobilized to resins used in solid-phase organic synthesis, K Kuramochi; T Haruyama; R Takeuchi; T Sunoki; M Watanabe; M Oshige; S Kobayashi; K Sakaguchi; F Sugawara, 2005年01月, BIOCONJUGATE CHEMISTRY, 16, 1, 97, 104, 研究論文(学術雑誌)
  • Design of vesicles of 1,2-di-O-acyl-3-O-(beta-D-sulfoquinovosyl)-glyceride bearing two stearic acids (beta-SQDG-C-18), a novel immunosuppressive drug, K Matsumoto; M Takenouchi; K Ohta; Y Ohta; T Imura; M Oshige; Y Yamamoto; H Sahara; H Sakai; M Abe; F Sugawara; N Sato; K Sakaguchi, 2004年12月, BIOCHEMICAL PHARMACOLOGY, 68, 12, 2379, 2386, 研究論文(学術雑誌)
  • Purification of Drosophila DNA polymerase zeta by REV1 protein-affinity chromatography, R Takeuchi; M Oshige; M Uchida; G Ishikawa; K Takata; K Shimanouchi; Y Kanai; T Ruike; H Morioka; K Sakaguchi, 2004年09月, BIOCHEMICAL JOURNAL, 382, Pt 2, 535, 543, 研究論文(学術雑誌)
  • Molecular design of cholesterols as inhibitors of DNA polymerase alpha, M Oshige; K Kuramochi; K Ohta; A Ogawa; H Kuriyama; F Sugawara; S Kobayashi; K Sakaguchi, 2004年09月, JOURNAL OF MEDICINAL CHEMISTRY, 47, 20, 4971, 4974, 研究論文(学術雑誌)
  • Subunit protein-affinity isolation of Drosophila DNA polymerase epsilon catalytic subunit, M Oshige; R Takeuchi; R Ruike; K Kuroda; K Sakaguchi, 2004年06月, PROTEIN EXPRESSION AND PURIFICATION, 35, 2, 248, 256, 研究論文(学術雑誌)
  • Taxol derivatives are selective inhibitors of DNA polymerase alpha, M Oshige; M Takenouchi; Y Kato; S Kamisuki; T Takeuchi; K Kuramochi; Shiina, I; Y Suenaga; Y Kawakita; K Kuroda; N Sato; S Kobayashi; F Sugawara; K Sakaguchi, 2004年05月, BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY, 12, 10, 2597, 2601, 研究論文(学術雑誌)
  • L-Homoserylaminoethanol, a novel dipeptide alcohol inhibitor of eukaryotic DNA polymerase epsilon from a plant cultured cells, Nicotina tabacum L., Kuriyama, I; N Asano; Kato, I; M Oshige; A Sugino; Y Kadota; K Kuchitsu; H Yoshida; K Sakaguchi; Y Mizushina, 2004年03月, BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY, 12, 5, 957, 962, 研究論文(学術雑誌)
  • Pyridoxal 5′-phosphate is a selective inhibitor in vivo of DNA polymerase α and ε, Yoshiyuki Mizushina; Xianai Xu; Kiminori Matsubara; Chikako Murakami; Isoko Kuriyama; Masahiko Oshige; Masaharu Takemura; Norihisa Kato; Hiromi Yoshida; Kengo Sakaguchi, 2003年12月26日, Biochemical and Biophysical Research Communications, 312, 4, 1025, 1032, 研究論文(学術雑誌)
  • Inhibition of DNA polymerases and DNA topoisomerase II by triterpenes produced by plant callus, Y Mizushina; A Ikuta; K Endoh; M Oshige; N Kasai; K Kamiya; T Satake; H Takazawa; H Morita; H Tomiyasu; H Yoshida; F Sugawara; K Sakaguchi, 2003年05月, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 305, 2, 365, 373, 研究論文(学術雑誌)
  • Kohamaic acid A, a novel sesterterpenic acid, inhibits activities of DNA polymerases from deuterostomes., Mizushina Y; Murakami C; Yogi K; Ueda K; Ishidoh T; Takemura M; Perpelescu M; Suzuki M; Oshige M; Yamaguchi T; Saneyoshi M; Yoshida H; Sakaguchi K, 2003年05月, Biochimica et biophysica acta, Biochimica et Biophysica Acta - Proteins & Proteomics, 1648, 1-2, 55, 61
  • Molecular action mode of Hippospongic acid A, an inhibitor of gastrulation of starfish embryos, Yoshiyuki Mizushina; Chikako Murakami; Hirosato Takikawa; Nobuyuki Kasai; Xianai Xu; Kenji Mori; Masahiko Oshige; Toyofumi Yamaguchi; Mineo Saneyoshi; Noriko Shimazaki; Osamu Koiwai; Hiromi Yoshida; Fumio Sugawara; Kengo Sakaguchi, 2003年04月01日, Journal of Biochemistry, 133, 4, 541, 552, 研究論文(学術雑誌)
  • A sulphoquinovosyl diacylglycerol is a DNA polymerase epsilon inhibitor, Y Mizushina; XN Xu; H Asahara; R Takeuchi; M Oshige; N Shimazaki; M Takemura; T Yamaguchi; K Kuroda; S Linn; H Yoshida; O Koiwai; M Saneyoshi; F Sugawara; K Sakaguchi, 2003年02月, BIOCHEMICAL JOURNAL, 370, Pt 1, 299, 305, 研究論文(学術雑誌)
  • Molecular action mode of hippospogic acid A, an inhibitor of gastrulation of starfish embryos., Mizushina, Y; Murakami, C; Takikawa, H; Kasai, N; Xu, X; Mori, K; Oshige, M; Yamaguchi, T; Saneyoshi, M; Shimazaki, N; Koiwai, O; Yoshida, H; Sugawara, F; Sakaguchi, K, 2003年, Journal of Biochemistry (Tokyo), 133, 4, 541, 552
  • A novel DNA polymerase homologous to Escherichia coli DNA polymerase I from a higher plant, rice (Oryza sativa L.), S Kimura; Y Uchiyama; N Kasai; S Namekawa; A Saotome; T Ueda; T Ando; T Ishibashi; M Oshige; T Furukawa; T Yamamoto; J Hashimoto; K Sakaguchi, 2002年04月, NUCLEIC ACIDS RESEARCH, 30, 7, 1585, 1592, 研究論文(学術雑誌)
  • Biotinylated lithocholic acids for affinity chromatography of mammalian DNA polymerases alpha and beta, M Watanabe; S Hanashima; Y Mizushina; H Yoshida; M Oshige; K Sakaguchi; F Sugawara, 2002年02月, BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS, 12, 3, 287, 290, 研究論文(学術雑誌)
  • Drosophila mitochondrial transcription factor A: Characterization of its cDNA and expression pattern during development, K Takata; H Yoshida; F Hirose; M Yamaguchi; M Kai; M Oshige; Sakimoto, I; O Koiwai; K Sakaguchi, 2001年09月, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 287, 2, 474, 483, 研究論文(学術雑誌)
  • Molecular cloning and expression during development of the Drosophila gene for the catalytic subunit of DNA polymerase epsilon, M Oshige; H Yoshida; F Hirose; K Takata; YH Inoue; N Aoyagi; M Yamaguchi; O Koiwai; A Matsukage; K Sakaguchi, 2000年10月, GENE, 256, 1-2, 93, 100, 研究論文(学術雑誌)
  • A new DNA polymerase species from Drosophila melanogaster: a probable mus308 gene product, M Oshige; NA Aoyagi; PV Harris; KC Burtis; K Sakaguchi, 1999年04月, MUTATION RESEARCH-DNA REPAIR, 433, 3, 183, 192, 研究論文(学術雑誌)
  • A new DNA polymerase species from Drosophila melanogaster: a probable mus308 gene product., Oshige M; Aoyagi N; Harris PV; Burtis KC; Sakaguchi K, 1999年04月, Mutation research, Mutation research, 433, 3, 183, 192
  • Purification and characterization of a 100 kDa DNA polymerase from cauliflower inflorescence, H Seto; M Hatanaka; S Kimura; M Oshige; Y Tsuya; Y Mizushina; T Sawado; N Aoyagi; T Matsumoto; J Hashimoto; K Sakaguchi, 1998年06月, BIOCHEMICAL JOURNAL, 332, 2, 557, 563, 研究論文(学術雑誌)
  • DNA polymerase epsilon from Drosophila melanogaster, N Aoyagi; M Oshige; F Hirose; K Kuroda; A Matsukage; K Sakaguchi, 1997年01月, BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS, 230, 2, 297, 301, 研究論文(学術雑誌)

MISC

  • 電界印加による分子・生体分子操作 : タンパク質分子の固定化技術 (特集 静電気工学を利用した細胞・分子操作の最新動向), 大重 真彦; 高橋 俊介; 桂 進司, 2018年07月, 静電気学会誌, 静電気学会誌, 42, 4, 168, 173
  • DNAおよびタンパク質の固定化技術, 大重真彦; 桂進司, 2010年, 表面技術, 61, 12, 32, 34
  • Subunit protein-affinity isolation of Drosophila DNA polyrnerase epsilon catalytic subunit (vol 35, pg 248, 2004), M Oshige; R Takeuchi; T Ruike; K Kuroda; K Sakaguchi, 2005年02月, PROTEIN EXPRESSION AND PURIFICATION, 39, 2, 321, 321, その他
  • Kohamaic acid A, a novel sesterterpenic acid, inhibits activities of DNA polymerases from deuterostomes, Y Mizushina; C Murakami; K Yogi; K Ueda; T Ishidoh; M Takemura; M Perpelescu; M Suzuki; M Oshige; T Yamaguchi; M Saneyoshi; H Yoshida; K Sakaguchi, 2003年05月, BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-PROTEINS AND PROTEOMICS, 1648, 1-2, 55, 61

書籍等出版物

  • 電界印加による分子・生体分子操作(解説), 共著, 大重真彦; 高橋俊介; 桂進司, 静電気学会誌, 2018年08月
  • DNA Microarrays, Synthesis and Synthetic DNA (Editor: Marissa J. Campbell), 分担執筆, Masahiko Oshige; Shinji Katsura, Chapter 12, Manipulation and Direct Observation Techniques for Investigation of DNA Metabolic Reactions., Nova Science Publishers, 2011年, ISBN: 9781612098234
  • リアルタイム計測による生命現象の解析(村田静昭監修), 分担執筆, 桂進司; 大重真彦, 第7章 DNA代謝反応の1分子観察とDNA分子の形態制御技術, シーエムシー出版, 2011年, ISBN: 9784781303192

講演・口頭発表等

  • 低周波交流電界印加によるタンパク質固定のリアルタイム解析, 高橋俊介、侭田陽平、岸一希、平賀諒太、大重真彦、桂 進司, 第45回静電気学会全国大会, 2021年09月21日, 日本語, オンライン, 国内会議
  • 発光反応によるDNAポリメラーゼ反応の検出, 細川聖公、熊谷遼、樋山みやび、板橋英之、大重真彦、桂進司, 第44回日本分子生物学会年会, 2021年12月01日, 日本語, 横浜市/オンライン:ハイブリット, 国内会議
  • PCRを用いた環境中のRNAウイルスの高感度検出法の開発, 篠原瞳、山崎文佳、石田夏生、松原一希、大重真彦、桂進司, 第44回日本分子生物学会年会, 2021年12月01日, 日本語, 横浜市/オンライン:ハイブリット, 国内会議
  • 蛍光観察によるDNAまたはRNAウイルスの検出技術の確立, 木村圭介、石田夏生、松原一希、大重真彦、桂進司, 第44回日本分子生物学会年会, 2021年12月01日, 日本語, 横浜市/オンライン:ハイブリット, 国内会議
  • FRETを利用したDNAの高感度検出, 石田夏生、松原一希、木村圭介、大重真彦、桂進司, 第44回日本分子生物学会年会, 2021年12月02日, 日本語, 横浜市/オンライン:ハイブリット, 国内会議
  • DNA及びDNA代謝酵素の1分子イメージング技術の開発, 高橋俊介、大重真彦、桂進司、長原礼宗, 第44回日本分子生物学会年会, 2021年12月02日, 日本語, 横浜市/オンライン:ハイブリット, 国内会議
  • 透明電極を用いた顕微鏡視野内における局所温度制御技術の開発とPCRへの応用, 横澤遼、篠原瞳、大重真彦、桂進司, 2022年度(第23回)静電気学会春期講演会(オンライン), 2022年03月01日, 日本語, オンライン, 国内会議

産業財産権

  • 特許権, 温度制御システム、観察システムおよび制御方法, 桂進司、大重真彦, 特願2022-027811, 2022年02月25日, 国立大学法人群馬大学、アマノ株式会社, 国立大学法人群馬大学、アマノ株式会社, はい
  • 特許権, 化合物又はその塩、及び放射性増感剤, 大重真彦、松尾一郎、堀内宏明、桂進司、菅原二三男、坂口謙吾, 特願2020-161281, 2020年06月25日, 株式会社エム・ティー・スリー、国立大学法人群馬大学, 特許第6903273号, 2021年06月25日, 株式会社エム・ティー・スリー、国立大学法人群馬大学, はい, はい, はい, はい
  • 特許権, 化合物又はその塩、がん治療薬、光増感剤、及び蛍光プローブ組成物 , 堀内宏明、大重真彦、松尾一郎、奥津哲夫、桂進司、吉原利忠、飛田成史、菅原二三男、坂口謙吾, 特願2020-146971, 2020年09月01日, 国立大学法人群馬大学、株式会社エム・ティー・スリー, 特許第6886578号, 2021年05月19日, 国立大学法人群馬大学、株式会社エム・ティー・スリー, はい, はい, はい
  • 特許権, 新規なDNAポリメラーゼα阻害剤
  • 特許権, タンパク質固定化用担体およびその利用
  • 特許権, 核酸固定化担体およびその利用

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 糖脂質SQAPが作用する腫瘍内低酸素環境解除スイッチの同定と放射線治療への展開, 大重 真彦, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 基盤研究(B), 群馬大学, 2020年04月01日, 2023年03月31日, 20H03618
  • 1分子レベルのDNA超らせん構造制御技術を用いたDNA複製開始反応の解析, Analysis of DNA replication initiation based on controlling technique of single DNA molecules, 桂 進司; 大重 真彦, 日本学術振興会, Japan Society for the Promotion of Science, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C), 基盤研究(C), Grant-in-Aid for Scientific Research (C), 群馬大学, Gunma University, 2017年04月01日, 2020年03月31日, 今年度は、DNAの高次構造を制御した条件で行うDNA複製解析の前段階の実験として、性質(processivity:酵素が基質に貼り付いてから遊離するまでの1 attackで合成する鎖長 )の異なるDNAポリメラーゼを用いた多分子解析実験と1分子解析実験をおこなった。使用したDNAポリメラーゼはprocessivityの低いE. coli DNA ポリメラーゼ Iとprocessivityの高いT7 DNA ポリメラーゼである。 まず、多数の鋳型DNAを対象に1分子解析を行った結果、processivityの低いE. coli DNA ポリメラーゼ IによりDNA合成反応を行った場合には多数の2本鎖DNA合成産物が確認されたが、その平均合成長は5.1μmに止まっていた。一方、processivityの高いT7 DNA ポリメラーゼによりDNA合成反応を行った場合には、2本鎖DNA合成産物の数は少なかったが、その平均合成長は11.1μmに達した。 次に、processivityの高いT7 DNA ポリメラーゼのリアルタイム1分子解析を行った結果、DNA合成反応の間、鋳型λDNAのssDNA領域の自由端が徐々に短くなった様子が観察され、その後、YOYO-1による2本鎖染色により合成鎖を確認した。ssDNA領域長の解析の結果、合成速度の平均は142bases/sとなった。さらに反応の一時停止が観察され、一時停止前後での合成速度は141bases/sと169bases/s、115bases/s と 142bases/s及び147 bases/sと152 bases/sと変化することを確認した。高いprocessivityを有しているT7 DNA ポリメラーゼは、反応の一時停止前後で合成速度が変化していることから、DNAポリメラーゼ分子が入れ替わっている可能性があることが示唆された。, 競争的資金, 17K07280
  • 1分子解析技術による真核生物のDNA複製反応解析へのアプローチ, 大重 真彦, 日本学術振興会, 科研費 基盤研究(C), 2015年10月, 2017年03月, 研究代表者, 競争的資金
  • DNA1分子レベルでの形態制御技術を用いたDNA複製反応制御機構の解析, Study of regulation of DNA replication by controlling superhelicities of single DNA molecules, 桂 進司; 大重 真彦, Shinji Katsura; Oshige Masahiko, 日本学術振興会, Japan Society for the Promotion of Science, 科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究, Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Challenging Exploratory Research, 挑戦的萌芽研究, Grant-in-Aid for Challenging Exploratory Research, 群馬大学, Gunma University, 2013年04月01日, 2016年03月31日, Simian Virus 40 (SV40)の複製起点を組み込んだλDNAを対象として、磁気ピンセットを用いて負の超らせんを導入し、負の超らせんが局所的なDNA1本鎖領域形成に与える影響を解析した。さらにSV40複製開始タンパク質であるSV40ラージT抗原(SV40TAg)を実験系に加えて、SV40Tagによる複製開始反応に負の超らせんが与える影響についても評価した。 その結果、SV40TAg非存在下でも負の超らせん導入によりSV40複製起点近傍に1本鎖領域が形成されること、SV40TAgを添加すると、負の超らせん導入による1本鎖領域形成頻度およびその長さがさらに増加することが明らかになった。, We developed an apparatus based on magnetic tweezers to introduce supercoil on a single DNA molecule, and studied the effects of negative superhelicities on the local DNA denaturation in λDNA containing the SV40 origin of DNA replication. Furthermore, we also studied the effects of superhelicities on the local denaturation in the presence of SV40 Large T antigen(SV40TAg), which is an initiation protein of SV40 DNA replication, Even in the absence of SV40TAg, the local denaturation of SV40ori-λDNA under a negative supercoil state was observed around the replication origin and the probability of occurrence of the local denaturation increased with negative superhelicity. Furthermore, addition of SV40TAg enhanced the probability of occurrence of the local denaturation and extended the single-stranded region under higher negative superhelicities., 競争的資金, 25650002
  • DNA合成反応の可視化技術を基としたタンパク質複合体の精密挙動解析, 大重 真彦, 日本学術振興会, 科研費 若手研究(B), 2012年04月, 2014年03月, 研究代表者, 競争的資金
  • 1分子観察解析技術を応用したDNA-タンパク質群相互作用の精密解析, 大重 真彦, 日本学術振興会, 科研費 若手研究(B), 2009年04月, 2011年03月, 研究代表者, 競争的資金
  • 固定化酵素用素材の開発とその応用研究, Grants and Funding, 2008年, 競争的資金
  • 1分子解析法を用いたDNAポリメラーゼの機能解析, 大重 真彦, 日本学術振興会, 科研費 若手研究(スタートアップ), 2007年04月, 2008年03月, 研究代表者, 競争的資金
  • Development of one molecule observation technology, Grant-in-Aid for Scientific Research, 2007年, 競争的資金
  • DNAを足場とした組織敵ナノ粒子配置による新触媒開発, Grants and Funding, 2007年, 競争的資金

学術貢献活動

  • 静電気学会 細胞・分子操作研究委員会, 学会・研究会等, 平野研, 2020年, 2020年, オンラインおよび書面
  • 北関東地区化学技術懇話会, 学会・研究会等, 中川紳好, 2020年, 2020年, 書面
  • 静電気学会 細胞・分子操作研究委員会, 学会・研究会等, 平野研, 2021年, 2021年, オンラインおよび書面
  • 北関東地区化学技術懇話会, 学会・研究会等, 桂進司, 2021年, 2021年, 書面

教育活動情報

担当経験のある科目(授業)

  • 分子設計プロセス特論, 群馬大学

社会貢献活動情報

社会貢献活動

  • 群馬ちびっこ大学, 群馬大学, 群馬ちびっこ大学, 2019年08月12日, 2019年08月13日

学術貢献活動

  • 北関東科学技術懇話会, 学会・研究会等, 佐藤正秀, 2021年04月, 2022年03月, 国際学術貢献にあたらない
  • 静電気学会 細胞・分子操作研究委員会, 学会・研究会等, 静電気学会, 2020年04月, 2021年03月
  • 静電気学会 細胞・分子操作研究委員会, 学会・研究会等, 静電気学会, 2021年04月, 2022年03月, 静電気力、高電界を用いる細胞・遺伝子操作ならびに解析に関する研究について、国内及び海外での動向について調査・報告を行った。


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.