研究者データベース

橘 熊野
タチバナ ユヤ
分子科学部門
准教授
Last Updated :2022/11/14

研究者基本情報

研究者

  • 氏名

    橘 熊野, タチバナ ユヤ

所属

  • 分子科学部門, 准教授

基本情報

  • 研究者氏名(日本語)

    橘, 熊野
  • 研究者氏名(カナ)

    タチバナ, ユヤ

論文上での記載著者名

  • 橘 熊野
  • Yuya Tachibana
  • TACHIBANA Yuya

ホームページ

  • ホームページ1

    http://greenpolymer.chem-bio.st.gunma-u.ac.jp, 研究室HP
  • ホームページ2

    http://researchmap.jp/yuya_tachibana, Read & Researchmap
  • ホームページ3

    http://www.jst.go.jp/presto/plantsci/presto/h25_07tachibana.html, JST さきがけ(CO2資源化)

使用外国語

  • 発表に使用する外国語

    英語
  • 執筆に使用する外国語

    英語

所属

  • 群馬大学, 大学院理工学府, 准教授, 博士(工学)

所属部局等

  • 所属情報

    大学院理工学府, 分子科学部門
  • 職名情報

    准教授
  • 兼務職

    准教授, 食健康科学教育研究センター

学歴

  • 2003年04月, 2004年03月, 東京工業大学, 理工学研究科, 有機・高分子物質専攻
  • 2001年04月01日, 2003年03月31日, 大阪府立大学, 大学院工学研究科, 物質系専攻
  • 1995年04月, 1999年03月, 大阪府立大学, 工学部, 応用化学科
  • 1999年04月, 2001年03月, 大阪府立大学, 大学院工学研究科, 物質系専攻
  • 1991年04月, 1994年03月, 大阪府立春日丘高等学校

学位

  • 博士(工学)

所属学協会

  • 日本化学会
  • 高分子学会
  • 有機合成化学協会
  • 繊維学会
  • American Chemical Society

経歴

  • 2018年12月, 9999年, 群馬大学, 食健康科学教育研究センター, 准教授, 准教授・常勤専任講師相当
  • 2019年03月, 9999年, 群馬大学, 大学院理工学府分子化学部門, 准教授, 准教授・常勤専任講師相当
  • 2014年04月, 2019年02月, 群馬大学, 大学院理工学府分子化学部門, 助教, 助教相当
  • 2013年04月, 2014年03月, 群馬大学, 理工学研究院分子化学部門, 助教, 助教相当
  • 2011年04月, 2013年03月, 群馬大学, 大学院工学研究科応用化学・生物化学専攻, 助教, 助教相当
  • 2004年04月, 2009年05月, 和歌山県工業技術センター, 研究員(技術吏員), 研究員・ポスドク相当
  • 2015年08月, 2015年09月, モンス大学, 客員研究員, 研究員・ポスドク相当, ベルギー王国
  • 2009年05月, 2011年03月, 産業技術総合研究所, 産総研特別研究員, 研究員・ポスドク相当
  • 2010年11月, 2011年02月, ミシガン州立大学, 客員研究員, 研究員・ポスドク相当
  • 2013年10月, 2017年03月, 独立行政法人科学技術振興機構, 「二酸化炭素資源化を目指した植物の物質生産力強化と生産物活用のための基盤技術の創出」領域, さきがけ研究者, 研究員・ポスドク相当

研究活動情報

研究分野

  • 環境・農学, 環境材料、リサイクル技術
  • ナノテク・材料, グリーンサステイナブルケミストリー、環境化学
  • ナノテク・材料, 構造有機化学、物理有機化学
  • ライフサイエンス, 生物有機化学
  • ナノテク・材料, 高分子化学

研究キーワード

  • リサイクル
  • バイオマス
  • 生分解性高分子
  • 高分子化学
  • 有機合成化学
  • 超分子化学

論文

  • 海洋生分解性プラスチックの研究開発, 粕谷健一、鈴木美和、橘熊野, 2021年11月, ネットワークポリマー論文集, 42, 6, 251
  • Biodegradability of poly(butylene n-alkylenedionate)s composed of long-methylene chains as alternative polymers to polyethylene, Yuya Tachibana, Toyokazu Tsutsba, Kohei Kageyama, and Ken-ichi Kasuya, 2021年08月, Polymer Degration and Stability, 190, 109650
  • Chemically recyclable bio-based polyester composed of bifuran and glycerol acetal, Senri Hayashi, Yuya Tachibana, Naoto Tabata, and Ken-ichi Kasuya, 2021年02月, European Polymer Journal, 145, 0, 110242, 110242
  • Characterization of a poly(butylene adipate-co-terephthalate) hydrolase from the mesophilic actinobacteria Rhodococcus fascians, Phouvilay Soulenthone, Yuya Tachibana, Miwa Suzuki, Tsukasa Mizuno, Yukari Ohta, Ken-ichi Kasuya, 2021年02月, Polymer Degradation and Stability, 184, 109481
  • Environmental Biodegradability of Recombinant Structural Protein, Yuya Tachibana, Sunita Darbe, Senri Hayashi, Alina Kudasheva, Haruna Misawa, Yuka Shibata, and Ken-ichi Kasuya, 2021年01月08日, Scientific Reports, 11, 242
  • A novel poly(3-hydroxybutyrate)-degrading actinobacterium that was isolated from plastisphere formed on marine plastic debris, Miwa Suzuki, Yuya Tachibana, ReikaTakizawa, Takuya Morikawa, Hiroyuki Takeno, Ken-ichi Kasuya, 2021年01月, Polymer Degradation and Stability, 183, 109451
  • Characterization of a mesophilic actinobacteria that degrades poly(butylene adipate-co-terephthalate), Phouvilay Soulenthone; Yuya Tachibana; Fumihiro Muroi; Miwa Suzuki; Nariaki Ishii; Yukari Ohta; Ken-ichi Kasuya, 2020年11月, Polymer Degradation and Stability, 181, 109335, 109335, 研究論文(学術雑誌)
  • Biodegradability of poly(3-hydroxyalkanoate) and poly(e-caprolactone) via biological carbon cycles in marine environments, Miwa Suzuki, Yuya Tachibana, Ken-ichi Kasuya, 2020年09月07日, Polymer Journal, 研究論文(学術雑誌)
  • Characterization of a mesophilic actinobacteria that degrades poly(butylene adipate-co-terephthalate), Phouvilay Soulenthone, Yuya Tachibana, Fumihiro Muroi, Miwa Suzuki, Nariaki Ishii, Yukari Ohta, Ken-ichi Kasuya, 2020年08月13日, Polymer Degradation and Stability, 181, 109335
  • Synthesis and cross-linking behavior of biobased polyesters composed of bi(furfuryl alcohol), Senri Hayashi; Azumi Narita; Tatsuya Wasano; Yuya Tachibana; Ken-ichi Kasuya, 2019年11月, European Polymer Journal, 121, 109333, 研究論文(学術雑誌)
  • Microbial composition and polymer hydrolytic activity of Japanese washed-rind cheeses, Yohko Tachibana; Kohei Kageyama; Miwa Suzuki; Hitomi Koshigumo; Hiroyuki Takeno; Yuya Tachibana; Ken-ichi Kasuya, 2019年01月, Polymer Degradation and Stability, 160, 264, 272, 研究論文(学術雑誌)
  • Synthesis, physical properties, and biodegradability of Bio-based Poly(butylene succinate-co-butylene oxabicyclate), Yuya Tachibana; Masayuki Yamahata; Saori Kimura; Ken-ichi Kasuya, 2018年07月, ACS Sustainable Chemistry & Engineering, 6, 8, 10806, 10814, 研究論文(学術雑誌)
  • Biobased Poly(Schiff-Base) Composed of Bifurfural, Yuya Tachibana; Senri Hayashi; Ken-Ichi Kasuya, 2018年05月18日, ACS Omega, 3, 5, 5336, 5345, 研究論文(学術雑誌)
  • Microbial degradation of poly(ε-caprolactone) in a coastal environment, Miwa Suzuki; Yuya Tachibana; Kohei Oba; Reika Takizawa; Ken-ichi Kasuya, 2018年03月01日, Polymer Degradation and Stability, 149, 1, 8, 研究論文(学術雑誌)
  • Synthesis, characterization and stereocomplexation of polyamide 11/polylactide diblock copolymers, Lorenza Gardella; Rosica Mincheva; Julien De Winter; Yuya Tachibana; Jean-Marie Raquez; Philippe Dubois; Orietta Monticelli, 2018年01月01日, European Polymer Journal, 98, 83, 93, 研究論文(学術雑誌)
  • Biodegradability of polyesters comprising a bio-based monomer derived from furfural, Yuya Tachibana; Masayuki Yamahata; Hirofumi Ichihara; Ken-ichi Kasuya, 2017年12月01日, Polymer Degradation and Stability, 146, 121, 125, 研究論文(学術雑誌)
  • Difference in environmental degradability between poly(ethylene succinate) and poly(3-hydroxybutyrate), Miwa Suzuki; Yuya Tachibana; Jun-ichiro Kazahaya; Reika Takizawa; Fumihiro Muroi; Ken-ichi Kasuya, 2017年11月, JOURNAL OF POLYMER RESEARCH, 24, 12, 217, 研究論文(学術雑誌)
  • Identification of Cellulosimicrobium sp., a poly(3-hydroxybutyrate)-degrading bacterium isolated from washed rind cheese, Pont-l'eveque lait cru, Yohko Tachibana; Senri Hayashi; Miwa Suzuki; Phouvilay Soulenthone; Yuya Tachibana; Ken-ichi Kasuya, 2017年09月, Journal of Polymer Research, 24, 10, 159, 研究論文(学術雑誌)
  • フルフラールを原料としたバイオベース材料開発, 橘熊野; 林千里; 粕谷健一, 2017年08月, 日本接着学会誌, Journal of the Adhesion Society of Japan, 53, 8, 276, 282, 研究論文(学術雑誌)
  • Characterization of a poly(butylene adipate-co-terephthalate) hydrolase from the aerobic mesophilic bacterium Bacillus pumilus, Fumihiro Muroi; Yuya Tachibana; Phouvilay Soulenthone; Kiriko Yamamoto; Tsukasa Mizuno; Takanori Sakurai; Yukiko Kobayashi; Ken-ichi Kasuya, 2017年03月, POLYMER DEGRADATION AND STABILITY, 137, 11, 22, 研究論文(学術雑誌)
  • Environmental biodegradation control of polymers by cleavage of disulfide bonds, Yuya Tachibana; Takuro Baba; Ken-ichi Kasuya, 2017年03月, Polymer Degradation and Stability, 138, 研究論文(学術雑誌)
  • 有機合成化学者のための化合物データベース 〜バイオベース化合物データベース構築に向けて〜, 橘 熊野; 林 千里; 粕谷 健一, 2017年01月, 日本化学会情報化学部会誌, 35, 1, 127, 132, 研究論文(学術雑誌)
  • Characterization of a thermolabile poly(3-hydroxybutyrate) depolymerase from the marine bacterium Shewanella sp. JKCM-AJ-6,1α, Chun-Che Sung; Yuya Tachibana; Ken-Ichi Kasuya, 2016年07月01日, Polymer Degradation and Stability, 129, 212, 221, 研究論文(学術雑誌)
  • Identification of a poly(3-hydroxybutyrate)-degrading bacterium isolated from coastal seawater in Japan as Shewanella sp., Chun-Che Sung; Yuya Tachibana; Miwa Suzuki; Wen-Chuan Hsieh; Ken-ichi Kasuya, 2016年07月, POLYMER DEGRADATION AND STABILITY, 129, 268, 274, 研究論文(学術雑誌)
  • Influences of poly(butylene adipate-co-terephthalate) on soil microbiota and plant growth, Fumihiro Muroi; Yuya Tachibana; Yukiko Kobayashi; Takanori Sakurai; Ken-ichi Kasuya, 2016年07月, POLYMER DEGRADATION AND STABILITY, 129, 338, 346, 研究論文(学術雑誌)
  • Thermolability, enzymatic degradation and aminolysis of solution-grown single crystals of novel poly(ethylene succinate-co-5mol% trimethylene succinate)s, Wen-Chuan Hsieh; Guan-Cheng Chen; Chun-Che Sung; Ken-Ichi Kasuya; Yuya Tachibana; Chi-he Chen; Ming Chen; Tzong-Rong Ling; Chih-Pong Chang, 2015年11月, JOURNAL OF POLYMER RESEARCH, 22, 12, 231, 240, 研究論文(学術雑誌)
  • Synthesis and Verification of Biobased Terephthalic Acid from Furfural, Yuya Tachibana; Saori Kimura; Ken-ichi Kasuya, 2015年02月, SCIENTIFIC REPORTS, 5, 8249, 研究論文(学術雑誌)
  • Polylactide stereocomplexation facilitated by the self-assembly of complementary ion pairs at the terminal group, Yuya Tachibana; Hitomi Takayama; Ken-ich Kasuya, 2015年02月, POLYMER DEGRADATION AND STABILITY, 112, 185, 191, 研究論文(学術雑誌)
  • The Use of Glycerol Carbonate in the Preparation of Highly Branched Siloxy Polymers, Yuya Tachibana; Xiangke Shi; Daniel Graiver; Ramani Narayan, 2015年01月, SILICON, 7, 1, 5, 13, 研究論文(学術雑誌)
  • Highly selective synthesis of biomass-based 1,4-butanediol monomer by alcoholysis of 1,4-diacetoxybutane derived from furan, Masao Kunioka; Takashi Masuda; Yuya Tachibana; Masahiro Funabashi; Akihiro Oishi, 2014年11月, POLYMER DEGRADATION AND STABILITY, 109, 393, 397, 研究論文(学術雑誌)
  • Hardening process and properties of an epoxy resin with bio-based hardener derived from furfural, Yuya Tachibana; Junko Torii; Ken-Ichi Kasuya; Masahiro Funabashi; Masao Kunioka, 2014年, RSC ADVANCES, 4, 99, 55723, 55731, 研究論文(学術雑誌)
  • Synthesis and characterization of a renewable polyester containing oxabicyclic dicarboxylate derived from furfural, Yuya Tachibana; Masayuki Yamahata; Ken-ichi Kasuya, 2013年03月, Green Chemistry, 15, 5, 1318, 1325, 研究論文(学術雑誌)
  • Synthesis and characterization of a renewable polyester containing oxabicyclic dicarboxylate derived from furfural, Tachibana, Yuya;Yamahata, Masayuki;Kasuya, Ken-ichi, 2013年, GREEN CHEMISTRY, 15, 5, 1318, 1325
  • Hydroxyl Terminated Hydrophilic Silanes, Yuya Tachibana; Xiangke Shi; Daniel Graiver; Ramani Narayan, 2012年07月, SILICON, 4, 3, 167, 174, 研究論文(学術雑誌)
  • Synthesis of Biomass-Based Monomers from Biomass-Based Furfural for Polyesters and Evaluation of Their Biomass Carbon Ratios, Yuya Tachibana; Takashi Masuda; Masahiro Funabashi; Ken-ichi Kasuya; Masao Kunioka, 2012年, BIOBASED MONOMERS, POLYMERS, AND MATERIALS, 1105, 91, 110, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Chemical Synthesis of Fully Biomass-Based Poly(butylene succinate) from Inedible-Biomass-Based Furfural and Evaluation of Its Biomass Carbon Ratio, Yuya Tachibana; Takashi Masuda; Masahiro Funabashi; Masao Kunioka, 2010年10月, BIOMACROMOLECULES, 11, 10, 2760, 2765, 研究論文(学術雑誌)
  • Cellulose acetate butyrate as multifunctional additive for poly(butylene succinate) by melt blending: Mechanical properties, biomass carbon ratio, and control of biodegradability, Yuya Tachibana; Nguyen Thien Truong Giang; Fumi Ninomiya; Masahiro Funabashi; Masao Kunioka, 2010年08月, POLYMER DEGRADATION AND STABILITY, 95, 8, 1406, 1413, 研究論文(学術雑誌)
  • Biobased myo-inositol as nucleator and stabilizer for poly(lactic acid), Yuya Tachibana; Takuya Maeda; Osamu Ito; Yasukatsu Maeda; Masao Kunioka, 2010年08月, POLYMER DEGRADATION AND STABILITY, 95, 8, 1321, 1329, 研究論文(学術雑誌)
  • 改質ポリ乳酸への塗装と塗膜密着性, 橘熊野; 南島美沙; 上田重雄; 妹背隆雄; 前田拓也; 沖見龍二; 前田育克, 2010年03月, 日本接着学会誌, Journal of the Adhesion Society of Japan, 46, 3, 101, 108, 研究論文(学術雑誌)
  • Thiazolium-Tethering Rotaxane-Catalyzed Asymmetric Benzoin Condensation: Unique Asymmetric Field Constructed by the Cooperation of Rotaxane Components, Yuya Tachibana; Nobuhiro Kihara; Kazuko Nakazono; Toshikazu Takata, 2010年, PHOSPHORUS SULFUR AND SILICON AND THE RELATED ELEMENTS, 185, 5-6, 1182, 1205, 研究論文(学術雑誌)
  • 結晶形態がPP押出し成形品の物理的特性に及ぼす影響, 前田拓也; 橘熊野; 山下宗哲; 前田育克, 2009年09月, 和歌山県工業技術センター研究報告, 和歌山県工業技術センター研究報告, 2008, 13
  • 微細線幅導体回路印刷方法によるITOフイルム代替材料の開発, 山下宗哲; 前田拓也; 橘熊野, 2009年09月, 和歌山県工業技術センター研究報告, 和歌山県工業技術センター研究報告, 2008, 14
  • Utilization of a Biodegradable Mulch Sheet Produced from Poly(Lactic Acid)/Ecoflex (R)/Modified Starch in Mandarin Orange Groves, Yuya Tachibana; Takuya Maeda; Osamu Ito; Yasukatsu Maeda; Masao Kunioka, 2009年08月, INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR SCIENCES, 10, 8, 3599, 3615, 研究論文(学術雑誌)
  • catena-Poly[[(ethanol-kappa O)sodium(I)]-di-mu-aqua-[(rac-2 '-hydroxy-1,1 '-binaphthyl-2-yl phosphato-kappa O)sodium]-tri-mu-aqua], Yuya Tachibana; Yasukatsu Maeda, 2009年07月, Acta crystallographica. Section E, Structure reports online, 65, M753, U633, 研究論文(学術雑誌)
  • 時間分解静的光散乱法による高分子材料の結晶化解析法の確立, 廣芝伸哉; 前田拓也; 橘熊野; 竿本仁志; 中本知伸; 岡本正巳, 2008年09月12日, 和歌山県工業技術センター研究報告, 和歌山県工業技術センター研究報告, 2007, 7-10
  • スギ材からL−乳酸存在下で分離したパルプ状繊維の特性, 梶本武志; 橘熊野; 前田育克; 久保田静男; 畑俊充; 今村祐嗣, 2008年, 木材学会誌, MOKUZAI GAKKAISHI, 54, 6, 319, 326, 研究論文(学術雑誌)
  • Sequential O- and N-acylation protocol for high-yield preparation and modification of rotaxanes: Synthesis, functionalization, structure, and intercomponent interaction of rotaxanes, Yuya Tachibana; Hiroaki Kawasaki; Nobuhiro Kihara; Toshikazu Takata, 2006年07月, JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY, 71, 14, 5093, 5104, 研究論文(学術雑誌)
  • Is the tert-butyl group bulky enough to end-cap a pseudorotaxane with a 24-crown-8-ether wheel?, Y Tachibana; N Kihara; Y Furusho; T Takata, 2004年11月, ORGANIC LETTERS, 6, 24, 4507, 4509, 研究論文(学術雑誌)
  • Asymmetric benzoin condensation catalyzed by chiral rotaxanes tethering a thiazolium salt moiety via the cooperation of the component: Can rotaxane be an effective reaction field?, Y Tachibana; N Kihara; T Takata, 2004年03月, JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 126, 11, 3438, 3439, 研究論文(学術雑誌)
  • Rotaxanes functionalized by chirality: Novel rotaxanes consisting of binaphthol-based chiral crown ether, Y Tachibana; N Kihara; Y Ohga; T Takata, 2000年07月, CHEMISTRY LETTERS, 7, 806, 807, 研究論文(学術雑誌)
  • Unusually lowered acidity of ammonium group surrounded by crown ether in a rotaxane system and its acylative neutralization, N Kihara; Y Tachibana; H Kawasaki; T Takata, 2000年05月, CHEMISTRY LETTERS, 5, 506, 507, 研究論文(学術雑誌)
  • Production of renewable monomers from inedible biomass-based furfural for biodegradable polyers and evaluation of their biomass carbon ratios, Tachibana, Yuya;Masuda, Takashi;Fubabashi, Masahiro;Kasuya, Ken-ichi;Kunioka, Masao, 2012年, ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 243
  • Hardening process and properties of an epoxy resin with bio-based hardener derived from furfural, Tachibana, Yuya;Torii, Junko;Kasuya, Ken-Ichi;Funabashi, Masahiro;Kunioka, Masao, 2014年, RSC ADVANCES, RSC ADVANCES, 4, 99, 55723, 55731
  • Highly selective synthesis of biomass-based 1,4-butanediol monomer by alcoholysis of 1,4-diacetoxybutane derived from furan, Kunioka, Masao;Masuda, Takashi;Tachibana, Yuya;Funabashi, Masahiro;Oishi, Akihiro, 2014年, POLYMER DEGRADATION AND STABILITY, POLYMER DEGRADATION AND STABILITY, 109, 393, 397
  • The Use of Glycerol Carbonate in the Preparation of Highly Branched Siloxy Polymers, Tachibana, Yuya;Shi, Xiangke;Graiver, Daniel;Narayan, Ramani, 2015年, SILICON, SILICON, 7, 1, 5, 13
  • Synthesis of renewable polyester containing oxabicyclic dicarboxylate derived from furfural as inedible biomass, Tachibana, Yuya;Yamahata, Masayuki;Kimura, Saori;Kasuya, Ken-ichi, 2014年, ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 247
  • Synthesis and Verification of Biobased Terephthalic Acid from Furfural, Tachibana, Yuya;Kimura, Saori;Kasuya, Ken-ichi, 2015年, SCIENTIFIC REPORTS, SCIENTIFIC REPORTS, 5
  • Polylactide stereocomplexation facilitated by the self-assembly of complementary ion pairs at the terminal group, Tachibana, Yuya;Takayama, Hitomi;Kasuya, Ken-ich, 2015年, POLYMER DEGRADATION AND STABILITY, POLYMER DEGRADATION AND STABILITY, 112, 185, 191
  • Characterization of a thermolabile poly(3-hydroxybutyrate) depolymerase from the marine bacterium Shewanella sp JKCM-AJ-6,1 alpha, Sung, Chun-Che;Tachibana, Yuya;Kasuya, Ken-ichi, 2016年, POLYMER DEGRADATION AND STABILITY, POLYMER DEGRADATION AND STABILITY, 129, 212, 221
  • Identification of a poly(3-hydroxybutyrate)-degrading bacterium isolated from coastal seawater in Japan as Shewanella sp., Sung, Chun-Che;Tachibana, Yuya;Suzuki, Miwa;Hsieh, Wen-Chuan;Kasuya, Ken-ichi, 2016年, POLYMER DEGRADATION AND STABILITY, POLYMER DEGRADATION AND STABILITY, 129, 268, 274
  • Influences of poly(butylene adipate-co-terephthalate) on soil microbiota and plant growth, Muroi, Fumihiro;Tachibana, Yuya;Kobayashi, Yukiko;Sakurai, Takanori;Kasuya, Ken-ichi, 2016年, POLYMER DEGRADATION AND STABILITY, POLYMER DEGRADATION AND STABILITY, 129, 338, 346
  • Characterization of a poly(butylene adipate-co-terephthalate) hydrolase from the aerobic mesophilic bacterium Bacillus pumilus, Muroi, Fumihiro;Tachibana, Yuya;Soulenthone, Phouvilay;Yamamoto, Kiriko;Mizuno, Tsukasa;Sakurai, Takanori;Kobayashi, Yukiko;Kasuya, Ken-ichi, 2017年, POLYMER DEGRADATION AND STABILITY, POLYMER DEGRADATION AND STABILITY, 137, 11, 22
  • Environmental biodegradation control of polymers by cleavage of disulfide bonds, Tachibana, Yuya;Baba, Takuro;Kasuya, Ken-ichi, 2017年, POLYMER DEGRADATION AND STABILITY, POLYMER DEGRADATION AND STABILITY, 137, 67, 74
  • Evaluation of environmental degradability based on the number of methylene units in poly(butylene n-alkylenedionate), Baba, Takuro;Tachibana, Yuya;Suda, Shota;Kasuya, Ken-ichi, 2017年, POLYMER DEGRADATION AND STABILITY, POLYMER DEGRADATION AND STABILITY, 138, 18, 26
  • Identification of Cellulosimicrobium sp., a poly(3-hydroxybutyrate)-degrading bacterium isolated from washed rind cheese, Pont-l'eveque lait cru, Tachibana, Yohko;Hayashi, Senri;Suzuki, Miwa;Soulenthone, Phouvilay;Tachibana, Yuya;Kasuya, Ken-ichi, 2017年, JOURNAL OF POLYMER RESEARCH, JOURNAL OF POLYMER RESEARCH, 24, 10
  • Outstanding Reviewers for Materials Chemistry Frontiers in 2016, Li, Zhen;Meech, Stephen;Otsuki, Joe;Sakurai, Tsuneaki;Tachibana, Yuya;Tang, Ben Zhong;Thomas, K. R. Justin;Wang, Bao;Yang, Nailiang;Zhang, Qichun;Zhang, Daping, 2017年, MATERIALS CHEMISTRY FRONTIERS, MATERIALS CHEMISTRY FRONTIERS, 1, 5, 801, 801
  • Thermolability, enzymatic degradation and aminolysis of solution-grown single crystals of novel poly(ethylene succinate-co-5mol% trimethylene succinate)s, Hsieh, Wen-Chuan;Chen, Guan-Cheng;Sung, Chun-Che;Kasuya, Ken-Ichi;Tachibana, Yuya;Chen, Chi-he;Chen, Ming;Ling, Tzong-Rong;Chang, Chih-Pong, 2015年, JOURNAL OF POLYMER RESEARCH, JOURNAL OF POLYMER RESEARCH, 22, 12
  • Difference in environmental degradability between poly(ethylene succinate) and poly(3-hydroxybutyrate), Suzuki, Miwa;Tachibana, Yuya;Kazahaya, Jun-ichiro;Takizawa, Reika;Muroi, Fumihiro;Kasuya, Ken-ichi, 2017年, JOURNAL OF POLYMER RESEARCH, JOURNAL OF POLYMER RESEARCH, 24, 12
  • Biodegradability of polyesters comprising a bio-based monomer derived from furfural, Tachibana, Yuya;Yamahata, Masayuki;Ichihara, Hirofumi;Kasuya, Ken-ichi, 2017年, POLYMER DEGRADATION AND STABILITY, POLYMER DEGRADATION AND STABILITY, 146, 121, 125
  • Synthesis, characterization and stereocomplexation of polyamide 11/polylactide diblock copolymers, Gardella, Lorenza;Mincheva, Rosica;De Winter, Julien;Tachibana, Yuya;Raquez, Jean-Marie;Dubois, Philippe;Monticelli, Orietta, 2018年, EUROPEAN POLYMER JOURNAL, EUROPEAN POLYMER JOURNAL, 98, 83, 93
  • Microbial degradation of poly(epsilon-caprolactone) in a coastal environment, Suzuki, Miwa;Tachibana, Yuya;Oba, Kohei;Takizawa, Reika;Kasuya, Ken-ichi, 2018年, POLYMER DEGRADATION AND STABILITY, POLYMER DEGRADATION AND STABILITY, 149, 1, 8
  • Biobased Poly(Schiff-Base) Composed of Bifurfural, Tachibana, Yuya;Hayashi, Senri;Kasuya, Ken-ichi, 2018年, ACS OMEGA, ACS OMEGA, 3, 5, 5336, 5345
  • Synthesis, Physical Properties, and Biodegradability of Biobased Poly(butylene succinate-co-butylene oxabicyclate), Tachibana, Yuya;Yamahata, Masayuki;Kimura, Saori;Kasuya, Ken-ichi, 2018年, ACS SUSTAINABLE CHEMISTRY & ENGINEERING, ACS SUSTAINABLE CHEMISTRY & ENGINEERING, 6, 8, 10806, 10814
  • Microbial composition and polymer hydrolytic activity of Japanese washed-rind cheeses, Tachibana, Yohko;Kageyama, Kohei;Suzuki, Miwa;Koshigumo, Hitomi;Takeno, Hiroyuki;Tachibana, Yuya;Kasuya, Ken-ichi, 2019年, POLYMER DEGRADATION AND STABILITY, POLYMER DEGRADATION AND STABILITY, 160, 264, 272
  • Synthesis and cross-linking behavior of biobased polyesters composed of bi (furfuryl alcohol), Hayashi, Senri;Narita, Azumi;Wasano, Tatsuya;Tachibana, Yuya;Kasuya, Ken-ichi, 2019年, EUROPEAN POLYMER JOURNAL, EUROPEAN POLYMER JOURNAL, 121
  • Biodegradability of poly(3-hydroxyalkanoate) and poly(epsilon-caprolactone) via biological carbon cycles in marine environments, Suzuki, Miwa;Tachibana, Yuya;Kasuya, Ken-ichi, 2020年, POLYMER JOURNAL, POLYMER JOURNAL
  • 有機合成化学者のための化合物データベース 〜バイオベース化合物データベース構築に向けて〜, 橘 熊野;林 千里;粕谷 健一, 2017年, 日本化学会情報化学部会誌, CICSJ Bulletin, 35, 1
  • トウモロコシの芯からポリエステルへ, 橘 熊野, 2016年, 繊維学会誌, Sen'i Gakkaishi, 72, 10, P, 468-P-469
  • フルフラールを原料としたバイオベース材料開発, 橘 熊野;林 千里;粕谷 健一, 2017年, 日本接着学会誌, Journal of The Adhesion Society of Japan, 53, 8, 276, 282
  • 海洋環境での有機リサイクルを実現する、 時限生分解性プラスチックの提案, 鈴木 美和;橘 熊野;粕谷 健一, 2019年, 繊維学会誌, Sen'i Gakkaishi, 75, 8, P, 414-P-419
  • Synthesis and verification of biobased terephthalic acid from furfural., Tachibana Yuya;Kimura Saori;Kasuya Ken-ichi, 2015年02月04日, Scientific reports, Scientific reports, 5
  • Biobased Poly(Schiff-Base) Composed of Bifurfural., Tachibana Yuya;Hayashi Senri;Kasuya Ken-Ichi, 2018年05月18日, ACS omega, ACS omega, 3, 5
  • Synthesis and characterization of bio-based poly(Schiff-base) composed of bifurfural, Hayashi, Senri;Wasano, Tatsuya;Tachibana, Yuya;Kasuya, Ken-ichi, 2019年, ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 257
  • Evaluation of biodegradability and biodegradation control by reductive stimuli of polyesters, Tachibana, Yuya;Baba, Takuro;Suda, Shota;Kageyama, Kohei;Kasuya, Ken-ichi, 2019年, ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 257
  • Characterization of a mesophilic actinobacteria that degrades poly(butylene adipate-co-terephthalate), Soulenthone, Phouvilay;Tachibana, Yuya;Muroi, Fumihiro;Suzuki, Miwa;Ishii, Nariaki;Ohta, Yukari;Kasuya, Ken-ichi, 2020年, POLYMER DEGRADATION AND STABILITY, POLYMER DEGRADATION AND STABILITY, 181
  • A novel poly(3-hydroxybutyrate)-degrading actinobacterium that was isolated from plastisphere formed on marine plastic debris, Suzuki, Miwa;Tachibana, Yuya;Takizawa, Reika;Morikawa, Takuya;Takeno, Hiroyuki;Kasuya, Ken-ichi, 2021年, POLYMER DEGRADATION AND STABILITY, POLYMER DEGRADATION AND STABILITY, 183
  • Environmental biodegradability of recombinant structural protein, Tachibana, Yuya;Darbe, Sunita;Hayashi, Senri;Kudasheva, Alina;Misawa, Haruna;Shibata, Yuka;Kasuya, Ken-ichi, 2021年, SCIENTIFIC REPORTS, SCIENTIFIC REPORTS, 11, 1
  • Chemically recyclable bio-based polyester composed of bifuran and glycerol acetal, Hayashi, Senri;Tachibana, Yuya;Tabata, Naoto;Kasuya, Ken-ichi, 2021年, EUROPEAN POLYMER JOURNAL, EUROPEAN POLYMER JOURNAL, 145
  • Characterization of a poly(butylene adipate-co-terephthalate) hydrolase from the mesophilic actinobacteria Rhodococcus fascians, Soulenthone, Phouvilay;Tachibana, Yuya;Suzuki, Miwa;Mizuno, Tsukasa;Ohta, Yukari;Kasuya, Ken-ichi, 2021年, POLYMER DEGRADATION AND STABILITY, POLYMER DEGRADATION AND STABILITY, 184
  • Biodegradability of poly(butylene n-alkylenedionate)s composed of long-methylene chains as alternative polymers to polyethylene, Tachibana, Yuya;Tsutsuba, Toyokazu;Kageyama, Kohei;Kasuya, Ken-ichi, 2021年, POLYMER DEGRADATION AND STABILITY, POLYMER DEGRADATION AND STABILITY, 190
  • Environmental biodegradability of recombinant structural protein., Tachibana Yuya;Darbe Sunita;Hayashi Senri;Kudasheva Alina;Misawa Haruna;Shibata Yuka;Kasuya Ken-Ichi, 2021年01月08日, Scientific reports, Scientific reports, 11, 1
  • 海洋生分解性プラスチックの研究開発, 粕谷 健一;鈴木 美和;橘 熊野, 2021年11月, ネットワークポリマー論文集, Journal of Networkpolymer,Japan, 42, 6, 251, 259

MISC

  • 海洋生分解性プラスチックが拓くクリーンアースな未来, 粕谷健一、鈴木美和、橘熊野, 2021年06月, 日本接着学会誌, 57, 6, 254, 262
  • 海洋時限生分解性プラスチック創製を目指して, 粕谷健一、鈴木美和、橘熊野, 2021年05月, 科学と工業, 95, 5, 135, 144
  • 生分解性プラスチックの環境分解性と分解酵素, 粕谷健一・橘熊野・鈴木美和, 2021年07月10日, バイオサイエンスとインダストリー, 79, 4, 322, 326
  • バイオベース材料としてのフラン環含有高分子の高機能化, 橘熊野、筒場豊和、粕谷健一, 2020年10月01日, PETROTECH, 43, 10, 704, 709, 記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 育児しているけど仕事もしてます, 橘 熊野, 2020年02月, 高分子, 69, 3, 117, 記事・総説・解説・論説等(その他)
  • 「時限」生分解性プラスチックの開発, 鈴木 美和; 橘 熊野; 粕谷 健一, 2019年12月, プラスチックスエージ, 65, 12, 66, 71, 記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)
  • バイオベースポリブチレンサクシネートとその共重合体, 橘 熊野, 2019年10月12日, 月刊BIOINDUSTRY, 36, 10, 記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)
  • 海洋における生分解性プラスチックの技術開発の現状と今後の展望, 粕谷 健一; 鈴木 美和; 橘 熊野, 2019年10月, 環境情報科学, Environmental Information Science, 48, 3, 56, 61, 記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 海洋時限生分解性プラスチックの創出を目指して-Could marine biodegradable plastics solve issues caused by marine plastic debris?, 粕谷 健一; 橘 熊野; 鈴木 美和, 2019年10月, バイオプラジャーナル, 73, 9, 5, 9, 記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)
  • 海洋環境での有機リサイクルを実現する,時限生分解性プラスチックの提案, 鈴木美和; 橘熊野; 粕谷健一, 2019年08月, 繊維学会誌, 75, 8, 記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 海洋プラスチックゴミ問題を解決する,生分解性プラスチックを活用した有機リサイクル実現に向けて, 鈴木美和; 橘熊野; 粕谷健一, 2019年01月, 都市清掃, Journal of Japan Waste Management Association, 72, 347, 33, 38, 記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)
  • Biobased Poly(Schiff-Base) Composed of Bifurfural, Yuya Tachibana; Senri Hayashi; Ken-Ichi Kasuya, 2018年05月18日, ACS Omega, 3, 5, 5336, 5345
  • Microbial degradation of poly(ε-caprolactone) in a coastal environment, Miwa Suzuki; Yuya Tachibana; Kohei Oba; Reika Takizawa; Ken-ichi Kasuya, 2018年03月01日, Polymer Degradation and Stability, 149, 1, 8
  • Microbial degradation of poly(ε-caprolactone) in a coastal environment, Miwa Suzuki; Yuya Tachibana; Kohei Oba; Reika Takizawa; Ken-ichi Kasuya, 2018年03月01日, Polymer Degradation and Stability, 149, 1, 8
  • Synthesis, characterization and stereocomplexation of polyamide 11/polylactide diblock copolymers, Lorenza Gardella; Rosica Mincheva; Julien De Winter; Yuya Tachibana; Jean-Marie Raquez; Philippe Dubois; Orietta Monticelli, 2018年01月01日, European Polymer Journal, 98, 83, 93
  • Synthesis, characterization and stereocomplexation of polyamide 11/polylactide diblock copolymers, Lorenza Gardella; Rosica Mincheva; Julien De Winter; Yuya Tachibana; Jean-Marie Raquez; Philippe Dubois; Orietta Monticelli, 2018年01月01日, European Polymer Journal, 98, 83, 93
  • Bio-based poly(Schiff-base) composed of bifurfural, Tachibana, Yuya; Hayashi, Senri; Kasuya, Ken-ichi, 2018年, ACS OMEGA, 3, 5, 5336, 5345
  • Biodegradability of polyesters comprising a bio-based monomer derived from furfural, Yuya Tachibana; Masayuki Yamahata; Hirofumi Ichihara; Ken-ichi Kasuya, 2017年12月01日, Polymer Degradation and Stability, 146, 121, 125
  • Biodegradability of polyesters comprising a bio-based monomer derived from furfural, Yuya Tachibana; Masayuki Yamahata; Hirofumi Ichihara; Ken-ichi Kasuya, 2017年12月01日, Polymer Degradation and Stability, 146, 121, 125
  • Difference in environmental degradability between poly(ethylene succinate) and poly(3-hydroxybutyrate), Miwa Suzuki; Yuya Tachibana; Jun-ichiro Kazahaya; Reika Takizawa; Fumihiro Muroi; Ken-ichi Kasuya, 2017年11月, JOURNAL OF POLYMER RESEARCH, 24, 12, 217
  • Difference in environmental degradability between poly(ethylene succinate) and poly(3-hydroxybutyrate), Miwa Suzuki; Yuya Tachibana; Jun-ichiro Kazahaya; Reika Takizawa; Fumihiro Muroi; Ken-ichi Kasuya, 2017年11月, JOURNAL OF POLYMER RESEARCH, 24, 12, 217
  • Identification of Cellulosimicrobium sp., a poly(3-hydroxybutyrate)-degrading bacterium isolated from washed rind cheese, Pont-l'eveque lait cru, Yohko Tachibana; Senri Hayashi; Miwa Suzuki; Phouvilay Soulenthone; Yuya Tachibana; Ken-ichi Kasuya, 2017年09月, JOURNAL OF POLYMER RESEARCH, 24, 10, 159
  • Identification of Cellulosimicrobium sp., a poly(3-hydroxybutyrate)-degrading bacterium isolated from washed rind cheese, Pont-l'eveque lait cru, Yohko Tachibana; Senri Hayashi; Miwa Suzuki; Phouvilay Soulenthone; Yuya Tachibana; Ken-ichi Kasuya, 2017年09月, JOURNAL OF POLYMER RESEARCH, 24, 10, 159
  • Evaluation of environmental degradability based on the number of methylene units in poly(butylene n-alkylenedionate), Takuro Baba; Yuya Tachibana; Shota Suda; Ken-ichi Kasuya, 2017年04月, POLYMER DEGRADATION AND STABILITY, 138, 18, 26
  • Evaluation of environmental degradability based on the number of methylene units in poly(butylene n-alkylenedionate), Takuro Baba; Yuya Tachibana; Shota Suda; Ken-ichi Kasuya, 2017年04月, POLYMER DEGRADATION AND STABILITY, 138, 18, 26
  • Environmental biodegradation control of polymers by cleavage of disulfide bonds, Yuya Tachibana; Takuro Baba; Ken-ichi Kasuya, 2017年03月, POLYMER DEGRADATION AND STABILITY, 137, 67, 74
  • Characterization of a poly(butylene adipate-co-terephthalate) hydrolase from the aerobic mesophilic bacterium Bacillus pumilus, Fumihiro Muroi; Yuya Tachibana; Phouvilay Soulenthone; Kiriko Yamamoto; Tsukasa Mizuno; Takanori Sakurai; Yukiko Kobayashi; Ken-ichi Kasuya, 2017年03月, POLYMER DEGRADATION AND STABILITY, 137, 11, 22
  • Environmental biodegradation control of polymers by cleavage of disulfide bonds, Yuya Tachibana; Takuro Baba; Ken-ichi Kasuya, 2017年03月, POLYMER DEGRADATION AND STABILITY, 137, 67, 74
  • Characterization of a poly(butylene adipate-co-terephthalate) hydrolase from the aerobic mesophilic bacterium Bacillus pumilus, Fumihiro Muroi; Yuya Tachibana; Phouvilay Soulenthone; Kiriko Yamamoto; Tsukasa Mizuno; Takanori Sakurai; Yukiko Kobayashi; Ken-ichi Kasuya, 2017年03月, POLYMER DEGRADATION AND STABILITY, 137, 11, 22
  • フルフラールを原料としたバイオベース材料開発, 橘 熊野; 林 千里; 粕谷健一, 2017年, 日本接着学会誌, 53, 8, 276, 282
  • Influences of poly(butylene adipate-co-terephthalate) on soil microbiota and plant growth, Fumihiro Muroi; Yuya Tachibana; Yukiko Kobayashi; Takanori Sakurai; Ken-ichi Kasuya, 2016年07月, POLYMER DEGRADATION AND STABILITY, 129, 338, 346
  • Identification of a poly(3-hydroxybutyrate)-degrading bacterium isolated from coastal seawater in Japan as Shewanella sp., Chun-Che Sung; Yuya Tachibana; Miwa Suzuki; Wen-Chuan Hsieh; Ken-ichi Kasuya, 2016年07月, POLYMER DEGRADATION AND STABILITY, 129, 268, 274
  • Characterization of a thermolabile poly(3-hydroxybutyrate) depolymerase from the marine bacterium Shewanella sp JKCM-AJ-6,1 alpha, Chun-Che Sung; Yuya Tachibana; Ken-ichi Kasuya, 2016年07月, POLYMER DEGRADATION AND STABILITY, 129, 212, 221
  • Influences of poly(butylene adipate-co-terephthalate) on soil microbiota and plant growth, Fumihiro Muroi; Yuya Tachibana; Yukiko Kobayashi; Takanori Sakurai; Ken-ichi Kasuya, 2016年07月, POLYMER DEGRADATION AND STABILITY, 129, 338, 346
  • Identification of a poly(3-hydroxybutyrate)-degrading bacterium isolated from coastal seawater in Japan as Shewanella sp., Chun-Che Sung; Yuya Tachibana; Miwa Suzuki; Wen-Chuan Hsieh; Ken-ichi Kasuya, 2016年07月, POLYMER DEGRADATION AND STABILITY, 129, 268, 274
  • Characterization of a thermolabile poly(3-hydroxybutyrate) depolymerase from the marine bacterium Shewanella sp JKCM-AJ-6,1 alpha, Chun-Che Sung; Yuya Tachibana; Ken-ichi Kasuya, 2016年07月, POLYMER DEGRADATION AND STABILITY, 129, 212, 221
  • 非食用廃棄バイオマス由来であるフルフラールからのプラスチック合成, 橘熊野; 粕谷健一, 2016年, ペトロテック, 39, 2, 103, 108
  • トウモロコシの芯からポリエステルへ, 橘 熊野, 2016年, 繊維学会誌, 72, 10, 468, 469
  • 微生物パワーでプラスチックが消える, 粕谷健一; 橘熊野; 前原隆一郎; 宋君哲; 鈴木美和, 2016年, 生活と環境, 61, 7, 31, 35
  • Thermolability, enzymatic degradation and aminolysis of solution-grown single crystals of novel poly(ethylene succinate-co-5mol% trimethylene succinate)s, Wen-Chuan Hsieh; Guan-Cheng Chen; Chun-Che Sung; Ken-Ichi Kasuya; Yuya Tachibana; Chi-he Chen; Ming Chen; Tzong-Rong Ling; Chih-Pong Chang, 2015年11月, JOURNAL OF POLYMER RESEARCH, 22, 12, 231
  • Thermolability, enzymatic degradation and aminolysis of solution-grown single crystals of novel poly(ethylene succinate-co-5mol% trimethylene succinate)s, Wen-Chuan Hsieh; Guan-Cheng Chen; Chun-Che Sung; Ken-Ichi Kasuya; Yuya Tachibana; Chi-he Chen; Ming Chen; Tzong-Rong Ling; Chih-Pong Chang, 2015年11月, JOURNAL OF POLYMER RESEARCH, 22, 12, 231
  • Synthesis and Verification of Biobased Terephthalic Acid from Furfural, Yuya Tachibana; Saori Kimura; Ken-Ichi Kasuya, 2015年02月04日, Scientific Reports, 5, 8249
  • Synthesis and Verification of Biobased Terephthalic Acid from Furfural, Yuya Tachibana; Saori Kimura; Ken-ichi Kasuya, 2015年02月, SCIENTIFIC REPORTS, 5, 8249
  • Polylactide stereocomplexation facilitated by the self-assembly of complementary ion pairs at the terminal group, Yuya Tachibana; Hitomi Takayama; Ken-ich Kasuya, 2015年02月, POLYMER DEGRADATION AND STABILITY, 112, 185, 191
  • The Use of Glycerol Carbonate in the Preparation of Highly Branched Siloxy Polymers, Yuya Tachibana; Xiangke Shi; Daniel Graiver; Ramani Narayan, 2015年01月, SILICON, 7, 1, 5, 13
  • The Use of Glycerol Carbonate in the Preparation of Highly Branched Siloxy Polymers, Yuya Tachibana; Xiangke Shi; Daniel Graiver; Ramani Narayan, 2015年01月, SILICON, 7, 1, 5, 13
  • 低融点高分子混合系薄膜の時空間ゆらぎ, 丸山亮太; 大豆生田裕希; 永井大介; 馬場琢朗; 橘熊野; 粕谷健一; 浅川直紀, 2015年, Polymer Preprints, 64, 1F11
  • Polylactide stereocomplexation facilitated by the self-assembly of complementary ion pairs at the terminal group, Yuya Tachibana; Hitomi Takayama; Ken-Ich Kasuya, 2015年, Polymer Degradation and Stability, 112, 185, 191
  • Chemical Synthesis of Terephtalic Acid From Inedible Biomass: Towards Fully Biobased PET Synthesis, Yuya Tachibana; Ken-ichi Kasuya, 2015年, CONVERTECH & e-Print, 5, 5, 78, 81
  • 捨てていた農産物からペットボトルの生産へ, 橘 熊野, 2015年, TOWA 経済レポート, 318, 8
  • 完全バイオベースPETを目指したバイオベーステレフタル酸の合成 <トウモロコシの芯からPETへ>, 橘熊野; 粕谷健一, 2015年, プラスチックス, 66, 11, 10
  • 非食用バイオマスからのテレフタル酸化学合成 ―完全バイオベースPET合成に向けて―, 橘 熊野; 粕谷 健一, 2015年, コンバーテック, 98, 101
  • バイオマス資源をプラスチック原料に! ─植物を通じたCO2の資源化を目指して─, 橘 熊野; 粕谷健一, 2015年, 月刊化学, 8, 12-15.
  • ポリエステル分解酵素の構造と機能, 粕谷健一; 室井文篤; 宋君哲; 鈴木美和; 橘熊野, 2015年, 酵素工学ニュース, 73, 17, 21
  • Chemical Synthesis of Terephtalic Acid From Inedible Biomass: Towards Fully Biobased PET Synthesis, Yuya Tachibana; Ken-ichi Kasuya, 2015年, CONVERTECH & e-Print, 5, 5, 78, 81
  • Highly selective synthesis of biomass-based 1,4-butanediol monomer by alcoholysis of 1,4-diacetoxybutane derived from furan, Masao Kunioka; Takashi Masuda; Yuya Tachibana; Masahiro Funabashi; Akihiro Oishi, 2014年11月, POLYMER DEGRADATION AND STABILITY, 109, 393, 397
  • Highly selective synthesis of biomass-based 1,4-butanediol monomer by alcoholysis of 1,4-diacetoxybutane derived from furan, Masao Kunioka; Takashi Masuda; Yuya Tachibana; Masahiro Funabashi; Akihiro Oishi, 2014年11月, POLYMER DEGRADATION AND STABILITY, 109, 393, 397
  • Synthesis of renewable polyester containing oxabicyclic dicarboxylate derived from furfural as inedible biomass, Yuya Tachibana; Masayuki Yamahata; Saori Kimura; Ken-ichi Kasuya, 2014年03月, ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 247, 研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Hardening process and properties of an epoxy resin with bio-based hardener derived from furfural, Yuya Tachibana; Junko Torii; Ken-Ichi Kasuya; Masahiro Funabashi; Masao Kunioka, 2014年, RSC ADVANCES, 4, 99, 55723, 55731
  • Hardening process and properties of an epoxy resin with bio-based hardener derived from furfural, Yuya Tachibana; Junko Torii; Ken-Ichi Kasuya; Masahiro Funabashi; Masao Kunioka, 2014年, RSC ADVANCES, 4, 99, 55723, 55731
  • Synthesis and characterization of a renewable polyester containing oxabicyclic dicarboxylate derived from furfural, Yuya Tachibana; Masayuki Yamahata; Ken-ichi Kasuya, 2013年, GREEN CHEMISTRY, 15, 5, 1318, 1325
  • Synthesis and characterization of a renewable polyester containing oxabicyclic dicarboxylate derived from furfural, Yuya Tachibana; Masayuki Yamahata; Ken-ichi Kasuya, 2013年, GREEN CHEMISTRY, 15, 5, 1318, 1325
  • Hydroxyl Terminated Hydrophilic Silanes, Yuya Tachibana; Xiangke Shi; Daniel Graiver; Ramani Narayan, 2012年07月, SILICON, 4, 3, 167, 174
  • Hydroxyl Terminated Hydrophilic Silanes, Yuya Tachibana; Xiangke Shi; Daniel Graiver; Ramani Narayan, 2012年07月, SILICON, 4, 3, 167, 174
  • Production of renewable monomers from inedible biomass-based furfural for biodegradable polyers and evaluation of their biomass carbon ratios, Yuya Tachibana; Takashi Masuda; Masahiro Fubabashi; Ken-ichi Kasuya; Masao Kunioka, 2012年03月, ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 243, 研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Synthesis of Biomass-Based Monomers from Biomass-Based Furfural for Polyesters and Evaluation of Their Biomass Carbon Ratios, Yuya Tachibana; Takashi Masuda; Masahiro Funabashi; Ken-ichi Kasuya; Masao Kunioka, 2012年, BIOBASED MONOMERS, POLYMERS, AND MATERIALS, 1105, 7, 91, 110
  • Synthesis of Biomass-Based Monomers from Biomass-Based Furfural for Polyesters and Evaluation of Their Biomass Carbon Ratios, Yuya Tachibana; Takashi Masuda; Masahiro Funabashi; Ken-ichi Kasuya; Masao Kunioka, 2012年, BIOBASED MONOMERS, POLYMERS, AND MATERIALS, 1105, 7, 91, 110
  • 「現場で役立つプラスチック・繊維材料のきほん」の出版, 中村允; 橘熊野; 解野誠司; 前田拓也; 廣芝伸哉; 山下宗哲, 2011年, 日本繊維機械学会年次大会研究発表論文集・講演要旨集, 日本繊維機械学会年次大会研究発表論文集・講演要旨集, 64th, 262, 263
  • Chemical Synthesis of Fully Biomass-Based Poly(butylene succinate) from Inedible-Biomass-Based Furfural and Evaluation of Its Biomass Carbon Ratio, Yuya Tachibana; Takashi Masuda; Masahiro Funabashi; Masao Kunioka, 2010年10月, BIOMACROMOLECULES, 11, 10, 2760, 2765
  • Chemical Synthesis of Fully Biomass-Based Poly(butylene succinate) from Inedible-Biomass-Based Furfural and Evaluation of Its Biomass Carbon Ratio, Yuya Tachibana; Takashi Masuda; Masahiro Funabashi; Masao Kunioka, 2010年10月, BIOMACROMOLECULES, 11, 10, 2760, 2765
  • Biobased myo-inositol as nucleator and stabilizer for poly(lactic acid), Yuya Tachibana; Takuya Maeda; Osamu Ito; Yasukatsu Maeda; Masao Kunioka, 2010年08月, POLYMER DEGRADATION AND STABILITY, 95, 8, 1321, 1329
  • Cellulose acetate butyrate as multifunctional additive for poly(butylene succinate) by melt blending: Mechanical properties, biomass carbon ratio, and control of biodegradability, Yuya Tachibana; Nguyen Thien Truong Giang; Fumi Ninomiya; Masahiro Funabashi; Masao Kunioka, 2010年08月, POLYMER DEGRADATION AND STABILITY, 95, 8, 1406, 1413
  • Biobased myo-inositol as nucleator and stabilizer for poly(lactic acid), Yuya Tachibana; Takuya Maeda; Osamu Ito; Yasukatsu Maeda; Masao Kunioka, 2010年08月, POLYMER DEGRADATION AND STABILITY, 95, 8, 1321, 1329
  • Cellulose acetate butyrate as multifunctional additive for poly(butylene succinate) by melt blending: Mechanical properties, biomass carbon ratio, and control of biodegradability, Yuya Tachibana; Nguyen Thien Truong Giang; Fumi Ninomiya; Masahiro Funabashi; Masao Kunioka, 2010年08月, POLYMER DEGRADATION AND STABILITY, 95, 8, 1406, 1413
  • Thiazolium-tethering rotaxane-catalyzed asymmetric benzoin condensation: Unique asymmetric field constructed by the cooperation of rotaxane components, Yuya Tachibana; Nobuhiro Kihara; Kazuko Nakazono; Toshikazu Takata, 2010年05月, Phosphorus, Sulfur and Silicon and the Related Elements, 185, 5-6, 1182, 1205
  • 改質ポリ乳酸への塗装と塗膜密着性, 橘 熊野; 南島美沙; 上田重雄; 妹背隆雄; 前田拓也; 沖見龍二; 前田育克, 2010年, 日本接着学会誌, 3, 46, 101, 108
  • Thiazolium-Tethering Rotaxane-Catalyzed Asymmetric Benzoin Condensation: Unique Asymmetric Field Constructed by the Cooperation of Rotaxane Components, Yuya Tachibana; Nobuhiro Kihara; Kazuko Nakazono; Toshikazu Takata, 2010年, PHOSPHORUS SULFUR AND SILICON AND THE RELATED ELEMENTS, 185, 5-6, 1182, 1205
  • Utilization of a Biodegradable Mulch Sheet Produced from Poly(Lactic Acid)/Ecoflex (R)/Modified Starch in Mandarin Orange Groves, Yuya Tachibana; Takuya Maeda; Osamu Ito; Yasukatsu Maeda; Masao Kunioka, 2009年08月, INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR SCIENCES, 10, 8, 3599, 3615
  • Utilization of a Biodegradable Mulch Sheet Produced from Poly(Lactic Acid)/Ecoflex (R)/Modified Starch in Mandarin Orange Groves, Yuya Tachibana; Takuya Maeda; Osamu Ito; Yasukatsu Maeda; Masao Kunioka, 2009年08月, INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR SCIENCES, 10, 8, 3599, 3615
  • catena-Poly[[(ethanol-κO)sodium(I)]-di-μ-aqua-[(rac-2?-hydr- oxy-1,1?-binaphthyl-2-yl phosphato-κO)sodium]-tri-μ-aqua], Yuya Tachibana; Yasukatsu Maeda, 2009年07月, Acta Crystallographica Section E, ACTA CRYSTALLOGRAPHICA SECTION E-STRUCTURE REPORTS ONLINE, 65, E65, M753, U633
  • 凍結粉砕法を用いた粉体試料の調製とその利用, 橘熊野, 2009年, TECHNORIDGE, 282, 2
  • 結晶形態がPP 押出し成形品の物理的特性に及ぼす影響, 前田拓也; 橘熊野; 山下宗哲; 前田育克, 2009年, 和歌山県工業技術センター研究報告, 13
  • 微細線幅導体回路印刷方法によるITO フィルム代替材料の開発, 山下宗哲; 前田拓也; 橘熊野, 2009年, 和歌山県工業技術センター研究報告, 14
  • Catena-Poly[[(ethanol-κO)sodium(I)]-di-μ-aqua-[(rac-2′- hydroxy-1,1′-binaphthyl-2-yl phosphato-κO)sodium]-tri -μ- aqua], Yuya Tachibana; Yasukatsu Maeda, 2009年, Acta Crystallographica Section E: Structure Reports Online, 65, 7, m753
  • 時間分解静的光散乱法による高分子材料の結晶化解析法の確立, 廣芝伸哉; 前田拓也; 橘熊野; 竿本仁志; 中本知伸; 岡本正巳, 2008年, 和歌山県工業技術センター研究報告, 7, 10
  • CELL 50-Promotion of stereo complex formation of polylactide with ion complex formation of poly-L-lactide and poly-D-lactide, Yuya Tachibana; Takuya Maeda; Yasukatsu Maeda, 2007年03月, ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 233, 738, 738, 研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • キレート剤による都市ごみ焼却飛灰の処理と再利用, 前田拓也; 前田育克; 伊藤修; 橘熊野, 2007年, 和歌山県工業技術センター研究報告, 5, 9
  • Sequential O- and N-acylation protocol for high-yield preparation and modification of rotaxanes: Synthesis, functionalization, structure, and intercomponent interaction of rotaxanes, Yuya Tachibana; Hiroaki Kawasaki; Nobuhiro Kihara; Toshikazu Takata, 2006年07月, JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY, 71, 14, 5093, 5104
  • Sequential O- and N-Acylation Protocol for High-Yield Preparation and Modification of Rotaxanes: Synthesis, Functionalization, Structure, and Intercomponent Interaction of Rotaxanes, Yuya Tachibana; Hiroaki Kawasaki; Nobuhiro Kihara; Toshikazu Takata, 2006年, Journal of Organic Chemistry, 71, 5093, 5104
  • Is the tert-butyl group bulky enough to end-cap a pseudorotaxane with a 24-crown-8-ether wheel?, Yuya Tachibana; Nobuhiro Kihara; Yoshio Furusho; Toshikazu Takata, 2004年11月25日, Organic Letters, 6, 24, 4507, 4509
  • Is the tert-butyl group bulky enough to end-cap a pseudorotaxane with a 24-crown-8-ether wheel?, Y Tachibana; N Kihara; Y Furusho; T Takata, 2004年11月, ORGANIC LETTERS, 6, 24, 4507, 4509
  • Asymmetric benzoin condensation catalyzed by chiral rotaxanes tethering a thiazolium salt moiety via the cooperation of the component: Can rotaxane be an effective reaction field?, Y Tachibana; N Kihara; T Takata, 2004年03月, JOURNAL OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 126, 11, 3438, 3439
  • Asymmetric Benzoin Condensation Catalyzed by Chiral Rotaxanes Tethering a Thiazolium Salt Moiety via the Cooperation of the Component: Can Rotaxane Be an Effective Reaction Field?, Yuya Tachibana; Nobuhiro Kihara; Toshikazu Takata, 2004年, Journal of the American Chemical Society, 11, 126, 3438?3439
  • Rotaxanes functionalized by chirality: Novel rotaxanes consisting of binaphthol-based chiral crown ether, Y Tachibana; N Kihara; Y Ohga; T Takata, 2000年07月, CHEMISTRY LETTERS, 7, 7, 806, 807
  • Rotaxanes functionalized by chirality: Novel rotaxanes consisting of binaphthol-based chiral crown ether, Y Tachibana; N Kihara; Y Ohga; T Takata, 2000年07月, CHEMISTRY LETTERS, 7, 7, 806, 807
  • Unusually lowered acidity of ammonium group surrounded by crown ether in a rotaxane system and its acylative neutralization, N Kihara; Y Tachibana; H Kawasaki; T Takata, 2000年05月, CHEMISTRY LETTERS, 5, 5, 506, 507
  • Unusually Lowered Acidity of Ammonium Group Surrounded by Crown Ether in a Rotaxane System and Its Acylative Neutralization, Nobuhiro Kihara; Yuya Tachibana; Hiroaki Kawasaki; Toshikazu Takata, 2000年, Chemistry Letters, 5, 29, 2000

書籍等出版物

  • 最新の海洋生分解性プラスチックの研究開発動向, 共著, 粕谷 健一,鈴木 美和,橘 熊野, 第3節 海洋生分解性プラスチックを実現するための技術開発, 株式会社テクノシステム, 2021年05月14日
  • 食品包装産業を取り巻くマイクロプラスチック問題, 共著, 鈴木美和,橘 熊野,粕谷健一, 第11章 プラスチックごみが引き起こす環境汚染問題と生分解性プラスチックの技術動向, CMCリサーチ, 2021年02月15日, 教科書・概説・概論
  • 持続可能社会をつくるバイオプラスチック, 共編者(共編著者), 橘熊野、他19名, 企画・編集WG、PartII 5章 バイオマス由来のプラスチック, 化学同人, 2020年05月20日, 181, 96-108, 教科書・概説・概論, ISBN: 978-4-7598-1394-4
  • マイクロプラスチック問題等各種環境汚染と規制強化に向けたプラスチックの環境対応技術, 共著, 鈴木美和、橘熊野、粕谷健一(第3章第1節・第2節担当), 第3章第1節・第2節, 情報機構, 2019年06月24日, 306, 97-114, ISBN: 978-4-86502-171-4
  • 現場で役立つ プラスチック・繊維材料のきほん, コロナ社, 2010年, ISBN: 9784339066180
  • Supramolecular Chemistry: From Molecules to Nanomaterials, John Wiley & Sons Ltd, 2012年, ISBN: 9780470746400
  • 現代化学 2005年 04月号, 東京化学同人, 2005年
  • 最新 材料の性能・評価技術, 株式会社 産業技術サービスセンター, 2014年, ISBN: 9784915957925
  • 医療用バイオベースマテリアル, 株式会社シーエムシー出版, 2015年, ISBN: 9784781310541
  • Supramolecular Chemistry: From Molecules to Nanomaterials, 2012年, ISBN: 9780470746400

講演・口頭発表等

  • ビフラン骨格を含むバイオベースポリアミドの特性評価, 新井康太、筒場豊和、廣瀬優香、 和佐野達也、橘熊野、粕谷健一, 高分子学会北関東地区講演会, 2022年03月07日, 2022年03月07日, 2022年03月07日, オンライン
  • ビフラン骨格とグリセリンアセタール骨格からなるバイオベースポリエステルのケミカルリサイクル, 橘 熊野・林 千里・田端直人 ・粕谷 健一, 繊維学会年次大会, 2021年06月11日, 2021年06月09日, 2021年06月11日
  • ビフラン骨格含有ポリイミドの合成と特性評価, 筒場豊和,橘熊野,粕谷健一, 繊維学会年次大会, 2021年06月11日, 2021年06月09日, 2021年06月11日, オンライン
  • 中温性放線菌Rhodococcus属細菌による脂肪族芳 香族ポリエステルの生分解, スレーントーン プウビライ・室井 文篤・水野 司・橘 熊野・粕谷 健一, 第70回高分子討論会, 2021年09月06日, 2021年09月06日, 2021年09月08日, オンライン
  • 海洋プラスチックデブリのプラスティスフィアから単離さ れたポリ(3-ヒドロキシブタン酸)分解放線菌の特徴付け, 鈴木 美和・橘 熊野・滝澤 玲香・森川 卓哉・武野 宏之・粕谷 健一, 第70回高分子討論会, 2021年09月06日, 2021年09月06日, 2021年09月08日, オンライン
  • ジスルフィド結合の還元分解によるポリブチレンサクシ ネートの生分解性制御, 筒場 豊和・清水 萌衣・橘 熊野・粕谷 健, 第70回高分子討論会, 2021年09月06日, 2021年09月06日, 2021年09月08日, オンライン
  • 生分解性プラスチックの現状と開発動向 ~種類、構造、分解特性、生分解性制御~, 橘 熊野, 生分解性プラスチックの現状と将来展望, 2022年01月17日, 2022年01月17日, 2022年01月17日
  • フラン誘導体からのバイオマス材料の合成と今後の展望, 橘熊野, バイオマスプラスチック・材料の開発動向と今後の展望、応用展開, 2021年11月25日, 2021年11月25日, 2021年11月25日
  • ビフランとグリセリンアセタールからなるバイオベース材 料のケミカルリサイクル, 橘 熊野・林 千里・田端 直人・ 粕谷 健一, 第70回高分子討論会, 2021年09月06日, 2021年09月06日, 2021年09月08日, オンライン
  • 生分解性プラスチックの現状と開発動向 ~種類、構造、分解特性、生分解性制御~, 橘 熊野, 生分解性プラスチックの現状と開発動向 ~種類、構造、分解特性、生分解性制御~, 2021年08月27日, 2021年08月27日, 2021年08月27日, オンライン
  • 環境材料〜生分解性材料とバイオベース材料〜, 橘 熊野, 近畿化学協会第43期研修塾8月本講座, 2021年08月07日, 2021年08月07日, 2021年08月07日, オンライン
  • フルフラールからの バイオベース・生分解性高分子の開発, 橘熊野, Development of Biobased Functional Materials from Furfura, 2021年03月16日, 日本語, 国内会議
  • 環境中で分解する生分解性高分子の創出, 橘熊野, 第2回北関東地区講演会 持続可能な社会を支える高分子材料, 2021年03月05日, 日本語, 国内会議
  • 生分解性プラスチックの現状と課題, 橘熊野, 令和2(2020)年度 とちぎ環境産業振興協議会 第1回環境技術活用促進事業 , 2020年10月29日
  • 生分解性プラスチックの現状と開発動向 ~種類、構造、分解特性、生分解性制御~, 橘熊野, 2020年10月27日, 日本語
  • 生分解性プラスチックの化学構造と 分解特性およびその制御技術 ~生分解のメカニズム、生分解性の評価法、市販される生分解性プラスチックの種類と課題~, 橘熊野, 2020年08月26日
  • 汎用プラスチックを目指したバイオプラスチックの合成, 橘熊野, 第四回 ケムステVシンポ「持続可能社会をつくるバイオプラスチック」, 2020年06月02日
  • 生分解樹脂材料における基礎・研究開発・生分解性制御・課題と今後の展望 ~分子設計、評価法、ブレンド・アロイ、ポリ乳酸~, 橘熊野, 2020年01月24日
  • バイオマスプラスチックの資源循環 ~バイオマスプラスチックの導入増に向けて(第一回)~, ビフラン構造を有するバイオベース材料, 橘熊野, 2019年10月28日
  • Development of Biobased Functional Materials from Furfural, Yuya Tachibana, Gel workshop in Fukui, 2019年09月28日, 国際会議
  • 生分解性プラスチックの現状と開発動向 ~種類、構造、分解特性、生分解性制御~, 橘熊野, 2019年08月28日
  • 自然環境で分解する生分解性プラスチック, 橘熊野, 理科教育談話会, 2019年08月02日
  • 環境調和型材料としての 生分解性材料とバイオベース材料, 橘熊野, 高崎地区産業環境保全連絡協議会 特別講演会, 2019年05月28日
  • Evaluation of biodegradability and biodegradation control by reductive stimuli of polyesters, Yuya Tachibana, Takuro Baba, Shota Suda, Kohei Kageyama, and Ken-ichi Kasuya, ACS Spring 2019 National Meeting, 2019年03月31日, 国際会議
  • バイオマス利活用 〜バイオベース材料と生分解性材料〜, 橘熊野, 木質外皮研究開発プラットフォームシンポジウム2018, 2018年11月09日
  • バイオマス由来化合物からの 生分解性高分子の開発, 橘熊野, 第33回中国四国地区高分子若手研究会「新材料の創出を担う高分子科学」, 2018年11月02日
  • 非食用バイオマスからの バイオベースプラスチックの創成, 橘熊野, 高分子学会神奈川地区講演会 「環境と高分子」, 2018年10月19日
  • Biobased poly(Schiff-base) comprising bifurfural, Yuya TACHIBANA, Senri HAYASHI, Tatsuya WASANO, Ken-ichi KASUYA, 4th International Conference on Bioinspired and Biobased Chemistry & Materials, 2018年10月17日, 国際会議
  • SYNTHESIS AND PROPERTIES OF BIO-BASED COPOLYESTERS DERIVED FROM FURFURAL, Yuya Tachibana, Masayuki Yamahata, Saori Kimura, Koji Nagayama, Ken-ichi Kasuya, Bio-based chemicals converted from furfural toward high-performance polymer, 2018年09月06日
  • Bio-based chemicals converted from furfural toward high-performance polymer, Yuya Tachibana, JSPS Core to Core Program Bioplastic Global Joint Satellite Symposium in Universiti Sains Malaysia, 2018年06月09日, 国際会議
  • 非可食バイオマス資源から生産される フルフラールからの材料開発, 橘熊野, 非食用バイオマスからの バイオベースプラスチックの創成「植物バイオマスのマテリアル利用新技術 〜JST二酸化炭素資源化領域発表会〜」, 2018年05月31日
  • フルフラールを用いたバイオマス材料開発, 橘熊野, 大饗シンポジウム 第1部 — 化学反応研究会 講演会 —, 2018年04月21日
  • Bio-based Polyesters from Furfural, TACHIBANA Yuya, YAMAHATA Masayuki, KIMURA Saori, NAGAYAMA Kouji, ICHIHARA Hirofumi, KASUYA Ken-ichi, Gunma International Symposium 2018 (GIS2018), 2018年01月17日, 英語, 国際会議
  • BIO-BASED POLYMERS FROM FURFURAL, 6th International Conference on Bio-based Polymers (ICBP2017), 2017年
  • Synthesis of Biobased Polyester Derived from Furfural, 6th International Conference on Biobased and Biodegradable Polymers (BIOPOL2017), 2017年
  • Bio-based poly(Schiff-base) from furfural, Satellite Symposium in Todai, Japan-South-East Asia Collaboration Hub of Bioplastics Study, JSPS-Core-to-Core Program, 2017年
  • Development of Bio-based Polymer Derived from Furfural, JSPS-Core-to-Core Program:Japan-South-East Asia Collaboration Hub of Bioplastics Study, 2017年
  • Bio-based poly(Schiff-base) from furfural, JSPS-Core-to-Core Program:Japan-South-East Asia Collaboration Hub of Bioplastics Study, 2017年
  • バイオマス由来ビフルフラールからのバイオベースポリシッフ塩基合成, 日本化学会第97春季大会, 2017年
  • α, ω-アルカン二酸類と1,4-ブタンジオールを構成成分とする 脂肪族ポリエステル12種の生分解性評価, 日本化学会第97春季大会2017, 2017年
  • 海洋性細菌Shewanella属細菌の生産するポリエステル分解酵素の特徴付け, 日本農芸化学会2017京都大会, 2017年
  • Bacillus pumilus 由来脂肪族芳香族ポリエステル分解酵素の特徴づけ, 日本農芸化学会2017京都大会, 2017年
  • 非可食バイオマス由来ポリシッフ塩基の合成, 第32回群馬・栃木地区講演会, 2017年
  • 12-ヒドロキシステアリン酸ゲルの構造に及ぼす温度履歴の影響, 第32回群馬・栃木地区講演会, 2017年
  • 長鎖ジカルボン酸からなる脂肪族ポリエステルの生分解限界鎖長, 第32回群馬・栃木地区講演会, 2017年
  • 海洋プラスチックゴミから単離されたポリカプロラクトン分解細菌の特徴づけ, 16-3 エコマテリアル研究会, 2017年
  • 12-ヒドロキシステアリン酸ゲルの構造における多形効果, 第66回高分子学会年次大会, 2017年
  • 水晶振動子マイクロバランス法を用いた高分子/クレイブレンドハイドロゲルの高分子-クレイ間相互作用, 第66回高分子学会年次大会, 2017年
  • フルフラール由来バイオベースシッフ塩基の重合, 平成29年度繊維学会年次大会, 2017年
  • ジスルフィド結合の還元分解性を利用した時限環境分解性の生分解性高分子, 平成29年度繊維学会年次大会, 2017年
  • ジカルボン酸とジオールからなる脂肪族ポリエステルの 生分解性・化学構造相関解明, 平成29年度繊維学会年次大会, 2017年
  • 海洋プラスチックごみから単離された生分解性プラスチック分解細菌の特徴付け, 第19回マリンバイオテクノロジー学会仙台大会, 2017年
  • フルフラールの二量化によるビフルフラールの合成と重合, 第66回高分子討論会, 2017年
  • 生分解性バイオベースポリエステルの合成と性質, 第66回高分子討論会, 2017年
  • AA-BB型脂肪族ポリエステルの生分解性におよぼす脂肪族鎖長の評価, H29年日本繊維機械学会関東支部講演会, 2017年
  • Evaluation of Environmental Degradability of Poly(butylene n-alkylenedionate) and Control of Environmental Biodegradation under Reductive Condition, JSPS-Core-to-Core Program:Japan-South-East Asia Collaboration Hub of Bioplastics Study, 2017年
  • BIO-BASED POLYMERS FROM FURFURAL, 6th International Conference on Bio-based Polymers (ICBP2017), 2017年
  • Synthesis of Biobased Polyester Derived from Furfural, 6th International Conference on Biobased and Biodegradable Polymers (BIOPOL2017), 2017年
  • Bio-based poly(Schiff-base) from furfural, Satellite Symposium in Todai, Japan-South-East Asia Collaboration Hub of Bioplastics Study, JSPS-Core-to-Core Program, 2017年
  • Development of Bio-based Polymer Derived from Furfural, JSPS-Core-to-Core Program:Japan-South-East Asia Collaboration Hub of Bioplastics Study, 2017年
  • Bio-based poly(Schiff-base) from furfural, JSPS-Core-to-Core Program:Japan-South-East Asia Collaboration Hub of Bioplastics Study, 2017年
  • Evaluation of Environmental Degradability of Poly(butylene n-alkylenedionate) and Control of Environmental Biodegradation under Reductive Condition, JSPS-Core-to-Core Program:Japan-South-East Asia Collaboration Hub of Bioplastics Study, 2017年
  • Furfural-based polymers, 2nd World Congress on Materials Science, Polymer Engineering & Microtechnologies, 2016年
  • ビスフリル骨格を有するバイオベースポリマーの合成, 平成28年度繊維学会年次大会, 2016年
  • P(3HB)を分解する海洋性Phycicoccus 属細菌の特徴付け, 平成28年度繊維学会年次大会, 2016年
  • ビフリル骨格を有するバイオベースポリマーの合成, 繊維系研究機関シンポジウム2016, 2016年
  • 脂肪族芳香族ポリエステル分解酵素変異体の作成とその性質, 繊維系研究機関シンポジウム2016, 2016年
  • ビフリル骨格含有バイオベースモノマーによるバイオベースポリマーの合成, 第65回高分子討論会, 2016年
  • 自己集合挙動を利用したポリ乳酸ステレオコンプレックス形成促進と阻害, 第65回高分子討論会, 2016年
  • 海洋プラスチックゴミに付着していたポリ(3-ヒドロキシブタン酸)分解細菌の特徴付け, 日本微生物生態学会第31回大会, 2016年
  • ビフリル骨格を有するバイオベース環状シッフ塩基の合成, 平成28年度日本化学会関東支部群馬地区研究交流発表会, 2016年
  • α, ω-アルカン二酸類と1,4-ブタンジオールを構成成分とする脂肪族ポリエステル12種の生分解性評価, 平成28年度日本化学会関東支部群馬地区研究交流発表会, 2016年
  • 非食用バイオマスからのバイオベースPETの開発, 第65回高分子学会年次大会, 2016年
  • Synthesis of biobased polymers from furfural, EMN Biomaterials Meeting 2016, 2016年
  • Biodegradability of poly(butylene n-alkylenedicarboxylate)s, EMN Biomaterials Meeting 2016, 2016年
  • 相補的イオン対形成を利用したポリ乳酸のステレオコンプレックス形成促進, 平成28年度繊維学会年次大会, 2016年
  • Shewanella属が生産するP(3HB)分解酵素の構造と機能, 平成28年度繊維学会年次大会, 2016年
  • 中温性バチラス属細菌由来脂肪族芳香族ポリエステル分解酵素の特徴づけ, 平成28年度繊維学会年次大会, 2016年
  • P(3HB)を分解する海洋性Phycicoccus属細菌の特徴付け, 平成28年度繊維学会年次大会, 2016年
  • ビスフリル骨格を有するバイオベースポリマーの合成, 平成28年度繊維学会年次大会, 2016年
  • Furfural-based polymers, 2nd World Congress on Materials Science, Polymer Engineering & Microtechnologies, 2016年
  • Synthesis of biobased polymers from furfural, EMN Biomaterials Meeting 2016, 2016年
  • Biodegradability of poly(butylene n-alkylenedicarboxylate)s, EMN Biomaterials Meeting 2016, 2016年
  • ポリ(α, ω-ヒドロキアルカノエート)の合成と生分解性評価, 日本化学会第95春季年会, 2015年
  • α,ω-ジカルボン酸類と 1,4-ブタンジオールを構成成分とする脂肪族ポリエステルの合成と生分解性評価, 日本化学会第95春季年会, 2015年
  • Alcanivorax 属海洋性細菌由来のポリ(3-ヒドロ キシブタン酸)分解酵素の特徴付け, 平成27年度繊維学会年次大会, 2015年
  • 海洋細菌Shewanella 属のポリヒドロキシブタン酸分解酵素の構造と性質, 平成27年度繊維学会年次大会, 2015年
  • 完全バイオベース PET合成にむけたバイオ ベーステレフタル酸の合成, 平成27年度繊維学会年次大会, 2015年
  • ポリエチレンスクシナートの環境分解性, 第64回高分子討論会, 2015年
  • 種々の脂肪族ポリエステルの構造と環境分解性との 関係, 第64回高分子討論会, 2015年
  • ポリ(ブチレンアジペート-co-テレフタレート)埋設土壌の微生物叢解析, 第64回高分子討論会, 2015年
  • Development of Furfural-Based Polymers, 23rd annual meeting of the Bio-Environmental Polymer Society, 2015年
  • Evaluation of environmental degradability of poly(butylene n-alkylene dicarboxylate)s, 23rd annual meeting of the Bio-Environmental Polymer Society, 2015年
  • Development of Biobased Polymers from Furfural, The 1st International Symposium on Biological Science and Technology 2015 (ISBT2015), 2015年
  • 低融点高分子混合系薄膜の時空間ゆらぎ, 第64回高分子討論会, 2015年
  • Development of Furfural-Based Polymers, 23rd annual meeting of the Bio-Environmental Polymer Society, 2015年
  • Evaluation of environmental degradability of poly(butylene n-alkylene dicarboxylate)s, 23rd annual meeting of the Bio-Environmental Polymer Society, 2015年
  • Development of Biobased Polymers from Furfural, The 1st International Symposium on Biological Science and Technology 2015 (ISBT2015), 2015年
  • フルフラール由来新規生分解性高分子材料の創成, 平成26年度繊維学会年次大会(創立70周年記念大会), 2014年
  • 脂肪族ポリエステルの構造と生分解性, 13-3 エコマテリアル研究会, 2014年
  • 化学合成ポリエステルおよび微生物産生ポリエステルの環境分解性とそれらの分解微生物, 13-3 エコマテリアル研究会, 2014年
  • Synthesis of renewable polyester containing oxabicyclic dicarboxylate derived from furfural as inedible biomass, 247th ACS National Meeting & Exposition, 2014年
  • α,ω-ジカルボン酸と1,4-ブタンジオールからなる脂肪族ポリエステルの合成と生分解性評価, 第29回群馬・栃木地区講演会, 2014年
  • 海洋性ポリ(3-ヒドロキシブタン酸)分解最近およびその分解酵素の特徴づけ, 第29回群馬・栃木地区講演会, 2014年
  • 化学合成ポリエステルおよび微生物産生ポリエステルの環境分解性とそれらの分解微生物, 第29回群馬・栃木地区講演会, 2014年
  • バイオマス由来フルフラールから生分解性を有するオキサビシク ロ骨格含有ポリエステルの合成, 日本化学会第94春季年会, 2014年
  • 相補的イオン対の自己集合によるポリ乳酸ステレオコンプレック スの優先形成, 日本化学会第94春季年会, 2014年
  • オキサビシクロ骨格含有ポリエステル共重合体の合成, 日本化学会第94春季年会, 2014年
  • 相補的イオン対の自己集合を用いたポリ乳酸ステレオコンプレックスの形成促進, 日本化学会関東支部群馬地区地域懇談会, 2014年
  • ジスルフィド結合の還元的開裂反応を利用した生分解性高分子の環境分解性制御, 日本化学会関東支部群馬地区地域懇談会, 2014年
  • 化学合成ポリエステルの環境分解における微生物産生ポリエステル分解微生物の影響, 平成26年度繊維学会年次大会(創立70周年記念大会), 2014年
  • 化学合成ポリヒドロキシアルカン酸の合成と生分解性, 平成26年度繊維学会年次大会(創立70周年記念大会), 2014年
  • Bio-based Polymers Derived from Furfural, The 22nd annual meeting of BioEnvironmental Polymer Science (BEPS 2014), 2014年
  • Degradation of aliphatic?aromatic copolyester by mesophilic bacteria, The TMSJ & GFBPS International Symposium, 2014年
  • Bio-based epoxy resin hardener derived from furfural, The TMSJ & GFBPS International Symposium, 2014年
  • Characterization of Aliphatic-Aromatic Copolyester-Degrading Mesophilic Bacteria, The 22nd annual meeting of BioEnvironmental Polymer Science (BEPS 2014), 2014年
  • フルフラール由来オキサビシクロ骨格酸無水物による エポキシ樹脂の硬化特性 , 第63回高分子討論会, 2014年
  • Synthesis of renewable polyester containing oxabicyclic dicarboxylate derived from furfural as inedible biomass, 247th ACS National Meeting & Exposition, 2014年
  • Bio-based Polymers Derived from Furfural, The 22nd annual meeting of BioEnvironmental Polymer Science (BEPS 2014), 2014年
  • Degradation of aliphatic?aromatic copolyester by mesophilic bacteria, The TMSJ & GFBPS International Symposium, 2014年
  • Bio-based epoxy resin hardener derived from furfural, The TMSJ & GFBPS International Symposium, 2014年
  • Characterization of Aliphatic-Aromatic Copolyester-Degrading Mesophilic Bacteria, The 22nd annual meeting of BioEnvironmental Polymer Science (BEPS 2014), 2014年
  • ポリ(ブチレンアジペート-co-テレフタレート)生分解時の周辺環境微生物叢解析, 第62回高分子学会年次大会, 2013年
  • ポリ(δ-バレロラクトン)の環境分解性と分解微生物の特徴づけ, 平成25年度繊維学会年次大会, 2013年
  • 中温環境におけるポリ(3-ヒドロキシブタン酸)分解細菌とポリ(エチレンサクシネート)分解細菌の分布, 第44回繊維学会夏季セミナー, 2013年
  • 脂肪族ポリエステルの一次構造と環境分解性, 第44回繊維学会夏季セミナー, 2013年
  • 非可食バイオマス由来フルフラールを原料とするポリ(ブチレンサクシネート-co-オキサビシクレート)(PBSO)の合成と物性評価, 第44回繊維学会夏季セミナー, 2013年
  • Synthesis and Characterization of Renewable Polyester Containing, 62nd SPSJ Annual Meeting, 2013年
  • 海洋性ポリヒドロキシブタン酸分解菌およびその分解酵素の特徴付け, 平成25年度繊維学会年次大会, 2013年
  • フルフラール由来オキサビシクロ骨格含有ポリエステルの合成と特性, 第44回繊維学会夏季セミナー, 2013年
  • フルフラール由来オキサビシクロ骨格含有モノマーからの ポリブチレンサクシネート共重合体の合成と生分解性評価, 日本化学会関東支部群馬地区地域懇談会, 2013年
  • α,ω-ジカルボン酸と1,4-ブタンジオールからなる脂肪族ポリエステルの合成と生分解性評価, 日本化学会関東支部群馬地区地域懇談会, 2013年
  • 海洋性ポリ(3-ヒドロキシブタン酸)分解細菌およびその分解酵素の特徴づけ, 日本化学会関東支部群馬地区地域懇談会, 2013年
  • フルフラール由来オキサビシクロ骨格含有ポリエステルの合成と生分解性, 第62回高分子討論会, 2013年
  • 中温性細菌による脂肪族芳香族共重合ポリエステルの分解, 第62回高分子討論会, 2013年
  • 脂肪族ポリエステルの構造と環境分解性, 第62回高分子討論会, 2013年
  • 酸塩基イオン対形成を利用したポリ乳酸ステレオコンプレックスの優先形成, 第28回群馬・栃木地区講演会, 2013年
  • 海洋性ポリ(3-ヒドロキシブタン酸)分解細菌の特徴付けとその酵素, 第28回群馬・栃木地区講演会, 2013年
  • ポリ(δ-バレロラクトン)の環境分解性, 第28回群馬・栃木地区講演会, 2013年
  • 脂肪族ジオールと脂肪族ジカルボン酸からなるポリエステルの合成と生分解性評価, 第28回群馬・栃木地区講演会, 2013年
  • 脂肪族-芳香族共重合ポリエステル生分解時の周辺環境微生物叢解析, 第28回群馬・栃木地区講演会, 2013年
  • ポリ(3-ヒドロキシブタン酸)の酵素分解機構, 第28回群馬・栃木地区講演会, 2013年
  • バイオマス由来フルフラールを出発物質とする新規ポリエステルの合成, 第28回群馬・栃木地区講演会, 2013年
  • ポリ(エチレンスクシナート)の微生物分解, 第28回群馬・栃木地区講演会, 2013年
  • 海洋性ポリヒドロキシアルカン酸分解菌およびその分解酵素の特徴付け, 第28回群馬・栃木地区講演会, 2013年
  • Synthesis and Characterization of Renewable Polyester Containing, 62nd SPSJ Annual Meeting, 2013年
  • バイオマス資源からの脂肪族ポリエステルの合成と改質~PLA・PBS誘導体~, エコマテリアル研究会, 2012年
  • バイオマス由来フルフラールを出発物質とする新規ポリエステルの合成と生分解特性評価, 第61回 高分子学会年次大会, 2012年
  • Production of renewable monomers from inedible biomass-based furfural for biodegradable polyesters, and evaluation of their biomass carbon ratios, 243rd ACS National Meeting, 2012年
  • ジオールとジカルボン酸からなる脂肪族ポリエステルの 合成と生分解性評価, 第61回 高分子学会年次大会, 2012年
  • 脂肪族―芳香族共重合ポリエステル分解微生物の特徴付け, 繊維系研究機関シンポジウム, 2012年
  • 脂肪族ジオールと脂肪族ジカルボン酸からなるポリエステルの合成と生分解性評価, 繊維系研究機関シンポジウム, 2012年
  • 海洋性PHB分解菌とPHB分解酵素の特徴付け, ,繊維系研究機関シンポジウム, 2012年
  • バイオマス由来フルフラールを出発物質とする新規ポリステルの合成, 繊維系研究機関シンポジウム, 2012年
  • 海洋性ポリ-3-ヒドロキシブタン酸分解細菌の特徴付け, 日本化学会関東支部群馬地区地域懇談会, 2012年
  • ポリ-δ-バレロラクトンの環境分解性及び分解微生物の特徴付け, 日本化学会関東支部群馬地区地域懇談会, 2012年
  • Production of renewable monomers from inedible biomass-based furfural for biodegradable polyesters, and evaluation of their biomass carbon ratios, 243rd ACS National Meeting, 2012年
  • セルロースアセテートブチレートによるポリブチレンサクシネートの生分解性制御, マテリアルライフ学会「第 22 回研究発表会,特別講演会」, 2011年
  • 脂肪族―芳香族ポリエステル分解微生物の特徴づけ, マテリアルライフ学会「第 22 回研究発表会,特別講演会」, 2011年
  • Control of biodegradability and plasticization of poly(butylene succinate) with cellulose derivertive, 60th SPSJ Annual Meeting, 2011年
  • Control of biodegradability and plasticization of poly(butylene succinate) with cellulose derivertive, 60th SPSJ Annual Meeting, 2011年
  • Control of Biodegradability of Poly(butylene succinate) by Addition of Cellulose Acetate Butyrate: The Second Thai-Japan Bioplastics and Biobased Materials Symposium, The Second Thai-Japan Bioplastics and Biobased Materials Symposium, 2010年
  • Chemical Synthesis of Fully Biomass-based Poly(butylene succinate) and the Evaluation of Its Biomass Carbon Ratio, 18th Annual Meeting of the BioEnvironmental Polymer Society (BEPS2010), 2010年
  • Control of Biodegradability of Poly(butylene succinate) by Addition of Cellulose Acetate Butyrate: The Second Thai-Japan Bioplastics and Biobased Materials Symposium, The Second Thai-Japan Bioplastics and Biobased Materials Symposium, 2010年
  • Chemical Synthesis of Fully Biomass-based Poly(butylene succinate) and the Evaluation of Its Biomass Carbon Ratio, 18th Annual Meeting of the BioEnvironmental Polymer Society (BEPS2010), 2010年
  • Biobased myo-Inositol as Additive for Poly(lactic acid), The 2nd International Conference on Bio-based Polymers (ICBP2009), 2009年
  • Physical Properties and Biomass Carbon Ratio of Poly(butylenes succinate)/Cellulose Acetate Butyrate Melt Blend, The 2nd International Conference on Bio-based Polymers (ICBP2009), 2009年
  • Biobased myo-Inositol as Additive for Poly(lactic acid), The 2nd International Conference on Bio-based Polymers (ICBP2009), 2009年
  • Physical Properties and Biomass Carbon Ratio of Poly(butylenes succinate)/Cellulose Acetate Butyrate Melt Blend, The 2nd International Conference on Bio-based Polymers (ICBP2009), 2009年
  • Promotion of Stereo Complex Formation of Polylactide with Ion Complex Formation of Poly-L-lactide and Poly-D-lactide, American Chemical Society 233rd National Meeting, 2007年
  • Promotion of Stereo Complex Formation of Polylactide with Ion Complex Formation of Poly-L-lactide and Poly-D-lactide, American Chemical Society 233rd National Meeting, 2007年
  • Asymmetric Benzoin Condensation Catalyzed by Rotaxane Having Chiral Thiazolium Salt Moiety: Effective Asymmetric Reaction Field Developed on Rotaxane, 15th International Symposium on Chirality (ISCD2003), 2003年
  • Asymmetric Benzoin Condensation Catalyzed by Rotaxane Having Chiral Thiazolium Salt Moiety: Effective Asymmetric Reaction Field Developed on Rotaxane, 15th International Symposium on Chirality (ISCD2003), 2003年
  • Chirality-Functionalized Rotaxanes, 2002 International Symposium on Macrocyclic Chemistry Symposium (ISMC2002), 2002年
  • Chirality-Functionalized Rotaxanes, 2002 International Symposium on Macrocyclic Chemistry Symposium (ISMC2002), 2002年
  • Introduction of Functional Group onto Axle of [2] Rotaxane, 2001 International Symposium on Macrocyclic Chemistry Symposium (ISMC2001), 2001年
  • Introduction of Functional Group onto Axle of [2] Rotaxane, 2001 International Symposium on Macrocyclic Chemistry Symposium (ISMC2001), 2001年
  • Unexpectedly Lowered Acidity of Ammonium Group on Rotaxane and Its Acylative Neutralization, International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2000 (PACIFICHEM 2000), 2000年
  • Unexpectedly Lowered Acidity of Ammonium Group on Rotaxane and Its Acylative Neutralization, International Chemical Congress of Pacific Basin Societies 2000 (PACIFICHEM 2000), 2000年

Works(作品等)

  • 現代化学2005年4月号の表紙イラスト作成, 2005年

産業財産権

  • 特許権, フランポリマー含浸木材の製造方法, 丸山淳治、橘熊野, 特願2019- 86903, 2019年04月27日, 株式会社テオリアランバーテック、国立大学法人群馬大学, はい
  • 特許権, フランポリマー含浸木材の製造方法, 丸山淳治、橘熊野, 特願2019- 86902, 2019年04月27日, 株式会社テオリアランバーテック、国立大学法人群馬大学, はい
  • 特許権, 反応性シリル基含有ビフラン化合物の製造方法、及び反応性シリル基含有ビフラン化合物, 橘熊野、別府俊亮、粕谷健一, 特願2021-179202, 2021年11月, 国立大学法人群馬大学, はい
  • 特許権, ビフラン骨格含有ポリカルボシランの製造方法、及びビフラン骨格含有ポリカルボシラン, 橘熊野、別府俊亮、粕谷健一, 特願2021-196315, 2021年12月, 国立大学法人群馬大学, はい
  • 特許権, 生分解性高分子の分解制御方法, 粕谷健一,橘熊野,山畑雅之,手島武雄, WO2013/180124, 2012年05月30日, 群馬大学.株式会社テシマ
  • 特許権, ヘテロール多量体の製造方法, 橘熊野、和佐野達也、粕谷健一, 2018-125126, 2018年06月29日, 国立大学法人群馬大学, 2020-2103, 2020年01月09日, はい
  • 特許権, 生分解性ポリエステル, 橘熊野,粕谷健一,永山晃次, 2014-150083, 群馬大学, 6407600
  • 特許権, 植物由来ポリエステルの製造方法とその製法により得られるポリエステル, 増田隆志,国岡正雄,船橋正弘,橘熊野, 20101110, 2011-122144
  • 特許権, ポリ乳酸樹脂組成物, 橘熊野,前田拓也,前田育克, 200850460, 2006年03月17日, 和歌山県, 47351354号
  • 特許権, ポリ乳酸樹脂組成物, 橘熊野, 前田拓也, 前田育克, 2008-50460, 4967149
  • 特許権, 有機繊維強化ブラスチック廃棄物の再生方法, 久保田静男,前田拓也,橘熊野,吉海和正,堀 雅美,坂本 準, 2005年07月14日, 和歌山県, 福岡県, 株式会社京屋, 4096000
  • 特許権, ポリ乳酸組成物, 橘熊野,前田拓也,前田育克, 2006年08月24日, 和歌山県, 4967149
  • 特許権, 塗装成型品および塗装成型品の製造方法, 上田重雄,南島美沙,妹背隆雄,橘熊野,前田拓也,沖見 龍二, 2007年03月13日, 2008-222873
  • 特許権, フルフラールからの100%植物由来化成品の製造方法とその化成品, 増田隆志,国岡正雄,船橋正弘,橘熊野, 2011年11月10日, 独立行政法人産業技術総合研究所, WO2011/059013
  • 特許権, 樹脂組成物の物理的性質制御方法, 橘熊野,前田拓也,前田育克, 2006年03月24日, 和歌山県, 2007-254639, 5223076

受賞

  • 横山科学技術賞, 橘 熊野, 環境調和型材料としてのバイオベースプラスチックと生分解性プラスチックの創成, 群馬大学理工学部・大学院理工学府, 2018年08月
  • 日本化学会第83春季年会学生講演賞, 橘 熊野, ロタキサン構造を有する光学活性チアゾリウム塩の 合成とそれを触媒とする不斉ベンゾイン縮合, 公益社団法人日本化学会, 2003年03月
  • Outstanding Reviewer for Materials Chemistry Frontiers in 2016, Outstanding Reviewer for Materials Chemistry Frontiers in 2016, Yuya Tachibana, Royal Society of Chemistry, 2017年03月
  • 平成26年度繊維学会年次大会(創立70周年記念大会)若手優秀発表賞, 橘 熊野, 一般社団法人 繊維学会, 2014年06月

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 生分解開始スイッチ機能を有する海洋分解性プラスチックの研究開発, (代表)粕谷健一, NEDO, NEDO ムーンショット型研究開発事業/地球環境再生に向けた持続可能な資源循環を実現, 2020年11月01日, 2025年03月31日, 研究分担者, 競争的資金
  • 高分子材料におけるベンゼン環からビフラン骨格への転換, 橘 熊野, TACHIBANA Yuya, 国立研究開発法人科学技術振興機構, JST, 未来社会創造事業, JST MIRAI, 2019年11月, 2023年03月, 研究代表者, 競争的資金
  • フラン環の構造特性を利用した高機能性高分子の創出, Development of highly functional polymer using structural characteristics of furan ring, 橘 熊野, TACHIBANA Yuya, 国立研究開発法人科学技術振興機構, Japan Science and Technology Agency (JST), 戦略的創造研究推進事業: ALCA(先端的低炭素化技術開発), Strategic Basic Research Programs: ALCA (Advanced Low Carbon Technology Research and Development Program), 2016年11月, 2020年03月, 研究代表者, 競争的資金
  • 脂肪族ポリエステルの生分解性・化学構造相関解明, 橘 熊野, TACHIBANA Yuya, 文部科学省, MEXT, 科学研究費 基盤研究(C), KAKENHI, 2016年04月, 2019年03月, 研究代表者, 競争的資金
  • フルフラールを出発原料とする汎用高分子モノマーライブラリの構築, Constructin of monomer library for commodity plastics derived from furfural, 橘 熊野, TACHIBANA Yuya, 国立研究開発法人科学技術振興機構, Japan Science and Technology Agency, 戦略的創造研究推進事業: さきがけ, Strategic Basic Research Programs: PRESTO, 2013年10月, 2017年03月, 研究代表者, 競争的資金
  • オキサビシクロ骨格を有する新奇ポリエステルの創成, novel biomass polyester, 橘 熊野, TACHIBANA Yuya, 科学技術振興機構 (JST), Japan Science and Technology Egency (JST), A-STEP 探索タイプ, A-STEP, 2013年08月, 2014年03月, 研究代表者, 競争的資金
  • バイオマス由来超分子ポリマーの創製と超分子構造による生分解性制御, Biomass and biodegradable polymer, 橘 熊野, Yuya Tachibana, 文部科学省, MEXT, 科学研究費補助金(若手研究(B)), KEKENHI, 若手研究(B), 若手研究(B), 群馬大学, 群馬大学, 2012年04月, 2015年03月, 研究代表者, 競争的資金, 24710087
  • 非可食バイオマス資源を原料とする新規生分解性高分子の創成と生分解性の制御, Biomass and Biodegradable polymer, 橘 熊野, Yuya Tachibana, 文部科学省, MEXT, 科学研究費補助金(研究活動スタート支援), KAKENHI, 研究活動スタート支援, 研究活動スタート支援, 群馬大学, 群馬大学, 2011年10月, 2012年03月, 研究代表者, 競争的資金, 23810003
  • 改質ポリ乳酸の創製及びそれらの射出成形・加工技術の開発, 橘 熊野, 経済産業省, 地域新生コンソーシアム研究開発事業, 2006年04月, 2008年03月, 研究代表者, 競争的資金
  • 次世代エレクトロニクス・デバイス用有機材料の開発, 久保田 静男, 文部科学省, 都市エリア産学官連携促進事業, 2004年04月, 2006年03月, 競争的資金
  • Poly lactide Materials, 2004年, 2007年, 競争的資金
  • Organic EL Materials, 2004年, 2008年, 競争的資金
  • FRP Recycles, 2004年, 2005年, 競争的資金
  • 不飽和ポリエステル樹脂からなるFRPのリサイクルに関する研究, 経済産業省, 新規産業創造型提案公募制度, 2004年, 2005年, 競争的資金

学術貢献活動

  • 第1回 群馬大学食健康教育研究センター国際シンポジウム / ALCA-JSTワークショップ, 大会・シンポジウム等, 2019年11月06日, 群馬大学工学部同窓記念会館(群馬県桐生市天神町1-5-1), 国際学術貢献している

教育活動情報

担当経験のある科目(授業)

  • 応用化学・生物化学実験IV, 群馬大学
  • 専門英語演習, 群馬大学
  • 学びのリテラシー, 群馬大学
  • 基礎化学実験, 群馬大学
  • 化学・生物化学実験, 群馬大学
  • 食品生産工学特論, 群馬大学
  • ファイブロバイオ工学特論, 群馬大学
  • 化学・生物化学演習IV(有機化学演習), 群馬大学

社会貢献活動情報

社会貢献活動

  • 生分解性プラスチックの現状と課題, 栃木県, 令和2(2020)年度 とちぎ環境産業振興協議会 第1回環境技術活用促進事業 , 2020年10月29日, 2020年10月29日, 栃木県庁, 講演会(対象:研究者, 社会人・一般, 企業, 市民団体, 行政機関)


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.