研究者データベース

米山 賢
ヨネヤマ マサル
分子科学部門
准教授
Last Updated :2022/05/31

研究者基本情報

研究者

  • 氏名

    米山 賢, ヨネヤマ マサル

基本情報

  • 研究者氏名(日本語)

    米山, 賢

使用外国語

  • 発表に使用する外国語

    英語
  • 執筆に使用する外国語

    英語

所属

  • 群馬大学

学歴

  • 1989年, 東京工業大学, 理工学研究科, 有機材料工学専攻
  • 1986年, 東京工業大学, 理工学研究科, 有機材料工学専攻
  • 1984年, 東京工業大学, 工学部, 有機材料工学科
  • 1989年, 東京工業大学
  • 1986年, 東京工業大学
  • 1984年, 東京工業大学

学位

  • 工学博士

所属学協会

  • 有機合成化学協会
  • 日本化学会
  • 高分子学会
  • アメリカ化学会
  • 繊維学会

経歴

  • 1989年, 1990年, 米国南ミシシッピ大学 博士研究員
  • 1990年, 1997年, 群馬大学 助手
  • 1997年, - 群馬大学 助教授
  • 1989年, 1990年
  • 1990年, 1997年, 群馬大学
  • 1997年

共同研究・希望テーマ

  • 機能性高分子に関する研究, 産学連携,民間を含む他機関との共同研究, 技術相談:不可, 共同研究:可, その他:不可

共同研究・受託研究の実績

  • 照明の飛散防止素材について, 2007年03月, 2008年02月

研究活動情報

研究分野

  • ナノテク・材料, 高分子化学

研究キーワード

  • 高分子合成
  • 機能性高分子
  • 有機金属化学
  • イオン液体
  • 高分子合成、機能性高分子、有機金属化学、イオン液体

研究テーマ

  • イオン液体中での高分子合成, イオン液体、高分子, 個人研究, 2004, -, 高分子化学, 有機工業材料, その他の研究
  • イオン液体を用いた天然高分子-合成高分子複合膜の作製とその性質, イオン液体、天然高分子、合成高分子、複合膜, 個人研究, 2008, -, 高分子・ 繊維材料, その他の研究

論文

  • 芳香族ジアミン、芳香族ジアルデヒド、硫黄からの酸化的環化重合によるポリベンゾチアゾールの合成, 中村啓太、山延 健、米山 賢, 2021年11月25日, ポリイミド・芳香族系高分子 最近の進歩2021年, 48, 51, 研究論文(研究会,シンポジウム資料等)
  • 芳香族ジアミン、芳香族ジアルデヒド、硫黄からの酸化的環化重合によるポリベンゾチアゾールの合成, 中村啓太、山延 健、米山 賢, 2020年05月15日, ポリイミド・芳香族系高分子 最近の進歩2020年, 84, 87
  • レドックス反応を用いたジニトリルとジオールからの芳香族ポリアミドの合成, 森山愛里紗、山延 健、米山 賢, 2020年05月15日, ポリイミド・芳香族系高分子 最近の進歩2020年, 88, 91
  • Ru触媒を用いた脂肪族ジアジドと脂肪族ジアルキンからのポリ(1,5-トリアゾール)合成の検討, 米山 賢,山延 健,宮田彩美, 2019年09月30日, ポリイミド・芳香族系高分子 最近の進歩2019年, 78, 81
  • イオン液体と酸素を用いたキシリレンジアミンからの ポリイミンの合成の検討, 米山 賢,山延 健,新井康弘, 2019年09月30日, ポリイミド・芳香族系高分子 最近の進歩2019年, 82, 85
  • Structure and physical properties of poly(lactic acid) and cyclodextrin composite, Takeshi Yamanobe,Hayata Takeda,Yoshihisa Takada,Daisuke Nagai,Masaru Yoneyama,Hiroki Uehara,Keiko Takahashi, 2019年02月, J. Inclusion Phenomena Macrocyclic Chem., J. Inclusion Phenomena Macrocyclic Chem., 93, 1-2
  • Structure and physical properties of poly(lactic acid) and cyclodextrin composite, Yamanobe, Takeshi;Takeda, Hayata;Takada, Yoshihisa;Nagai, Daisuke;Yoneyama, Masaru;Uehara, Hiroki;Takahashi, Keiko, 2019年, JOURNAL OF INCLUSION PHENOMENA AND MACROCYCLIC CHEMISTRY, JOURNAL OF INCLUSION PHENOMENA AND MACROCYCLIC CHEMISTRY, 93, 1-2, 117, 126
  • セシウム塩触媒による脂肪族ジアミンと二酸化炭素からのポリウレアの合成, 西田悠人,米山 賢, 2018年08月, ポリイミド・芳香族系高分子 最近の進歩2018年, 130, 133
  • In触媒とジシロキサン還元剤を用いたジアルデヒドと単体硫黄からのポリチオエーテルの合成, 米山 賢,木村駿汰, 2018年08月, ポリイミド・芳香族系高分子 最近の進歩2018年, 122, 125
  • Effect of Kneading and Composition on the Structure and Physical Properties of EPDM/PP Thermoplastic Elastomer, Iwabuchi, Ryunosuke;Nagai, Daisuke;Yoneyama, Masaru;Uehara, Hiroki;Yamanobe, Takeshi;Manaka, Masakazu, 2018年, KOBUNSHI RONBUNSHU, KOBUNSHI RONBUNSHU, 75, 4, 337, 346
  • 試料組成および練り時間が熱可塑性エラストマーの物性と構造に与える影響, 岩淵 龍之介;永井 大介;米山 賢;上原 宏樹;山延 健;眞中 将一, 2018年, 高分子論文集, KOBUNSHI RONBUNSHU, 75, 4, 337, 346
  • セシウム塩触媒を用いた脂肪族ジアミンと二酸化炭素とからのポリウレアの合成, 米山 賢,西田悠人, 2017年05月, ポリイミド・芳香族系高分子 最近の進歩2017年
  • Self-assembly of acetylated dextran with various acetylation degrees in aqueous solutions: Studied by light scattering, Isala Dueramae,Masaru Yoneyama,Naoki Shinyashiki,Shin Yagihara,Rio Kita, 2017年03月01日, Carbohydrate Polymers, 159, 171, 177, 研究論文(学術雑誌)
  • Corrigendum to "Self-assembly of acetylated dextran with various acetylation degrees in aqueous solutions: Studied by light scattering" [Carbohydrate Polymers 159 (2017) 171-177]., Dueramae Isala;Yoneyama Masaru;Shinyashiki Naoki;Yagihara Shin;Kita Rio, 2017年01月22日, Carbohydrate polymers, Carbohydrate polymers, 161
  • Self-assembly of acetylated dextran with various acetylation degrees in aqueous solutions: Studied by light scattering, Dueramae, Isala;Yoneyama, Masaru;Shinyashiki, Naoki;Yagihara, Shin;Kita, Rio, 2017年, CARBOHYDRATE POLYMERS, CARBOHYDRATE POLYMERS, 159, 171, 177
  • Self -assembly of acetylated dextran with various acetylation degrees in aqueous solutions: Studied by light scattering (vol 159, pg 171, 2017), Dueramae, Isala;Yoneyama, Masaru;Shinyashiki, Naoki;Yagihara, Shin;Kita, Rio, 2017年, CARBOHYDRATE POLYMERS, CARBOHYDRATE POLYMERS, 161, 306, 306
  • Self-assembly of acetylated dextran with various acetylation degrees in aqueous solutions: Studied by light scattering., Dueramae Isala;Yoneyama Masaru;Shinyashiki Naoki;Yagihara Shin;Kita Rio, 2016年12月10日, Carbohydrate polymers, Carbohydrate polymers, 159
  • セシウム塩触媒を用いた脂肪族ジアミンと二酸化炭素とからのポリウレアの合成, 米山 賢,西田悠人, 2016年06月, ポリイミド・芳香族系高分子 最近の進歩2016年
  • 特異的分子間水素結合を介したポリマー, 手島真広,米山 賢, 2016年06月, ポリイミド・芳香族系高分子 最近の進歩2016年
  • ジアミンと硫黄を用いたポリチオアミド合成, 米山 賢,遠藤広夢, 2016年06月, ポリイミド・芳香族系高分子 最近の進歩2016年
  • クリック反応を用いたポリ(1,5-トリアゾール)の合成, 米山 賢,藤原文哉, 2016年06月, ポリイミド・芳香族系高分子 最近の進歩2016年
  • イオン液体を反応場とする新規重合方法の開発, 米山 賢, 2016年, 繊維学会誌, Sen'i Gakkaishi, 72, 10, P, 480-P-481
  • 水媒体を反応場とするポリラクトンの合成, 笠井 奨,米山 賢, 2015年05月, ポリイミド・芳香族系高分子 最近の進歩2015年
  • イオン液体を反応場とするジイソシアナートを活用したポリイミドの合成, 中村奏美,米山 賢, 2014年08月, ポリイミド・芳香族高分子 最近の進歩2014
  • 鉄触媒クロスカップリング反応による重縮合, 米山 賢,佐々木健斗, 2013年08月, ポリイミド・芳香族高分子 最近の進歩2013
  • イオン液体中での芳香族ジアジドと脂肪族ジアルキンの環化付加重合, 米山 賢,盛合那緒, 2013年08月, ポリイミド・芳香族高分子 最近の進歩2013
  • イオン液体中でのFriedel-Crafts反応によるポリケトンの合成, 米山 賢,吉田磨代, 2012年08月, ポリイミド・芳香族高分子 最近の進歩2012年
  • Poly(N-isopropylacrylamide-co-hydroxyethyl methacrylate) Graft Copolymers and Their Application as Carriers for Drug Delivery System, T. M. Quynh,M. Yoneyama,Y. Maki,T. Dobashi, 2012年02月, J. Appl. Polym. Sci., J. Appl. Polym. Sci., 123
  • Molecular Dynamics of Poly(N-isopropylamide) in Protic and Aprotic Solvents Studied by Dielectric Relaxation Spectroscopy, S. Nakano,T. Ogiso,R. Kita,N. Shinyashiki,S. Yagihara,M. Yoneyama,Y. Katsumoto, 2012年01月, J. Phys. Chem. B, J. Phys. Chem. B, 116
  • Molecular Dynamics of Poly(N-isopropylacrylamide) in Protic and Aprotic Solvents Studied by Dielectric Relaxation Spectroscopy, Nakano, Shinya;Sato, Yasuhiro;Kita, Rio;Shinyashiki, Naoki;Yagihara, Shin;Sudo, Seiichi;Yoneyama, Masaru, 2012年, JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY B, JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY B, 116, 2, 775, 781
  • Thermoreversible gelation of isotactic-rich poly(N-isopripylacrylamide) in water, S. Nakano,Y. Sato,R. Kita,N. Shinyashiki,S. Yagihara,S. Sudo,M. Yoneyama, 2011年09月, J. Chem. Phys., J. Chem. Phys., 135
  • イオン液体中でのA-B型芳香族ポリアミドの合成とその形態制御, 米山 賢,宇賀地宏太, 2011年08月, ポリイミド・芳香族系高分子 最新の研究2011年
  • イオン液体中での無水トリメリット酸を用いたポリ(アミド-イミド)の合成, 米山 賢,久保田裕一郎, 2011年05月, ポリイミド・芳香族高分子 最新の研究2010年
  • Thermoreversible gelation of isotactic-rich poly(N-isopropylacrylamide) in water, Nakano, Shinya;Ogiso, Takao;Kita, Rio;Shinyashiki, Naoki;Yagihara, Shin;Yoneyama, Masaru;Katsumoto, Yukiteru, 2011年, JOURNAL OF CHEMICAL PHYSICS, JOURNAL OF CHEMICAL PHYSICS, 135, 11
  • イオン液体を反応場とする高分子合成, 米山 賢, 2009年12月, ケミカルエンジニアリング, 53巻, 12号
  • イオン液体を反応場とするジカルボン酸とジイソシアナートからのポリアミドの合成, 米山 賢,市村菜穂子, 2009年08月, ポリイミド・芳香族系高分子 最近の進歩2009
  • イオン液体中での高分子合成, 米山 賢, 2009年08月, 高分子, 57巻, 8号
  • Properties of Radiation-Induced Crosslinking Stereocomplexes Derived From Poly(L-Lactide) and Different Poly(D-Lactide), T.M. Quynh,H. Mitomo,M. Yoneyama,N.Q. Hien, 2009年05月, Polym. Eng. Sci., Polym. Eng. Sci., 49, 5
  • Properties of Radiation-Induced Crosslinking Stereocomplexes Derived From Poly(L-Lactide) and Different Poly(D-Lactide), Quynh, Tran Minh;Mitomo, Hiroshi;Yoneyama, Masaru;Hien, Nguyen Quoc, 2009年, POLYMER ENGINEERING AND SCIENCE, POLYMER ENGINEERING AND SCIENCE, 49, 5, 970, 976
  • 30aPS-118 水溶性高分子におけるルードヴィッヒ・ソレー効果の温度依存性(30aPS 領域12ポスターセッション,領域12(ソフトマター物理,化学物理,生物物理)), 岸川 友貴;佐藤 康弘;喜多 理王;新屋敷 直木;八木原 晋;米山 賢;Wiganed Simone, 2009年, 日本物理学会講演概要集, Meeting Abstracts of the Physical Society of Japan, 64, 0
  • イオン液体を縮合剤とする脂肪族―芳香族ポリイミドの合成, 米山 賢,植木千栄, 2008年08月, ポリイミド・芳香族系高分子 最近の進歩2008
  • イオン液体を用いるポリアミド酸の脱水環化反応, 米山 賢,森泉智史, 2008年08月, ポリイミド・芳香族系高分子 最近の進歩2008
  • イオン液体中でのポリウレタン・ポリウレア合成, 米山 賢,上田寛子,大賀大介, 2008年08月, ポリイミド・芳香族系高分子 最近の進歩2008
  • イオン液体中での高分子合成, 米山 賢, 2008年06月, 高分子, 57, 6
  • イオン液体中での高分子合成, 米山 賢, 2008年06月, 高分子, Kobunshi, 57, 6
  • イオン液体を縮合剤兼溶媒とするポリイミドの合成, 米山 賢,松井雄一,森泉智史, 2007年05月, ポリイミド・芳香族系高分子 最近の進歩2007
  • Synthesis of PolyimidesUsing Ionic Liquids As Condensation Agents and Medium, Masaru Yoneyama,Yuichi Matsui,Satoshi Morizumi, 2007年05月, Proceeding of Asian Conference and 7th Japan-China Seminar on Polyimides and Advanced Aromatic Polymers, Proceeding of Asian Conference and 7th Japan-China Seminar on Polyimides and Advanced Aromatic Polymers
  • Direct Polycondensation of Aromatic Tetracarboxylic acids with Aromatic Diamines in Lonic Liquids, M. Yoneyama,Y. Matsui, 2006年10月, High Perform. Polym., High Perform. Polym., 18, 5
  • Synthesis and Phase Behavior of Aqueoous Poly(N-isopropylacrylamide-co-acrylamide-co-acrylic acid), Z. Shen,G. Ma,T. Dobashi,Y. Maki,M. Yoneyama,T. Yamamoto, 2006年, Trans. Mater. Res. Soc. Jpn, Trans. Mater. Res. Soc. Jpn, 31, 3
  • Direct polycondensation of aromatic tetracarboxylic acids with aromatic diamines in ionic liquids, Yoneyama, Masaru;Matsui, Yuichi, 2006年, HIGH PERFORMANCE POLYMERS, HIGH PERFORMANCE POLYMERS, 18, 5, 817, 823
  • イオン性液体を溶媒とする重縮合, 米山 賢,石坂知子, 2003年07月, ポリイミド最近の進歩2003
  • Synthesis and Properties of New Halogen-Substituted Polyamides from 5-Halo-m-phenylenediamine and Both Aliphatic and Aromatic Dicarboxylic Acids, YONEYAMA MASARU, 2000年10月, J. Polym. Sci., Part A, Polym. Chem., J. Polym. Sci., Part A, Polym. Chem., 38, 21
  • Synthesis and properties of new semifluoroalkylene-containing aromatic-aliphatic polyamides derived from aromatic diamines and semifluoroaliphatic dicarboxylic acids, YONEYAMA MASARU, 1999年, Macromol. Chem. Phys., Macromol. Chem. Phys., 200/10,2208
  • Novel Synthesis of Linear Polyimides by Palladium-Catalyzed Carbonylation Polycondensation of Aromatic Diamides, Aromatic Dibromides, and Carbon Monoxide, Yoneyama Masaru;Nasa Toshihisa;Arai Kozo, 1998年09月, Polymer journal, Polymer Journal, 30, 9, 697, 701
  • Novel Synthesis of Linear Polyimides by Palladium-Catalyzed Carbonylation Polycondensation of Aromatic Diamines, Aromatic Dibromides, and Carbon Monoxide, YONEYAMA MASARU, 1998年, Polym. J., Polym. J., 30/9,697
  • ルテニウム触媒を用いる芳香族テトラアミンと脂肪族ジニトリルとからのポリベンゾイミダゾールの合成, 米山 賢;大木 将子, 1997年04月, 高分子論文集, KOBUNSHI RONBUNSHU, 54, 4, 224, 228
  • ルテニウム触媒を用いる芳香族テトラアミンと脂肪族ジニトリルとからのポリベンゾイミダ゛ゾールの合成, 米山 賢, 1997年, 高分子論分集, 54/4,224-228
  • Synthesis of Polybenzimidazoles by Ruthenium-catalyzed Polycondensation of Aromatic Tetramine and Aliphatic Dinitriles, YONEYAMA MASARU, 1997年, Kobunshi Ronbunshu, Kobunshi Ronbunshu, 54/4,224-228
  • Poly(thioether imide)s via chloro-displacement polymerization, YONEYAMA MASARU, 1995年, Polymer Bulltin, Polymer Bulltin, 34/3,287-294
  • Thianthrene-Containing Polyimides with Monomer Formation via Nuclephilic Aromatic Substitution, YONEYAMA MASARU, 1995年, Journal of Polymer Science, Part A, Polymer Chemistry, Journal of Polymer Science, Part A, Polymer Chemistry, 33/11,1891-1899
  • 遷移金属触媒を用いる縮合系高分子の合成, 米山 賢, 1994年, 有機合成化学協会誌, 51/9,794-803
  • ポリ(4-メチル-m-フェニレンテレフタルアミド)繊維の熱的及び力学的性質, 米山 賢, 1994年, 繊維学会誌, 50/2,62-67
  • ポリ(4-メチル-m-フェニレンテレフタルアミド)フィルムの動的粘弾性, 米山 賢, 1994年, 繊維学会誌, 50/2,68-72
  • Dynamic Viscoelasticity of Poly(4-methyl-m-phenyleneterephthalamide) Film, YONEYAMA MASARU, 1994年, Sen-i Gakkaishi, Sen-i Gakkaishi, 50/2,68-72
  • Synthesis of Condensation Polymers by Using Transition Metal Catalysts, YONEYAMA MASARU, 1994年, Journal of Synthetic Organic Chemistry, Japan, Journal of Synthetic Organic Chemistry, Japan, 51/9,794-803
  • Thermal and Mechanical Properties of Poly(4-methyl-m-phenyleneterephthalamide) Fiber, YONEYAMA MASARU, 1994年, Sen-i Gakkaishi, Sen-i Gakkaishi, 50/2,62-67
  • ポリ(4‐メチル‐m‐フェニレンテレフタルアミド)繊維の熱的及び力学的性質, 黄 國雄;有沢 資生;米山 賢;新井 幸三, 1994年, 繊維学会誌, Sen'i Gakkaishi, 50, 2, 62, 67
  • ポリ(4‐メチル‐m‐フェニレンテレフタルアミド)フィルムの動的粘弾性, 黄 國雄;米山 賢;新井 幸三;小祝 和彦, 1994年, 繊維学会誌, Sen'i Gakkaishi, 50, 2, 68, 72
  • Amino Acid End-Group in Commercial Heparin. III. Determination of the Number of Amino Groups of Amino Acid and Hexosamine Residues per Heparin Molecule, YONEYAMA MASARU, 1993年, Journal of Polymer Science Part A : Polymer Chemistry, Journal of Polymer Science Part A : Polymer Chemistry, 31/1,249-258
  • 遷移金属触媒を用いる縮合系高分子の合成, 今井 淑夫;米山 賢, 1993年, 有機合成化学協会誌, Journal of Synthetic Organic Chemistry, Japan, 51, 9, 794, 803
  • Preparation and Properties of New Aromatic Polyamides from 4,4'-Diaminotriphenylamine and Aromatic Dicarboxylic Acids, YONEYAMA MASARU, 1990年, Journal of Polymer Science Part A : Polymer Chemistry, Journal of Polymer Science Part A : Polymer Chemistry, 28/7,1763-1769
  • Novel synthesis of aromatic polyamides by nickel-catalyzed polycondensation of aromatic dibromides, an aromatic diamine, and carbon monoxide, YONEYAMA MASARU, 1990年, Makromolekulare Chemie, Rapid Communication, Makromolekulare Chemie, Rapid Communication, 11/8,381-386
  • Novel Synthesis of Poly(acylhydrazide)s by Palladium-Catalyzed Polycondensation of Dihydrazides, Aromatic Dibromides, and Carbon Monoxide, YONEYAMA MASARU, 1989年, Macromolecules, Macromolecules, 22/11,4152-4155
  • Synthesis of Aliphatic-Aromatic Polyamides by Palladium-Catalyzed Polycondensation of Aliphatic Diamines, Aromatic Dibromides, and Carbon Monoxide, YONEYAMA MASARU, 1989年, Journal of Polymer Science Part A : Polymer Chemistry, Journal of Polymer Science Part A : Polymer Chemistry, 27/6,1985-1992
  • Preparation and Properties of Polyarylates and Copolyarylates from Phenylindanedicarbonyl chloride and Bisphenols, YONEYAMA MASARU, 1989年, Journal of Polymer Science Part A : Polymer Chemistry, Journal of Polymer Science Part A : Polymer Chemistry, 27/2,979-988
  • Novel synthesis of Polycinnamamides by Palladium-Catalyzed Carbon-Carbon Coupling Polycondensation of Bis(acrylamide)s with Aromatic Diiodides, YONEYAMA MASARU, 1989年, Macromolecules, Macromolecules, 22/11,4148-4152
  • Novel Synthesis of Polyesters by Palladium-Catalyzed Polycondensation of Aromatic Dibromides, Bisphenols, or Aliphatic Diols with Carbon Monoxide, YONEYAMA MASARU, 1989年, Macromolecules, Macromolecules, 22/6,2593-2596
  • Preparation and Properties of N-Phenylcarbamoyl-Pendant Polyamides from 3,5-Diaminobenzanilide and Various Aromatic and Aliphatic Dicarboxylic Acids,, YONEYAMA MASARU, 1988年, Journal of Polymer Science, Part A, Polymer Chemistry, Journal of Polymer Science, Part A, Polymer Chemistry, 26/10,2863-2867
  • Preparation and Properties of Aromatic Polyamides and Copolyamides from Phenylindanedicarboxylic Acid and Aromatic Diamines, YONEYAMA MASARU, 1988年, Journal of Polymer Science Part A : Polymer Chemistry, Journal of Polymer Science Part A : Polymer Chemistry, 26/11,2917-2922
  • Preparation and Properties of Polyamides from 4-Phenoxy and 4-Phenylthio-m-phenylenediamine and Both Aromatic and Aliphatic Diacids, YONEYAMA MASARU, 1988年, Journal of Polymer Science Part A : Polymer Chemistry, Journal of Polymer Science Part A : Polymer Chemistry, 26/10,149-157
  • Novel Synthesis of Aromatic Polyamides by Palladium-Catalyzed Polycondensation of Aromatic Dibromides, Aromatic Diamines, and Carbon Monoxide, YONEYAMA MASARU, 1988年, Macromolecules, Macromolecules, 21/7,1908-1911

MISC

  • Properties of Radiation-Induced Crosslinking Stereocomplexes Derived From Poly(L-Lactide) and Different Poly(D-Lactide), Tran Minh Quynh,Hiroshi Mitomo,Masaru Yoneyama,Nguyen Quoc Hien, 2009年05月, POLYMER ENGINEERING AND SCIENCE, 49, 5, 970, 976
  • Properties of Radiation-Induced Crosslinking Stereocomplexes Derived From Poly(L-Lactide) and Different Poly(D-Lactide), Tran Minh Quynh,Hiroshi Mitomo,Masaru Yoneyama,Nguyen Quoc Hien, 2009年05月, POLYMER ENGINEERING AND SCIENCE, 49, 5, 970, 976
  • Poly(N-isopropylacrylamide-co-hydroxyethyl methacrylate) Graft Copolymers and Their Application as Carriers for Drug Delivery System, Tran Minh Quynh,Masaru Yoneyamab,Yasuyuki Maki,Toshiaki Dobashi, 2012年02月, JOURNAL OF APPLIED POLYMER SCIENCE, 123, 4, 2368, 2376
  • Synthesis and properties of new halogen-substituted polyamides from 5-halo-m-phenylenediamines and both aliphatic and aromatic dicarboxylic acids, MA Kakimoto,M Yoneyama,Y Imai, 2000年11月, JOURNAL OF POLYMER SCIENCE PART A-POLYMER CHEMISTRY, 38, 21, 3911, 3918
  • Self-assembly of acetylated dextran with various acetylation degrees in aqueous solutions: Studied by light scattering, Isala Dueramae,Masaru Yoneyama,Naoki Shinyashiki,Shin Yagihara,Rio Kita, 2017年03月, CARBOHYDRATE POLYMERS, 159, 171, 177
  • Thermoreversible gelation of isotactic-rich poly(N-isopropylacrylamide) in water, Shinya Nakano,Takao Ogiso,Rio Kita,Naoki Shinyashiki,Shin Yagihara,Masaru Yoneyama,Yukiteru Katsumoto, 2011年09月21日, Journal of Chemical Physics, 135, 11, 114903-1 - 114903-6
  • Molecular dynamics of poly(N-isopropylacrylamide) in protic and aprotic solvents studied by dielectric relaxation spectroscopy, Shinya Nakano,Yasuhiro Sato,Rio Kita,Naoki Shinyashiki,Shin Yagihara,Seiichi Sudo,Masaru Yoneyama, 2012年01月19日, Journal of Physical Chemistry B, 116, 2, 775, 781
  • Thermoreversible gelation of isotactic-rich poly(N-isopropylacrylamide) in water, Shinya Nakano,Takao Ogiso,Rio Kita,Naoki Shinyashiki,Shin Yagihara,Masaru Yoneyama,Yukiteru Katsumoto, 2011年09月21日, Journal of Chemical Physics, 135, 11, 114903-1 - 114903-6
  • Molecular dynamics of poly(N-isopropylacrylamide) in protic and aprotic solvents studied by dielectric relaxation spectroscopy, Shinya Nakano,Yasuhiro Sato,Rio Kita,Naoki Shinyashiki,Shin Yagihara,Seiichi Sudo,Masaru Yoneyama, 2012年01月19日, Journal of Physical Chemistry B, 116, 2, 775, 781
  • Self-assembly of acetylated dextran with various acetylation degrees in aqueous solutions: Studied by light scattering, Isala Dueramae,Masaru Yoneyama,Naoki Shinyashiki,Shin Yagihara,Rio Kita, 2017年03月01日, Carbohydrate Polymers, 159, 171, 177
  • イオン性液体を溶媒とする重縮合, 米山 賢,石坂知子, 2003年, ポリイミド最近の進歩2003, 73
  • イオン液体を縮合剤兼溶媒とするポリイミドの合成, 米山 賢,松井雄一,森泉智史, 2007年, ポリイミド・芳香族系高分子 最近の進歩2007
  • ポリ(4-メチル-m-フェニレンテレフタルアミド)繊維の熱的及び力学的性質, 米山 賢, 1994年, 繊維学会誌, 50/2,62-67
  • ルテニウム触媒を用いる芳香族テトラアミンと脂肪族ジニトリルとからのポリベンゾイミダ゛ゾールの合成, 米山 賢, 1997年, 高分子論分集, 54/4,224-228
  • Novel Synthesis of Aromatic Polyamides by Palladium-Catalyzed Polycondensation of Aromatic Dibromides, Aromatic Diamines, and Carbon Monoxide, YONEYAMA MASARU, 1988年, Macromolecules, 21/7,1908-1911
  • Novel Synthesis of Polyesters by Palladium-Catalyzed Polycondensation of Aromatic Dibromides, Bisphenols, or Aliphatic Diols with Carbon Monoxide, YONEYAMA MASARU, 1989年, Macromolecules, 22/6,2593-2596
  • Novel Synthesis of Poly(acylhydrazide)s by Palladium-Catalyzed Polycondensation of Dihydrazides, Aromatic Dibromides, and Carbon Monoxide, YONEYAMA MASARU, 1989年, Macromolecules, 22/11,4152-4155
  • Synthesis of Aliphatic-Aromatic Polyamides by Palladium-Catalyzed Polycondensation of Aliphatic Diamines, Aromatic Dibromides, and Carbon Monoxide, YONEYAMA MASARU, 1989年, Journal of Polymer Science Part A : Polymer Chemistry, 27/6,1985-1992
  • Preparation and Properties of Aromatic Polyamides and Copolyamides from Phenylindanedicarboxylic Acid and Aromatic Diamines, YONEYAMA MASARU, 1988年, Journal of Polymer Science Part A : Polymer Chemistry, 26/11,2917-2922
  • Preparation and Properties of Polyarylates and Copolyarylates from Phenylindanedicarbonyl chloride and Bisphenols, YONEYAMA MASARU, 1989年, Journal of Polymer Science Part A : Polymer Chemistry, 27/2,979-988
  • Amino Acid End-Group in Commercial Heparin. III. Determination of the Number of Amino Groups of Amino Acid and Hexosamine Residues per Heparin Molecule, YONEYAMA MASARU, 1993年, Journal of Polymer Science Part A : Polymer Chemistry, 31/1,249-258
  • Synthesis of Condensation Polymers by Using Transition Metal Catalysts, YONEYAMA MASARU, 1994年, Journal of Synthetic Organic Chemistry, Japan, 51/9,794-803
  • Thermal and Mechanical Properties of Poly(4-methyl-m-phenyleneterephthalamide) Fiber, YONEYAMA MASARU, 1994年, Sen-i Gakkaishi, 50/2,62-67
  • Dynamic Viscoelasticity of Poly(4-methyl-m-phenyleneterephthalamide) Film, YONEYAMA MASARU, 1994年, Sen-i Gakkaishi, 50/2,68-72
  • Poly(thioether imide)s via chloro-displacement polymerization, YONEYAMA MASARU, 1995年, Polymer Bulltin, 34/3,287-294
  • Preparation and Properties of N-Phenylcarbamoyl-Pendant Polyamides from 3,5-Diaminobenzanilide and Various Aromatic and Aliphatic Dicarboxylic Acids,, YONEYAMA MASARU, 1988年, Journal of Polymer Science, Part A, Polymer Chemistry, 26/10,2863-2867
  • Thianthrene-Containing Polyimides with Monomer Formation via Nuclephilic Aromatic Substitution, YONEYAMA MASARU, 1995年, Journal of Polymer Science, Part A, Polymer Chemistry, 33/11,1891-1899
  • Synthesis of Polybenzimidazoles by Ruthenium-catalyzed Polycondensation of Aromatic Tetramine and Aliphatic Dinitriles, YONEYAMA MASARU, 1997年, Kobunshi Ronbunshu, 54/4,224-228
  • Novel Synthesis of Linear Polyimides by Palladium-Catalyzed Carbonylation Polycondensation of Aromatic Diamines, Aromatic Dibromides, and Carbon Monoxide, YONEYAMA MASARU, 1998年, Polym. J., 30/9,697
  • Novel synthesis of aromatic polyamides by nickel-catalyzed polycondensation of aromatic dibromides, an aromatic diamine, and carbon monoxide, YONEYAMA MASARU, 1990年, Makromolekulare Chemie, Rapid Communication, 11/8,381-386
  • Synthesis and properties of new semifluoroalkylene-containing aromatic-aliphatic polyamides derived from aromatic diamines and semifluoroaliphatic dicarboxylic acids, YONEYAMA MASARU, 1999年, Macromol. Chem. Phys., 200/10,2208
  • 遷移金属触媒を用いる縮合系高分子の合成, 米山 賢, 1994年, 有機合成化学協会誌, 51/9,794-803
  • ポリ(4-メチル-m-フェニレンテレフタルアミド)フィルムの動的粘弾性, 米山 賢, 1994年, 繊維学会誌, 50/2,68-72
  • Novel synthesis of Polycinnamamides by Palladium-Catalyzed Carbon-Carbon Coupling Polycondensation of Bis(acrylamide)s with Aromatic Diiodides, YONEYAMA MASARU, 1989年, Macromolecules, 22/11,4148-4152
  • Preparation and Properties of Polyamides from 4-Phenoxy and 4-Phenylthio-m-phenylenediamine and Both Aromatic and Aliphatic Diacids, YONEYAMA MASARU, 1988年, Journal of Polymer Science Part A : Polymer Chemistry, 26/10,149-157
  • Preparation and Properties of New Aromatic Polyamides from 4,4'-Diaminotriphenylamine and Aromatic Dicarboxylic Acids, YONEYAMA MASARU, 1990年, Journal of Polymer Science Part A : Polymer Chemistry, 28/7,1763-1769
  • イオン液体を縮合剤とする脂肪族―芳香族ポリイミドの合成, 米山 賢,植木千栄, 2008年, ポリイミド・芳香族系高分子 最近の進歩2008, 56
  • イオン液体を用いるポリアミド酸の脱水環化反応, 米山 賢,森泉智史, 2008年, ポリイミド・芳香族系高分子 最近の進歩2008, 60
  • イオン液体中でのポリウレタン・ポリウレア合成, 米山 賢,上田寛子,大賀大介, 2008年, ポリイミド・芳香族系高分子 最近の進歩2008, 64
  • イオン液体を反応場とするジカルボン酸とジイソシアナートからのポリアミドの合成, 米山 賢,市村菜穂子, 2009年, ポリイミド・芳香族系高分子 最近の進歩2009, 57
  • イオン液体中での高分子合成, 米山 賢, 2008年, 高分子, 57, 6, 450
  • Synthesis of PolyimidesUsing Ionic Liquids As Condensation Agents and Medium, Masaru Yoneyama,Yuichi Matsui,Satoshi Morizumi, 2007年, Proceeding of Asian Conference and 7th Japan-China Seminar on Polyimides and Advanced Aromatic Polymers, 102
  • Poly(N-isopropylacrylamide-co-hydroxyethyl methacrylate) Graft Copolymers and Their Application as Carriers for Drug Delivery System, T. M. Quynh,M. Yoneyama,Y. Maki,T. Dobashi, 2012年, J. Appl. Polym. Sci., 123, 2368, 2376
  • イオン液体中での高分子合成, 米山 賢, 2009年, 高分子, 57巻, 8号, 450
  • イオン液体を反応場とする高分子合成, 米山 賢, 2009年, ケミカルエンジニアリング, 53巻, 12号, 916, 922
  • イオン液体中でのFriedel-Crafts反応によるポリケトンの合成, 米山 賢,吉田磨代, 2012年, ポリイミド・芳香族高分子 最近の進歩2012年, 65, 68
  • イオン液体中での無水トリメリット酸を用いたポリ(アミド-イミド)の合成, 米山 賢,久保田裕一郎, 2011年, ポリイミド・芳香族高分子 最新の研究2010年, 70, 73
  • イオン液体中でのA-B型芳香族ポリアミドの合成とその形態制御, 米山 賢,宇賀地宏太, 2011年, ポリイミド・芳香族系高分子 最新の研究2011年, 114, 117
  • セシウム塩触媒を用いた脂肪族ジアミンと二酸化炭素とからのポリウレアの合成, 米山 賢,西田悠人, 2016年, ポリイミド・芳香族系高分子 最近の進歩2016年, 137, 140
  • 特異的分子間水素結合を介したポリマー, 手島真広,米山 賢, 2016年, ポリイミド・芳香族系高分子 最近の進歩2016年, 145, 148
  • クリック反応を用いたポリ(1,5-トリアゾール)の合成, 米山 賢,藤原文哉, 2016年, ポリイミド・芳香族系高分子 最近の進歩2016年, 141, 144
  • 水媒体を反応場とするポリラクトンの合成, 笠井 奨,米山 賢, 2015年, ポリイミド・芳香族系高分子 最近の進歩2015年, 59, 62
  • 鉄触媒クロスカップリング反応による重縮合, 米山 賢,佐々木健斗, 2013年, ポリイミド・芳香族高分子 最近の進歩2013, 128, 131
  • セシウム塩触媒を用いた脂肪族ジアミンと二酸化炭素とからのポリウレアの合成, 米山 賢,西田悠人, 2017年, ポリイミド・芳香族系高分子 最近の進歩2017年, 53, 54
  • ジアミンと硫黄を用いたポリチオアミド合成, 米山 賢,遠藤広夢, 2016年, ポリイミド・芳香族系高分子 最近の進歩2016年, 133, 136
  • イオン液体を反応場とするジイソシアナートを活用したポリイミドの合成, 中村奏美,米山 賢, 2014年, ポリイミド・芳香族高分子 最近の進歩2014, 132, 135
  • イオン液体中での芳香族ジアジドと脂肪族ジアルキンの環化付加重合, 米山 賢,盛合那緒, 2013年, ポリイミド・芳香族高分子 最近の進歩2013, 132, 135
  • Novel Synthesis of Aromatic Polyamides by Palladium-Catalyzed Polycondensation of Aromatic Dibromides, Aromatic Diamines, and Carbon Monoxide, YONEYAMA MASARU, 1988年, Macromolecules, 21/7,1908-1911
  • Novel Synthesis of Polyesters by Palladium-Catalyzed Polycondensation of Aromatic Dibromides, Bisphenols, or Aliphatic Diols with Carbon Monoxide, YONEYAMA MASARU, 1989年, Macromolecules, 22/6,2593-2596
  • Novel Synthesis of Poly(acylhydrazide)s by Palladium-Catalyzed Polycondensation of Dihydrazides, Aromatic Dibromides, and Carbon Monoxide, YONEYAMA MASARU, 1989年, Macromolecules, 22/11,4152-4155
  • Synthesis of Aliphatic-Aromatic Polyamides by Palladium-Catalyzed Polycondensation of Aliphatic Diamines, Aromatic Dibromides, and Carbon Monoxide, YONEYAMA MASARU, 1989年, Journal of Polymer Science Part A : Polymer Chemistry, 27/6,1985-1992
  • Preparation and Properties of Aromatic Polyamides and Copolyamides from Phenylindanedicarboxylic Acid and Aromatic Diamines, YONEYAMA MASARU, 1988年, Journal of Polymer Science Part A : Polymer Chemistry, 26/11,2917-2922
  • Preparation and Properties of Polyarylates and Copolyarylates from Phenylindanedicarbonyl chloride and Bisphenols, YONEYAMA MASARU, 1989年, Journal of Polymer Science Part A : Polymer Chemistry, 27/2,979-988
  • Amino Acid End-Group in Commercial Heparin. III. Determination of the Number of Amino Groups of Amino Acid and Hexosamine Residues per Heparin Molecule, YONEYAMA MASARU, 1993年, Journal of Polymer Science Part A : Polymer Chemistry, 31/1,249-258
  • Synthesis of Condensation Polymers by Using Transition Metal Catalysts, YONEYAMA MASARU, 1994年, Journal of Synthetic Organic Chemistry, Japan, 51/9,794-803
  • Thermal and Mechanical Properties of Poly(4-methyl-m-phenyleneterephthalamide) Fiber, YONEYAMA MASARU, 1994年, Sen-i Gakkaishi, 50/2,62-67
  • Dynamic Viscoelasticity of Poly(4-methyl-m-phenyleneterephthalamide) Film, YONEYAMA MASARU, 1994年, Sen-i Gakkaishi, 50/2,68-72
  • Poly(thioether imide)s via chloro-displacement polymerization, YONEYAMA MASARU, 1995年, Polymer Bulltin, 34/3,287-294
  • Preparation and Properties of N-Phenylcarbamoyl-Pendant Polyamides from 3,5-Diaminobenzanilide and Various Aromatic and Aliphatic Dicarboxylic Acids,, YONEYAMA MASARU, 1988年, Journal of Polymer Science, Part A, Polymer Chemistry, 26/10,2863-2867
  • Thianthrene-Containing Polyimides with Monomer Formation via Nuclephilic Aromatic Substitution, YONEYAMA MASARU, 1995年, Journal of Polymer Science, Part A, Polymer Chemistry, 33/11,1891-1899
  • Synthesis of Polybenzimidazoles by Ruthenium-catalyzed Polycondensation of Aromatic Tetramine and Aliphatic Dinitriles, YONEYAMA MASARU, 1997年, Kobunshi Ronbunshu, 54/4,224-228
  • Novel Synthesis of Linear Polyimides by Palladium-Catalyzed Carbonylation Polycondensation of Aromatic Diamines, Aromatic Dibromides, and Carbon Monoxide, YONEYAMA MASARU, 1998年, Polym. J., 30/9,697
  • Synthesis and Properties of New Halogen-Substituted Polyamides from 5-Halo-m-phenylenediamine and Both Aliphatic and Aromatic Dicarboxylic Acids, YONEYAMA MASARU, 2000年, J. Polym. Sci., Part A, Polym. Chem., 38, 21, 3911, 3918
  • Novel synthesis of aromatic polyamides by nickel-catalyzed polycondensation of aromatic dibromides, an aromatic diamine, and carbon monoxide, YONEYAMA MASARU, 1990年, Makromolekulare Chemie, Rapid Communication, 11/8,381-386
  • Synthesis and properties of new semifluoroalkylene-containing aromatic-aliphatic polyamides derived from aromatic diamines and semifluoroaliphatic dicarboxylic acids, YONEYAMA MASARU, 1999年, Macromol. Chem. Phys., 200/10,2208
  • Novel synthesis of Polycinnamamides by Palladium-Catalyzed Carbon-Carbon Coupling Polycondensation of Bis(acrylamide)s with Aromatic Diiodides, YONEYAMA MASARU, 1989年, Macromolecules, 22/11,4148-4152
  • Preparation and Properties of Polyamides from 4-Phenoxy and 4-Phenylthio-m-phenylenediamine and Both Aromatic and Aliphatic Diacids, YONEYAMA MASARU, 1988年, Journal of Polymer Science Part A : Polymer Chemistry, 26/10,149-157
  • Preparation and Properties of New Aromatic Polyamides from 4,4'-Diaminotriphenylamine and Aromatic Dicarboxylic Acids, YONEYAMA MASARU, 1990年, Journal of Polymer Science Part A : Polymer Chemistry, 28/7,1763-1769
  • Synthesis of PolyimidesUsing Ionic Liquids As Condensation Agents and Medium, Masaru Yoneyama,Yuichi Matsui,Satoshi Morizumi, 2007年, Proceeding of Asian Conference and 7th Japan-China Seminar on Polyimides and Advanced Aromatic Polymers, 102

書籍等出版物

  • 遷移金属触媒を用いる重縮合 (共著), 新高分子実験学3 高分子の合成・反応(2), 1996年
  • Polyamines(from Ru-Catalyzed Polycondensation of Diamines and Diols), The Polymeric Materials Encyclopedia, 1996年
  • 新しい溶媒を用いた有機合成, S&T出版, 2013年
  • 二酸化炭素を用いた化学品製造技術, S&T出版, 2016年, ISBN: 9784907002541
  • Polyamines(from Ru-Catalyzed Polycondensation of Diamines and Diols), 1996年

講演・口頭発表等

  • Direct synthesis of various sulfur-containing polymers from element sulfur with various difunctional compounds, Masaru Yoneyama, Keita Nakamura, Haruka Shimoda, and Takeshi Yamanobe, 環太平洋国際化学会議, 2021年12月21日, 2021年12月16日, 2021年12月21日, 英語, 国際会議
  • イオン液体/AlCl3 溶媒系でのFriedel-crafts 反応による各種ポリエーテル ケトンブロック共重合体の合成, 斎藤瑞樹、米山 賢、山延 健, 令和3年度日本化学会関東支部群馬地区研究交流発表会, 2021年12月04日, 2021年12月04日, 2021年12月04日, 日本語, オンライン
  • イオン液体と酸素を用いた酸化重合による様々な脂肪族ジアミンからのポリイミンの合成, 霜田遥香、山延 健、米山 賢, 第70回高分子討論会, 2021年09月08日, 2021年09月06日, 2021年09月08日, 日本語, オンライン, 国内会議
  • 芳香族ジアミン、芳香族ジアルデヒド、単体硫黄からの酸化的環化重合によるポリベンゾチアゾールの新規合成方法, 米山 賢、山延 健、中村啓太, 第70回高分子年次大会, 2021年05月28日, 2021年52月, 2021年52月, 日本語, 国内会議
  • 単体硫黄を活用した含硫黄高分子の直接合成, 米山 賢、山延 健、霜田遥香、中村啓太, 第69回高分子討論会, 2020年09月16日, 2020年09月16日, 2020年09月18日, 日本語, オンライン, 国内会議
  • Synthesis of Polyimides using Ionic Liquids as Condensation Agents and Medium, 第7回中日ポリイミド・芳香族会議, 2006年
  • イオン液体中でのイミド化とポリイミド合成, 第56回高分子年次大会, 2007年
  • Cyclodehydration of Polyamic acids in Ionic Liquids to Polyimides, 群馬国際化学シンポジウム, 2007年
  • Polyadditions in Ionic Liquids for Synthesis of Polyurethanes and Polyureas, 群馬国際化学シンポジウム, 2007年
  • イオン液体を縮合剤とする各種ポリイミドの合成, 第56回高分子討論会, 2007年
  • イオン液体中での重付加, 第56回高分子討論会, 2007年
  • イオン液体を反応場とする高分子合成, 日本化学会 第1回関東支部大会, 2007年
  • イオン液体を用いるポリアミド酸の脱水環化, 日本ポリイミド・芳香族系高分子会議, 2007年
  • イオン液体を縮合剤とする脂肪族-芳香族ポリイミドの合成, 日本ポリイミド・芳香族系高分子会議, 2007年
  • イオン液体中でのポリウレタン・ポリウレアの合成, 日本ポリイミド・芳香族系高分子会議, 2007年
  • Stepwise Polymerization in Ionic LiquidsSynthesis of Polyimides, Polyurethanes, and Polyureas, The 10th Pascific Polymer Conference, 2007年
  • PNiPAM溶液の熱拡散挙動, MRS-J, 2007年
  • イオン液体を反応場とする重縮合, 国際高分子基礎研究センター, 2006年
  • Preparation of Polyimides Using Ionic Liquids as Cyclodehydration Agents, 2nd Internatinal Congress on Ionic Liquids (COIL-2), 2007年
  • イオン液体を利用したハイパーブランチポリアミドの合成とその性質, 日本化学会関東支部, 2006年
  • イオン液体中での縮合系高分子の合成, 第55回高分子討論会, 2006年
  • Synthesis of Polyimides and Polybenzoxazoles using Ionic LIquids as Condensation Agents and Medium, Polycondensation 2006, 2006年
  • イオン液体中でのポリイミドの直接合成, 第55回高分子年次大会, 2006年
  • イオン液体中でのPd触媒Heck型重縮合, 第55回高分子年次大会, 2006年
  • イオン液体中でのジカルボン酸とビス(o-アミノフェノール)とからのポリベンズオキサゾールの直接合成, 第55回高分子年次大会, 2006年
  • イオン液体中でのナイロン塩型モノマーからのポリイミドの合成, 高分子学会第22回群馬・栃木地区講演会, 2008年
  • イオン液体によるナイロン塩型モノマーからの脂肪族-芳香族ポリイミドの合成, 第57回高分子学会年次大会, 2008年
  • イオン液体を反応場とする脂肪族-芳香族ポリイミドの合成, 第57回高分子学会年次大会, 2008年
  • イオン液体中でのジイソシアナートと求核種を用いる重付加, 第57回高分子討論会, 2008年
  • Polyadditions Using Diisocyanates in Ionic Liquids, Polycondensation 2008, 2008年
  • Synthesis and Structures of Various Polyimides Using Ionic Liquids as Medium, Poluycondensation 2008, 2008年
  • Polyadditions in ionic liquids Synthesis of polyamides from dicarboxylic acids and diisocyanates, 3rd Congress on Ionic Liquids, 2009年
  • イオン液体中でのA-B型芳香族ポリアミドの合成とその形態観察, 高分子学会、第24回群馬・栃木地区講演会, 2010年
  • イオン液体中でのメラミン樹脂の合成, 高分子学会、第24回群馬・栃木地区講演会, 2010年
  • イオン液体を反応場とする脂肪族-芳香族ポリイミドの合成, 高分子学会、第23回群馬・栃木特講演会, 2009年
  • イオン液体中でのA-B型芳香族ポリアミドの合成とその形態観察, 高分子学会、第23回群馬・栃木特講演会, 2009年
  • イオン液体中でのHeck型重縮合によるポリシンナムアミドの合成, 高分子学会、第23回群馬・栃木地区講演会, 2009年
  • イオン液体中でのクリック反応によるポリトリアゾールの合成, 高分子学会、第23回群馬・栃木地区講演会, 2009年
  • イオン液体中での様々なポリイミドの合成, 日本化学会、第3回関東支部大会, 2009年
  • イオン液体中での様々なポリイミドの合成, 第17回日本ポリイミド・芳香族系高分子会議, 2009年
  • イオン液体中でのメラミン樹脂の合成, 第17回日本ポリイミド・芳香族系高分子会議, 2009年
  • ポリ(N-イソプロピルアクリルアミド)溶液の屈折率測定とソレー効果測定, 第57回高分子討論会, 2008年
  • イオン液体中での芳香族ジアミンと無水トリメリット酸とからのポリ(アミド-イミド)の一段階合成, 高分子学会、第24回群馬・栃木地区講演会, 2010年
  • イオン液体中での無水トリメリット酸を用いたポリ(アミド-イミド)の合成, 第17回日本ポリイミド・芳香族系高分子会議, 2009年
  • 水溶性高分子におけるルードヴィッヒ・ソレー効果の温度依存性, 日本物理学会第64回年次大会, 2009年
  • 誘電分光法によるPNiPAM溶液の分子ダイナミクスと溶媒和解析, 第57回高分子討論会, 2008年
  • イオン液体中でのジイソシアナートを用いる重付加, 日本化学会 第2回関東支部大会, 2008年
  • Polymerizations using Diisocyanates in Ionic Liquids, 8th Japan-China Seminar on Polyimides and Advanced Aromatic Polymers 2008, 2008年
  • イオン液体を反応場とするジカンボン酸とジイソシアナートからのポリアミドの合成, 第16回日本ポリイミド・芳香族系高分子会議, 2008年
  • イオン液体中でのナイロン塩型モノマーからのポリイミドの合成, 高分子学会、第23回群馬・栃木地区講演会, 2009年
  • イオン液体中でのクリック反応によるポリトリアゾールの合成(2), 第59回高分子学会年次大会, 2010年
  • イオン液体中での芳香族ジアミンと無水トリメリット酸とからのポリ(アミド-イミド)の一段階合, 第59回高分子学会年次大会, 2010年
  • イソタクチックな立体規則性を有するポリ(N-イソプロピルアクリルアミド)水溶液のコイル‐グロビュール転移とゲル化の解析, 第59回高分子学会年次大会, 2010年
  • Click type Polycycloadditions in Ionic LiquidsSynthesis of Poly(triazole)s from Diacetylenes and Diazides, 9th China-Japan Symposium on Advanced Aromatic Polymers, 2010年
  • イオン液体中でのA-B型芳香族ポリアミドの合成とその形態観察, 第18回日本ポリイミド・芳香族系高分子会議, 2010年
  • 絹フィブロイン-高分子複合膜の作製, 平成22年度日本化学会関東支部群馬地区地域懇談会, 2010年
  • イオン液体を利用した絹フィブロイン-合成高分子複合膜の作製とその特性, 第59回高分子学会討論会, 2010年
  • イオン液体中での付加縮合によるメラミン樹脂の合成, 第59回高分子学会討論会, 2010年
  • イオン液体中でのFriedel-Crafts反応によるポリケトンの合成, 第26回高分子学会群馬・栃木地区講演会, 2011年
  • 絹フィブロイン-PVA複合膜の作製とその性質, 第26回高分子学会群馬・栃木地区講演会, 2011年
  • イオン液体中でのClick反応による芳香族―脂肪族ポリトリアゾールの合成, 第26回高分子学会群馬・栃木地区講演会, 2011年
  • イオン液体中でのビスエポキシ化合物とジオールとの重付加, 第26回高分子学会群馬・栃木地区講演会, 2011年
  • 鉄触媒クロスカップリング反応による重縮合, 第20回日本ポリイミド・芳香族系高分子会議, 2012年
  • 常圧CO2を利用した高分子合成へ向けた直鎖状アシルウレア結合生成の検討, 第28回高分子学会群馬・栃木地区講演会, 2013年
  • AlCl3を含むイオン液体を用いたポリケトン合成における反応条件の影響, 日本化学会関東支部群馬地域懇談会, 2012年
  • イオン液体中でのジイソシアナートとテトラカルボン酸二無水物との反応における各種条件の検討, 日本化学会関東支部群馬地域懇談会, 2012年
  • アミンとニトリルとCO2からのアシルウレアの合成とその重合への展開, 日本化学会関東支部群馬地域懇談会, 2012年
  • イオン液体溶液から重合結晶化した全芳香族ポリアミドのモルホロジー, 第60回高分子学会年次大会, 2011年
  • イオン液体中でのビスエポキシとジオールとの重付加, 第61回高分子年次大会, 2012年
  • イオン液体中での芳香族ジアジドと脂肪族ジアルキンのクリック反応型重付加, 第61回高分子年次大会, 2012年
  • イオン液体中でのFriedel-Crafts反応によるポリケトンの合成, 第19回日本ポリイミド・芳香族系高分子会議, 2011年
  • AlCl3を含むイオン液体中でのFriedel-Crafts反応によるポリケトンの合成, 第27回高分子学会群馬・栃木地区講演会, 2012年
  • 絹フィブロイン-PVA複合膜の作製とその性質におけるケン化度の影響, 第27回高分子学会群馬・栃木地区講演会, 2012年
  • イオン液体中でのアミノ安息香酸からの芳香族ポリアミドの合成とその形態, 平成23年度繊維学会年次大会, 2011年
  • イオン液体中でのポリマー合成, SPERC-環境 第5回環境調和型新素材講演会, 2012年
  • イオン液体中でのジイソシアネートとテトラカルボン酸二無水物からの ポリイミドの合成, 第28回高分子学会群馬・栃木地区講演会, 2013年
  • Direct Synthesis of Poly(amide-imide)s from Aromatic Diamines and Trimellitic Acid Derivatives in Ionic Liquids, 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem2010), 2010年
  • Synthesis of Polytriazoles via Click Reaction in Ionic Liquids, Advanced Polymeric Materials and Technology Symposium (APMT2010), 2010年
  • イオン液体中でのビスエポキシ化合物と二官能性求核種との重付加, 平成23年度繊維学会年次大会, 2011年
  • イオン液体を用いる絹フィブロイン-ポリビニルアルコール(ケン化度80, 90%)複合膜の作製とその性質, 日本繊維機械学会関東支部「繊維系研究機関シンポジウム」, 2012年
  • イオン液体中でのクリック反応による付加環化重合, 第60回高分子討論会, 2011年
  • イオン液体中でのFriedel-Crafts反応によるポリケトンの合成, 第61回高分子年次大会, 2012年
  • Polymerization based on Click reaction in ionic liquids for synthesis of polytriazoles from diacetylenes and diazides, 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem2010), 2010年
  • イオン液体中での芳香族アジドと脂肪族ジアセチレンによるクリック反応型重付加, 平成23年度繊維学会年次大会, 2011年
  • イオン液体を用いた絹フィブロイン-合成高分子複合膜の作製とその性質, 日本化学会関東支部・第5回関東支部大会, 2011年
  • 絹フィブロイン-PVA複合膜の作製とその性質(その2)-ケン化度による影響-, 日本化学会関東支部群馬地区地域懇談会, 2011年
  • イオン液体中での芳香族ジアジドと脂肪族ジアルキンの環化付加重合, 第20回日本ポリイミド・芳香族系高分子会議, 2012年
  • セシウム塩触媒を用いたジアミンと二酸化炭素とからのポリウレアの合成とその性質, 第67回高分子学会年次大会, 2018年
  • イオン液体と酸素を用いたキシリレンジアミンからのポリイミンの合成, 第67回高分子学会年次大会, 2018年
  • 脂肪族ジアミンと硫黄とからのポリチオアミド合成, 第67回高分子学会年次大会, 2018年
  • Ru触媒を用いた脂肪族ジアジドと脂肪族ジアルキンからのポリ(1,5-トリアゾール)の合成, 第67回高分子学会年次大会, 2018年
  • 二酸化炭素を活用したポリ尿素の合成とその性質, 平成30年度繊維学会年次大会, 2018年
  • イオン液体と酸素を用いるキシリレンジアミンからのポリイミン合成の検討, 第26回ポリイミド・芳香族系高分子会議, 2018年
  • 特異的分子間水素結合を介したポリマー, 第23回日本ポリイミド・芳香族系高分子会議, 2015年
  • 2種類のジアミンと硫黄を用いたポリチオアミド合成, 第23回日本ポリイミド・芳香族系高分子会議, 2015年
  • セシウム塩触媒を用いた脂肪族ジアミンと二酸化炭素とからのポリウレアの合成, 第23回日本ポリイミド・芳香族系高分子会議, 2015年
  • クリック反応を用いたポリ(1,5-トリアゾール)の合成, 第23回日本ポリイミド・芳香族系高分子会議, 2015年
  • ジアミンと硫黄を用いたポリチオアミド合成, 日本化学会関東支部群馬地区研究交流発表会, 2015年
  • ジアミンと単体硫黄とからのポリチオアミド合成, 第32回高分子学会群馬・栃木地区講演会, 2017年
  • Ru触媒を用いたClick型重合によるポリ(1,5-トリアゾール)の合成, 第32回高分子学会群馬・栃木地区講演会, 2017年
  • Novel Synthetic Method for Polyureas from Diamines and CO2 Using Ionic Liquids or Cesium Salts as Catalysts, 12th CHINA-JAPAN SEMINAR ON ADVANCED AROMATIC POLYMERS & 14th China Aromatic & Heterocyclic Resins Information Forum, 2016年
  • セシウム触媒を用いたジアミンと二酸化炭素とからのポリウレアの合成, 第24回 日本ポリイミド・芳香族系高分子会議, 2016年
  • ジアミンの酸化カップリングによるポリイミン合成, 日本化学会関東支部群馬地区研究交流発表会, 2016年
  • Ru触媒を用いた脂肪族ジアジドと脂肪族ジアルキンからのポリ(1,5-トリアゾール)合成の検討, 第26回ポリイミド・芳香族系高分子会議, 2018年
  • クリック反応を用いたポリ(1,5-トリアゾール)の合成, 日本化学会関東支部群馬地区研究交流発表会, 2015年
  • 特異的分子間水素結合を介したポリマーの研究, 日本化学会関東支部群馬地区研究交流発表会, 2015年
  • クリック反応を用いたポリ(1,5-トリアゾール)の合成, 第31回高分子学会群馬・栃木地区講演会, 2016年
  • 2種類のジアミンと硫黄を用いたポリチオアミド合成, 第31回高分子学会群馬・栃木地区講演会, 2016年
  • セシウム塩触媒による1,6-ヘキサメチレンジアミンと二酸化炭素からの脂肪族ポリウレア合成, 第31回高分子学会群馬・栃木地区講演会, 2016年
  • ジアミンと単体硫黄をとからのポリチオアミドの合成, 第66回高分子学会年次大会, 2017年
  • セシウム塩触媒を用いたジアミンと二酸化炭素とからのポリウレアの合成, 第66回高分子学会年次大会, 2017年
  • ジシロキサンを還元剤とするIn触媒によるジアルデヒドと硫黄からのポリチオエーテルの合成, 第66回高分子学会討論会, 2017年
  • インジウム触媒とジシロキサン還元剤を用いたジアルデヒドと単体硫黄とからのポリチオエーテルの合成, 日本繊維機械学会関東支部講演会・見学会, 2017年
  • In触媒とジシロキサン還元剤を用いたジアルデヒドと単体硫黄とからのポリチオエーテルの合成, 第25回ポリイミド・芳香族系高分子会議, 2017年
  • セシウム塩触媒による脂肪族ジアミンと二酸化炭素からのポリウレア合成, 第25回ポリイミド・芳香族系高分子会議, 2017年
  • 2種類のジアミンと硫黄を用いたポリチオアミド合成, 日本化学会関東支部群馬地区研究交流発表会, 2016年
  • クリック反応を用いたポリ(1,5-トリアゾール)の選択的合成, 日本化学会関東支部群馬地区研究交流発表会, 2016年
  • ジアルデヒドと硫黄とからのポリチオエーテルの合成, 日本化学会関東支部群馬地区研究交流発表会, 2016年
  • セシウム触媒を用いたジアミンと二酸化炭素とからのポリウレアの合成, 日本化学会関東支部群馬地区研究交流発表会, 2016年
  • 2種類のジアミンと硫黄を用いたポリチオアミド合成, 繊維機械学会関東支部講演会, 2016年
  • セシウム塩触媒による脂肪族ジアミンと二酸化炭素からの脂肪族ポリウレア合成, 第65回高分子学会年次大会, 2016年
  • 様々な触媒を用いたジアミンと二酸化炭素とからのポリウレアの合成, 第65回高分子討論会, 2016年
  • Novel synthesis of polyureas from diamines and carbon dioxide using various salts as catalysts, International Student Workshop on Aromatic Functional Polymers, 2014年
  • イオン液体を反応場とするジイソシアナートを活用したポリイミドの合成, 第29回高分子学会群馬・栃木地区講演会, 2014年
  • 塩基触媒を用いた脂肪族ジアミンと二酸化炭素からのポリウレアの合成, 日本化学会関東支部群馬地区研究交流発表会, 2015年
  • イオン液体中での芳香族ジアジドと脂肪族ジアルキンの環化付加重合, 第62回高分子年次大会, 2013年
  • イオン液体中でのビス(α,β-不飽和カルボニル)化合物とジチオールとの重付加, 第62回高分子年次大会, 2013年
  • イオン液体中でのジイソシアナートとテトラカルボン酸二無水物からのポリイミドの合成, 第62回高分子年次大会, 2013年
  • イオン液体を反応場とするジイソシアナートを活用したポリイミドの合成, 平成25年度繊維学会夏季セミナー, 2013年
  • イオン液体を用いた絹タンパク質-ポリビニルアルコール複合膜の作製とその性質, 平成25年度繊維学会夏季セミナー, 2013年
  • イオン液体を反応場とするジイソシアナートを活用したポリイミドの合成, 第21回日本ポリイミド・芳香族系高分子研究会, 2013年
  • イオン液体触媒を用いた二酸化炭素とジアミンとからのポリウレアの合成, 日本化学会関東支部群馬地域懇談会, 2013年
  • 特異的分子間水素結合を介する直鎖状高分子の合成の検討, 日本化学会関東支部群馬地域懇談会, 2013年
  • イオン液体を用いたセリシン-ポリビニルアルコール複合膜の作製とその評価, 日本化学会関東支部群馬地域懇談会, 2013年
  • イオン液体触媒を用いた脂肪族ジアミンと二酸化炭素とからのポリウレアの合成, 第63回高分子年次大会, 2014年
  • イオン液体を用いた絹セリシン-合成高分子複合膜の作製とその性質, 第63回高分子年次大会, 2014年
  • イオン液体を用いたキシリレンジアミンからのポリイミンの合成, 日本化学会関東支部群馬地区研究交流発表会, 2017年
  • セシウム塩触媒を用いたジアミンと二酸化炭素からのポリウレア合成, 日本化学会関東支部群馬地区研究交流発表会, 2017年
  • Ru触媒を用いたポリ(1,5-トリアゾール)の選択的合成, 日本化学会関東支部群馬地区研究交流発表会, 2016年
  • 各種脂肪族ジアミンと硫黄を用いたポリチオアミド合成, 日本化学会関東支部群馬地区研究交流発表会, 2017年
  • Ru触媒を用いたポリ(1,5-トリアゾール)の選択的合成, 日本化学会関東支部群馬地区研究交流発表会, 2017年
  • インジウム触媒とジシロキサン還元剤を用いたジアルデヒドと単体硫黄とからのポリチオエーテルの合成, 日本化学会関東支部群馬地区研究交流発表会, 2017年
  • Synthesis of polythioethers from dialdehydes and element sulfur using indium catalyst and disiloxane reducing agent, 4th Gunma Internatinal Symposium on Membranes, 2D Matters and Device Applications, 2018年
  • Novel Synthesis of Polyureas from Aliphatic Diamines and Carbon Dioxide, 4th Gunma Internatinal Symposium on Membranes, 2D Matters and Device Applications, 2018年
  • セシウム触媒を用いた脂肪族ジアミンと二酸化炭素とからのポリウレアの合成とその性質, 第33回高分子学会群馬・栃木地区講演会, 2018年
  • 1,6-ヘキサメチレンジアミンと単体硫黄とからのポリチオアミドの合成, 第33回高分子学会群馬・栃木地区講演会, 2018年
  • Ru触媒を用いた1,4-キシリレンジアジドと1,7-オクタジインからのポリ(1,5-トリアゾール)の合成の検討, 第33回高分子学会群馬・栃木地区講演会, 2018年
  • イオン液体と酸素を用いたキシリレンジアミンの酸化重合, 第33回高分子学会群馬・栃木地区講演会, 2018年
  • 特異的分子間水素結合を介したポリマーの研究, 日本化学会関東支部群馬地域懇談会, 2014年
  • アミンと硫黄を用いたチオアミド形成とそのポリチオアミド合成への応用, 日本化学会関東支部群馬地域懇談会, 2014年
  • イオン液体を反応場としたRu触媒クリック重合によるポリ(1,5-トリアゾール)の合成, 日本化学会関東支部群馬地域懇談会, 2014年
  • 水媒体を反応場とする重合方法の開発, 第22回日本ポリイミド・芳香族系高分子研究会, 2013年
  • Synthesis of polyimides from diisocyanates and tetracarboxylic derivatives in ionic liquids as reaction mediums, International Student Workshop on Aromatic Functional Polymers, 2014年
  • 特異的分子間水素結合を介したポリマーの研究, 第30回高分子学会群馬・栃木地区講演会, 2015年
  • 水媒体を反応場とする重合方法の開発, 第29回高分子学会群馬・栃木地区講演会, 2014年
  • 特異的分子間水素結合を介したポリマーのためのモノマーの合成, 第29回高分子学会群馬・栃木地区講演会, 2014年
  • イオン液体中でのRu触媒を用いるクリック重合, 第29回高分子学会群馬・栃木地区講演会, 2014年
  • L-ラクチドとメチルカプロラクトンからの共重合体の合成, 第29回高分子学会群馬・栃木地区講演会, 2014年
  • 水媒体中でのRu触媒によるジアクリレートと芳香族ジカルボン酸とからのポリラクトンの合成, 第64回高分子年次大会, 2015年
  • イオン液体により活性化された二酸化炭素とジアミンとからのポリウレアの合成, 第64回高分子年次大会, 2015年
  • Synthesis of Polyimides using Ionic Liquids as Condensation Agents and Medium, Asia Conference and 7th Japan-China Seminar on Polyimides and Advanced Aromatic Polymers 2006 (AJCP-2006), 2006年
  • Cyclodehydration of Polyamic acids in Ionic Liquids to Polyimides, The 2nd Gunma Internatinal Symposium on Chemistry, 2007年
  • Polyadditions in Ionic Liquids for Synthesis of Polyurethanes and Polyureas, The 2nd Gunma Internatinal Symposium on Chemistry, 2007年
  • Stepwise Polymerization in Ionic LiquidsSynthesis of Polyimides, Polyurethanes, and Polyureas, The 10th Pascific Polymer Conference, 2007年
  • Preparation of Polyimides Using Ionic Liquids as Cyclodehydration Agents, 2nd Internatinal Congress on Ionic Liquids (COIL-2), 2007年
  • Synthesis of Polyimides and Polybenzoxazoles using Ionic LIquids as Condensation Agents and Medium, Polycondensation 2006, 2006年
  • Polyadditions Using Diisocyanates in Ionic Liquids, Polycondensation 2008, 2008年
  • Synthesis and Structures of Various Polyimides Using Ionic Liquids as Medium, Poluycondensation 2008, 2008年
  • Polyadditions in ionic liquids Synthesis of polyamides from dicarboxylic acids and diisocyanates, 3rd Congress on Ionic Liquids, 2009年
  • Polymerizations using Diisocyanates in Ionic Liquids, 8th Japan-China Seminar on Polyimides and Advanced Aromatic Polymers 2008, 2008年
  • Click type Polycycloadditions in Ionic LiquidsSynthesis of Poly(triazole)s from Diacetylenes and Diazides, 9th China-Japan Symposium on Advanced Aromatic Polymers, 2010年
  • Direct Synthesis of Poly(amide-imide)s from Aromatic Diamines and Trimellitic Acid Derivatives in Ionic Liquids, 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem2010), 2010年
  • Synthesis of Polytriazoles via Click Reaction in Ionic Liquids, Advanced Polymeric Materials and Technology Symposium (APMT2010), 2010年
  • Polymerization based on Click reaction in ionic liquids for synthesis of polytriazoles from diacetylenes and diazides, 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem2010), 2010年
  • Novel Synthetic Method for Polyureas from Diamines and CO2 Using Ionic Liquids or Cesium Salts as Catalysts, 12th CHINA-JAPAN SEMINAR ON ADVANCED AROMATIC POLYMERS & 14th China Aromatic & Heterocyclic Resins Information Forum, 2016年
  • Novel synthesis of polyureas from diamines and carbon dioxide using various salts as catalysts, International Student Workshop on Aromatic Functional Polymers, 2014年
  • Synthesis of polythioethers from dialdehydes and element sulfur using indium catalyst and disiloxane reducing agent, 4th Gunma Internatinal Symposium on Membranes, 2D Matters and Device Applications, 2018年
  • Novel Synthesis of Polyureas from Aliphatic Diamines and Carbon Dioxide, 4th Gunma Internatinal Symposium on Membranes, 2D Matters and Device Applications, 2018年
  • Synthesis of polyimides from diisocyanates and tetracarboxylic derivatives in ionic liquids as reaction mediums, International Student Workshop on Aromatic Functional Polymers, 2014年
  • Polycondensation in Ionic Liquids for Synthesis of Polyamides and Polyimides, YONEYAMA MASARU, Korea-Japan Polyimide Conference 2005, 2005年11月
  • イオン性液体中での重縮合 ポリアミドとポリイミドの合成, 米山 賢, 第54回高分子討論会, 2005年09月, 山形市
  • Polycondensation in Ionic Liquids : Synthesis of Polyamides and Polyimides, YONEYAMA MASARU, PACIFICHEM2005, 2005年12月
  • 芳香族ビス(トリフラート)を用いるPd触媒Heck型重縮合, 米山 賢, 第53回高分子討論会, 2004年09月, 札幌市
  • Polycondensation in Ionic Liquids, YONEYAMA MASARU, Polycondensation 2004, 2004年09月
  • Palladium-catalyzed Heck-type polycondensation of various electrophiles, YONEYAMA MASARU, The 8th SPSJ Internatinal Polymer Cnference (IPC 2005), 2005年07月
  • 芳香族ビス(トリフラート)を用いるPd触媒Heck型重縮合とその応用, 米山 賢, 第54回高分子年次大会, 2005年05月, 横浜市
  • イオン液体中でのジイソシアネートとテトラカルボン酸二無水物からの ポリイミドの合成, 米山 賢,中村奏美, 第28回高分子学会群馬・栃木地区講演会, 2013年03月07日, 桐生
  • In触媒とジシロキサン還元剤を用いた還元重合によるポリチオエーテルの合成, 米山 賢,木村駿汰,山延 健, 第68回高分子学会年次大会, 2019年05月29日, 大阪
  • 2種類の脂肪族ジアミンと単体硫黄とからのコポリチオアミドの合成とその性質, 米山 賢,友松瑛里,山延 健, 第68回高分子学会年次大会, 2019年05月29日, 大阪
  • 反応性の異なるジアミンと硫黄とからのコポリチオアミド合成とその特性評価, 米山 賢,友松瑛理,山延 健, 平成31年度繊維学会年次大会, 2019年06月06日, 東京
  • 芳香族ジアミン、芳香族ジアルデヒド、硫黄を用いた酸化的環化重合によるポリベンゾチアゾールの合成, 中村啓太,山延 健,米山 賢, 平成31年度繊維学会年次大会, 2019年06月06日, 東京
  • 硫黄を活用したインジウム触媒と還元剤によるポリチオエーテルの合成, 中村啓太,木村駿汰,山延 健,米山 賢, 繊維系研究機関ミニ国際シンポジウム2019, 2019年04月25日, 東京
  • Synthesis of polybenzothiazoles by novel oxidative cyclopolymerization, Keita Nakamura,Takashi Yamanobe,Masaru Yoneyama, S-Membrane International Conference 2019 (SMIC2019), 2019年09月06日
  • Ru-catalyzed Click-type Cycloaddition polymerization of diazides and dialkynes, Ayami Miyata,Takashi Yamanobe,Masaru Yoneyama, S-Membrane International Conference 2019 (SMIC2019), 2019年09月06日
  • Oxidative polymerization of xylylenediamines using ionic liquid and oxygen, Yasuhiro Arai,Takashi Yamanobe,Masaru Yoneyama, S-Membrane International Conference 2019 (SMIC2019), 2019年09月06日
  • イオン液体と酸素を用いたキシリレンジアミン類からのポリイミンの合成とその性質, 新井康弘,山延 健,米山 賢, 第68回高分子学会討論会, 2019年09月25日, 福井
  • 芳香族ジアミン、芳香族ジアルデヒド、硫黄を用いた酸化的環化重合によるポリベンゾチアゾールの合成, 米山 賢,山延 健,中村啓太, 第68回高分子学会討論会, 2019年09月27日, 福井
  • Ru触媒を用いたジニトリルとジオールからのポリアミド合成, 森山愛里紗,山延 健,米山 賢, 第68回高分子学会討論会, 2019年09月27日, 福井
  • 様々な脂肪族ジアジドと脂肪族ジアルキンからのポリ(1,5-トリアゾール)のRu触媒による選択的合成, 宮田彩美,山延 健,米山 賢, 第68回高分子学会討論会, 2019年09月25日, 福井
  • 各種ビスカルボニル誘導体を用いた還元重合によるポリチオエーテルの合成, 米山 賢,中村啓太,木村駿汰,山延 健, 第1回高分子学会北関東地区講演会, 2019年03月11日, 桐生
  • 修飾シクロデキストリン添加によるポリ乳酸の構造・物性, 武田隼太,永井大介,米山 賢,上原宏樹,山延 健,高橋圭子, 第1回高分子学会北関東地区講演会, 2019年03月11日, 桐生
  • Novel synthetic method for polythioamides from aliphatic diamines and elemental sulfur by oxidative coupling, Masaru Yoneyama,Arisa Moriyama,Hiromu Endo, 13th China-Japan Seminar on Advanced Aromatic Polymers, 2018年11月28日
  • Synthesis of polythioethers from dialdehydes and elemental sulfur using indium catalyst and disiloxane reducing agent, Shunta Kimura,Takeshi Yamanobe,Masaru Yoneyama, The 12th SPSJ Internatinal Polymer Conference, 2018年12月07日
  • Evaluation of physical properties of polylactic acid / modified cyclodextrin complex, Hayata Takeda,Daisuke Nagai,Masaru Yoneyama,Hiroki Uehara,Takeshi Yamanobe,Keiko Takahashi, The 12th SPSJ Internatinal Polymer Conference, 2018年12月05日
  • 2種類の脂肪族ジアミンと硫黄とから合成されたコポリチオアミドの構造と性質, 米山 賢,友松瑛里,山延 健, 第1回高分子学会北関東地区講演会, 2019年03月11日, 桐生
  • 硫黄とジカルボン酸からのポリチオエーテル新規合成法, 白石泰規、山延 健、米山 賢, 第70回高分子討論会, 2021年09月08日, 2021年09月06日, 2021年09月08日, 日本語, オンライン, 国内会議
  • Ru 触媒レドックス反応を⽤いた原⼦効率の⾼いポリアミドの新規重合法 の開発, 小暮悠真、米山 賢、山延 健, 令和3年度日本化学会関東支部群馬地区研究交流発表会, 2021年12月04日, 2021年12月04日, 2021年12月04日, 日本語, オンライン
  • 芳⾹族ジアミン、芳⾹族ジアルデヒド、硫⻩による様々な構造のポリベン ゾチアゾールの合成, 中澤玲梨、米山 賢、山延 健, 令和3年度日本化学会関東支部群馬地区研究交流発表会, 2021年12月04日, 2021年12月04日, 2021年12月04日, 日本語, オンライン
  • 塩化鉄系イオン液体を⽤いたFriedel-Crafts アシル化による芳⾹族ポリエ ーテルケトンの合成, 並木雅哉、米山 賢、山延 健, 令和3年度日本化学会関東支部群馬地区研究交流発表会, 2021年12月04日, 2021年12月04日, 2021年12月04日, 日本語, オンライン
  • オキシム型クリック反応を⽤いたポリオキシムの合成, 池田可菜実、米山 賢、山延 健, 令和3年度日本化学会関東支部群馬地区研究交流発表会, 2021年12月04日, 2021年12月04日, 2021年12月04日, 日本語, オンライン

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • イオン液体中での高分子合成, その他の研究制度, 競争的資金
  • イオン液体を用いた天然高分子-合成高分子複合膜の作製とその性質, その他の研究制度, 競争的資金
  • Polymer Synthesis in Ionic Liquids, The Other Research Programs, 競争的資金
  • Preparation and characterization of hybrid films from natural polymers and synthetic polymers using ionic liquids, The Other Research Programs, 競争的資金


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.