研究者データベース

上原 宏樹
ウエハラ ヒロキ
分子科学部門
教授
Last Updated :2022/05/07

研究者基本情報

研究者

  • 氏名

    上原 宏樹, ウエハラ ヒロキ

基本情報

  • 研究者氏名(日本語)

    上原, 宏樹
  • 研究者氏名(カナ)

    ウエハラ, ヒロキ

使用外国語

  • 発表に使用する外国語

    英語
  • 執筆に使用する外国語

    英語

所属

  • 群馬大学, 大学院理工学府 分子科学部門, 教授
  • 群馬大学, 大学院理工学府 分子科学部門, 教授

学歴

  • 1994年04月, 1997年03月, 東京理科大学, 大学院理学研究科博士課程, 化学専攻
  • 1992年04月, 1994年03月, 東京理科大学, 大学院理学研究科修士課程, 化学専攻
  • 1988年04月, 1992年03月, 東京理科大学, 理学部第Ⅰ部, 化学科

学位

  • 博士(理学)
  • 博士(理学)
  • 博士(理学), 東京理科大学

所属学協会

  • 高分子学会
  • 繊維学会
  • プラスチック成形加工学会
  • 日本放射光学会
  • 日本化学会
  • 日本ゴム協会
  • 日本熱測定学会
  • 日本トライボロジー学会, 2020年04月, 9999年

経歴

  • 2016年04月, 群馬大学, 大学院理工学府, 教授, 教授相当
  • 2007年05月, 2016年03月, 群馬大学, 大学院工学研究科, 准教授, 准教授・常勤専任講師相当
  • 1997年04月, 2007年04月, 群馬大学, 工学部材料工学科, 助手・助教
  • 1995年, 1996年, 米国マサチューセッツ大学高分子科学科研究員

研究活動情報

研究分野

  • ナノテク・材料, 高分子材料

研究キーワード

  • 高分子物性
  • 高分子構造
  • 高分子物性、高分子構造

研究テーマ

  • ポリオレフィンの構造と物性に関する研究, 物性 構造 ポリオレフィン, 個人研究, 1997, -, 産業科学技術研究開発制度

論文

  • Novel in situ NMR Measurement System for Evaluating Molecular Mobility during Drawing from Highly Entangled Polyethylene Melts, Masaki Kakiage; Hiroki Uehara; Takeshi Yamanobe, 2008年10月, MACROMOLECULAR RAPID COMMUNICATIONS, 29, 19, 1571, 1576, 研究論文(学術雑誌)
  • Phase transitions during heating of melt-drawn ultrahigh molecular weight polyethylenes having different molecular characteristics, Masaki Kakiage; Miho Sekiya; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto; Sono Sasaki; Syozo Murakami; Hiroki Uehara, 2008年05月, JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY B, 112, 17, 5311, 5316, 研究論文(学術雑誌)
  • ラメラ厚分布と融解プロファイルの比較から求めたポリエチレン結晶の表面自由エネルギー, 松田 秀夫; 青池 卓; 上原 宏樹; 山延 健; 甲本 忠史, 2001年, 高分子論文集, KOBUNSHI RONBUNSHU, 58, 7, 326, 331, 研究論文(学術雑誌)
  • Comparison of Macro- and Nanotribological Behavior with Surface Plastic Deformation of Polystyrene, Taku Aoike; Hiroki Uehara; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto, 2001年04月01日, Langmuir, 17, 7, 2153, 2159, 研究論文(学術雑誌)
  • Overlapping of different rearrangement mechanisms upon annealing for solution-crystallized polyethylene, H. Matsuda; T. Aoike; H. Uehara; T. Yamanobe; T. Komoto, 2001年05月, Polymer, 42, 11, 5013, 5021, 研究論文(学術雑誌)
  • Surface Deformation Properties of Polystyrene as Evaluated from the Morphology of Surfaces Scratched by Using the Tip of a Scanning Force Microscope, Taku Aoike; Takahiro Yamamoto; Hiroki Uehara; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto, 2001年09月, Langmuir, 17, 18, 5688, 5692, 研究論文(学術雑誌)
  • 結晶性成分を導入したシリコーン・エラストマーの相構造制御および物性評価, 磯貝 由紀子; 森田 涼介; 上原 宏樹; 山延 健; 秋山 映一, 2015年, 高分子論文集, KOBUNSHI RONBUNSHU, 72, 3, 110, 117, 研究論文(学術雑誌)
  • Phase Transition during Heating of Nanostructured Ultrahigh Molecular Weight Polyethylene Membranes, Hiroki Uehara; Takuya Tamura; Hideyuki Yamashita; Takeshi Yamanobe; Hiroyasu Masunaga, 2015年12月, JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY B, 119, 52, 15909, 15918, 研究論文(学術雑誌)
  • Property Development for Biaxial Drawing of Ethylene-Tetrafluoroehtylene Copolymer Films and Resultant Fractural Behavior Analyzed by in Situ X-ray Measurements, Hiroki Uehara; Yasunori Ono; Masaki Kakiage; Takumi Sakamura; Hiroyasu Masunaga; Yasumasa Yukawa; Yoshiaki Higuchi; Hiroki Kamiya; Takeshi Yamanobe, 2015年03月, JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY B, 119, 11, 4284, 4293, 研究論文(学術雑誌)
  • A facile, selective, high recovery system for precious metals based on complexation between melamine and cyanuric acid, D. Nagai; T. Kuribayashi; H. Tanaka; H. Morinaga; H. Uehara; T. Yamanobe, 2015年, RSC ADVANCES, 5, 38, 30133, 30139, 研究論文(学術雑誌)
  • In Situ Analysis of Melt-Drawing Behavior of Ultrahigh Molecular Weight Polyethylene Films with Different Molecular Weights: Roles of Entanglements on Oriented Crystallization, Satomi Kato; Hidekazu Tanaka; Takeshi Yamanobe; Hiroki Uehara, 2015年04月, JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY B, 119, 15, 5062, 5070, 研究論文(学術雑誌)
  • Size-Selective Diffusion in Nanoporous but Flexible Membranes for Glucose Sensors, Hiroki Uehara; Masaki Kakiage; Miho Sekiya; Daisuke Sakuma; Takeshi Yamonobe; Nao Takano; Antoine Barraud; Eric Meurville; Peter Ryser, 2009年04月, ACS NANO, 3, 4, 924, 932, 研究論文(学術雑誌)
  • Novel Design Solving the Conductivity vs Water-Uptake Trade-Off for Polymer Electrolyte Membrane by Bicontinuous Crystalline/Amorphous Morphology of Block Copolymer, Hiroki Uehara; Masaki Kakiage; Miho Sekiya; Tsukasa Yamagishi; Takeshi Yamanobe; Katsuhiko Nakajima; Toshio Watanabe; Kumiko Nomura; Kohei Hase; Masatoshi Matsuda, 2009年10月, MACROMOLECULES, 42, 20, 7627, 7630, 研究論文(学術雑誌)
  • Tetraalkoxyphenanthrene-Fused Dehydroannulenes: Synthesis, Self-Assembly, and Electronic, Optical, and Electrochemical Properties, Shin-ichiro Kato; Nobutaka Takahashi; Hidekazu Tanaka; Atsushi Kobayashi; Toshitada Yoshihara; Seiji Tobita; Takeshi Yamanobe; Hiroki Uehara; Yosuke Nakamura, 2013年09月, CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL, 19, 36, 12138, 12151, 研究論文(学術雑誌)
  • Structure and Property Gradation from Surface to Bulk of Poly(L-lactic acid)/Poly(D-lactic acid) Blended Films as Estimated from Nanoscratch Tests Using Scanning Probe Microscopy, Masaki Kakiage; Tomoyuki Ichikawa; Takeshi Yamanobe; Hiroki Uehara; Daisuke Sawai, 2010年03月, ACS APPLIED MATERIALS & INTERFACES, 2, 3, 633, 638, 研究論文(学術雑誌)
  • Hierarchical constraint distribution of ultra-high molecular weight polyethylene fibers with different preparation methods, Masaki Kakiage; Takuya Tamura; Syozo Murakami; Hiroshi Takahashi; Takeshi Yamanobe; Hiroki Uehara, 2010年05月, JOURNAL OF MATERIALS SCIENCE, 45, 10, 2574, 2579, 研究論文(学術雑誌)
  • Stereo-Complex Crystallization of Poly(lactic acid)s in Block-Copolymer Phase Separation, Hiroki Uehara; Yusuke Karaki; Shizuka Wada; Takeshi Yamanobe, 2010年10月, ACS APPLIED MATERIALS & INTERFACES, 2, 10, 2707, 2710, 研究論文(学術雑誌)
  • Phase development mechanism during drawing from highly entangled polyethylene melts, Hiroki Uehara; Masaki Kakiage; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto; Syozo Murakami, 2006年06月, MACROMOLECULAR RAPID COMMUNICATIONS, 27, 12, 966, 970, 研究論文(学術雑誌)
  • Effects of molecular characteristics and processing conditions on melt-drawing behavior of ultrahigh molecular weight polyethylene, Masaki Kakiage; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto; Syozo Murakami; Hiroki Uehara, 2006年09月, JOURNAL OF POLYMER SCIENCE PART B-POLYMER PHYSICS, 44, 17, 2455, 2467, 研究論文(学術雑誌)
  • Nanoporous Polyethylene Film Prepared from Bicontinuous Crystalline/Amorphous Structure of Block Copolymer Precursor, Hiroki Uehara; Tomoyuki Yoshida; Masaki Kakiage; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto; Kumiko Nomura; Katsuhiko Nakajima; Masatoshi Matsuda, 2006年06月01日, Macromolecules, 39, 12, 3971, 3974, 研究論文(学術雑誌)
  • Transient crystallization during drawing from ultra-high molecular weight polyethylene melts having different entanglement characteristics, Masaki Kakiage; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto; Syozo Murakami; Hiroki Uehara, 2006年10月, POLYMER, 47, 23, 8053, 8060, 研究論文(学術雑誌)
  • High-performance polypropylene film prepared from reactor powders having different characteristics, Hiroki Uehara; Tomomi Hirao; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto; Yuzo Yamamoto, 2006年09月, POLYMER, 47, 20, 7145, 7152, 研究論文(学術雑誌)
  • Surface-Deformation Characteristics of Uniaxially Oriented Poly(ethylene terephthalate) Film as Evaluated from Nanoscratch Tests with Scanning Probe Microscopy, Hiroki Uehara; Tatsuki Asakawa; Masaki Kakiage; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto, 2006年05月, Langmuir, 22, 11, 4985, 4991, 研究論文(学術雑誌)
  • Structural arrangement of crystalline/amorphous phases of polyethylene-block-polystyrene copolymer as induced by orientation techniques, Hiroki Uehara; Tomoyuki Yoshida; Masaki Kakiage; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto, 2006年06月15日, Journal of Polymer Science Part B: Polymer Physics, 44, 12, 1731, 1737, 研究論文(学術雑誌)
  • Continuous film processing from ultrahigh-molecular-weight polyethylene reactor powder and mechanical property development by melt drawing, Hiroki Uehara; Ryota Yoshida; Masaki Kakiage; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto, 2006年11月, INDUSTRIAL & ENGINEERING CHEMISTRY RESEARCH, 45, 23, 7801, 7806, 研究論文(学術雑誌)
  • Remnant Features in Melt Crystallized Samples of Polyethylenes Originated from Reactor Powders, Katherina Tsobkallo; Valeria Vasilieva; Masaki Kakiage; Hiroki Uehara; Alexandre Tshmel, 2006年07月, Journal of Macromolecular Science, Part B, 45, 3, 407, 415, 研究論文(学術雑誌)
  • High Modulus Films of Polytetrafluoroethylene Prepared by Two-Stage Drawing of Reactor Powder, Hiroki Uehara; Kazuhiro Jounai; Ryoukei Endo; Hiroshi Okuyama; Tetsuo Kanamoto; Roger S Porter, 1997年02月, Polymer Journal, 29, 2, 198, 200, 研究論文(学術雑誌)
  • シンジオタクチックポリプロピレンの熱的性質, 上原 宏樹; 山崎 善啓; 大竹 千賀; 金元 哲夫, 1994年, 高分子論文集, KOBUNSHI RONBUNSHU, 51, 9, 597, 604, 研究論文(学術雑誌)
  • Effects of knot characteristics on tensile breaking of a polymeric monofilament, Hiroki Uehara; Hiroyuki Kimura; Asami Aoyama; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto, 2007年03月, NEW JOURNAL OF PHYSICS, 9, 65, 研究論文(学術雑誌)
  • Solid-state characterization of polyethylene reactor powders and their structural changes upon annealing, Hiroki Uehara; Ayako Uehara; Masaki Kakiage; Hiroshi Takahashi; Syozo Murakami; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto, 2007年07月, POLYMER, 48, 15, 4547, 4557, 研究論文(学術雑誌)
  • Deconvolution analyses of differential scanning calorimetry profiles of beta-crystallized polypropylenes with synchronized X-ray measurements, Yuzo Yamamoto; Yuichi Inoue; Teruaki Onai; Chikashi Doshu; Hiroshi Takahashi; Hiroki Uehara, 2007年04月, MACROMOLECULES, 40, 8, 2745, 2750, 研究論文(学術雑誌)
  • Structural development of dynamically asymmetric polymer blends under uniaxial stretching, Hiroyuki Takeno; Hiroki Uehara; Shozo Murakami; Mikihito Takenaka; Myung Im Kim; Naotsugu Nagasawa; Sono Sasaki, 2007年04月, JOURNAL OF APPLIED CRYSTALLOGRAPHY, 40, s1, S656, S661, 研究論文(学術雑誌)
  • Oriented crystallization induced by uniaxial drawing from poly(tetrafluoroethylene) melt, Takashi Morioka; Masaki Kakiage; Takeshi Yarnanobe; Tadashi Komoto; Yoshiaki Higuchi; Hiroki Kamiya; Kiyotaka Arai; Syozo Murakami; Hiroki Uehara, 2007年12月, MACROMOLECULES, 40, 26, 9413, 9419, 研究論文(学術雑誌)
  • Single-walled carbon nanotube nucleated solution-crystallization of polyethylene, Hiroki Uehara; Kaori Kato; Masaki Kakiage; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto, 2007年12月, JOURNAL OF PHYSICAL CHEMISTRY C, 111, 51, 18950, 18957, 研究論文(学術雑誌)
  • 分子鎖からみ合いと異方性に注目した汎用性高分子の構造制御・解析とその応用, 上原 宏樹, 2007年, 高分子論文集, KOBUNSHI RONBUNSHU, 64, 8, 525, 538, 研究論文(学術雑誌)
  • Molecular weight segregation on surfaces of polyethylene blended films as estimated from nanoscratch tests using scanning probe microscopy, Jun-ichi Suwa; Masaki Kakiage; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto; Hiroki Uehara, 2007年05月, LANGMUIR, 23, 11, 5882, 5885, 研究論文(学術雑誌)
  • Straight-Chain Segment Length Distributions in UHMWPE Reactor Powders of Different Morphological Types, V. Galitsyn; S. Gribanov; M. Kakiage; H. Uehara; Svetlana Khizhnyak; P. Pakhomov; Eleonora Moeller; V. Nikitin; V. Zakharov; A. Tshmel, 2007年05月15日, International Journal of Polymer Analysis and Characterization, 12, 3, 221, 230, 研究論文(学術雑誌)
  • Tribology of ultra-high molecular weight polyethylene disks molded at different temperatures, Taku Aoike; Daisuke Yokoyama; Hiroki Uehara; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto, 2007年02月, WEAR, 262, 5-6, 742, 748, 研究論文(学術雑誌)
  • Nanoperiodic arrangement of Crystal/Amorphous phases induced by tensile drawing of highly entangled polyethylene, Hiroki Uehara; Kei-ichi Takeuchi; Masaki Kakiage; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto, 2007年08月, MACROMOLECULES, 40, 16, 5820, 5826, 研究論文(学術雑誌)
  • Structure and characterization of nylon 46, Takeshi Yamanobe; Yoshihito Kurihara; Hiroki Uehara; Tadashi Komoto, 2007年03月, JOURNAL OF MOLECULAR STRUCTURE, 829, 1-3, 80, 87, 研究論文(学術雑誌)
  • In situ SAXS analysis of extended-chain crystallization during melt-drawing of ultra-high molecular weight polyethylene, Masaki Kakiage; Miho Sekiya; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto; Sono Sasaki; Syozo Murakami; Hiroki Uehara, 2007年11月, POLYMER, 48, 25, 7385, 7392, 研究論文(学術雑誌)
  • パウダー試料の透過型電子顕微鏡観察用染色法およびそのポリエチレン単結晶試料への応用, 松田 秀夫; 吉田 信貴; 上原 宏樹; 山延 健; 甲本 忠史, 1999年, 高分子論文集, KOBUNSHI RONBUNSHU, 56, 10, 702, 708, 研究論文(学術雑誌)
  • Enhanced electrical properties of highly oriented poly(vinylidene fluoride) films prepared by solid-state coextrusion, Masayuki Nagai; Koh Nakamura; Hiroki Uehara; Tetsuo Kanamoto; Yoshiyuki Takahashi; Takeo Furukawa, 1999年09月15日, Journal of Polymer Science Part B: Polymer Physics, 37, 18, 2549, 2556, 研究論文(学術雑誌)
  • Melt drawing of ultra-high molecular weight polyethylene: Comparison of Ziegler- and metallocene-catalyzed reactor powders, Mitsuhiro Nakae; Hiroki Uehara; Tetsuo Kanamoto; Toshio Ohama; Roger S. Porter, 1999年08月01日, Journal of Polymer Science Part B: Polymer Physics, 37, 15, 1921, 1930, 研究論文(学術雑誌)
  • Melt Drawability of Ultrahigh Molecular Weight Polyethylene, Hiroki Uehara; Mitsuhiro Nakae; Tetsuo Kanamoto; Anagnostis E. Zachariades; Roger S. Porter, 1999年04月, Macromolecules, 32, 8, 2761, 2769, 研究論文(学術雑誌)
  • Reconstruction of Calorimetric Curves from X-ray Diffraction Data during the Melting-Recrystallization Process of Polymers: Simultaneous Calorimetry/X-ray Diffraction Measurements of Isotactic Poly(1-butene) in Form III, Hiroshi Takahashi; Kenichiro Shimada; Yuzo Yamamoto; Hiroki Uehara, 2012年01月, JOURNAL OF MACROMOLECULAR SCIENCE PART B-PHYSICS, 51, 1-3, 338, 347, 研究論文(学術雑誌)
  • Solid-state H-1-NMR relaxation behavior for ultra-high-molecular-weight polyethylene reactor powders with different morphologies, Hiroki Uehara; Hidekazu Tanaka; Takeshi Yamanobe, 2012年08月, POLYMER JOURNAL, 44, 8, 795, 801, 研究論文(学術雑誌)
  • 高分子材料の延伸過程におけるin-situ NMR測定法の開発と応用, 山延 健; 撹上 将規; 宮崎 紀明; 森田 翔; 上原 宏樹, 2012年05月, 高分子論文集, KOBUNSHI RONBUNSHU, 69, 5, 235, 241, 研究論文(学術雑誌)
  • Phase Transition of Poly(tetramethyl-p-silphenylenesiloxane) As Revealed by in Situ X-ray and NMR Measurements, Hiroki Uehara; Tomohiro Obana; Masaki Kakiage; Eiichi Akiyama; Takeshi Yamanobe, 2012年09月, MACROMOLECULES, 45, 18, 7446, 7453, 研究論文(学術雑誌)
  • Structure and molecular mobility of nascent isotactic polypropylene powders, Takeshi Yamanobe; Katsunori Ueki; Tadashi Komoto; Hiroki Uehara, 2012年08月, POLYMER JOURNAL, 44, 8, 764, 771, 研究論文(学術雑誌)
  • Morphology of drawn syndiotactic polypropylene films, J. Harasawa; H. Uehara; T. Yamanobe; T. Komoto; M. Terano, 2002年06月, Journal of Molecular Structure, 610, 1-3, 133, 142, 研究論文(学術雑誌)
  • Synthesis and Properties of Radiopaque Polymer Hydrogels Ⅱ: Copolymers of 2,4,6-Triiodophenyl-or N-(3-carboxy-2,4,6-triiodophenyl) acrylamide and p-Styrene sulfonate, OKAMURA, Masahiko; YAMANOBE, Takeshi; ARAI, Tomohiro; UEHARA, Hiroki; KOMOTO, Tadashi; HOSOI, Seiichi; MUMAZAKI; Tatsuo, 2002年01月, JOURNAL OF MOLECULAR STRUCTURE, JOURNAL OF MOLECULAR STRUCTURE, 602, 1, 17, 28, 研究論文(学術雑誌)
  • Solid-State1H NMR Relaxation Analysis of Ultrahigh Molecular Weight Polyethylene Reactor Powder, Hiroki Uehara; Taku Aoike; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto, 2002年03月, Macromolecules, 35, 7, 2640, 2647, 研究論文(学術雑誌)
  • Control of Tribological Properties with a Series of Random Copolymers, Taku Aoike; Tomokazu Ikeda; Hiroki Uehara; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto, 2002年04月, Langmuir, 18, 7, 2949, 2951, 研究論文(学術雑誌)
  • Morphology of melt-crystallized syndiotactic polypropylene, J Harasawa; H Uehara; T Yamanobe; T Komoto, 2002年, JOURNAL OF ELECTRON MICROSCOPY, 51, 3, 157, 166, 研究論文(学術雑誌)
  • Stereocomplex poly(lactic acid) nanoparticles crystallized through nanoporous membranes and application as nucleating agent, Hiroki Uehara; Mina Ishizuka; Hidekazu Tanaka; Makiko Kano; Takeshi Yamanobe, 2016年, RSC ADVANCES, 6, 17, 13971, 13980, 研究論文(学術雑誌)
  • Characterizations of PDMS-graft copolyimide membrane and the permselectivity of gases and aqueous organic mixtures, Cheol Min Yun; Eiichi Akiyama; Takeshi Yamanobe; Hiroki Uehara; Yu Nagase, 2016年10月, POLYMER, 103, 214, 223, 研究論文(学術雑誌)
  • Relationship between Solid-State Molecular Motion and Morphology for Ultrahigh Molecular Weight Polyethylene Crystallized under Different Conditions, Hiroki Uehara; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto, 2000年06月, Macromolecules, 33, 13, 4861, 4870, 研究論文(学術雑誌)
  • Structure Development upon Melt Drawing of Ultrahigh Molecular Weight Polyethylene:  Effect of Prior Thermal History, Mitsuhiro Nakae; Hiroki Uehara; Tetsuo Kanamoto; Anagnostis E. Zachariades; Roger S. Porter, 2000年04月, Macromolecules, 33, 7, 2632, 2641, 研究論文(学術雑誌)
  • Synthesis and properties of radiopaque polymer hydrogels: polyion complexes of copolymers of acrylamide derivatives having triiodophenyl and carboxyl groups and p-styrene sulfonate and polyallylamine, M Okamura; H Uehara; T Yamanobe; T Komoto; S Hosoi; T Kumazaki, 2000年10月, JOURNAL OF MOLECULAR STRUCTURE, 554, 1, 35, 45, 研究論文(学術雑誌)
  • Protein crystallization induced by strong photons-molecules coupling fields photochemical reaction, Susumu Haruta; Hiroaki Misawa; Kosei Ueno; Yukie Yokota; Hiroki Uehara; Hiroshi Hiratsuka; Hiroaki Horiuchi; Tetsuo Okutsu, 2011年06月, JOURNAL OF PHOTOCHEMISTRY AND PHOTOBIOLOGY A-CHEMISTRY, 221, 2-3, 268, 272, 研究論文(学術雑誌)
  • Nano-Platelet Structure of Clay Materials Observed by Atomic Force Microscope, Masaki Kakiage; Rie Takamatsu; Hiroki Uehara; Takeshi Yamanobe; Keizo Suzuki, 2011年, SILICON SCIENCE AND ADVANCED MICRO-DEVICE ENGINEERING I, 459, 57, +, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Structural change with blending of crystalline/amorphous block copolymers having different types of microphase separations, Masaki Kakiage; Miho Sekiya; Takeshi Yamanobe; Hiroki Uehara, 2011年12月, POLYMER, 52, 26, 6146, 6153, 研究論文(学術雑誌)
  • Structural and property changes during uniaxial drawing of ethylene-tetrafluoroethylene copolymer films as analyzed by in-situ X-ray measurements, Yasunori Ono; Masaki Kakiage; Takeshi Yamanobe; Yasumasa Yukawa; Yoshiaki Higuchi; Hiroki Kamiya; Kiyotaka Arai; Hiroki Uehara, 2011年02月, POLYMER, 52, 4, 1172, 1179, 研究論文(学術雑誌)
  • ポリフッ化ビニリデンの延伸および延伸物の構造と物性:初期形態および延伸法の効果, 永井 雅之; 上原 宏樹; 金元 哲夫, 1996年, 高分子論文集, KOBUNSHI RONBUNSHU, 53, 9, 555, 562, 研究論文(学術雑誌)
  • Tensile properties of highly syndiotactic polypropylene, Hiroki Uehara; Yoshihiro Yamazaki; Tetsuo Kanamoto, 1996年01月, Polymer, 37, 1, 57, 64, 研究論文(学術雑誌)
  • Real-Time X-ray Diffraction Study on Two-Stage Drawing of Ultra-High Molecular Weight Polyethylene Reactor Powder above the Static Melting Temperature, Hiroki Uehara; Tetsuo Kanamoto; Akiyoshi Kawaguchi; Syozo Murakami, 1996年01月, Macromolecules, 29, 5, 1540, 1547, 研究論文(学術雑誌)
  • Sono-activatable Photosensitizer for Photodynamic Therapy, Hiroaki Horiuchi; Takayuki Kano; Hiroki Uehara; Tetsuo Okutsu, 2014年09月, CHEMISTRY LETTERS, 43, 9, 1423, 1425, 研究論文(学術雑誌)
  • Non-solvent processing for robust but thin membranes of ultra-high molecular weight polyethylene, Hiroki Uehara; Takuya Tamura; Kazuki Hashidume; Hidekazu Tanaka; Takeshi Yamanobe, 2014年, JOURNAL OF MATERIALS CHEMISTRY A, 2, 15, 5252, 5257, 研究論文(学術雑誌)
  • Modification of physical properties of poly(L-lactic acid) by addition of methyl-beta-cyclodextrin, Toshiyuki Suzuki; Ayaka Ei; Yoshihisa Takada; Hiroki Uehara; Takeshi Yamanobe; Keiko Takahashi, 2014年12月, BEILSTEIN JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY, 10, 2997, 3006, 研究論文(学術雑誌)
  • In Situ NMR Measurement of Novel Silicone Elastomer Obtained by Cross-Linking of Silicones Having Phenylene Backbone and Hyperbranched Molecular Architectures, Hiroki Uehara; Masazumi Saitoh; Ryosuke Morita; Eiichi Akiyama; Takeshi Yamanobe, 2014年02月, MACROMOLECULES, 47, 3, 888, 896, 研究論文(学術雑誌)
  • Nanoporous morphology control of polyethylene membranes by block copolymer blends, Hiroki Uehara; Makiko Kano; Hidekazu Tanaka; Satomi Kato; Hiroyasu Masunaga; Takeshi Yamanobe, 2014年, RSC ADVANCES, 4, 80, 42467, 42477, 研究論文(学術雑誌)
  • In-situ SAXS Analysis during Uniaxial Drawing of Polyethylene-block-Polystyrene Copolymer Film, Hiroki Uehara; Masaki Kakiage; Hidekazu Tanaka; Takeshi Yamanobe, 2014年, ADVANCED MICRO-DEVICE ENGINEERING IV, 596, 50, 54, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Highly Transparent and Robust Poly(tetrafluoroethylene) Membrane Prepared by Biaxial Melt-Drawing, Hiroki Uehara; Yuuki Arase; Ken Suzuki; Yasumasa Yukawa; Yoshiaki Higuchi; Yasuhiko Matsuoka; Takeshi Yamanobe, 2014年06月, MACROMOLECULAR MATERIALS AND ENGINEERING, 299, 6, 669, 673, 研究論文(学術雑誌)
  • Tetraalkoxyphenanthrene-Fused Thiadiazoloquinoxalines: Synthesis, Electronic, Optical, and Electrochemical Properties, and Self-Assembly, Shin-Ichiro Kato; Keitaro Watanabe; Misaki Tamura; Masahiko Ueno; Masashi Nitani; Yutaka Ie; Yoshio Aso; Takeshi Yamanobe; Hiroki Uehara; Yosuke Nakamura, 2017年03月, JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY, 82, 6, 3132, 3143, 研究論文(学術雑誌)
  • Tetraalkoxyphenanthrene-Fused Hexadecadehydro[20]- and Tetracosadehydro[30]annulenes: Syntheses, Aromaticity/Antiaromaticity, Electronic Properties, and Self-Assembly, Nobutaka Takahashi; Shin-Ichiro Kato; Minoru Yamaji; Masahiko Ueno; Ryunosuke Iwabuchi; Yui Shimizu; Masashi Nitani; Yutaka Ie; Yoshio Aso; Takeshi Yamanobe; Hiroki Uehara; Yosuke Nakamura, 2017年09月, JOURNAL OF ORGANIC CHEMISTRY, 82, 17, 8882, 8896, 研究論文(学術雑誌)
  • Crystallization and hardening of poly(ethylene-co-vinyl acetate) mouthguards during routine use, Ryoko Kuwahara; Ryotaro Tomita; Natsumi Ogawa; Kazunori Nakajima; Tomotaka Takeda; Hiroki Uehara; Takeshi Yamanobe, 2017年03月, SCIENTIFIC REPORTS, 7, 44672, 研究論文(学術雑誌)
  • Development of Highly Functional Membranes through Structural Control of Crystalline/Amorphous Phases, UEHARA, Hiroki, 2019年03月, POLYMER JOURNAL, Polymer Journal, 51, 3, 319, 325, 研究論文(学術雑誌)
  • Structure and Physical Properties of Poly(lactic acid) and Cyclodextrin Composite, YAMANOBE, Takeshi; TAKEDA, Hayata; TAKADA, Yoshihisa; NAGAI, Daisuke; YONEYAMA, Masaru; UEHARA, Hiroki; TAKAHASHI, Keiko, 2019年02月, JOURNAL OF INCLUSION PHENOMENA AND MACROCYCLIC CHEMISTRY, Journal of Inclusion Phenomena and Macrocyclic Chemistry, 93, 1-2, 117, 126, 研究論文(学術雑誌)
  • 示差走査熱量曲線のピーク分離によるポリエチレン/ポリスチレンブロック共重合体の等温結晶化挙動の解明, 撹上将規; 関谷美穂; 東宮大貴; 山延健; 上原宏樹, 2019年01月, 高分子論文集, Konbunshi Ronbunshu, 76, 2, 150, 156, 研究論文(学術雑誌)
  • 2,4,5,7,9,10-Hexaethynylpyrenes: Synthesis, Properties, and Self-Assembly, KATO, Shin-ichiro; KANO, Haruka; IRISAWA, Ken-ichi; YOSHIKAWA, Naoki; YAMOMOTO, Ryuichiro; KITAMARU, Chitoshi; NARA, Daiki; YAMANOBE, Takeshi; UEHARA, Hiroki; NAKAMURA, Yoshuke, 2018年12月, ORGANIC LETTERS, Organic Letters, 20, 23, 7530, 7534, 研究論文(学術雑誌)
  • 試料組成および練り時間が熱可塑性エラストマーの物性と構造に与える影響, 岩淵 龍之介; 永井 大介; 米山 賢; 上原 宏樹; 山延 健; 眞中 将一, 2018年07月, 高分子論文集, Kobunshi Ronbunshu, 75, 4, 337, 346, 研究論文(学術雑誌)
  • エチレン-酢酸ビニル共重合体の構造・物性に及ぼす組成、熱処理、圧縮の影響, 桑原 涼子; 富田 遼太郎; 中島 一憲; 武田 友孝; 上原 宏樹; 山延 健, 2018年02月, スポーツ歯学, Sports Dentistry, 21, 2, 31, 36, 研究論文(学術雑誌)
  • 示差走査型熱量計測定とin-situ X線測定の融合による高分子材料の融解挙動解析, 上原 宏樹; 増田 綾子; 山延 健, 2018年, 分析化学, Bunseki Kagaku, 67, 3, 145, 151, 研究論文(学術雑誌)
  • Trithiazolyl-1,3,5-triazines bearing decyloxybenzene moieties: Synthesis, photophysical and electrochemical properties, and self-assembly behavior, Shin-Ichiro Kato; Satoshi Jin; Terutaka Kimura; Naoki Yoshikawa; Daiki Nara; Kenji Imamura; Yoshihito Shiota; Kazunari Yoshizawa; Ryo Katoono; Takeshi Yamanobe; Hiroki Uehara; Yosuke Nakamura, 2018年, Organic and Biomolecular Chemistry, 16, 19, 3584, 3595, 研究論文(学術雑誌)
  • エチレン-酢酸ビニル共重合体製マウスガードの使用による物性変化に関する分子論的考察, 桑原 涼子; 中島 一憲; 武田 友孝; 上原 宏樹; 山延 健, 2017年02月, スポーツ歯学, Sports Dentistry, 20, 2, 19, 26, 研究論文(学術雑誌)
  • 動的粘弾性による新しい架橋型熱可塑性エラストマーの評価方法の検討, 眞中 将一; 岩淵 龍之介; 柏原 祐里子; 小薬 次郎; 上原 宏樹; 山延 健, 2017年, 日本ゴム協会誌, Nippon Gomu Kyokaishi, 90, 4, 183, 189, 研究論文(学術雑誌)
  • Robust and transparent membrane of crystalline silicone via a melt-drawing technique, Hiroki Uehara; Tomohiro Obana; Masaki Kakiage; Hidekazu Tanaka; Hiroyasu Masunaga; Takeshi Yamanobe; Eiichi Akiyama, 2014年01月14日, Journal of Materials Chemistry C, 2, 2, 373, 381, 研究論文(学術雑誌)
  • Application and analysis of a DSC-Raman spectroscopy for indium and poly(lactic acid), T. Suzuki; K. Takahashi; H. Uehara; T. Yamanobe, 2013年09月, Journal of Thermal Analysis and Calorimetry, 113, 3, 1543, 1549, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Effect of blending asymmetry for poly(L-lactic acid)/poly(D-lactic acid) on structural change during heating, Yuka Yokoyama; Hiroki Uehara; Takeshi Yamanobe, 2013年, Key Engineering Materials, 534, 71, 75, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Nanowrinkled and nanoporous polyethylene membranes via entanglement arrangement control, Hiroki Uehara; Takuya Tamura; Masaki Kakiage; Takeshi Yamanobe, 2012年05月23日, Advanced Functional Materials, 22, 10, 2048, 2057, 研究論文(学術雑誌)
  • Lamellar characteristics controlled by prior polymer concentration for solution-crystallized ultra-high molecular weight polyethylene, H Uehara; H Matsuda; T Aoike; T Yamanobe; T Komoto, 2001年06月, Polymer, 42, 13, 5893, 5899, 研究論文(学術雑誌)
  • Uniaxial drawing of polytetrafluoroethylene virgin powder by extrusion plus cold tensile draw, Ryoukel Endo; Kazuhiro Jounai; Hiroki Uehara; Tetsuo Kanamoto; Roger S. Porter, 1998年, Journal of Polymer Science, Part B: Polymer Physics, 36, 14, 2551, 2562, 研究論文(学術雑誌)
  • Structural characterization of ultrahigh-molecular-weight polyethylene reactor powders based on fuming nitric acid etching, Hiroki Uehara; Mitsuhiro Nakae; Tetsuo Kanamoto; Osamu Ohtsu; Akira Sano; Kazuo Matsuura, 1998年, Polymer, 39, 24, 6127, 6135, 研究論文(学術雑誌)
  • 筋肉類似エラストマーの創製とスポーツ・サポーターへの適用, 上原 宏樹, 2018年05月, デサントスポーツ科学, デサントスポーツ科学, 39, 36, 42
  • スチレンブタジエンゴムの耐候性に与えるひずみ印加の影響, 狩野真貴子; 樋口敦也; 伊東寛文; 近藤武志; 撹上将規; 山延健; 上原宏樹, 2021年03月, 日本ゴム協会誌, 94, 3, 87, 94, 研究論文(学術雑誌)
  • Effect of water spray on degradation of styrene-butadiene-rubber during accelerated weathering tests, Makiko Kano; Yoshito Ohtake; Takeshi Yamanobe; Hiroki Uehara, 2020年12月, Polymer Degradation and Stability, 182, 109379, 109379, 研究論文(学術雑誌)
  • In-situ analysis for melt-drawing behavior of ultra-high molecular weight polyethylene / normal molecular weight polyethylene blend films, Hidekazu Tanaka; Saki Saijo; Masaki Kakiage; Takeshi Yamanobe; Hiroki Uehara, 2020年11月, Polymer, 123213, 123213, 研究論文(学術雑誌)
  • Pd- and Au-Induced Circular and Fibrous Polymer Gelation via Thiocarbonyl Groups and High Pd Catalyst Activity, Daisuke Nagai; Ayaka Kubo; Moeko Morita; Naoyuki Shimazaki; Yasuyuki Maki; Hiroyuki Takeno; Masanobu Mori; Hiroki Uehara; Takeshi Yamanobe, 2020年06月12日, ACS Applied Polymer Materials, 2, 6, 2211, 2219, 研究論文(学術雑誌)
  • In-Situ X-ray Analyses of Structural Change during Drawing and Shrinking of Linear Low-Density Polyethylene Film, Hiroaki Yoshizawa; Ayaka Takazawa; Masaki Kakiage; Takeshi Yamanobe; Naoki Hayashi; Maki Hiraoka; Hiroyasu Masunaga; Koki Aoyama; Hiroki Uehara, 2022年04月, Journal of Robotics and Mechatronics, 研究論文(学術雑誌)
  • Effect of blending small amount of high-density polyethylene on molecular entanglements during melt-drawing of ultrahigh-molecular-weight polyethylene, Ayaka Takazawa; Masaki Kakiege; Takeshi Yamanobe; Hiroki Uehara; Yui Shimizu; Takuya Ohnishi; Yasutake Wakabayashi; Kei Inatomi; Shigehiko Abe; Kouki Aoyama, 2022年04月, Polymer, 研究論文(学術雑誌)
  • 超高分子量ポリエチレンの溶融延伸における原料パウダー種の影響, 渡邊希; 髙澤彩香; 山延健; 上原宏樹; 撹上将規, 2022年04月, プラスチック成形加工学会誌, 研究論文(学術雑誌)
  • Nanoporous Membranes Prepared from Homogeneous Lamellar Structure Developed via Biaxial Melt‐Drawing of Ultra‐High Molecular Weight Polyethylene/Normal Molecular Weight Polyethylene Blend Films, Hidekazu Tanaka; Ayaka Takazawa; Masaki Kakiage; Takeshi Yamanobe; Hiroki Uehara, 2021年06月12日, Macromolecular Materials and Engineering, 2100095, 2100095, 研究論文(学術雑誌)
  • Actuation mechanism of drawn polyethylene evaluated by structural change during cyclic stretching/shrinking, Hiroaki Yoshizawa; Ayaka Takazawa; Masaki Kakiage; Takeshi Yamanobe; Naoki Hayashi; Maki Hiraoka; Hiroyasu Masunaga; Kouki Aoyama; Hiroki Uehara, 2021年06月, Sensors and Actuators A: Physical, 323, 112634, 112634, 研究論文(学術雑誌)
  • 繰り返される温度変化がマウスガード材料に与える影響, 桑原 涼子; 上原 宏樹; 山延 健; 松田 祐明; 西野 仁泰; 河野 克明; 鈴木 義弘; 紺野 倫代; 片野 勝司; 中島 一憲; 武田 友孝, 2018年02月, スポーツ歯学, 21, 2, 52, 52
  • 繰り返される温度変化がマウスガード材料に与える影響, 桑原 涼子; 上原 宏樹; 山延 健; 松田 祐明; 西野 仁泰; 河野 克明; 鈴木 義弘; 紺野 倫代; 片野 勝司; 中島 一憲; 武田 友孝, 2017年06月, 日本スポーツ歯科医学会学術大会プログラム抄録集, 28回, 67, 67
  • マウスガード材料の圧力に対する影響, 桑原 涼子; 上原 宏樹; 山延 健; 松田 祐明; 西野 仁泰; 川上 良明; 河野 克明; 鈴木 義弘; 紺野 倫代; 小澤 卓充; 中島 一憲; 武田 友孝; 片野 勝司; 鎗田 文夫, 2017年02月, スポーツ歯学, 20, 2, 62, 62
  • マウスガードの物性変化について, 桑原 涼子; 上原 宏樹; 山延 健; 西野 仁泰; 川上 良明; 河野 克明; 鈴木 義弘; 紺野 倫代; 中島 一憲; 武田 友孝, 2016年08月, 日本歯科医師会雑誌, 69, 5, 478, 478
  • マウスガード材料の圧力に対する影響, 桑原 涼子; 上原 宏樹; 山延 健; 松田 祐明; 西野 仁泰; 川上 良明; 河野 克明; 鈴木 義弘; 紺野 倫代; 小澤 卓充; 中島 一憲; 武田 友孝; 片野 勝司; 鎗田 文夫, 2016年06月, 日本スポーツ歯科医学会学術大会プログラム抄録集, 27回, 59, 59
  • マウスガード使用による結晶化度及び分子運動状態に関する研究, 桑原 涼子; 上原 宏樹; 山延 健; 西野 仁泰; 川上 良明; 河野 克明; 鈴木 義弘; 紺野 倫代; 成松 慶之郎; 小澤 卓充; 中島 一憲; 武田 友孝; 片野 勝司; 鎗田 文夫, 2016年02月, スポーツ歯学, 19, 2, 66, 66
  • シーズン使用後の高校ラグビー選手のマウスガード使用状況およびその評価, 成松 慶之郎; 西野 仁泰; 川上 良明; 河野 克明; 鈴木 義弘; 紺野 倫代; 小澤 卓充; 中島 一憲; 武田 友孝; 桑原 涼子; 上原 宏樹; 山延 健; 片野 勝司; 鎗田 文夫, 2016年02月, スポーツ歯学, 19, 2, 88, 89
  • マウスガード一定期間使用後の評価, 桑原 涼子; 上原 宏樹; 山延 健; 河野 克明; 松田 祐明; 西野 仁泰; 川上 良明; 鈴木 義弘; 紺野 倫代; 成松 慶之郎; 小澤 卓充; 中島 一憲; 武田 友孝; 片野 勝司; 鎗田 文夫, 2015年06月, 歯科学報, 115, 3, 281, 281
  • マウスガード使用による結晶化度及び分子運動状態に関する研究, 桑原 涼子; 上原 宏樹; 山延 健; 西野 仁泰; 川上 良明; 河野 克明; 鈴木 義弘; 紺野 倫代; 成松 慶之郎; 小澤 卓充; 中島 一憲; 武田 友孝; 片野 勝司; 鎗田 文夫; 群馬県ラグビーフットボール協会メディカル委員会, 2015年06月, 日本スポーツ歯科医学会学術大会プログラム抄録集, 26回, 71, 71
  • 1シーズン使用後の高校ラグビー選手のマウスガード使用状況およびその評価, 成松 慶之郎; 西野 仁泰; 川上 良明; 河野 克明; 鈴木 義弘; 紺野 倫代; 小澤 卓充; 中島 一憲; 武田 友孝; 桑原 涼子; 上原 宏樹; 山延 健; 片野 勝司; 鎗田 文夫; 群馬県ラグビーフットボール協会メディカル委員会, 2015年06月, 日本スポーツ歯科医学会学術大会プログラム抄録集, 26回, 116, 116
  • マウスガードを安全に使用するための材料面からの考察, 桑原 涼子; 小川 菜摘; 上原 宏樹; 山延 健; 片野 勝司; 鎗田 文夫; 紺野 倫代; 中島 一憲; 武田 友孝; 石上 惠一, 2015年03月, 群馬県歯科医学会雑誌, 19, 53, 54
  • マウスガードの適切な保管場所・保管温度についての考察, 桑原 涼子; 小川 菜摘; 上原 宏樹; 山延 健; 片野 勝司; 鎗田 文夫; 紺野 倫代; 中島 一憲; 武田 友孝; 石上 惠一; 群馬県ラグビーフットボール協会メディカル委員会, 2015年02月, スポーツ歯学, 18, 2, 104, 104
  • マウスガードの適切な保管場所・保管温度についての考察, 桑原 涼子; 小川 菜摘; 上原 宏樹; 山延 健; 片野 勝司; 鎗田 文夫; 紺野 倫代; 中島 一憲; 武田 友孝; 石上 惠一, 2014年06月, 日本スポーツ歯科医学会学術大会プログラム抄録集, 25回, 71, 71

MISC

  • Practical NMR Analysis of Morphology and Structure of Polymers, Takeshi Yamanobe; Hiroki Uehara; Masaki Kakiage, 2010年, ANNUAL REPORTS ON NMR SPECTROSCOPY, VOL 70, 70, 203, 239
  • 多孔化技術のCutting Edge(巻頭言), 上原 宏樹, 2019年12月, 成形加工, 25, 12, 433, 記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • ナノ制限場を利用したポリ乳酸のステレオ・コンプレックス結晶化, 上原 宏樹, 2016年01月, 繊維学会誌, Sen-i Gakkaishi, 72, 10, 464, 464, 記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 溶融延伸による高性能繊維・膜の創製, 上原 宏樹, 2018年01月, 繊維学会誌, 74, 1, 44, 48, 記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • In-situ WAXD/SAXS同時計測によるメタロセン系超高分子量ポリエチレンの溶融延伸挙動解析, 成田 千尋; 清水 由惟; 上原 宏樹; 山延 健; 大西 拓也; 若林 保武; 稲富 敬; 阿部 成彦; 増永 啓康, 2017年12月, 東ソー研究・技術報告, Tosoh research & technology review, 61, 98, 57, 65, 機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等
  • シリコーン樹脂の構造制御と物性発現, 上原 宏樹; 山延 健; 秋山 映一, 2017年07月, 日本ゴム協会誌, Nippon Gomu Kyokaishi, 90, 7, 338, 345, 記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • インプロセス計測による超高分子樹脂の高性能化・高機能化, 上原 宏樹, 2016年, ニチアス技術時報2016, 1, 17, 23, 機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等
  • 新規シリコーンの相構造解析とエラストマー特性 : インプロセスNMR計測による架橋反応追跡 (特設記事 最新エラストマーガイド), 上原 宏樹; 山延 健; 秋山 映一, 2014年05月, プラスチックス(日本プラスチック工業連盟誌), 65, 5, 34, 42
  • インプロセスNMR計測による新規シリコーンの架橋反応追跡とエラストマー特性, 上原 宏樹; 山延 健; 秋山 映一, 2014年05月, プラスチックス, 65, 5, 34, 42, 記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)
  • 走査プローブ顕微鏡を用いたナノ・スクラッチ試験による高分子表面の構造・物性解析 (特集 耐傷付性), 上原 宏樹; 山延 健, 2013年08月, 成形加工, Journal of the Japan Society of Polymer Processing : プラスチック整形加工学会誌, 25, 8, 367, 371, 記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • インプロセス計測による高分子材料の高性能化・高機能化, 上原宏樹, 2010年11月, SPring-8利用者情報, 15, 4, 214, 246, 記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)
  • ポリオレフィン重合パウダーのモルフォロジーとペレタイズ・レス成形 (特集 触媒技術の新展開), 上原 宏樹, 2002年05月, ケミカルエンジニヤリング, 47, 5, 358, 364, 記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)
  • 高分子科学とNMR (特集 新しいNMRの可能性と応用技術), 山延 健; 撹上 将規; 上原 宏樹, 2007年11月, 化学工業, Kagaku Kogyo, 58, 11, 851, 856, 記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)
  • 群大工学部研究室から, 山延健; 上原宏樹, 2007年08月, 桐生タイムス, 2007/8/11, 記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)
  • PETボトルのリサイクル, 上原宏樹, 2002年10月, 上毛新聞, 2002/10/1, 記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)
  • ポリエチレン重合パウダーのモルフォロジーと分子運動性, 上原 宏樹; 山延 健; 甲本 忠史, 2002年02月, 高分子加工, 51, 2, 65, 73, 記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)
  • 環境に優しいプラスチック成形法, 上原 宏樹, 2001年03月, ぐんま経済新聞, 記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)
  • 絡み合いと高分子の変形, 上原 宏樹, 2000年02月, 高分子(高分子学会), Kobunshi, 49, 2, 84, 記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 夢の次世代プラスチックへの挑戦--メタロセン系ポリオレフィンの構造と物性 (1998年の化学-6-), 上原 宏樹; 甲本 忠史, 1998年06月, 化学, 53, 6, 72, 73, 記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)
  • 海外研究機関の紹介 22:Massachusetts大学 高分子工学科, 上原 宏樹, 1996年08月, 成形加工, 8, 8, 548, 550, 記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 実用化を研(みが)く-02 柔軟な発想で「自分らしい研究」を発展させることが実用化への第一歩(紹介記事), 上原宏樹, 2008年09月, 若手研究グラント価値創造(産業技術研究助成事業・若手グラント成果実例集), 1
  • 産業技術研究助成事業の助成研究者が第42回市村学術賞を受賞, 上原宏樹, 2010年04月, NEDOプレスリリース
  • SPring-8利用者が第42回市村学術賞を受賞, 上原宏樹, 2010年04月, SPring-8プレスリリース
  • 群馬大 超高分子量PE薄膜化, 上原宏樹, 2010年07月, 化学工業日報(第1面)
  • 群馬大学 無溶剤で超高分子量PE微多孔膜を作成, 上原宏樹, 2012年05月, 化学工業日報
  • 延伸加工によるポリ乳酸ナノ薄膜の創製と創傷被覆材への応用, 上原宏樹, 2018年12月, 天田財団助成研究成果報告書, 天田財団助成研究成果報告書, 31, 0, 103‐108, 108
  • 体内埋め込み型グルコース・センサーへの実装を目指したPTFEナノポーラス膜の創製 (助成課題 より豊かな生活に貢献する医療技術に関する研究), 上原 宏樹, 2016年, 医科学応用研究財団研究報告, 35, 39, 45
  • ポリ乳酸ステレオコンプレックス晶ナノ粒子の創製, 上原 宏樹, 2015年, ホソカワ粉体工学振興財団年報, Hosokawa Powder Technology Foundation ANNUAL REPORT, 23, 0, 57, 64
  • ポリエチレン溶融延伸過程における一時通過型結晶化挙動の in-situ 計測, 撹上 将規; 上原 宏樹, 2007年11月30日, 放射光, 放射光, 20, 6, 356, 366
  • ポリオレフィン重合パウダーの構造解析, 上原 宏樹, 2008年, 江野科学振興財団研究報告書, Reports of the Eno Science Foundation, 3, 50, 54
  • 結晶性高分子ポリブテン-1の融解再結晶過程における 吸発熱曲線のX線回折データからの再構成, 高橋 浩; 島田健一郎; 山本雄三; 上原宏樹, 2012年, Photon Factory Activity Report 2011, 29, 152
  • PMSE 244-Polysaccharide nano gel encapsulating DNA/polycation complexes for gene delivery, Masaki Kakiage; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto; Syozo Murakami; Hiroki Uehara, 2006年09月, ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 232, 183, 183, 研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • PMSE 267-Study on interfacial properties of high performance carbon fiber/PPESK composites, Takashi Morioka; Masaki Kakiage; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto; Syozo Murakami; Hiroki Uehara, 2006年09月, ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 232, 192, 192, 研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • PMSE 263-Application of commercial aliphatic hyperbranched polyesters as processing additives of PVC, Jun-ichi Suwa; Masaki Kakiage; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto; Hiroki Uehara, 2006年09月, ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 232, 182, 182, 研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • Nano-periodic arrangement of structural phases of polyethylene-black-polystyrene copolymer as induced by orientation tehniques, Hiroki Uehara; Tomoyuki Yoshida; Masaki Kakiage; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto, 2006年09月, ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 232, 205, 205, 研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 固体1H-NMRによる超高分子量ポリエチレン重合パウダーの分子運動に関する研究, 山延 健; 上原 宏樹; 甲本 忠史, 2002年, Macromolecules, 35巻, 3640-3647

書籍等出版物

  • Recent Research Developments in Materials Science, 共著, UEHARA, Hiroki, Phase Development During Polymerization As Estimated from Morphological and Relaxation Characteristics of Polyethylene Reactor Powders, RESEARCH SIGNPOST, 2002年
  • Reactor Powder Morphology, 共著, UEHARA, Hiroki; YAMANOBE, Takeshi, Chapter 3 - Morphology and Molecular Motion of Polyethylene Reactor Powders, NOVA SCIENCE PUBLISHERS, 2010年05月
  • Annual Reprots on NMR Spectroscopy, Volume 70, 共著, YAMANOBE, Takeshi; UEHARA, Hiroki; KAKIAGE; Masaki Kakiage, Chapter 5 - Practical NMR Analysis of Morphology and Structure of Polymers, ELSERVIER, 2010年07月
  • Polymer Morphology: Principles, Characterization, and Processing, 共著, YAMANOBE, Takeshi; UEHARA, Hiroki, Chapter 8 - NMR Analysis of Morphology and Structure of Polymers, JOHN WILEY & SONS, 2016年05月
  • 高分子トライボロジーの制御と応用, 共著, 上原 宏樹; 山延 健, SPMナノ・スクラッチによる高分子表面の構造・物性解析, シーエムシー出版, 2015年05月
  • 高分子の結晶制御技術と応用, 共著, 上原 宏樹; 山延 健; 撹上将規, 超高分子量ポリエチレンの溶融超延伸過程におけるインプロセス計測とフィルム高性能化, シーエムシー出版, 2012年07月
  • 広がる核磁気共鳴NMRの世界~40人のNMR研究者からの熱いメッセージ~, 共著, 上原 宏樹, パルスNMRによるポリエチレンの構造形成機構の解明, コロナ社, 2011年04月
  • シーズを探せ, 共著, 上原 宏樹, 環境に優しいプラスチック成形法, 群馬大学科学技術振興会, 2001年
  • 高分子の延伸による分子配向・結晶化メカニズムと評価方法, 分担執筆, 撹上将規; 上原宏樹, 超延伸による高性能化, R&D支援センター, 2020年12月
  • 高分子材料の辞典, 共著, 上原宏樹; 撹上将規, 釣り糸, 朝倉書店, 2022年12月
  • 延伸による高分子の構造と物性制御, 分担執筆, 上原宏樹; 撹上将規, PTFE延伸フィルムの製造技術, S&T出版, 2022年04月
  • 延伸による高分子の構造と物性制御, 分担執筆, 上原宏樹; 撹上将規, 超高分子量ポリエチレンの延伸過程におけるIn-situ X線計測による結晶構造解析, S&T出版, 2022年04月

講演・口頭発表等

  • 超高分子量ポリエチレンフィルムの分子鎖絡み合い特性に及ぼす原料パウダー種の影響, 渡邊希; 撹上将規; 山延健; 上原宏樹, 成形加工学会シンポジア’20, 2020年12月01日, 2020年12月02日, 日本語
  • 超高分子量ポリエチレン繊維の構造形成における延伸条件の影響, 横地優香; 高澤彩香; 大森健太; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健, プラスチック成形加工学会第32回年次大会, 2021年06月16日, 2021年06月17日, 日本語
  • 直鎖状低密度ポリエチレン延伸フィルムの伸縮動作に及ぼすタイ分子の役割, 髙澤彩香; 吉澤宏亮; 撹上将規; 山延健; 上原宏樹; 青山光輝; 増永啓康; 林直毅; 平岡牧, 2021年度繊維学会年次大会, 2021年06月09日, 2021年06月11日, 日本語
  • 乾式紡糸による炭化ホウ素繊維の作製, 本道玲; 依田雄介; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健, 2021年度繊維学会年次大会, 2021年06月09日, 2021年06月11日, 日本語
  • 溶融二軸延伸による超高分子量ポリエチレン薄膜の作製と物性評価, 原澤椋己; 和久井瑛登; 島袋航; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健, 2021年度繊維学会年次大会, 2021年06月09日, 2021年06月11日, 日本語
  • 超高分子量ポリエチレン繊維の構造形成に及ぼす延伸条件の影響, 横地優香; 高澤彩香; 大森健太; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健, 2021年度繊維学会年次大会, 2021年06月09日, 2021年06月11日, 日本語
  • NHC銀錯体を用いたエチレンの重合, 木村なな子; 竹内大介; 小倉沙代子; 髙澤彩香; 撹上将規; 山延健; 上原宏樹, 第70回高分子学会年次大会, 2021年05月26日, 2021年05月28日, 日本語
  • 超高分子量ポリエチレン延伸フィルムへの圧縮による単斜晶および中間相の生成, 小倉沙代子; 鶴貝巧; 比田井友紀; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健, 第70回高分子学会年次大会, 2021年05月26日, 2021年05月28日, 日本語
  • ポリエチレンフィルムの表面変形特性における結晶緩和の影響, 八木敦史; 樋口敦也; 鈴木翔太; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健, 第70回高分子学会年次大会, 2021年05月26日, 2021年05月28日, 日本語
  • ポリビニルアルコールを原料とした炭化ホウ素繊維の作製, 本道玲; 依田雄介; 上原宏樹; 山延健, 第70回高分子学会年次大会, 2021年05月26日, 2021年05月28日, 日本語
  • ガラスに担持した金属触媒によるエチレンの重合, 奈良﨑萌花; 竹内大介; 増野敦信; 小倉沙代子; 原澤椋己; 髙澤彩香; 撹上将規; 山延健; 上原宏樹, 第70回高分子学会年次大会, 2021年05月26日, 2021年05月28日, 日本語
  • スチレンブタジエンゴムの耐候性に与えるひずみ印加の影響, 狩野真貴子; 飯塚智則; 伊東寛文; 樋口敦也; 撹上将規; 山延健; 上原宏樹, 日本ゴム協会2021年年次大会, 2021年05月20日, 2021年05月21日, 日本語
  • イオン性ポリウレタンの構造および物性評価, 上村茜; 撹上将規; 山延健; 上原宏樹; 氏家誠司; 青山光輝; 増永啓康, 第2回北関東地区講演会(高分子学会関東支部), 2021年03月05日, 2021年03月05日, 日本語
  • ポリプロピレン・プレス成形フィルムの構造解析と物性評価, 西條早紀; 撹上将規; 山延健; 上原宏樹; 陳平凡; 小林豊, 第2回北関東地区講演会(高分子学会関東支部), 2021年03月05日, 2021年03月05日, 日本語
  • 新規含6員環ポリオレフィンの延伸及び昇温過程における変形挙動のin-situ解析, 周藤康介; 太田皓介; 撹上将規; 山延健; 上原宏樹; 竹内大介, 第2回北関東地区講演会(高分子学会関東支部), 2021年03月05日, 2021年03月05日, 日本語
  • ポリビニルアルコール繊維の延伸過程の構造変化, 須田裕斗; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健; 津村佳弘, 第2回北関東地区講演会(高分子学会関東支部), 2021年03月05日, 2021年03月05日, 日本語
  • ポリビニルアルコールフィルムの一軸延伸過程における構造変化, 新田紗也花; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健, 第2回北関東地区講演会(高分子学会関東支部), 2021年03月05日, 2021年03月05日, 日本語
  • 超高分子量ポリエチレン原料パウダー種が溶融延伸に与える影響, 渡邊希; 撹上将規; 山延健; 上原宏樹, 第2回北関東地区講演会(高分子学会関東支部), 2021年03月05日, 2021年03月05日, 日本語
  • 超高分子量ポリエチレンフィルムの分子鎖絡み合い特性に及ぼす原料パウダー種の影響, 渡邊希; 撹上将規; 山延健; 上原宏樹, 成形加工学会シンポジア’20, 2020年12月01日, 2020年12月02日, 日本語
  • 超高分子量ポリエチレンの溶融延伸性に与えるバイモーダルな分子量分布の効果, 髙澤彩香; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健; 清水由惟; 大西拓也; 若林保武; 稲富敬; 阿部成彦, 成形加工学会シンポジア’20, 2020年12月01日, 2020年12月02日, 日本語
  • 溶融紡糸・延伸によるポリエチレン繊維の作製と高強度化, 撹上将規; 上原宏樹; 山延健, 成形加工学会シンポジア’20, 2020年12月01日, 2020年12月02日, 日本語
  • 異なる組成比を有するエチレン-アクリル酸共重合体およびアイオノマーの引張変形挙動の追跡, 鶴貝巧; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健; 青山光輝, 成形加工学会シンポジア’20, 2020年12月01日, 2020年12月02日, 日本語
  • エチレン-アクリル酸共重合体の引張り過程および昇温過程における構造変化, 鶴貝巧; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健; 青山光輝, 第31回エラストマー討論会, 2020年11月26日, 2020年11月27日, 日本語
  • 溶融プロセスによる高強度ポリエチレン繊維の作製, 撹上将規; 上原宏樹; 山延健, 第29回ポリマー材料フォーラム, 2020年11月26日, 2020年11月27日, 日本語
  • ポリアルキルメタクリレートを添加した潤滑油が高分子材料の摩擦摩耗挙動に与える影響, 樋口敦也; 小俣智弥; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健; 大沼田靖之; 田川一生, 第29回ポリマー材料フォーラム, 2020年11月26日, 2020年11月27日, 日本語
  • コモノマー組成がポリオキシメチレン共重合体フィルムの配向結晶化挙動に及ぼす影響, 島袋航; 周藤康介; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健; 池田剛志, 第29回ポリマー材料フォーラム, 2020年11月26日, 2020年11月27日, 日本語
  • バイモーダルな分子量分布をもつ超高分子量ポリエチレンの溶融延伸, 髙澤彩香; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健; 清水由惟; 大西拓也; 若林保武; 稲富敬; 阿部成彦, 第29回ポリマー材料フォーラム, 2020年11月26日, 2020年11月27日, 日本語
  • ポリプロピレン・プレス成形フィルムの変形挙動, 西條早紀; 撹上将規; 山延健; 上原宏樹; 陳平凡; 小林豊, 第29回ポリマー材料フォーラム, 2020年11月26日, 2020年11月27日, 日本語
  • 潤滑油組成が高分子トライボロジーに与える影響, 樋口敦也; 小俣智弥; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健; 大沼田靖之; 田川一生, トライボロジー会議2020秋, 2020年11月11日, 2020年11月13日, 日本語
  • 樹脂成分が摩擦材物性に与える影響, 鈴木翔太; 増田彩香; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健; 中島政哉; 長沼拓; 松本益幸; 園部哲也, トライボロジー会議2020秋, 2020年11月10日, 2020年11月13日, 日本語
  • 超高分子量ポリエチレン融体の周期的な配向/緩和による構造変化, 大森健太; 渡邊希; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健; 青山光輝; 増永啓康, 2020年度繊維学会秋季研究発表会, 2020年11月05日, 2020年11月06日, 日本語
  • 超高分子量ポリエチレン二軸延伸フィルムの一軸延伸挙動, 和久井瑛登; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健; 青山光輝; 増永啓康, 2020年度繊維学会秋季研究発表会, 2020年11月05日, 2020年11月06日, 日本語
  • ポリビニルアルコール不織布を用いた繊維状炭化ホウ素の作製, 依田雄介; 須田裕斗; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健, 2020年度繊維学会秋季研究発表会, 2020年11月05日, 2020年11月06日, 日本語
  • イオン性ポリウレタンの延伸過程における構造変化のin-situ X線解析, 上村茜; 山延健; 上原宏樹; 氏家誠司; 青山光輝; 増永啓康, 2020年度繊維学会秋季研究発表会, 2020年11月05日, 2020年11月06日, 日本語
  • 新規6員環ポリオレフィンおよびその延伸試料の相転移挙動のin-situ解析と熱測定, 周藤康介; 佐藤圭; 撹上将規; 山延健; 上原宏樹; 竹内大介, 熱測定オンライン討論会2020, 2020年10月27日, 2020年10月28日
  • In-situ X線測定とDSC測定の組み合わせによるπ共役系超分子の融解および結晶化挙動の解析, 比田井友紀; 西城早紀; 林和宏; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健; 鈴木一正; 加藤真一郎; 青山光輝; 増永啓康, 熱測定オンライン討論会2020, 2020年10月27日, 2020年10月28日
  • DSC測定とin-situ X 線測定の融合 による高分子材料の融解挙動解析, 上原宏樹, 熱測定ウェビナー2020, 2020年10月26日, 2020年10月26日
  • In-Situ Solid-State 1H-NMR Measurements during Various Processes of Polymeric Materials, Hiroki Uehara, ACS Fall 2020 National Meeting & Exposition, 2020年08月16日, 2020年08月20日, 英語
  • ポリウレタン・エラストマーの変形過程における構造変化のin-situ解析, 田辺智輝; 上村茜; 新田紗也花; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健; 石黒正, プラスチック成形加工学会第31回年次大会, 2020年06月24日, 2020年06月26日
  • 異なる組成比のエチレン-アクリル酸共重合体およびアイオノマーにおける引張挙動の解析, 鶴貝巧; 福嶋月乃; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健; 青山光輝; 増永啓康, プラスチック成形加工学会第31回年次大会, 2020年06月24日, 2020年06月25日
  • In-situ計測技術によるポリオキシメチレン共重合体・ブレンドフィルムの延伸過程における配向結晶化挙動の追跡, 島袋航; 周藤康介; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健; 池田剛志, プラスチック成形加工学会第31回年次大会, 2020年06月24日, 2020年06月25日
  • ポリウレタン・エラストマーの延伸過程における配向結晶化挙動のin-situ計測, 田辺智輝; 上村茜; 新田紗也花; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健; 石黒正, 2020年度繊維学会年次大会, 2020年06月10日, 2020年06月19日
  • 摩擦材の摩擦・摩耗挙動における樹脂成分の効果, 鈴木翔太; 増田彩香; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健; 中島政哉; 長沼拓; 松本益幸; 園部哲也, 2020年度繊維学会年次大会, 2020年06月10日, 2020年06月12日
  • ポリオキシメチレン共重合体・ブレンドフィルムの延伸過程における配向結晶化のin-situ計測, 島袋航; 周藤康介; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健; 池田剛志, 2020年度繊維学会年次大会, 2020年06月10日, 2020年06月12日
  • 組成比の異なるエチレン-アクリル酸共重合体およびアイオノマーにおける応力・ひずみ挙動の解析, 鶴貝巧; 福嶋月乃; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健; 青山光輝; 増永啓康, 2020年度繊維学会年次大会, 2020年06月10日, 2020年06月12日
  • 超高分子量ポリエチレン融体の配向/緩和サイクルによる構造変化, 大森健太; 渡邊希; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健; 青山光輝; 増永啓康, 2020年度繊維学会年次大会, 2020年06月10日, 2020年06月12日
  • 超高分子量ポリエチレン二軸延伸フィルムからの溶融延伸挙動, 和久井瑛登; 東宮大貴; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健; 青山光輝; 増永啓康, 2020年度繊維学会年次大会, 2020年06月10日, 2020年06月12日
  • 高分子トライボロジーにおける潤滑油の効果, 樋口敦也; 小俣智弥; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健; 大沼田靖之; 田川一生, 2020年度繊維学会年次大会, 2020年06月10日, 2020年06月12日
  • エレクトロスピニングにより得られたポリビニルアルコール不織布を用いた炭化ホウ素繊維の作製, 依田雄介; 須田裕斗; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健, 2020年度繊維学会年次大会, 2020年06月10日, 2020年06月12日
  • In-situ測定によるバイモーダルな分子量分布を有する超高分子量ポリエチレンの溶融延伸挙動の追跡, 髙澤彩香; 吉澤宏亮; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健; 清水由惟; 大西拓也; 若林保武; 稲富敬; 阿部成彦; 青山光輝; 増永啓康, 2020年度繊維学会年次大会, 2020年06月10日, 2020年06月12日
  • π共役系超分子の昇温および降温過程における相転移挙動のin-situ計測, 比田井友紀; 西城早紀; 林和宏; 滋賀県立大; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健; 鈴木一正; 加藤真一郎; 滋賀県立大; 青山光輝; 増永啓康, 2020年度繊維学会年次大会, 2020年06月10日, 2020年06月12日
  • 潤滑油組成が高分子トライボロジーに与える効果, 樋口敦也; 小俣智弥; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健; 大沼田靖之; 田川一生, 第69回高分子学会年次大会, 2020年05月27日, 2020年06月29日
  • 超高分子量ポリエチレン溶融二軸延伸フィルムからの溶融延伸, 和久井瑛登; 東宮大貴; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健; 青山光輝; 増永啓康, 第69回高分子学会年次大会, 2020年05月27日, 2020年05月29日
  • ポリビニルアルコール不織布を用いた炭化ホウ素繊維の作製, 依田雄介; 須田裕斗; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健, 第69回高分子学会年次大会, 2020年05月27日, 2020年05月29日
  • エチレン-アクリル酸共重合体およびアイオノマーの応力・ひずみ挙動解析, 鶴貝巧; 福嶋月乃; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健; 青山光輝; 増永啓康, 第69回高分子学会年次大会, 2020年05月27日, 2020年05月29日
  • π共役系超分子の昇温および降温過程における相転移挙動のin-situ解析, 比田井友紀; 西城早紀; 林和宏; 滋賀県立大; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健; 鈴木一正; 加藤真一郎; 滋賀県立大; 青山光輝; 増永啓康, 第69回高分子学会年次大会, 2020年05月27日, 2020年05月29日
  • バイモーダルな分子量分布を有する超高分子量ポリエチレンの溶融延伸挙動のin-situ 測定, 髙澤彩香; 吉澤宏亮; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健; 清水由惟; 大西拓也; 若林保武; 稲富敬; 阿部成彦; 青山光輝; 増永啓康, 第69回高分子学会年次大会, 2020年05月27日, 2020年05月29日
  • ポリプロピレン・プレス成形フィルムの特異な結晶配向と変形機構, 西條早紀; 吉澤宏亮; 撹上将規; 山延健; 上原宏樹; 陳平凡; 小林豊, プラスチック成形加工学会秋シンポジア第26回秋季大会, 2019年11月26日, 2019年11月27日
  • 固体NMR測定によるメタロセン系超高分子量ポリエチレンフィルムの構造解析と溶融延伸挙動のin-situ計測, 髙澤彩香; 吉澤宏亮; 清水由惟; 撹上将規; 山延健; 上原宏樹; 大西拓也; 若林保武; 稲富敬; 阿部成彦; 青山光輝; 増永啓康, 第28回ポリマー材料フォーラム, 2019年11月21日, 2019年11月22日
  • ポリアミド6の摩擦摩耗特性に及ぼす高強度ポリアミド繊維の影響, 小俣智弥; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健, 第28回ポリマー材料フォーラム, 2019年11月21日, 2019年11月22日
  • スチレンスルホン酸ナトリウム骨格をもつハイドロゲルの合成とその物性, 星野真里奈; 撹上将規; 米山賢; 上原宏樹; 山延健; 永井大介; 尾添真治, 第28回ポリマー材料フォーラム, 2019年11月21日, 2019年11月22日
  • ポリビニルアルコール繊維の延伸による構造及び物性変化, 須田裕斗; 小俣智弥; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健; 津村佳弘, 2019年度繊維学会秋季研究発表会, 2019年11月09日, 2019年11月10日
  • 直鎖状低密度ポリエチレン延伸フィルムの伸縮動作における分子構造変化の追跡, 吉澤宏亮; 奈良大樹; 撹上将規; 山延健; 上原宏樹; 林直毅; 平岡牧; 青山光輝; 増永啓康, 2019年度繊維学会秋季研究発表会, 2019年11月09日, 2019年11月10日
  • In-situ WAXD及びDSC測定によるポリ(スチレン-エチレン)ランダム共重合体フィルムの融解挙動解析, 福嶋月乃; 撹上将規; 山延健; 上原宏樹; 青山光輝; 増永啓康, 第55回熱測定討論会, 2019年10月24日, 2019年10月26日
  • 超高分子量ポリエチレン溶融延伸フィルムおよび繊維の結晶構造変化におけるDSCとWAXDの融合, 撹上将規; 山延健; 上原宏樹, 第55回熱測定討論会, 2019年10月24日, 2019年10月26日
  • №18:マウスガード一定期間使用後の評価, 桒原 涼子; 上原 宏樹; 山延 健; 河野 克明; 松田 祐明; 西野 仁泰; 川上 良明; 鈴木 義弘; 紺野 倫代; 成松 慶之郎; 小澤 卓充; 中島 一憲; 武田 友孝; 片野 勝司; 鎗田 文夫, 歯科学報, 2015年06月30日, 日本語
  • DSC測定とin-situ X 線測定の融合による高分子材料の融解挙動解析, 上原 宏樹, 実践に役立つ熱分析セミナー(パーキンエルマー主催), 2019年05月17日, 日本語, 国内会議
  • シリコーン材料の「その場」計測と高性能化, 上原 宏樹, 高分子同友会勉強会, 2018年08月22日, 日本語, 国内会議
  • 重合パウダー延伸へのインフォマティクス的アプローチ, 上原 宏樹, マテリアルズ・インフォマティクスに関する情報交換会(高崎量子応用研究所), 2018年07月31日, 日本語, 国内会議
  • 高分子鎖の絡み合いを利用した相構造制御と高性能化・高機能化, 高分子学会九州支部フォーラム, 2018年01月26日, 日本語, 国内会議
  • シリコーンゴムと結晶性シリコーンのブレンド物の延伸挙動解析, 上原 宏樹, スーパーコンポジット研究会・第12回講演会, 2017年09月26日, 日本語, 国内会議
  • 溶融延伸による高性能繊維・膜の創製, 上原 宏樹, 平成29年度繊維学会年次大会・繊維学会賞・受賞講演, 2017年06月07日, 日本語, 国内会議
  • 溶融延伸挙動から評価した高分子鎖の絡み合い特性, 上原 宏樹, 第66回高分子討論会(高分子学会), 2017年09月21日, 日本語, 国内会議
  • 結晶/非晶の相構造制御による高機能膜の開発, 上原 宏樹, 第66回高分子討論会(高分子学会)高分子学会三菱化学賞・受賞講演, 2017年09月21日, 日本語, 国内会議
  • ナノ制限場におけるポリ乳酸のステレオ・コンプレックス結晶化と応用, 上原宏樹, 2016-1エコマテリアル研究会(高分子学会), 2016年07月22日, 日本語, 東京大学農学部中島ホール, 国内会議
  • 延伸過程における分子鎖絡み合い挙動のインプロセス解析, 上原宏樹, 第64回高分子討論会(高分子学会), 2015年09月15日, 日本語, 国内会議
  • 超高分子量ポリエチレンの溶融延伸過程におけるインプロセス計測と高性能化・高機能化, 上原宏樹, マテリアルライフ学会第26回研究発表会・第100回複合材料懇話会講演会, 2015年07月04日, 日本語, 群馬大学太田キャンパス, 国内会議
  • Ultra-Drawing via Metastable Phase for Crystalline Polymer, 上原 宏樹, International Union of Materials Research Societies- The IUMRS International Conmference in Asia 2014 (IUMRS-ICA 2014), 2014年, 英語, 国際会議
  • 高分子材料の延伸過程におけるインプロセス計測と高性能化・高機能化, 第22回ポリマー材料フォーラム(高分子学会), 2013年11月28日, 日本語, 国内会議
  • 超高分子量樹脂の溶融延伸過程における配向結晶化のインプロセス計測, 上原宏樹; 山延健, 第62回高分子討論会, 2013年09月12日, 日本語, 金沢大学, 国内会議
  • 汎用性高分子材料のナノ構造制御による高性能化・高機能化, 第41回東北地区高分子若手研究会夏季ゼミナール(高分子学会東北支部), 2013年08月06日, 日本語, 国内会議
  • 結晶性高分子の表面偏析による階層構造形成と表面物性, 上原宏樹; 山延健, 第61回高分子討論会, 2012年09月20日, 日本語, 名古屋工業大学, 国内会議
  • 延伸技術による汎用高分子の構造制御とインプロセス解析, 上原 宏樹, 高分子学会岡山地区懇話会講演会, 2012年07月09日, 日本語, 国内会議
  • Structure and Properties of Polymeric Membranes Composed of Crystalline/Amorphous Phase Arrangement, 上原 宏樹, Polymer Chemistry Group Seminar (Hosts: Prof. Dieter A. Schlüter; Dr. Junji Sakamoto, ETHZ), Zurich (Switzerland), 2011年09月14日, 英語, 国際会議
  • Knots and entanglements for polymers: their effects in bulk and molecular scales, 上原 宏樹, The joint LPMV, EPFL / CIG, UNIL Seminar (Hosts: Prof G. Dietler, LPMV, EPFL; Dr. A. Stasiak, CIG, UNIL), Laussanne (Switzerland), 2011年09月13日, 英語, 国際会議
  • インプロセス計測技術による高分子材料の高性能化・高機能化, 上原 宏樹, 東京工芸大・ナノ科学セミナー, 2010年12月09日, 日本語, 国内会議
  • ナノテクノロジーを用いた医用・福祉材料の開発, 上原 宏樹, 東京工芸大・特別講義, 2010年12月09日, 日本語, 国内会議
  • 超高分子量ポリマーの延伸技術と構造解析, 上原 宏樹, R&D支援センター講習会, 2010年03月31日, 日本語, 国内会議
  • 高分子材料の延伸過程における相構造形成のin-situ計測と高性能化・高機能化, 上原 宏樹, 日本レオロジー学会・高分子加工技術研究会・第72回研究会例会, 2010年03月10日, 日本語, 国内会議
  • 分子鎖絡み合い・異方性に着目した高分子材料のナノ構造制御と物性発現, 東工大・G-COE化学講演会, 2009年01月25日, 日本語, 国内会議
  • 分子鎖絡み合い・異方性に着目した汎用性高分子のナノ構造制御とケイ素材料への応用, 第4回相模ケイ素材料フォーラム, 2009年08月27日, 日本語, 国内会議
  • 高分子融体からの延伸過程における相構造形成のin-situ計測, 上原宏樹, SPring-8利用者懇談会・平成19年度第3回高分子科学研究会, 2008年03月15日, 日本語, SPring-8中央管理棟上坪講堂, 国内会議
  • 放射光X線回折・熱量同時測定によるポリプロピレンβ晶フィルムの構造変化過程の研究, 第24回PFシンポジウム, 2007年
  • 高分子材料の構造・物性発現に及ぼす分子鎖絡み合い・異方性の効果とその制御, 上原 宏樹, 平成19年度・理科教育談話会(日本化学会群馬地区), 2007年06月27日, 日本語, 国内会議
  • SPMナノスクラッチにより評価したポリ乳酸フィルム表面の構造と物性, SII走査型プローブ顕微鏡セミナー2007, 2007年07月11日, 日本語, 国内会議
  • Solid-State Characterization of Polyethylene Reactor Powders and Their Structural Changes upon Annealing, Spring meeting of the Polymer Society of Korea, 2007年04月12日, 英語, 国際会議
  • 分子鎖絡み合いと異方性に注目した高分子材料の成形加工と高性能化, 信州大学21世紀COEプログラム・先進ファイバー工学研究教育拠点・第7回戦略ワークショップ, 2006年09月05日, 日本語, 国内会議
  • PETフィルムの分子鎖異方性が表面変形特性に与える効果, SII走査型プローブ顕微鏡セミナー2006, 2006年06月29日, 日本語, 国内会議
  • SPMナノ・スクラッチ挙動から見積もったポリエチレンブレンドフィルム表面の分子量偏析, SII走査型プローブ顕微鏡セミナー2006, 2006年06月29日, 日本語
  • 「高分子らしさ」に着目した特殊成形加工と最先端計測-NEDOプロジェクトの研究成果を交えて-, 平成17年度群馬大学科学技術振興財団セミナー・ワンポイントシリーズ「高分子加工」, 2005年11月24日, 日本語, 国内会議
  • ポリエチレン変形過程における相構造形成のin-situ解析 -超高分子量ポリエチレンの超延伸による高性能化-, 山形大学VBL談話会, 2004年03月25日, 日本語, 国内会議
  • ポリエチレン変形過程における相構造形成のin-situ測定, 第3回理研シンポジウム「高分子結晶の構造と機能」, 2003年07月25日, 日本語, 国内会議
  • ポリオレフィン重合パウダーの微細構造, 上原宏樹, 日本電子顕微鏡学会・有機高分子材料研究部会講演会, 1997年12月, 日本語, 東京工業大学, 国内会議
  • 超高分子量ポリエチレンの溶融・固相状態での分子鎖絡み合いと塑性変形性(溶融延伸・固相延伸), 第49回プラステック成形加工学会伸張プロセス専門委員会, 2000年12月14日, 日本語, 国内会議
  • 結び目のトポロジーと材料物性 -結び目種とひもの材質が破断挙動に与える影響-, 第66回高分子学会東海支部懇談会, 2002年03月14日, 日本語, 国内会議
  • 高分子重合パウダーの構造と物性, 上原宏樹, 第49回高分子学会年次大会・若手招待講演, 2000年05月29日, 日本語, 名古屋国際会議場, 国内会議
  • パルスNMRから見たポリエチレン分子運動のモルフォロジー依存性, 上原宏樹, 第2回固体NMR技術交流会, 1999年07月02日, 日本語, ホテルニュー神田(東京), 国内会議
  • Nano-periodic arrangement of structural phases of polyethylene-black-polystyrene copolymer as induced by orientation tehniques, Uehara Hiroki; Yoshida Tomoyuki; Kakiage Masaki; Yamanobe Takeshi; Komoto Tadashi, ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2006年09月10日
  • PMSE 263-Application of commercial aliphatic hyperbranched polyesters as processing additives of PVC, Suwa Jun-ichi; Kakiage Masaki; Yamanobe Takeshi; Komoto Tadashi; Uehara Hiroki, ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2006年09月10日
  • PMSE 267-Study on interfacial properties of high performance carbon fiber/PPESK composites, Morioka Takashi; Kakiage Masaki; Yamanobe Takeshi; Komoto Tadashi; Murakami Syozo; Uehara Hiroki, ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY, 2006年09月10日
  • Solid-state NMR study of monoclinic form of polyethylene, Takeshi Yamanobe; Hiroki Uehara; Tadashi Komoto, Polymer Preprints, Japan, 2006年12月01日
  • 放射光を用いた昇温・延伸過程におけるin-situ構造解析, 上原宏樹, プラスチック成形加工学会第167回講演会, 2019年01月16日, 日本語, 東工大大岡山キャンパス, 国内会議
  • 高分子材料の延伸による高性能化・高機能化とin-situ構造解析, 上原 宏樹, 滋賀県立大工学部材料科学科講演会, 2019年03月25日, 日本語, 国内会議
  • 分子を引き延ばして強い繊維をつくる, 上原 宏樹, 2019年度群馬大学科学技術振興財団ワンポイントセミナー, 2019年10月18日, 日本語, 国内会議
  • 溶融延伸法による超高分子量樹脂の高性能化・高機能化, 上原宏樹, 第95回千葉地域活動高分子研究交流講演会(高分子学会関東支部), 2019年06月04日, 日本語, 千葉大学西千葉キャンパス, 国内会議
  • ポリビニルアルコール繊維の延伸による構造及び物性変化, 須田裕斗; 小俣智弥; 上原宏樹; 山延健; 津村佳弘, 繊維学会予稿集, 2019年06月05日, 日本語
  • 金属配位親水性ポリマーと金属イオンのゲル化を利用した有機複合材料の創製, 永井大介; 森田萌子; 嶋崎正起; 久保彩香; 槇靖幸; 武野宏幸; 森勝伸; 上原宏樹; 山延健, 繊維学会予稿集, 2019年06月05日, 日本語
  • 新規6員環ポリオレフィンの製膜とその物性, 周藤康介; 佐藤圭; 奈良大樹; 山延健; 上原宏樹; 小坂田耕太郎; 竹内大介, 繊維学会予稿集, 2019年06月05日, 日本語
  • ポリビニルアルコールフィルムの一軸延伸過程における構造変化, 新田紗也花; 武田隼太; 山延健; 上原宏樹; 増永啓康; 青山光輝, 繊維学会予稿集, 2019年06月05日, 日本語
  • 異なる超高分子量ポリエチレン原料のフィルム成形性および溶融延伸性の比較, 渡邊希; 東宮大貴; 山延健; 上原宏樹, 繊維学会予稿集, 2019年06月05日, 日本語
  • イオン性ポリウレタンの構造および物性評価, 上村茜; 福嶋月乃; 山延健; 上原宏樹; 氏家誠司, 繊維学会予稿集, 2019年06月05日, 日本語
  • ポリプロピレン圧縮成形物の結晶配向と力学的性質, 西條早紀; 吉澤宏亮; 山延健; 上原宏樹; CHEN Pingfan; 小林豊, 繊維学会予稿集, 2019年06月05日, 日本語
  • アルコキシベンゼン部位を有するトリチアゾリルトリアジン誘導体の合成,物性および自己集合, 林和宏; 金子献吾; 松本泰昌; 中村洋介; 奈良大樹; 山延健; 上原宏樹; 北村千寿; 加藤真一郎, 日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 2019年03月01日, 日本語
  • Effect of Modified Cyclodextrin on Polylactic Acid / Modified Cyclodextrin Complex, 4th Gunma International Symposium on Membranes, 2D Matters and Device Application (GIS 2018), 2018年
  • In-situ Measurement Recorded during Stretching Silicone Elastomers to Evaluate Changes in Structure and Properties, 4th Gunma International Symposium on Membranes, 2D Matters and Device Application (GIS 2018), 2018年
  • 半芳香族ポリアミドのメチレン鎖長が物性と構造に与える効果, 第33回群馬・栃木地区講演会(高分子学会関東支部), 2018年
  • Effect of Kneading Condition and the Composition on the Structure and Physical Properties of EPDM/PP Thermoplastic Elastomer, 4th Gunma International Symposium on Membranes, 2D Matters and Device Application (GIS 2018), 2018年
  • Influence of Molding Conditions on Melt-Drawing Behavior of Metallocene-Catalyzed Ultra-High Molecular Weight Polyethylene Film, 4th Gunma International Symposium on Membranes, 2D Matters and Device Application (GIS 2018), 2018年
  • Investigation of phase formation during stretching for polyoxymethylene-based film containing ethyleneoxide comonomer, 4th Gunma International Symposium on Membranes, 2D Matters and Device Application (GIS 2018), 2018年
  • Structure and Physical Property of Semi-Aromatic Polyamides with various methylene length, 4th Gunma International Symposium on Membranes, 2D Matters and Device Application (GIS 2018), 2018年
  • Kneading Time Dependence of Morphology and Physical Properties of Ethylene Propylene Diene (EPDM) Rubber, 4th Gunma International Symposium on Membranes, 2D Matters and Device Application (GIS 2018), 2018年
  • In-situ Measurements of Uniaxial Melt-Drawing Behavior for Ultra-High Molecular Weight / Normal Molecular Weight Polyethylene Blend Films with Different Entanglement Characteristic, 4th Gunma International Symposium on Membranes, 2D Matters and Device Application (GIS 2018), 2018年
  • In-situ計測によるシリコーン・エラストマーの延伸過程における構造変化と物性評価, 第33回群馬・栃木地区講演会(高分子学会関東支部), 2018年
  • 試料組成及び混練りが熱可塑性エラストマーの物性とモルフォロジーに与える影響, 第33回群馬・栃木地区講演会(高分子学会関東支部), 2018年
  • メタロセン系超高分子量ポリエチレン・フィルムの成形条件が溶融延伸過程における伸びきり結晶化に与える効果, 第66回高分子討論会(高分子学会), 2017年
  • 主鎖骨格の異なるポリアミドブレンド物の摩擦・磨耗挙動, 第32回群馬・栃木地区講演会(高分子学会関東支部), 2017年
  • エチレン酢酸ビニル共重合体の結晶化挙動と物性評価, 第32回群馬・栃木地区講演会(高分子学会関東支部), 2017年
  • 超高分子量ポリエチレン/高密度ポリエチレン・積層フィルムの溶融延伸における構造変化の解明, 第32回群馬・栃木地区講演会(高分子学会関東支部), 2017年
  • 分子量分布の異なる超高分子量ポリエチレンフィルムの成形条件が溶融延伸挙動に与える影響, 第66回高分子学会年次大会, 2017年
  • Effect of Modified Cyclodextrin on Polylactic Acid / Modified Cyclodextrin Complex, 2017年
  • メチレン鎖長の異なる半芳香族ポリアミドの構造・物性に関する研究, 繊維学会関東支部・平成29年度研究交流会, 2017年
  • ゴム練り状態の異なる合成ゴムの物性・モルフォロジー, 第12回相模ケイ素材料フォーラム, 2017年
  • In-situ計測によるシリコーン・エラストマーの構造と物性評価, 繊維学会関東支部・平成29年度研究交流会, 2017年
  • 練り時間が熱可塑性エラストマーの物性・モルフォロジーに与える影響, 平成29年度日本化学会関東支部群馬地区研究交流発表会, 2017年
  • メチレン鎖長の異なる半芳香族ポリアミドの構造・物性に関する研究, 平成29年度日本化学会関東支部群馬地区研究交流発表会, 2017年
  • 練り時間が熱可塑性エラストマーの物性・モルフォロジーに与える影響, 繊維学会関東支部・平成29年度研究交流会, 2017年
  • 練り条件と試料組成が動的架橋型熱可塑性エラストマーの物性と構造に与える影響, 平成29年繊維学会秋季研究発表会, 2017年
  • ポリオキシメチレン共重合体フィルムの延伸過程における相構造形成のインプロセス計測, 第66回高分子討論会(高分子学会), 2017年
  • 含硫黄PVA誘導体と金属イオンの架橋反応を利用した金属複合材料の創製, 第66回高分子討論会(高分子学会), 2017年
  • 練り条件と試料組成がEPDM/PP系熱可塑性エラストマーの物性と構造に与える影響, 第66回高分子討論会(高分子学会), 2017年
  • 分子鎖絡み合い特性の異なる超高分子量ポリエチレン/通常分子量ポリエチレン・ブレンドフィルムの溶融一軸延伸過程におけるin-situ計測, 平成29年繊維学会秋季研究発表会, 2017年
  • ポリ乳酸への修飾シクロデキストリン添加による効果, 第12回相模ケイ素材料フォーラム, 2017年
  • エチレンオキサイドコモノマー含有量の違いがポリオキシメチレン系フィルムの一軸延伸過程における構造変化に与える効果, 第12回相模ケイ素材料フォーラム, 2017年
  • 異なる条件で成形したメタロセン系超高分子量ポリエチレンフィルムの溶融一軸延伸過程におけるインプロセスX線計測, 第12回相模ケイ素材料フォーラム, 2017年
  • In-situ X線計測を用いたコモノマー量の異なるポリオキシメチレン・エチレンオキサイド共重合体の延伸・冷却過程の調査, 平成29年度繊維学会年次大会, 2017年
  • 成形条件の異なる超高分子量ポリエチレンフィルムの溶融延伸過程におけるin-situ X線計測, 平成29年度繊維学会年次大会, 2017年
  • In-situ X線計測と熱分析による分子量分布の異なる超高分子量ポリエチレン溶融二軸延伸膜の結晶構造解析, 第66回高分子学会年次大会, 2017年
  • 結晶性高分子フィルムの二軸延伸によるナノポーラス化, 第66回高分子学会年次大会, 2017年
  • ポリ乳酸への修飾シクロデキストリン添加による効果, 第66回高分子学会年次大会, 2017年
  • 組成比の異なるポリオキシメチレン・エチレンオキサイド共重合体フィルムの延伸・冷却過程におけるin-situ X線測定, 第66回高分子学会年次大会, 2017年
  • In-situ X線計測と熱分析による分子量分布の異なる超高分子量ポリエチレン溶融二軸延伸膜の結晶構造解析, 第32回群馬・栃木地区講演会(高分子学会関東支部), 2017年
  • 動的粘弾性による新しい架橋型熱可塑性エラストマーの評価方法の検討, 日本ゴム協会2017年年次大会, 2017年
  • 練り時間の異なるエチレンプロピレンジエン共重合体(EPDM)ゴムの物性、モルフォロジー, 日本ゴム協会2017年年次大会, 2017年
  • 練り時間が異なる熱可塑性エラストマーの構造・物性, 日本ゴム協会2017年年次大会, 2017年
  • 超高分子量ポリエチレン/高密度ポリエチレン・積層フィルムの溶融延伸後の冷却結晶化におけるWAXD/SAXS同時測定, 第25回ポリマー材料フォーラム(高分子学会), 2016年
  • 分子量分布の異なる超高分子量ポリエチレンの溶融二軸延伸膜の特異な結晶配向, 第25回ポリマー材料フォーラム(高分子学会), 2016年
  • 超高分子量ポリエチレン/高密度ポリエチレン・積層フィルムの溶融延伸挙動と冷却結晶化挙動, 第28回高分子加工技術討論会(日本レオロジー学会), 2016年
  • メタロセン系超高分子量ポリエチレンの溶融二軸延伸膜の多重結晶配向, 第28回高分子加工技術討論会(日本レオロジー学会), 2016年
  • 超高分子量ポリエチレンの溶融延伸による高性能化・高機能化, 第65回高分子討論会, 2016年
  • 架橋シリコーンの変形印加過程におけるin-situ NMR構造解析, 第65回高分子討論会, 2016年
  • PA6/MXD6ブレンドフィルムの摩耗挙動及びフィルムの評価, 第65回高分子討論会, 2016年
  • エチレンビニルアセテート共重合体の熱処理による構造と物性の研究, 第65回高分子討論会, 2016年
  • 超高分子量ポリエチレン/高密度ポリエチレン・積層フィルムの溶融延伸後に起こる冷却結晶化挙動のin-situ計測, 第65回高分子討論会, 2016年
  • In-situ計測による超高分子量ポリエチレンの溶融延伸挙動と結晶相転移の解明, 第65回高分子討論会, 2016年
  • 含硫黄PVA誘導体と金イオンの架橋反応による金ナノ粒子が均一分散した繊維状ゲルの合成, 第65回高分子討論会, 2016年
  • 練り時間が熱可塑性エラストマーの物性・モルフォロジーに与える影響, 高分子学会湘北地区懇話会講演会・第11回相模ケイ素材料フォーラム, 2016年
  • メチレン鎖長の異なる半芳香族ポリアミドの構造・物性に関する研究, 高分子学会湘北地区懇話会講演会・第11回相模ケイ素材料フォーラム, 2016年
  • In-situ計測により評価したシリコーン・エラストマーの延伸過程における構造変化, 高分子学会湘北地区懇話会講演会・第11回相模ケイ素材料フォーラム, 2016年
  • Non-Solvent Preparation of Nanostructured Membranes of Ultra-High Molecular Weight Polyethylene by Drawing Technique, PSE50, 2016年
  • Preparation of Silicone Elastomer Composite with Crystalline Component and Its Structural Change during Stretching, The International Rubber Conference 2016 (IRC 2016), 2016年
  • Effect of Kneading Conditions on Morphologies and Properties of Thermoplastic Elastomers, The International Rubber Conference 2016 (IRC 2016), 2016年
  • Structural Change during Stretching Silicone Elastomers with Different Cross-linking Characteristics, The International Rubber Conference 2016 (IRC 2016), 2016年
  • Melting Behavior Analysis and Property Evaluation of Cyclic Polyolefin, International Conference on Advanced Engineering and Its Education in 2016 (ICAEE 2016), 2016年
  • Nanoporous polyethylene membranes for glucose sensors, H. Uehara; M. Kakiage; M. Sekiya; D. Sakuma; T. Yamanobe; N. Takano; A. Barraud; E. Eric Meurville; P. Ryser, IFMBE Proceedings, 2011年11月09日
  • 高い有機物選択性と耐久性を示すシロキサングラフト化ポリイミド膜, 第59回高分子学会討論会, 2010年
  • 超高分子量ポリエチレンフィルムの延伸/圧縮による単斜晶の生成と消失, 高分子学会関東支部群馬栃木地区講演会, 2010年
  • 結晶性シリコーンの昇温過程における相構造変化に与える分子量の効果, 第59回高分子学会年次大会, 2010年
  • 超高分子量ポリエチレンフィルムの延伸/圧縮による単斜晶の生成と消失, 第59回高分子学会年次大会, 2010年
  • 結晶性シリコーンの昇温過程における相構造変化に与える分子量の効果, 第5回相模ケイ素材料フォーラム, 2010年
  • 無機酸化物粉体と高分子の相互作用に関する研究, 10-1 NMR研究会(高分子学会), 2010年
  • Nano-Platelet Structure of Clay Materials Observed by AFM and Its Application for Polymer Composites, International Conference on Advanced Micro-Device Engineering, 2009年
  • Transition and Molecular Orientation Behavior of Crystalline Silicon-Based Polymer, 11th Pacific Polymer Conference 2009, 2009年
  • Stereo-Complex Crystallization of Poly(lactic acid) Enhanced in Nanospace Confined by Block Copolymer Phase Separation, 11th Pacific Polymer Conference 2009, 2009年
  • 結晶性高分子の延伸過程におけるNMR測定, 第58回高分子学会討論会, 2009年
  • 剛直性及び多分岐性を付与した新規シリコーンの熱架橋挙動のin-situ計測とその力学物性評価, 第58回高分子学会討論会, 2009年
  • 溶液及び溶融状態から調製した超高分子量ポリエチレンフィルムの延伸/圧縮による単斜晶の生成, 第58回高分子学会討論会, 2009年
  • 結晶性ケイ素含有高分子の昇温過程における相転移挙動と配向化 Ⅱ 延伸による分子配向性付与と高性能化, 第58回高分子学会年次大会, 2009年
  • 固体状態におけるシクロデキストリン/ポリ乳酸包接複合体の構造と分子運動に関する研究, 第26 回シクロデキストリンシンポジウム, 2009年
  • 結晶性高分子の延伸過程におけるNMR測定, 第4回相模ケイ素材料フォーラム, 2009年
  • 溶液及び溶融状態から調製した超高分子量ポリエチレンフィルムの延伸/圧縮による単斜晶の生成, 第4回相模ケイ素材料フォーラム, 2009年
  • 結晶性ケイ素含有高分子の昇温過程における相転移挙動と配向化 Ⅰ 固体高分解能NMRによる分子構造解析, 第58回高分子学会討論会, 2009年
  • 結晶性ケイ素含有高分子の昇温過程における相転移挙動と配向化 Ⅱ 延伸による分子配向性付与と高性能化, 第58回高分子学会討論会, 2009年
  • 結晶性高分子の延伸過程におけるNMR測定, 09-1 NMR研究会(高分子学会), 2009年
  • 高分子溶融体の物性と分子運動に関する研究, 09-1 NMR研究会(高分子学会), 2009年
  • Poly(m-xylylene adipamide)の結晶化挙動のin-situ解析, 09-1 NMR研究会(高分子学会), 2009年
  • 溶液及び溶融状態から調製した超高分子量ポリエチレンフィルムの延伸/圧縮による単斜晶の生成, 09-1 NMR研究会(高分子学会), 2009年
  • 高分子溶融体の粘度と分子運動に関する研究, 高分子学会関東支部群馬栃木地区講演会, 2009年
  • ポリL乳酸/ポリD乳酸・ブレンドフィルムのステレオコンプレックス結晶化と熱処理による構造変化, 高分子学会関東支部群馬栃木地区講演会, 2009年
  • シクロデキストリン包接複合体の構造に関する研究, 高分子学会関東支部群馬栃木地区講演会, 2009年
  • SPMナノスクラッチにより見積もったポリ乳酸フィルムの表面変形挙動, 第20回高分子加工技術討論会(日本レオロジー学会), 2008年
  • 様々な環境下におけるパルスNMR測定による高分子材料のin-situ解析手法の開発, 2008年
  • 溶液および溶融状態から調製した超高分子量ポリエチレンフィルムの延伸/圧縮による単斜晶の生成, 第57回高分子学会討論会, 2008年
  • 結晶性ケイ素含有高分子の昇温過程における相転移挙動と配向化, 第57回高分子学会討論会, 2008年
  • 高分子材料の変形過程における分子運動性変化のin-situ NMR計測, 日本化学会第2回関東支部大会, 2008年
  • ポリテトラメチル-p-シルフェニレンシロキサンの昇温過程における相転移挙動と配向化, 第3回相模ケイ素材料フォーラム, 2008年
  • Poly(m-xylylene adipamide)の等温結晶化過程における微細構造解析, 第57回高分子学会年次大会, 2008年
  • 溶液および溶融状態から調製した超高分子量ポリエチレンフィルムの延伸/圧縮による単斜晶の生成, 高分子学会関東支部群馬栃木地区講演会, 2008年
  • 超高分子量ポリエチレンの溶融延伸過程におけるin-situパルスNMR計測を用いた分子鎖絡み合い解析, 高分子学会関東支部群馬栃木地区講演会, 2008年
  • SPMナノスクラッチにより見積もったポリ乳酸フィルムの表面変形挙動, 高分子学会関東支部群馬栃木地区講演会, 2008年
  • Poly(m-xylylene adipamide)の等温結晶化過程における微細構造解析, 高分子学会関東支部群馬栃木地区講演会, 2008年
  • SPMナノスクラッチにより見積もったポリ乳酸フィルムの表面変形挙動, 第57回高分子学会年次大会, 2008年
  • Transformation of Crystal Structure of Ultra High Molecular Weight Polyethylene as Studied by Solid State NMR, The 10th Pasific Polymer Conferenre, 2007年
  • Regulated Phase Arrangement of Polystyrene/Poly(dimethylsiloxane) Block Copolymer Film Surface, The 3rd International Symposium on Development of Silicon-based Functional Materials, 2007年
  • Structural Change with Blending of Crystalline/Amorphous Block Copolymers Having Different Types of Microphase Separations, The 2nd Gunma International Symposium on Chemistry (GIS2007), 2007年
  • Extended-Chain Crystallization during Drawing from Ultra-High Molecular Weight Polyethylene Melts, 9th International Symposium on Polymers for Advanced Technologies (PAT2007), 2007年
  • Structural Change during Uniaxial Drawing and Annealing from Amorphous Poly(L-lactic acid), 9th International Symposium on Polymers for Advanced Technologies (PAT2007), 2007年
  • Structure and Property Gradation from Surface to Bulk As Evaluated by Nano-Scratch Tests Using Scanning Probe Microscopy, 9th International Symposium on Polymers for Advanced Technologies (PAT2007), 2007年
  • Structural Changes during Drawing of Ethylene-alt-Tetrafluoroethylene Copolymer Films as Analyzed by In-situ X-ray Measurements, 2007 Materials Research Society Fall Meeting, 2007年
  • ポリ1-ブテンの結晶多型と昇温過程における融解/結晶化挙動, 第56回高分子学会年次大会, 2007年
  • 動的非対称性高分子ブレンドにおける一軸伸張下での構造変化の電子線照射効果, 第56回高分子学会年次大会, 2007年
  • ポリスチレン-ポリジメチルシロキサン・ブロック共重合体フィルムの表面構造と規則配列化, 第2回相模ケイ素材料フォーラム, 2007年
  • 超高分子量ポリエチレンの溶融延伸過程におけるin-situパルスNMR計測を用いた分子鎖絡み合い解析, 第46回NMR討論会, 2007年
  • ポリスチレン-ポリジメチルシロキサン・ブロック共重合体フィルムの表面構造と規則配列化, 第56回高分子学会討論会, 2007年
  • Crystallization and morphology of MXD6, Takeshi Yamanobe; Hiroyuki Shida; Emiko Kashimura; Akira Igarashi; Hiroki Uehara; Tadashi Komoto, Polymer Preprints, Japan, 2006年10月18日
  • Structural changes during drawing of ethylene-alt-tetrafluoroethylene copolymer films as analyzed by in-process X-ray measurements, Yasunori Ono; Takashi Morioka; Masaki Kakiage; Hiroki Uehara; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto; Syozo Murakami, Polymer Preprints, Japan, 2006年10月18日
  • Phase transition behavior upon heating of melt-drawn ultra-high molecular weight polyethylenes prepared under different conditions, Masaki Kakiage; Hiroki Uehara; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto; Syozo Murakami; Sono Sasaki, Polymer Preprints, Japan, 2006年10月18日
  • In-situ SAXS Analysis of Extended Crystallization during Melt-Drawing of Ultra-High Molecular Weight Polyethylene, XIII International Conference on Small-angle Scattering (SAS 2006), 2006年
  • Structural Characterization of N-Lignoceryl (C24:0) Sphingomyelin Bilayer Membranes by SAXS and XRD : A Reevaluation, XIII International Conference on Small-angle Scattering (SAS 2006), 2006年
  • Structural Development of Dynamically Asymmetric Polymer Blends under Uniaxial Elongation, XIII International Conference on Small-angle Scattering (SAS 2006), 2006年
  • Nano-Periodic Arrangement of Structural Phases of Polyethylene-block-Polystyrene Copolymer as Induced by Orientation Techniques, 232nd national meetings & expositions of the American Chemical Society, 2006年
  • In-situ SAXS Analysis of Extended Crystallization during Melt-Drawing of Ultra-High Molecular Weight Polyethylene, 232nd national meetings & expositions of the American Chemical Society, 2006年
  • In-Process Analysis for Melt-Drawing Behavior of Polytetrafluoroethylene Using Synchrotron X-Ray Measurements and Resultant Property Development, 232nd national meetings & expositions of the American Chemical Society, 2006年
  • Molecular Weight Segregation on Surfaces of Polyethylene Blend Films as Estimated from Nano-Scratch Tests Using Scanning Probe Microsopy, 232nd national meetings & expositions of the American Chemical Society, 2006年
  • Transformation of crystal structure of ultra high molecular weight polyethylene as studied by solid state NMR, The 44th Annual Meeting of Japanese NMR Society and the 1st Asian-Pasific NMR Symposium, 2006年
  • Self-Assembly of Silicon-Containing Polymeric Materials As Nano-Composite Structure, The 2nd International Symposium on Development of Silicon-based Functional Materials, 2006年
  • ポリエチレン単斜晶の生成と消滅に関する研究, 第55回高分子学会討論会, 2006年
  • ポリエチレン重合パウダーの熱処理に伴うモルフォロジー変化と分子運動性解析, 第18回高分子加工技術討論会(日本レオロジー学会), 2006年
  • インプロセスX線計測から評価したエチレン/テトラフルオロエチレン交互共重合体の延伸/熱処理過程における構造変化, 第55回高分子学会年次大会, 2006年
  • 超高分子量を有する直鎖状低密度ポリエチレンフィルムの表面変形特性, 繊維学会年次大会, 2006年
  • 異なる条件で作製した超高分子量ポリエチレン溶融延伸試料の昇温過程における相転移挙動, 第55回高分子学会年次大会, 2006年
  • MXD6の結晶化とモルフォロジーに関する研究, 第55回高分子学会年次大会, 2006年
  • ポリカーボネートの結晶化に関する研究, 繊維学会年次大会, 2006年
  • MXD6の結晶化とモルフォロジーに関する研究, 繊維学会年次大会, 2006年
  • Molecular weight segregation on surfaces of polyethylene blend films as estimated from SPM nano -scratch behaviors, Jun Ichi Suwa; Masaki Kakiage; Hiroki Uehara; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto, Polymer Preprints, Japan, 2005年12月01日
  • Effect of molecular characteristics and processing conditions on melt-drawing behavior of ultra-high molecular weight polyethylenes, Masaki Kakiage; Hiroki Uehara; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto; Syozo Murakami, Polymer Preprints, Japan, 2005年12月01日
  • In-situ analysis for melt-drawing behavior of polytetrafluoroethylene film, Takashi Morioka; Masaki Kakiage; Hiroki Uehara; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto; Syozo Murakami, Polymer Preprints, Japan, 2005年12月01日
  • High pressure blending for immiscible polymer blends, Hiroyuki Takeno; Shinpei Ono; Yuka Iguti; Motosuke Naoki; Hiroki Uehara; Syozo Murakami; Hiroshi Takahashi, Polymer Preprints, Japan, 2005年12月01日
  • Solid-state NMR study of monoclinic form of polyethylene, Kenji Hashidume; Keiko Kanou; Hiroki Uehara; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto, Polymer Preprints, Japan, 2005年12月01日
  • Structural change with blending crystalline/amorphous block copolymers having different n phase separation habits, Miho Sekiya; Masaki Kakiage; Hiroki Uehara; Takeshi Yamanobe; Tadashi Komoto, Polymer Preprints, Japan, 2005年12月01日
  • SPMナノスクラッチ試験により評価した配向PETフィルムの表面変形特性, SII走査型プローブ顕微鏡セミナー2005, 2005年
  • 無配向非晶PETフィルムの延伸中の構造形成と力学物性, 第53回高分子学会討論会, 2005年
  • 非相溶高分子ブレンドの高圧混合化, 第54回高分子学会年次大会, 2005年
  • Nano-Platelet Structure of Clay Materials Observed by AFM and Its Application for Polymer Composites, The 1st International Symposium on Development of Silicon-based Functional Materials, 2005年
  • 異なる条件で作製したポリプロピレンb晶フィルムの昇温過程における相構造変化, 平成17年度繊維学会年次大会, 2005年
  • ポリテトラフルオロエチレン・フィルムの溶融延伸挙動のin-situ解析, 第54回高分子学会討論会, 2005年
  • 伸張下における動的非対称性高分子ブレンドの構造, 第16回日本MRS学術シンポジウム, 2005年
  • 固体NMRによるポリエチレン単斜晶の生成と消滅に関する研究, 第54回高分子年次大会, 2005年
  • 分子量特性及び延伸条件が超高分子量ポリエチレンの溶融延伸挙動に及ぼす効果, 第54回高分子年次大会, 2005年
  • Crystallization Behavior and Morphology of Poly(m-xylylene adipamide), 第44回NMR討論会, 2005年
  • SPMナノスクラッチ挙動から見積もったポリエチレンブレンドフィルム表面の分子量偏析, 第54回高分子討論会, 2005年
  • 異なる高次構造を発現する結晶性・非晶性ブロック共重合体のブレンドによる相変化, 第54回高分子討論会, 2005年
  • ポリプロピレン重合パウダーの性状と直接成形/延伸フィルムの構造および物性, 第17回高分子加工技術討論会, 2005年
  • Transformation of Crystal Structure of Ultra High Molecular Weight Polyethylene as Studied by Solid State NMR, The 1st Asi-Pacific NMR Symposium, 2005年
  • Transformation of Crystal Structure of Ultra High Molecular Weight Polyethylene as Studied by Solid State NMR, 8th SPSJ International Polymer Conference, 2005年
  • PETフィルムの延伸中の構造形成と力学的挙動, 第17回日本放射光学会年会, 2004年
  • ポリエチレン/ポリスチレン・ブロック共重合体の結晶/非晶・共連続構造の配向処理によるナノ規則配列化, 第53回高分子学会年次大会, 2004年
  • 主鎖にフェニル基を有するポリアミドの結晶化とモルフォロジーに関する研究, 第43回NMR討論会, 2004年
  • ポリエチレン変形過程における相構造形成のin-situ測定, 第17回日本放射光学会年会, 2004年
  • Transient Crystallization during Drawing from Ultra-High Molecular Weight Polyethylene Melts Having Different Entanglement Characteristics, MACRO2004, 2004年
  • ポリフェニレンエーテルの熱処理による構造変化に関する研究, 第43回NMR討論会, 2004年
  • 固体NMRによるポリエチレン単斜晶の生成と消滅に関する研究, 第43回NMR討論会, 2004年
  • Surface Deformation Characteristics of Oriented Poly(ethylene terephthalate) Films as Evaluated from Nano-Scratch Tests with Scanning Probe Microscopy, MACRO2004, 2004年
  • 異なる絡み合い特性を有する超高分子量ポリエチレンの溶融延伸過程で起こる一時通過型結晶化, 第53回高分子学会年次大会, 2004年
  • PETフィルム表面の分子配向がナノ・スクラッチ挙動に与える効果, 第53回高分子学会年次大会, 2004年
  • エンジニアリングプラスチックの結晶化とモルフォロジーに関する研究, 高分子学会NMR研究会, 2004年
  • 固体NMRによるポリエチレン単斜晶の生成と消滅に関する研究(2), 高分子学会NMR研究会, 2004年
  • 異なる条件で作成したポリエチレン/ポリスチレン・ブロック共重合体フィルムの3次元相構造解析と機能評価, 第53回高分子討論会, 2004年
  • 超高分子量ポリエチレンの溶融延伸/緩和過程で起こる相構造変化のin-situ解析, 第53回高分子討論会, 2004年
  • In-Situ Observation of Phase Development during Melt-Drawing of Ultra-High Molecular Weight Polyethylene Using Synchrotron Radiation, 19th Annual Meeting of Polymer Processing Society, 2003年
  • Morphology of Polyolefin Reactor Powders and Their Application for Pelletize-Less Processing, 8th Japan International SAMPE Symposium and Exhibition, 2003年
  • PETフィルムの延伸中の構造形成と力学物性の相関, 第52回高分子学会年次大会, 2003年
  • 粘土材料の構造とポリエチレンへの単層分散化, 第15回高分子加工技術討論会(日本レオロジー学会), 2003年
  • 高分子材料の変形過程における相構造形成のin-situ測定, 明日の高分子科学を考える若手セミナー, 2003年
  • SPMナノスクラッチ試験により評価した配向PETフィルムの表面変形特性, 日本化学会関東支部群馬地区地域懇談会, 2003年
  • ポリプロピレン重合パウダーの性状と直接成形/延伸フィルムの構造及び物性, 第12回ポリマー材料フォーラム, 2003年
  • 固体NMRによるポリブチレンナフタレートのβ晶生成に関する研究, 繊維学会年次大会, 2003年
  • ポリプロピレン重合パウダーからの直接フィルム成形と延伸による高性能化, 第52回高分子学会年次大会, 2003年
  • シンクロトロン放射光を用いた超高分子量ポリエチレン溶融延伸過程における相構造形成のin-situ測定, 第52回高分子学会年次大会, 2003年
  • 固体NMRによるポリブチレンナフタレートのβ晶生成に関する研究, 高分子学会NMR研究会, 2003年
  • ポリエチレン重合パウダーの熱処理に伴うモルフォロジー変化, 第53回高分子討論会, 2003年
  • PVDC共重合体の結晶化とモルフォロジーに関する研究, 高分子学会NMR研究会, 2003年
  • 固体NMRによるポリブチレンナフタレートβ晶生成機構に関する研究, 群馬県分析研究会第27回研究発表会, 2003年
  • ポリアクリル酸系ゲルの分解に関する研究, 高分子学会NMR研究会, 2003年
  • 結晶性/非晶性ブロック共重合体の高次構造制御とエッチング処理, 第53回高分子討論会, 2003年
  • SPMナノスクラッチ試験により評価した配向PETフィルムの表面変形特性, 第53回高分子討論会, 2003年
  • 固体NMRによるポリエチレン単斜晶生成と消滅に関する研究, 第53回高分子討論会, 2003年
  • 固体NMRによるポリエチレン単斜晶の生成と消滅に関する研究, 高分子学会NMR研究会, 2003年
  • ポリエチレン・リアクターパウダーのモルフォロジーと重合過程における相構造形成, 第51回高分子学会年次大会, 2002年
  • 固体NMRによるポリブチレンナフタレートの構造と分子運動, 高分子学会NMR研究会, 2002年
  • アイソタクチックポリプロピレン重合パウダーの微細構造, 第41回NMR討論会, 2002年
  • 固体NMRによるポリエチレン単斜晶の構造と分子運動, 高分子学会NMR研究会, 2002年
  • 超高分子量ポリエチレン重合パウダーからの連続フィルム成形と溶融延伸による高性能化, 第13回プラスチック成形加工学会年次大会, 2002年
  • 単層カーボンナノチューブ/ポリマー鎖の凝集化, 第10回プラスチック成形加工学会秋季大会, 2002年
  • Morphology of Polyolefin Reactor Powders and Their Application for Pelletize-Less Processing, IUPAC Polymer Conference on the Mission and Challenges of Polymer Science and Technology (IUPAC-PC2002), 2002年
  • シンジオタクチックポリプロピレン溶液結晶化物の熱処理過程における再配列機構, 第51回高分子学会年次大会, 2002年
  • 固体NMRによるポリエチレン単斜晶の構造と分子運動, 第51回高分子学会年次大会, 2002年
  • ポリエチレン重合パウダーからの連続フィルム成形と溶融延伸による高性能化, 高分子学会・第11回ポリマー材料フォーラム, 2002年
  • 異なる条件で成形した結晶性/非晶性ブロック共重合体モルフォロジーのTEM観察, 第51回高分子学会討論会, 2002年
  • 走査フォース顕微鏡および電子顕微鏡によるポリマー材料の構造・物性評価, 日本化学会関東支部群馬地区地域懇談会, 2002年
  • スクラッチ試験により評価したポリスチレン表面の変形特性, トライボロジー会議2001秋 宇都宮, 2001年
  • ランダムコポリマー表面を用いた摩擦特性の制御, トライボロジー会議2001秋 宇都宮, 2001年
  • ポリエチレン単斜晶の構造と分子運動, 高分子学会NMR研究会, 2001年
  • アイソタクチックポリプロピレン重合パウダーの構造と分子運動, 繊維学会年次大会, 2001年
  • 超高分子量ポリエチレンの延伸に伴う規則構造の発現, 第50回高分子討論会, 2001年
  • Morphological and NMR Studies on Nascent Isotactic Polypropylene Powders, International Symposium on Furture Technologies for Polyolefin and Olefin Polymerization Catalysis, 2001年
  • ポリエチレン重合パウダーのモルホロジーと分子運動性, 第50回高分子学会年次大会, 2001年
  • 異なる溶液濃度で結晶化させた超高分子量ポリエチレンのラメラ構造と分子運動性, 第50回高分子学会年次大会, 2001年
  • ポリブチレン-2,6-ナフタレート延伸物の構造と分子運動, 高分子学会NMR研究会, 2001年
  • ナイロン46結晶化物の構造と分子運動, 繊維学会年次大会, 2001年
  • ポリフッ化ビニリデン・フィラメントの結節破断挙動に及ぼす結節種の影響, 第50回高分子討論会, 2001年
  • ポリエチレン単斜晶の構造と分子運動, 第50回高分子討論会, 2001年
  • ポリブチレン-2,6-ナフタレートの結晶構造と分子運動, 第40回NMR討論会, 2001年
  • Comoparison of Macro/Nanotribology of Polymeric Materials, International Tribology Conference, 2000年
  • Effect of Modified Cyclodextrin on Polylactic Acid / Modified Cyclodextrin Complex, 4th Gunma International Symposium on Membranes, 2D Matters and Device Application (GIS 2018), 2018年
  • In-situ Measurement Recorded during Stretching Silicone Elastomers to Evaluate Changes in Structure and Properties, 4th Gunma International Symposium on Membranes, 2D Matters and Device Application (GIS 2018), 2018年
  • Effect of Kneading Condition and the Composition on the Structure and Physical Properties of EPDM/PP Thermoplastic Elastomer, 4th Gunma International Symposium on Membranes, 2D Matters and Device Application (GIS 2018), 2018年
  • Influence of Molding Conditions on Melt-Drawing Behavior of Metallocene-Catalyzed Ultra-High Molecular Weight Polyethylene Film, 4th Gunma International Symposium on Membranes, 2D Matters and Device Application (GIS 2018), 2018年
  • Investigation of phase formation during stretching for polyoxymethylene-based film containing ethyleneoxide comonomer, 4th Gunma International Symposium on Membranes, 2D Matters and Device Application (GIS 2018), 2018年
  • Structure and Physical Property of Semi-Aromatic Polyamides with various methylene length, 4th Gunma International Symposium on Membranes, 2D Matters and Device Application (GIS 2018), 2018年
  • Kneading Time Dependence of Morphology and Physical Properties of Ethylene Propylene Diene (EPDM) Rubber, 4th Gunma International Symposium on Membranes, 2D Matters and Device Application (GIS 2018), 2018年
  • In-situ Measurements of Uniaxial Melt-Drawing Behavior for Ultra-High Molecular Weight / Normal Molecular Weight Polyethylene Blend Films with Different Entanglement Characteristic, 4th Gunma International Symposium on Membranes, 2D Matters and Device Application (GIS 2018), 2018年
  • Effect of Modified Cyclodextrin on Polylactic Acid / Modified Cyclodextrin Complex, 2017年
  • Non-Solvent Preparation of Nanostructured Membranes of Ultra-High Molecular Weight Polyethylene by Drawing Technique, PSE50, 2016年
  • Preparation of Silicone Elastomer Composite with Crystalline Component and Its Structural Change during Stretching, The International Rubber Conference 2016 (IRC 2016), 2016年
  • Effect of Kneading Conditions on Morphologies and Properties of Thermoplastic Elastomers, The International Rubber Conference 2016 (IRC 2016), 2016年
  • Structural Change during Stretching Silicone Elastomers with Different Cross-linking Characteristics, The International Rubber Conference 2016 (IRC 2016), 2016年
  • Melting Behavior Analysis and Property Evaluation of Cyclic Polyolefin, International Conference on Advanced Engineering and Its Education in 2016 (ICAEE 2016), 2016年
  • Nano-Platelet Structure of Clay Materials Observed by AFM and Its Application for Polymer Composites, International Conference on Advanced Micro-Device Engineering, 2009年
  • Transition and Molecular Orientation Behavior of Crystalline Silicon-Based Polymer, 11th Pacific Polymer Conference 2009, 2009年
  • Stereo-Complex Crystallization of Poly(lactic acid) Enhanced in Nanospace Confined by Block Copolymer Phase Separation, 11th Pacific Polymer Conference 2009, 2009年
  • Transformation of Crystal Structure of Ultra High Molecular Weight Polyethylene as Studied by Solid State NMR, The 10th Pasific Polymer Conferenre, 2007年
  • Regulated Phase Arrangement of Polystyrene/Poly(dimethylsiloxane) Block Copolymer Film Surface, The 3rd International Symposium on Development of Silicon-based Functional Materials, 2007年
  • Structural Change with Blending of Crystalline/Amorphous Block Copolymers Having Different Types of Microphase Separations, The 2nd Gunma International Symposium on Chemistry (GIS2007), 2007年
  • Extended-Chain Crystallization during Drawing from Ultra-High Molecular Weight Polyethylene Melts, 9th International Symposium on Polymers for Advanced Technologies (PAT2007), 2007年
  • Structural Change during Uniaxial Drawing and Annealing from Amorphous Poly(L-lactic acid), 9th International Symposium on Polymers for Advanced Technologies (PAT2007), 2007年
  • Structure and Property Gradation from Surface to Bulk As Evaluated by Nano-Scratch Tests Using Scanning Probe Microscopy, 9th International Symposium on Polymers for Advanced Technologies (PAT2007), 2007年
  • Structural Changes during Drawing of Ethylene-alt-Tetrafluoroethylene Copolymer Films as Analyzed by In-situ X-ray Measurements, 2007 Materials Research Society Fall Meeting, 2007年
  • In-situ SAXS Analysis of Extended Crystallization during Melt-Drawing of Ultra-High Molecular Weight Polyethylene, XIII International Conference on Small-angle Scattering (SAS 2006), 2006年
  • Structural Characterization of N-Lignoceryl (C24:0) Sphingomyelin Bilayer Membranes by SAXS and XRD : A Reevaluation, XIII International Conference on Small-angle Scattering (SAS 2006), 2006年
  • Structural Development of Dynamically Asymmetric Polymer Blends under Uniaxial Elongation, XIII International Conference on Small-angle Scattering (SAS 2006), 2006年
  • Nano-Periodic Arrangement of Structural Phases of Polyethylene-block-Polystyrene Copolymer as Induced by Orientation Techniques, 232nd national meetings & expositions of the American Chemical Society, 2006年
  • In-situ SAXS Analysis of Extended Crystallization during Melt-Drawing of Ultra-High Molecular Weight Polyethylene, 232nd national meetings & expositions of the American Chemical Society, 2006年
  • In-Process Analysis for Melt-Drawing Behavior of Polytetrafluoroethylene Using Synchrotron X-Ray Measurements and Resultant Property Development, 232nd national meetings & expositions of the American Chemical Society, 2006年
  • Molecular Weight Segregation on Surfaces of Polyethylene Blend Films as Estimated from Nano-Scratch Tests Using Scanning Probe Microsopy, 232nd national meetings & expositions of the American Chemical Society, 2006年
  • Transformation of crystal structure of ultra high molecular weight polyethylene as studied by solid state NMR, The 44th Annual Meeting of Japanese NMR Society and the 1st Asian-Pasific NMR Symposium, 2006年
  • Transformation of Crystal Structure of Ultra High Molecular Weight Polyethylene as Studied by Solid State NMR, The 1st Asi-Pacific NMR Symposium, 2005年
  • Transformation of Crystal Structure of Ultra High Molecular Weight Polyethylene as Studied by Solid State NMR, 8th SPSJ International Polymer Conference, 2005年
  • Transient Crystallization during Drawing from Ultra-High Molecular Weight Polyethylene Melts Having Different Entanglement Characteristics, MACRO2004, 2004年
  • Surface Deformation Characteristics of Oriented Poly(ethylene terephthalate) Films as Evaluated from Nano-Scratch Tests with Scanning Probe Microscopy, MACRO2004, 2004年
  • In-Situ Observation of Phase Development during Melt-Drawing of Ultra-High Molecular Weight Polyethylene Using Synchrotron Radiation, 19th Annual Meeting of Polymer Processing Society, 2003年
  • Morphology of Polyolefin Reactor Powders and Their Application for Pelletize-Less Processing, 8th Japan International SAMPE Symposium and Exhibition, 2003年
  • Morphology of Polyolefin Reactor Powders and Their Application for Pelletize-Less Processing, IUPAC Polymer Conference on the Mission and Challenges of Polymer Science and Technology (IUPAC-PC2002), 2002年
  • Morphological and NMR Studies on Nascent Isotactic Polypropylene Powders, International Symposium on Furture Technologies for Polyolefin and Olefin Polymerization Catalysis, 2001年
  • Comoparison of Macro/Nanotribology of Polymeric Materials, International Tribology Conference, 2000年
  • Control of Chain Entanglement Distribution of Polymer Melts by Cyclic Deformation, Masaki Kakiage; Syozo Murakami; Takeshi Yamanobe; Hiroki Uehara, 2007 Materials Research Society Fall Meeting, 2007年11月28日
  • エチレンテトラフルオロエチレン共重合体フィルムの二軸延伸による高性能化とラメラ破壊挙動のin-situ計測, 小野靖方; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健; 湯川裕正; 樋口義明; 新井清隆, 高分子学会関東支部群馬栃木地区講演会, 2008年03月18日, 群馬大学桐生キャンパス
  • 延伸過程におけるin-situ構造解析から評価したエチレンテトラフルオロエチレン共重合体フィルムの異種成分ブレンド効果, 鈴木大祐; 小野靖方; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健; 湯川裕正; 樋口義明; 新井清隆, 高分子学会関東支部群馬栃木地区講演会, 2008年03月18日, 群馬大学桐生キャンパス
  • 周期的変形印加による溶融ポリエチレン分子鎖の絡み合い分布制御, 撹上将規; 上原宏樹; 山延健; 村上昌三, 第57回高分子学会年次大会, 2008年05月28日, パシフィコ横浜
  • PLLA/PSジブロック共重合体の結晶化挙動と昇温過程における相構造変化, 唐木由佑; 上原宏樹; 山延健, 第3回相模ケイ素材料フォーラム, 2008年08月28日, 相模中央化学研究所(神奈川県綾瀬市)
  • エチレンテトラフルオロエチレン共重合体フィルムの二軸延伸による高性能化とラメラ破壊挙動のin-situ計測, 小野靖方; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健; 湯川裕正; 樋口義明; 新井清隆, 第57回高分子学会年次大会, 2008年05月28日, パシフィコ横浜
  • 延伸過程におけるin-situ構造解析から評価したエチレンテトラフルオロエチレン共重合体フィルムの異種成分ブレンド効果, 鈴木大祐; 小野靖方; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健; 湯川裕正; 樋口義明; 新井清隆, 第57回高分子学会年次大会, 2008年05月28日, パシフィコ横浜
  • ポリテトラフルオロエチレンフィルムの溶融二軸延伸による膜材料への適用, 荒瀬友貴; 上原宏樹; 山延健, 高分子学会関東支部群馬栃木地区講演会, 2009年03月17日, 群馬大学桐生キャンパス
  • ケイ素系ブロック共重合体の昇温過程における構造変化と膜材料としての応用, 山岸師; 上原宏樹; 山延健; 野口圭太; 大石香月; 秋山映一, 第4回相模ケイ素材料フォーラム, 2009年08月27日, 相模中央化学研究所
  • 溶融二軸延伸/緩和処理による超高分子量ポリエチレン膜の高性能化と構造変化, 田村拓也; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健, 第58回高分子学会討論会, 2009年09月16日, 熊本大学
  • ケイ素系ブロック共重合体の昇温過程における構造変化と膜材料としての応用, 山岸師; 上原宏樹; 山延健; 野口圭太; 大石香月; 秋山映一, 第21回高分子加工技術討論会, 2009年10月19日, 名古屋市工業研究所
  • 溶融二軸延伸による高性能ポリテトラフルオロエチレン・フィルムの成形, 荒瀬友貴; 上原宏樹; 山延健, 第21回高分子加工技術討論会, 2009年10月19日, 名古屋市工業研究所
  • ポリエチレンナノポーラス膜の細孔サイズ制御と生体膜への応用, 狩野真貴子; 坂本憲昭; 上原宏樹; 井上裕介; 山延健, 第58回高分子学会討論会, 2009年09月16日, 熊本大学
  • 溶融二軸延伸による高性能ポリテトラフルオロエチレン・フィルムの成形, 依田幸浩; 荒瀬友貴; 上原宏樹; 山延健, 第59回高分子学会討論会, 2010年09月15日, 北海道大学
  • 新規シリコーンの一軸延伸過程のin-situ計測による架橋構造解析と調製条件による構造制御, 齊藤正純; 上原宏樹; 山延健; 秋山映一, 第59回高分子学会討論会, 2010年09月15日, 北海道大学
  • 結晶性/非晶性ブロック共重合体のブレンドによるポリエチレン・ナノポーラス膜の細孔サイズ制御と膜透過性評価, 狩野真貴子; 上原宏樹; 山延健, 第59回高分子学会討論会, 2010年09月15日, 北海道大学
  • 全芳香族系シリコーン・モノマーの熱重合過程における構造形成と直接膜成形, 渡邊泰里; 齊藤正純; 上原宏樹; 山延健; 西村翔太; 野口圭太; 秋山映一, 第5回相模ケイ素材料フォーラム, 2010年08月26日, 相模中央化学研究所
  • 均一ラメラ構造を有する超高分子量ポリエチレン膜のナノポーラス化とその透過性評価, 田村拓也; 上原宏樹; 山延健, 第59回高分子学会討論会, 2010年09月15日, 北海道大学
  • 新規シリコーンの一軸延伸過程のin-situ計測による架橋構造解析と調製条件による構造制御, 齊藤正純; 上原宏樹; 山延健; 秋山映一, 第5回相模ケイ素材料フォーラム, 2010年08月26日, 相模中央化学研究所
  • 多孔膜の連通チャネルを利用したポリ乳酸のステレオ・コンプレックス結晶化とナノ・パーティクル化, 石塚海奈; 狩野真貴子; 唐木由佑; 上原宏樹; 山延健, 第5回相模ケイ素材料フォーラム, 2010年08月26日, 相模中央化学研究所
  • ブロック共重合体のナノ相分離構造によって拘束されたポリ乳酸のステレオコンプレックス結晶化, 唐木由佑; 上原宏樹; 山延健, 第58回高分子学会年次大会, 2010年05月27日, パシフィコ横浜
  • 多孔膜の連通チャネルを利用したポリ乳酸のステレオ・コンプレックス結晶化とナノ・パーティクル化, 石塚海奈; 狩野真貴子; 唐木由佑; 上原宏樹; 山延健, 第59回高分子学会年次大会, 2010年05月28日, パシフィコ横浜
  • 全芳香族系シリコーン・モノマーの熱重合過程における構造形成と直接膜成形, 渡邊泰里; 齊藤正純; 上原宏樹; 山延健; 西村翔太; 野口圭太; 秋山映一, 第59回高分子学会年次大会, 2010年05月28日, パシフィコ横浜
  • ブロック共重合体のナノ相分離構造によって拘束されたポリ乳酸のステレオコンプレックス結晶化, 唐木由佑; 上原宏樹; 山延健, 高分子学会関東支部群馬栃木地区講演会, 2010年03月09日, 群馬大学桐生キャンパス
  • NMRによるシリコーン材料の構造形成に関する研究, 上田麻未; 齊藤正純; 上原宏樹; 山延健; 秋山映一, 11-1 NMR研究会(高分子学会), 2011年05月13日, 大田区産業プラザ
  • In-situ NMR/SPM計測を用いたシリコーン変形過程における物性発現機構の解明, 齊藤正純; 上原宏樹; 山延健; 秋山映一, 第60回高分子学会討論会, 2011年05月25日, 大阪国際会議場
  • 超高分子量ポリエチレン/通常分子量ポリエチレン・ブレンドの溶融延伸過程における配向結晶化挙動のin-situ計測, 田中秀和; 上原宏樹; 山延健, 第60回高分子学会討論会, 2011年05月25日, 大阪国際会議場
  • 超高分子量ポリエチレンの延伸、圧縮による構造及び物性変化に関する研究, 長谷川彩香; 上原宏樹; 山延健, 第60回高分子学会討論会, 2011年05月25日, 大阪国際会議場
  • ポリ(ノナメチレンテレフタルアミド)の結晶化挙動の研究, 須永佳祐; 上原宏樹; 山延健, 第60回高分子学会討論会, 2011年05月25日, 大阪国際会議場
  • PE/PSジブロック共重合体エラストマーのブレンドによる相構造制御と物性評価, 狩野真貴子; 上原宏樹; 山延健, 日本ゴム協会2011年年次大会, 2011年05月30日, 東京理科大学・森戸記念館
  • シリコーンの多孔化と構造の研究, 上田麻未; 齊藤正純; 上原宏樹; 山延健; 秋山映一, 第6回相模ケイ素材料フォーラム, 2011年08月25日, 相模中央化学研究所
  • Nanoporous Polyethylene Membranes for Glucose Sensors, H. Uehara; M. Kakiage; M. Sekiya; D. Sakuma; T. Yamanobe; N. Takano; A. Barraud; E. Eric Meurville; P. Ryser, 5th European Conference of the International Federation for Medical and Biological Engineering (EMBEC2011), 2011年09月17日
  • Confined Stereo-Complex Crystallization with Property Development of High Molecular Weight Poly(lactic acid) in Block-Copolymer Phase Separation, Hiroki Uehara; Shizuka Wada; Makiko Kano; Hidekazu Tanakam; Takeshi Yamanobe, International Conference on Advanced Micro-Device Engineering (AMDE 2012), 2012年12月07日
  • Effect of Blending Asymmetry for Poly(L-lactic acid)/Poly(D-lactic acid) on Structural Change during Heating, Yuka Yokoyama; Hiroki Uehara; Takeshi Yamanobe, International Conference on Advanced Micro-Device Engineering (AMDE 2011), 2011年12月08日
  • Crystallization mechanism of poly(nonamethyleneterephthalamide) as studied by solid state NMR, Keisuke Sunaga; Hiroki Uehara; Takeshi Yamanobe, The International Symposium on Nuclear Magnetic Resonance 2011 (ISNMR 2011): The 50th Memorial Annual Meeting of the Nuclear Magnetic Resonance Society of Japan, 2011年11月15日
  • ケイ素系ブロック共重合体の昇温過程における構造変化, 山岸師; 上原宏樹; 山延健; 野口圭太; 大石香月; 秋山映一, 日本化学会関東支部群馬地区地域懇談会, 2010年11月22日, 原研高崎
  • 溶融二軸延伸/緩和処理による超高分子量ポリエチレン薄膜の高性能化および高機能化, 田村拓也; 上原宏樹; 山延健, 第22回(2011年度)プラスチック成形加工学会年次大会, 2011年06月22日, タワーホール船堀
  • ポリシルフェニレンシロキサンの相転移挙動と延伸効果, 秋山映一; 尾花友寛; 齊藤正純; 上原宏樹; 山延健, 平成23年度繊維学会秋季研究発表会, 2011年09月08日, 徳島文理大学
  • 超高分子量ポリエチレン/通常分子量ポリエチレン・ブレンドの溶融延伸過程における配向結晶化挙動のin-situ計測, 田中秀和; 上原宏樹; 山延健, 第6回相模ケイ素材料フォーラム, 2011年08月25日, 相模中央化学研究所
  • 超高分子量ポリエチレンの延伸、圧縮による構造及び物性変化に関する研究, 長谷川彩香; 上原宏樹; 山延健, 第6回相模ケイ素材料フォーラム, 2011年08月25日, 相模中央化学研究所
  • ポリ(ノナメチレンテレフタルアミド)の結晶化挙動の研究, 須永佳祐; 上原宏樹; 山延健, 第6回相模ケイ素材料フォーラム, 2011年08月25日, 相模中央化学研究所
  • NMRによるマウスガード劣化機構の解明, 桑原涼子; 鎗田文夫; 山脇万典; 片野勝司; 茂木博之; 鎗田智子; 上原宏樹; 桑原正靖; 山延健, 第62回高分子学会年次大会, 2013年05月30日, 京都国際会議場
  • ポリ(シルフェニレンシロキサン/スチレン)ブロックコポリマーの構造と物性, 長谷川彩夏; 上原宏樹; 山延健; 佐々木由香; 秋山映一, 第21回ポリマー材料フォーラム, 2012年11月01日, 北九州国際会議場・西日本総合展示場
  • マウスガード劣化機構の解明~群馬大学大学院工学研究科との連携~, 桑原涼子; 鎗田文夫; 山脇万典; 片野勝司; 茂木博之; 鎗田智子; 上原宏樹; 桑原正靖; 山延健, 第76回全国学校歯科保健研究大会, 2012年10月25日, 群馬音楽センター
  • 二軸延伸と熱処理によるポリフッ化ビニリデン薄膜の高機能化, 横塚学; 橋詰和樹; 上原宏樹; 山延健, 高分子学会関東支部群馬栃木地区講演会, 2013年03月07日, 群馬大学桐生キャンパス
  • 超高分子量ポリエチレン/通常分子量ポリエチレン・ブレンドフィルムの溶融延伸による構造変化と高機能化, 田中秀和; 加藤理美; 上原宏樹; 山延健, 高分子学会関東支部群馬栃木地区講演会, 2013年03月07日, 群馬大学桐生キャンパス
  • ポリ(ノナメチレンテレフタルアミド)(PA9T)の結晶化挙動に関する研究, 須永佳祐; 上原宏樹; 山延健, 高分子学会関東支部群馬栃木地区講演会, 2013年03月07日, 群馬大学桐生キャンパス
  • 超高分子量ポリエチレンの延伸条件による構造及び物性変化に関する研究, 長谷川彩夏; 上原宏樹; 山延健, 高分子学会関東支部群馬栃木地区講演会, 2013年03月07日, 群馬大学桐生キャンパス
  • メチルシクロデキストリン/ポリ乳酸複合体の構造解析及び物性評価, 塚本英晃; 上原宏樹; 山延健, 高分子学会関東支部群馬栃木地区講演会, 2013年03月07日, 群馬大学桐生キャンパス
  • 固体NMR測定によるマウスガード咬合部位の構造解析と劣化度評価, 桑原涼子; 鎗田文夫; 山脇万典; 片野勝司; 茂木博之; 鎗田智子; 上原宏樹; 桑原正靖; 山延健, 第24回日本スポーツ歯科医学会学術大会・総会, 2013年06月30日, 国立オリンピック記念青少年総合センター
  • 分子量の異なる超高分子量ポリエチレンの溶融延伸挙動と構造評価, 加藤理美; 田中秀和; 上原宏樹; 山延健, 第62回高分子学会年次大会, 2013年05月30日, 京都国際会議場
  • シクロデキストリン/ポリ乳酸抱接複合体の構造と分子運動, 塚本英晃; 江井彩夏; 須永佳祐; 上原宏樹; 山延健; 高橋圭子, 第62回高分子学会年次大会, 2013年05月30日, 京都国際会議場
  • 主鎖に分岐構造を有するPA9Tの結晶化機構及び構造解析, 荒木亮祐; 須永佳祐; 上原宏樹; 山延健, 第62回高分子学会年次大会, 2013年05月30日, 京都国際会議場
  • 溶剤を用いない超高分子量ポリエチレン薄膜・微多孔膜の製造技術, 上原宏樹, 第2回 JACI/GSCシンポジウム(第13回 GSCシンポジウム), 2013年06月07日, メルパルク大阪
  • 多孔膜の連通チャネルを利用したポリ乳酸のステレオ・コンプレックス結晶化とナノ・パーティクル化, 石塚海奈; 狩野真貴子; 唐木由佑; 上原宏樹; 山延健, 高分子学会関東支部群馬栃木地区講演会, 2012年03月08日, 桐生キャンパス
  • 全芳香族系シリコーン・モノマーの熱重合過程および結晶化過程のin-situ計測, 渡邊泰里; 上原宏樹; 山延健; 西村翔太; 秋山映一, 高分子学会関東支部群馬栃木地区講演会, 2012年03月08日, 桐生キャンパス
  • 2つの異なる結晶相へ経て融解する高分子の熱融解曲線のX線回折データからの再構築, 高橋浩; 島田健一郎; 山本雄三; 上原宏樹, 第29回PFシンポジウム, 2012年03月15日, つくば国際会議場エポカル
  • In-situ NMR/SPM計測を用いたシリコーン変形過程における物性発現機構の解明, 齊藤正純; 上原宏樹; 山延健; 秋山映一, 日本ゴム協会2012年年次大会(第79回通常総会), 2012年05月24日, 京都大学・桂キャンパス
  • シクロデキストリン/ポリ乳酸抱接複合体の構造と分子運動, 江井彩夏; 須永佳祐; 上原宏樹; 山延健; 高橋圭子, 第61回高分子学会討論会, 2012年05月30日, パシフィコ横浜
  • 高強度・高伸度を有する新規シリコーンの変形過程におけるin-situ計測, 森田涼介; 田中秀和; 上原宏樹; 山延健; 西村翔太; 秋山映一, 第61回高分子学会討論会, 2012年05月30日, パシフィコ横浜
  • 溶媒を用いない超高分子量ポリエチレン薄膜・多孔膜の製造方法, 上原宏樹; 田村拓也; 撹上将規; 山延健, 第61回高分子学会討論会, 2012年05月30日, パシフィコ横浜
  • 溶融延伸によるポリテトラフルオロエチレン・フィルムのナノ構造化, 鈴木健; 田中秀和; 上原宏樹; 山延健, 第61回高分子学会討論会, 2012年05月30日, パシフィコ横浜
  • ロール成形と溶融二軸延伸の組み合わせによる超高分子量ポリエチレン薄膜の高強度化, 橋詰和樹; 田中秀和; 上原宏樹; 山延健, 第61回高分子学会討論会, 2012年05月30日, パシフィコ横浜
  • エンジニアリングプラスチックの摩擦挙動, 谷口広平; 長谷川彩香; 上原宏樹; 山延健, 第61回高分子学会討論会, 2012年05月30日, パシフィコ横浜
  • ポリL乳酸/ポリD乳酸・ブレンドフィルムのステレオコンプレックス結晶化と熱処理による構造変化, 横山祐佳; 唐木由佑; 上原宏樹; 山延健, マテリアルライフ学会・第23 回研究発表会, 2012年07月05日, 群馬大学太田キャンパス
  • ロール成形/溶融二軸延伸による超高分子量ポリエチレン薄膜の高性能化および熱処理による構造変化, 橋詰和樹; 田中秀和; 上原宏樹; 山延健, 平成24年度第43回繊維学会夏季セミナー, 2012年08月09日, 奈良県新公会堂
  • ポリテトラフルオロエチレン膜の溶融延伸による構造発現と高性能化, 鈴木健; 田中秀和; 上原宏樹; 山延健, 平成24年度第43回繊維学会夏季セミナー, 2012年08月09日, 奈良県新公会堂
  • 低誘電率シリコーン薄膜の創製とエレクトロニクス材料への応用, 森田和真; 上原宏樹; 山延健; 西村翔太; 秋山映一, 第7回相模ケイ素材料フォーラム, 2012年08月30日, 相模中央化学研究所
  • シリカエアロゲル混合によるシリコーン材料の低誘電率化, 森田和真; 上原宏樹; 山延健; 西村翔太; 秋山映一, 第8回相模ケイ素材料フォーラム, 2013年07月12日, 相模中央化学研究所
  • ポリ(シルフェニレンシロキサン/スチレン)ブロックコポリマーの合成と物性, 長谷川彩夏; 上原宏樹; 山延健; 佐々木由香; 秋山映一, 第7回相模ケイ素材料フォーラム, 2012年08月30日, 相模中央化学研究所
  • 多孔性シリコーンエラストマーの作製とその特徴, 上田麻未; 上原宏樹; 山延健; 秋山映一, 第7回相模ケイ素材料フォーラム, 2012年08月30日, 相模中央化学研究所
  • マウスガード劣化機構の解明~群馬大学大学院工学研究科との連携~, 桑原涼子; 鎗田文夫; 山脇万典; 片野勝司; 茂木博之; 鎗田智子; 上原宏樹; 桑原正靖; 山延健, 第24年度 第22回 群馬県歯科保健大会, 2012年11月29日, 群馬会館ホール
  • 超高分子量ポリエチレンの延伸、圧縮による構造及び物性変化に関する研究, 長谷川彩夏; 上原宏樹; 山延健, 第61回高分子討論会, 2012年09月20日, 名古屋工業大学
  • 超高分子量ポリエチレン/通常分子量ポリエチレン・ブレンドフィルムの溶融延伸過程における構造変化とブレンド比率が溶融延伸におよぼす効果, 田中秀和; 加藤理美; 上原宏樹; 山延健, 第61回高分子討論会, 2012年09月20日, 名古屋工業大学
  • ポリ(ノナメチレンテレフタルアミド)の結晶化挙動の研究, 須永佳祐; 上原宏樹; 山延健, 第61回高分子討論会, 2012年09月20日, 名古屋工業大学
  • 固体NMR測定によるマウスガード咬合部位の構造解析と劣化度評価, 桑原涼子; 鎗田文夫; 山脇万典; 片野勝司; 茂木博之; 鎗田智子; 上原宏樹; 桑原正靖; 山延健, 2012年09月16日
  • シリコーンエラストマーの多孔化と構造に関する研究, 上田麻未; 上原宏樹; 山延健; 秋山映一, 第21回ポリマー材料フォーラム, 2012年11月01日, 北九州国際会議場・西日本総合展示場
  • 溶融延伸による超高分子量ポリエチレン/通常分子量ポリエチレン・ブレンドフィルムの高性能化および高機能化, 田中秀和; 加藤理美; 上原宏樹; 山延健, 第21回ポリマー材料フォーラム, 2012年11月01日, 北九州国際会議場・西日本総合展示場
  • ポリ(ノナメチレンテレフタルアミド)の結晶化挙動の研究, 須永佳祐; 上原宏樹; 山延健, 第21回ポリマー材料フォーラム, 2012年11月01日, 北九州国際会議場・西日本総合展示場
  • Nanostructural Formation of Ultra-High Molecular Weight Polyethylene Membranes via Entanglement Arrangement Control, Hiroki Uehara; Takeshi Yamanobe, 0th IUPAC International Conference on Advanced Polymers via Macromolecular Engineering, 2013年08月20日
  • In-situ Measurement of Melt-Drawing Behavior of Ultra-High/Normal Molecular Weight Polyethylene Blend Film, Hidekazu Tanaka; Hiroki Uehara; Takeshi Yamanobe, International Conference on Advanced Micro-Device Engineering (AMDE 2011), 2011年12月08日
  • Structural Deformation during Melt-Drawing of Ultra-High Molecular Weight / Normal Molecular Weight Polyethylene Blend Films with Different Blend Ratios, Hidekazu Tanaka; Hiroki Uehara; Takeshi Yamanobe, International Conference on Advanced Micro-Device Engineering (AMDE 2012), 2012年12月07日
  • Crystallization Mechanism of PA9T and PA9T Copolymers”, 10th IUPAC International Conference on Advanced Polymers via Macromolecular Engineering, Ryosuke Araki; Keisuke Sunaga; Hiroki Uehara; Takeshi Yamanobe, 0th IUPAC International Conference on Advanced Polymers via Macromolecular Engineering, 2013年08月20日
  • In-situ Analysis for Melt-Drawing behavior of Ultra-High Molecular Weight Polyethylene Films with Different Molecular Weights, Satomi Kato; Hidekazu Tanaka; Takeshi Yamanobe; Hiroki Uehara, 0th IUPAC International Conference on Advanced Polymers via Macromolecular Engineering, 2013年08月20日
  • ポリ(ノナメチレンテレフタルアミド)の結晶化挙動の研究, 須永佳祐; 上原宏樹; 山延健, 11-2NMR研究会(高分子学会), 2011年12月09日, 東工大・大岡山キャンパス
  • 分子量の異なるポリシルフェニレンシロキサンの昇温過程における相構造変化, 五十嵐馨; 上原宏樹; 山延健; 秋山映一, 高分子学会関東支部群馬栃木地区講演会, 2012年03月08日, 桐生キャンパス
  • 高伸度・高強度を有する新規シリコーンの変形過程におけるin-situ NMR/SPM計測, 森田涼介; 田中秀和; 上原宏樹; 山延健; 西村翔太; 秋山映一, 第7回相模ケイ素材料フォーラム, 2012年08月30日, 相模中央化学研究所
  • 新規シリコーンを用いた高強度エラストマーの創製およびその架橋構造解析, 森田涼介; 田中秀和; 上原宏樹; 山延健; 西村翔太; 秋山映一, 第8回相模ケイ素材料フォーラム, 2013年07月12日, 相模中央化学研究所
  • 超高分子量ポリエチレンの溶融延伸挙動に与える分子量分布の効果, 成田千尋; 加藤理美; 上原宏樹; 山延健; 稲富敬; 阿部成彦, 第63回高分子学会年次大会, 2014年05月30日, 名古屋国際会議場
  • マウスガードの適切な保管場所・保管温度についての考察, 桑原涼子; 小川菜摘; 上原宏樹; 山延健; 片野勝司; 鎗田文夫; 紺野倫代; 中島一憲; 武田友孝; 石上恵一, 第25回日本スポーツ歯科医学会学術大会・総会, 2014年06月28日, 千里ライフサイエンスセンター
  • メタロセン系超高分子量ポリエチレンとチーグラー系超高分子量ポリエチレンの溶融延伸挙動の比較, 成田千尋; 加藤理美; 上原宏樹; 山延健; 稲富敬; 阿部成彦, 第9回相模ケイ素材料フォーラム, 2014年08月28日, 相模中央化学研究所
  • 超高分子量ポリエチレン重合パウダーの絡み合い生成における分子量分布の影響, 飯沼雅人; 谷口広平; 上原宏樹; 山延健; 稲富敬; 阿部成彦, 第9回相模ケイ素材料フォーラム, 2014年08月28日, 相模中央化学研究所
  • 結晶性成分をブレンドしたシリコーン・エラストマーの相構造制御及び物性評価, 磯貝由紀子; 森田涼介; 上原宏樹; 山延健; 秋山映一, 第9回相模ケイ素材料フォーラム, 2014年08月28日, 相模中央化学研究所
  • シクロデキストリン添加によるポリ乳酸の延伸挙動に関する研究, 高田佳尚; 上原宏樹; 山延健; 高橋圭子, 第31回シクロデキストリンシンポジウム, 2014年09月11日, 島根大学
  • 超高分子量ポリエチレン溶融延伸物の相転移を伴う特異的な融解挙動の解明, 加藤理美; 上原宏樹; 山延健, 第63回高分子討論会, 2014年09月25日, 長崎大学文教キャンパス
  • 半芳香族ポリアミドの結晶化挙動に関する研究, 荒木亮祐; 上原宏樹; 山延健, 第63回高分子討論会, 2014年09月25日, 長崎大学文教キャンパス
  • メタロセン系超高分子量ポリエチレン重合パウダーの構造解析及びフィルムの構造解析, 飯沼雅人; 谷口広平; 上原宏樹; 山延健; 稲富敬; 阿部成彦, 第63回高分子学会年次大会, 2014年05月30日, 名古屋国際会議場
  • ポリオキシメチレンフィルムの延伸による高性能化, 坂村拓映; 鈴木健; 上原宏樹; 山延健; 永井雅之, 第63回高分子学会年次大会, 2014年05月30日, 名古屋国際会議場
  • 結晶性成分の導入によるシリコーン・エラストマーの物性および相構造変化, 磯貝由紀子; 森田涼介; 上原宏樹; 山延健; 秋山映一, 第63回高分子学会年次大会, 2014年05月30日, 名古屋国際会議場
  • ポリ乳酸/シクロデキストリン包接複合体の構造研究, 高田佳尚; 森田和真; 上原宏樹; 山延健; 高橋圭子, 第63回高分子学会年次大会, 2014年05月30日, 名古屋国際会議場
  • 歯科材料の劣化挙動に関する研究, 小川菜摘; 桑原涼子; 上原宏樹; 山延健; 中島一憲; 武田友孝, 第63回高分子学会年次大会, 2014年05月30日, 名古屋国際会議場
  • 超高分子量メタロセンポリエチレンの物性及びその分子量依存性, 稲富敬; 長谷川彩樹; 池田隆治; 阿部成彦; 上原宏樹; 山延健, 第63回高分子学会年次大会, 2014年05月30日, 名古屋国際会議場
  • 超高分子量ポリエチレン溶融延伸物の相転移を伴う特異的な融解挙動, 加藤理美; 上原宏樹; 山延健, 第30回群馬・栃木地区講演会(高分子学会関東支部), 2015年03月06日, 群馬大学桐生キャンパス
  • 半芳香族ポリアミドの構造と物性に関する研究, 荒木亮祐; 上原宏樹; 山延健, 第30回群馬・栃木地区講演会(高分子学会関東支部), 2015年03月06日, 群馬大学桐生キャンパス
  • メタロセン系超高分子量ポリエチレンの溶融二軸延伸挙動及び得られる膜構造, 上野雅彦; 成田千尋; 上原宏樹; 山延健; 稲富敬; 阿部成彦, 第64回高分子学会年次大会, 2015年05月28日, 札幌コンベンションセンター
  • エチレンビニルアセテート共重合体の熱処理による構造と物性の研究, 富田遼太郎; 飯沼雅人; 桑原涼子; 上原宏樹; 山延健; 中島一憲; 武田友孝, 第64回高分子学会年次大会, 2015年05月28日, 札幌コンベンションセンター
  • PA6/MXD6ブレンドフィルムの摩耗挙動及びフィルムの評価, 福田舜一; 荒木亮祐; 上原宏樹; 山延健, 第64回高分子学会年次大会, 2015年05月28日, 札幌コンベンションセンター
  • 超高分子量ポリエチレン/高密度ポリエチレン・積層フィルムの溶融延伸挙動, 山下秀之; 加藤理美; 上原宏樹; 山延健, 第64回高分子学会年次大会, 2015年05月28日, 札幌コンベンションセンター
  • 結晶性シリコーンのブレンドによるエラストマー材料の高性能化, 磯貝由紀子; 森田涼介; 増田綾子; 上原宏樹; 山延健; 秋山映一, 高分子学会湘北地区懇話会講演会・第10回相模ケイ素材料フォーラム, 2015年07月24日, 東工大すずかけ台キャンパス
  • 環状ポリオレフィンの融解挙動解析と物性評価, 坂村拓映; 上原宏樹; 山延健; 竹内大介, 高分子学会湘北地区懇話会講演会・第10回相模ケイ素材料フォーラム, 2015年07月24日, 東工大すずかけ台キャンパス
  • 超高分子量ポリエチレン重合パウダーの絡み合い生成における分子量分布の影響, 飯沼雅人; 谷口広平; 上原宏樹; 山延健; 若林保武; 稲富敬; 阿部成彦, 高分子学会湘北地区懇話会講演会・第10回相模ケイ素材料フォーラム, 2015年07月24日, 東工大すずかけ台キャンパス
  • メタロセン系超高分子量ポリエチレン及びチーグラー系超高分子量ポリエチレンの溶融二軸延伸挙動と膜構造の比較, 上野雅彦; 成田千尋; 上原宏樹; 山延健; 若林保武; 稲富敬; 阿部成彦, 高分子学会湘北地区懇話会講演会・第10回相模ケイ素材料フォーラム, 2015年07月24日, 東工大すずかけ台キャンパス
  • In-situ X線計測による超高分子量ポリエチレン/高密度ポリエチレン積層フィルムの溶融延伸過程における構造変化の解明, 山下秀之; 加藤理美; 上原宏樹; 山延健, 高分子学会湘北地区懇話会講演会・第10回相模ケイ素材料フォーラム, 2015年07月24日, 東工大すずかけ台キャンパス
  • Ultra-Drawing via Metastable Phase for Crystalline Polymers, Hiroki Uehara; Takeshi Yamanobe, International Union of Mterials Research Societies- The IUMRS International Conmference in Asia 2014 (IUMRS-ICA 2014),, 2014年08月27日
  • In-situ計測による超高分子量ポリエチレンの溶融延伸挙動と結晶相転移の解明, 加藤理美; 山下秀之; 上原宏樹; 山延健, 第64回高分子討論会, 2015年09月16日, 東北大学川内キャンパス
  • メタロセン系超高分子量ポリエチレンの溶融一軸および二軸延伸過程での配向結晶化挙動, 成田千尋; 上野雅彦; 上原宏樹; 山延健; 若林保武; 稲富敬; 阿部成彦, 2015年09月16日, 東北大学川内キャンパス
  • 高分子/シクロデキストリン複合体の構造解析と物性評価に関する研究, 高田佳尚; 上原宏樹; 山延健; 高橋圭子, 第64回高分子討論会, 2015年09月16日, 東北大学川内キャンパス
  • 環状ポリオレフィンの融解挙動解析と物性評価, 坂村拓映; 上原宏樹; 山延健; 竹内大介, 第64回高分子討論会, 2015年09月16日, 東北大学川内キャンパス
  • 結晶性成分を導入したシリコーン・エラストマーの力学物性, 磯貝由紀子; 森田涼介; 増田綾子; 上原宏樹; 山延健; 秋山映一, 第64回高分子討論会, 2015年09月16日, 東北大学川内キャンパス
  • 固体1H-NMRによる超高分子量ポリエチレン重合パウダーの特徴付け, 上原宏樹; 田中秀和; 山延健, 第62回高分子討論会, 2013年09月12日, 金沢大学
  • 溶融延伸によって調製したポリテトラフルオロエチレン膜の高次構造解析, 鈴木健; 田中秀和; 上原宏樹; 山延健, 第22回ポリマー材料フォーラム, 2013年11月29日, タワーホール船堀
  • 熱処理による超高分子量ポリエチレン溶融二軸延伸膜の高次構造制御, 橋詰和樹; 田中秀和; 上原宏樹; 山延健, 第22回ポリマー材料フォーラム, 2013年11月29日, タワーホール船堀
  • ポリオキシメチレンフィルムの二軸延伸による高性能化, 坂村拓映; 上原宏樹; 山延健; 池田剛志, 第24回ポリマー材料フォーラム, 2015年11月27日, タワーホール船堀
  • シリカ・エアロゲルのブレンドによるシリコーン材料の低誘電率化, 森田和真; 上原宏樹; 山延健; 西村翔太; 秋山映一, 第22回ポリマー材料フォーラム, 2013年11月29日, タワーホール船堀
  • ポリアミド樹脂の摩擦磨耗挙動, 谷口広平; 長谷川彩香; 上原宏樹; 山延健, 第22回ポリマー材料フォーラム, 2013年11月29日, タワーホール船堀
  • ポリテトラフルオロエチレン膜の延伸による構造変化と高性能化, 鈴木健; 田中秀和; 上原宏樹; 山延健, 第29回群馬・栃木地区講演会(高分子学会関東支部), 2014年03月07日, 群馬大学桐生キャンパス
  • 超高分子量ポリエチレン膜のラメラ構造制御と絡み合い特性評価, 橋詰和樹; 田中秀和; 上原宏樹; 山延健, 第29回群馬・栃木地区講演会(高分子学会関東支部), 2014年03月07日, 群馬大学桐生キャンパス
  • 反応性シリコーンを用いた高強度エラストマーの創製およびその架橋構造解析, 森田涼介; 田中秀和; 上原宏樹; 山延健; 西村翔太; 秋山映一, 第29回群馬・栃木地区講演会(高分子学会関東支部), 2014年03月07日, 群馬大学桐生キャンパス
  • フィラーブレンドによる新規低誘電率シリコーン材料の創製と物性評価, 森田和真; 上原宏樹; 山延健; 西村翔太; 秋山映一, 第29回群馬・栃木地区講演会(高分子学会関東支部), 2014年03月07日, 群馬大学桐生キャンパス
  • ポリアミド樹脂の摩擦挙動に関する研究, 谷口広平; 上原宏樹; 山延健, 第29回群馬・栃木地区講演会(高分子学会関東支部), 2014年03月07日, 群馬大学桐生キャンパス
  • エチレン-スチレン・ランダム共重合体の二軸延伸による製膜とin-situ X線測定による引張り特性評価, 福嶋月乃; 増田綾子; 山延健; 上原宏樹; 青山光輝; 増永啓康, 第67回高分子学会年次大会, 2018年05月24日, 名古屋国際会議場
  • Crystallization Mechanism of PA9T and PA9T Copolymers, Ryosuke Araki; Keisuke Sunaga; Hiroki Uehara; Takeshi Yamanobe, International Union of Mterials Research Societies- The IUMRS International Conference in Asia 2014 (IUMRS-ICA 2014), 2014年08月27日
  • 新規シリコーンを用いた高性能エラストマーの創製と架橋構造解析, 森田涼介; 田中秀和; 上原宏樹; 山延健; 西村翔太; 秋山映一, 第22回ポリマー材料フォーラム, 2013年11月29日, タワーホール船堀
  • 結晶性成分をブレンドしたシリコーン・エラストマーの力学物性と引張り過程における構造変化, 磯貝由紀子; 増田綾子; 上原宏樹; 山延健; 増永啓康; 秋山映一, 第24回ポリマー材料フォーラム, 2015年11月26日, タワーホール船堀
  • 結晶性成分のブレンドによるシリコーン・エラストマーの高性能化と変形過程における構造変化, 磯貝由紀子; 増田綾子; 上原宏樹; 山延健; 増永啓康; 秋山映一, 第31回群馬・栃木地区講演会(高分子学会関東支部), 2016年03月08日, 群馬大学桐生キャンパス
  • ポリオキシメチレン共重合体の延伸による構造変化と高性能化・高機能化, 坂村拓映; 上原宏樹; 山延健; 池田剛志, 第31回群馬・栃木地区講演会(高分子学会関東支部), 2016年03月08日, 群馬大学桐生キャンパス
  • In-situ計測から評価した超高分子量ポリエチレン溶融延伸挙動に与える分子量分布の効果, 成田千尋; 上原宏樹; 山延健; 若林保武; 稲富敬; 阿部成彦; 増永啓康, 第31回群馬・栃木地区講演会(高分子学会関東支部), 2016年03月08日, 群馬大学桐生キャンパス
  • ポリ乳酸/シクロデキストリン複合体の構造解析と物性評価, 高田佳尚; 上原宏樹; 山延健; 高橋圭子, 第31回群馬・栃木地区講演会(高分子学会関東支部), 2016年03月08日, 群馬大学桐生キャンパス
  • 架橋度の異なるシリコーン・エラストマーの延伸過程における構造変化, 増田綾子; 磯貝由紀子; 上原宏樹; 山延健; 増永啓康, 日本ゴム協会2016年年次大会, 2016年05月20日, 大宮ソニックシティー
  • In-situ計測から評価した超高分子量ポリエチレン溶融延伸挙動に与える分子量分布の効果, 成田千尋; 上野雅彦; 上原宏樹; 山延健; 若林保武; 稲富敬; 阿部成彦, 平成28年度繊維学会年次大会, 2016年06月09日, タワーホール船堀
  • ポリ乳酸の二軸延伸による薄膜化, 板谷奈美; 上原宏樹; 坂村拓映; 山延健, 平成29年度繊維学会年次大会, 2017年06月07日, タワーホール船堀
  • 環状ポリオレフィンの融解挙動解析と物性評価, 坂村拓映; 祁可新; 上原宏樹; 山延健; 竹内大介, 平成28年度繊維学会年次大会, 2016年06月09日, タワーホール船堀
  • Non-Solvent Preparation of Nanostructured Membranes of Ultra-High Molecular Weight Polyethylene by Drawing Technique, Hiroki Uehara, The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2015), 2015年12月17日
  • Preparation of High-Performance Poly(oxymethylene) Film by Drawing Techniques, akumi Sakamura; Hiroki Uehara; Takeshi Yamanobe; Tsuyoshi Ikeda, The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2015), 2015年12月17日
  • Structure and Physical Property of A Cryclodextrin/Poly(lactic acid) Inclusion Complex, Yoshihisa Takada; Kazuma Morita; Hiroki Uehara; Takeshi Yamanobe; Keiko Takahashi, The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2015), 2015年12月17日
  • Effect of Molecular Weight Distribution on Melt-Drawing Behavior Ultra-High Molecular Weight Polyethylene, Chihiro Narita; Satomi Kato; Hiroki Uehara; Takeshi Yamanobe; Yasutake Wakabayashi; Kei Inatomi; Shigehiko Abe, The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2015), 2015年12月17日
  • 延伸過程における分子鎖絡み合い挙動のインプロセス解析, 上原宏樹, 第64回高分子討論会(高分子学会), 2015年09月16日, 東北大学川内キャンパス
  • フィルム・繊維の延伸過程におけるインプロセス計測, 上原宏樹; 山延健, 平成29年度繊維学会年次大会, 2017年06月07日, タワーホール船堀
  • 直鎖状低密度ポリエチレンの延伸による高次構造形成とin-situ X線測定による刺激応答性能評価, 吉澤宏亮; 奈良大樹; 山延健; 上原宏樹; 青山光輝; 増永啓康; 林直毅; 平岡牧, 第67回高分子学会年次大会, 2018年05月24日, 名古屋国際会議場
  • 溶融二軸延伸による超高分子量ポリエチレンの大面積薄膜化と多孔質化, 東宮大貴; 清水由惟; 奈良大樹; 山延健; 上原宏樹, 第67回高分子学会年次大会, 2018年05月24日, 名古屋国際会議場
  • メタロセン系超高分子量ポリエチレンの溶融延伸挙動に与える分子構造の影響, 大西拓也; 若林保武; 稲富敬; 阿部成彦; 成田千尋; 清水由惟; 上原宏樹; 山延健, 第67回高分子学会年次大会, 2018年05月24日, 名古屋国際会議場
  • 新規環状ポリオレフィンの製膜と延伸による構造・物性変化, 澳塩朋輝; 奈良大樹; 山延健; 上原宏樹; 竹内大介; 小坂田耕太郎, 第67回高分子学会年次大会, 2018年05月24日, 名古屋国際会議場
  • 量子ビーム照射による高分子膜の構造・物性への影響, 増田彩香; 岩淵龍之介; 上原宏樹; 山延健; 林菜月; 瀬古典明, 第67回高分子学会年次大会, 2018年05月24日, 名古屋国際会議場
  • スチレンスルホン酸ナトリウム骨格をもつハイドロゲルの合成と構造物性, 星野真里奈; 武田隼太; 永井大介; 米山賢; 上原宏樹; 山延健; 尾添真治, 第67回高分子学会年次大会, 2018年05月24日, 名古屋国際会議場
  • ポリオキシメチレン共重合体フィルムの延伸挙動の解明と二軸延伸膜の創製, 奈良大樹; 山下秀之; 山延健; 上原宏樹; 池田剛志, 平成30年度繊維学会年次大会, 2018年06月14日, タワーホール船堀
  • In-situ X線計測を用いたポリ(エチレン-スチレン)ランダム共重体膜の変形応答解析, 福嶋月乃; 増田綾子; 山延健; 上原宏樹; 青山光輝; 増永啓康, 平成30年度繊維学会年次大会, 2018年06月14日, タワーホール船堀
  • In-situ X線測定から評価した直鎖状低密度ポリエチレンの刺激応答性と延伸による高次構造形成, 吉澤宏亮; 奈良大樹; 山延健; 上原宏樹; 青山光輝; 増永啓康; 林直毅; 平岡牧, 平成30年度繊維学会年次大会, 2018年06月14日, タワーホール船堀
  • 超高分子量ポリエチレン溶融二軸延伸薄膜および多孔質膜の構造解析と大面積化, 東宮大貴; 清水由惟; 奈良大樹; 山延健; 上原宏樹, 平成30年度繊維学会年次大会, 2018年06月14日, タワーホール船堀
  • 特殊構造ポリオレフィン膜の延伸過程におけるin-situ X線計測, 澳塩朋輝; 奈良大樹; 山延健; 上原宏樹; 竹内大介; 小坂田耕太郎, 平成30年度繊維学会年次大会, 2018年06月14日, タワーホール船堀
  • ゴム練りによるバウンドラバー形成と構造・物性評価, 星野郁弥; 岩淵龍之介; 上原宏樹; 山延健; 眞中将一, 平成30年度繊維学会年次大会, 2018年06月14日, タワーホール船堀
  • トリメチルシクロデキストリン添加によるポリ乳酸の構造・物性の変化, 武田隼太; 高田佳尚; 永井大介; 米山賢; 上原宏樹; 山延健; 高橋圭子, 平成30年度繊維学会年次大会, 2018年06月14日, タワーホール船堀
  • 半芳香族ポリアミドを充填したポリアミド6の摩擦摩耗挙動, 小俣智弥; 山延健; 上原宏樹; 撹上将規; 鎌田優那, 平成30年度繊維学会年次大会, 2018年06月14日, タワーホール船堀
  • 量子ビーム照射による高分子膜の構造・物性の変化, 増田彩香; 岩淵龍之介; 上原宏樹; 山延健; 林菜月; 瀬古典明, 平成30年度繊維学会年次大会, 2018年06月14日, タワーホール船堀
  • スチレンスルホン酸ナトリウム骨格をもつハイドロゲルの合成と構造物性, 星野真里奈; 武田隼太; 永井大介; 米山賢; 上原宏樹; 山延健; 尾添真治, 平成30年度繊維学会年次大会, 2018年06月14日, タワーホール船堀
  • メタロセン系超高分子量ポリエチレンフィルムの成形条件が溶融延伸挙動および冷却結晶化挙動に与える影響, 清水由惟; 上野雅彦; 山延健; 上原宏樹; 大西拓也; 若林保武; 稲富敬; 阿部成彦, 第65回高分子学会神奈川地区懇話会講演会・第13回相模ケイ素材料フォーラム, 2018年06月29日, 東工大すずかけ台キャンパス
  • スチレンスルホン酸ナトリウム骨格をもつハイドロゲルの合成と構造物性, 星野真里奈; 武田隼太; 永井大介; 米山賢; 上原宏樹; 山延健; 尾添真治, 第65回高分子学会神奈川地区懇話会講演会・第13回相模ケイ素材料フォーラム, 2018年06月29日, 東工大すずかけ台キャンパス
  • In-situ X線計測から評価したメタロセン系超高分子量ポリエチレンフィルムの成形条件が溶融延伸挙動に与える効果, 清水由惟; 上野雅彦; 山延健; 上原宏樹; 大西拓也; 若林保武; 稲富敬; 阿部成彦, 平成30年度繊維学会年次大会, 2018年06月14日, タワーホール船堀
  • 新規環状ポリオレフィンの製膜と延伸過程における構造変化, 周藤康介; 澳塩朋輝; 奈良大樹; 山延健; 上原宏樹; 竹内大介; 小坂田耕太郎, 第65回高分子学会神奈川地区懇話会講演会・第13回相模ケイ素材料フォーラム, 2018年06月29日, 東工大すずかけ台キャンパス
  • ポリマー繊維アクチュエーターの動作過程における分子構造変化の解析, 吉澤宏亮; 奈良大樹; 山延健; 上原宏樹; 青山光輝; 増永啓康; 林直毅; 平岡牧, 第15回SPring-8産業利用報告会, 2018年09月07日, 兵庫県民会館
  • 2,4,5,7,9,10-ヘキサエチニルピレン誘導体の合成,物性,および自己集合, 加藤真一郎; 加納春華; 入澤健一; 奈良大樹; 山延健; 上原宏樹; 北村千寿; 中村洋介, 第29 回基礎有機化学討論会, 2018年09月07日, 東工大大岡山キャンパス
  • アルコキシベンゼン部位を有するトリチアゾリルトリアジン誘導体の合成、物性および自己集合, 林 和宏; 金子献吾; 中村洋介; 奈良大樹; 山延健; 上原宏樹; 北村千寿; 加藤真一郎, 第29 回基礎有機化学討論会, 2018年09月07日, 東工大大岡山キャンパス
  • 分子量分布の異なる超高分子量ポリエチレンフィルムの溶融延伸後の冷却結晶化過程におけるin-situ X線計測, 清水由惟; 髙澤彩香; 山延健; 上原宏樹; 大西拓也; 若林保武; 稲富敬; 阿部成彦, 第67回高分子討論会(高分子学会), 2018年09月13日, 北海道大学札幌キャンパス
  • ポリオキシメチレン系フィルムの延伸過程におけるin-situ X線計測, 奈良大樹; 山延健; 上原宏樹; 池田剛志; 増永啓康, 第67回高分子討論会(高分子学会), 2018年09月13日, 北海道大学札幌キャンパス
  • ポリ乳酸/修飾シクロデキストリンブレンドにおけるシクロデキストリン分子サイズの影響, 武田隼太; 山延健; 上原宏樹; 高橋圭子; 米山賢; 永井大介, 第67回高分子討論会(高分子学会), 2018年09月13日, 北海道大学札幌キャンパス
  • アルケニルシクロヘキサンのリビング重合を利用した分岐構造の制御された含環高分子の合成および熱物性, 佐藤圭; 小坂田耕太郎; 竹内大介; 上原宏樹, 第67回高分子討論会(高分子学会), 2018年09月13日, 北海道大学札幌キャンパス
  • In-situ X線計測を用いたポリ(エチレン-スチレン)ランダム共重合体フィルムの一軸変形過程における構造変化の追跡, 福嶋月乃; 増田綾子; 山延健; 上原宏樹; 青山光輝; 増永啓康, 平成30年繊維学会秋季研究発表会, 2018年11月01日, 福井大学・文京キャンパス
  • In-situ X線測定を用いたポリエチレン延伸フィルムの伸縮メカニズムの解明, 吉澤宏亮; 奈良大樹; 山延健; 上原宏樹; 青山光輝; 増永啓康; 林直毅; 平岡牧, 平成30年繊維学会秋季研究発表会, 2018年11月01日, 福井大学・文京キャンパス
  • スチレンスルホン酸ナトリウム骨格をもつハイドロゲルの合成とその膨潤挙動, 星野真里奈; 永井大介; 米山賢; 上原宏樹; 山延健; 尾添真治, 平成30年繊維学会秋季研究発表会, 2018年11月01日, 福井大学・文京キャンパス
  • 高強度ポリアミド繊維で強化したポリアミド6 の摩擦摩耗挙動, 小俣智弥; 山延健; 上原宏樹; 撹上将規; 鎌田優那, 平成30年繊維学会秋季研究発表会, 2018年11月01日, 福井大学・文京キャンパス
  • 金属配位親水性ポリマーと金属イオンの架橋反応を利用した有機無機ハイブリッド材料の創製, 永井大介; 森田萌子; 島崎正起; 久保彩香; 槙靖幸; 武野宏之; 森勝伸; 上原宏樹; 山延健, 第37回無機高分子研究討論会(高分子学会), 2018年11月08日, 京理科大学森戸記念館(神楽坂キャンパス)
  • スチレンスルホン酸ナトリウム骨格ハイドロゲルの合成とその構造物性, 星野真里奈; 武田隼太; 永井大介; 米山賢; 上原宏樹; 山延健; 尾添真治, 第27回ポリマー材料フォーラム, 2018年11月21日, タワーホール船堀
  • ポリエチレン延伸フィルムの伸縮動作に及ぼすタイ分子の役割, 吉澤宏亮; 奈良大樹; 西條早紀; 山延健; 上原宏樹; 青山光輝; 増永啓康; 林直毅; 平岡牧, 第27回ポリマー材料フォーラム, 2018年11月21日, タワーホール船堀
  • ポリ(エチレン-スチレン)ランダム共重合体フィルムの変形過程における構造変化のin-situ X線計測, 福嶋月乃; 増田綾子; 山延健; 上原宏樹; 青山光輝; 増永啓康, 第29回エラストマー討論会(日本ゴム協会), 2018年11月29日, 古屋市中小企業振興会館
  • 促進耐候性試験時の雨を想定した水噴霧がSBRの劣化に与える影響, 狩野真貴子; 飯塚智則; 伊東寛文; 大武義人; 山延健; 上原宏樹, 第29回エラストマー討論会(日本ゴム協会), 2018年11月29日, 名古屋市中小企業振興会館
  • 溶融延伸挙動から評価した超高分子量ポリエチレンの成形条件が絡み合い形成に及ぼす効果, 清水由惟; 髙澤彩香; 山延健; 上原宏樹; 大西拓也; 若林保武; 稲富敬; 阿部成彦, 第1回北関東地区講演会(高分子学会関東支部), 2019年03月11日, 群馬大学桐生キャンパス
  • ポリオキシメチレンの延伸による構造変化と高性能化・高機能化, 奈良大樹; 山延健; 上原宏樹; 池田剛志; 増永啓康, 第1回北関東地区講演会(高分子学会関東支部), 2019年03月11日, 群馬大学桐生キャンパス
  • 修飾シクロデキストリン添加によるポリ乳酸の構造・物性, 武田隼太; 山延健; 上原宏樹; 高橋圭子; 米山賢; 永井大介, 第1回北関東地区講演会(高分子学会関東支部), 2019年03月11日, 群馬大学桐生キャンパス
  • 異なる超高分子量ポリエチレン原料のフィルム成形性および溶融延伸性の比較, 渡邊希; 東宮大貴; 山延健; 上原宏樹, 第68回高分子学会年次大会, 2019年05月30日, 大阪国際会議場
  • EPDMゴムの練りによるバウンドラバー形成と構造・物性, 星野郁弥; 上原宏樹; 山延健; 眞中将一, 第1回北関東地区講演会(高分子学会関東支部), 2019年03月11日, 群馬大学桐生キャンパス
  • 促進耐候性試験時の雨を想定した水噴霧がSBRの劣化に与える影響(2)~カーボンブラック配合SBR~, 狩野真貴子; 飯塚智則; 伊東寛文; 山延健; 上原宏樹, 日本ゴム協会2019年年次大会, 2019年05月23日, 京都工芸繊維大学
  • 新規6員環ポリオレフィンの製膜とその物性, 周藤康介; 佐藤圭; 奈良大樹; 山延健; 上原宏樹; 小坂田耕太郎; 竹内大介, 第68回高分子学会年次大会, 2019年05月30日, 大阪国際会議場
  • ポリビニルアルコール繊維の延伸による構造及び物性変化, 須田裕斗; 小俣智弥; 上原宏樹; 山延健; 津村佳弘, 第68回高分子学会年次大会, 2019年05月30日, 大阪国際会議場
  • ポリプロピレン圧縮成形フィルムの結晶配向と力学的性質, 西條早紀; 吉澤宏亮; 山延健; 上原宏樹; 陳平凡; 小林豊, 第68回高分子学会年次大会, 2019年05月30日, 大阪国際会議場
  • ポリビニルアルコールフィルムの一軸延伸過程における構造変化, 新田紗也花; 山延健; 上原宏樹, 第68回高分子学会年次大会, 2019年05月30日, 大阪国際会議場
  • ポリビニルアルコール繊維の延伸による構造及び物性変化, 須田裕斗; 小俣智弥; 上原宏樹; 山延健; 津村佳弘, 2019年度繊維学会年次大会, 2019年06月06日, タワーホール船堀
  • イオン性ポリウレタンの構造および物性評価, 上村茜; 福嶋月乃; 山延健; 上原宏樹; 氏家誠司, 第68回高分子学会年次大会, 2019年05月30日, 大阪国際会議場
  • 極微量造核剤の添加によるポリプロピレン成形品の構造物性の制御, 小林豊; 陳平凡; 西條早紀; 吉澤宏亮; 山延健; 上原宏樹, プラスチック成形加工学会第30回年次大会, 2019年06月12日, タワーホール船堀
  • 新規6員環ポリオレフィンの製膜とその物性, 周藤康介; 佐藤圭; 奈良大樹; 山延健; 上原宏樹; 小坂田耕太郎; 竹内大介, 2019年度繊維学会年次大会, 2019年06月06日, タワーホール船堀
  • ポリプロピレン圧縮成形フィルムの結晶配向と力学的性質, 西條早紀; 吉澤宏亮; 山延健; 上原宏樹; 陳平凡; 小林豊, 2019年度繊維学会年次大会, 2019年06月06日, タワーホール船堀
  • 異なる超高分子量ポリエチレン原料のフィルム成形性および溶融延伸性の比較, 渡邊希; 東宮大貴; 山延健; 上原宏樹, 2019年度繊維学会年次大会, 2019年06月06日, タワーホール船堀
  • ポリビニルアルコールフィルムの一軸延伸過程における構造変化, 新田紗也花; 山延健; 上原宏樹, 2019年度繊維学会年次大会, 2019年06月06日, タワーホール船堀
  • 金属配位親水性ポリマーと金属イオンのゲル化を利用した有機無機複合材料の創製, 永井大介; 森田萌子; 島崎正起; 久保彩香; 槙靖幸; 武野宏之; 森勝伸; 上原宏樹; 山延健, 2019年度繊維学会年次大会, 2019年06月06日, タワーホール船堀
  • イオン性ポリウレタンの構造および物性評価, 上村茜; 福嶋月乃; 山延健; 上原宏樹; 氏家誠司, 2019年度繊維学会年次大会, 2019年06月06日, タワーホール船堀
  • ポリビニルアルコール繊維の延伸による構造及び物性変化, 津村佳弘; 須田裕斗; 小俣智弥; 吉澤宏亮; 上原宏樹; 山延健, 第152回ポバール会, 2019年07月06日, 京都大学楽友会館
  • 溶融二軸延伸技術を用いた超高分子量ポリエチレンフィルムの高性能化及び膜構造形成, 東宮大貴; 奈良大樹; 撹上将規; 山延健; 上原宏樹, 第68回高分子討論会(高分子学会), 2019年09月26日, 福井大学文京キャンパス
  • ナイロン6フィルムの延伸過程における構造変化のin-situX線回折測定と物性評価, 増田彩香; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健; 下津二希; 小林亮介; 鈴木剛; 稲葉芳彦, 第68回高分子討論会(高分子学会), 2019年09月26日, 福井大学文京キャンパス
  • Structural Deformation during Melt-Drawing of Ultra-High Molecular Weight / Normal Molecular Weight Polyethylene Blend Films with Different Entanglement Characteristics, Hidekazu Tanaka; Hiroki Uehara; Takeshi Yamanobe, 47th IUPAC World Polymer Congress (Macro 2018 Conference), 2018年07月03日
  • Entanglement Characteristics Evaluated from Melt-Drawing Behaviors, Hiroki Uehara; Takeshi Yamanobe, 47th IUPAC World Polymer Congress (Macro 2018 Conference), 2018年07月03日
  • Influence of Bound Rubber on Physical Properties of Synthetic Rubber, Fumiya Hoshino; Ryunosuke Iwabuchi; Hiroki Uehara; Takeshi Yamanobe; Masakazu Manaka, The 12th SPSJ International Polymer Conference (IPC2018), 2018年12月05日
  • Structural Development during Melt-Drawing of Ultra-High Molecular Weight / Normal Molecular Weight Polyethylene Blend Films with Different Blend Ratios, Hidekazu Tanaka; Takeshi Yamanobe; Hiroki Uehara, The 12th SPSJ International Polymer Conference (IPC2018), 2018年12月05日
  • Effect of Polyethylene Tie Molecules on Actuator Function, Hiroaki Yoshizawa; Daiki Nara; Masaki Kakiage; Takeshi Yamanobe; Hiroki Uehara, S-Membrane International Conference 2019 (SMIC 2019), 2019年09月06日
  • Evaluation of Physical Properties of Polylactic Acid / Modified Cyclodextrin Complex, Hayata Takeda; Daisuke Nagai; Masaru Yoneyama; Hiroki Uehara; Takeshi Yamanobe; Keiko Takahashi, The 12th SPSJ International Polymer Conference (IPC2018), 2018年12月05日
  • Synthesis and Structural Properties of Hydrogel Having a Sodium Styrenesulfonate Moiety, Marina Hoshino; Kakiage Masaki; Masaru Yoneyama; Hiroki Uehara; Takeshi Yamanobe; Daisuke Nagai; Yusuke Shigeta; Shinji Ozoe, S-Membrane International Conference 2019 (SMIC 2019), 2019年09月06日
  • Crystalline Orientation and Mechanical Properties of Compression Molded Polypropylene, Saki Saijo; Hiroaki Yoshizawa; Masaki Kakiage; Takeshi Yamanobe; Hiroki Uehara; Pingfan Chen; Yutaka Kobayashi, S-Membrane International Conference 2019 (SMIC 2019), 2019年09月06日
  • Evaluation of Structure and Physical Properties of Ionic Polyurethane Membrane, Akane Kanmura; Tsukino Fukushima; Masaki Kakiage; Takeshi Yamanobe; Hiroki Uehara; Seiji Ujiie, S-Membrane International Conference 2019 (SMIC 2019), 2019年09月06日
  • Membrane Preparation and Properties of Novel 6-Membered Ring Polyolefin, Kosuke Shuto; Kei Sato; Daiki Nara; Masaki Kakiage; Takeshi Yamanobe; Hiroki Uehara; Kohtaro Osakada; Daisuke Takeuchi, S-Membrane International Conference 2019 (SMIC 2019), 2019年09月06日
  • Structural Change during Uniaxial Stretching Process of Polyvinyl Alcohol Film, Sayaka Nitta; Hayata Takeda; Masaki Kakiage; Takeshi Yamanobe; Hiroki Uehara, S-Membrane International Conference 2019 (SMIC 2019), 2019年09月06日
  • Influence of High Strength Polyamide Fiber on Friction and Wear Characteristics of Polyamide 6, Tomoya Omata; Masaki Kakiage; Hiroki Uehara; Takeshi Yamanobe, S-Membrane International Conference 2019 (SMIC 2019), 2019年09月06日
  • Property Improvement and Structural Development of Ultra-High Molecular Weight Polyethylene Film by Biaxial Melt-Drawing Technique, Daiki Tomiya; Daiki Nara; Masaki Kakiage; Takeshi Yamaobe; Hiroki Uehara, S-Membrane International Conference 2019 (SMIC 2019), 2019年09月06日
  • In-Situ X-ray Analysis for Structural Change during Uniaxial Deformation of Ethylene-Styrene Random Copolymer Film, Tsukino Fukushima; Ayako Masuda; Masaki Kakiage; Takeshi Yamanobe; Hiroki Uehara, S-Membrane International Conference 2019 (SMIC 2019), 2019年09月06日
  • Effect of Heating on the Structure and Physical Properties of Poly(vinyl alcohol) Fiber, Hiroto Suda; Tomoya Omata; Hiroaki Yoshizawa; Masaki Kakiage; Hiroki Uehara; Takeshi Yamanobe, S-Membrane International Conference 2019 (SMIC 2019), 2019年09月06日
  • Comparison of Melt-Drawability for Different Ultra-High Molecular Weight Polyethylene Materials, Nozomi Watanabe; Daiki Tomiya; Masaki Kakiage; Takeshi Yamanobe; Hiroki Uehara, S-Membrane International Conference 2019 (SMIC 2019), 2019年09月06日
  • 結晶性成分のブレンドによる高強度シリコーン・エラストマーの創製と引張り過程における構造変化, 上原宏樹; 増田綾子; 磯貝由紀子; 山延健; 増永啓康; 秋山映一, 日本ゴム協会2016年年次大会, 2016年05月20日, 大宮ソニックシティー
  • Structural and Property Development of Silicone Elastomer Blended with Crystalline Component, Yukiko Isogai; Ryosuke Morita; Hiroki Uehara; Takeshi Yamanobe; Eiichi Akiyama, The International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2015), 2015年12月17日
  • 金属配位親水性ポリマーと金属イオンの架橋反応を利用した有機無機複合材料の創製, 永井大介; 森田萌子; 島崎正起; 久保彩香; 槙靖幸; 武野宏之; 森勝伸; 上原宏樹; 山延健, 第67回高分子討論会(高分子学会), 2018年09月13日, 北海道大学札幌キャンパス
  • ポリオキシメチレン共重合体の延伸による構造変化と高性能化・高機能化, 坂村拓映; 上原宏樹; 山延健; 池田剛志, 平成28年度繊維学会年次大会, 2016年06月09日, タワーホール船堀
  • 混練りがEPDMゴムの物性に及ぼす影響, 星野郁弥; 上原宏樹; 山延健; 眞中将一, 第67回高分子討論会(高分子学会), 2018年09月13日, 北海道大学札幌キャンパス
  • DSC測定とin-situ X線測定の融合による高分子材料の融解挙動解析, 上原宏樹; 山延健, 第54回熱測定討論会, 2018年10月31日, 東工大すずかけ台キャンパス
  • 昇温過程におけるin-situ WAXD/SAXS同時測定を活用したポリエチレン延伸フィルムの融解挙動解析とDSC測定の相関, 田中秀和; 山延健; 上原宏樹, 第54回熱測定討論会, 2018年10月31日, 東工大すずかけ台キャンパス
  • アルコキシベンゼン部位を有するトリチアゾリルトリアジン誘導体の合成、物性および自己集合, 林 和宏; 金子献吾; 松本泰昌; 中村洋介; 奈良大樹; 山延健; 上原宏樹; 北村千寿; 加藤真一郎, 日本化学会第99春季年会, 2019年03月17日, 甲南大学岡本キャンパス
  • 新規6員環ポリオレフィンの昇温過程における構造変化と熱物性, 周藤康介; 佐藤圭; 奈良大樹; 撹上将規; 山延健; 上原宏樹; 小坂田耕太郎; 竹内大介, 第3回熱分析討論会(日本分析化学会・熱分析研究懇談会), 2019年06月28日, つくば国際会議場
  • In-Situ X-ray Diffraction Measurement of Structural Change During Drawing of Nylon 6 Film, Ayaka Masuda; Masaki Kakiage; Hiroki Uehara; Takeshi Yamanobe; Kazuki Shimotsu; Ryosuke Kobayashi; Takeshi Ssuzuki; Yoshihiko Inaba, S-Membrane International Conference 2019 (SMIC 2019), 2019年09月06日
  • In-situ Analysis for Melt-Drawing behavior of Ultra-High Molecular Weight Polyethylene Films with Different Molecular Weights, Satomi Kato; Hidekazu Tanaka; Takeshi Yamanobe; Hiroki Uehara, International Union of Mterials Research Societies- The IUMRS International Conference in Asia 2014 (IUMRS-ICA 2014), 2014年08月27日
  • 半芳香族ポリアミドを充填したポリアミド6の摩擦摩耗挙動, 小俣智弥; 山延健; 上原宏樹; 撹上将規; 鎌田優那, 第67回高分子学会年次大会, 2018年05月24日, 名古屋国際会議場
  • メタロセン系超高分子量ポリエチレンの物性および溶融延伸挙動, 大西拓也; 若林保武; 稲富敬; 阿部成彦; 成田千尋; 清水由惟; 上原宏樹; 山延健, 第27回ポリマー材料フォーラム, 2018年11月21日, タワーホール船堀
  • 分子を引き延ばして強い繊維をつくる, 上原宏樹, 2020年度群馬大学科学技術振興財団ワンポイントセミナー, 2020年09月08日
  • In-situパルスNMR測定による結晶性高分子の構造解析, 上原 宏樹, 第59回NMR討論会・チュートリアル, 2020年11月17日, 日本語, 国内会議
  • パルスNMR計測技術を用いたポリエチレン重合パウダーの構造解析, 上原 宏樹, 第70回高分子討論会(高分子学会), 2021年09月06日, 2021年09月08日, 日本語, 国内会議
  • 高分子鎖の絡み合いを利用した高次構造制御, 上原 宏樹, 第70回高分子討論会(高分子学会), 2021年09月06日, 2021年09月08日, 日本語, 国内会議
  • 高分子鎖の絡み合い制御によるスーパー・メンブレンの創成, 上原 宏樹, 第95回日本化学会東北支部青森地区講演会, 2021年10月21日, 2021年10月21日, 日本語, 国内会議
  • エチレン・テトラフルオロエチレン共重合体延伸フィルムの伸長・収縮過程おけるin-situ X線測定, 木村敦也; 八木敦史; 髙澤彩香; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健, プラスチック成形加工学会第33回年次大会, 2022年06月15日, 2022年06月16日, 日本語
  • 溶融紡糸ポリエチレン繊維における延伸条件が高強度化に及ぼす影響, 五十嵐一真; 横地優香; 髙澤彩香; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健, プラスチック成形加工学会第33回年次大会, 2022年06月15日, 2022年06月16日, 日本語
  • ポリプロピレン一軸延伸フィルムの熱処理に伴う構造と物性の変化, 櫻庭颯太郎; 小倉沙代子; 和久井瑛登; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健, プラスチック成形加工学会第33回年次大会, 2022年06月15日, 2022年06月16日, 日本語
  • 超高分子量ポリエチレンの溶融紡糸と二次延伸, 高見駿佑; 後藤康夫; 髙澤彩香; 上原宏樹; 撹上将規, 2022年度繊維学会年次大会, 2022年06月08日, 2022年06月10日, 日本語
  • 新規含6員環ポリオレフィンフィルムの延伸と物性評価, 藤見瑠聖; 原澤椋己; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健; 竹内大介, 2022年度繊維学会年次大会, 2022年06月08日, 2022年06月10日, 日本語
  • 構造対称性の異なる液晶性ポリウレタンの延伸特性と構造変化, 関根悠平; 髙澤彩香; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健; 川原 陸; 氏家誠司, 2022年度繊維学会年次大会, 2022年06月08日, 2022年06月10日, 日本語
  • ETFE延伸物の伸縮過程におけるin-situ WAXD測定, 木村敦也; 八木敦史; 髙澤彩香; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健, 2022年度繊維学会年次大会, 2022年06月08日, 2022年06月10日, 日本語
  • 高強度溶融紡糸ポリエチレン繊維の作製における延伸条件の検討, 五十嵐一真; 横地優香; 髙澤彩香; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健, 2022年度繊維学会年次大会, 2022年06月08日, 2022年06月10日, 日本語
  • 熱処理による構造変化がポリプロピレン一軸延伸フィルムの物性に与える影響, 櫻庭颯太郎; 小倉沙代子; 和久井瑛登; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健, 2022年度繊維学会年次大会, 2022年06月08日, 2022年06月10日, 日本語
  • In-situ パルスNMR測定による超高分子量ポリエチレン融体の変形過程における分子鎖絡み合いの動的変化の解明, 髙澤彩香; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健, 日本ゴム協会2022年年次大会, 2022年05月30日, 2022年05月31日, 日本語
  • 重合ブレンドにより合成した超高分子量ポリエチレンの分子鎖絡み合い特性とその溶融延伸性, 髙澤彩香; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健; 清水由惟; 大西拓也; 若林保武; 阿部成彦, 第71回高分子学会年次大会, 2022年05月25日, 2022年05月27日, 日本語
  • ンオンディスク試験による構造および物性が異なるスーパーエンジニアリングプラスチックの摩擦・摩耗挙動の評価, 川端柊也; 本道玲; 鈴木翔太; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健; 中島政哉; 長沼拓; 野澤淳一; 松本益幸; 園部哲也, 第71回高分子学会年次大会, 2022年05月25日, 2022年05月27日, 日本語
  • ポリアルキルメタクリレートの高分子材料表面への吸着がトライボロジー特性に及ぼす効果, 樋口敦也; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健; 大沼田靖之; 田川一生, トライボロジー会議2022春, 2022年05月23日, 2022年05月25日, 日本語
  • スーパーエンジニアリングプラスチックの構造および物性が摩擦・摩耗挙動に与える影響, 川端柊也; 本道玲; 鈴木翔太; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健; 中島政哉; 長沼拓; 野澤淳一; 松本益幸; 園部哲也, トライボロジー会議2022春, 2022年05月23日, 2022年05月25日, 日本語
  • Melt-drawing of reactor blended ultrahigh-molecular-weight polyethylene with bimodal molecular weight distribution, Ayaka Takazawa; Masaki Kakiage; Hiroki Uehara; Takeshi Yamanobe; Yui Shimizu; Takuya Ohnishi; Yasutake Wakabayashi; Kei Inatomi; Shigehiko Abe; Kouki Aoyama, 37th International Conference of the Polymer Processing Society (PPS-37), 2022年04月13日, 2022年04月11日, 2022年04月15日, 英語
  • 異なる結晶構造を有する超高分子量ポリエチレン溶融二軸延伸膜の一軸延伸挙動, 和久井瑛登; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健, 第4回北関東地区講演会(高分子学会関東支部), 2022年03月07日, 日本語
  • ポリビニルアルコール不織布を用いた繊維状炭化ホウ素の創製, 依田雄介; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健, 第4回北関東地区講演会(高分子学会関東支部), 2022年03月07日, 日本語
  • In-situ測定の組み合わせによるπ共役超分子の相転移挙動解析, 比田井友紀; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健; 鈴木一正; 加藤真一郎, 第4回北関東地区講演会(高分子学会関東支部), 2022年03月07日, 日本語
  • ポリアルキルメタクリレートの高分子材料表面への吸着が摩擦低減に及ぼす効果, 樋口敦也; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健; 大沼田靖之; 田川一生, 第4回北関東地区講演会(高分子学会関東支部), 2022年03月07日, 日本語
  • エチレンアイオノマーの伸長/収縮過程における構造変化の追跡, 鶴貝巧; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健, 第4回北関東地区講演会(高分子学会関東支部), 2022年03月07日, 日本語
  • ポリウレタンの変形に伴う高次構造変化のin-situ X線解析, 田辺智輝; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健; 原澤純一, 第4回北関東地区講演会(高分子学会関東支部), 2022年03月07日, 日本語
  • バイモーダルな分子量分布を有する超高分子量ポリエチレンの分子鎖絡み合い特性が溶融延伸性に与える効果, 髙澤彩香; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健; 清水由惟; 大西拓也; 若林保武; 稲富敬; 阿部成彦, 第4回北関東地区講演会(高分子学会関東支部), 2022年03月07日, 日本語
  • 樹脂系複合材料を用いた摩擦材における摩擦・摩耗メカニズムの解明, 鈴木翔太; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健; 中島政哉; 長沼拓; 松本益幸; 園部哲也, 第4回北関東地区講演会(高分子学会関東支部), 2022年03月07日, 日本語
  • コモノマー組成比の異なるポリオキシメチレン共重合体フィルムの延伸挙動と二軸延伸膜構造の解析, 島袋航; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健; 須長大輔; 池田剛志, 第4回北関東地区講演会(高分子学会関東支部), 2022年03月07日, 日本語
  • 超高分子量ポリエチレン融体への周期的な配向/緩和操作における分子鎖絡み合い状態の変化, 大森健太; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健, 第4回北関東地区講演会(高分子学会関東支部), 2022年03月07日, 日本語
  • 結晶性シリコーンおよびシリコーン・エラストマーの引張り変形過程における「その場」計測, 上原宏樹, 第276回ゴム技術シンポジウム(日本ゴム協会), 2022年03月04日, 2022年03月04日, 2022年03月04日, 日本語
  • Green Processing for Production of High-Performance UltrahighMolecular-Weight Polyethylene Fibers, A. Takazawa; T. Yamanobe; H. Uehara; M. Kakiage, MRM2021 Materials Research Meeting, 2021年12月15日, 2021年12月13日, 2021年12月17日, 英語
  • Low-Temperature Synthesis of Boron Carbide by Carbothermal Reduction Using Polyols, M. Kakiage; Y. Yoda; R. Hondo; T. Yamanobe; H. Uehara, MRM2021 Materials Research Meeting, 2021年12月15日, 2021年12月13日, 2021年12月17日, 英語
  • SPMナノスクラッチにより評価した結晶性高分子表面の結晶緩和挙動, 八木敦史; 樋口敦也; 鈴木翔太; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健, 令和3年度日本化学会関東支部群馬地区研究交流発表会, 2021年12月04日, 2021年12月04日, 2021年12月04日, 日本語
  • 超高分子量ポリエチレンフィルムの溶融二軸延伸性と構造・物性評価, 原澤椋己; 島袋航; 樋口敦也; 和久井瑛登; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健, 令和3年度日本化学会関東支部群馬地区研究交流発表会, 2021年12月04日, 2021年12月04日, 2021年12月04日, 日本語
  • ポリビニルアルコールとホウ酸を用いた炭化ホウ素繊維における原料組成比の影響, 本道玲; 依田雄介; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健, 令和3年度日本化学会関東支部群馬地区研究交流発表会, 2021年12月03日, 2021年12月03日, 2021年12月03日, 日本語
  • 広角X線回折および13C固体NMRを用いた超高分子量ポリエチレンの延伸/圧縮に伴う高次構造変化の解析, 小倉沙代子; 鶴貝巧; 比田井友紀; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健, 令和3年度日本化学会関東支部群馬地区研究交流発表会, 2021年12月01日, 2021年12月01日, 2021年12月01日, 日本語
  • 異なる結晶構造を有する超高分子量ポリエチレン溶融二軸延伸膜の一軸延伸挙動, 和久井瑛登; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健, 成形加工学会シンポジア’21, 2021年11月30日, 2021年11月30日, 2021年12月01日, 日本語
  • コモノマーを含有するポリオキシメチレン系フィルムの延伸挙動と二軸延伸への展開, 島袋航; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健; 須長大輔; 池田剛志, 成形加工学会シンポジア’21, 2021年11月30日, 2021年11月30日, 2021年12月01日, 日本語
  • エチレンアイオノマーの延伸および昇温過程における構造変化の追跡, 鶴貝巧; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健, 成形加工学会シンポジア’21, 2021年11月30日, 2021年11月30日, 2021年12月01日, 日本語
  • 高分子の配向制御と高機能化, 上原宏樹, 2021年度若手社員のための高分子基礎講座(高分子学会関東支部), 2021年11月24日, 2021年11月24日, 2021年11月24日, 日本語
  • 多孔質ガラスに担持した金属触媒による繊維状ポリエチレンの合成, 奈良﨑萌花; 竹内大介; 増野敦信; 小倉沙代子; 原澤椋己; 髙澤彩香; 撹上将規; 山延健; 上原宏樹, 2021年度繊維学会秋季研究発表会, 2021年11月18日, 2021年11月19日, 2021年11月19日, 英語
  • ポリビニルアルコール不織布の構造を利用した炭化ホウ素繊維の創製, 依田雄介; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健, 2021年度繊維学会秋季研究発表会, 2021年11月18日, 2021年11月18日, 2021年11月19日, 日本語
  • 異なる結晶構造を有する超高分子量ポリエチレン溶融二軸延伸膜の一軸延伸挙動, 和久井瑛登; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健, 2021年度繊維学会秋季研究発表会, 2021年11月18日, 2021年11月18日, 2021年11月19日, 日本語
  • 共重合組成の異なるポリオキシメチレン共重合体フィルムの延伸挙動と二軸延伸膜の構造解析, 島袋航; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健; 須長大輔; 池田剛志, 2021年度繊維学会秋季研究発表会, 2021年11月18日, 2021年11月18日, 2021年11月19日, 日本語
  • 単核及び複核NHC銀錯体によるエチレン重合, 木村なな子; 竹内大介; 小倉沙代子; 髙澤彩香; 撹上将規; 山延健; 上原宏樹, 第51回石油・石油化学討論会, 2021年11月11日, 2021年11月11日, 2021年11月12日, 日本語
  • 単NHC銀錯体およびアルミニウム錯体を用いたエチレン重合, 木村なな子; 竹内大介; 小倉沙代子; 髙澤彩香; 撹上将規; 山延健; 上原宏樹, 2021高分子学会東北支部研究発表会, 2021年11月01日, 2021年11月01日, 2021年11月02日, 日本語
  • 多孔質ガラスに担持した金属触媒による繊維状ポリエチレンの合成, 奈良﨑萌花; 竹内大介; 増野敦信; 小倉沙代子; 原澤椋己; 髙澤彩香; 撹上将規; 山延健; 上原宏樹, 2021高分子学会東北支部研究発表会, 2021年11月01日, 2021年11月01日, 2021年11月02日, 日本語
  • 鎖状低密度ポリエチレン延伸フィルムの伸縮動作におけるタイ分子の状態変化, 髙澤彩香; 吉澤宏亮; 撹上将規; 山延健; 上原宏樹; 林直毅; 平岡牧; 青山光輝; 増永啓康, 第32回エラストマー討論会, 2021年11月, 2021年11月, 2021年11月, 日本語
  • 摩擦材の摩擦・摩耗挙動に及ぼす金属粉の粒径効果, 鈴木翔太; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健; 中島政哉; 長沼拓; 松本益幸; 園部哲也, トライボロジー会議2021秋, 2021年10月28日, 2021年10月27日, 2021年10月29日, 日本語
  • ポリアルキルメタクリレートのポリマー表面への吸着が摩擦低減に及ぼす効果, 樋口敦也; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健; 大沼田靖之; 田川一生, トライボロジー会議2021秋, 2021年10月28日, 2021年10月27日, 2021年10月29日, 日本語
  • ポリビニルアルコールを用いた繊維状炭化ホウ素の創製, 依田雄介; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健, 日本セラミックス協会第37回関東支部研究発表会, 2021年10月28日, 2021年10月27日, 2021年10月29日, 日本語
  • π共役超分子の昇温過程における相転移挙動と冷却結晶化条件が結晶多型に及ぼす効果, 比田井友紀; 西條早紀; 林和宏; 滋賀県立大; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健; 鈴木一正; 加藤真一郎; 青山光輝; 増永啓康, 熱測定オンライン討論会2020, 2021年10月27日, 2021年10月27日, 2021年10月29日, 日本語
  • 高分子鎖の絡み合い制御による繊維・膜の高性能化・高機能化, 上原宏樹, 第95回日本化学会東北支部青森地区講演会, 2021年10月21日, 2021年10月21日, 2021年10月21日, 日本語
  • 多孔質ガラスに担持した金属触媒を用いたエチレン重合, 奈良﨑萌花; 竹内大介; 増野敦信; 小倉沙代子; 原澤椋己; 髙澤彩香; 撹上将規; 山延健; 上原宏樹, 第70回高分子討論会, 2021年09月07日, 2021年09月06日, 2021年09月08日, 日本語
  • NHC銀錯体を用いたエチレンの重合, 木村なな子; 竹内大介; 小倉沙代子; 髙澤彩香; 撹上将規; 山延健; 上原宏樹, 第70回高分子討論会, 2021年09月07日, 2021年09月06日, 2021年09月08日, 日本語
  • In-situ X線/パルスNMR測定の融合による高分子材料の変形過程における構造変化の解析, 撹上将規; 髙澤彩香; 山延健; 上原宏樹, 第70回高分子討論会, 2021年09月07日, 2021年09月06日, 2021年09月08日, 日本語
  • π共役超分子の昇温及び降温過程における分子運動性の解析, 比田井友紀; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健; 鈴木一正; 加藤真一郎, 第70回高分子討論会, 2021年09月07日, 2021年09月06日, 2021年09月08日, 日本語
  • ポリアルキルメタクリレートを添加した潤滑油が高分子材料のトライボロジーに与える効果, 樋口敦也; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健; 大沼田靖之; 田川一生, 第70回高分子討論会, 2021年09月07日, 2021年09月06日, 2021年09月08日, 日本語
  • 周期的な配向/緩和操作による超高分子量ポリエチレンの溶融延伸性, 大森健太; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健, 第70回高分子討論会, 2021年09月07日, 2021年09月06日, 2021年09月08日, 日本語
  • 高分子鎖の絡み合いを利用した高次構造制御, 上原宏樹; 撹上将規, 第70回高分子討論会, 2021年09月07日, 2021年09月06日, 2021年09月08日, 日本語
  • パルスNMR計測技術を用いたポリエチレン重合パウダーの構造解析, 上原宏樹; 撹上将規, 第70回高分子討論会, 2021年09月07日, 2021年09月06日, 2021年09月08日, 日本語
  • シクロデキストリン添加によるスチレンスルホン酸系ゲルの構造物性変化, 荒井菜々; 撹上将規; 米山賢; 上原宏樹; 山延健; 永井大介; 佐々木麻衣子; 高橋圭子; 尾添真治, 第 37 回 シクロデキストリンシンポジウムプログラム, 2021年09月02日, 2021年09月02日, 2021年09月03日, 日本語
  • 分子を引き延ばして強い繊維をつくる, 上原宏樹, 2021年度群馬大学科学技術振興財団ワンポイントセミナー, 2021年08月27日, 2021年08月27日, 2021年08月27日, 日本語
  • 液晶性ポリウレタンの延伸/昇温過程における構造変化およびイオン導入効果, 上村茜; 撹上将規; 山延健; 上原宏樹; 氏家誠司; 青山光輝; 増永啓康, プラスチック成形加工学会第32回年次大会, 2021年06月16日, 2021年06月17日, 日本語
  • 超高分子量ポリエチレン繊維の構造形成における延伸条件の影響, 横地優香; 高澤彩香; 大森健太; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健, プラスチック成形加工学会第32回年次大会, 2021年06月16日, 2021年06月17日, 日本語
  • 溶融二軸延伸技術による超高分子量ポリエチレン薄膜の作製と構造・物性解析, 原澤椋己; 和久井瑛登; 島袋航; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健, プラスチック成形加工学会第32回年次大会, 2021年06月16日, 2021年06月17日, 日本語
  • バイモーダルな分子量分布を有する超高分子量ポリエチレンの溶融延伸における分子量効果, 髙澤彩香; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健; 清水由惟; 大西拓也; 若林保武; 稲富敬; 阿部成彦, 2021年度繊維学会年次大会, 2021年06月09日, 2021年06月11日, 日本語
  • 直鎖状低密度ポリエチレン延伸フィルムの伸縮動作に及ぼすタイ分子の役割, 髙澤彩香; 吉澤宏亮; 撹上将規; 山延健; 上原宏樹; 青山光輝; 増永啓康; 林直毅; 平岡牧, 2021年度繊維学会年次大会, 2021年06月09日, 2021年06月11日, 日本語
  • 超高分子量ポリエチレン繊維の構造形成に及ぼす延伸条件の影響, 横地優香; 高澤彩香; 大森健太; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健, 2021年度繊維学会年次大会, 2021年06月09日, 2021年06月11日, 日本語
  • 溶融二軸延伸による超高分子量ポリエチレン薄膜の作製と物性評価, 原澤椋己; 和久井瑛登; 島袋航; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健, 2021年度繊維学会年次大会, 2021年06月09日, 2021年06月11日, 日本語
  • 乾式紡糸による炭化ホウ素繊維の作製, 本道玲; 依田雄介; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健, 2021年度繊維学会年次大会, 2021年06月09日, 2021年06月11日, 日本語
  • SPMナノスクラッチ試験により評価したポリエチレンフィルムの表面変形特性, 八木敦史; 樋口敦也; 鈴木翔太; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健, 2021年度繊維学会年次大会, 2021年06月09日, 2021年06月11日, 日本語
  • 超高分子量ポリエチレン延伸フィルムへの圧縮による単斜晶および中間相の生成挙動の調査, 小倉沙代子; 鶴貝巧; 比田井友紀; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健, 2021年度繊維学会年次大会, 2021年06月09日, 2021年06月11日, 日本語
  • ポリスチレンスルホン酸系ゲルの構造物性変化, 荒井菜々; 永井大介; 撹上将規; 米山賢; 上原宏樹; 山延健, 2021年度繊維学会年次大会, 2021年06月09日, 2021年06月11日, 日本語
  • ガラスに担持した金属触媒によるエチレンの重合, 奈良﨑萌花; 竹内大介; 増野敦信; 小倉沙代子; 原澤椋己; 髙澤彩香; 撹上将規; 山延健; 上原宏樹, 第70回高分子学会年次大会, 2021年05月26日, 2021年05月28日, 日本語
  • NHC銀錯体を用いたエチレンの重合, 木村なな子; 竹内大介; 小倉沙代子; 髙澤彩香; 撹上将規; 山延健; 上原宏樹, 第70回高分子学会年次大会, 2021年05月26日, 2021年05月28日, 日本語
  • ポリビニルアルコールを原料とした炭化ホウ素繊維の作製, 本道玲; 依田雄介; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健, 第70回高分子学会年次大会, 2021年05月26日, 2021年05月28日, 日本語
  • ポリエチレンフィルムの表面変形特性における結晶緩和の影響, 八木敦史; 樋口敦也; 鈴木翔太; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健, 2021年05月26日, 2021年05月28日, 日本語
  • 超高分子量ポリエチレン延伸フィルムへの圧縮による単斜晶および中間相の生成, 小倉沙代子; 鶴貝巧; 比田井友紀; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健, 第70回高分子学会年次大会, 2021年05月26日, 2021年05月28日, 日本語
  • ポリスチレンスルホン酸系ゲルの構造物性の解析, 荒井菜々; 永井大介; 撹上将規; 米山賢; 上原宏樹; 山延健, 第70回高分子学会年次大会, 2021年05月26日, 2021年05月28日, 日本語
  • バイモーダルな分子量分布を有する超高分子量ポリエチレンの溶融延伸特性, 髙澤彩香; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健; 清水由惟; 大西拓也; 若林保武; 稲富敬; 阿部成彦, 第70回高分子学会年次大会, 2021年05月26日, 2021年05月28日, 日本語
  • スチレンブタジエンゴムの耐候性に与えるひずみ印加の影響, 狩野真貴子; 飯塚智則; 伊東寛文; 樋口敦也; 撹上将規; 山延健; 上原宏樹, 日本ゴム協会2021年年次大会, 2021年05月20日, 2021年05月21日, 日本語
  • 超高分子量ポリエチレン原料パウダー種が溶融延伸に与える影響, 渡邊希; 撹上将規; 山延健; 上原宏樹, 第2回北関東地区講演会(高分子学会関東支部), 2021年03月05日, 日本語
  • ポリビニルアルコール繊維の延伸過程の構造変化, 須田裕斗; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健; 津村佳弘, 第2回北関東地区講演会(高分子学会関東支部), 2021年03月05日, 日本語
  • 新規含6員環ポリオレフィンの延伸及び昇温過程における変形挙動のin-situ解析, 周藤康介; 太田皓介; 撹上将規; 山延健; 上原宏樹; 竹内大介, 第2回北関東地区講演会(高分子学会関東支部), 2021年03月05日, 日本語
  • ポリプロピレン・プレス成形フィルムの構造解析と物性評価, 西條早紀; 撹上将規; 山延健; 上原宏樹; 陳平凡; 小林豊, 第2回北関東地区講演会(高分子学会関東支部), 2021年03月05日, 日本語
  • イオン性ポリウレタンの構造および物性評価, 上村茜; 撹上将規; 山延健; 上原宏樹; 氏家誠司; 青山光輝; 増永啓康, 第2回北関東地区講演会(高分子学会関東支部), 2021年03月05日, 日本語
  • ポリビニルアルコールフィルムの一軸延伸過程における構造変化, 新田紗也花; 撹上将規; 上原宏樹; 山延健, 第2回北関東地区講演会(高分子学会関東支部), 2021年03月05日, 日本語
  • In-situパルスNMR測定による結晶性高分子の構造解析, 上原宏樹, 第59回NMR討論会・チュートリアル, 2020年11月17日, 2020年11月17日, 2020年11月17日, 日本語

産業財産権

  • 特許権, 多孔フィルムの製造方法, 永井 雅之; 上原 宏樹; 山延 健; 坂村 拓映, 特願2014-096234, 2014年05月07日, 三菱エンジニアリングプラスチックス㈱・国立大学法人群馬大学, 特開2015-214598, 2015年12月03日, 特許6351358, 2018年06月15日, 三菱エンジニアリングプラスチックス㈱・国立大学法人群馬大学
  • 特許権, 二軸延伸ポリプロピレンフィルムおよびその製造方法, 渡邊 敦夫; 佐藤 恵美; 山延 健; 上原 宏樹, 特願2015-080943, 2015年04月10日, 三井化学東セロ㈱・国立大学法人群馬大学, 特開2016-199686, 2016年12月01日, 特許6553927, 2019年07月12日, 2019年07月12日, 三井化学東セロ㈱・国立大学法人群馬大学
  • 特許権, 二軸延伸機, 上原 宏樹; 山延 健; 上野 雅彦, JP2017039436, 2017年10月31日, 国立大学法人群馬大学, WO2018-088280, 2018年05月17日, 特許736306, 2022年03月07日, 国立大学法人群馬大学
  • 特許権, ポリエチレン製フィルムの製造方法, 超高分子量ポリエチレン樹脂組成物及びそれから得られる成形体, 上原 宏樹; 山延 健; 東宮 大貴, 特願2018-088901, 2018年05月02日, 特開2019-193997, 2019年11月07日, -, 国立大学法人群馬大学
  • 特許権, ガス分離体及びその製造方法, 永井 雅之; 上原 宏樹; 山延 健; 坂村 拓映, 特願2014-096233, 2014年05月07日, 三菱エンジニアリングプラスチックス㈱・国立大学法人群馬大学, 特開2015-213850, 2015年12月03日, 特許第6262596号, 2017年12月22日, 三菱エンジニアリングプラスチックス㈱・国立大学法人群馬大学
  • 特許権, ポリエチレン製多孔質膜の製造方法およびポリエチレン製多孔質膜, 上原 宏樹; 山延 健; 田中 秀和, 特願2014-532925, 2013年08月16日, 国立大学法人群馬大学, 特許第6146781号, 2017年05月26日, 国立大学法人群馬大学
  • 特許権, 超高分子量ポリエチレン製多孔化膜の製造方法, 上原 宏樹; 山延 健, 特願2012-531948, 2011年08月31日, 国立大学法人群馬大学, 特許第5979375号, 2016年08月05日, 国立大学法人群馬大学
  • 特許権, ポリ乳酸ステレオコンプレックス結晶の製造方法、ポリ乳酸、その成形体、合成繊維、多孔体およびイオン伝導体, 上原 宏樹; 山延 健; 唐木 由佑, 特願2011-530842, 2010年09月07日, 国立大学法人群馬大学, 特許第5721141号, 2015年04月03日, 国立大学法人群馬大学
  • 特許権, ポリ乳酸微粒子の製造方法、ポリ乳酸微粒子、並びにこれを用いた結晶核剤、成形体、及び表面改質剤, 上原 宏樹; 山延 健, 特願2012-514770, 2011年04月28日, 国立大学法人群馬大学, 特許第5652831号, 2014年11月28日, 国立大学法人群馬大学
  • 特許権, ポリテトラフルオロエチレン延伸フィルムの製造方法およびポリテトラフルオロエチレン延伸フィルム, 上原 宏樹; 山延 健; 湯川 裕正; 松岡 康彦, 特願2010-189636, 2010年08月26日, 旭硝子株式会社・国立大学法人群馬大学, 特開2012-045812, 2012年03月08日, 特許第5633793号, 2014年10月24日, 旭硝子株式会社・国立大学法人群馬大学
  • 特許権, 超高分子量ポリエチレン製フィルムの製造方法, 上原 宏樹; 山延 健; 田村 拓也, 特願2011-502798, 2010年03月04日, 国立大学法人群馬大学, 特許第5614746号, 2014年09月19日, 国立大学法人群馬大学
  • 特許権, ポリテトラフルオロエチレン延伸フィルムの製造方法およびポリテトラフルオロエチレン延伸フィルム, 上原 宏樹; 山延 健; 荒瀬 友貴; 樋口 義明; 湯川 裕正; 深澤 寧司, 特願2009-047223, 2009年02月27日, 旭硝子株式会社・国立大学法人群馬大学, 特開2010-201649, 2010年09月16日, 特許第5544505号, 2014年05月23日, 旭硝子株式会社・国立大学法人群馬大学
  • 特許権, ポリテトラメチル−p−シルフェニレンシロキサンの延伸フィルムの製造法, 上原 宏樹; 山延 健; 秋山 映一, 特願2009-105644, 2009年04月23日, 財団法人相模中央化学研究所・国立大学法人群馬大学, 特開2010-253774, 2010年11月11日, 特許第5376510号, 2013年10月04日, 財団法人相模中央化学研究所・国立大学法人群馬大学
  • 特許権, 釣糸の製造方法, 白川 雅一; 上原 宏樹, 特願2005-235049, 2005年08月12日, 特開2006-075158, 2006年03月23日, 特許第5116223号, 2012年10月26日
  • 特許権, 釣糸, 白川 雅一; 上原 宏樹, 特願2005-235050, 2005年08月12日, 特開2006-075159, 2006年03月23日, 特許第5105724号, 2012年10月12日
  • 特許権, イオン伝導膜, 上原 宏樹; 中島 毅彦; 松田 雅敏, 特願2007-091969, 2007年03月30日, トヨタ自動車株式会社・国立大学法人群馬大学, 特開2008-248116, 2008年10月16日, 特許第4582592号, 2010年09月10日, トヨタ自動車株式会社・国立大学法人群馬大学
  • 特許権, ポリエチレン樹脂成形体の製造方法およびこの方法により得られた成形体, 上原 宏樹; 鶴田 明治, 特願2002-155278, 2002年05月29日, 特開2003-340856, 2003年12月02日, 特許第4204259号, 2008年10月24日
  • 特許権, 高強度繊維、及び高強度繊維の製造方法, 上原 宏樹; 山延 健, 特願2017-152744, 2017年08月07日, 国立大学法人群馬大学, 特開2019-031755, 2019年02月28日, 特許7014354, 2022年01月24日, 国立大学法人群馬大学
  • 特許権, 複合膜、複合膜の製造方法、ストレッチャブル電子デバイス及びストレッチャブル電子デバイスの製造方法, 上原 宏樹; 山延 健, 特願2016-095638, 2016年05月11日, 国立大学法人群馬大学, 特開2016-210188, 2016年12月15日, 特許6667807, 2020年02月28日, 国立大学法人群馬大学
  • 特許権, 熱可塑性樹脂の真空成形方法及びその装置, 上原 宏樹; 幸 勝彦, 特願2005-163404, 2005年06月03日, 国立大学法人群馬大学, 特開2006-334959, 2006年12月14日, -, 国立大学法人群馬大学
  • 特許権, 超高分子量ポリエチレン樹脂組成物およびそれから得られる成形体, 竹山 英伸; 上原 宏樹; 撹上 将規, 特願2004-133798, 2004年04月28日, 特開2005-314544, 2005年11月10日, -
  • 特許権, 超高分子量ポリエチレン延伸成形体, 竹山 英伸; 上原 宏樹; 撹上 将規, 特願2004-132028, 2004年04月27日, 特開2005-313391, 2005年11月10日, -
  • 特許権, ポリエチレン製成形体及びその製造方法, 上原 宏樹; 吉田 良太, 特願2002-273841, 2002年09月19日, 特開2003-165155, 2003年06月10日, -
  • 特許権, ポリエチレン製成形体, 上原 宏樹; 青池 卓; 横山 大輔, 特願2002-081819, 2002年03月22日, 特開2002-363299, 2002年12月18日, -
  • 特許権, フッ素樹脂延伸成形体の製造方法, 金元 哲夫; 遠藤 了慶; 上原 宏樹, 特願平9-148500, 1997年05月23日, 特開平10-323890, 1998年12月08日, -

受賞

  • 平成10年度・高分子研究奨励賞(上原宏樹), 高分子重合パウダーの構造と物性に関する研究, 高分子学会, 1999年05月
  • 第14回(平成22年度)横山科学技術賞(上原宏樹), 分子鎖絡み合い・異方性の制御による汎用性高分子材料の高性能化, 群馬大学理工学部, 2010年11月
  • 第42回市村学術賞・貢献賞(上原宏樹), インプロセス計測技術による高分子材料の高性能化・高機能化, 新技術開発財団, 2010年04月
  • 2014年度クリタ水・環境科学研究優秀賞(上原宏樹), 有機溶媒を用いない環境低負荷型プロセスによる高性能ナノポーラス膜の創製, クリタ水・環境科学振興財団, 2014年08月
  • 第43回(平成28年度)繊維学会賞(上原宏樹), 溶融延伸による高性能繊維・膜の創製, 繊維学会, 2017年06月
  • 平成29年度・高分子学会三菱化学賞(上原宏樹), 結晶/非晶の相構造制御による高機能膜の開発, 高分子学会, 2017年09月
  • Selected in Top 10 article downloads in April 2007, Selected in Top 10 article downloads in April 2007, Effects of Knot Characteristics on Tensile Breaking for Polymeric Monofilament, Effects of Knot Characteristics on Tensile Breaking for Polymeric Monofilament, Institute of Physics, England, Institute of Physics, England, 2007年04月
  • Front cover article, Front cover article, Phase Development Mechanism during Drawing from Highly Entangled Polyethylene Melts, Phase Development Mechanism during Drawing from Highly Entangled Polyethylene Melts, Macromolecular Rapid Communications, Macromolecular Rapid Communications, 2006年06月
  • The most-accessed articles from the second quarter of 2006 from Macromolecules, Nano-Porous Polyethylene Film Prepared from Bicontinuous Crystalline/Amorphous Structure of Block Copolymer Precursor, American Chemical Society, 2006年07月
  • Front cover article, Highly Transparent and Robust Poly(tetrafluoroethylene) Membrane Prepared by Biaxial Melt-Drawing, Macromolecular Materials and Engineering (Wiley-VCH), 2014年06月
  • Front cover article, Nanowrinkled and Nanorporous Polyethylene Membrane via Entanglement Arrangement Control, Advanced Functional Materials (Wiley-VCH), 2012年05月24日
  • Inside front cover article, Nanoporous Membranes Prepared from Homogeneous Lamellar Structure Developed via Biaxial Melt-Drawing of Ultra-High Molecular Weight Polyethylene / Normal Molecular Weight Polyethylene Blend Films, Macromolecular Materials and Engineering (Wiley-VCH), 2021年08月

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • タイ分子制御による高出力繊維アクチュエーターの創製, 上原 宏樹, 日本学術振興会, Japan Society for the Promotion of Science, 科学研究費助成事業 新学術領域研究(研究領域提案型), Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research on Innovative Areas (Research in a proposed research area), 新学術領域研究(研究領域提案型), Grant-in-Aid for Scientific Research on Innovative Areas (Research in a proposed research area), 群馬大学, Gunma University, 2021年04月, 2023年03月, 研究代表者, 21H00320
  • 高分子合成技術と超延伸技術の融合によるスーパー・メンブレンの創製と応用展開, 上原 宏樹; 竹内 大介, 日本学術振興会, Japan Society for the Promotion of Science, 科学研究費助成事業 基盤研究(A), Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (A), 基盤研究(A), Grant-in-Aid for Scientific Research (A), 群馬大学, Gunma University, 2020年04月, 2025年03月, 20H00386
  • 高分子鎖の絡み合いと架橋の相違性を利用した高伸縮・高強度材料の創製とデバイス応用, 上原 宏樹; 山延 健, 日本学術振興会, Japan Society for the Promotion of Science, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (B), 基盤研究(B), Grant-in-Aid for Scientific Research (B), 群馬大学, Gunma University, 2017年04月, 2021年03月, 超高分子量樹脂を溶融状態から延伸すると、分子鎖「絡み合い」が応力を伝達して配向化するとともに、解きほぐしが起こって伸びきり結晶化するため、高強度繊維や膜が得られる。一方、シリコーン樹脂等のエラストマー材料も応力を伝達する「架橋」点を有するが、これは延伸しても解消されず、収縮して延伸前の状態に戻る。本研究では、これら分子鎖絡み合いと架橋の相違性を利用することにより、低荷重では柔らかくて数倍まで伸び縮みでき、かつ、それ以上の歪みでは高荷重に耐えられる高伸縮・高強度材料を創製する。さらに、これに電子配線や回路を組み込むことにより、伸縮しても性能が変わらず、かつ、繰り返し使用が可能なストレッチャブル・デバイスを開発し、生体計測分野やロボット分野等に応用することを目指した。 高い溶融粘度を有する超高分子量ポリエチレン(UHMW-PE)を用いて原反フィルムを調製し、さらに、この上に架橋シリコーンを被覆した。UHMW-PEの溶融延伸においては、分子鎖絡み合いが応力を伝達して均一変形する。同様に、非晶性のエラストマー層でも架橋によって均一変形するため、両層は一体となって延伸された。しかしながら、絡み合いは延伸過程で解きほぐされるのに対して、架橋は残存するため、その違いが歪み解放後の収縮率の差となって現れてアコーディオン構造が形成された。この際、シリコーン架橋とUHMW-PEの配向結晶化を同時進行させて、製膜工程の簡略化と生産性向上を図った。具体的には、UHMW-PEフィルム表面に上記の未架橋シリコーン/架橋剤の混合ペーストを均一塗布後、150℃に昇温して架橋と延伸を一度で行った。この際、一軸延伸のみならず(、二軸延伸も試みる。また、UHMW-PE層/シリコーン層の厚み・比率・層数(表裏の両面をUHMW-PE層でサンドイッチする3層構造等)や延伸比を変えて製膜を行い、これを冷却後、歪み開放によってアコーディオン構造膜を得た。, 17H03109
  • 延伸技術と撚糸技術の融合による超高強度繊維の創製, 上原宏樹, キャノン財団, 第6回「産業基盤の創生」研究助成, 群馬大学, 2015年04月, 2017年03月, 研究代表者
  • 溶融延伸による分子鎖絡み合いの完全解きほぐしと超高強度繊維・膜の創製, Ultimate Disentanglement Induced by Melt-Drawing and Resultant Development of High-Strength Fibers and Membranes, 上原 宏樹; 山延 健, Uehara Hiroki, 日本学術振興会, Japan Society for the Promotion of Science, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (B), 基盤研究(B), Grant-in-Aid for Scientific Research (B), 群馬大学, Gunma University, 2014年04月, 2017年03月, 超高分子量ポリエチレン(UHMW-PE)は分子鎖絡み合いを多く含み、それが応力を伝達することにより、溶融状態からでも延伸が可能である。一軸方向に溶融延伸を行うと、絡み合いの解きほぐしが起こって伸び切り鎖結晶が形成され、引き続く冷却過程で折りたたみ鎖結晶が生成する。本研究では、分子量が同じで分子量分布が異なるUHMW-PEを対象として、異なる条件で溶融二軸延伸を行い、その延伸挙動から絡み合い特性を考察するとともに、得られた溶融二軸延伸膜の多重配向の起源を探った。また、溶融二軸延伸膜の高強度化や多孔処理による機能化も検討した。, Ultra-high molecular weight polyethylene (UHMW-PE) contains a huge amount of entanglements. Such molecular entanglements can transmit the applied stress, thus drawing from the molten state is possible for UHMW-PE. When the melt-drawing is uniaxially induced, the desirable extended-chain crystals are firstly formed, and conventional folded-chain crystals are subsequently formed during cooling after melt-drawing. In this study, a series of UHMW-PE having different MWs were biaxially melt-drawn under various conditions. Observed drawing behaviors were compared each other, and entanglement characteristics were discussed. Unique structures and properties of such biaxially melt-drawn membranes were analyzed. Nano-pore formation from the biaxially melt-drawn membranes was achieved by combination of melt-shrinking and biaxial redrawing in the solid state., 26288098
  • 高分子鎖の絡み合いを基点とした高次構造形成と機能発現, Structural Formation and Functionality Expression Originated by Polymeric Molecular Entanglements, 上原 宏樹, UEHARA Hiroki, 日本学術振興会, Japan Society for the Promotion of Science, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (B), 基盤研究(B), Grant-in-Aid for Scientific Research (B), 群馬大学, Gunma University, 2011年04月, 2014年03月, 本研究では、分子鎖絡み合いを多く含む超高分子量ポリエチレン(UHMW-PE)を対象として、これを溶融延伸する過程における「分子鎖絡み合いの位置分布」をインプロセス計測によって評価し、冷却結晶化に際して「分子鎖絡み合いを基点とした構造形成」が起こるかを検証した。また、この成形法により得られるナノ規則構造の機能発現についても検討を行った。さらに、このナノ規則構造膜に対して、結晶/非晶間の物理的剥離によるナノポーラス化処理を行ったところ、有機溶媒を一切用いることなく、ナノメートル・レベルの連通細孔がネットワーク上に広がったナノポーラス膜を得ることに成功した。, In this study, we successfully prepared the nanowrinkled PE membranes with network of 30nm-thickness homogeneous lamellae using a novel entanglement control technique composed of biaxial melt-drawing and melt-shrinking procedures, which were limited for highly entangled ultra-high molecular weight materials. Such a network arrangement of nanowrinkled lamellae spreading not only on membrane surface but also across membrane thickness improves the mechanical properties of both tensile strength and tearing strength. Subsequent cold-drawing causes delamination of the lamellar interfaces, leading to the resultant nanoporous morphology composed of passing-through channels several tens of nanometers in diameter without any solvent processing., 23350109
  • 結晶相/非晶相・ナノ共連続構造の三次元規則配列化による次世代型高分子電解質膜の創製と燃料電池システムへの実装研究, 上原宏樹, 新エネルギー・産業技術総合開発機構, 産業技術研究助成, 群馬大学, 2009年07月, 2013年06月, 研究代表者
  • ケイ素系高分子の相転移を利用したシリコーン材料の多孔化/高透湿性義肢装具への応用, 上原 宏樹, JST産学共同シーズイノベーション事業, 顕在化ステージ, 群馬大学, 2008年07月, 2009年06月, 研究代表者, 競争的資金
  • ブロック共重合体ナノポーラス構造のサイズ制御と機能化による医用材料への展開, Pore-Size Control and Fictionalization of Nanoporous Membrane Prepared from Block Copolymer Precursor for Medical Device Materials, 上原 宏樹, UEHARA Hiroki, 日本学術振興会, Japan Society for the Promotion of Science, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (B), 基盤研究(B), Grant-in-Aid for Scientific Research (B), 群馬大学, Gunma University, 2007年, 2009年, ポリエチレン/ポリスチレン・ジブロック共重合体の結晶化フィルムに様々な時間でエッチング処理を施してナノポーラス膜を調製したところ、エッチング時間の経過に伴い細孔モルフォロジーが明瞭化していることが走査プローブ顕微鏡像から確認された。そこで、細孔サイズを定量的に比較するために、観察像から断面プロファイルを切り出し、細孔サイズ分布を見積もった。平均細孔サイズはエッチング時間とともに増加していることがわかった。これらエッチング膜に加えて、エッチング処理を施していない結晶化フィルム(細孔サイズ0nm)を用いてヒト肝ガン細胞Hep G2の増殖実験を行った。その結果、どの膜上でも細胞の増殖が認められた。また、細胞培養1週間培養後とトリプシンを用いた細胞分離処理後の膜の様子を比較したところ、ナノポーラス膜では細胞分離処理後でも細胞が膜表面に残存していることがわかった。そこで、回収した細胞数を計測したところ、細孔サイズの増大に従い、回収細胞数が減少していることが確認された。これは、ナノポーラス膜では細胞の持つ仮足が膜表面の細孔内部にまで入り込むことで強固に接着していることを示唆していた。, Nanoporous membranes with different pore dimensions were prepared from a series of polyethylene (PE)/polystyrene (PS) diblock copolymer films by acid etching under various conditions. Scanning probe microscope (SPM) observation indicated that the pore morphology was emphasized by elongation of etching time with elimination of amorphous PS phase. However, further etching destructs the PE crystalline phase which supports the network geometry of nanoporous membrane. For quantitative analyses of pore morphology, pore size distribution was evaluable by the height profiles extracted from a series of the scanning probe microscope images. The pore size was controllable by acid treatment conditions. Their biological applications were examined by cell proliferation tests using Hep G2 cells. Cell proliferation was confirmed for all membranes prepared in this study. However, membranes exhibiting typical nanoporous morphologies gave the lower numbers of cells after cell removal treatment by trypsin addition and centrifugation, compared to those for un-etched membrane having smooth surface. These results indicate the robust attachment between cell and membrane surface for the former membrane., 19350107
  • ゼロエミッションを目指したバイオマス由来プラスチック高性能化技術の開発, 澤井大輔; 上原宏樹, 新エネルギー・産業技術総合開発機構, 産業技術研究助成, 2005年07月, 2008年06月, 研究分担者
  • 高分子材料のテーラー・メード成形加工を目指したシンクロトロン放射光X線回折及び多核磁気共鳴/イメージングによるインプロセス計測技術の開発, 上原 宏樹, 新エネルギー・産業技術総合開発機構, 産業技術研究助成, 群馬大学, 2004年07月, 2009年06月, 研究代表者, 競争的資金
  • 高分子融体からの変形によって誘起された一時通過型結晶化のシンクロトロン放射光解析, 上原 宏樹, 日本学術振興会, Japan Society for the Promotion of Science, 科学研究費助成事業 若手研究(B), Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Young Scientists (B), 若手研究(B), Grant-in-Aid for Young Scientists (B), 群馬大学, Gunma University, 2004年, 2005年, 鎖状化合物であるアルカンを溶融状態から結晶化させると、極めて短い時間スケールでは、不安定相への一時通過的な結晶化が起こることが報告されている。これに対して、同じメチレン連鎖で構成されていても、鎖長が長くなってポリエチレンとなると、分子鎖の一部が結晶化前駆体を形成することが示唆されているものの、それらが結晶相と断定できるほどには集合しないので、安定相への結晶化途中で不安定相を通過するかについては、あいまいなままである。 配向ポリエチレン試料を末端固定下で昇温すると、150℃以上で斜方晶から六方晶を通過して溶融に至ることはすでに知られていた。この六方晶型は、高温高圧で安定相となる「伸び切り鎖結晶」の結晶型と同じである。したがって、溶融ポリエチレンに分子配向を導入すれば、六方晶を通過して、斜方晶へと結晶化すると考えられるが、溶融状態では分子運動性が高いために、一旦分子配向が導入されてもすぐに緩和してしまう。そこで、我々は分子量の極めて大きい、すなわち、緩和時間の時間スケールが変形速度よりも充分に大きい状態で引張り変形を行うことよって、溶融状態であっても配向状態を維持することを試みた。シンクロトロン放射光を用いたその場X線回折測定を行った結果、ポリエチレン融体からの結晶化においても、変形を与えることによってアルカン同様の一時通過型の結晶化が起こることを確認した。, 16750181
  • 高分子結晶化のリアルタイム解析法に関する研究, Development of Real-Time Analysis Method for Polymer Crystallization, 山延 健; 上原 宏樹; 甲本 忠史, YAMANOBE Takeshi; UEHARA Hiroki; KOMOTO Tadashi, 日本学術振興会, Japan Society for the Promotion of Science, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C), 基盤研究(C), Grant-in-Aid for Scientific Research (C), 群馬大学, Gunma University, 2001年, 2003年, 研究分担者, 高分子材料の結晶化は学問的観点からのみならず、材料の成形加工、製品化において材料の構造、物性を決定する重要な因子である。これまでは結晶化の挙動は各結晶化時間、温度における状態を低温に急冷することによりその結晶化挙動を検討されてきた。本研究ではパルスNMRを用いることにより結晶化挙動をリアルタイムに観測、測定し実際に生じている結晶化挙動を解析する手法を開発することが目的である。 まず、材料の基となる重合直後の重合パウダーについてその構造と熱処理による結晶化について解析を行った。アソタクチックポリプレン(i-PP)重合パウダーは著しく結晶化度が低いことが明らかになった。パルスNMRにより温度可変リアルタイム測定を行った結果、重合パウダーの結晶部の運動性が温度上昇に伴って急激に上昇することが明らかになった。TEM観察の結果、等温結晶化試料、急冷試料などには通常観察される球晶またはラメラが観察されたが重合パウダーではラメラに相当するような結晶部は観察されず、重合パウダーでは結晶部は非常に小さく房状ミセルに近い状態にある結論した。 ポリブチレンナフタレート(PBN)は非等温晶結晶化において温度降下速度に依存して生じる結晶の結晶形が変化することが知られている。この結晶機構を解明するためにパルスNMRによるリアルタイム測定を行った。その結果、PBNの非等温結晶化においてはナフタレン同志の相互作用が非常に強いため、280℃位の高温を長時間維持することによってはじめて熱履歴を消去することが出きることが明らかになった。そして、融液状態の運動性の高い成分がβ型結晶を成長させるのに重要な成分であることも明らかにした。 ポリエチレンの応力下の斜方晶から単斜晶への結晶相転移について転移機構の解析を行った。単斜晶の生成は延伸試料に応力を延伸方向に垂直にかけることにより、すなわち分子鎖に垂直に応力をかけることにより効率的に生成することが明らかになった。また、温度上昇に伴い主鎖のα緩和の開始と共に単斜晶から斜方晶への転移が活発に生じることが確認された。 これらの結果より本解析手法の意義と重要性が十分立証された。, Crystallization of polymers is one of the most important factors for the physical properties of the polymeric material from the point of views of not only the scientic interest but also the processing of material. So far, the behavior of crystallization has been studied for the sample by quenching the material which was crystallized under a certain condition. The purpose of this study is to develop the real-time analysis method for polymer crystallization. The polymers are produced by the polymerization of monomers as a nascent powder. From the DSC measurements, it has revealed that the crystallinity of the nascent powder of isotactic polypropylene (iPP) is very low compared with the pelletized, melt quenched and melt crystallized iPPs. The peak ratio between the crystalline and amorphous peaks of the nascent iPP for solid state ^<13>C CPMAS NMR at 100℃ is different from those of the pelletized, melt quenched and melt crystallized samples. And also the peak ratio for the nascent powder is changed with time at 100℃. From the real-time pulse NMR measurements it is revealed that the mobility of the crystalline phase of the nascent iPP is drastically activated with temperature. Tem micrographs indicate the absence of the lammelae which are usually observed for iPP samples. From these results, it is concluded that the crystalline phase of the nascent iPP is too small to form lammelae and the activation of mobility for amorphous phase simultaneously activate the crystalline phase. Poly(butylene naphthalate) (PBN) form A and B form dependent on the rate of decreasing temperature. Real-time measurements of non-isothermal crystallization behavior for PBN are carried out. When the temperature is lowered at it 1℃/min, two components are observed for T_2, long and short T_2s. T_2 decreases with temperature drastically. While T_2 does not change at about 280-270℃, when the temperature is decreased at 0.1℃ /min. The ratio of long T_2 increased drastically at 280-270℃. From the real-time measurements, it is concluded that the long time retention of the sample at high temperature induces the nucleation of B form. It is, therefore, concluded that our real-time analysis is of great importance and promising for the analysis of crystallization mechanisms of polymers., 13650946
  • ペレタイズ・レス技術を用いた高分子重合パウダーからの直接成形法の開発, 上原 宏樹, 新エネルギー・産業技術総合開発機構, 産業科学技術研究開発制度, 群馬大学, 2000年12月, 2003年03月, 研究代表者, 競争的資金
  • ポリオレフィン重合体のフィルム・シートへの直接成形, 上原 宏樹, 日本学術振興会, Japan Society for the Promotion of Science, 科学研究費助成事業 奨励研究(A), Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Encouragement of Young Scientists (A), 奨励研究(A), Grant-in-Aid for Encouragement of Young Scientists (A), 群馬大学, Gunma University, 2000年, 2001年, 近年、従来のチーグラー系触媒とは異なるメタロセン系触媒で重合された高密度ポリエチレン(HDPE)樹脂(分子量数万から十数万)が市販されるようになってきた。これは、メタロセン系HDPEが均一分子組成で構成されることに起因して、優れた機械物性を有する成形品が得られることに由来する。しかしながら、高機械物性であることの裏返しとして、従来型のチーグラー系HDPEに比べて溶融粘度が高く、混練成形した場合の加工性が劣ることが工業的に問題となっている。そこで、我々の直接ロール成形法をこのメタロセンHDPE重合パウダーにも適用し、融点以下において重合パウダーを溶融させない状態でフィルム成形を行った。その結果、メタロセン系HDPE重合パウダーにおいても、成形条件を選択することによって従来型のチーグラー系HDPEと同程度の均一フィルムを作成することができた。また、このようにして成形したフィルムの物性は、原料となる重合パウダー構造に依存し、メタロセン系重合パウダーではパウダー間の密着性がチーグラー系重合パウダーに比べて高いために、成形速度を速くしても優れた(市販の混練り成形品を超える)機械強度を示すフィルムを得ることができた。 また、今年度はポリエチレン以外の汎用性ポリオレフィン重合パウダーについても、直接成形と配向処理による成形フィルムの高性能化を試みた。具体的には、テーラー・メードで合成したポリプロピレン重合パウダーの提供を受け、これを直接フィルム成形し、さらに引張り延伸を行った。その結果、弾性率15GPa、破断強度0.3GPaの機械物性を有するポリプロピレン・フィルムを成形することができた。この値は市販ポリプロピレン・フィルムのそれを超える値であり、本方法が簡略化された製造プロセスであることを考慮すると、本方法を工業的に採用した場合の省エネルギー効果は極めて高いと期待される。, 12750790
  • キラルオレフィンの不斉選択重合による液晶性を示す光学活性ポリオレフィンの創製, 竹内大介; 上原宏樹, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), 基盤研究(B), 群馬大学, 2022年04月, 2026年03月, 研究分担者, 22H02126

学術貢献活動

  • 繊維学会運営委員, 学会・研究会等, 繊維学会, 2019年04月01日, 9999年, 繊維学会
  • 日本熱測定学会委員, 学会・研究会等, 日本熱測定学会, 2019年04月01日, 2021年03月31日, 日本熱測定学会
  • 繊維学会理事, 学会・研究会等, 繊維学会, 2018年04月01日, 9999年, 繊維学会
  • 繊維学会・関東支部委員, 学会・研究会等, 繊維学会・関東支部, 2016年07月01日, 2018年06月30日, 繊維学会・関東支部
  • 三菱ケミカル賞選考委員, 学会・研究会等, 高分子学会, 2018年04月01日, 2020年03月31日, 高分子学会
  • 群馬栃木地区代表幹事, 学会・研究会等, 高分子学会関東支部, 2016年04月01日, 2018年03月31日, 群馬大学桐生キャンパス
  • 繊維材料研究会運営委員, 学会・研究会等, 高分子学会, 2003年04月01日, 2006年03月31日, 高分子学会
  • 第3回産学官連携交流会(第115回複合材料懇話会), 学会・研究会等, 上原宏樹, 2021年03月15日, 2021年03月15日, 群馬大学桐生キャンパス
  • Sメンブレンプロジェクト第1回ミーティング(第112回複合材料懇話会), 学会・研究会等, 上原宏樹, 2019年06月14日, 2019年06月14日, 群馬大学桐生キャンパス
  • 技術開発と人材育成に関する交流会, 大会・シンポジウム等, 群馬大学Sメンブレン・プロジェクト, 2020年01月08日, 2020年01月08日, 桐生市市民文化会館
  • Sメンブレン・プロジェクト・シーズ発表会, 大会・シンポジウム等, 上原宏樹, 2019年03月13日, 2019年03月13日, 群馬大学伊香保保養所
  • 群馬先端材料シンポジウム2019, 大会・シンポジウム等, 群馬大学「 Sメンブレン・プロジェクト」, 2019年03月19日, 2019年03月19日, 群大同窓会記念館
  • Sメンブレンプロジェクト第2回若手教員交流会, 群馬大学Sメンブレンプロジェクト, 2022年03月14日, 2022年03月14日
  • 大会・シンポジウム等, 上原宏樹, 2018年01月17日, 2018年01月18日
  • 繊維学会・令和3年度年次大会, 学会・研究会等, 繊維学会, 2021年06月09日, 2021年06月11日
  • 第70回高分子討論会, 学会・研究会等, 高分子学会, 2021年09月08日, 2021年09月10日, リモート開催
  • 第31回ポリマー材料フォーラム, 学会・研究会等, 高分子学会, 2022年11月15日, 2022年11月16日, リモート開催
  • 第4回高分子学会関東支部北関東地区講演会, 学会・研究会等, 上原宏樹, 2022年03月07日, 2022年03月07日, リモート開催
  • 第118回複合材料懇話会, 学会・研究会等, 上原宏樹, 2022年06月17日, 2022年06月17日, オンライン開催
  • 第117回複合材料懇話会, 学会・研究会等, 上原宏樹, 2022年01月21日, 2022年01月21日, オンライン開催
  • 第116回複合材料懇話会, 学会・研究会等, 上原宏樹, 2021年12月03日, 2021年12月03日, オンライン開催
  • 第29回ポリマー材料フォーラム, 学会・研究会等, 高分子学会, 2020年11月26日, 2020年11月27日, タワーホール船堀
  • 学会・研究会等, 上原宏樹, 2019年09月06日, 2019年09月06日
  • 繊維学会・平成30年度年次大会, 学会・研究会等, 繊維学会, 2018年06月13日, 2018年06月15日, タワーホール船堀
  • 第66回高分子学会年次大会, 学会・研究会等, 高分子学会, 2017年05月29日, 2017年05月31日, 幕張メッセ
  • 第1回高分子学会関東支部北関東地区講演会, 学会・研究会等, 上原宏樹, 2019年03月11日, 2019年03月11日, 群馬大学桐生キャンパス
  • 第33回高分子学会関東支部群馬・栃木地区講演会, 学会・研究会等, 上原宏樹, 2018年03月09日, 2018年03月09日, 群馬大学桐生キャンパス
  • 第32回高分子学会関東支部群馬・栃木地区講演会, 学会・研究会等, 上原宏樹, 2017年03月07日, 2017年03月07日, 群馬大学桐生キャンパス
  • 繊維学会・平成28年度年次大会, 学会・研究会等, 繊維学会, 2016年06月08日, 2016年06月10日, タワーホール船堀
  • 繊維学会・夏季セミナー, 学会・研究会等, 繊維学会, 2005年09月07日, 2005年09月09日, 湯沢ニューオータニ
  • 学会・研究会等, 日本ゴム協会, 2016年10月24日, 2016年10月28日
  • 北関東地区代表幹事, 学会・研究会等, 高分子学会関東支部, 2018年04月01日, 2022年03月31日, 群馬大学桐生キャンパス
  • 繊維学会企画委員, 学会・研究会等, 繊維学会, 2019年04月01日, 9999年, 繊維学会

社会貢献活動情報

社会貢献活動

  • 高分子膜のナノ細孔化とその医用材料への応用, 高崎女子高校, 高崎女子高校, 2008年07月09日, 2008年07月09日, 高崎女子高校
  • 第2回人材育成交流会, 群馬大学Sメンブレンプロジェクト, 群馬大学Sメンブレン・プロジェクト, 2022年01月21日, 2022年01月21日, リモート開催, 講演会(対象:大学生, 大学院生)
  • 第1回人材育成交流会, 群馬大学Sメンブレンプロジェクト, 群馬大学Sメンブレン・プロジェクト, 2020年01月07日, 2020年01月08日(対象:大学生, 大学院生)
  • ナノテクノロジーを用いた医用・福祉材料の開発, 前橋西高校, 前橋西高校, 2013年07月13日, 2013年07月13日, 前橋西高校
  • 群馬大学工学部案内と研究紹介, 沼田女子高校, 沼田女子高校, 2012年07月04日, 2012年07月04日, 沼田女子高校
  • ナノテクノロジーを用いた医用・福祉材料の開発, 前橋東高校, 前橋東高校, 2011年11月09日, 2011年11月09日, 前橋東高校
  • ナノテクノロジーを用いた医用・福祉材料の開発, 上田染谷岡高校, 上田染谷岡高校, 2013年07月30日, 2013年07月30日, 上田染谷岡高校
  • ナノテクノロジーを用いた医用・福祉材料の開発, 静岡市立高校, 静岡市立高校, 2013年10月31日, 2013年10月31日, 静岡市立高校
  • 結び目の科学-釣り糸とDNA-, 秋田県立湯沢高校, 秋田県立湯沢高校, 2017年09月13日, 2017年09月13日, 秋田県立湯沢高校
  • ナノテクノロジーを用いた医用・福祉材料の開発, 県央明和高校, 県央明和高校, 2014年07月23日, 2014年07月23日, 県央明和高校
  • 社会に貢献する高分子材料の開発, 静岡理工大附属・星陵高校, 静岡理工大附属・星陵高校, 2016年06月22日, 2016年06月22日, 静岡理工大附属・星陵高校
  • 結び目の科学-釣り糸とDNA-, 秋田県立湯沢高校, 秋田県立湯沢高校, 2018年09月12日, 2018年09月12日, 秋田県立湯沢高校
  • 結び目の科学-釣り糸とDNA-, 茨城県立下館第一高校, 茨城県立下館第一高校, 2018年09月19日, 2018年09月19日, 茨城県立下館第一高校
  • 高校生見学会、群馬大学桐生キャンパス, 高校生見学会、群馬大学桐生キャンパス, 高校生見学会、群馬大学桐生キャンパス, 2018年11月08日, 2018年11月08日, 群馬大学桐生キャンパス
  • 理工学は楽しい!群馬大学理工学部の紹介, 大学進学セミナー高崎会場 2019「大学説明会」, 大学進学セミナー高崎会場 2019「大学説明会」, 2019年05月25日, 2019年05月25日, ビエント高崎
  • 結び目の科学-釣り糸とDNA-, 埼玉県立東松山高校, 埼玉県立東松山高校, 2019年10月31日, 2019年10月31日, 埼玉県立東松山高校
  • 結び目の科学-釣り糸とDNA-, 秋田県立湯沢高校, 秋田県立湯沢高校, 2021年09月15日, 2021年09月15日, リモート開催
  • 結び目の科学-釣り糸とDNA-, 宮城県立宮城工業高校, 宮城県立宮城工業高校, 2022年03月16日, 2022年03月16日, リモート開催

メディア報道

  • 膜・2次元材料とデバイス応用に関する国際会議, 本人以外, 桐生タイムス(第1面), 2018年01月18日, 桐生タイムス(第1面), 新聞・雑誌
  • 桐生発の高強度繊維を, 本人以外, 桐生タイムス第1面, 2016年10月26日, 桐生タイムス第1面, 新聞・雑誌
  • 溶融延伸技術による高分子薄膜および多孔質膜の製造方法, 本人以外, 科学技術振興機構報 第936号, 2013年03月04日, 科学技術振興機構報 第936号, 会誌・広報誌
  • 溶媒を用いない超高分子量ポリエチレン薄膜・微多孔膜の製造方法, 本人, 第61回高分子学会年次大会・記者発表, 2012年05月16日, 第61回高分子学会年次大会・記者発表, 新聞・雑誌
  • NEDOの事業化戦略-1- =先導的産業技術創出事業(若手グラント)=, 本人以外, 週刊 科学新聞(第1面), 2011年05月20日, 週刊 科学新聞(第1面), 新聞・雑誌
  • 群馬大 超高分子量PE薄膜化, 本人以外, 化学工業日報(第1面), 2010年07月20日, 化学工業日報(第1面)
  • 産業技術研究助成事業の助成研究者が第42回市村学術賞を受賞, 本人, 独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構・国立大学法人群馬大学, NEDOプレスリリース, 2010年04月05日, NEDOプレスリリース, 新聞・雑誌
  • 産業技術研究助成事業の助成研究者が第42回市村学術賞を受賞, 本人以外, 独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構・国立大学法人群馬大学, BTJアカデミック, 2010年04月16日, BTJアカデミック, インターネットメディア
  • SPring-8利用者が第42回市村学術賞を受賞, 本人, 高輝度光科学研究センター, SPring-8プレスリリース, 2010年04月28日, SPring-8プレスリリース, 新聞・雑誌
  • SPring-8 Flash:第42回市村学術賞 貢献賞, 本人, 高輝度光科学研究センター, SPring-8 NEWS No.51, 2010年40月28日, SPring-8 NEWS No.51, 新聞・雑誌
  • 最近のSPring-8 関係功績の受賞(第42回(平成22年)市村学術賞・貢献賞), 本人以外, 高輝度光科学研究センター, SPring-8利用者情報Vol.15 No.3 AUGUST 2010, 2010年08月30日, SPring-8利用者情報Vol.15 No.3 AUGUST 2010, 会誌・広報誌
  • 群馬大学 無溶剤で超高分子量PE微多孔膜を作成, 本人以外, 化学工業日報(第2面), 2012年05月24日, 化学工業日報(第2面)
  • 上原教授に繊維学会賞, 本人以外, 桐生タイムス第1面, 2017年06月02日, 桐生タイムス第1面, 新聞・雑誌


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.