研究者データベース

片山 佳代子
カタヤマ カヨコ
情報学部
准教授
Last Updated :2023/01/27

研究者基本情報

研究者

  • 氏名

    片山 佳代子, カタヤマ カヨコ

所属

  • 情報学部, 准教授

基本情報

  • 研究者氏名(日本語)

    片山, 佳代子
  • 研究者氏名(カナ)

    カタヤマ, カヨコ
  • アバター

    https://researchmap.jp/kkatayama_11/avatar.jpg

論文上での記載著者名

  • 片山佳代子
  • Katayama K
  • Kayoko Katayama

所属

  • 群馬大学, 情報学部, 准教授
  • 神奈川県立がんセンター臨床研究所, がん教育ユニット, 招聘研究員, ユニット長

所属部局等

  • 所属情報

    群馬大学
  • 職名情報

    准教授

学位

  • 博士(医学)号

所属学協会

  • 日本疫学会, 2007年, 9999年, 8010年
  • 日本癌治療学会, 2019年, 9999年, 7130年
  • 日本公衆衛生学会, 2004年, 9999年, 1011年10月50日
  • 日本がん登録協議会, 2010年, 9999年

経歴

  • 2021年04月, 9999年, 群馬大学, 情報学部, 准教授
  • 2013年04月, 2021年03月, 神奈川県立がんセンター 臨床研究所, がん予防・情報学部, 主任研究員
  • 2010年04月, 2013年03月, 神奈川県立がんセンター 臨床研究所, がん予防・情報学部, 特別研究員

研究活動情報

研究分野

  • ライフサイエンス, 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない
  • ライフサイエンス, 医療管理学、医療系社会学
  • 人文・社会, 教育工学

研究キーワード

  • ビッグデータ
  • がん疫学
  • 健康行動科学
  • 予防医学

論文

  • 諸外国でのがん登録データの地理情報の利用事例とわが国の全国がん登録の諸問題, 片野田耕太,伊藤秀美,伊藤ゆり,片山佳代子,西野善一,筒井杏奈,十川佳代 ,田中宏和,大野ゆう子,中谷友樹
  • The Effect of a Learning Partner Model-Based Program on Spreading Cancer Prevention Knowledge Using Community Health Volunteers in Japan, Suketomo Yako-Hiroko, Asae Oura, Katayama K, Saito K, Ohashi K, Navarro AM., 2022年12月, J Prim Care Community Health, 研究論文(学術雑誌)
  • 質的分析に基づいたテキストマイニングによるがん電話相談からの主訴の抽出と可視化, 石川大介、片山佳代子., 2022年08月22日, 医療情報学, 42, 2, 47, 59, 研究論文(学術雑誌)
  • The Effect of a Learning Partner ModelBased Program on Spreading Cancer Prevention Knowledge Using Community Health Volunteers in Japan, Suketomo YH, Oira A, Katayama K, Saito K, Ohashi K, Navarro AM., 2022年06月14日, Journal of Primary Care & Community Health, Open Access pages (https://us.sagepub.com/en-us/nam/open-access-at-sage., 研究論文(学術雑誌)
  • The Chasm We Must Cross in Japan for Re-promotion of the HPV Vaccine, Yutaka Ueda; Kayoko Katayama; Asami Yagi; Tadashi Kimura, 2021年07月, Cancer Prevention Research, 14, 7, 683, 686, 研究論文(学術雑誌)
  • ピア・エデュケーションによる子宮頸がん教育, 片山佳代子, 2021年06月, 「思春期学」Vol.39 No.2, 39, 2, 223, 227, 研究論文(学術雑誌)
  • Clinicopathological and molecular characteristics of endometrial neuroendocrine carcinomas reveal preexisting endometrial carcinoma origin, Kyoko Ono; Rika Kasajima; Kayoko Katayama; Yohei Miyagi; Tomoyuki Yokose, 2021年05月20日, Pathology International, 研究論文(学術雑誌)
  • Validity of claims-based algorithms for selected cancers in Japan: Results from the VALIDATE-J study., Cynthia de Luise; Naonobu Sugiyama; Toshitaka Morishima; Takakazu Higuchi; Kayoko Katayama; Sho Nakamura; Haoqian Chen; Edward Nonnenmacher; Ryota Hase; Sadao Jinno; Mitsuyo Kinjo; Daisuke Suzuki; Yoshiya Tanaka; Soko Setoguchi, 2021年05月04日, Pharmacoepidemiology & Drug Safety
  • Impact of individual background on the unmet needs of cancer survivors and caregivers – a mixed-methods analysis, Kaname Watanabe; Kayoko Katayama; Takashi Yoshioka; Hiroto Narimatsu, 2020年12月, BMC Cancer, 20, 1, 263, 研究論文(学術雑誌)
  • Tissue surface area and tumor cell count affect the success rate of the Oncomine Dx Target Test in the analysis of biopsy tissue samples, Daiji Nemoto; Tomoyuki Yokose; Kayoko Katayama; Shuji Murakami; Terufumi Kato; Haruhiro Saito; Masaki Suzuki; Daisuke Eriguchi; Joji Samejima; Takuya Nagashima; Hiroyuki Ito; Kouzo Yamada; Haruhiko Nakayama; Munetaka Masuda, 2020年11月13日, Thoracic Cancer, 194, 200, 研究論文(学術雑誌)
  • Future Patient Incidence in Hemato-Oncology: A Study Using Data from Cancer Registries in Japan

    , Hiroto Narimatsu; Masahiko Sakaguchi; Sho Nakamura; Kayoko Katayama, 2020年11月, Risk Management and Healthcare Policy, Volume 13, 2407, 2414, 研究論文(学術雑誌)
  • Qualitative analysis of cancer telephone consultations: Differences in the counseling needs of Japanese men and women, Kayoko Katayama; Daisuke Ishikawa; Yohei Miyagi; Shoji Takemiya; Naoyuki Okamoto; Asao Ogawa, 2020年05月, Patient Education and Counseling, 103, 12, 2555, 2564, 研究論文(学術雑誌)
  • Comparative effectiveness of surgery and radiotherapy for survival of clinically localized prostate cancer patients: A population-based coarsened exact matching retrospective cohort study, Masato Yasui; Masahiko Sakaguchi; Ryousuke Jikuya; Sohgo Tsutsumi; Tomoyuki Tatenuma; Go Noguchi; Susumu Umemoto; Kayoko Katayama; Hiroto Narimatsu; Hiroji Ueumura; Takeshi Kishida, 2019年12月07日, Oncol Lett, 2020 Nov;20, 5, 150, 156
  • Efficacy of Platinum-Based Adjuvant Chemotherapy on Prognosis of Pathological Stage II/III Lung Adenocarcinoma based on EGFR Mutation Status: A Propensity Score Matching Analysis., Isaka T; Ito H; Nakayama H; Yokose T; Katayama K; Yamada K; Masuda M, 2019年10月, Molecular diagnosis & therapy, Molecular diagnosis & therapy, 23, 5, 657, 665, 研究論文(学術雑誌)
  • 北海道と神奈川県における乳がんの罹患数の将来推計と医療施設及び医療従事者の配置の検討, 齊藤真美; 松田美香; 髙橋將人; 片山佳代子; 阪口昌彦; 田中里奈; 松坂方士, 2019年, JACR Monograph, 24, 24, 35
  • Children's Knowledge of Cancer Prevention and Perceptions of Cancer Patients: Comparison Before and After Cancer Education with the Presence of Visiting Lecturer -Guided Class., Yako-Suketomo H; Katanoda K; Kawamura Y; Katayama K; Yuasa M; Horinouchi H; Saito K, 2018年08月, Journal of cancer education : the official journal of the American Association for Cancer Education, Journal of cancer education : the official journal of the American Association for Cancer Education
  • 前立腺がん患者におけるアミノインデックスがんリスクスクリーニング(AICS(前立腺))の術前後変化の検討, 蓼沼 知之; 片山 佳代子; 軸屋 良介; 橋爪 章仁; 安井 将人; 水野 伸彦; 梅本 晋; 村岡 研太郎; 河合 正記; 三浦 猛; 山本 浩史; 池田 温子; 菊池 信矢; 四方 菜穂子; 岸田 健, 2018年06月, 人間ドック, 人間ドック, 33, 1, 35, 42
  • Perioperative dynamics and significance of plasma-free amino acid profiles in colorectal cancer, Kayoko Katayama; Akio Higuchi; Hiroshi Yamamoto; Atsuko Ikeda; Shinya Kikuchi; Manabu Shiozawa, 2018年02月21日, BMC Surgery, 18, 1, 11, 研究論文(学術雑誌)
  • 保育者における抑うつに関連する要因 北海道における横断研究(Factors related to depression among childcare worker: Cross-sectional study in Hokkaido, Japan), 大浦 麻絵; 鈴村 美和; 山本 道代; 助友 裕子; 片山 佳代子; 時沢 亜佐子; 佐藤 知世; 森 満, 2017年12月, 札幌医学雑誌, 札幌医学雑誌, 86, 1-6, 25, 32
  • Effect of genomics-related literacy on non-communicable diseases, Sho Nakamura; Hiroto Narimatsu; Kayoko Katayama; Ri Sho; Takashi Yoshioka; Akira Fukao; Takamasa Kayama, 2017年09月, JOURNAL OF HUMAN GENETICS, 62, 9, 839, 846, 研究論文(学術雑誌)
  • Does the histologic predominance of pathological stage IA lung adenocarcinoma influence the extent of resection?, Hiroyuki Ito; Haruhiko Nakayama; Shuji Murakami; Tomoyuki Yokose; Kayoko Katayama; Yoshihiro Miyata; Morihito Okada, 2017年09月, General thoracic and cardiovascular surgery, 65, 9, 512, 518, 研究論文(学術雑誌)
  • Short- and long-term complications and the impact on quality of life after cervical conization by harmonic scalpel, Megumi Furugori; Mikiko Asai-Sato; Kayoko Katayama; Fumiki Hirahara; Etsuko Miyagi, 2017年04月, JOURNAL OF OBSTETRICS AND GYNAECOLOGY RESEARCH, 43, 4, 749, 757, 研究論文(学術雑誌)
  • Platinum-Based Adjuvant Chemotherapy for Stage II and Stage III Squamous Cell Carcinoma of the Lung, Tetsuya Isaka; Haruhiko Nakayama; Tomoyuki Yokose; Hiroyuki Ito; Kayoko Katayama; Kouzo Yamada; Munetaka Masuda, 2017年, ANNALS OF THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY, 23, 1, 19, 25, 研究論文(学術雑誌)
  • Epidermal Growth Factor Receptor Mutations and Prognosis in Pathologic N1-N2 Pulmonary Adenocarcinoma, Tetsuya Isaka; Haruhiko Nakayama; Tomoyuki Yokose; Hiroyuki Ito; Yohei Miyagi; Tomohiko Matsuzaki; Masashi Nagata; Hideyuki Furumoto; Teppei Nishii; Kayoko Katayama; Kouzo Yamada; Munetaka Masuda, 2016年12月, ANNALS OF THORACIC SURGERY, 102, 6, 1821, 1828, 研究論文(学術雑誌)
  • A preoperative risk-scoring system to predict lymph node metastasis in endometrial cancer and stratify patients for lymphadenectomy, Kazuaki Imai; Hisamori Kato; Kayoko Katayama; Kazuho Nakanishi; Aiko Kawano; Ayaka Iura; Katsuyuki Konnai; Ryo Onose; Fumiki Hirahara; Etsuko Miyagi, 2016年08月, GYNECOLOGIC ONCOLOGY, 142, 2, 273, 277, 研究論文(学術雑誌)
  • Prediction of Female Breast Cancer Incidence among the Aging Society in Kanagawa, Japan, Kayoko Katayama; Hiroto Narimatsu, 2016年08月, PLOS ONE, 11, 8, e0159913, 研究論文(学術雑誌)
  • Correlations Between the EGFR Mutation Status and Clinicopathological Features of Clinical Stage I Lung Adenocarcinoma, Tetsuya Isaka; Tomoyuki Yokose; Hiroyuki Ito; Masashi Nagata; Hideyuki Furumoto; Teppei Nishii; Kayoko Katayama; Kouzo Yamada; Haruhiko Nakayama; Munetaka Masuda, 2015年10月, MEDICINE, 94, 42, e1784, 研究論文(学術雑誌)
  • Increasing trends in cervical cancer mortality among young Japanese women below the age of 50 years: An analysis using the kanagawa population-based cancer registry, 1975-2012, Yoko Motoki; Shunsaku Mizushima; Masataka Taguri; Kenzo Takahashi; Ryoko Asano; Hisamori Kato; Mikiko Asai-Sato; Kayoko Katayama; Naoyuki Okamoto; Fumiki Hirahara; Etsuko Miyagi, 2015年10月, CANCER EPIDEMIOLOGY, 39, 5, 700, 706, 研究論文(学術雑誌)
  • Systematic review and meta-analysis of histopathological predictive factors for lymph node metastasis in T1 colorectal cancer, Hiroo Wada; Manabu Shiozawa; Kayoko Katayama; Naoyuki Okamoto; Yohei Miyagi; Yasushi Rino; Munetaka Masuda; Makoto Akaike, 2015年07月, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 50, 7, 727, 734
  • Comprehensive Assessment of Cancer Patients' Concerns and the Association with Quality of Life, Minori Yokoo; Tatsuo Akechi; Tomoko Takayama; Atsuya Karato; Yuki Kikuuchi; Naoyuki Okamoto; Kayoko Katayama; Takako Nakanotani; Asao Ogawa, 2014年07月, JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 44, 7, 670, 676, 研究論文(学術雑誌)
  • Characteristics of Elderly Cancer Patients' Concerns and Their Quality of Life in Japan: A Web-based Survey, Takako Nakanotani; Tatsuo Akechi; Tomoko Takayama; Atsuya Karato; Yuki Kikuuchi; Naoyuki Okamoto; Kayoko Katayama; Minori Yokoo; Asao Ogawa, 2014年05月, JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY, 44, 5, 448, 455, 研究論文(学術雑誌)
  • Breast Cancer Clustering in Kanagawa, Japan: A Geographic Analysis, Kayoko Katayama; Kazuhito Yokoyama; Hiroko Yako-Suketomo; Naoyuki Okamoto; Toshiro Tango; Yutaka Inaba, 2014年, ASIAN PACIFIC JOURNAL OF CANCER PREVENTION, 15, 1, 455, 460, 研究論文(学術雑誌)
  • 部位別がん検診受診率と各種ボランティア活動行動者率の関連 がん検診受診率とソーシャル・キャピタルに関する検討, 助友 裕子; 片山 佳代子; 片野田 耕太; 稲葉 裕, 2013年07月, 民族衛生, 民族衛生, 79, 4, 87, 98
  • 都道府県別乳がん死亡率と教育系ファシリティとの関連 ソーシャル・キャピタルの視点から, 片山 佳代子; 助友 裕子; 黒沢 美智子; 横山 和仁; 岡本 直幸; 稲葉 裕, 2012年01月, 厚生の指標, 厚生の指標, 59, 1, 26, 34
  • 中国天津市在住の在宅高齢者における抑うつと身体的・心理的・社会的要因との関連, 片山 佳代子; 町田 和彦, 2012年01月, 民族衛生, 民族衛生, 78, 1, 3, 15
  • [Effect of lifestyle and health behavior on neutrophil function]., ライフスタイルおよび医療行動が好中球機能に及ぼす影響ー中国天津市在住高齢者のNBT還元試験による貪食; 活性酸素生産能による好中球機能評価, 2011年05月, Nihon eiseigaku zasshi. Japanese journal of hygiene, Nihon eiseigaku zasshi. Japanese journal of hygiene, 66, 3, 573, 581, 研究論文(学術雑誌)
  • 都道府県別合計特殊出生率,ボランティア活動行動者率,各種ファシリティの関連-少子化対策に配慮したまちづくりのあり方に関する一考察-, 助友裕子; 片山佳代子; 稲葉裕, 2010年, 厚生の指標 57(3):23-30
  • 都道府県別にみた3歳児健康診断受診率の地域格差に関する研究-教育ファシリティとの関連から-, 片山佳代子; 助友裕子; 稲葉裕, 2009年, 幼少児健康教育研究 15(1):67-72
  • 悲嘆緩和を目的とする某インターネットセルフヘルプグループの現状調査., 片山佳代子; 坂口早苗; 坂口武洋, 2006年06月, 日本公衆衛生学雑誌, [Nihon koshu eisei zasshi] Japanese journal of public health, 53, 6, 424, 431
  • 中国天津市在住高齢者の生活習慣と口腔状態の関連, Koyama Y; Machida K; Katayama K; Ogawa N; Ikehara S; Xia MQ; Liu CY; Machida K, 2006年01月, Nihon eiseigaku zasshi. Japanese journal of hygiene, Nihon eiseigaku zasshi. Japanese journal of hygiene, 61, 1, 53, 62, 研究論文(学術雑誌)
  • Impacts of physical,mental,and sosioeconomic factor on the outpatient medical care cost of the Chinese elderly:Health survey of the elderly living inTianjin, Kayoko Katayama; Chun-yYan Liu; Mu-Xia; Naoto Kawahara; Kazuhiko Machida, 2011年, Jpn Health Ecology, 77, 6, 227, 238, 研究論文(学術雑誌)
  • Clinicopathological and molecular characteristics of endometrial neuroendocrine carcinomas reveal preexisting endometrial carcinoma origin, Kyoko Ono; Rika Kasajima; Kayoko Katayama; Yohei Miyagi; Tomoyuki Yokose, 2021年05月20日, Pathology International, 研究論文(学術雑誌)
  • The Effect of a Learning Partner Model-Based Program on Spreading Cancer Prevention Knowledge Using Community Health Volunteers in Japan., Yako-Suketomo Hiroko;Oura Asae;Katayama Kayoko;Saito Kyohei;Ohashi Ken;Navarro Ana M, Journal of primary care & community health, Journal of primary care & community health, 13
  • 【児童期におけるがん教育の在り方と課題】ピア・エデュケーションによる子宮頸がん教育, 片山 佳代子, 2021年06月, 思春期学, 39, 2, 223

MISC

  • 大学生のヘルスリテラシーと がんの知識との関連(第7報)中国大学生による検討, 鈴木大介; 王鴻; 周思宇; 扇原淳; 助友裕子; 片山佳代子, 2019年10月, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 78
  • 大学生のヘルスリテラシーと がんの知識との関連(第6報)ピア教育の効果検証, 片山佳代子; 助友裕子; 扇原淳; 佐藤美紀子, 2019年10月, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 78
  • 大学生のヘルスリテラシーとがん知識との関連(第5報)ピア学生の養成プロセス, 助友裕子; 片山佳代子; 扇原淳; 佐藤美紀子, 2019年10月, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 78
  • 地域がん登録を使った局所前立腺癌の治療成績の検討, 安井 将人; 軸屋 良介; 堤 壮吾; 蓼沼 知之; 野口 剛; 梅本 晋; 阪口 昌彦; 片山 佳代子; 成松 宏人; 岸田 健, 2019年04月, 日本泌尿器科学会総会, 日本泌尿器科学会総会, 107回, OP, 101
  • がん教育の現状と課題(Vol.9)神奈川県のがん教育と今後の展開, 片山 佳代子, 2018年12月, 医学のあゆみ, 医学のあゆみ, 267, 11-12, 868, 870, 記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 大学生のヘルスリテラシーとがんの知識との関連(第2報) ピア教育開発過程, 助友 裕子; 片山 佳代子; 扇原 淳, 2018年10月, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 77回, 361, 361
  • 大学生のヘルスリテラシーとがんの知識との関連(第3報) 体育大学での調査研究, 片山 佳代子; 助友 裕子; 扇原 淳, 2018年10月, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 77回, 361, 361, 研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • 大学生のヘルスリテラシーとがんの知識との関連(第4報) 総合大学でのweb調査研究, 王 鴻; 周 思宇; 扇原 淳; 助友 裕子; 片山 佳代子, 2018年10月, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 77回, 361, 361
  • 子宮体がんの術前診断 子宮体がんにおけるリンパ節郭清の適応範囲を階層化する神奈川県立がんセンターの術前スコアリング, 今井 一章; 加藤 久盛; 片山 佳代子; 近内 勝幸; 小野瀬 亮; 宮城 悦子, 2018年06月, 日本婦人科腫瘍学会雑誌, 日本婦人科腫瘍学会雑誌, 36, 3, 532, 532
  • 【地域保健の新しい潮流と今後の課題】神奈川県のがん対策 がん対策推進計画第3期に向けて, 片山 佳代子, 2017年12月, 予防医学, 59, 25, 29, 記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 前立腺癌患者における血漿中アミノ酸濃度に基づくがん検査AICS(前立腺)の術前後変化, 蓼沼 知之; 軸屋 良介; 橋爪 章仁; 安井 将人; 水野 伸彦; 梅本 晋; 村岡 研太郎; 河合 正記; 岸田 健; 山本 浩史; 池田 温子; 菊池 伸矢; 四方 菜穂子; 片山 佳代子, 2017年10月, 日本癌治療学会学術集会抄録集, 日本癌治療学会学術集会抄録集, 55回, P68, 7
  • Learning Partner Modelによる健康情報普及の評価(第4報) 普及プログラムの評価, 助友 裕子; 片山 佳代子; 大浦 麻絵; 齊藤 恭平, 2017年10月, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 76回, 452, 452
  • Learning Partner Modelによる健康情報普及の評価(第5報) 千葉県市原市の取組み, 高澤 みどり; 片山 佳代子; 大浦 麻絵; 齊藤 恭平; 助友 裕子, 2017年10月, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 76回, 452, 452
  • Learning Partner Modelによる健康情報普及の評価(第6報) 茨城県北茨城市の取組み, 阿部 民子; 片山 佳代子; 大浦 麻絵; 齊藤 恭平; 助友 裕子, 2017年10月, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 76回, 452, 452
  • Learning Partner Modelによる健康情報普及の評価(第7報) 神奈川県小田原市の取組み, 林 万里; 片山 佳代子; 大浦 麻絵; 齊藤 恭平; 助友 裕子, 2017年10月, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 76回, 452, 452
  • 大学生のヘルスリテラシー(HLS-EU-Q47)とがんの知識および生活習慣との関連, 片山 佳代子; 扇原 淳; 助友 裕子, 2017年10月, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 76回, 457, 457
  • 北海道における保育士と介護職員の処遇と状況, 鈴村 美和; 大浦 麻絵; 助友 裕子; 片山 佳代子; 鈴村 滋生; 佐藤 知世; 菅原 誠, 2017年10月, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 76回, 683, 683
  • 地域がん登録を使った局所前立腺癌の治療成績の検討, 安井 将人; 軸屋 良助; 堤 壮吾; 蓼沼 知之; 梅本 晋; 阪口 昌彦; 片山 佳代子; 成松 宏人; 岸田 健, 2017年10月, 日本癌治療学会学術集会抄録集, 日本癌治療学会学術集会抄録集, 55回, P65, 6
  • がん関連スティグマに関する尺度の系統的レビュー, 竹内 恵美; 藤澤 大介; 土屋 雅子; 助友 裕子; 片山 佳代子; 宮脇 梨奈; 深町 花子; 井寺 奈美; 吉田 沙蘭; 高橋 都, 2017年10月, 日本サイコオンコロジー学会総会・日本臨床死生学会総会合同大会プログラム・抄録集, 日本サイコオンコロジー学会総会・日本臨床死生学会総会合同大会プログラム・抄録集, 30回・23回, 225, 225
  • 希少がんの死因分析, 中村 翔; 阪口 昌彦; 片山 佳代子; 成松 宏人, 2017年09月, 日本癌学会総会記事, 日本癌学会総会記事, 76回, P, 2384
  • Learning Partner Modelによる健康情報普及評価(第2報) 異なる伝達者による効果検証, 片山 佳代子; 助友 裕子, 2016年10月, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 75回, 392, 392
  • Learning Partner Modelによる健康情報普及の評価(第3報) 普及プログラムの検討, 助友 裕子; 片山 佳代子; 大浦 麻絵; 齊藤 恭平, 2016年10月, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 75回, 392, 392
  • 子宮体部癌肉腫における傍大動脈リンパ節郭清の意義, 今井 一章; 片山 佳代子; 中西 一歩; 川野 藍子; 井浦 文香; 近内 勝幸; 小野瀬 亮; 加藤 久盛; 宮城 悦子; 平原 史樹, 2016年06月, 日本婦人科腫瘍学会雑誌, 日本婦人科腫瘍学会雑誌, 34, 3, 437, 437
  • 血漿アミノ酸濃度に基づくがん検査AICSの大腸がん治癒切除患者での術前後変化, 片山 佳代子; 山本 浩史; 池田 温子; 菊池 信矢; 樋口 晃生; 金澤 周; 塩澤 学, 2016年05月, 日本衛生学雑誌, 日本衛生学雑誌, 71, Suppl., S216, S216
  • 初期卵巣癌における後腹膜リンパ節郭清はリンパ節再発を減らせるか, 中西 一歩; 今井 一章; 川野 藍子; 井浦 文香; 近内 勝幸; 小野瀬 亮; 加藤 久盛; 片山 佳代子, 2016年02月, 日本産科婦人科学会雑誌, 日本産科婦人科学会雑誌, 68, 2, 871, 871
  • 術前に類内膜腺癌G1と診断された子宮体癌の検討 up grade症例の傾向, 今井 一章; 片山 佳代子; 中西 一歩; 川野 藍子; 井浦 文香; 近内 勝幸; 小野瀬 亮; 加藤 久盛, 2016年02月, 日本産科婦人科学会雑誌, 日本産科婦人科学会雑誌, 68, 2, 889, 889
  • 神奈川県二次医療圏別にみた乳がん罹患の将来予測, 片山 佳代子; 夏井 佐代子; 成松 宏人, 2015年11月, JACR Monograph, JACR Monograph, 21, 183, 185, 速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)
  • 子宮体がん治療の個別化を目指して 当センターにおける子宮体癌リンパ節郭清の個別化の有効性 横浜市大症例と比較, 今井 一章; 加藤 久盛; 中西 一歩; 川野 藍子; 井浦 文香; 近内 勝幸; 小野瀬 亮; 片山 佳代子; 宮城 悦子; 平原 史樹, 2015年09月, 日本癌治療学会誌, 日本癌治療学会誌, 50, 3, 1090, 1090
  • 血漿アミノ酸濃度に基づくがん検査AICS(大腸)の大腸がん治癒切除患者での術前後変化, 塩澤 学; 山本 浩史; 池田 温子; 菊池 信矢; 樋口 晃生; 金澤 周; 片山 佳代子, 2015年09月, 日本癌治療学会誌, 日本癌治療学会誌, 50, 3, 1661, 1661
  • 当院における子宮頸癌広汎子宮全摘術後の後療法による予後について, 中西 一歩; 今井 一章; 飯田 哲士; 横田 奈朋; 近内 勝幸; 小野瀬 亮; 加藤 久盛; 片山 佳代子, 2015年02月, 日本産科婦人科学会雑誌, 日本産科婦人科学会雑誌, 67, 2, 832, 832
  • がん検診受診による乳がん発見者の地域集積性に関する研究, 片山 佳代子, 2014年11月, JACR Monograph, JACR Monograph, 20, 133, 134, 速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)
  • 学童を対象としたがん教育指導法の開発プロセス(第2報) がん授業の事前事後調査結果, 片山 佳代子; 助友 裕子; 河村 洋子; 片野田 耕太; 堀之内 秀仁; 湯浅 資之; 斉藤 恭平, 2014年10月, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 73回, 376, 376
  • 学童を対象としたがん教育指導法の開発プロセス(第3報) 教員へのインタビュー調査, 助友 裕子; 河村 洋子; 片山 佳代子; 片野田 耕太; 堀之内 秀仁; 湯浅 資之; 斉藤 恭平, 2014年10月, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 73回, 377, 377
  • 血漿中アミノ酸濃度に基づく新規がんスクリーニング検査AICSの大腸がん治癒切除患者術前後の変化, 塩澤 学; 片山 佳代子; 山本 浩史; 新原 温子; 樋口 晃生; 赤池 信, 2014年09月, 日本消化器病学会雑誌, 日本消化器病学会雑誌, 111, 臨増大会, A874, A874
  • がん教育が児童および保護者に与える知識および行動変容に関する研究(Cancer Education and changes in knowledge and behavior of children and their guardians), 片山 佳代子, 2014年09月, 日本癌学会総会記事, 日本癌学会総会記事, 73回, J, 2028
  • 【がんの予防医学】(III部)がんの三次予防 がんの三次予防としてのキャンサーサバイバー支援, 片山 佳代子, 2013年12月, 予防医学, 55, 123, 129, 記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • がん患者が自覚する悩みに対する包括的アセスメントおよびQOLとの関連, 横尾 実乃里; 明智 龍男; 高山 智子; 唐渡 敦也; 菊内 由貴; 岡本 直幸; 片山 佳代子; 中野谷 貴子; 小川 朝生, 2013年12月, 日本心療内科学会誌, 日本心療内科学会誌, 17, 別冊, 87, 87
  • 年齢別にみた乳がん罹患の地域集積性に関する研究, 片山 佳代子; 夏井 佐代子; 三上 春夫; 岡本 直幸, 2013年12月, JACR Monograph, JACR Monograph, 19, 160, 161, 速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)
  • ソーシャル・キャピタルの視点から健康を考える 乳がん死亡と社会経済的な繋がり, 片山 佳代子, 2013年10月, 日本乳癌検診学会誌, 日本乳癌検診学会誌, 22, 3, 523, 523
  • 神川県のがん将来予測と地域集積(Estimation of cancer incidence in the year 2050 in Kanagawa, Japan), 片山 佳代子; 高野 康雄, 2013年10月, 日本癌学会総会記事, 日本癌学会総会記事, 72回, 516, 517
  • がん患者の有症率・相談支援ニーズとバリアに関する多施設調査, 小川 朝生; 唐渡 敦也; 菊内 由貴; 岡本 直幸; 片山 佳代子; 高山 智子, 2013年06月, 日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集, 日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集, 18回, 351, 351
  • 乳がん罹患の地域集積性に関する研究 GISを利用した地域がん登録データの応用, 片山 佳代子; 助友 裕子; 稲葉 裕; 岡本 直幸, 2013年03月, 日本衛生学雑誌, 日本衛生学雑誌, 68, Suppl., S196, S196
  • 神奈川県内における男性胃がん罹患の地域集積性の検討, 片山 佳代子; 岡本 直幸, 2013年03月, JACR Monograph, JACR Monograph, 18, 34, 35, 速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)
  • がん患者の医学的フォローは何年後まで必要か?, 岡本 直幸; 片山 佳代子; 夏井 佐代子; 三上 春夫, 2013年03月, JACR Monograph, JACR Monograph, 18, 38, 40
  • 医食農同源の取組み 生活習慣病対策と食育(食事) がん予防と食事 疫学の視点から, 片山 佳代子, 2012年11月, 神奈川県公衆衛生学会誌, 神奈川県公衆衛生学会誌, 58, 9, 9, 講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)
  • がん患者の有症率・相談支援ニーズとバリアに関する多施設調査, 小川 朝生; 唐渡 敦也; 菊内 由貴; 岡本 直幸; 片山 佳代子; 高山 智子, 2012年10月, 日本癌治療学会誌, 日本癌治療学会誌, 47, 3, 2069, 2069
  • キャンサーサバイバー支援システムの構築に関する研究, 片山 佳代子; 岡本 直幸, 2012年10月, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 71回, 265, 265
  • 運動習慣の定着における保健師の役割について 教室参加者の運動に関する援助の考察, 藤村 志保; 斉藤 杉子; 片山 佳代子, 2012年10月, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 日本公衆衛生学会総会抄録集, 71回, 288, 288
  • 神奈川県における乳がん・胃がんの地域集積性の検討 がん登録データと空間疫学の応用(Consideration of Regional Clustering of Breast and Stomach Cancer in Kanagawa Prefecture), 片山 佳代子; 岡本 直幸, 2012年08月, 日本癌学会総会記事, 日本癌学会総会記事, 71回, 172, 172
  • 神奈川県内における乳がん罹患の地域集積性の検討, 片山 佳代子; 夏井 佐代子; 岡本 直幸, 2012年03月, JACR Monograph, JACR Monograph, 17, 51, 52, 研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • 乳がん罹患の地域集積性に関する研究 GISを利用した地域がん登録データの応用, 片山 佳代子; 助友 裕子; 稲葉 裕; 岡本 直幸, 2012年02月, 日本衛生学雑誌, 日本衛生学雑誌, 67, 2, 290, 290
  • 運動習慣の定着に向けて 教室参加者の運動に関する要素の分析, 内藤 智子; 斉藤 杉子; 増田 しのぶ; 安藤 悟; 岩元 佐代子; 渡部 弓子; 片山 佳代子, 2011年11月, 神奈川県公衆衛生学会誌, 神奈川県公衆衛生学会誌, 57, 32, 32, 研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • グラウンデッドセオリーアプローチによるがん電話相談分析(Analysis of Cancer telephone consultation by Grounded Theory Approach), 片山 佳代子; 岡本 直幸, 2011年09月, 日本癌学会総会記事, 日本癌学会総会記事, 70回, 186, 186
  • 都道府県別乳がん死亡率とソーシャルキャピタルの関連(2), 片山 佳代子; 助友 裕子; 黒沢 美智子; 横山 和仁; 岡本 直幸; 稲葉 裕, 2011年02月, 日本衛生学雑誌, 66, 2, 485, 485
  • 疾病・死亡・寿命の性差・地域格差に及ぼす環境・社会経済要因の影響に関する疫学的研究, 稲葉 裕; 黒沢 美智子; 池田 若葉; 助友 裕子; 片山 佳代子; 須曽 淳麿; 邱 冬梅; 王 徳文; 松下 裕子; 張 明姫; 王 美華; 松村 康弘; 片野田 耕太; 横山 和仁, 2010年10月, 順天堂医学, 56, 5, 494, 494, 研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • 女性のがん年齢調整死亡率に影響を与える社会経済的要因の分析(Analysis of social factors affecting the age-adjusted cancer death rate for women), 片山 佳代子; 岡本 直幸, 2010年08月, 日本癌学会総会記事, 日本癌学会総会記事, 69回, 302, 302
  • 学生を対象としたおやつ・お菓子と健康に関する研究, 片山 佳代子; 宮崎 満智; 横山 和仁; 稲葉 裕, 2010年04月, 日本衛生学雑誌, 65, 2, 289, 289
  • Depressive symptoms,social support and medical behavior among the chinese elderly, Kayoko Katayama; Meihua Wang; Yutaka Inaba; Kazuhiko Machida, 2007年, The 39th conference of Asia-Pacific academic consrtium for public Healrh, abstrct book, 研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • A study on relationship of pedometer-determined ambulatory activity to indicators of health among chinese elderly people, Meihua Wang; Kayoko Katayama; Kazuhko Machida; Yutaka inaba, 2007年, The 39thConference of Asia-Pacific Academic Consortium for Public Health, abstract book, 研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • 中国天津市在住高齢者の生活習慣、歯科保健と外来医療費との関連, 小山吉人; 片山佳代子; 小川奈美子; 溝口竜太; 池原賢代; 信太直人; 町田和彦, 2005年, 日本衛生学雑誌, 60, 2, 279
  • 中国地域高齢者の主観的健康感およびADLに関する要因, 池原賢代; 溝口竜太; 片山佳代子; 小川奈美子; 信太直己; 町田和彦, 2005年, 日本衛生学会, 60, 2, 279, 研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • 中国在住高齢者の生きがいと生活習慣病との関連, 小川奈美子; 片山佳代子; 池原賢代; 溝口竜太; 町田和彦, 2005年, 日本衛生学雑誌, 60, 2, 279
  • 中国公費受給者における保健行動と医療費との関連, 片山佳代子; 小川奈美子; 溝口竜太; 池原賢代; 小山吉人; 町田和彦, 2005年, 日本衛生学雑誌, 60, 2, 279
  • 健康感と身体機能および医療費との関係<中国天津における調査結果>, 信太直己; 片山佳代子; 池原賢代; 溝口立太; 岩井秀明; 町田和彦, 2004年, 日本公衆衛生学雑誌, 51, 10, 735
  • 神奈川学校保健研究会 一月定例会 「がん教育のこれまでと今後の展開」, 片山 佳代子, 2020年03月, 624, 記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)
  • 新春鼎談:これからのがん予防の課題と展望~がんとの共生社会ヘ向けて~, 片山 佳代子, 2018年01月, 健康かながわ, 598, 記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)
  • 神奈川県のがん教育のこれまでとこれから~実践編~, 片山 佳代子, 2017年08月, 健康かながわ, 616, 記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)
  • 神奈川県のがん統計 ~がん登録はがん対策の羅針盤~, 片山 佳代子, 2017年02月, 健康かながわ, 587, 記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)
  • 神奈川県におけるがん教育の成果と今後の展望, 片山 佳代子, 2015年08月, 健康かながわ, 記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)
  • がん教育に期待さえることとその効果-がんを教えるのではなくがんで教える-, 片山 佳代子, 2014年11月, 健康かながわ, 記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)
  • ピア・エデュケーションによる子宮頸がん教育, 片山佳代子, 2021年06月, 思春期学, 39, 2, 217, 223, 記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 大学生を対象としたPeer Educationによる子宮頸がん予防教育プログラムの開発とその評価, 片山佳代子, 2020年09月, 第39回日本思春期学会総会・学術集会ワークショップ3, 講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)
  • がん教育の実践, 片山佳代子, 2020年09月, 神奈川学校保健会主催講習会講演(健康かながわ), 講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)
  • 相談支援に生かそう!がん電話相談の解析からみえてきた男女別アンメットニーズ, 片山佳代子, 2020年06月, 神奈川県がん患者連合団体主催オンライン交流会講演, 講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)
  • 子どもたちに伝えたいがんの知識とは, 片山佳代子, 2020年03月, 第2回神奈川県がん患者連合団体主催 神奈川県におけるがん教育外部講師研修会, 講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)
  • 学校におけるがん教育, 片山佳代子, 2020年01月, 横須賀市学校保健会校長部主催k講演, 講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)
  • 全国がん登録から考える日本のがんの現状と対策~神奈川県からの報告, 片山佳代子, 2019年10月, 第78回日本公衆衛生学会総会 公募型シンポジウム22, 講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)
  • がん電話相談から見えたがんサバイバーの性差とアンメットニーズ, 片山佳代子, 2019年09月, がん患者学会2019 講演集, 講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)
  • 生活習慣とがん予防~がん登録からわかること~, 片山佳代子, 2018年09月, 平成30年度藤沢市保健所主催生活習慣予防講演会, 講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)
  • 始まった希少がん対策~がん登録で浮き彫りになるその実態~, 片山佳代子, 2017年11月, 日本医師会&日本がん登録協議会共催シンポジウム抄録, 講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)
  • ヘルスプロモーション活動におけるLearning Partner Model –日本とアメリカの実践に学ぶー, 片山佳代子, 2017年08月, 健康社会学研究会特別セミナー, 講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)
  • 健康の格差とソーシャル・キャピタル, 片山佳代子, 2014年08月, 高知県社会福祉協議会, 講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)
  • がんサバイバーシップ~生きがいある人生のために~, 片山佳代子, 2013年10月, 北陸高度がんプロチーム養成講座
  • 病気と心 ~ハピネスコミュニケーションで健康になろう~, 片山佳代子, 2013年10月, 横浜市青葉区保健活動推進員全体研修会講演, 講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)
  • 地域でのターミナルがん患者の療養を考える, 片山佳代子, 2012年12月, 神奈川県医療保健福祉従事者研修会 講演, 講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)

書籍等出版物

  • (特集)がん患者の統計分析 「がん登録デ―タを使った高齢化に伴う地域の罹患予測:APCモデルと単年モデル」, 単著, 片山佳代子, 公益財団法人 統計情報研究開発センター, 2022年05月, 66, 2-10, 学術書, ISBN: 1343-5647

講演・口頭発表等

  • Development and Validation of a Peer Education Program for Cervical Cancer Prevention, Kayoko Katayama, 第32回日本疫学会, 2022年01月26日, 2022年01月26日, 2022年01月28日, 英語, 千葉(オンライン), 日本国
  • ビッグデーターとデジタル化がもたらすがん医療の未来~[がんピアサポートビッグデ―タから探る患者のアンメットメディカルニーズの可視化], 片山佳代子, 第60回日本癌治療学会学術集会 会長企画シンポジウム12, 2022年10月22日, 2022年10月20日, 2022年10月22日, 英語, 神戸市, 日本国, 国際会議
  • これからの子宮頸がん対策~HPVワクチン接種勧奨再開~「全国自治体調査 ~HPVワクチン積極的接種勧奨再開を受けて~」, 片山佳代子., 第81回日本公衆衛生学会, 2022年10月08日, 2022年10月07日, 2022年10月09日, 日本語, 甲府市, 日本国, 国内会議
  • がん医療に特化したPPI促進のための医療者教育プログラム開発プロジェクト, 片山佳代子, 第60回日本癌治療学会学術集会特別企画シンポジウム1, 2022年10月20日, 2022年10月20日, 2022年10月22日, 英語, 神戸市, 日本国, 国際会議
  • 知りたい!私のまちのがんデータ~がん登録の役割~, 片山佳代子, がんネットワーク東京第1回公開講座, 2202年07月31日, 2202年07月31日, 2202年07月31日, 日本語, オンライン
  • がん電話相談の質的分析に基づいたテキストマイニングによる 可視化, 石川大介、片山佳代子., 第39回医療情報学連合大会(第20回日本医療情報学会学術大会), 2019年11月22日, 日本語
  • がんの予防最前線, 片山佳代子, 神奈川県愛川町民公開講演, 2021年03月03日, 2021年03月03日, 2021年03月03日, 日本語
  • がんの予防:がん教育の位置づけ, 片山佳代子, 武田薬品工業㈱「地域アクセス戦略」研修session4, 2021年02月09日, 2021年02月09日, 2021年02月09日, 日本語, オンライン開催
  • Development and Validation of a Peer Education Program for Cervical Cancer Prevention, 片山佳代子, 第32回日本疫学会学術総会, 2022年01月, 2022年01月26日, 2022年01月28日, 千葉(オンラインあり)
  • イノベーション理論に基づく 観察学習による子宮頸がん予防教育の効果, 片山佳代子, 日本オペレーションズ・リサーチ学会「動的決定モデルとその応用」研究部会, 2021年09月29日, 2021年09月29日, 2021年09月29日
  • がん教育とピアエデュケーション, 片山佳代子, 第40回日本思春期学会学術集会.シンポジウム3, 2021年09月, 2021年09月03日, 2021年09月05日, 日本語, オンライン開催
  • 伝えたい!正しいがんの知識, 片山佳代子, がん教育講演, 2020年11月24日, 日本語
  • Analysis of Cancer Telephone Counseling by Mixed Methods: Differences in Counseling Needs between Japanese Men and Women., 片山佳代子; 宮城洋平; 石川大介; 小川朝生, 第58回日本癌治療学会学術集会, 2020年10月24日, 英語
  • 相談支援に生かそう!がん電話相談の解析からみえてきた男女別アンメットニーズ, 片山佳代子, 神奈川県がん患者連合団体主催オンライン交流会ミニ講演, 2020年06月, 日本語
  • 子どもたちに伝えたいがんの知識とは, 片山佳代子, 第2回神奈川県におけるがん教育外部講師研修会, 2020年03月, 日本語
  • 学校におけるがん教育, 片山佳代子, 横須賀市学校保健会校長部主催 講演, 2020年01月10日, 日本語
  • がん教育の実践, 片山佳代子, 学校保健研究会, 2020年01月, 日本語
  • がんの情報発信最前線, 片山佳代子, 第60回日本肺癌学会学術集会肺がんキャラバンin Yokohama, 2019年12月, 日本語
  • がん電話相談の質的分析に基づいたテキストマイニングによる可視化, 石川大介; 片山佳代子, 第20回 日本医療情報学会学術大会, 2019年11月21日, 日本語
  • Cancer education support project: Spread of cancer education in Japan based on web search., Katayama K; Ishikawa D; Sakaguchi M, 12th European Public Health Conference(Marseille), 2019年11月, 英語
  • Development and validation of a Peer Education program for cervical cancer prevention., Katayama K; Asai-Sato M; Ougihara A; Yako-Suketomo H, EUROGIN 2019 International multidisciplinary HPV congress. (Monaco), 2019年11月, 英語
  • 全国がん登録から考える日本のがんの現状と対策~神奈川県からの報告, 片山佳代子, 第78回日本公衆衛生学会総会公募型シンポジウム, 2019年10月25日, 日本語, 国内会議
  • 大学生のヘルスリテラシーとがん知識との関連(第5報)ピア学生の養成プロセス, 助友裕子; 片山佳代子; 扇原淳; 佐藤美紀子, 第78回日本公衆衛生学会総会, 2019年10月24日, 日本語
  • 大学生のヘルスリテラシーと がんの知識との関連(第6報)ピア教育の効果検証, 片山佳代子; 助友裕子; 扇原淳; 佐藤美紀子, 第78回日本公衆衛生学会総会, 2019年10月24日, 日本語
  • 大学生のヘルスリテラシーと がんの知識との関連(第7報)中国大学生による検討, 鈴木大介; 王鴻; 周思宇; 扇原淳; 助友裕子; 片山佳代子, 第78回日本公衆衛生学会総会, 2019年10月24日, 日本語
  • 子どもたちに伝えるがんの知識とは, 片山佳代子, 2019年度がん教育研修会 こどもたちに伝えるがんのこと 「知る」から始まる 学びの 集い, 2019年10月05日, 日本語
  • Validity Of Claims-based Definitions For Rheumatoid Arthritis, Selected Cancers And Infectious Diseases In Japan: Results From Validate-J Study Ⅱ., Luise C; Chen H; Nonnenmacher E; Sugiyama N; Hase R; Kinjo M; Suzuki D; Katayama K; Higuchi T; Jinno S; Tanaka Y; Morishima T; Setoguchi S, ISPE's 12th Asian Conference on Pharmacoepidemiology, 2019年10月, 英語
  • がん電話相談から見えたがんサバイバーの性差とアンメットニーズ, 片山佳代子, がん患者学会2019, 2019年09月01日, 日本語
  • Validity of Claims-based Definitions for Rheumatoid Arthritis, Selected Cancers and Infectious Diseases in Japan: Results from Validate-J Study., Luise C; Chen H; Nonnenmacher E; Sugiyama N; Hase R; Kinjo M; Suzuki D; Katayama K; Higuchi T; Jinno S; Tanaka Y; Morishima T; Setoguchi S, 35th ICPE Meeting 2019, 2019年08月, 2019年08月24日, 2019年08月28日, 英語
  • 令和の新たばこ対策~たばこ新時代にどう対処するか~, 片山佳代子, 改正健康増進法と、新型たばこへの対応についてのシンポジウム, 2019年08月07日, 日本語, 国内会議
  • 学校におけるがん教育の取組, 片山佳代子, 令和元年第1回がん教育指導者研修講座, 2019年06月27日, 日本語, 国内会議
  • Challenge in translating information about cancer survival to general people: sharing messages for cancer survivors using statistics of conditional survival, Ito Y; Kanoh A; Yuasa M; Saran U; Satyajit Rout; Ito H; Katayama K; Katanoda K; Matsuda T; Saruki N, NAACCR/IACR Combined Annual Conference 2019, 2019年06月, 英語
  • 子どもたちに伝えたいがんの正しい知識, 片山佳代子, 第1回神奈川県におけるがん教育外部講師研修会, 2019年02月24日, 日本語, 国内会議
  • がん患者による命の授業の実践, 片山佳代子, 第2回神奈川県がん教育セミナー, 2018年11月29日, 日本語, 国内会議
  • がん登録デ―タに基づく都道府県のがん対策~データの蓄積がなくても大丈夫!~, 片山佳代子, ⑤ 第77回日本公衆衛生学会(郡山)シン ポジウム12, 2018年10月25日, 日本語, 国内会議
  • 大学生のヘルスリテラシーとがんの知識との関連(第2報)ピア教育開発過程, 助友裕子; 片山佳代子; 扇原淳, 第77回日本公衆衛生学会総会, 2018年10月24日, 日本語
  • 大学生のヘルスリテラシーとがんの知識との関連(第3報)体育大学での調査研究, 片山佳代子; 助友裕子; 扇原淳, 第77回日本公衆衛生学会総会, 2018年10月24日, 日本語
  • 大学生のヘルスリテラシーとがんの知識との関連(第4報)総合大学でのWEB調査研究, 王鴻; 周思宇; 扇原淳; 助友裕子; 片山佳代子, 第77回日本公衆衛生学会総会, 2018年10月24日, 日本語
  • Profile of the GCOP Study: A genome cohort on psychosocial traits in a dimensional perspective., Nishiyama T; C Wang; Hishida A; Watanabe M; Nakagawa H; Nakamura S; Katayama K; Narimatsu H; Suzuki S, ASHG 2018 (San Diego), 2018年10月, 2018年10月16日, 2018年10月20日, 英語
  • がん患者によるがん教育, 片山佳代子, 第1回神奈川県がん教育セミナー, 2018年10月12日, 日本語, 国内会議
  • 学校におけるがん教育の取組, 片山佳代子, 神奈川県中学校体育連盟研究部会講演, 2018年09月27日, 日本語, 国内会議
  • 生活習慣とがん予防~がん登録からわかること~, 片山佳代子, 平成30年度生活習慣予防講演会, 2018年09月20日, 日本語, 国内会議
  • 住民基本台帳ネットワークシステムと地域がん登録マスタデータとの一括照合を試みて, 今井香織; 成松宏人; 片山佳代子; 阪口昌彦; 夏井佐代子, 第27回日本がん登録協議会学術集会, 2018年06月, 日本語
  • 北海道と神奈川県における乳がん罹患数の将来推計と医療施設および医療従事者の配置の検討, 齊藤真美、松田美香、髙橋將人、片山佳代子、阪口昌彦、田中里奈、松坂方士, 第27回日本がん登録協議会学術集会, 2018年06月, 日本語
  • がん患者の死因の種類別・死亡場所に関する研究, 片山佳代子; 阪口昌彦; 中村翔; 今井香織; 夏井佐代子; 成松宏人, 第27回日本がん登録協議会学術集会, 2018年06月, 日本語
  • これからのがん予防の課題と展望~がんとの共生社会へ向けて~, 片山佳代子, 新春鼎談会, 2018年01月15日, 日本語, 国内会議
  • 始まった希少がん対策~がん登録で浮き彫りになるその実態~, 片山佳代子, 日本医師会と日本がん登録協議会(JACR)共催のシンポジウム, 2017年11月25日, 日本語, 国内会議
  • がんの正しい知識と最新治療, 片山佳代子, 神奈川県立看護福祉高等学校看護科3年生への特別授業, 2017年11月17日, 日本語, 国内会議
  • がん教育~正しいがんの知識~, 片山佳代子, 神奈川県立横浜緑園高等学校3年生への特別授業, 2017年11月10日, 日本語, 国内会議
  • CANCER REGISTRY DATA AS A MEANS OF COMMUNICATING WITH PATIENTS - JAPAN CANCER INFORMATION PARTNERSHIP -, Saruki N; Moki F; Aikyo K; Ito Y; Matsuzaka M; Katayama K; Ito H; Teramoto N; Katanoda K; Matsuda T, IACR 2017, 2017年11月, 英語
  • がん関連スティグマに関する尺度の系統的レビュー, 竹内恵美; 藤澤大介; 土屋雅子; 助友裕子; 片山佳代子; 宮脇梨奈; 深町花子; 井寺奈美; 吉田沙蘭; 高橋都, 第30回日本サイコオンコロジー学会, 2017年10月, 日本語
  • 大学生を対象としたがんの知識とヘルスリテラシーとの関連, 片山佳代子; 扇原淳; 助友裕子, 第76回日本公衆衛生学会総会, 2017年10月, 日本語
  • Learning Partner Modelによる健康情報普及の評価(第4報), 助友裕子; 片山佳代子; 大浦麻絵; 斉藤恭平, 第76回日本公衆衛生学会総会, 2017年10月, 日本語
  • Learning Partner Modelによる健康情報普及の評価(第5報), 高澤みどり; 片山佳代子; 大浦麻絵; 斎藤恭平; 助友裕子, 第76回日本公衆衛生学会総会, 2017年10月, 日本語
  • Learning Partner Modelによる健康情報普及の評価(第6報), 阿部民子; 片山佳代子; 大浦麻絵; 斎藤恭平; 助友裕子, 第76回日本公衆衛生学会総会, 2017年10月, 日本語
  • Learning Partner Modelによる健康情報普及の評価(第7報), 林万里; 片山佳代子; 大浦麻絵; 斎藤恭平; 助友裕子, 第76回日本公衆衛生学会総会, 2017年10月, 日本語
  • 北海道における保育士と介護職員の処遇と状況, 鈴村美和; 大浦麻絵; 助友裕子; 片山佳代子; 鈴村滋生; 佐藤知世; 菅原誠; 森満, 第76回日本公衆衛生学会総会, 2017年10月, 日本語
  • 大腸がん治癒切除患者における血漿中アミノ酸濃度に基づくがん検査AICS(大腸)の術前術後変化と予後についての検討, 塩澤学; 山本浩史; 池田温子; 菊池信矢; 風間慶祐; 片山佳代子, 第15回日本消化器外科学会, 2017年10月, 日本語
  • 前立腺がん患者における血漿中アミノ酸濃度に基づくがん検査AICS(前立腺)の術前後変化, 蓼沼知之; 軸屋良介; 橋爪章仁; 安井将人; 水野伸彦; 梅本晋; 村岡研太郎; 河合正記; 岸田健; 山本浩史; 池田温子; 菊池信矢; 四方菜穂子; 片山佳代子, 第55回日本がん治療学会学術総会, 2017年10月, 日本語
  • Cancer education in Japan and its effects on the cancer knowledge and awareness of children and their guardians, Katayama K; Yako-Suketomo H; Yuasa M; Kawamura Y; Horinouchi H; Katanoda K; Saito K, 2017 International Cancer Education Conference, 2017年08月, 2017年09月13日, 2017年09月15日, 英語
  • Diffusion of cancer prevention information through community health education programs using a learning partner model in Japan., Yako-Suketotmo H; Katayama K; Oura A; Saito K, 2017 International Cancer Education Conference, 2017年08月, 2017年09月13日, 2017年09月15日, 英語
  • 希少がんの死因分析, 中村翔; 阪口昌彦; 片山佳代子; 成松宏人, 第76回日本癌学会学術総会, 2017年09月, 日本語
  • ヘルスプロモーション活動におけるLearning Partner Model –日本とアメリカの実践に学ぶー, 片山佳代子, 健康社会学研究会特別セミナー, 2017年08月26日, 日本語, 国内会議
  • がんの予防教育, 片山佳代子, 平成29年度神奈川県がん教育指導者研修講座, 2017年06月29日, 日本語, 国内会議
  • Factors related to depression among childcare workers: Hokkaido childcare workers’ study, 1st report., Oura A; Suzumura M; Yamamoto M; Yako-Suketomo H; Katayama K; Tokizawa A; Sato T; Mori M, The 27th Japan・Korea・China Conference on Occupational Health., 2017年03月, 2017年03月31日, 2017年06月01日, 英語
  • Treatment and labor situations of childcare workers in the Hidaka district, Hokkaido, Japan: 2nd report., Suzumura M; Oura A; Tokizawa A; Yamamoto M; Yako-Suketomo H; Katayama K; Sato T; Sugawara M; Mori M, The 27th Japan・Korea・China Conference on Occupational Health, 2017年03月, 2017年03月31日, 2017年06月01日, 英語
  • Difference in childcare workers’ treatment and labor situation between Sapporo City and the Hidaka district, Hokkaido, Japan: Hokkaido childcare workers’ study, 3rd Report., Tokizawa A; Oura A; Suzumura M; Yamamoto M; Yako-Suketomo H; Katayama K; Sato T; Mori M, The 27th Japan・Korea・China Conference on Occupational Health, 2017年03月, 2017年03月31日, 2017年06月01日, 英語
  • Was the labor situation of the childcare workers improved after 1 year? : Hokkaido childcare workers’ study, 4th report., Sato T; Oura A; Suzumura M; Tokizawa A; Yamamoto M; Yako-Suketomo H; Katayama K; Mori M, The 27th Japan・Korea・China Conference on Occupational Health., 2017年03月, 2017年03月31日, 2017年06月01日, 英語
  • 神奈川県のがん登録室の紹介, 今井香織; 片山佳代子; 阪口昌彦; 成松宏人, 第26回日本がん登録協議会学術集会, 2017年06月, 日本語
  • がんの最新治療と予防, 片山佳代子, 神奈川県立相模原中等教育学校1-2年生がん教育講演, 2016年11月22日, 日本語, 国内会議
  • 血漿アミノ酸濃度に基づくがん検査AICS®の大腸がん治癒切除患者での術前後変化, 片山佳代子; 山本浩史; 池田温子; 菊池信矢; 樋口晃生; 金澤周; 塩澤学, 第86回日本衛生学会学術総会, 2016年10月, 日本語
  • Learning Partner Modelによる健康情報普及の評価(第2報)-異なる伝達者による効果の検証-, 片山佳代子; 助友裕子, 第75回日本公衆衛生学会総会, 2016年10月, 日本語
  • Learning Partner Modelによる健康情報普及の評価(第3報)-普及プロセスの検討-, 助友裕子; 片山佳代子; 大浦麻絵; 斎藤恭平, 第75回日本公衆衛生学会総会, 2016年10月, 日本語
  • 術前に類内膜腺癌G1と診断された子宮体癌の検討:up grade症例の傾向, 今井一章; 片山佳代子; 中西一歩; 川野藍子; 井浦文香; 近内勝幸; 小野瀬亮; 加藤久盛, 第68回日本産婦人科学会, 2016年04月, 日本語
  • がん教育について, 片山佳代子, 神奈川県中学校体育連盟研究部会講演, 2016年02月19日, 日本語, 国内会議
  • もっと知ろう!乳がんのこと, 片山佳代子, 第11回がん克服シンポジウム, 2016年01月16日, 日本語, 国内会議
  • 最新のがん予防研究, 片山佳代子, 神奈川県立相模原中等教育学校1-2年生がん教育講演, 2015年11月27日, 日本語, 国内会議
  • Learning Partner Model(LPM)の手法を使った健康情報の伝達, 片山佳代子, 小田原市福祉健康部健康づくり課健康教育セミナー, 2015年11月17日, 日本語, 国内会議
  • 術前に類内膜腺癌G1と診断された子宮体癌の検討:upgrade症例の傾向, 今井一章; 片山佳代子; 中西一歩; 川野藍子; 井浦文香; 近内勝幸; 小野瀬亮; 加藤久盛, 第53回日本癌治療学会学術集会, 2015年10月, 日本語
  • 2次医療圏単位でみた高齢化に伴う乳がん罹患分布の将来予測, 片山佳代子; 夏井佐代子; 成松宏人, 第24回地域がん登録全国協議会学術集会, 2015年06月, 日本語
  • 当院における子宮頸癌広汎子宮全摘術後の後療法による予後について, 中西一歩; 今井一章; 飯田哲士; 横田奈朋; 近内勝幸; 小野瀬亮; 加藤久盛; 片山佳代子, 第67回日本産婦人科学会, 2015年04月, 日本語
  • Trend in Mortality of Human Papillomavirus-related cancer in 1975-2012, from the Kanagawa Cancer Registry, Japan., Motoki Y; Katayama K; Asai-Sato M; Miyagi E, Hirahara, Erogin2015, 2015年02月, 英語
  • 日本の高齢がん患者の問題とQOLとの関連:Web調査, 中野谷貴子; 明智龍男; 高山智子; 唐渡敦也; 菊池由貴; 岡本直幸; 片山佳代子; 横尾美乃里; 小川朝生, 第27回日本サイコオンコロジー学会総会, 2014年10月, 日本語
  • Cancer education and changes in knowledge and behavior of children and their guardians, Katayama K, 第73回日本癌学会学術総会, 2014年10月, 英語
  • 学童を対象としたがん教育指導法の開発プロセス(第2報)がん授業の事前事後調査結果, 片山佳代子; 助友裕子; 河村洋子; 片野田耕太; 堀之内秀仁; 湯浅資之; 斉藤恭平, 第73回日本公衆衛生学会, 2014年10月, 日本語
  • 学童を対象としたがん教育指導法の開発プロセス(第3報)教育へインタビュー調査, 助友裕子; 河村洋子; 片山佳代子; 片野田耕太; 堀之内秀仁; 湯浅資之; 斉藤恭平, 第73回日本公衆衛生学会, 2014年10月, 日本語
  • 血漿中アミノ酸濃度に基づく新規がんスクリーニング検査AICSの大腸がん治癒切除患者術前術後の変化, 塩澤 学; 片山佳代子; 山本浩史; 新原温子; 樋口晃生; 赤池信, 第22回日本消化器関連学会週間, 2014年10月, 日本語
  • ソーシャル・キャピタルと健康格差, 片山佳代子, 「生命の基金」助成セミナー, 2014年08月26日, 日本語, 国内会議
  • がん検診受診による乳がん発見者の地域集積性に関する研究, 片山佳代子, 第23回地域がん登録全国協議会学術集会, 2014年06月, 日本語
  • Evaluating cancer education for school children in Japan: Concurrent mixed methods approach, Yako-Suketomo H; Kawamura Y; Katayama K; Katanoda K; Horinouchi H; Yuasa M; Saito K, Mixed Methods International Research Association 2014 Conference, 2014年06月, 英語
  • Association between women's breast cancer incidence and smoking rates in Japan by graphical cohort analysis., Katayama K; Hirabayashi Y; Yako-Suketomo H, the SGO 45th Annual Meeting on Women’s Cancer 2014, 2014年03月, 英語
  • がん教育とはどのような教育を目指しているのか, 片山佳代子, 神奈川県学校保健連合会学校長部会 研修会, 2014年01月10日, 日本語, 国内会議
  • ソーシャル・キャピタルの視点から健康を考える- 乳がん死亡と社会経済的なつながり-, 片山佳代子, 高度がん医療開発を先導する専門家の養成, 2013年11月09日, 日本語, 国内会議
  • 乳がんの地域集積性について, 片山佳代子, 日本乳癌検診学会ランチョンセミナー, 2013年11月09日, 日本語, 国内会議
  • Cohort分析図からみる日本人喫煙率の推移と推計―がん教育に繋がる効果的なたばこ対策立案のための分析―, 片山佳代子; 稲葉裕; 湯浅資之; 片野田耕太; 助友裕子, 第78会日本民族衛生学会総会, 2013年11月, 日本語
  • がん患者の有症率・相談支援ニーズとバリアに関する多施設調査, 横尾実乃里; 明智龍男; 高山智子; 唐渡敦也; 菊内由貴; 岡本直幸; 片山佳代子; 小川朝生, 第17回日本心療内科学会, 2013年11月, 日本語
  • がんサバイバーシップ~生きがいある人生のために~, 片山佳代子, 北陸高度がんプロチーム養成講座, 2013年10月27日, 日本語, 国内会議
  • 病気とこころ~ハピネスコミュニケーションで健康になろう~, 片山佳代子, 横浜市青葉区保健活動推進員全体研修会講演, 2013年10月02日, 日本語, 国内会議
  • Estimation of cancer incidence in the year 2050 in Kanagawa, Japan, Katayama K; Takano Y, 第72回日本癌学会学術総会, 2013年10月, 英語
  • 年齢別にみた乳がん罹患の地域集積性に関する研究, 片山佳代子; 夏井佐代子; 三上春夫; 岡本直幸, 全国地域がん登録協議会 第22回学術集会, 2013年06月, 日本語
  • がん患者の有症率・相談支援ニーズとバリアに関する多施設調査, 小川朝生; 唐渡敦也; 菊内由貴; 岡本直幸; 片山佳代子; 高山智子, 第18回日本緩和医療学会学術大会, 2013年06月, 日本語
  • 乳がん罹患の地域集積性に関する研究Ⅲ‐GISを利用した地域がん登録データの応用-, 片山佳代子; 助友裕子; 稲葉 裕; 岡本直幸, 第83回日本衛生学会学術総会, 2013年03月, 日本語
  • 地域でのターミナルがん患者の療養を考える, 片山佳代子, 医療保健福祉従事者研修会, 2012年12月09日, 日本語, 国内会議
  • キャンサーサバイバー支援システムの構築に関する研究-がん電話相談と患者困りごと調査より-, 片山佳代子; 高山智子; 小川朝生; 岡本直幸, 第77回日本民族衛生学会総会, 2012年11月, 日本語
  • 医食同源の取組み~生活習慣病対策と食育(食事), 片山佳代子, 神奈川公衆衛生協会60周年記念シンポジウム, 2012年11月01日, 日本語, 国内会議
  • Consideration of Regional Clustering of Breast and Stomach Cancer in Kanagawa Prefecture., Katayama K; Okamoto N, 第71回日本癌学会学術総会, 2012年10月, 英語
  • キャンサーサバイバー支援システムの構築に関する研究, 片山佳代子; 岡本直幸, 第71回日本公衆衛生学会総会, 2012年10月, 日本語
  • 運動習慣の定着における保健師の役割について~教室参加者の運動に関する援助の考察~, 藤村志保; 斎藤杉子; 片山佳代子, 第71回日本公衆衛生学会総会, 2012年10月, 日本語
  • Cancer survival rate: How long should cancer patients undergo medical follow-up?, Okamoto N; Katayama K; Natsui S; Mikami M, IACR scientific Programme, IACR 2012 Conference, UICC, 2012年09月, 英語
  • Consideration of Regional Clustering of Breast Cancer in Kanagawa Prefecture. -Application of Cancer Registries Data using GIS-, Katayama K; Yako-Suketomo H; Inaba Y; Okamoto N, UICC World Cancer CONGRESS, 2012年08月, 英語
  • 神奈川県内における男性胃がん罹患の地域集積性の検討, 片山佳代子; 岡本直幸, 地域がん登録協議会J 第21回学術集会, 2012年07月, 日本語
  • がん患者の医学的フォローは何年後まで必要か?, 岡本直幸; 片山佳代子; 夏井佐代子; 三上春夫, 地域がん登録協議 第21回学術集会, 2012年07月, 日本語
  • がん臨床講座, 片山佳代子, 神奈川県立がんセンターで開催する臨床公開講座, 2012年04月, 日本語, 国内会議
  • 乳がん罹患状況の地域集積性の関する研究-メッシュ法による地域がん登録データの応用‐, 片山佳代子; 岡本直幸, 第22回日本疫学会学術総会, 2012年03月, 日本語
  • 乳がん罹患の地域集積性に関する研究Ⅱ‐GISを利用した地域がん登録データの応用-, 片山佳代子; 助友裕子; 稲葉裕; 岡本直幸, 第82回日本衛生学会学術総会, 2012年03月, 日本語
  • 開成町フロンティアプロジェクト「健康」を地域との繫がりから学ぶための研究, 片山佳代子; 安達順一; 片山梨奈; 岡本直幸; 望月友美子, 第82回日本衛生学会学術総会, 2012年03月, 日本語
  • 相談支援センターの体制と機能に関する研究, 八巻 知香子; 高山 智子; 田尾 絵里子; 小郷 祐子; 神田 典子; 岡本 直幸; 唐渡 敦也; 大松 重宏; 小川 朝生; 加藤 雅志; 石川 睦弓; 片山 佳代子, 第49回日本癌治療学会学術集会, 2011年11月, 日本語
  • がん患者の支援システムの構築に関する研究-GTAによるがん電話相談内容の分析-, 片山佳代子; 稲葉裕; 岡本直幸, 第76回日本民族衛生学会総会, 2011年11月, 日本語
  • GISを利用したがん罹患状況と社会経済的要因との関連―メッシュ法による地域がん登録データの応用―, 片山佳代子; 助友裕子; 稲葉裕; 岡本直幸, 第76回日本民族衛生学会総会, 2011年11月, 英語
  • Analysis of Cancer telephone consultation by Grounded Theory Approach, Katayama K; Okamoto N, 第70回日本癌学会学術総会, 2011年10月, 英語
  • 運動習慣の定着に向けて~教室参加者の運動に関する要素の分析, 内藤智子; 斉藤杉子; 増田しのぶ; 安藤 悟; 岩元佐代子; 渡部 弓子; 片山佳代子, 第57回神奈川県公衆衛生学会, 2011年10月, 日本語
  • 神奈川県内における乳がん罹患の地域集積性の検討, 片山佳代子; 夏井佐代子; 岡本直幸, 地域がん登録協議会 第20回学術集会, 2011年08月, 日本語
  • メッシュ法によるがん罹患および死亡リスクと社会経済指標の関連性に関する研究, 片山佳代子; 岡本直幸, がん予防大会2011京都(第18回がん予防学会,第34回日本がん疫学,分子疫学研究会), 2011年06月, 日本語
  • がんの相談支援に関する研究-神奈川がん臨床研究のがん電話相談内容の分析-, 片山佳代子; 岡本直幸, 第21回日本疫学会学術総会, 2011年01月, 日本語
  • 都道府県別乳がん亡率とソーシャル・キャピタルの関連, 片山佳代子; 助友裕子; 黒沢美智子; 横山和仁; 岡本直幸; 稲葉裕, 第75回日本民族衛生学会総会, 2010年11月, 日本語
  • 都道府県別部位別がん検診受診率と各種ボランティア活動行動者率の関連.がん検診受診率を向上させるボランティア活動のあり方に関する検討-, 助友裕子; 片山佳代子; 片野田耕太; 稲葉裕, 第75回日本民族衛生学会総会, 2010年11月, 日本語
  • がんのキャンサーサバイバーのがん電話相談記録の分析―, 片山佳代子; 岡本直幸, 第69回日本公衆衛生学会総会, 2010年10月, 日本語
  • 大型商店等で開催する保健事業参加者の体脂肪率、BMIの傾向について, 斉藤杉子; 上野世津子; 市原智子; 森田裕美; 長江美有; 小山佐恵; 岩元佐代子; 片山佳代子; 岡本直幸, 第69回日本公衆衛生学会総会, 2010年10月, 日本語
  • Analysis of social factors affecting the age-adjusted cancer death rate for women, Katayama K; Okamoto N, 第69回日本癌学会学術総会, 2010年10月, 日本語
  • メッシュ法でみたがん罹患,死亡と社会経済的要因の関連, 片山佳代子; 岡本直幸, 地域がん登録学会全国協議会第19回学術集会, 2010年08月, 日本語
  • 乳がん検診受診率および死亡率と関連する社会経済的要因の分析, 片山佳代子; 助友裕子; 黒沢美智子; 横山和仁; 岡本直幸; 稲葉裕, 順天堂大学環境医学研究所平成21年度プロジェクト研究最終報告会, 2010年05月, 日本語
  • 学生を対象としたおやつ,お菓子と健康に関する研究, 片山佳代子; 宮崎満智; 稲葉裕, 第80回日本衛生学会学術総会, 2010年03月, 日本語
  • 都市型不健康と非都市型不健康に影響を及ぼす社会経済的要因の分析, 片山佳代子; 助友裕子; 黒澤美智子; 松下裕子; 稲葉裕, 第74回日本民族衛生学会総会, 2009年11月, 日本語
  • 都道府県別にみた3歳児健康診断受診率に地域格差が及ぼす影響, 片山佳代子; 助友裕子; 稲葉裕, 第27回日本幼少児健康教育学会, 2009年04月, 日本語
  • 都道府県別にみた乳幼児健康診断受診率に地域格差が及ぼす影響について, 片山佳代子; 助友裕子; 池田若葉; 邸冬梅; 王徳文; 片野田耕太; 松村康弘; 祖父江友孝; 黒沢美智子; 稲葉裕, 第79回日本衛生学会総会, 2009年03月, 日本語
  • 都道府県別合計特殊出生率,ボランティア活動行動者率,各種ファシリティの関連, 助友裕子; 片山佳代子; 片野田耕太; 黒沢美智子; 池田若葉; 邸冬梅; 王徳文; 松村康弘; 松下裕子; 祖父江友孝; 稲葉裕, 第79回日本衛生学会総会, 2009年03月, 日本語
  • 家族形態が性別役割態度に及ぼす影響, 片山佳代子, 第26回日本幼少児健康教育学会, 2008年04月, 日本語
  • 好中球機能が医療行に及ぼす影響-中国天津市高齢者の医療行動調査より-, 片山佳代子; 王美華; 小川奈美子; 町田和彦, 第77回日本衛生学会総会, 2008年03月, 日本語
  • 中国都市部高齢者のメタボリックシンドロームと生活習慣の関連, 王美華; 片山佳代子; 町田和彦; 黒沢美智子; 稲葉裕, 第78回日本衛生学会学術総会, 2008年03月, 日本語
  • 生活リズムと保育活動に関する研究-運動あそびについての保育者の意識-, 佐野裕子; 片山佳代子, 第3回アジア幼児体育,健康福祉シンポジウム, 2008年03月, 英語
  • 高齢者の抑うつと主観的体力感との関連-中国天津市在住高齢者を対象とした疫学研究より―, 片山佳代子; 王美華; 稲葉裕; 町田和彦, 第18回日本疫学会学術総会, 2008年01月, 日本語
  • 中国都市部高齢者のメタボリックシンドロームと一日平均歩数との関連, 王美華; 片山佳代子; 町田和彦; 黒沢美智子; 稲葉裕, 第18回日本疫学会学術総会, 2008年01月, 日本語
  • Depressive Symptoms, Social support and Medical behavior among the Chinese elderly., Katayama K; M Wang; Inaba Y; Machida K, The 39th conference of the Asia-Pacific Academic Consortium for Public Health, 2007年09月, 英語
  • A study on relationship of pedometer- determined ambulatory activity to indicators of health among Chinese elderly people, Meihua W; Katayama K; Machida K; Inaba Y, The 39th conference of the Asia-Pacific Academic Consortium for Public Health, 2007年09月, 英語
  • 朝食欠食児童の食行動と身体発育状況との関連性, 張替まき; 片山佳代子; 泉秀生; 前橋明, 第4回子どものからだと心,西日本研究会議, 2007年04月, 日本語
  • 保育園児の生活実態と健康福祉に関する研究-所沢市在住保育園児の生活課題, 片山佳代子; 奥富庸一; 前橋明, 第7回子ども家庭福祉学会, 2007年03月, 日本語
  • 幼稚園児の習い事と朝の疲労症状に関する研究(2)-韓国ソウル市と日本所沢市の幼稚園児をとり上げて-, 片山佳代子; 泉秀生; 李貞淑; 徐相玉; 前橋明, 第25回日本幼少児健康教育学会, 2007年03月, 日本語
  • 幼稚園児の朝の疲労症状に関する研究-韓国ソウル市と所沢市幼稚園児との比較-, 片山佳代子; 泉秀生; 李貞淑; 前橋明, 第2回アジア幼児体育,健康福祉シンポジウム, 2007年03月, 英語
  • 幼児の朝食摂取行動の関連要因Ⅱ-所沢市幼稚園児の生活習慣調査報告-, 片山佳代子; 泉秀生; 池原賢代; 前橋明, 第24回日本幼少児健康教育学会, 2007年02月, 日本語
  • 幼児期の健康福祉に関する研究-幼稚園,保育園に通う5歳児の睡眠時間と生活状況との関連-, 泉秀生; 片山佳代子; 生形直也; 前橋明, 第24回日本幼少児健康教育学会, 2007年02月, 日本語
  • 日本語版The Trier Inventory for the Assessment of Chronic Stress (TICS)の検(1), 小川奈美子; 宮本真; 片山佳代子; 町田和彦, 第71回民族衛生学会総会, 2006年11月, 日本語
  • 中国都市部在住高齢者における生活習慣病の関連要因, 山崎貴裕; 張替まき; 片山佳代子; 町田和彦, 第16回体力,栄養,免疫学会, 2006年11月, 日本語
  • 名栗村における高齢者の生活習慣と血圧との関連, 三角博彦; 堤谷めぐみ; 若林紋; 片山佳代子; 町田和彦, 第16回体力,栄養,免疫学会, 2006年11月, 日本語
  • 歩行と身体機能の関連,-中国天津での調査-, 信太直己; 小川奈美子; 片山佳代子; 岩井秀明; 町田和彦, 第16回体力,栄養,免疫学会, 2006年11月, 日本語
  • 幼児の朝食摂取行動と家族形態との関連-所沢市在住幼稚園児の健康調査報告-, 片山佳代子; 泉秀生; 前橋明, 第28回子どものからだと心 全国研究会議, 2006年11月, 日本語
  • 歩計を用いた身体活動量と健康状態の関係, 坂田晴美; 片山佳代子; 小川奈美子; 町田和彦, 第76回日本衛生学会学術総会, 2006年03月, 日本語
  • 中国在住高齢者の生活習慣とMSとの関連, 小川奈美子; 片山佳代子; 王美華; 町田和彦, 第76回日本衛生学会学術総会, 2006年03月, 日本語
  • 幼児の朝食摂取 行動の関連要因-所沢市在住幼稚園児の生活習慣調査報告-, 片山佳代子; 前橋明, 第24回日本幼少児健康教育学会, 2005年10月, 日本語
  • 幼児の生活習慣に関する研究-高知県幼児の生活課題とその対策-, 池原賢代; 生形直也; 片山佳代子; 前橋明, 第27回子どものからだと心,全国研究会議, 2005年06月, 日本語
  • 大学生の健康生活習慣調査, 片山佳代子; 坂口早苗; 坂口武洋; 町田和彦, 第14回体力,栄養,免疫学会春季学会, 2005年03月, 日本語
  • 中国公費受給高齢者における健康行動と医療費との関連, 片山佳代子; 小川奈美子; 溝口立太; 池原賢代; 町田和彦, 第75回日本衛生学会学術総会, 2005年03月, 日本語
  • 中国天津市在住高齢者の生活習慣,歯科保健と外来医療費の関連, 小山吉人; 片山佳代子; 小川奈美子; 町田和彦, 第75回日本衛生学会学術総会, 2005年03月, 日本語
  • 中国在住高齢者の生きがいと生活習慣病との関連, 小川奈美子; 片山佳代子; 池原賢代; 町田和彦, 第75回日本衛生学会学術総会, 2005年03月, 日本語
  • 中国地域高齢者の主観的健康感およびADLに関連する要因, 池原賢代; 溝口立太; 片山佳代子; 小川奈美子; 町田和彦, 第75回日本衛生学会学術総会, 2005年03月, 日本語
  • 中国都市部在住高齢者の抑うつとその関連要因について, 片山佳代子; 小川奈美子; 王美華; 町田和彦, 第70回民族衛生学会総会, 2005年03月, 日本語
  • 中国在住高齢者のストレスと生活習慣病との関連, 小川奈美子; 片山佳代子; 王 美華; 町田和彦, 第70回民族衛生学会総会, 2005年03月, 日本語
  • 健康感と身体機能及び医療費との関係〈中国天津における調査結果〉, 信太直己; 片山佳代子; 池原賢代; 溝口立太; 町田和彦, 第63回日本公衆衛生学会総会, 2004年08月, 日本語
  • 悲嘆緩和におけるセルフヘルプグループの効果2, 片山佳代子; 坂口早苗; 坂口武洋, 第74回日本衛生学会総会, 2004年03月, 日本語
  • 悲嘆緩和におけるセルフヘルプグループの効果, 片山佳代子; 坂口早苗; 坂口武洋, 第62回日本公衆衛生学会総会, 2003年08月, 日本語

受賞

  • 国際参加賞, Yinghan XU, Masahiko SAKAGUCHI, Kayoko KATAYAMA, Atsushi OGIHARA, Content Analysis of Human Papillomavirus Vaccine Related Videos on YouTube, 一般社団法人日本公衆衛生学会, 2022年10月, 国内学会・会議・シンポジウム等の賞, 日本国
  • 社会医学会研究奨励賞, 徐 桜晗(早稲田大学人間科学研究科),阪口昌彦(大阪電気通信大学情報通信工学部情報工学科)、片山佳代子(群馬大学情報学部),扇原 淳(早稲田大学人間科学学術院) , 中国・動画サイトにおけるヒトハピローマウイルスワクチン動画の特徴, 日本社会医学会, 片山が科研基盤Bで代表を務める研究グループの小班として早稲田大学大学院修士課程の徐さんの研究が受賞したものである。, 2022年08月, 国内学会・会議・シンポジウム等の賞
  • ポスター優秀賞受賞, 塩澤学;山本浩史;池田温子;菊池信矢;風間慶祐;片山佳代子, 大腸がん治癒切除患者における血漿中アミノ酸濃度に基づくがん検査AICS(大腸)の術前術後変化と予後についての検討., 日本消化器外科学会, 2017年10月
  • G-Censusプレゼンテーションコンテスト 奨励賞受賞, 片山佳代子, 公益財団法人 統計情報研究開発センター, 2015年02月

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 子宮体癌患者における循環腫瘍細胞の周術期動態, 中西一歩、笹田哲郎、片山佳代子, 神奈川県立がんセンター臨床研究所, 神奈川県立がんセンター臨床研究所, 2019年04月, 2022年03月, その他
  • Educational project to promote improved health care communication and multi-professional collaboration efforts to support cancer patients, 片山佳代子、浅尾高行、猿木信裕、阪口昌彦、佐藤美紀子、宮城洋平., Katayama K, Aso T, Saruki N, Sakaguchi M, Sato Mikiko, Miyagi Y., ファイザー株式会社, Pfizer, Pfizer Global Medical Grants, Pfizer Global Medical Grants, 神奈川県立がんセンター臨床研究所, Kanagawa Cancer Center Research Insutitute, 2022年01月, 2024年12月, 研究代表者, In this study, we will promote efforts of PPI associated with clinical research on cancer in Japan and develop an educational program in which patients and medical professionals can cooperate and participate in cancer medical care. The purpose is to build a platform that integrates curriculum and resources in line with the goal of developing human resources in the future. Target population:The target audience for the first stage is 300 members with a doctor's license out of 16838 members of the Japan Cancer Treatment Society (JSCO). As the second step, we plan to expand the scope to members with medical qualifications among the members of related academic societies in Japan (Japanese Society of Medical Oncology:JSMO, Japanese Cancer Association:JCA). methods and assessment:Method: Develop a PPI education program for healthcare professionals with the cooperation of physicians involved in medical education and medical education e-learning developers.Utilizing the syllabus of (1) palliative medicine and (2) clinical epidemiology, which are closely related to PPI education in medical education, the following will be developed., 競争的資金
  • Validity of Claims Based Definitions for Rheumatoid Arthritis, Selected Cancers and Infectious Diseases in Japan, 瀬戸口総子、杉山 直伸、片山佳代子、De Luise、他, Setoguchi S, Sugiyama N, Katayama K, De Luise, et al.,, ファイザー株式会社, Pfizer, Pfizer Global Medical grant, Pfizer Global Medical grant, Rutgers University, Rutgers University, 2018年, 2020年, 研究分担者, 産学連携による資金, 国際共著している
  • An Examination of the effect of cancer education by using word-of-mouth: cervical center prevention program in Japan, 片山佳代子, Katatama K., MSD株式会社, Merck & Co.,Inc.,, 研究者主導研究(IIS)支援制度, 研究者主導研究(IIS)助成金, 群馬大学, 2021年07月, 2023年07月, 研究代表者
  • 保健師を中心に地域に広げる子宮頸がん予防対策の普及プログラム, 片山 佳代子, Kayoko Katayama, 日本学術振興会, Japan Society for the Promotion of Science, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (B), 基盤研究(B), Grant-in-Aid for Scientific Research (B), 国立大学法人 群馬大学, 2021年04月, 2025年03月, 研究代表者, 21H03286
  • 地域がん登録データを用いた本邦における異時性重複がんの疫学調査, 佐藤美紀子; 片山佳代子; 金村政輝;阪口昌彦;森嶋敏隆, 公益財団法人ファイザーヘルスリサーチ振興財団, 第29回ヘルスリサーチ研究助成金, 国内共同研究, 日本大学医学部産婦人科学, 2020年12月, 2021年12月, 研究分担者
  • 次期がん対策推進基本計画に向けた新たな指標及び評価方法の開発のための研究, 東尚弘; 伊藤ゆり; 松阪方士; 片山佳代子; 他, 厚生労働省, 厚生労働科学研究費, 応用研究, 国立がん研究センター, 2020年04月, 2023年03月, 研究分担者, 競争的資金
  • がん電話相談データベースから発掘する男性がん患者のアンメットメディカルニーズの把握とその対策, 片山佳代子, 公益財団法人 がん研究振興財団, 令和2年度がんサバイバーシップ研究助成金, 2020年10月, 2021年10月, 研究代表者, 競争的資金
  • 全国がん登録とがん検診のリンケージによるがん検診勧奨, 片山佳代子, 厚生労働省, 2018年04月, 2021年03月, 研究分担者, 「全国がん登録とがん検診のリンケージによるがん検診勧奨」研究班の研究分担者として、がん登録デ―タと照合し精度管理ならびにがん検診の受診勧奨についていかに情報発信するか、がん検診のメリット・デメリットを踏まえ普及させる手法を研究する。, 競争的資金
  • ピアエデュケーションによる子宮頸がん及びHPV関連がん予防教育プログラムの開発, Development of cervical cancer and HPV related cancer preventive education program by peer education, 片山 佳代子; 助友 裕子; 佐藤 美紀子; 扇原 淳, Katayama Kayoko, 日本学術振興会, Japan Society for the Promotion of Science, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C), 基盤研究(C), Grant-in-Aid for Scientific Research (C), 地方独立行政法人神奈川県立病院機構神奈川県立がんセンター(臨床研究所), Kanagawa Cancer Center Research Institute, 2016年04月, 2020年03月, 研究代表者, Peer Education (PE)を応用した子宮頸がん予防教育プログラムを開発実践し、その効果を評価した。子宮頸がんは、生活習慣や高齢化とは関連がなく性交渉で感染するHPVが主な原因となる。女性の約80%がHPVに感染する可能性があるが性行動が活発化する若年女性のがん検診受診率が10%程度と低く、子宮頸がん罹患率の上昇と共に危惧されている。そこで性的内容を含む教育の手法としてPEが知識伝達のみならず行動変容に結び付くという仮説の下、PEによる教育介入を大学生に実施し、効果を検証した。PE介入群では、非介入群と比較してヘルスリテラシー得点の上昇と共にがん検診受診率が高くなった。, Due to low rates of cervical cancer (CC) screening and HPV vaccination, the incidence of CC among young women in Japan is increasing. To change this situation, effective health education for young people is critical. In this study, we aimed to validate the benefits of peer education (PE) among students of a college for health educators. A baseline survey was conducted in 2016. We evaluated the health literacy using the literacy scale Japanese version of the European version for all grades of certain physical education university. Eight 3rd year students who volunteered to be peer educators were provided with lectures and basic education materials about CC prevention by health professionals. Afterward, the peer-educators created their own education materials and gave 30-minute PE lectures to 2nd year students. Compared with the non-intervention group, the PE intervention group had a higher health literacy score and a higher cancer screening rate., 16K11168
  • Validity of Claims-Based Definitions for Rheumatoid Arthritis, Selected Cancers, and Infectious Diseases in Japan, Validity of Claims-Based Definitions for Rheumatoid Arthritis, Selected Cancers, and Infectious Diseases in Japan, 瀬戸口総子; 森嶋敏隆; 片山佳代子, Setoguchi S; Katayama K; Morishima T; et al.,, ラトガーズ大学, Rutgers university & Worldwide Medical and Safety, Pfizer, NY, USA, Rutgers university & Worldwide Medical and Safety, Pfizer, NY, USA, 2018年08月, 研究分担者
  • パートナーシップでつくるがん統計情報の国民への還元方法に関する研究, 伊藤ゆり; 片山佳代子; 片野田耕太; 伊藤秀美; 他, 厚生労働省, 厚生労働科学研究費, 応用研究, 大阪医科薬科大学, 2021年04月, 2022年03月, 研究分担者, 「パートナーシップでつくるがん統計情報の国民への還元方法に関する研究」(代表:伊藤ゆり)研究班の分担研究者として、正しい健康情報やがん情報を広く普及させる方法を科学的に検証し、構築し、我が国のがん死亡率減少や国民のヘルスリテラシー向上に寄与する。, 競争的資金
  • がん対策の進捗管理のための指標と測定の継続的な発展に向けた研究, 片山佳代子, 厚生労働省, 厚生労働科学研究費, 応用研究, 国立がん研究センター, 2018年04月, 2021年03月, 研究分担者, 「がん対策の進捗管理のための指標と測定の継続的な発展に向けた研究」(研究代表:東 尚弘)研究班に分担研究者として平成31年度より参加。神奈川県のがん登録デ―タをがん対策の進捗管理のシミュレーションに活用する。, 競争的資金
  • 神奈川県のおけるがん教育外部講師の確保・養成・フォローアップ支援に関する取組み, 片山佳代子, 一般財団法人 横浜総合医学振興財団, 医学・医療関連事業助成, 2019年09月, 2020年09月, 研究代表者, 「神奈川県のおけるがん教育外部講師の確保・養成・フォローアップ支援に関する取組み」として、県内の学校で実施されるがん教育外部講師育成を目的とした研究事業である.医療職の外部講師養成や、患者らとの協働を念頭に県内でのがん教育推進に寄与する。, 競争的資金
  • 小中学校における効果的ながん教育実践に向けた教育支援教材並びにプラットフォームの開発研究, 片山佳代子, 公益財団法人 博報児童教育振興会, 児童教育実践についての研究助成, 2019年04月, 2020年03月, 研究代表者, 多様な場における教育実践の質を向上させる研究の対象となった「小中学校における効果的ながん教育実践に向けた教育支援教材並びにプラットフォームの開発研究」として今後学校教育の中で実践されていくがん教育の支援を目的とするプラットフォームを開発する研究内容で、代表を務める。, 競争的資金
  • データ包絡分析法を活用した個別化予防医療の開発, Personalized preventive medicine using data envelopment analysis, 成松 宏人; 中田 善規; 片山 佳代子, 日本学術振興会, Japan Society for the Promotion of Science, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C), 基盤研究(C), Grant-in-Aid for Scientific Research (C), 地方独立行政法人神奈川県立病院機構神奈川県立がんセンター(臨床研究所), Kanagawa Cancer Center Research Institute, 2017年04月, 2021年03月, 研究分担者, DEAを活用したリスクモデルを実際の特定健診・特定保健指導を行った集団に適応することで特定保健指導介入下におけるリスクモデルの有効性を明らかにする。結果をもとに、DEAを活用した予防医療プログラムを作成し、前向き研究でその効果を確認する。 当初の計画: 1)申請者らが行っているゲノムコホート研究である「神奈川県みらい未病コホート研究」(新学術領域・がん研究分野の特性等を踏まえた支援活動H28-33年度)を活用し、実際の特定健診・特定保健指導を行ったコホート集団を対象にDEAによるリスクモデルを構築し、肥満、高血圧、高脂血症に効率性スコアを算出する。2)疾患毎だけでなく、年齢毎、男女毎、治療状態(服薬群、被服薬群)ごとの効率性スコア算出も行う。3)健診受診時および1年後の健診再受診時のデータを利用してリスクモデルの有効性を検討する。その中でリスクモデルの有効な疾患、有効な受診者グループを抽出する。4)有効なリスクモデルを指標に活用し予防医療プログラムを作成し、介入を行い、前向き研究にてその効果を明らかにする。5)上記の成果を踏まえて、DEAを活用した有効な個別化予防法を明らかにする。 進捗:平成31年度は引き続き健康データの取得を行った。新学術領域のコホート生体試料プラットホームに採択され、同プラットフォームのプロジェクトの一つである神奈川県みらい未病コホート研究のデータを使用する準備を整えた。本年度も約300人のデータを収集することができた。同時に予定していた高畠町の特定健診データベースからの情報取得に関しては、同地区で2004年より行われている山形大学のコホートデータを使用し、介入可能なリスクモデルを開発し、論文発表した。 上記をもとに、DEAを活用した介入研究のプログラムを作成し、それを検証する前向き介入研究を開始した。, 17K09152
  • ダイバーシティ推進に資するがんスティグマの評価法と教育プログラム開発, 日本学術振興会, 2016年04月, 2019年03月, 連携研究者, 「ダイバーシティ推進に資するがんスティグマの評価法と教育プログラム開発」(代表:高橋都)の研究協力者として、がん関連スティグマ、がんとがん患者に対する認識に関する評価法を開発することを目的とし、現在、国内外の論文系統的レビューを終了し、尺度化を検討仕手いるところである。, 競争的資金
  • 認可外保育所に勤務する保育士の離職原因の解明, 大浦麻絵, 日本学術振興会, 2015年04月, 2018年03月, 「認可外保育所に勤務する保育士の離職原因の解明」(研究代表者 大浦麻絵)の研究分担者として、APCモデルによる解析支援等を実施している。, 競争的資金
  • LearningPartnerModelによるがん対策情報普及プログラムの開発, Development on the program to diffuse cancer control information through Learning Partner Model, 助友 裕子; 片山 佳代子; 大浦 麻絵; 齊藤 恭平; 阿部 民子; 茂川 由美子; 林 万里; 田中 裕恵; 高澤 みどり; 遠藤 仁美, Yako-Suketomo Hiroko; Ana Navarro; Abe Tamiko; Mogawa Yumiko; Hayashi Mari; Tanaka Hiroe; Takazawa Midori; Endo Hitomi, 日本学術振興会, Japan Society for the Promotion of Science, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C), 基盤研究(C), Grant-in-Aid for Scientific Research (C), 日本女子体育大学, Japan Women's College of Physical Education, 2015年04月, 2018年03月, 研究分担者, 科学的根拠に基づいた学習知識が、日常的な文脈において人から人へ伝達される一連のプロセスを示したLearning Partner Model (以下、LPM)を用いて、学習内容が地域へ普及する可能性について検討した。3自治体の健康教育講座受講生およびその家族または友人を対象に、講座の前後および3か月後に自記式質問紙調査を実施した。その結果、双方の知識の変化を確認することができた。, LPM is a series of processes that learning knowledge based on scientific grounds is transmitted from a person to a person in daily context. Self-administered pre-test, post-test, and follow-up test questionnaire surveys were conducted among attendees of a health education course session focusing on cancer (primary participants) and their family members or friends (secondary participants) in three communities in Japan. The questionnaires comprised items regarding socio-demographic characteristics, cancer prevention and control knowledge in Japan, and relations between primary and secondary participants. This study demonstrated the feasibility of implementing a learning partner model in conjunction with community health education programs conducted by local governments in Japan. Further studies are necessary to build on the experience of this study and refine implementation and evaluation strategies., 15K01665
  • 男性高齢者を対象としたLearning Partner Model(LPM)による地域活動への参加促進に関する調査研究~神奈川県での取組み, 片山佳代子, 公益財団法人北野生涯教育振興会, 2014年04月, 2016年03月, 研究代表者, 公益財団法人北野生涯教育研究助成金による「男性高齢者を対象としたLearning Partner Model(LPM)による地域活動への参加促進に関する調査研究~神奈川県での取組み」研究を神奈川県小田原市で実装するために助成された。本研究の立案、地域調整と調査ならびに総括を担当し、健康セミナー実施後の前後比較を受講者とそのパートナーに実施し、解析結果を学会発表ならびに地域に還元し、健康教育事業の確立の一助とした。, 競争的資金
  • 健康の格差に関する調査, 片山佳代子, 公益信託:高知新聞・高知放送, 2013年04月, 2014年03月, 研究代表者, 公益信託:高知新聞・高知放送主催「いのちの基金」研究代表者として、健康の格差に関する調査を高知県で実施し、社会福祉協議会ならびに高知大学医学部公衆衛生学講座と共催しシンポジウムを開催した。, 競争的資金
  • 学童を対象としたがん教育指導法の開発およびその評価, 片山佳代子, 厚生労働省, 2013年04月, 2014年03月, 研究代表者, 「学童を対象としたがん教育指導法の開発およびその評価」(研究代表 助友裕子)の研究分坦者として、がん教育のモデル授業の実施、その前後の調査、解析を担った。がん教育の実施可能性を示し、日本のがん教育の 先駆的取り組みとして各都道府県への教育冊子や補助教材の作成の見本となった。, 競争的資金
  • がんの実態把握とがん情報の発信に関する研究, 祖父江友孝; 大木いずみ; 伊藤秀美; 片山佳代子; 他, 厚生労働省, 厚生労働科学研究費, 2013年04月, 2014年03月, 研究分担者, 「がんの実態把握とがん情報の発信に関する研究」(研究代表者:祖父江友孝)の研究分担者として、神奈川県の地域がん登録の精度向上とがん罹患計測の集計を担い、日本におけるがんの罹患の実態を公表する一助となった。, 競争的資金
  • 口腔扁平上皮癌症例におけるSIRT1細胞内局在の意義解明と予後予測法の確立, Intracellular localization of SIRT1 in oral squamous cell carcinoma, 大津 敬; 野口 映; 笠島 理加; 野口 誠; 高野 康雄; 片山 佳代子, Ohtsu Takashi, 日本学術振興会, Japan Society for the Promotion of Science, 科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究, Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Challenging Exploratory Research, 挑戦的萌芽研究, Grant-in-Aid for Challenging Exploratory Research, 地方独立行政法人神奈川県立病院機構神奈川県立がんセンター(臨床研究所), Kanagawa Cancer Center Research Institute, 2014年04月, 2017年03月, 研究分担者, 口腔扁平上皮癌症例を用いた研究結果から、SIRT1は癌細胞の核内では癌抑制遺伝子の役割を、細胞質では癌遺伝子の役割を果たしていると推定された。SIRT1の二面性を分子生物学的および免疫化学的に解析し、統計解析によりSIRT1を含めた予後予測法の確立を目指した。 SIRT1は核移行シグナル(NLS)および核外輸送シグナル(NES)配列をもち、核細胞質間を移動する。この現象を解析するため、NLSおよびNES配列に変異を導入したSIRT1遺伝子を作製した。NCBIデータベースに記載されたSIRT1のNLSおよびNES配列は、幾つかの研究結果とは異なるため、再確認する必要があることが示唆された。, SIRT1 is a gene with the role of both of a cancer suppressor gene and a oncogene. In our study of the oral squamous carcinoma, SIRT1 seems to act as a cancer suppressor gene in the nucleus, but as a oncogene in the cytoplasm. We aimed at the establishment of the prognostic prediction method of oral squamous carcinoma including SIRT1 and related genes by statistical analysis. SIRT1 includes two nuclear localization signal (NLS) and two nuclear export signal (NES) sequences, and move between nuclear and cytoplasm. We made the SIRT1 genes introduced mutation into NLS and NES sequence to analyze this phenomenon. It was suggested that the NLS and NES sequence of SIRT1 listed in NCBI database should be reconfirmed., 26670876
  • 相談支援センターの機能の評価と地域における活用に関する研究, 厚生労働省, 2011年04月, 2013年03月, 「相談支援センターの機能の評価と地域における活用に関する研究」(研究代表者:高山智子)における研究協力者として、各都道府県をまわり、直接相談支援センターを訪問して聞き取り調査を実施し、報告書にまとめた。これにより相談支援センターの分類を可能にし、評価方法についての検討を行うことが可能となった。, 競争的資金
  • 地理疫学を応用した健康の地域格差と社会経済的要因の研究, A study on the relation between health disparity and socio-economic factors, 片山 佳代子; 岡本 直幸; 助友 裕子; 稲葉 裕, KATAYAMA Kayoko; OKAMOTO Naoyuki; SUKETOMO Hiroko; INABA Yutaka, 日本学術振興会, Japan Society for the Promotion of Science, 科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究, Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Challenging Exploratory Research, 挑戦的萌芽研究, Grant-in-Aid for Challenging Exploratory Research, Kanagawa Cancer Center Research Institute, 2011年, 2012年, 研究代表者, GIS(GeographicInformation System)を応用した地理疫学を本研究では採用し、幾つかの健康指標を取り上げ地域格差について社会経済的要因との関連を検討した。特に日本人死因第1位であるがんについて、罹患を図る唯一の計測指標である「地域がん登録」データの有効活用、社会経済的指標の1つとしてソーシャル・キャピタル(Social Capital)指標を取り上げその関連性について検討し、疾病地図の作成、地域集積性の視覚化を試みた。, We examined the relationship between socioeconomicfactors and health indicators by using the GIS(Geographic Information System). Especially, we have investigated the relationship of cancer mortality or incidence and social capital. Consider enabling take advantage of Population-based cancer Registry data. And we tried to the draw up the disease map, and the visualization of the regional cluster., 23659365
  • 相談支援センターの機能の強化・充実と地域における相談支援センターのあり方に関する研究, 厚生労働省, 2009年04月, 2011年03月, 「相談支援センターの機能の強化・充実と地域における相談支援センターのあり方に関する研究」(研究代表者:高山智子)の研究協力者として、神奈川県のがん患者支援の1つとしてがんの電話相談室の整備と運営、そして集まった相談内容の質的研究の成果を学会発表等で公表した。また、対面とは異なる相談方式の在り方について、論文化し、がん患者支援の効果として公表した。, 競争的資金
  • 地域におけるがん対策の推進と患者支援に資する介入モデルの作成に関する研究, 厚生労働省, 2009年04月, 2011年03月, 「地域におけるがん対策の推進と患者支援に資する介入モデルの作成に関する研究」(研究代表 渡邉清高)における研究協力者として神奈川県の患者必携の普及と取組みを担当し、学会発表による公表を行った。また必携を神奈川県で効果的に配布し、がん患者支援に繋げることができた。, 競争的資金
  • 健康の地域格差及び性差と社会経済要因、環境要因、生活要因の関連, A study on the relationship among the regional inequity and gender difference of health index to socioeconomic factors, environmental factors and life-stile factors, 稲葉 裕; 黒沢 美智子; 池田 若葉; 松村 康弘; 祖父江 友孝; 片野田 耕太; 助友 裕子; 片山 佳代子; 邱 冬梅; 王 徳文; 松下 裕子; 須曽 敦麿; 張 明姫; 王 美華; 鄭 美花; 松村 康弘; 祖父江 友孝; 片野田 耕太, INABA Yutaka; KUROSAWA Michiko; IKEDA Wakaha; MATSUMURA Yasuhiro; SOBUE Tomotaka; KATANODA Kouta, 日本学術振興会, Japan Society for the Promotion of Science, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C), 基盤研究(C), Grant-in-Aid for Scientific Research (C), 順天堂大学, Juntendo University, 2007年, 2008年, 研究分担者, 都道府県単位で性別に健康格差を明らかにし、その関連要因を生態学的研究で検討することを目的とした。健康指標に死因別死亡率、疾患別受療率、平均寿命、65・75歳平均余命、合計特殊出生率、3歳児健診受診率を用い、社会経済・環境・生活習慣指標との関連を解析した。都道府県別喫煙率は全死因、悪性新生物、脳血管疾患死亡率と正の、平均寿命は住環境や年平均気温等と正の、公害苦情件数等と負の相関を示した。平均余命は小規模介護単位数が負の、リハビリ単位数が正の関連を示した。合計特殊出生率はボランティア活動行動者率、衛生、生活が正の、3歳児健診受診率は3世代世帯数、児童教育ファシリティが正の関連を示した。, 19500613
  • 感染症対策, 片山佳代子, 日本保育園保健協議会, 2008年04月, 2009年03月, 研究代表者, 日本保育園保健協議会の助成金授業である指定課題「感染症対策」研究の代表者として、埼玉県所沢市の全保育園の協力のもと、感染症に対する各園のマニュアルや予防対策、感染症が発生した際の対応などについて横断調査を実施し、学会発表ならびに論分化し公表した。, 競争的資金
  • ING遺伝子発現を用いた口腔扁平上皮癌患者の予後予測方程式の作成, Establishment of predictive equation for the prognosis of oral squamous cell carcinoma patients on the basis of the expression of ING gene family, 高野 康雄; 野口 誠; 野口 映; 片山 佳代子; 菊地 慶司, TAKANO Yasuo; NOGUCHI Makoto; NOGUCHI Akira; KATAYAMA Kayoko; KIKUCHI Keiji, 日本学術振興会, Japan Society for the Promotion of Science, 科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究, Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Challenging Exploratory Research, 挑戦的萌芽研究, Grant-in-Aid for Challenging Exploratory Research, 地方独立行政法人神奈川県立病院機構神奈川県立がんセンター(臨床研究所), Kanagawa Cancer Center Research Institute, 2011年, 2013年, 研究分担者, 口腔扁平上皮癌の予後予測分子マーカーの探索のために、ING1bの癌細胞での結合タンパクであるSIRT1発現を免疫組織化学を用いて頭頸部扁平上皮癌症例で検討した。その結果、SIRT1発現は、年齢が高いほど高率で、口腔症例で高率で、リンパ節転移、病理学的病期とは負の相関を示した。即ち、癌の進展に比例して低率となった。また、SIRT1発現は、頭頸部扁平上皮癌症例にとって有意な予後良好因子であった。口腔癌症例では特に有意であった。多変量解析でもSIRT1発現は独立した予後良好因子であった。, We examined SIRT1, a binding protein to ING1b and Class III HDAC (histone deacetylase), expression of head and neck squamous cell carcinoma patients to investigate the bio-marker for prediction of their prognosis by the immunohistochemical study. The results were, 1) The SIRT1 expression related to higher age, 2) higher in oral cancer patients, 3) lower in lymph nodes' metastasis cases, 4) lower in advanced cases in patho-clinical stages. Thus, the SIRT1 expression inversely correlated in proportion to cancer progression. SIRT1 expression was good indicator for good prognosis of HNSCC patients, especially in oral cancer patients. And also it was independent good prognostic factor in multivariate analyses., 23659958

競争的資金

  • An Examination of the effect of cancer education by using word-of-mouth: cervical cancer prevention program in Japan., An Examination of the effect of cancer education by using word-of-mouth: cervical cancer prevention program in Japan.
    Kayoko Katayama, Kayoko Katayama
    MSD株式会社, MSD-研究者主導型研究助成, 202106, 202403, がん予防研究, 群馬大学
  • Educational project to promote improved health care communication and multi-professional collaboration efforts to support cancer patients, Educational project to promote improved health care communication and multi-professional collaboration efforts to support cancer patients
    Kayoko Katayama, Kayoko Katayama
    日本癌治療学会&Pfizer, 公募型医学教育プロジェクト助成, 2022, 2024, がん医療, 神奈川県立がんセンター臨床研究所
  • Mikiko-Asai-Sato, Mikiko-Asai-Sato
    公益財団法人ファイザーヘルスリサーチ財団, ヘルスリサーチ研究助成金, 202012, 202201, 分担者:片山佳代子、坂口昌彦、金村政輝、森島敏隆., 国内共同研究, 日本大学板橋病院
  • Katayama K., Katayama K.
    公益財団法人がん研究振興財団, がんサバイバーシップ 研究支援事業, 202007, 202108, 阪口昌彦, がん研究, 神奈川県立がんセンター臨床研究所
  • 日本保育園保健協議会, 日本保育園保健協議会研究助成 指定課題 , 2008, 2009, 順天堂大学大学院医学研究科
  • 一般財団法人横浜総合医学振興財団, 医学・医療関連事業助成金, 201909, 202008, 医学・医療関連事業, 神奈川県立がんセンター臨床研究所
  • 博報堂教育財団, 博報堂児童教育実践についての研究助成, 201904, 202003, 神奈川県立がんセンター臨床研究所

科学研究費の申請・獲得状況

  • 基盤研究(B), 保健師を中心に地域に広げる子宮頸がん予防対策の普及プログラム, 21H03286, 新規, 2021年
  • がん特別研究, 厚労科研がん対策推進総合研究事業: 次期がん対策推進基本計画に向けた新たな指標および評価方法の開発のための研究 , 20EA1801, 新規, 2020年
  • がん特別研究, 厚労科研がん対策推進総合研究事業:パートナーシップでつくるがん統計情報の国民への還元方法に関する研究, 19EA1003, 新規, 2019年
  • 一般研究, 厚労科研がん対策推進総合研究事業:全国がん登録とがん検診のリンケージによるがん検診勧奨, 201908028A, 新規, 2018年
  • 基盤研究(C), データ包絡分析法を活用した個別化予防医療の開発, 17K09152, 新規, 2017年
  • 基盤研究(C), ピアエデュケーションによる子宮頸がん及びHPV関連がん予防教育プログラムの開発, 16K11168, 新規, 2016年
  • 基盤研究(B), ダイバーシティ推進に資するがんスティグマの評価法と教育プログラム開発, 16H05218, 新規, 2016年
  • 基盤研究(C), LearningPartnerModelによるがん対策情報普及プログラムの開発, 15K01665, 新規, 2015年
  • 基盤研究(C), 認可外保育所に勤務する保育士の離職原因の解明 研究課題, 15K00727, 新規, 2015年
  • 挑戦的研究(萌芽), 口腔扁平上皮癌症例におけるSIRT1細胞内局在の意義解明と予後予測法の確立, 26670876, 新規, 2014年
  • 挑戦的研究(萌芽), 地理疫学を応用した健康の地域格差と社会経済的要因の研究, 23659365, 新規, 2011年
  • 挑戦的研究(萌芽), ING遺伝子発現を用いた口腔扁平上皮癌患者の予後予測方程式の作成, 23659958, 新規, 2011年

学術貢献活動

  • JACR市民公開講座 がん登録で社会のニーズにこたえるには?, 学会・研究会等, 日本がん登録協議会, 2021年06月11日, 2021年06月11日, オンライン(web開催), 日本がん登録協議会学術集会の最終日開催の市民公開講座第2部「がん登録で社会のニーズにこたえるには?」企画、進行、座長をと務めた。, 国際学術貢献している
  • 第78回日本公衆衛生学会学術総会 第4分科会, 学会・研究会等, 日本公衆衛生学会, 2019年10月, 2019年10月, 長崎県, 第4分科会 一般演題講演の座長
  • 第77回日本公衆衛生学会自由集会, 学会・研究会等, 日本がん登録協議会, 2018年10月, 2018年10月, 福島県
  • 第77回日本公衆衛生学会シンポジウム12, 大会・シンポジウム等, 2018年10月, 2018年10月, 福島県
  • 第76回日本公衆衛生学会自由集会, 学会・研究会等, 日本がん登録協議会, 2017年11月, 2017年11月, 鹿児島県
  • がん患者学会2017, 2017年11月, 2017年11月
  • 日本がん登録協議会第25回学術集会, 学会・研究会等, 日本がん登録協議会第25回学術集会・学会長, 2017年06月, 2017年06月, 愛媛, 学術セッション座長

教育活動情報

担当経験のある科目(授業)

  • 統計学, 東洋大学大学院
  • 調査・研究法, 東洋大学大学院
  • 疫学・保健福祉情報分析法(旧:疫学・調査研究法), 早稲田大学
  • 社会医学, 早稲田大学
  • 健康科学, 青山学院女子短期大学
  • 公衆衛生学, 実践女子大学

社会貢献活動情報

社会貢献活動

  • 群馬県立高崎高等学校出張講義, 県立高崎高等学校, 出前授業, SSHである高崎高校でデータサイエンスを使った医学部志望の学生を対象に講義、助言、指導、インタビューに応じた。(対象:高校生)
  • 2021年度新任教員セミナー・シリーズ第2回, 2021年12月22日, 2021年12月22日, オンライン開催, セミナー・ワークショップ, 本学情報学部教員55名が対象 情報学部FDとして実施(対象:その他)

メディア報道

  • 「医TVスペシャル」がん対策基本法施行から10年…学校におけるがん教育とがん専門医療人材育成の重要性について考える, 本人, BS朝日, 2018年02月07日, テレビ・ラジオ番組, 番組内で本人出演
  • 屋内完全禁煙の店 先進県から広がれ, 本人以外, 神奈川新聞, 2018年11月27日, 新聞・雑誌, ケムラン~禁煙の飲食店を研究者が紹介し、広げていく活動について取材を受けた。
  • 「J-CIP:正しいがん情報の読み方」, 中央区協働ステーション ケーブルTV, 見本市「つながりマルシェvol.6〜参加で広がる市民の輪〜, 2021年11月17日, テレビ・ラジオ番組, 出演者:片山佳代子(群馬大学)、伊藤ゆり(大阪医科薬科大学)


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.