研究者データベース

奥 寛雅
オク ヒロマサ
情報学部
教授
Last Updated :2022/11/11

研究者基本情報

研究者

  • 氏名

    奥 寛雅, オク ヒロマサ

基本情報

  • 研究者氏名(日本語)

    奥, 寛雅
  • 研究者氏名(カナ)

    オク, ヒロマサ

所属

  • 群馬大学, 情報学部, 教授

学歴

  • 1994年04月, 1996年03月, 東京大学, 教養学部, 理科1類
  • 2000年04月, 2003年03月, 東京大学, 工学系研究科, 計数工学専攻
  • 1996年04月, 1998年03月, 東京大学, 理学部, 物理学科
  • 1998年04月, 2000年03月, 東京大学, 工学系研究科, 計数工学専攻

学位

  • 学士(理学)
  • 修士(工学)
  • 博士(工学)

所属学協会

  • 日本ロボット学会(RSJ)
  • 応用物理学会
  • 日本光学会

経歴

  • 2003年, 2005年, 科学技術振興事業団(現(独)科学技術振興機構) 研究員
  • 2005年04月, 2007年03月, 東京大学大学院情報理工学系研究科, 助手, 研究・教育補助者相当
  • 2007年04月, 2011年03月, 東京大学大学院情報理工学系研究科, 助教, 助教相当
  • 2011年04月, 2014年03月, 東京大学大学院情報理工学系研究科, 講師, 准教授・常勤専任講師相当
  • 2014年04月, 2020年06月, 群馬大学, 学術研究院, 准教授, 准教授・常勤専任講師相当
  • 2020年07月, 9999年, 群馬大学, 学術研究院, 教授, 教授相当

研究活動情報

研究分野

  • 情報通信, 知覚情報処理
  • 情報通信, ヒューマンインタフェース、インタラクション
  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学), 計測工学

研究キーワード

  • Dynamic Image Control
  • 高速光学素子
  • 高速画像処理
  • 計測工学

論文

  • フォーカスとシート光のミリ秒制御による高速ライトシート顕微鏡, 新井和樹,奥寛雅, 2022年, 日本ロボット学会誌, 40, 8, 733, 736
  • AR応用に向けた1000volume/s高速体積表示型ディスプレイ, 奥寛雅, 2022年11月, 光アライアンス, 33, 11, 45, 50
  • High-speed and Low-latency 3D Fluorescence Imaging for Robotic Microscope, Kazuki Yamato, Masatoshi Iuchi, and Hiromasa Oku, 2022年, Journal of Robotics and Mechatronics, 34, 5, 1164, 1174
  • Structured Light Field by Two Projectors Placed in Parallel for High-speed and Precise 3D Feedback, Hiromu Kijima, Hiromasa Oku, 2022年, Journal of Robotics and Mechatronics, 34, 5, 1096, 1110
  • Edible Retoreflector Made of Candy, Hiromasa Oku, Miko Sato, and Yuki Funato, 2022年, IEEE Access, 10, 24749, 24758
  • 食べられる光学素子 寒天を原料とした食べられるレンズ, 奥寛雅,野村美友, 2021年06月, 光学, 50, 6, 261, 261
  • ピントが異なる複数の画像を同時に撮影できるカメラ技術, 奥寛雅,山登一輝,安富啓太,川人祥二, 2021年06月, JETI, 69, 6, 80, 83
  • Lumipong: 光学的高速トラッキングに基づく卓球の光投影による演出手法, 奥 寛雅, 2021年04月, 画像ラボ, 32, 4, 19, 24
  • Wide angular range dynamic projection mapping method applied to drone-based avatar robot (short paper), Shino Higuchi, Hiromasa Oku, 2021年, Advanced robotics (2021), 35, 11, 675, 684
  • 高速光学素子と高速画像処理によるダイナミックイメージコントロールとその応用展開, 奥 寛雅, 2020年12月, 光アライアンス, 31, 12, 46, 51
  • 1000-volumes/s high-speed volumetric display for high-speed HMD, Kohei Suzuki; Yugo Fukano; Hiromasa Oku, 2020年09月05日, Optics Express, 28, 20, 29455, 29468, 研究論文(学術雑誌)
  • Simulfocus imaging: quasi-simultaneous multi-focus imaging using Lock-in Pixel imager and TAG lens, Hiromasa Oku; Kazuki Yamato; Yusuke Tanaka; Keita Yasutomi; Shoji Kawahito, 2020年08月17日, Special Interest Group on Computer Graphics and Interactive Techniques Conference Emerging Technologies, 18, 1, 2, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 高速可変光学デバイスによるダイナミックイメージコントロール, 奥 寛雅, 2020年07月, 光学, 49, 7, 256, 262
  • Quasi-simultaneous multi-focus imaging using a lock-in pixel image sensor and TAG lens, Kazuki Yamato; Yusuke Tanaka; Hiromasa Oku; Keita Yasutomi; Shoji Kawahito, 2020年06月22日, Optics Express, 28, 13, 19152, 19162, 研究論文(学術雑誌)
  • Vergence-accommodation conflict free near eye volumetric display principle with high-speed display rate of 1000 volumes/s, Kohei Suzuki; Yugo Fukano; Hiromasa Oku, 2020年06月, Proc. OSA Imaging and Applied Optics Congress, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 高速トラッキングシステムによるスポーツの計測と演出, 奥 寛雅, 2020年05月, 日本ロボット学会誌, 38, 4, 334, 338
  • Agarose-based structured optical fibre, Eric Fujiwara; Thiago D. Cabral; Miko Sato; Hiromasa Oku; Cristiano M. B. Cordeiro, 2020年04月27日, Scientific Reports, 10, 7035, 研究論文(学術雑誌)
  • High Speed Three Dimensional Tracking of Swimming Cell by Synchronous Modulation Between TeCE Camera and TAG Lens, Kazuki Yamato; Hiroyuki Chiba; Hiromasa Oku, 2020年04月, IEEE Robotics and Automation Letters, 5, 2, 1907, 1914, 研究論文(学術雑誌)
  • Edible lens made of agar, Miyu Nomura; Hiromasa Oku, 2020年02月07日, Optical Review, 27, 1, 9, 13, 研究論文(学術雑誌)
  • 食材のみで構成される食べられる光学素子, ​奥寛雅,佐藤美子, 2020年, 液晶, 24, 3, 166, 172
  • High-Speed Visual Feedback Control of Miniature Rotating Mirror System Using a Micro Ultrasonic Motor, Tomoaki Mashimo; Shunsuke Izuhara; Shiro Arai; Zhong Zhang; Hiromasa Oku, 2020年, IEEE Access, 8, 38546, 38553, 研究論文(学術雑誌)
  • Fast Volumetric Feedback under Microscope by Temporally Coded Exposure Camera, Kazuki Yamato; Toshihiko Yamashita; Hiroyuki Chiba; Hiromasa Oku, 2019年04月03日, Sensors, 19, 7, 1606, 1606, 研究論文(学術雑誌)
  • 食品のみを素材とする食べられる再帰性反射材とその応用, 奥 寛雅, 2019年01月, MATERIAL STAGE, 18, 10, 53, 56
  • 卓球への動的光線投影による新たなスポーツ演出手法創出の試み, 奥 寛雅, 2019年, 光技術コンタクト, 57, 4, 15, 21
  • Edible fiducial marker made of edible retroreflector, Hiromasa Oku; Takahiro Uji; Yiting Zhang; Kumi Shibahara, 2018年12月, Computers & Graphics, 77, 156, 165
  • 食べられる再帰性反射材とその応用, 奥 寛雅, 2018年, OPTRONICS, 10, 143, 146
  • 食べられる光学素子, 奥 寛雅, 2018年, BIO INDUSTRY, 35, 12, 54, 62
  • Temporally Coded Exposure Camera for High-Speed Feedback of Microscopic 3D Information., Kazuki Yamato; Toshihiko Yamashita; Hiroyuki Chiba; Hiromasa Oku, 2018年, IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics, ROBIO 2018, Kuala Lumpur, Malaysia, December 12-15, 2018, 958, 963
  • 1 ms 3D Feedback Microscope with 69 kHz Synchronous Modulation of Focal Position and Illumination, Kazuki Yamato; Hiroyuki Chiba; Toshihiko Yamashita; Hiromasa Oku, 2018年, IEEE Robotics and Automation Letters, 3, 3, 1978, 1984
  • Paraxial ray solution for liquid-filled variable focus lenses, Lihui Wang; Hiromasa Oku; Masatoshi Ishikawa, 2017年12月, JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS, 56, 12, 122501, 研究論文(学術雑誌)
  • Automatic omni-directional, high-speed, pan-tilt platform, Hiromasa Oku and Kazuhisa Iida, 2017年02月23日, SPIE Newsroom (Technical Article)
  • 位相差顕微鏡法における遊泳細胞の三次元トラッキング, 奥 寛雅, 2017年, 光学, 46, 7, 288, 292
  • 瞬時に3次元構造を照らし出す構造化ライトフィールド, 奥寛雅,小原彬寛, 2017年, 光技術コンタクト, 55, 8, 4, 11
  • 高速ビジョンと科学計測, 奥寛雅,末石智大, 2017年, 日本ロボット学会誌, 35, 8, 605, 609
  • 液体レンズとその応用, 奥 寛雅, 2017年, 光アライアンス, 28, 11, 7, 11
  • Edible retroreflector., Takahiro Uji; Yiting Zhang; Hiromasa Oku, 2017年, Proceedings of the 23rd ACM Symposium on Virtual Reality Software and Technology, VRST 2017, Gothenburg, Sweden, November 8-10, 2017, 5, 1, 8
  • 食べられる再帰性反射材の提案と試作, 宇治貴大; 張依婷; 奥寛雅, 2017年, 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, 22, 4, 535, 543
  • 駆動鏡面式高速光軸制御系の3次元計測に向けた高精度校正手法, 末石智大; 奥寛雅; 石川正俊, 2017年, 映像情報メディア学会誌, Kyokai Joho Imeji Zasshi/Journal of the Institute of Image Information and Television Engineers, 71, 5, J162, J171, 研究論文(学術雑誌)
  • Design Principles of a High-Speed Omni-Scannable Gaze Controller, Koseki Kobayashi-Kirschvink; Hiromasa Oku, 2016年07月01日, IEEE Robotics and Automation Letters, 1, 2, 836, 843, 研究論文(学術雑誌)
  • Dynamic information space based on high-speed sensor technology, Masatoshi Ishikawa; Hiroyuki Shinoda; Yoshihiro Watanabe; Idaku Ishii; Yutaka Sakaguchi; Makoto Shimojo; Yutaka Nakajima; Hirotsugu Yamamoto; Takashi Komuro; Hiromasa Oku, 2016年01月01日, Human-Harmonized Information Technology, Volume 1: Vertical Impact, 97, 136, 論文集(書籍)内論文
  • 高速トラッキング撮影を可能にする1msオートパンチルトとその応用, 奥 寛雅, 2016年, 映像情報メディア学会誌, 70, 5, 715, 718
  • 構造化ライトフィールドを用いた高速距離画像計測, 松本卓也; 奥寛雅; 石川正俊, 2016年, 日本ロボット学会誌, 34, 1, 48, 55
  • Structured Light Field Generated by Two Projectors for High-Speed Three Dimensional Measurement, Akihiro Obara; Xu Yang; Hiromasa Oku, 2016年, Journal of Robotics and Mechatronics, Journal of Robotics and Mechatronics, 28, 4, 523, 532
  • Lumipen 2: Dynamic Projection Mapping with Mirror-Based Robust High-Speed Tracking against Illumination Changes, Tomohiro Sueishi; Hiromasa Oku; Masatoshi Ishikawa, 2016年, Presence: Teleoperators and Virtual Environments, Presence: Teleoperators and Virtual Environments, 25, 4, 299
  • Saccade Mirror 3: High-speed gaze controller with ultra wide gaze control range using triple rotational mirrors, Kazuhisa Iida; Hiromasa Oku, 2016年, 2016 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON ROBOTICS AND AUTOMATION (ICRA), 624, 629, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 1ms Auto Pan-Tilt - video shooting technology for objects in motion based on Saccade Mirror with background subtraction, Kohei Okumura; Keiko Yokoyama; Hiromasa Oku; Masatoshi Ishikawa, 2015年04月, ADVANCED ROBOTICS, 29, 7, 457, 468, 研究論文(学術雑誌)
  • High-speed microscopy with an electrically tunable lens to image the dynamics of in vivo molecular complexes, Nakai, Y.; Ozeki, M.; Hiraiwa, T.; Tanimoto, R.; Funahashi, A.; Hiroi, N.; Taniguchi, A.; Nonaka, S.; Boilot, V.; Shrestha, R.; Clark, J.; Tamura, N.; Draviam, V.M.; Oku, H., 2015年, Review of Scientific Instruments, 86, 1, 013707, 研究論文(学術雑誌)
  • 残像による動体軌跡上情報投影手法の提案とその実現にむけた残像特性の基礎的研究, 安井雅彦; アルバロ カシネリ; 奥村光平; 奥寛雅; 石川正俊, 2015年, 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, 20, 1, 55, 64
  • Robust High-speed Tracking against Illumination Changes for Dynamic Projection Mapping, Tomohiro Sueishi; Hiromasa Oku; Masatoshi Ishikawa, 2015年, 2015 IEEE VIRTUAL REALITY CONFERENCE (VR), 97, 104, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Mirror-based High-speed Gaze Controller Calibration with Optics and Illumination Control, Tomohiro Sueishi; Hiromasa Oku; Masatoshi Ishikawa, 2015年, 2015 IEEE/RSJ INTERNATIONAL CONFERENCE ON INTELLIGENT ROBOTS AND SYSTEMS (IROS), 3064, 3070, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • An improved low-optical-power variable focus lens with a large aperture, Lihui Wang; Hiromasa Oku; Masatoshi Ishikawa, 2014年08月, OPTICS EXPRESS, 22, 16, 19448, 19456, 研究論文(学術雑誌)
  • 1msオートパン・チルト, 奥村光平,奥寛雅,石川正俊, 2014年, 画像ラボ, 25, 5, 8, 15
  • High-Speed Vision and its Application Systems, Taku Senoo, Yuji Yamakawa, Yoshihiro Watanabe, Hiromasa Oku and Masatoshi Ishikawa, 2014年, Journal of Robotics and Mechatronics, 26, 3, 287, 301
  • 光学式視線制御機構による高速ビジュアルトラッキング, 奥 寛雅, 2014年, 日本ロボット学会誌, 32, 9, 774, 778
  • Architectures and applications of high-speed vision, Yoshihiro Watanabe, Hiromasa Oku, Masatoshi Ishikawa, 2014年, Optical Review, 21, 6, 875, 882
  • 空中超音波ディスプレイ・カメラ系による高速ダイナミック情報環境とその校正手法, 末石智大; 長谷川圭介; 奥村光平; 奥寛雅; 篠田裕之; 石川正俊, 2014年, 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, 19, 2, 173, 183
  • 高速光軸制御を用いた動的物体の非接触振動計測システム, 宮下令央; 藏悠子; 奥村光平; 奥寛雅; 石川正俊, 2014年, 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, 19, 2, 99, 104
  • An adaptive achromatic doublet design by double variable focus lenses, Lihui Wang; Hiromasa Oku; Masatoshi Ishikawa, 2014年, NOVEL OPTICAL SYSTEMS DESIGN AND OPTIMIZATION XVII, 9193, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A pair of diopter-adjustable eyeglasses for presbyopia correction, Lihui Wang; Alvaro Cassinelli; Hiromasa Oku; Masatoshi Ishikawa, 2014年, NOVEL OPTICAL SYSTEMS DESIGN AND OPTIMIZATION XVII, 9193, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Architectures and Applications of High-Speed Vision, Watanabe, Yoshihiro;Oku, Hiromasa;Ishikawa, Masatoshi, 2014年, OPTICAL REVIEW, OPTICAL REVIEW, 21, 6, 875, 882
  • Variable-focus lens with 30 mm optical aperture based on liquid-membrane-liquid structure, Lihui Wang; Hiromasa Oku; Masatoshi Ishikawa, 2013年04月, APPLIED PHYSICS LETTERS, 102, 13, 131111, 研究論文(学術雑誌)
  • 動く手のひらや物体に映像と触覚刺激を提示できるシステム 〜高速で無拘束な未来型情報環境の実現〜, 石川正俊,奥寛雅,篠田裕之, 2013年, O plus E, 35, 12, 1353, 1354
  • 微生物トラッキング顕微鏡の原理と特徴, 奥寛雅,石川正俊, 2013年, 映像情報メディア学会誌, 67, 9, 771, 775
  • 二眼駆動鏡面式視線制御による高速運動・変形物体のステレオ計測システム, 末石智大; 奥村光平; 奥寛雅; 石川正俊, 2013年, 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, 18, 2, 181, 190
  • 高速視線制御光学系による高速飛翔体の映像計測, 奥村光平; 石井将人; 巽瑛理; 奥寛雅; 石川正俊, 2013年, 計測自動制御学会論文集, 49, 9, 855, 864
  • 高速光軸制御を用いた動的物体への投影型拡張現実感, 奥村光平; 奥寛雅; 石川正俊, 2013年, 映像情報メディア学会誌, Kyokai Joho Imeji Zasshi/Journal of the Institute of Image Information and Television Engineers, 67, 7, J204, J211, 研究論文(学術雑誌)
  • High-Speed Autofocusing of Cells Using Radial Intensity Profiles Based on Depth From Diffraction (DFDi) Method, Hiromasa Oku; Soshiro Makise; Masatoshi Ishikawa, 2013年, Journal of Aero Aqua Bio-mechanisms, Journal of Aero Aqua Bio-mechanisms, 3, 1, 13, 21
  • 暗視野顕微鏡法におけるクラミドモナスの三次元トラッキング, 荒井祐介; 若林憲一; 吉川雅英; 奥寛雅; 石川正俊, 2013年, 日本ロボット学会誌, 31, 10, 1028, 1035
  • Development of variable-focus lens with liquid-membrane-liquid structure and 30 mm optical aperture, Lihui Wang; Hiromasa Oku; Masatoshi Ishikawa, 2013年, Proceedings of SPIE - The International Society for Optical Engineering, 8617, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • ACITVE PROJECTION AR USING HIGH-SPEED OPTICAL AXIS CONTROL AND APPEARANCE ESTIMATION ALGORITHM, Kohei Okumura; Hiromasa Oku; Masatoshi Ishikawa, 2013年, 2013 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON MULTIMEDIA AND EXPO (ICME 2013), 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Gaze Matching Capturing for a High-speed Flying Object, Kohei Okumura; Masato Ishii; Eri Tatsumi; Hiromasa Oku; Masatoshi Ishikawa, 2013年, 2013 PROCEEDINGS OF SICE ANNUAL CONFERENCE (SICE), 649, 654, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Lumipen: Projection-Based Mixed Reality for Dynamic Objects., Kohei Okumura; Hiromasa Oku; Masatoshi Ishikawa, 2012年07月, Proceedings of the 2012 IEEE International Conference on Multimedia and Expo, ICME 2012, Melbourne, Australia, July 9-13, 2012, Proceedings of the 2012 IEEE International Conference on Multimedia and Expo, ICME 2012, Melbourne, Australia, July 9-13, 2012, 699, 704
  • 高速ビジュアルフィードバックによる微生物トラッキング顕微鏡, 奥寛雅,石川正俊, 2011年, 機能材料, 31, 2, 39, 47
  • 高速画像処理による運動細胞トラッキング, 奥寛雅,石川正俊, 2011年, O plus E, 33, 3, 268, 273
  • 高速画像処理を利用した撮像システムならびにその撮像処理への応用, 小室孝,奥寛雅,石井抱,石川正俊, 2011年, 映像情報メディア学会誌, 65, 10, 1376, 1380
  • High-speed Gaze Controller for Millisecond-order Pan/tilt Camera, Kohei Okumura; Hiromasa Oku; Masatoshi Ishikawa, 2011年, 2011 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON ROBOTICS AND AUTOMATION (ICRA), 6186, 6191, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • アクティブビジョンの高速化を担う光学的視線制御システム, 奥村光平; 奥寛雅; 石川正俊, 2011年, 日本ロボット学会誌, 29, 2, 201, 211
  • 高速液体レンズによる映像制御技術, 奥寛雅,石川正俊, 2010年, 画像ラボ, 21, 9, 16, 22
  • High-speed liquid lens with 2-ms response and 80.3-nm root-mean-square wavefront error, Hiromasa Oku; Masatoshi Ishikawa, 2010年, MOEMS AND MINIATURIZED SYSTEMS IX, 7594, 221108, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • High-Speed Liquid Lens for Computer Vision, Hiromasa Oku; Masatoshi Ishikawa, 2010年, 2010 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON ROBOTICS AND AUTOMATION (ICRA), 2643, 2648, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A rapidly deformable liquid lens, Hiromasa Oku and Masatoshi Ishikawa, 2009年12月14日, SPIE Newsroom (Technical Article)
  • High-speed liquid lens with 2 ms response and 80.3 nm root-mean-square wavefront error, H. Oku; M. Ishikawa, 2009年06月, APPLIED PHYSICS LETTERS, 94, 22, 研究論文(学術雑誌)
  • ミリ秒レベルの高速応答を実現する液体可変焦点レンズ, 奥 寛雅, 2009年, O plus E, 31, 1, 1, 2
  • 高速ビジョンによる微生物トラッキング顕微鏡, 奥寛雅,尾川順子,石川正俊, 2009年, 生物物理, 49, 1, 11, 14
  • 光学系と画像処理系の速度を整合した高速フォーカスビジョン, 奥寛雅; 石川貴彦; 石川正俊, 2009年, 日本ロボット学会誌, 27, 7, 739, 748
  • Dynamics modeling and real-time observation of galvanotaxis in Paramecium caudatum, Naoko Ogawa; Hiromasa Oku; Koichi HashlMoto; Masatoshi Ishikawa, 2008年, BIO-MECHANISMS OF SWIMMING AND FLYING: FLUID DYNAMICS, BIOMIMETIC ROBOTS, AND SPORTS SCIENCE, 29, +, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Serial algorithm for high-speed autofocusing of cells using depth from diffraction (DFDi) method, Soshiro Makise; Hiromasa Oku; Masatoshi Ishikawa, 2008年, 2008 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON ROBOTICS AND AUTOMATION, VOLS 1-9, 3124, 3129, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A new framework for microrobotic control of motile cells based on high-speed tracking and focusing, Takeshi Hasegawa; Naoko Ogawa; Hiromasa Oku; Masatoshi Ishikawa, 2008年, 2008 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON ROBOTICS AND AUTOMATION, VOLS 1-9, 3964, +, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Mobile microscope: A new concept for hand-held microscopes with image stabilization, Takahiko Ishikawa; Hiromasa Oku; Masatoshi Ishikawa, 2008年, 2008 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON ROBOTICS AND AUTOMATION, VOLS 1-9, 3130, 3134, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • How to Track Spermatozoa using High-Speed Visual Feedback, Hiromasa Oku; Masatoshi Ishikawa; Naoko Ogawa; Kogiku Shiba; Manabu Yoshida, 2008年, 2008 30TH ANNUAL INTERNATIONAL CONFERENCE OF THE IEEE ENGINEERING IN MEDICINE AND BIOLOGY SOCIETY, VOLS 1-8, 2008, 125, +, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • 微生物との実世界インタラクションシステムの提案と初期検討, 尾川順子; 菊田恭平; 奥寛雅; 長谷川健史; アルバロ・カシネリ; 石川正俊, 2008年, 情報処理学会論文誌, 49, 10, 3546, 3552
  • 三次元空間内における微生物のマイクロロボット応用に向けた制御フレームワークの提案, 長谷川健史; 尾川順子; 奥寛雅; 石川正俊, 2008年, 日本ロボット学会誌, 26, 6, 575, 582
  • Trajectory Planning of Motile Cell for Microrobotic Applications, Naoko Ogawa; Hiromasa Oku; Koichi Hashimoto; Masatoshi Ishikawa, 2007年, Journal of Robotics and Mechatronics, Journal of Robotics and Mechatronics, 19, 2, 190, 197
  • A physical model for galvanotaxis of Paramecium cell, Naoko Ogawa; Hiromasa Oku; Koichi Hashimoto; Masatoshi Ishikawa, 2006年09月, JOURNAL OF THEORETICAL BIOLOGY, 242, 2, 314, 328, 研究論文(学術雑誌)
  • Dynamics Modeling and Real-Time Observation of Galvanotaxis in Paramecium caudatum toward Robotic Maneuvering, Naoko Ogawa; Hiromasa Oku; Masatoshi Ishikawa; Koichi Hashimoto, 2006年07月05日, The 3rd International Symposium on Aero Aqua Bio-mechanisms, 2, 1, 8, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • High-speed autofocusing of a cell using diffraction patterns, H Oku; M Ishikawa; Theodorus; K Hashimoto, 2006年05月, OPTICS EXPRESS, 14, 9, 3952, 3960, 研究論文(学術雑誌)
  • Visualization and estimation of contact stimuli using living microorganisms, Anchelee Davies; Naoko Ogawa; Hiromasa Oku; Koichi Hashimoto; Masatoshi Ishikawa, 2006年, 2006 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON ROBOTICS AND BIOMIMETICS, VOLS 1-3, 445, +, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Organized motion control of a lot of microorganisms using visual feedback, Kiyonori Takahashi; Naoko Ogawa; Hiromasa Oku; Koichi Hashimoto, 2006年, 2006 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON ROBOTICS AND AUTOMATION (ICRA), VOLS 1-10, 1408, +, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Rapid liquid variable-focus lens with 2-ms response, Hiromasa Oku; Masatoshi Ishikawa, 2006年, 2006 IEEE LEOS ANNUAL MEETING CONFERENCE PROCEEDINGS, VOLS 1 AND 2, 947, +, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • High-speed focusing of cells using depth-from-diffraction method, Hiromasa Oku; Theodorus; Koichi Hashimoto; Masatoshi Ishikawa, 2006年, 2006 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON ROBOTICS AND AUTOMATION (ICRA), VOLS 1-10, 3636, +, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Visual feedback control for a cluster of microorganisms, Koichi Hashimoto; Kiyonori Takahashi; Naoko Ogawa; Hiromasa Oku, 2006年, 2006 SICE-ICASE INTERNATIONAL JOINT CONFERENCE, VOLS 1-13, 1068, +, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Evaluation and Suppression of Overrun of Microorganisms using Dynamics Model for Microrobotic Application, Naoko Ogawa; Hiromasa Oku; Koichi Hashimoto; Masatoshi Ishikawa, 2006年, INTELLIGENT AUTONOMOUS SYSTEMS 9, 1015, +, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • トラッキング顕微鏡による遊泳する微生物のin vivo計測, 奥寛雅; 尾川順子; 橋本浩一; 石川正俊, 2005年09月26日, バイオイメージング, 14, 3, 148, 149
  • Microrobotic visual control of motile cells using high-speed tracking system, N Ogawa; H Oku; K Hashimoto; M Ishikawa, 2005年08月, IEEE TRANSACTIONS ON ROBOTICS, 21, 4, 704, 712, 研究論文(学術雑誌)
  • Microorganism Tracking Microscope System, H. Oku; N. Ogawa; K. Hashimoto; M. Ishikawa, 2005年04月, 2005 IEEE International Conference on Robotics and Automation, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Two-dimensional tracking of a motile micro-organism allowing high-resolution observation with various imaging techniques, H Oku; N Ogawa; M Ishikawa; K Hashimoto, 2005年03月, REVIEW OF SCIENTIFIC INSTRUMENTS, 76, 3, 034301, 研究論文(学術雑誌)
  • Dynamics model of Paramecium galvanotaxis for microrobotic application, N Ogawa; H Oku; K Hashimoto; M Ishikawa, 2005年, 2005 IEEE International Conference on Robotics and Automation (ICRA), Vols 1-4, 1246, 1251, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • A microscopic visual feedback system, Hiromasa Oku; Idaku Ishii; Masatoshi Ishikawa, 2004年11月30日, Systems and Computers in Japan, 35, 13, 71, 79
  • Variable-focus lens with 1-kHz bandwidth, H Oku; K Hashimoto; M Ishikawa, 2004年05月, OPTICS EXPRESS, 12, 10, 2138, 2149, 研究論文(学術雑誌)
  • Single-cell level continuous observation of microorganism galvanotaxis using high-speed vision, N Ogawa; H Oku; K Hashimoto; M Ishikawa, 2004年, 2004 2ND IEEE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON BIOMEDICAL IMAGING: MACRO TO NANO, VOLS 1 and 2, 1331, 1334, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • Motile cell galvanotaxis control using high-speed tracking system, N Ogawa; H Oku; K Hashimoto; M Ishikawa, 2004年, 2004 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON ROBOTICS AND AUTOMATION, VOLS 1- 5, PROCEEDINGS, 1646, 1651, 研究論文(国際会議プロシーディングス)
  • キロヘルツオーダーで応答可能な高速ビジョンチップ用可変焦点レンズの構造, 奥寛雅; 石川正俊, 2002年, 光学, 31, 10, 758, 764
  • マイクロビジュアルフィードバックシステム, 奥寛雅; 石井抱; 石川正俊, 2001年06月01日, 電子情報通信学会論文誌. D-II, 情報・システム, II-パターン処理, 84, 6, 994, 1002
  • MVF(マイクロビジュアルフィードバック)の目ざすもの, 奥 寛雅, 2001年, エレクトロニクス, 46, 3, 28, 29
  • マイクロビジュアルフィードバックシステム, 奥寛雅; 石井抱; 石川正俊, 2001年, 電子情報通信学会誌 D-II, J84-D-II, 6, 994, 1002, 研究論文(学術雑誌)
  • Tracking a protozoon using high-speed visual feedback, H Oku; Ishii, I; M Ishikawa, 2000年, 1ST ANNUAL INTERNATIONAL IEEE-EMBS SPECIAL TOPIC CONFERENCE ON MICROTECHNOLOGIES IN MEDICINE & BIOLOGY, PROCEEDINGS, 156, 159, 研究論文(国際会議プロシーディングス)

MISC

  • 高速光学素子と高速画像処理によるダイナミックイメージコントロールとその応用展開, 奥 寛雅, 2020年12月, 光アライアンス, 31, 12, 46, 51, 記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)
  • Lumipong: 光学的高速トラッキングに基づく卓球の光投影による演出手法, 奥 寛雅, 2021年04月, 画像ラボ, 32, 4, 19, 24, 記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)
  • ピントが異なる複数の画像を同時に撮影できるカメラ技術, 奥寛雅,山登一輝,安富啓太,川人祥二, 2021年06月, JETI, 69, 6, 80, 83, 記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)
  • MVF(マイクロビジュアルフィードバック)の目ざすもの, 奥 寛雅, 2001年, エレクトロニクス, 46, 3, 28, 29, 記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)
  • ミリ秒レベルの高速応答を実現する液体可変焦点レンズ, 奥 寛雅, 2009年, O plus E, 31, 1, 1, 2, 記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)
  • A rapidly deformable liquid lens, Hiromasa Oku and Masatoshi Ishikawa, 2009年12月14日, SPIE Newsroom (Technical Article), 記事・総説・解説・論説等(その他)
  • 高速液体レンズによる映像制御技術, 奥寛雅,石川正俊, 2010年, 画像ラボ, 21, 9, 16, 22, 記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)
  • 高速ビジュアルフィードバックによる微生物トラッキング顕微鏡, 奥寛雅,石川正俊, 2011年, 機能材料, 31, 2, 39, 47, 記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)
  • 高速画像処理による運動細胞トラッキング, 奥寛雅,石川正俊, 2011年, O plus E, 33, 3, 268, 273, 記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)
  • 動く手のひらや物体に映像と触覚刺激を提示できるシステム 〜高速で無拘束な未来型情報環境の実現〜, 石川正俊,奥寛雅,篠田裕之, 2013年, O plus E, 35, 12, 1353, 1354, 記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)
  • 群馬大学大学院理工学府電子情報部門 奥研究室(研究室紹介), 奥寛雅, 2019年, 光アライアンス, 30, 4, 60, 62
  • 1msオートパン・チルト, 奥村光平,奥寛雅,石川正俊, 2014年, 画像ラボ, 25, 5, 8, 15, 記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)
  • Architectures and Applications of High-Speed Vision, Yoshihiro Watanabe; Hiromasa Oku; Masatoshi Ishikawa, 2014年11月, OPTICAL REVIEW, 21, 6, 875, 882, 書評論文,書評,文献紹介等
  • 運動する人体上に高速追従する映像投影への空中超音波触覚の重畳, 長谷川圭介; 末石智大; 奥村光平; 奥寛雅; 石川正俊; 篠田裕之, 2013年09月18日, 日本バーチャルリアリティ学会大会論文集(CD-ROM), 日本バーチャルリアリティ学会大会論文集(CD-ROM), 18th, ROMBUNNO.21E-4
  • 一枚の写真 動く手のひらや物体に映像と触覚刺激を提示できるシステム~高速で無拘束な未来型情報環境の実現~, 石川正俊; 奥寛雅; 篠田裕之, 2013年11月25日, O plus E, O plus E, 409, 1353, 1354
  • 駆動鏡面式高速視線制御を用いたステレオトラッキングによる動的対象への視触覚提示システム, 末石智大; 長谷川圭介; 奥村光平; 奥寛雅; 篠田裕之; 石川正俊, 2013年09月18日, 日本バーチャルリアリティ学会大会論文集(CD-ROM), 日本バーチャルリアリティ学会大会論文集(CD-ROM), 18th, ROMBUNNO.33D-4
  • 卓球への動的光線投影による新たなスポーツ演出手法創出の試み, 奥 寛雅, 2019年, 光技術コンタクト, 57, 4, 15, 21, 記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)
  • 食品のみを素材とする食べられる再帰性反射材とその応用, 奥 寛雅, 2019年, MATERIAL STAGE, 18, 10, 53, 56, 記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)
  • 食べられる光学素子, 奥 寛雅, 2018年, BIO INDUSTRY, 35, 12, 54, 62, 記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)
  • 食べられる再帰性反射材とその応用, 奥 寛雅, 2018年, OPTRONICS, 10, 143, 146, 記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)
  • Arbitrarily focused video using high-speed liquid lens, Hiroki Deguchi; Hiromasa Oku; Masatoshi Ishikawa, 2012年, SIGGRAPH Asia 2012 Posters, SA 2012, 10
  • High-Speed Vision and its Application Systems, Taku Senoo; Yuji Yamakawa; Yoshihiro Watanabe; Hiromasa Oku; Masatoshi Ishikawa, 2014年, Journal of Robotics and Mechatronics, 26, 3, 287, 301, 記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 高速画像処理を利用した撮像システムならびにその撮像処理への応用, 小室孝; 奥寛雅; 石井抱; 石川正俊, 2011年, 映像情報メディア学会誌, Kyokai Joho Imeji Zasshi/Journal of the Institute of Image Information and Television Engineers, 65, 10, 1376, 1380, 速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)
  • 高速ビジョンによる微生物トラッキング顕微鏡, 奥寛雅; 尾川順子; 石川正俊, 2009年, 49, 1, 11, 14
  • 瞬時に3次元構造を照らし出す構造化ライトフィールド, 奥寛雅; 小原彬寛, 2017年, 光技術コンタクト, 55, 8, 4, 11
  • 液体レンズとその応用, 奥寛雅, 2017年, 光アライアンス, 28, 11, 7, 11, 記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 高速ビジョンと科学計測, 奥寛雅; 末石智大, 2017年, 日本ロボット学会誌, 35, 8, 605, 609
  • 位相差顕微鏡法における遊泳細胞の三次元トラッキング, 奥寛雅, 2017年, 光学, 46, 7, 288, 292
  • 高速トラッキング撮影を可能にする1msオートパンチルトとその応用, 奥寛雅, 2016年, 映像情報メディア学会誌, 70, 5, 715, 718
  • 光学式視線制御機構による高速ビジュアルトラッキング, 奥寛雅, 2014年, 日本ロボット学会誌, 32, 9, 774, 778
  • 微生物トラッキング顕微鏡の原理と特徴, 奥寛雅; 石川正俊, 2013年, 映像情報メディア学会誌, 67, 9, 771, 775
  • 高速可変光学デバイスによるダイナミックイメージコントロール, 奥 寛雅, 2020年07月, 光学, 49, 7, 256, 262, 記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 食材のみで構成される食べられる光学素子, 奥 寛雅; 佐藤 美子, 2020年07月, 液晶, 24, 3, 166, 172, 記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • 高速トラッキングシステムによるスポーツの計測と演出, 奥 寛雅, 2020年, 日本ロボット学会誌, Journal of the Robotics Society of Japan, 38, 4, 334, 338, 記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)
  • ローバ型インタフェースによる微生物との実世界インタラクション, 菊田 恭平; 尾川 順子; 長谷川 健史; 奥 寛雅; Cassinelli Alvaro; 石川正俊, 2008年09月, 第 13 回日本バーチャルリアリティ学会大会 論文集, Proceedings of The 13th Annual Conference of the Virtual Reality Society of Japan (VRSJ 2008), 173, 176, 研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • 高速ビジュアルフィードバックを用いたトラッキング顕微鏡によるホヤ精子運動の長時間長距離観察, 柴 小菊; 奥 寛雅; 尾川 順子; 石川 正俊; 吉田 学, 2008年03月, 第 60 回日本動物学会関東支部大会 発表演題要旨, Abstracts of The 60th Kantou Branch Conference of Zoological Society of Japan, 36, 研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • 微生物との実世界インタラクションに向けたインタフェース用アバタロボットの制御, 川 順子; 長谷川 健史; 奥 寛雅; 石川 正俊, 2008年03月, インタラクション 2008 論文集, Interaction 2008, 0077, 研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • 高速ビジョンによる 3 次元トラッキングを用いた電場形成下での微生物運動計測, 長谷川 健史; 尾川 順子; 奥 寛雅; 石川 正俊長谷川; 尾川 順子; 奥 寛雅; 石川 正俊, 2007年05月, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会 2007 (ROBOMEC 2007) 講演論文集, Proceedings of 2007 JSME Conference on Robotics and Mechatronics (Robomec 2007), 2A2-O06, 研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • 高速ビジュアルフィードバックを用いたホヤ精子のトラッキング, 尾川 順子; 石川 貴彦; 奥 寛雅; 柴 小菊; 吉田 学; 石川 正俊, 2007年05月, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2007 (ROBOMEC '07) 講演論文集, Proceedings of 2007 JSME Conference on Robotics and Mechatronics (Robomec 2007), 2A2-O05, 研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • Microrobotic Control of Paramecium Cells using Galvanotaxis, Naoko Ogawa; Hiromasa Oku; Koichi Hashimoto; Masatoshi Ishikawa, 2005年07月, IEEE ROBIO '05 Workshop on Biomimetic Robotics and Biomimetic Control, IEEE ROBIO '05 Workshop on Biomimetic Robotics and Biomimetic Control, 研究発表ペーパー・要旨(国際会議)
  • ゾウリムシ電気走性のダイナミクスモデルによるオーバランの評価, 尾川順子; 奥寛雅; 橋本浩一; 石川正俊, 2005年06月, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会 2005 (ROBOMEC 2005) 講演論文集, 2005 JSME Conference on Robotics and Mechatronics (Robomec 2005), 2005, 2P1-N-078, 研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • ゾウリムシ電気走性のダイナミクスモデル, 尾川 順子; 奥 寛雅; 橋本 浩一; 石川 正俊, 2005年05月, 計測自動制御学会第 5 回制御部門大会 資料, Proceedings of SICE 5th Annual Conference on Control Systems, 691, 694, 研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • 高速トラッキングを用いたゾウリムシの運動制御, 尾川 順子; 奥 寛雅; 橋本 浩一; 石川 正俊, 2005年05月, 計測自動制御学会第 5 回制御部門大会 資料, Proceedings of SICE 5th Annual Conference on Control Systems, 687, 690, 研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • 微生物トラッキングのための高速ビジョン用動的輪郭モデル, 竹本征人; 尾川順子; 奥寛雅; 石川正俊; 橋本浩一, 2004年06月, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会 2004 (ROBOMEC '04) 講演論文集, Proceedings of 2004 JSME Conference on Robotics and Mechatronics (Robomec'04), 2004, 1A1-H-27, 研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • ゾウリムシの運動制御のための電流制御型電気刺激デバイス, 山根淳; 尾川順子; 奥寛雅; 橋本浩一; 石川正俊, 2004年06月, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会 2004 (ROBOMEC '04) 講演論文集, Proceedings of 2004 JSME Conference on Robotics and Mechatronics (Robomec'04), 2004, 1A1-H-28, 研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • 微生物の電気走性の継続観察システム, 尾川 順子; 奥 寛雅; 橋本 浩一; 石川 正俊, 2003年12月, 第 4 回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2003) 講演会論文集, Proceedings of The 4th SICE System Integration Division Annual Conference (SI2003), 2003, 385, 386, 研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • イメージインテンシファイア付高速視覚による微生物トラッキングシステム, 奥 寛雅; 尾川 順子; 橋本 浩一; 石川 正俊, 2003年09月, 計測自動制御学会 計測部門大会 第 20 回センシングフォーラム講演論文集, Proceedings of SICE 20th Sensing Forum, 20, 331, 334, 研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)
  • オーガナイズドバイオモジュールの実現に向けたゾウリムシの応答計測, 尾川順子; 奥寛雅; 橋本浩一; 石川正俊, 2003年05月, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会 2003 (ROBOMEC '03) 講演論文集, Proceedings of 2003 JSME Conference on Robotics and Mechatronics (Robomec'03), 2003, 2P2-3F-E3, 研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)

書籍等出版物

  • VR/AR技術における感覚の提示、拡張技術と最新応用事例, 奥寛雅, 高速ヘッドマウントディスプレイのための1000volume/s高速体積型ディスプレイの開発(第2章、第4節), 技術情報協会, 2021年, 63-73
  • 距離・画像センサの基礎と最先端, 共著, 奥寛雅, 構造化ライトフィールドによる距離画像計測(第2章,2-15), S&T出版, 2020年, 230, 151-158, ISBN: 978-4-907002-83-1
  • Bio-mechanisms of Swimming and Flying --- Fluid Dynamics, Biomimetic Robots, and Sports Science --- (N. Kato and S. Kamimura Eds.), Springer, 2008年, ISBN: 9784431733799
  • Human-Harmonized Information Technology --- Vertical Impact ---, Springer, 2016年
  • アクチュエータの新材料,駆動制御,最新応用技術, 技術情報協会, 2017年
  • ロボット制御学ハンドブック, 分担執筆, ターゲットトラッキング(第20章2節), 近代科学社, 2017年

講演・口頭発表等

  • 共振型走査ミラーとマルチタップロックインピクセル撮像素子による視線方向並列ランダムアクセスビジョン, 鎌田廉,奥寛雅,安富啓太,川人祥二, ロボティクス・メカトロニクス講演会2022 (ROBOMECH2022), 2022年06月03日, 2022年06月01日, 2022年06月04日, SORA 札幌コンベンションセンター,北海道, 日本国, 国内会議
  • MobileGoturns: Light-weight Deep Regression Networks for High-speed Visual Feedback System, Chanrathnak Borann, Hiromasa Oku, ロボティクス・メカトロニクス講演会2022 (ROBOMECH2022), 2022年06月03日, 2022年06月01日, 2022年06月04日, SORA 札幌コンベンションセンター,北海道, 日本国, 国内会議
  • 100Volumes/sライトシート顕微鏡によるクラミドモナスの3次元運動計測, 新井和樹,奥寛雅, ロボティクス・メカトロニクス講演会2022 (ROBOMECH2022), 2022年06月03日, 2022年06月01日, 2022年06月04日, SORA 札幌コンベンションセンター,北海道, 日本国, 国内会議
  • 食べられる2面コーナーリフレクタアレイの解像力向上にむけた形成手法, 大竹彰悟,奥寛雅, ロボティクス・メカトロニクス講演会2022 (ROBOMECH2022), 2022年06月03日, 2022年06月01日, 2022年06月04日, SORA 札幌コンベンションセンター,北海道, 日本国, 国内会議
  • 1000volume/s高速体積型ディスプレイにおける提示像と像提示位置の同時制御, 深野悠吾,鳥羽翔,久保佑輝也,奥寛雅, ロボティクス・メカトロニクス講演会2022 (ROBOMECH2022), 2022年06月03日, 2022年06月01日, 2022年06月04日, SORA 札幌コンベンションセンター,北海道, 日本国, 国内会議
  • レーザーディスプレイを用いた遠方の動的対象へのプロジェクションマッピング手法の基礎検討, 井内将俊,樋口詩乃,奥寛雅, ロボティクス・メカトロニクス講演会2022 (ROBOMECH2022), 2022年06月03日, 2022年06月01日, 2022年06月04日, SORA 札幌コンベンションセンター,北海道, 日本国, 国内会議
  • 飴製の食べられるライトパイプによる光る料理の提案と基礎評価, 林鈴乃,奥寛雅, ロボティクス・メカトロニクス講演会2022 (ROBOMECH2022), 2022年06月03日, 2022年06月01日, 2022年06月04日, SORA 札幌コンベンションセンター,北海道, 日本国, 国内会議
  • ボール上への動的な2色光線投影による卓球の演出手法, 山崎祥吾,奥寛雅, ロボティクス・メカトロニクス講演会2022 (ROBOMECH2022), 2022年06月03日, 2022年06月01日, 2022年06月04日, SORA 札幌コンベンションセンター,北海道, 日本国, 国内会議
  • 1000volume/s高速体積型ディスプレイの双眼化, 鳥羽翔,久保佑輝也,深野悠吾,奥寛雅, ロボティクス・メカトロニクス講演会2022 (ROBOMECH2022), 2022年06月03日, 2022年06月01日, 2022年06月04日, SORA 札幌コンベンションセンター,北海道, 日本国, 国内会議
  • 撮像の明るさ向上のためのデコンボリューションに基づく視線方向ランダムアクセスビジョン手法の提案, 平山大夢,奥寛雅,安富 啓太,川人 祥二, 第40回日本ロボット学会学術講演会 (RSJ2022), 2022年09月06日, 2022年09月05日, 2022年09月09日, 東京大学本郷キャンパス,東京, 日本国, 国内会議
  • XY2軸のミラー振動によるランダムアクセスビジョンの視線方向の拡張手法, 水戸部真澄,奥寛雅,安富 啓太,川人 祥二, 第40回日本ロボット学会学術講演会 (RSJ2022), 2022年09月06日, 2022年09月05日, 2022年09月09日, 東京大学本郷キャンパス,東京, 日本国, 国内会議
  • 複数焦点の同時撮像手法であるSimulfocus Imagingによる顕微鏡下三次元計測の基礎評価, 松島完忠,奥寛雅, 第40回日本ロボット学会学術講演会 (RSJ2022), 2022年09月07日, 2022年09月05日, 2022年09月09日, 東京大学本郷キャンパス,東京, 日本国, 国内会議
  • 1面投影と2面投影のストレス緩和効果における唾液αアミラーゼ活性の比較検証, 荻原 弘幸,船戸優希,奥 寛雅, 第27回日本バーチャルリアリティ学会大会 (VRSJ2022), 2022年09月12日, 2022年09月12日, 2022年09月14日, 札幌市立大学芸術の森キャンパス,北海道, 日本国, 国内会議
  • 遠方を飛翔するスクリーンへの動的プロジェクションマッピングによる空中ディスプレイの提案, 井内将俊,廣橋惟冬,奥寛雅, 第27回日本バーチャルリアリティ学会大会 (VRSJ2022), 2022年09月12日, 2022年09月12日, 2022年09月14日, 札幌市立大学芸術の森キャンパス,北海道, 日本国, 国内会議
  • 無限運動錯視を誘起する映像が運動する状況を提示する投影系の開発, 新井好明,奥寛雅, 第27回日本バーチャルリアリティ学会大会 (VRSJ2022), 2022年09月13日, 2022年09月12日, 2022年09月14日, 札幌市立大学芸術の森キャンパス,北海道, 日本国, 国内会議
  • 食べられるライトパイプに対する非接触の光供給手法, 船戸優希,林鈴乃,奥寛雅, 第27回日本バーチャルリアリティ学会大会 (VRSJ2022), 2022年09月14日, 2022年09月12日, 2022年09月14日, 札幌市立大学芸術の森キャンパス,北海道, 日本国, 国内会議
  • A 100 volume/s light-sheet microscope applied to 3D motion measurement of freely swimming cells, Kazuki Arai, Hiromasa Oku, OPTICA Imaging and Applied Optics Congress 2022, 2022年07月15日, 2022年07月11日, 2022年07月15日, カナダ, 国際会議
  • ダイナミックイメージコントロールの新展開, 奥寛雅, 一般社団法人光産業技術振興協会主催 2022年度OITDAセミナー「サイバー・フィジカル社会の実現に向けた光技術」, 2022年06月17日, 東京ビックサイト,東京, 日本国
  • Dynamic Displays based on High-Speed Optical Components, Hiromasa Oku, The 22nd International Meeting on Information Display (iMiD 2022), 2022年08月25日, 大韓民国, 国際会議
  • ダイナミックイメージコントロールで描くメタバース, 奥寛雅, 第29回レーザーディスプレイ技術研究会, 2022年09月16日, 2022年09月16日, 2022年09月16日, 日亜化学工業横浜研究所,神奈川, 日本国
  • 医療的ケア児の看護にむけた映像投影によるストレス軽減手法の基礎検討, 荻原 弘幸,船戸 優希,奥 寛雅, 第26回一般社団法人情報処理学会シンポジウム インタラクション2022, 2022年02月28日, 2022年02月28日, 2022年03月02日
  • 2020年度技術戦略策定 光テクノロジーロードマップ −スマートファクトリーフォトニクス−, 奥寛雅, 一般財団法人光産業技術振興協会主催 2021年度光技術動向セミナー, 2021年07月01日, パシフィコ横浜アネックスホール,横浜,神奈川, 日本国
  • 共振型液体レンズとガルバノスキャナの同期制御による100volumes/sライトシート顕微鏡, 新井和樹,奥寛雅, 日本光学会年次学術講演会 Optics & Photonics Japan 2021 (OPJ2021), 2021年10月28日, 2021年10月26日, 2021年10月29日, 国立オリンピック記念青少年総合センター, 東京/オンラインハイブリッド開催, 日本国, 国内会議
  • 1000volumes/s高速体積型ディスプレイによる提示奥行位置と提示像のミリ秒同時制御, 深野 悠吾,鳥羽 翔,奥 寛雅, 第 26回日本バーチャルリアリティ学会大会 (VRSJ2021), 2021年09月12日, 2021年09月12日, 2021年09月14日
  • フォーカスとシート光のミリ秒制御による高速ライトシート顕微鏡, 新井和樹,奥寛雅, 第39回日本ロボット学会学術講演会(RSJ2021), 2021年09月10日, 2021年09月08日, 2021年09月11日
  • 共振型可変焦点レンズと短時間露光カメラの同期制御による高速オートフォーカス顕微鏡の提案, 山登一輝,生方知弥,奥寛雅, ロボティクス・メカトロニクス講演会2021 (ROBOMECH2021), 2021年06月07日, 2021年06月06日, 2021年06月08日
  • TAGレンズとイメージインテンシファイアを用いた蛍光ビーズの高速三次元トラッキング, 井内将俊,山登一輝,奥寛雅, ロボティクス・メカトロニクス講演会2021 (ROBOMECH2021), 2021年06月07日, 2021年06月06日, 2021年06月08日
  • Wide Angular Range Dynamic Projection Mapping Method Applied to the Projection on a Flying Drone, Shino Higuchi and Hiromasa Oku, ACM SIGGRAPH 2021 Posters (SIGGRAPH '21), 2021年08月09日, 2021年08月13日, 国際会議
  • 高速光学デバイスによるダイナミックイメージコントロール, 奥寛雅, 一般財団法人光産業技術振興協会 第461回光産業技術マンスリーセミナー, 2021年10月19日
  • Arbitrary and multiple focusing with resonant type liquid lens based on nanoseconds timing control (Keynote), Hiromasa Oku, International Computational Imaging Conference (CSOE-CITA 2021), 2021年09月25日, 2021年09月24日, 2021年09月26日, 国際会議
  • 露光タイミング制御による任意フォーカス技術, 奥寛雅, 日本工業技術振興協会 次世代画像入力ビジョンシステム部会定例会 第193回, 2021年09月24日
  • Arbitrary and multiple focusing based on TAG lens and nanoseconds timing control, Hiromasa Oku, OSK-OSA-OSJ Joint Symposia on Optics, Optics and Photonics Congress 2021, 2021年07月07日, 2021年07月04日, 2021年07月07日
  • 1kHzの帯域幅を持つ高速可変焦点レンズ, 奥寛雅,橋本浩一,石川正俊, 日本光学会年次学術講演会 Optics Japan 2005, 2005年11月23日
  • マイクロビジュアルフィードバックとその応用 -動け,顕微鏡-, 奥 寛雅, 第3回21世紀COE7大学拠点合同シンポジウム 特別講演, 2007年03月09日
  • 高速・高解像力液体レンズによるダイナミックイメージコントロール, 奥寛雅,石川正俊, 映像情報メディア学会情報センシング研究会, 2009年11月13日
  • 顕微鏡の高速制御技術とその生物学への応用, 奥 寛雅, 定量生物学の会 第三回年会, 2010年11月27日
  • 高速液体レンズによるダイナミックイメージコントロール, 奥 寛雅, 次世代画像入力ビジョン・システム部会第134回定例会, 2010年11月29日
  • ダイナミックイメージコントロールとその生物運動計測への応用, 奥 寛雅, 第26回エアロ・アクアバイオメカニズム研究会講演会, 2011年10月28日
  • 高速光学系によるダイナミックイメージコントロール, 奥 寛雅, 第35回センサ&アクチュエータ技術シンポジウム,画像センシングとその応用, 2011年06月22日
  • 安全・安心を支える高速映像制御技術, 奥 寛雅, フォトニクス技術フォーラム 平成23年度第4回光技術研究会, 2012年02月10日
  • Dynamic imaging based on high-speed optical components (Keynote Lecture), Hiromasa Oku, The 5th International Symposium on Aero Aqua Bio-Mechanisms (ISABMEC 2012), 2012年08月26日
  • Dynamic image control based on high-speed optical devices, Hiromasa Oku, The 5th International Symposim on Photoelectronic Detection and Imaging (ISPDI2013), 2013年06月26日
  • 光学系の高速制御に基づくロボプティクス, 奥 寛雅, 映像情報メディア学会情報センシング研究会, 2013年11月15日
  • ミリセカンド高速・高解像力液体可変焦点レンズ, 奥 寛雅, イノベーションジャパン2008新技術説明会, 2008年
  • 光学的視線制御機構の原理と応用 -撮像光学系を改造するには-, 奥 寛雅, 日本ロボット学会主催 第134回 ロボット工学セミナー「ロボットのための画像処理技術」第1話, 2021年05月18日
  • 食べられる再帰性反射材による食の新たな演出方法, 材料 新技術説明会, 2018年07月12日
  • 食べられる再帰性反射材が拓く新たな食体験, イノベーション・ジャパン2018, 2018年08月30日, 2018年08月31日
  • 食べられる再帰性反射材による料理へのプロジェクションマッピング, デジタルコンテンツEXPO (DCEXPO2018), 2018年11月14日, 2018年11月16日
  • 新規光学素子が拓く動的映像制御技術, 産学連携オンラインマッチングEXPO, 2020年12月15日, 2020年12月17日
  • 飴を材料とする食べられる再帰性反射材とその応用, 奥寛雅,佐藤美子, 一般社団法人レーザー学会学術講演会第40回年次大会, 2020年01月22日
  • 動的映像制御によるスポーツの新たな演出手法, 奥 寛雅, 第26回レーザーディスプレイ技術研究会, 2020年02月14日
  • TAGレンズと露光タイミング制御による瞬時フォーカス切り替えとその動的映像制御への応用, 奥 寛雅, 光とレーザーの科学技術フェア2020 イメージセンシングセミナー, 2020年11月13日
  • 共振型液体レンズと露光タイミング制御によるマイクロ秒フォーカシングとその応用, 奥寛雅,山登一輝,安富啓太,川人祥二, 一般社団法人映像情報メディア学会 情報センシング研究会, 2020年11月20日
  • AIS1/PRJ1-3L Arbitrary Focusing based on Nano-Second Multi-Exposure and TAG Lens, Hiromasa Oku, Kazuki Yamato, Keita Yasutomi, Shoji Kawahito, The 27th International Display Workshops (IDW'20), 2020年12月09日
  • 高精度な食べられる基準マーカの提案と試作, 第24回一般社団法人情報処理学会シンポジウム インタラクション2020, 2020年03月09日, 国内会議
  • 透過型HMD のための1000volumes/s 高速体積型ディスプレイの試作と性能評価, ロボティクス・メカトロニクス講演会2020 (ROBOMECH2020), 2020年05月28日, 国内会議
  • イメージインテンシファイアとTAGレンズによる蛍光物質の高速三次元計測, ロボティクス・メカトロニクス講演会2020 (ROBOMECH2020), 2020年05月28日, 国内会議
  • TeCEカメラとTAGレンズによるフレーム毎焦点距離選択原理に基づく遊泳細胞の高速三次元トラッキング, ロボティクス・メカトロニクス講演会2020 (ROBOMECH2020), 2020年05月28日, 国内会議
  • 2台の平行設置プロジェクタによるサブミリメートル高速高精度三次元推定手法と人の不随意運動計測への応用, ロボティクス・メカトロニクス講演会2020 (ROBOMECH2020), 2020年05月28日, 国内会議
  • 1000volumes/s高速体積型ディスプレイによる像提示奥行位置の実物体への追従制御, 第 25 回日本バーチャルリアリティ学会大会 (VRSJ2020), 2020年09月17日, 国内会議
  • CNNに基づく300fpsビジュアルフィードバックによるトラッキング手法の検討, 第38回日本ロボット学会学術講演会(RSJ2020), 2020年10月11日, 国内会議
  • 1000-volume/s高速体積型ディスプレイにおける多ビット画像提示手法の提案, 日本光学会年次学術講演会 Optics & Photonics Japan 2020 (OPJ2020), 2020年11月17日, 国内会議
  • High Speed Three Dimensional Tracking of Swimming Cell by Synchronous Modulation between TeCE Camera and TAG Lens, the 2020 IEEE International Conference on Robotics and Automation (ICRA 2020), 2020年06月03日, 国際会議
  • Vergence-accommodation conflict free near eye volumetric display principle with high-speed display rate of 1000 volumes/s, OSA Imaging and Applied Optics Congress, 2020年06月26日, 国際会議
  • Simulfocus imaging: quasi-simultaneous multi-focus imaging using Lock-in Pixel imager and TAG lens, Proc. ACM SIGGRAPH 2020 Emerging Technologies (SIGGRAPH '20), 2020年08月28日, 2020年08月17日, 2020年08月28日, 国際会議
  • 新規光学素子による動的映像制御 -食べられる再帰性反射材から液体レンズまで-, 奥 寛雅, 一般社団法人日本オプトメカトロニクス協会 第3回光部品生産技術部会講演会, 2019年11月27日
  • TAGレンズと照明・撮像系の同期制御による高速ライトシート顕微鏡の検討, 定量生物学の会 北海道キャラバン2019, 2019年11月, 2019年11月06日, 2019年11月07日, 国内会議
  • 遊泳細胞の高速三次元トラッキング, 定量生物学の会 北海道キャラバン2019, 2019年11月, 2019年11月06日, 2019年11月07日, 国内会議
  • TeCEカメラによる顕微鏡下対象の⾼速フィードバック, 定量生物学の会 第9回年会, 2019年01月, 2019年01月13日, 2019年01月14日, 国内会議
  • TAG レンズと照明・撮像系の同期制御による⾼速3 次元顕微鏡, 定量生物学の会 第9回年会, 2019年01月, 2019年01月13日, 2019年01月14日, 国内会議
  • 飴を材料とした食べられる再帰性反射材の提案と試作, 第23回一般社団法人情報処理学会シンポジウム インタラクション2019, 2019年03月06日, 国内会議
  • 絞りを内蔵する食べられるレンズの試作と評価, ロボティクス・メカトロニクス講演会2019 (ROBOMECH2019), 2019年06月06日, 国内会議
  • 台の平行設置プロジェクタによる高速かつ高精度な三次元情報計測手法を用いた動的プロジェクションマッピング, ロボティクス・メカトロニクス講演会2019 (ROBOMECH2019), 2019年06月07日, 国内会議
  • 360度全方位高速人物追跡システム, ロボティクス・メカトロニクス講演会2019 (ROBOMECH2019), 2019年06月07日, 国内会議
  • ピストン駆動解析のための大型ミラーによるピストン追従手法, ロボティクス・メカトロニクス講演会2019 (ROBOMECH2019), 2019年06月07日, 国内会議
  • TeCEカメラによる遊泳細胞の高速三次元位置計測手法, ロボティクス・メカトロニクス講演会2019 (ROBOMECH2019), 2019年06月07日, 国内会議
  • 共振型可変焦点レンズと露光タイミング動的制御によるミリ秒高速オートフォーカス, 第37回日本ロボット学会学術講演会(RSJ2019), 2019年09月04日
  • 1000volumes/s高速体積型ディスプレイ用光学系の基礎評価, 第 24 回日本バーチャルリアリティ学会大会 (VRSJ2019), 2019年09月11日, 国内会議
  • 高速HMDのための1000volumes/s高速体積型ディスプレイ原理の提案, 第 24 回日本バーチャルリアリティ学会大会 (VRSJ2019), 2019年09月11日, 国内会議
  • 2層構造の飴による食品の直接付与に安定で高反射率の食べられる再帰性反射材, 第 24 回日本バーチャルリアリティ学会大会 (VRSJ2019), 2019年09月11日, 国内会議
  • 高速視線制御系に基づく200m望遠計測における画像制振手法, 日本光学会年次学術講演会 Optics & Photonics Japan 2019 (OPJ 2019), 2019年12月03日, 国内会議
  • Edible Retroreflector Made of Candy, the 26th IEEE International Conference on Virtual Reality and 3D User Interfaces (IEEE VR 2019), 2019年03月26日, 国際会議
  • Edible lens made of agar, the 26th IEEE International Conference on Virtual Reality and 3D User Interfaces (IEEE VR 2019), 2019年03月27日, 国際会議
  • Edible optics and its potential applications, 2nd Workshop on The Future of Computing & Food, 2019年03月28日, 国際会議
  • 再帰性寒天反射材を利用した料理上へのプロジェクションマッピング, 奥 寛雅, 第22回レーザーディスプレイ技術研究会, 2018年02月09日
  • 新規光学素子によるダイナミックイメージコントロール, 奥 寛雅, 第67回PST-net例会, 2018年04月20日
  • Edible Retroreflector for Dynamic Projection Mapping on Foods, Hiromasa Oku, Laser Display and Lighting Conference (LDC2018), 2018年04月24日
  • 食べられる光学素子が拓く食の映像演出手法, 奥 寛雅, 第43回光学シンポジウム, 2018年06月21日
  • 高速画像処理の光学顕微鏡応用, 奥 寛雅, WINDSフォーラム・セミナー, 2018年07月02日
  • 高速液体レンズとその動的映像制御への応用, 奥 寛雅, 公益社団法人精密工学会 次世代センサ・アクチュエータ専門委員会 第14回定期講習会, 2018年07月13日
  • ダイナミックイメージコントロールとその高速三次元情報計測への応用, 奥 寛雅, 平成30年度フォトニクス技術フォーラム 第1回研究会, 2018年07月20日
  • 食べられる光学素子とその料理上映像投影への応用, 奥 寛雅, 電子情報通信学会ソサエティ大会, 2018年09月12日
  • ダイナミックイメージコントロールとその応用, 奥 寛雅, 群馬大学次世代モビリティオープンイノベーション協議会第4回要素技術開発研究会, 2018年09月27日
  • 動的プロジェクションマッピングによる新たなスポーツ演出手法の基礎検討, ロボティクス・メカトロニクス講演会2018 (ROBOMECH2018), 2018年06月05日, 国内会議
  • 高速・高解像度望遠計測のための3枚鏡方式視線制御システムの試作, ロボティクス・メカトロニクス講演会2018 (ROBOMECH2018), 2018年06月05日, 国内会議
  • 顕微鏡による高速三次元計測のための符号化露光カメラの開発, ロボティクス・メカトロニクス講演会2018 (ROBOMECH2018), 2018年06月05日, 国内会議
  • 光源制御型1ms三次元フィードバック顕微鏡によるフォーカストラッキング, ロボティクス・メカトロニクス講演会2018 (ROBOMECH2018), 2018年06月05日, 国内会議
  • 2台の平行設置プロジェクタによる高精度かつ高速な3次元距離画像計測手法, ロボティクス・メカトロニクス講演会2018 (ROBOMECH2018), 2018年06月05日, 国内会議
  • 準最適模様による卓球サーブ高精度回転情報計測, 第24回画像センシングシンポジウム (SSII 2018), 2018年06月15日, 国内会議
  • 2台の平行設置プロジェクタによる高精度かつ1msでの高速距離画像計測手法, 第36回日本ロボット学会学術講演会 (RSJ 2018), 2018年09月07日, 国内会議
  • 食べられるレンズの試作, 第23回日本バーチャルリアリティ学会大会 (VRSJ 2018), 2018年09月20日, 国内会議
  • 卓球への光線投影による新たなスポーツ演出方法の検討, 第23回日本バーチャルリアリティ学会大会 (VRSJ 2018), 2018年09月21日, 国内会議
  • 1 ms 3D Feedback Microscope with 69 kHz Synchronous Modulation of Focal Position and Illumination, the 2018 IEEE International Conference on Robotics and Automation (ICRA 2018), 2018年05月23日, 国際会議
  • Development of a coded exposure camera for high-speed 3D measurememt using microscope, OSA Imaging and Applied Optics Congress, 2018年06月26日, 国際会議
  • Edible Projection Mapping, In Proceedings of Siggraph Asia'18 (SA'18) Emerging Technologies, 2018年12月, 2018年12月05日, 2018年12月07日, 国際会議
  • Temporally Coded Exposure Camera for High-Speed Feedback of Microscopic 3D Information, 2018 IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics (ROBIO 2018), 2018年12月14日, 国際会議
  • Fundamental study on ultra high-speed 3D biological imaging using a tunable acoustic gradient (TAG) index device, Hiromasa Oku, International Workshop on Quantitative Biology 2017, 2017年04月15日
  • 高速距離画像計測を実現する構造化ライトフィールド法, 奥 寛雅, 一般社団法人日本光学会光設計研究グループ第62回研究会, 2017年07月14日
  • Dynamic Imaging Technologies Using High-speed Optical Components (invited), Hiromasa Oku, International Symposium on Imaging, Sensing, and Optical Memory 2017 (ISOM'17), 2017年10月23日
  • 食べられる再帰性反射材の試作と応用, 奥 寛雅, 一般社団法人電子情報通信学会ポリマー光部品技術特別研究専門委員会 第38回ポリマー光部品(POC)研究会, 2017年11月24日
  • 食べられる再帰性反射材の提案と試作, 第21回一般社団法人情報処理学会シンポジウム インタラクション2017, 2017年03月02日, 国内会議
  • 1msオートパン・チルトによる目の高速トラッキングアルゴリズム, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会 2017 (Robomech 2017), 2017年05月11日, 国内会議
  • 構造化ライトフィールド法とレーザープロジェクタを用いた動的プロジェクションマッピング, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会 2017 (Robomech 2017), 2017年05月12日, 国内会議
  • 焦点位置と照明の 70kHz 同期変調による光源制御型高速ボリュームフィードバック顕微鏡の基礎検討, 第35回日本ロボット学会学術講演会(RSJ2017), 2017年09月14日, 国内会議
  • 正弦形状構造化ライトフィールドによる1msでのロバストな距離推定, 第35回日本ロボット学会学術講演会(RSJ2017), 2017年09月14日, 国内会議
  • 食べられる再帰性反射材による食べられるARマーカーの提案と試作, 第22回日本バーチャルリアリティ学会大会 (VRSJ2017), 2017年09月29日, 国内会議
  • 光学系の高速制御による動的画像利用技術, 奥 寛雅, 大阪電気通信大学情報学研究施設視覚情報学講演会―視覚メディアの最新動向―, 2016年01月09日
  • 光学系の高速制御が拓く画像・映像利用技術の新展開, 奥 寛雅, 画像電子学会 Advanced Image Seminar 2016 『次世代人工知能技術の最新動向と応用』, 2016年06月01日
  • 高速トラッキング撮影を可能にする1msオートパンチルトとその応用, 奥 寛雅, 2016年映像情報メディア学会年次大会 シンポジウム4 映像情報を用いた物体追跡技術の最前線とスポーツ科学への応用動向, 2016年09月02日
  • Dynamic Image Control based on High-Speed Optical Devices and its Applications in Sports Science, Hiromasa Oku, Japan Table Tennis Association Sports Science and Medicine Committee International Meeting 2016, Special Program, 2016年09月24日
  • 光学系と画像処理系の高速化による動的画像応用システム, 奥 寛雅, 国立大学法人豊橋技術科学大学 平成28年度 EIIRISプロジェクト研究成果報告会 招待講演III, 2016年11月10日
  • HARIキーボード:超小型タッチパネル端末向け日本語入力キーボード, 第20回一般社団法人情報処理学会シンポジウム インタラクション2016, 2016年03月03日, 国内会議
  • 3枚の回転鏡を用いた高速かつ広範囲な視線制御機構用ミラーの開発, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会 (Robomech 2016), 2016年06月10日
  • 2台の1msオートパンチルトシステムによるステレオトラッキングとそのスポーツへの応用, 2016年映像情報メディア学会年次大会, 2016年09月01日, 国内会議
  • 大型ミラーを使用した高速飛翔物体の高解像度映像計測, 2016年映像情報メディア学会年次大会, 2016年09月01日, 国内会議
  • プロジェクタを用いた構造化ライトフィールド法に おける 計測パラメータ決定法, 第34回日本ロボット学会学術講演会(RSJ2016), 2016年09月07日, 国内会議
  • 高速光学系による動的撮像技術が拓く新たな映像表現の世界, 奥 寛雅, 一般財団法人群馬大学科学技術振興会セミナー, 2015年11月20日
  • 高速パンチルトユニットによる高精細・広範囲画像計測技術, 奥 寛雅, (一社)日本鉄鋼協会 学会部門 計測・制御・システム工学部会/生産技術部門主催 計測・制御・システム工学部会シンポジウム(制御技術部会共催)「画像計測に基づく設備診断技術」, 2015年11月26日
  • 食べられる再帰性反射材の反射パターンに基づく位置姿勢基準マーカー, 船戸優希,奥寛雅, 第25回一般社団法人情報処理学会シンポジウム インタラクション2021, 2021年03月12日, 2021年03月10日, 2021年03月12日, 国内会議
  • 3枚鏡方式の視線制御系による広範囲かつ高速な動的プロジェクションマッピング手法, 樋口詩乃,奥寛雅, 第25回一般社団法人情報処理学会シンポジウム インタラクション2021, 2021年03月11日, 2021年03月10日, 2021年03月12日, 国内会議
  • 食べられる2面コーナーリフレクタアレイの提案と試作, 大竹彰悟,奥寛雅, 第25回一般社団法人情報処理学会シンポジウム インタラクション2021, 2021年03月10日, 2021年03月10日, 2021年03月12日, 国内会議
  • Improving CNN-based Tracking Method for Visual Feedback System to Perform Online Tracking at 300fps, Chanrathnak Borann, Masaki Yamashita, Hiromasa Oku, Optics & Photonics International Congress 2021 (OPIC 2021), 2021年04月21日, 国際会議
  • Development of 3D single particle tracking system with an electrically tunable lens, NIG International Symposium 2016 Japan Q-Bio week, 2016年
  • A Weak Power Enhanced Liquid-Membrane-Liquid Lens by a Pretension Elastic Membrane, Frontiers in Optics 2013, OSA's 97th annual meeting, 2013年
  • Gaze Matching Capturing for a High-speed Flying Object, International Conference on Instrumentation, Control, Information Technology and System Integration (SICE Annual Conference 2013), 2013年
  • Acitve Projection AR using High-speed Optical Axis Control and Appearance Estimation Algorithm, 2013 IEEE International Conference on Multimedia and Expo (ICME 2013), 2013年
  • A solution of pre-tension membrane for improving the usability of liquid-membrane-liquid lens in its weak power area, 2nd EOS Conference on Optofluidics (EOSOF 2013), 2013年
  • Measurement of temporal response characteristics of liquid-liquid interface with a pinned contact line for high-speed liquid lens design, 2nd EOS Conference on Optofluidics (EOSOF 2013), 2013年
  • Development of variable-focal lens with liquid-membrane-liquid structure and 30mm optical aperture, SPIE Photonics West 2013, 2013年
  • Adaptive achromatic doublet design by double variable-focus lenses, SPIE Optics + Photonics 2014, 2014年
  • A pair of diopter adjustable eyeglasses for presbyopia vision correction, SPIE Optics + Photonics 2014, 2014年
  • Developing an immediate feedback system on ball rotation speed in table tennis, Japan Table Tennis Association Sports Science and Medicine Committee International Meeting, 2015年
  • High-speed microscopy with an electrically tunable lens to image the dynamics of in vivo molecular complexes, Quantitative Bioimaging Conference (QBI 2015), 2015年
  • Robust High-speed Tracking against Illumination Changes for Dynamic Projection Mapping, IEEE Virtual Reality Conference (VR2015), 2015年
  • Dynamic Image Control based on High-speed Optical Component, Hiromasa Oku, Taoyaka Program Seminar, Hiroshima University, 2015年06月01日
  • Mirror-based High-speed Gaze Controller Calibration with Optics and Illumination Control, 2015 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems, 2015年
  • High resolution imaging of a subsonic projectile using automated mirrors with large aperture, The 31st International Congress on High-speed Imaging and Photonics (31st ICHSIP), 2016年
  • High-Speed Liquid lens for Computer Vision, 2010 IEEE International Conference on Robotics and Automation (ICRA 2010), 2010年
  • Arbitrarily Focused Video Using High-speed Liquid Lens, 5th ACM SIGGRAPH Conference and Exhibition on Computer Graphics and Interactive Techniques in Asia (SIGGRAPH ASIA 2012), 2012年
  • A Liquid Lens with Liquid-Membrane-Liquid Structure, Frontiers in Optics 2012, 2012年
  • Lumipen: Projection-Based Mixed Reality for Dynamic Objects, 2012 IEEE International Conference on Multimedia and Expo (ICME 2012), 2012年
  • High-Speed Gaze Controller for Millisecond-order Pan/tilt Camera, 2011 IEEE International Conference on Robotics and Automation (ICRA 2011), 2011年
  • High-speed liquid lens with 2-ms response and 80.3-nm root-mean-square wavefront error, SPIE Photonics West 2010, 2010年
  • High-speed variable-focus optical system for extended depth of field, IEEE International Symposium on Industrial Electronics (ISIE 2009), 2009年
  • High-speed gaze controller with ultra wide gaze control range using triple rotational mirrors, 2016 IEEE International Conference on Robotics and Automation (ICRA 2016), 2016年
  • Design Principles of a High-speed Omni-scannable Gaze Controller, 2016 IEEE International Conference on Robotics and Automation (ICRA 2016), 2016年
  • 1msオートパンチルトによる高速白色物体トラッキング, 映像情報メディア学会2015年冬季大会, 2015年
  • 卓球サーブ練習のための回転情報リアルタイム提示システム, 映像情報メディア学会2015年冬季大会, 2015年
  • 時間幾何学的整合性を有する動的物体へのプロジェクションマッピング, 第20回画像センシングシンポジウム (SSII2014), 2014年
  • 構造化ライトフィールドの投影による実時間距離計測, 第32回日本ロボット学会学術講演会, 2014年
  • 1msオートパンチルトのためのパターンマーカーの基礎検討, 第15回公益社団法人計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2014), 2014年
  • 微生物トラッキング顕微鏡の原理と応用, 奥 寛雅, 日本顕微鏡学会第70回記念学術講演会, 2014年05月11日
  • 希少放線菌Actinoplanes missouriensisの運動性胞子の走化性制御メカニズムの解析, 日本農芸化学会2015年度大会, 2015年
  • プロジェクターを用いた構造化ライトフィールドの投影による高速三次元距離計測, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2015 (Robomech 2015), 2015年
  • プロジェクターを用いた構造化ライトフィールドの投影による高速三次元距離計測とトラッキングへの応用, 第21回画像センシングシンポジウム (SSII2015), 2015年
  • 1msオートパンチルトを用いた卓球のリアルタイム回転推定システム, 第21回画像センシングシンポジウム (SSII2015), 2015年
  • 3枚の回転鏡による高速・広範囲視線制御機構の試作, 第33回日本ロボット学会学術講演会 (RSJ2015), 2015年
  • 動的プロジェクションマッピングのための再帰性反射マーカー, 第20回日本バーチャルリアリティ学会大会 (VRSJ2015), 2015年
  • 【撮像制御・プロジェクションマッピング×超高速ビジョン】現実を人に合わせて改変するダイナミックイメージコントロール, 奥 寛雅, 日経エレクトロニクスセミナー「1000フレーム/秒が起こす革命~クルマが変わる、ロボットが変わる、産業が変わる~」, 2015年06月15日
  • Edible Retroreflector, 23rd ACM Symposium on Virtual Reality Software and Technology (VRST '17), 2017年11月08日
  • 液体可変焦点レンズの応用に向けた焦点距離計測機構の基礎評価, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2013(ROBOMEC 2013), 2013年
  • 手の振戦のアクティブ制御による微細作業支援手法の提案, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2009 (ROBOMEC 2009), 2009年
  • 高速視線制御システムを用いた物体追跡のための背景除去アルゴリズム, 第13回公益社団法人計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2012), 2012年
  • 焦点スキャン画像群による動的シーンにおける新たな三次元運動認識手法, 第18回画像センシングシンポジウム (SSII2012), 2012年
  • 位相差顕微鏡法における遊泳細胞の三次元トラッキング, 第17回画像センシングシンポジウム (SSII2011), 2011年
  • 自由運動する球面鏡の高速高解像度トラッキングによる動的な周囲環境イメージング, 第17回日本バーチャルリアリティ学会大会 (VRSJ2012), 2012年
  • 動的対象への投影型拡張現実感, 2012年映像情報メディア学会年次大会, 2012年
  • 追跡的光線投影による残像を用いた大空間情報提示手法の提案と基礎検討, 第18回日本バーチャルリアリティ学会大会(VRSJ2013), 2013年
  • 駆動鏡面式高速視線制御を用いたステレオトラッキングによる動的対象への視触覚提示システム, 第18回日本バーチャルリアリティ学会大会(VRSJ2013), 2013年
  • 高速光学系により応答時間を整合した新たなビジョンシステムの提案, 第19回画像センシングシンポジウム (SSII2013), 2013年
  • 高速視線制御ユニットによる動的プロジェクションマッピング, 第18回日本バーチャルリアリティ学会大会(VRSJ2013), 2013年
  • 運動する人体上へ高速追従する映像投影への空中超音波触覚の重畳, 第18回日本バーチャルリアリティ学会大会(VRSJ2013), 2013年
  • 希少放線菌Actinoplanes missouriensis運動性胞子のトラッキング顕微鏡観察, 2013年度(第28回)日本放線菌学会大会, 2013年
  • 可動ミラーを用いた全周走査高速視線制御・ユニットの提案, 第31回日本ロボット学会学術講演会, 2013年
  • 1 msオートパン・チルト ~動きの並進成分を極力除去した映像の生成技術~, 第31回日本ロボット学会学術講演会, 2013年
  • 背景差分を適用した高速視線制御トラッキングシステムおよび屋外用ユニット, 第19回画像センシングシンポジウム (SSII2013), 2013年
  • 駆動鏡面式高速視線制御光学系を用いた高精度計測のための光学パラメータ推定, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2013(ROBOMEC2013), 2013年
  • ロボプティックビジョン:フレーム毎の高速光学系制御に基づく次世代ビジョンシステムの提案, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2013 (ROBOMEC 2013), 2013年
  • 可搬型高速視線制御システムの開発と背景差分を用いた屋外での高速物体追跡, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2013 (ROBOMEC 2013), 2013年
  • 焦点距離の高速スキャンにより得られる時系列画像を用いた高速三次元動き推定手法, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2013 (ROBOMEC 2013, 2013年
  • 液体可変焦点レンズを用いた高速ズーム系の基礎評価, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2012 (ROBOMEC 2012), 2012年
  • 二眼駆動鏡面式視線制御による高速ステレオビジョンシステム, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2012 (ROBOMEC 2012), 2012年
  • 焦点の異なる複数の画像を用いた3次元動き推定アルゴリズム, 第12回公益社団法人計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会, 2011年
  • 暗視野顕微鏡法における遊泳細胞の三次元トラッキング, 第12回公益社団法人計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会, 2011年
  • 高速液体レンズによるフォーカス走査画像系列を用いた任意焦点・被写界深度の画像合成手法, 2011年映像情報メディア学会冬季大会, 2011年
  • Full HD画質対応超高速パンチルトカメラ, 2011年映像情報メディア学会年次大会, 2011年
  • サッカードミラーと画像処理を用いた高速飛翔体の映像計測, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2011 (ROBOMEC 2011), 2011年
  • 駆動鏡面を用いた超高速アクティブビジョン, 第16回画像センシングシンポジウム (SSII2010), 2010年
  • 光学系と画像処理系の速度を整合した高速フォーカスビジョン, 第27回日本ロボット学会学術講演会, 2009年
  • 高速焦点スキャン画像群に基づく実時間画像認識フレームワークの提案, 第16回画像センシングシンポジウム (SSII2010), 2010年
  • 駆動する鏡面を用いた高速視線制御システム-サッカードミラー-, 第15回ロボティクスシンポジアプログラム, 2010年
  • 高速液体可変焦点レンズの光学特性とコンピュータビジョンへの応用, 日本光学会年次学術講演会 Optics & Photonics Japan 2009 (OPJ2009), 2009年
  • 駆動鏡面式超高速アクティブビジョン, 第27回日本ロボット学会学術講演会, 2009年

産業財産権

  • 特許権, 撮像装置, 川人祥二,奥寛雅, PCT/JP2020/043885, 2020年11月25日, 国立大学法人静岡大学,国立大学法人群馬大学, はい, はい
  • 特許権, 体積型ディスプレイ, 奥 寛雅, 特願2019-162573, 2019年09月06日, 国立大学法人群馬大学, 特開2021-43232(P2021-43232A), 2021年03月18日, はい
  • 特許権, 再帰性反射材の製造方法, 奥 寛雅,佐藤 美子, 特願2019-30507, 2019年02月22日, 国立大学法人群馬大学, 特開2020-134821(P2020-134821A), 2020年08月31日, はい
  • 特許権, 可変焦点レンズおよびレンズ制御装置, 石川 正俊; 奥 寛雅, JP2003006509, 2003年05月26日, 石川 正俊, 奥 寛雅, WO2003-102636, 2003年12月11日
  • 特許権, 再帰性反射材, 奥 寛雅; 宇治 貴大, 特願2017-029553, 2017年02月21日, 国立大学法人群馬大学, 特開2018-136385, 2018年08月30日
  • 特許権, ブラーレス画像撮像システム, 石川 正俊; 奥 寛雅; 早川 智彦, 特願2013-218801, 2013年10月22日, 国立大学法人 東京大学, 特開2015-082710, 2015年04月27日, 特許第5729622号, 2015年04月17日
  • 特許権, 視線方向制御装置, 奥 寛雅; 石川 正俊; 小林 鉱石, 特願2013-141940, 2013年07月05日, 国立大学法人 東京大学, 特開2015-014731, 2015年01月22日, 特許第6080047号, 2017年01月27日
  • 特許権, 情報呈示装置, 奥 寛雅; アルバロ カシネリ; 安井 雅彦; 石川 正俊, 特願2013-141939, 2013年07月05日, 国立大学法人 東京大学, 特開2015-014730, 2015年01月22日, 特許第6176657号, 2017年07月21日
  • 特許権, 可変焦点レンズ, 奥 寛雅; 王 立輝; 石川 正俊, 特願2015-515689, 2013年05月09日, 国立大学法人 東京大学, 特許第6143274号, 2017年05月19日
  • 特許権, 可変焦点レンズ, 奥 寛雅; 王 立輝; 石川 正俊, JP2013062998, 2013年05月09日, 国立大学法人 東京大学, WO2014-181419, 2014年11月13日
  • 特許権, 背景差分抽出装置及び背景差分抽出方法, 横山 恵子; 奥 寛雅; 石川 正俊, 特願2013-099408, 2013年05月09日, 国立大学法人 東京大学, 特開2014-219874, 2014年11月20日, 特許第6090786号, 2017年02月17日
  • 特許権, トラッキング装置およびこのトラッキング装置を備えたトラッキング顕微鏡並びにトラッキング方法, 石川 正俊; 奥 寛雅, 特願2009-093648, 2009年04月08日, 国立大学法人 東京大学, 特開2010-243868, 2010年10月28日, 特許第5263886号, 2013年05月10日
  • 特許権, 可変焦点レンズ, 奥 寛雅; 石川 正俊, 特願2009-021440, 2009年02月02日, 国立大学法人 東京大学, 特開2009-217249, 2009年09月24日, 特許第5419005号, 2013年11月29日
  • 特許権, 変位変換装置, 奥 寛雅; 石川 正俊, 特願2008-116621, 2008年04月28日, 国立大学法人 東京大学, 特開2009-264993, 2009年11月12日, 特許第4986165号, 2012年05月11日

受賞

  • インタラクション2019 インタラクティブ発表賞(PC推薦), 2019年03月
  • インタラクション2019 インタラクティブ発表賞(一般投票), 2019年03月
  • Innovative Technologies 2018, Innovative Technologies 2018, 奥寛雅研究室, OKU Hiromasa laboratory;Gunma Univ, デジタルコンテンツ協会, 2018年
  • 計測自動制御学会システムインテグレーション部門SI2005ベストセッション講演賞, 2005年
  • Best Paper in Biomimetics, IEEE Int. Conf. on Robotics and Biomimetics, Best Paper in Biomimetics, IEEE Int. Conf. on Robotics and Biomimetics, 2006年
  • 日本ロボット学会研究奨励賞, 2009年
  • 日本ロボット学会論文賞, 2010年
  • 第19回画像センシングシンポジウム SSII2013 オーディエンス賞, 2013年
  • 日本ロボット学会誌論文賞, 2013年
  • Innovative Technologies 2013, 2013年
  • Innovative Technologies 2013 特別賞 (Industry), 2013年
  • 映像情報メディア学会誌 2013年動画コンテンツ優秀賞, 2014年
  • Innovative Technologies 2015, 2015年
  • 日本バーチャルリアリティ学会論文賞, 2015年
  • 計測自動制御学会計測部門論文賞, 2014年
  • 計測自動制御学会論文賞・蓮沼賞, 2014年
  • 第19回画像センシングシンポジウム最優秀学術賞, 2014年
  • Best Paper Award, 23rd ACM Symposium on Virtual Reality Software and Technology (VRST '17), Best Paper Award, 23rd ACM Symposium on Virtual Reality Software and Technology (VRST '17), 2017年
  • 横山科学技術賞, 2017年
  • インタラクション2017 インタラクティブ発表賞(PC推薦), 2017年
  • インタラクション2017 インタラクティブ発表賞(一般投票), 2017年
  • Advanced Robotics Best Paper Award, Advanced Robotics Best Paper Award, 2016年

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 分散ネットワーク構造を有する超高速認識行動システム, Ultra-High-speed Sensory-Motor System Based on Distributed Network Architecture, 石川 正俊; 並木 明夫; 小室 孝; 奥 寛雅; 鏡 慎吾; 石井 抱; 橋本 浩一, ISHIKAWA Masatoshi; NAMIKI Akio; KOMURO Takashi; OKU Hiromasa, 日本学術振興会, Japan Society for the Promotion of Science, 科学研究費助成事業 基盤研究(S), Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (S), 基盤研究(S), Grant-in-Aid for Scientific Research (S), 東京大学, The University of Tokyo, 2002年, 2006年, 本研究では,実環境に高速かつ柔軟に対応する認識・行動システムの構築を目的とし,具体的な基盤技術として,階層並列構造による感覚運動統合,認識と行動の超高速性,分散ネットワーク構造の各要素に注目して,分散ネットワーク構造に基づいた多数のセンサとアクチュエータを結合した高速リアルタイム処理システムを構築した. 1.TCP/IP通信機能を有する高速ビジョンネットワークシステムの構築 高速で移動する複数の対象を,広い範囲で観測し,かつ,オクルージョンによる死角などが生じないように観測することをめざして,複数のビジョンシステムによる分散協調ネットワークシステムを構築した. 2.分散センサネットワーク情報処理アルゴリズムの開発 カルマンフィルタを利用したセンサフュージョン手法であるDTKF(Delay-Tolerant Kalman Filter)を提案した.DTKFは,センサ数の増大に対して優れたスケーラビリティを有しており,その有効性を,高速視覚センサによる対象追跡タスクの数値実験により検証した. 3.多眼高速ビジュアルフィードバックシステムの構築 複数の高速ビジョンを用いた多眼高速ビジュアルフィードバックシステムを構築し,各ビジョン情報の相互補完による,オクルージョンにロバストな複数対象の3次元トラッキングを実現した.多数のビジョンを用いることで計測範囲,精度の向上,オクルージョン回避などが実現できた. 4.階層並列構造による感覚運動統合の実現 分散ネットワーク構造に対応して,多数のセンサシステムと多数のロボットシステムを実時間で接続するために,複数のリアルタイム処理システムとロボットシステム,センサシステムを統合した並列分散処理システムを開発した.システム構成としては,CANbusによって接続されたdSPACE社の実時間処理システムを3台用意し,IOを通してロボットアーム2台,ロボットハンド3台,高速ビジョン3台(カメラヘッドは6台),その他,触覚や力覚などの多数のセンサを接続したものである., The purpose of this study is to develop a recognition-behavior integration system which can act in a flexible manner at high-speed in the real environment. Using basic technologies, such as sensory-motor integration based on hierarchical parallel architecture, ultra-high-speed recognition and motion, and distributed network processing architecture, we have developed a high-speed realtime processing system in which a large number of sensors and actuators are connected based on distributed network architecture. 1.A high-speed vision network system with TCP/IP communication function. In order to track many targets which moves at high-speed in a wide area without occlusion, we have developed a distributed cooperative network system with multiple vision systems. 2.A distributed sensor network information processing algorithm. We have proposed a sensor fusion processing method called DTKF (Delay-Tolerant Kalman Filter). DTKF is a method using Kalman Filter, and it has a good scalability against the increase of the number of sensors. The proposed method was verified by a numerical simulation of a target tracking task of high-speed vision sensor. 3.A multi-high-speed visual feedback system. We have developed a multi-high-speed visual feedback system with multiple high-speed visions. By interpolating the lack of information using several vision systems, a 3D tracking of multiple targets which is robust against occlusion is achieved. Also, the improvement of a range of measurement and accuracy, and occlusion avoidance is achieved. 4.Sensory-motor fusion based on hierarchical parallel processing architecture In order to connect a large number of sensor systems and robot systems, we have developed a parallel distributed processing system in which realtime processing systems, robot systems, and sensor systems are integrated. In the system three realtime processing systems made by dSpace Inc, are connected to each other using the CAN bus, and two robot arms, three robot hands, three high-speed vision systems (six camera heads), and other sensors (tactile sensors, force sensors, and so on) are connected with high-speed IO ports., 14102018
  • 寒天による食べられる光学系の創出, 奥 寛雅, 日本学術振興会, Japan Society for the Promotion of Science, 科学研究費助成事業 挑戦的研究(萌芽), Grants-in-Aid for Scientific Research Challenging Research (Exploratory), 挑戦的研究(萌芽), Challenging Research (Exploratory), 群馬大学, Gunma University, 2018年06月29日, 2020年03月31日, 本年度は,(a)寒天製光学素子の特性評価と,(a)複数寒天光学素子を組み合わせた光学系の構築手法開発とを行った. (a)寒天製光学素子の特性評価では,寒天のもつ面成型精度を評価するために,寒天で平面と凸面からなる凸レンズ,もしくは平面と凹面からなる凹レンズを成型した.面の成型精度は,レンズに入射させた平行光の透過波面をShack-Hartmann波面センサで計測することで行った.また,凸レンズは解像力チャートを実際に結像させることでもその性能を評価したところ7.13LP/mmを得た.ほぼ同程度の焦点距離と径をもつガラス製のレンズで同じ条件で計測すると,20.2LP/mmであったので,解像力としてはおおよそ半分弱の性能であることがわかった.寒天は弾性をもつゲルであるため,重力などによる変形がこの性能劣化をもたらしていると推測された. (b) 複数寒天光学素子を組み合わせた光学系の構築手法を開発した.この過程で,寒天で成型したレンズはレンズの機能をもたない部分も透明で光学系を構築する際にその部分が迷光を生み出すという問題があることが判明した.そこで,寒天を原料としつつ光の透過性が非常に低い羊羹に着目し,羊羹と透明な寒天とを一体成型することでレンズと絞りを一体成型したレンズを開発した.これにより,レンズ外部の不要光を透過しない,食べられる光学素子を一体成型できることがわかった. また,寒天製の凹レンズと凸レンズを焦点位置を共有するように配置することでアフォーカル系を構築することにも成功した.このアフォーカル系を通して像を計測すると,実際に像が拡大,もしくは縮小されることが確認できた. (c) 寒天は乾燥に弱いという特性があり,この欠点を克服するため飴を原料とした光学素子形成手法も開発した., 18K19799
  • 次世代HMDのための1000volume/s超高速体積ディスプレイの開発, 奥 寛雅, 日本学術振興会, Japan Society for the Promotion of Science, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (B), 基盤研究(B), Grant-in-Aid for Scientific Research (B), 群馬大学, Gunma University, 2018年04月01日, 2021年03月31日, 本研究は,1000Hzの高速な周波数で映像更新可能な体積表示型三次元ディスプレイを構築することで,人間の焦点調節と整合し,かつ動的な現実世界と時間的にも幾何学的にも整合した映像提示を可能にする原理を創出することを目的としている.2018年度は,特に単眼における高速体積表示の原理確認と光学系構築を中心に行った. (2018-1) 本研究に要求される高速性はないが扱いが容易な市販の液体可変焦点レンズを用いて簡易型体積表示光学系を構築した.構築した光学系について,模擬眼カメラで提示される像位置を計測し,想定されている像提示位置の奥行変化を得られることを確認した.また,次に人間の眼で認識される像の奥行き位置を計測し,こちらも奥行変化が得られることを確認した. (2018-2)次に,共振型の可変焦点レンズであるTAGレンズを用いて,高速体積表示原理検証用光学系を構築した.TAGレンズは約69kHzで焦点距離が振動するため,そのままでは特定の焦点距離での像提示ができない.そこで,LEDを焦点距離の振動に同期させて特定のタイミングで短時間光らせることで,特定の焦点距離での像提示を可能とした.この系について,(2018-1)で構築した模擬眼カメラで提示される像位置を計測し,提示位置の奥行変化を得られることを確認した. (2018-3)(2018-2)で構築した光学系に組み合わせるためのDMDを導入し,高速な提示像切替と提示像制御が可能であることを確認した. (2018-4)DMDの提示像をLEDで短時間照明することで特定焦点位置での像提示が可能となるが,この際にDMDの提示面に一様な明るさで照明する必要があるため,LEDによる一様照明系を構築し,その一様性を実験から確認した., 18H03271
  • 食べられる再帰性反射材の創出, Edible Retroreflector, 奥 寛雅, Oku Hiromasa, 日本学術振興会, Japan Society for the Promotion of Science, 科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究, Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Challenging Exploratory Research, 挑戦的萌芽研究, Grant-in-Aid for Challenging Exploratory Research, 群馬大学, Gunma University, 2016年04月01日, 2018年03月31日, 再帰性反射材は、カメラから明るく観察されるため、画像処理用のマーカーとして頻繁に利用されている。本研究では、食材のみから再帰性反射材を実現する方法を開発し、寒天製の食べられる再帰性反射材を実現した。また、作成した食べられる再帰性反射材を料理の上に付与することで、料理上へのプロジェクションマッピングを安定して実現できることを実証した。本成果はパーティーなどにおける食の新たな演出手法の創出や、消化管内部に設置可能なマーカーとして利用することで新たな医療技術の創出などに寄与する。, A retroreflector is a kind of optical device that can reflect incident light back to the light source. A retroreflector is often used as an optical marker for machine vision since it becomes very bright in the scene and is easy detect by image processing. Based on this idea, this study proposed and developed an edible retroreflector made from transparent foodstuffs. We found that kanten, or Japan agar, which is a traditional Japanese cooking ingredient used to form a transparent jelly, was suitable for forming such optical devices. A recipe for an edible retroreflector using kanten was developed. A prototype made from kanten showed a retroreflective function in reflectance measurement experiments. From the measurement of reflectance and reflected images, the prototype was shown to work as a retroreflector and to properly work as an optical marker for computer vision. Dynamic projection mapping on a Swiss roll was also successfully demonstrated using the prototype as an optical marker., 16K12469
  • 超高速アクティブビジョンを用いたマルチスレッド高速視覚センシング, Mulithread High-speed Vision Sensing Using Ultrafast Active Vision, 石井 抱; 松本 祐二; 高木 健; 姜 明俊; 奥 寛雅; 青山 忠義, ISHII IDAKU, 日本学術振興会, Japan Society for the Promotion of Science, 科学研究費助成事業 基盤研究(A), Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (A), 基盤研究(A), Grant-in-Aid for Scientific Research (A), 広島大学, Hiroshima University, 2016年04月01日, 2019年03月31日, 本研究では、計測系・処理系・駆動系の高速化により、一台の高速ビジョンが複数仮想トラッキングビジョンとして機能する時分割マルチスレッド視線制御の概念を提案し、高速画像認識とフレーム単位の視線パスプラニングが統合した高速ターゲットトラッキング理論の体系化を行った。時分割マルチスレッド処理として秒間数百視線の独立制御を行う超高速アクティブビジョンを開発し、複数視線の時空間密度を制御するマルチスレッド視線制御によるサーベイランス応用事例を通し、聖徳太子的な超人的な目として、数十台のトラッキングビジョンに「分身」するマルチスレッド高速視覚センシングの有効性を示した。, This study proposed the concept of time-division multithread viewpoint control in which an ultrafast active vision system can function as multiple virtual pan-tilt cameras by accelerating sensing, computing, and actuation for target tracking, and systematized multithread target tracking theory that integrates high-speed image recognition and frame-by-frame viewpoint path planning. We developed an ultra-high-speed active vision system that can independently perform viewpoint control at hundreds of frames per second as time-division multithreaded processes, and verified the effectiveness of multithreaded high-speed vision sensing that "alternates" to dozens of virtual tracking visions by showing several surveillance applications in which spatio-temporal densities of multiple viewpoints are simultaneously controlled., 16H02348
  • 画像認識型・拡張現実による根管用単眼三次元内視鏡を用いた次世代根管治療機器の開発, Development of new root canal treatment instrument using ocellus three dimensions endoscope for root canals by image recognition and augmented reality, 末永 英之; 正宗 賢; 奥 寛雅, SUENAGA hideyuki, 日本学術振興会, Japan Society for the Promotion of Science, 科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究, Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Challenging Exploratory Research, 挑戦的萌芽研究, Grant-in-Aid for Challenging Exploratory Research, 東京大学, The University of Tokyo, 2013年04月01日, 2015年03月31日, 根管治療は硬組織に囲まれ、直接見ることが困難な狭小な根管を治療対象としている。歯の内部に広がっている髄腔の立体的な位置関係を把握することは重要である。知覚情報の強化により、見えない根管の立体構造を可視化することができれば、根管治療の精度と安全性の向上に寄与する。本研究では、高精細化した拡張現実ディスプレイを用いて、CTデータから構築した歯根や根管の三次元CT 画像(実物大三次元映像)を実空間に表示した。また、拡張現実により実空間に浮かんで見える歯根や根管の三次元CT 画像とコンピュータビジョンによる歯の画像認識により患者の位置・姿勢の取得を行なった。, A root canal treatment is targeted to a small, narrow root canal that cannot be seen directly because it is surrounded by hard tissue. It is important to understand the positional relationship of the bone-marrow cavities spreading inside the teeth. If we can visualize the invisible, three-dimensional structure of the root canal by strengthening sensory information, it will contribute to the improvement of accuracy and safety of root canal treatment. In this study, by using a high-resolution, augmented reality display, we displayed three-dimensional CT images (real-size three-dimensional images) of the dental root and root canals constructed from CT data on the real space. In addition, we obtained the patient's position/posture by three-dimensional CT images of the dental root and root canals that look like floating in the real space with the use of augmented reality and the image recognition of teeth through computer vision., 25670807
  • 高速光学系によるアクティブプロジェクション, Active projection based on high-speed optical devices, 奥 寛雅, OKU Hiromasa, 日本学術振興会, Japan Society for the Promotion of Science, 科学研究費助成事業 若手研究(A), Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Young Scientists (A), 若手研究(A), Grant-in-Aid for Young Scientists (A), 2012年04月01日, 2015年03月31日, 高速に焦点距離や投影方向を変調できる光学デバイスを利用して,投影像の合焦位置や投影方向を高速に制御可能なアクティブプロジェクションシステムとその応用手法とを開発した.奥行きによって異なるパターンをもつライトフィールドの投影像から1000Hzの計測周波数で高速に実環境の3次元情報を計測可能な新たな手法を研究・開発し,実環境での高速3次元計測・認識の実現からその有用性を実証した.さらに,当該システムを利用して高速運動する対象への動的プロジェクションマッピング手法を研究・開発し,あたかも印刷されているかのように見える新たな映像投影技術の有用性を実験や展示を通して実証した., In this project, basic study on active projection technology and its applications, including prototype system development, were conducted. The active projection technology is a new projection method based on the high-speed control of projector's focal length and projecting direction using high-speed optical device/unit. A new high-speed depth image measurement method was developed, which use a light field illumination that has different intensity pattern depending on the distance from the projector. A high-speed depth image estimation (< 1/1000 s) was demonstrated. The reason of this high-speed estimation is that the depth can be estimated from the projected pattern directly. A dynamic projection mapping method was also developed based on the developed active projection system. Smooth projection of a facial expression on a randomly moving table tennis ball was demonstrated successfully., 24680011
  • 追跡的光線投影による大空間情報提示手法, Information display method in large space by ray projection on a tracked object, 奥 寛雅, OKU Hiromasa, 日本学術振興会, Japan Society for the Promotion of Science, 科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究, Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Challenging Exploratory Research, 挑戦的萌芽研究, Grant-in-Aid for Challenging Exploratory Research, 東京大学, The University of Tokyo, 2012年04月01日, 2014年03月31日, 本研究では高速で運動する動体に輝点を表示し,残像を通して対象より大きなパターンを提示する新たなディスプレイの実現を目標として,その実現のために必要となる人間の知覚特性について研究を行った. まず,提案原理での知覚確認実験から提案する手法での残像知覚が可能であることを示し,少なくとも目標とするディスプレイ手法が実現可能であることを示した.次により具体的に映像が提示できる条件を調べるために,人間の眼における残像特性の要因について静止スクリーン上と動体軌跡上とで調査した.結果として,動体軌跡上では認識率が落ちるものの,特定の条件下では目標とするディスプレイ実現の可能性は十分に示された., The final goal of this project is to create a new display method in large space by projecting light pattern on a moving object so that an observer integrates the "scanned images" into one large image due to the afterimage of his/her eye. In this project, the purpose was set to study the vision characteristics of human eye against such short and single scanned light sequence. A proof of concept experiment proved that the proposed method worked in a certain condition. Next, visual perception characteristics of human eyes were investigated by display experiments in the both case on a static screen and a dynamic screen. As a result, recognition rate of observer tended to be lower than the case of the static screen, and the recognition was found to depend on many factors. These results suggested that the proposed method has a significant possibility of working in a particular condition, and more investigations of visual characteristics against single scanned light image are needed., 24650049
  • 超高速ビジョンを用いた高速知能ロボットの研究, High-speed Intelligent Robot Using Ultra High-speed Vision, 石川 正俊; 奥 寛雅; 渡辺 義浩; 奥 寛雅; 渡辺 義浩, Ishikawa Masatoshi; Oku Hiromasa; Watanabe Yoshihiro, 日本学術振興会, Japan Society for the Promotion of Science, 科学研究費助成事業 基盤研究(S), Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (S), 基盤研究(S), Grant-in-Aid for Scientific Research (S), 東京大学, The University of Tokyo, 2012年05月31日, 2017年03月31日, 超高速ビジョンを基軸とした高速知能ロボットを実現した.アクチュエータ・画像処理モジュール・光学素子といった要素レベルから設計・開発をおこない,高速多指ハンド・高速二足ロボット・高速ビジョンデバイス・高速視線制御ユニット・高速可変焦点技術に関して,優れた能力を持つシステムを構築することができた.理論・アルゴリズム・システムといった幅広い階層の開発を実施し,それらを融合することで,人間の目では把握し得ない極限的な環境センシング/適応的アクチュエーションが可能となった.これにより,感覚運動統合の視点に基づく認識行動戦略をアプリケーションへ実装することで,多様な超高速ロボット技能を実証した., In this research, a high-speed intelligent robot based on ultra-high-speed vision has been achieved. We have designed from the component level as the actuator, image processing module, and optical device. With using the developed components, high-speed multi-fingered hand, high-speed bipedal robot, high-speed vision device, high-speed gaze control unit, and high-speed variable focus technology have been built up as the system with superior performance. Moreover, multi-level developments composed of theory, algorithm, and system have been achieved and the integration has enabled to target sensing and adaptive actuation that are unperceivable for human eye. With implementing the recognition behavior strategy based on motor-sensory integration into various applications, high-speed robotic skills have been demonstrated., 24220005
  • ビジョンチップの応用展開, Application of Vision Chip, 石川 正俊; 並木 明夫; 小室 孝; 奥 寛雅; 渡辺 義浩, ISHIKAWA Masatoshi; NAMIKI Akio; KOMURO Takashi; OKU Hiromasa; ALVARO Cassinelli; WATANABE Yoshihiro, 日本学術振興会, Japan Society for the Promotion of Science, 科学研究費助成事業 基盤研究(S), Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (S), 基盤研究(S), Grant-in-Aid for Scientific Research (S), 東京大学, The University of Tokyo, 2009年, 2011年, 研究代表者らは、ビジョンチップと呼ぶ超高速集積化視覚情報処理チップを開発し、従来のビデオレート(30Hz)での処理に比べて格段に高速化された視覚情報(1kHz)を用いた高速ビジュアルフィードバックの有効性を唱えてきており、これまでの応用システム開発からその基礎は固まり、実社会への応用を目指す新たなフェーズに入った。そこで、本研究では新たな応用展開の基軸として、高速ビジョンによりリアルタイムに人間の動作を認識する高速ビジュアルインターフェイスと、顕微鏡画像をフィードバックすることで微小対象制御を行う高速マイクロビジュアルフィードバックとに注力し、新たな応用分野として革新的なシステムの構築を目指すとともに、当該分野の発展に大きく寄与することを目指すものである。, We have developed a massively-parallel visual-information-processing chip called as Vision Chip. The developed chip has shown the effectiveness of the high-speed visual feedback at the speed of 1kHz which is largely increased in the speed compared with the conventional video-rate(30Hz). The fundamental technology for such high-speed visual feedback is now being established. This technology progress allows us to enter a new phase to challenge the application development for the real world. Based on this background, in this research project, we focus on two key applications, High-speed Visual Interface and High-speed Micro Visual Feedback. High-speed Visual Interface observes human motion in real-time by using high-speed vision and realizes new man-machine interaction systems. High-speed Micro Visual Feedback observes microorganism at high accuracy by controlling a microscope based on the feedback of the high-speed vision., 19100002
  • 細胞トラッキングシステムを用いた高解像芭な細胞運動イメージング系の構築, 吉田 学; 奥 寛雅, 日本学術振興会, Japan Society for the Promotion of Science, 科学研究費助成事業 萌芽研究, Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Exploratory Research, 萌芽研究, Grant-in-Aid for Exploratory Research, 東京大学, The University of Tokyo, 2007年, 2008年, 本研究は、精子運動を主な題材に、自動トラッキング装置を用いた高解像度・高速度な装置の開発を行うが目的である、具体的には、研究分担者の奥等が開発した高速のマイクロビジュアルフィードバックと顕微鏡を組み合わせた細胞トラッキング系を用い、研究代表者である吉田等が構築してきたLEDストロボ光源を用いた精子鞭毛運動解析装置及び高速度イメージング装置を統合し、長時間にわたって高速度・高解像度に細胞運動を解析することを可能とするイメージング装置の構築を目指した。具体的な目標としては、200マイクロメートル/秒の速度、60ヘルツの鞭毛打頻度を持つカタユウレイボヤの精子走化性時の運動を、1分以上にわたって追跡記録することを目標とした。 これまで分担者の奥等が構築してきた、微生物の顕微鏡トラッキングシステムを改良し、精子運動のトラッキングが可能となるよう、システム及びソフトの改良を行い、最終的に2分以上もの長時間にわたるトラッキングに成功した。また、顕微鏡の光学系に位相差系を導入し、精子の容易な追跡が可能となった。トラッキングシステムへのLED照明の組込みに関しては、まだシステムを改良する必要があり、完成には至らなかった。 また、細胞トラッキングシステムにおいて使用可能な、誘引源をチャンバー内に組み込んだアッセイ系を開発を行い、チャンバーの片側に寒天で誘引源を固相化する手法を見いだし、トラッキング系に使用することを可能とした。 当初計画においては、蛍光照明系の統合による細胞内シグナルイメージング系の構築を予定していたが、採択された予算の都合上、研究の遂行することが出来なかった。, 19657045
  • 高速時分割トラッキングによる一千万個細胞群の個体識別システム, 奥 寛雅, 日本学術振興会, Japan Society for the Promotion of Science, 科学研究費助成事業 若手研究(B), Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Young Scientists (B), 若手研究(B), Grant-in-Aid for Young Scientists (B), 東京大学, The University of Tokyo, 2006年, 2007年, 平成19年度は主として,1.複数細胞の高速時分割トテッキングアルゴリズム開発,2.複数細胞への高速フォーカシングアルゴリズム開発,の2点を行った. 1.複数細胞の高速時分割トラッキングアルゴリズム 二次元的に分布する光学顕微鏡下の複数の対象を,視野スキャンを行いながら高速に個体を識別し,長時間に渡って各個体を追跡するアルゴリズムを構築した.複数対象の識別は平成18年度に開発した,複数細胞の高速認識アルゴリズムを利用して行い,その各個体位置をデータベースに登録し,スキャンごとにその各個体位置を更新することで,細胞の移動などにも対応可能なアルゴリズムを構築した.また,実際にこのアルゴリズムをC言語を用いて実装し,毎秒1000枚の画像を計測可能な高速ビジョンと,自動ステージとを組み合わせてイースト菌を対象としてその評価実験を行った.その結果,対象の画像が安定して計測できる場合は機能するが,スキャンに伴い対象がフォーカス面から外れてしまうという問題が顕在化した. 2.複数細胞への高速フォーカシングアルゴリズム開発 1.で細胞への高速オートフォーカスが必須であることがわかったため,視野内に複数の細胞が存在しても,対象に高速にオートフォーカス可能なアルゴリズムを開発した.平成18年度に開発した細胞単体に対するオートフォーカスアルゴリズムを拡張し,視野内に複数の細胞がいても,それらの回折像情報を抽出してオートフォーカスを可能とする画像処理アルゴリズムを開発した.実際に開発したアルゴリズムをC言語を用いて実装し,イースト菌群を顕微鏡下で高速にスキャンしながら,対象にフォーカスを合わせ続けることが可能であることを確認した., 18700167
  • 1MHzのビジュアルフィードバックを可能とするビジョンセンサの開発, 小室 孝; 鏡 慎吾; 奥 寛雅; 石川 正俊; 並木 明夫, 日本学術振興会, Japan Society for the Promotion of Science, 科学研究費助成事業 萌芽研究, Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Exploratory Research, 萌芽研究, Grant-in-Aid for Exploratory Research, 東京大学, The University of Tokyo, 2005年, 2006年, 本研究では1MHzのビジュアルフィードバックを可能とするビジョンセンサの開発を目的とする。本センサは、ウィルスのような極細生物の経常観察やマイクロ・ナノマシンの制御、燃焼等の化学現象の制御などに利用できると期待される。 上記目的の実現のため、平成18年度は、以下のように研究を進めた。 1.前年度に製作した32×32画素のビジョンセンサチップに配線ミスがあることが判明したので、修正版の設計を行い、仏CMPに提出し、製造を行った。 2.同センサは32×32の画素アレイのほか、可変長パイプラインの制御に必要な4段のFIFOを列毎に、またモーメントの計算に必要な座標パターン生成回路を設置している。受光部の面積は約1mm角であり、1/3インチ型の光学系で154×115画素搭載できる計算である。 3.製造したチップの動作確認を行うための評価ボードを作成した。現在、評価用のソフトウェアを作成中である。 4.センサの高感度化のため、Optoプロセスに関する調査を行い、PD回路の改良について検討を行った。, 17656113
  • ミリセカンド可変光学系による高速フォーカスビジョン, High-speed focusing vision based on millisecond variable optical system, 奥 寛雅, OKU Hiromasa, 日本学術振興会, Japan Society for the Promotion of Science, 科学研究費助成事業 若手研究(A), Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Young Scientists (A), 若手研究(A), Grant-in-Aid for Young Scientists (A), 東京大学, The University of Tokyo, 2009年, 2011年, 本課題では、1/1000秒程度の応答速度をもつ高速光学デバイスと、やはり1/1000秒の高速画像処理技術とを組み合わせることで、高速に撮像と焦点距離制御が可能な高速フォーカスビジョンを提唱し、これを用いて、被写界深度や焦点距離を変更した画像系列を高いフレームレートで合成する手法や、対象の3次元的な運動を推定する新たな手法を実現した。また、高速に視線方向を制御する機構も開発し、スポーツにおけるボールの跳躍のような非常に高速の現象を追跡することに成功した。, High-speed focusing vision, that is composed of millisecond high-speed vision and millisecond high-speed imaging optics using high-speed liquid lens, was proposed. The proposed vision system could both capture images and also control its focal length in millisecond. Three new algorithms were developed due to the advantage of the matched bandwidth ;(i) an algorithm synthesizing extended focus images with high frame rate,(ii) synthesizing a virtual image with arbitrary depth of field and focal position,(iii) estimating 3-dimensional movement of objects from the image sequence while the focal length was vibrated at high rate. Furthermore, a new optical unit called Saccade Mirro was also developed to achieve millisecond gaze control of the vision system. Due to the high-speed response, a high-speed target such as a bouncing ball was successfully tracked using the developed unit., 競争的資金, 21680015
  • Study on High-speed Visual Feedback for sensing and control of micro objects, Grant-in-Aid for Scientific Research, 競争的資金
  • 1-ms high-speed liquid lens with high resolution, Industrial Science and Technology Frontier Program, 2007年, 2010年, 競争的資金
  • 微小物体計測・制御のための高速ビジュアルフィードバックに関する研究, 科学研究費補助金, 競争的資金
  • 1ms高速・高解像力液体レンズの開発, 産業科学技術研究開発制度, 2007年, 2010年, 競争的資金

社会貢献活動情報

社会貢献活動

  • 映像技術とお菓子の話, 群馬大学, サイエンスカフェ in 桐生④,トークカフェ at PLUS+アンカー 〜群馬大学公開講座〜, 2020年10月10日, 2020年10月10日, サイエンスカフェ

メディア報道

  • カメラ用レンズ,焦点切り替え1/500秒 東大試作 水と油の境界面代用, 日経産業新聞, 2008年08月14日, 新聞・雑誌
  • 焦点距離を2m秒で調節可能な液体レンズを東大が開発, Tech-On, 2009年02月24日, その他
  • 焦点距離を2m秒で調節可能な液体レンズを東大が開発, 2009年02月24日, その他
  • マイクロマシンゾウリムシ, (株)ジェイアール東日本企画 トレインチャンネル「知ってるぅ↑?サイエンス」, 2009年10月12日, インターネットメディア
  • 異次元の世界の映像を『液体レンズ』で見せる, 東京大学大学院情報理工学系研究科サイト,フォーカスⅡ, 2009年11月01日, その他
  • Rapid response liquid lens can change focal length in 2 milliseconds, 2009年12月20日, その他
  • 500分の1秒でフォーカスが決まる液体レンズ, (独)科学技術振興機構, サイエンスニュースオンデマンド, 2009年12月25日, その他
  • レンズの可能性ー液体レンズ, エプタ, 2010年, Vol.48, pp.56-58, 新聞・雑誌
  • 驚異の液体レンズ,デジタル最前線, NECビッグローブ(株), サーイ・イサラ, 2010年11月, 会誌・広報誌
  • 東大の石川教授ら、高速移動体を追従するカメラ技術開発、映像を公開, ロボナブル, 2012年07月10日, 新聞・雑誌
  • Camera system automatically keeps fast-moving subjects centered in the shot, 2012年07月13日, その他
  • 1ms pan-tilt camera system tracks the flying balls (w/ Video), 2012年07月15日, その他
  • Superfast mirrors track a ping-pong ball in flight, 2012年07月16日, 新聞・雑誌
  • Super-fast motion tracking camera uses rotating mirrors to stay locked on target, 2012年07月16日, その他
  • Sistema de seguimiento ultra rapido que no pierde de vista una pelota de ping pong, 2012年07月16日, インターネットメディア
  • Video: Camera Uses Ultra-Fast Mirrors to Perfectly Track a Ping-Pong Ball in Play, 2012年07月17日, 新聞・雑誌
  • Tecnologia para el seguimiento de objetos con camaras de alta velocidad, 2012年07月17日, インターネットメディア
  • High-speed camera could track a speeding ball, puck or player, 2012年07月17日, テレビ・ラジオ番組
  • Camera super-rapida acompanha bolinha de pingue-pongue, 2012年07月17日, その他
  • Robot Eyes Track Ping Pong Balls, 2012年07月18日, その他
  • 卓球のラリーを高精度で正確に追尾!石川奥研究室が開発した1msオートパン・チルトが凄い, 小太郎ぶろぐ, 2012年07月19日, その他
  • Camera focaliza objetos em movimento em tempo real, 2012年07月21日, その他
  • Very Smart Phone Reimagines `Talk to the Hand', 2013年05月17日, テレビ・ラジオ番組
  • Tingly projections make beamed gadgets come alive, 2013年05月30日, 新聞・雑誌
  • 動き回る物体を常に画像中心にとらえるカメラシステム, 2013年06月18日, インターネットメディア
  • Speed of sight, The Dynamic Image Control Camera is a high-speed tracking device that could change sports film technology forever., 2013年08月07日, その他
  • 東大が開発する,対象を画像の中心に捉え続けるカメラ「1msオートパン・チルト」, オプトロニクス, 2013年11月05日, インターネットメディア
  • Lumipen2, 2015年03月27日, その他
  • Saccade Mirro 3, 2016年05月20日, その他
  • 映像利用の新たな展開を生み出す動的メディア技術, 国立大学54工学系学部ホームページ, 2017年01月20日, その他
  • 食材がキラキラ光る!「光を反射する寒天」が開発された, 株式会社BAKE, 2017年03月15日, その他
  • 寒天でできた食べられるレンズが登場!?, (株)誠文堂新光社, SCIENCE & TECHNOLOGY NEWS コカトピ!,子供の科学, 2017年05月, 第80巻第5号, 新聞・雑誌
  • 食べられる再帰性反射材を作ってみた! – 意外な食材が鍵に, 本人, 2017年04月13日, インターネットメディア
  • 群馬大学、 料理上に張り付いているように投影する食べられるプロジェクションマッピング技術を発表, 本人, 2018年11月19日, インターネットメディア
  • 「食べられるマーカー」で、料理にプロジェクションマッピング!​, 見つけたミライ@Inter BEE​,Internet Watch, Impress, 2018年11月27日, インターネットメディア
  • 群馬大学、2台の平行設置プロジェクタから取得した3次元距離情報を基に投影する高速かつ高精度なマーカーレス動的プロジェクションマッピング法を発表, 2019年06月08日, インターネットメディア
  • カメラ用レンズ,焦点切り替え1/500秒 東大試作 水と油の境界面代用, 日経産業新聞, 2008年08月14日, 新聞・雑誌
  • 焦点距離2ミリ秒で制御 東大,新液体レンズ開発, 化学工業日報, 2009年03月03日, 新聞・雑誌
  • ダイナモルフレンズ, 東京大学新聞, 2009年04月28日, 新聞・雑誌
  • 東大,液体レンズ使い全焦点動画の撮影に成功, 日刊工業新聞, 2010年01月12日, 新聞・雑誌
  • 東大発VB,動きの速い微生物・精子…止まっているように観察, 日本経済新聞(朝刊), 2010年04月05日, 新聞・雑誌
  • 微生物トラッキング顕微鏡, TBS, 夢の扉, 2010年09月05日, テレビ・ラジオ番組
  • 微生物トラッキング顕微鏡・ダイナモルフレンズ, BSジャパン, 世の中進歩堂, 2010年09月17日, テレビ・ラジオ番組
  • "時速200km"を追跡ー東大がカメラシステム 小型ミラーで物体捕捉, 日刊工業新聞, 2010年12月15日, 新聞・雑誌
  • 音速移動体を撮影―東大が高精細撮像装置, 日刊工業新聞, 2011年11月02日, 新聞・雑誌
  • えっ,高速物体が静止?音速移動体追跡カメラ技術 東大グループが映像公開, 日刊工業新聞, 2012年07月10日, 新聞・雑誌
  • 1msオートパン・チルト(サッカードミラー), テレビ朝日, トリハダ マル秘スクープ映像100科ジテン, 2012年07月10日, テレビ・ラジオ番組
  • EYE ON THE BALL, 2012年07月20日, 新聞・雑誌
  • Camera system brings new focus to ball sports, ロイター, 2012年07月29日, その他
  • 1msオートパン・チルト(サッカードミラー), テレビ東京, ワールドビジネスサテライト, 2012年08月07日, テレビ・ラジオ番組
  • 高速ビジョンを用いた高速知能システムとその応用(ダイナモルフレンズ,微生物トラッキング顕微鏡), 電波新聞ハイテクノロジー, 2013年01月10日, 新聞・雑誌
  • 手のひらがスマホ画面に 東京大のチームが開発, 共同通信, 47NEWS, 2013年05月15日, その他
  • 手のひらを画面代わりに 東大が装置開発, 日本経済新聞, 2013年05月16日, 新聞・雑誌
  • PC本体不要?手のひらキーボード 投影装置 東大教授ら開発, 毎日新聞, 2013年05月16日, 新聞・雑誌
  • 東大,手のひらをディスプレーにできるシステムー映像ぶれずに表示, 日刊工業新聞, 2013年05月16日, 新聞・雑誌
  • 動くものにもブレずに映像投影…東大が技術開発, 読売新聞, 2013年05月16日, 新聞・雑誌
  • 常にボールが主役(1msオートパン・チルト), テレビ東京, トレンドたまご,ワールドビジネスサテライト, 2013年06月27日, テレビ・ラジオ番組
  • Researchers project the future of smart phones, ロイター, 2013年06月30日, その他
  • ゆがみない映像 建物に プロジェクションマッピング 動く物体にも, 読売新聞(夕刊), 2013年09月05日, 新聞・雑誌
  • 高速物体の振動遠隔地で再現 カメラとレーザー連動 臨場感忠実に 東大がシステム, 日刊工業新聞, 2013年09月06日, 新聞・雑誌
  • 動く物体にプロジェクションマッピング,ミライジョブズFILE12, フジテレビ, めざましテレビ, 2013年09月03日, テレビ・ラジオ番組
  • 常に中央に映す技術 デジタル展示, 日本経済新聞 電子版(映像), 2013年10月24日, 新聞・雑誌
  • 最先端のデジタル技術展始まる(1msオートパン・チルト), NHK, NHKニュース, 2013年10月24日, テレビ・ラジオ番組
  • デジタルコンテンツEXPO2013(1msオートパン・チルト), フジテレビ, 新・週刊フジテレビ批評, 2013年10月26日, テレビ・ラジオ番組
  • すご技デジタル どんな速いものでも「まん中」にとらえます 1msオートパン・チルト(東京大学), 朝日小学生新聞, 2013年10月30日, 新聞・雑誌
  • 対象物を常に画面中央表示 2013年国際ロボット展 11月6-9日 東京ビックサイト, 日刊工業新聞, 2013年11月01日, 新聞・雑誌
  • 大天 放送技術研究所(1msオートパン・チルト), NHK Eテレ, 大!天才てれびくん, 2013年11月13日, テレビ・ラジオ番組
  • 2013年国際ロボット展 (1msオートパン・チルト), NHK World, Great Gear, 2013年12月16日, テレビ・ラジオ番組
  • 1msオートパン・チルト, フジテレビ, スーパーニュース, 2014年01月10日
  • 高速トラッキング撮影システム, NHK, とっておきサンデー, 2015年02月08日, テレビ・ラジオ番組
  • 群馬大、260度超の範囲で高速追尾できる撮影装置開発-毎秒1000コマで動き予測, 日刊工業新聞, 2015年09月03日, 新聞・雑誌
  • 高速の物体を追従する"目" 鏡動かしカメラ視線方向制御, ぐんま経済新聞, 2016年01月01日, 新聞・雑誌
  • 群馬大、秒間1000回超の物体計測を実現−車の自動衝突回避などに提案, 日刊工業新聞, 2016年09月06日, 新聞・雑誌
  • 群大大学院奥研究室、特殊照明で3次元計測、自動運転車や医療に応用期待, 上毛新聞, 2016年10月13日, 新聞・雑誌
  • 光を反射する寒天 食の演出や医療活用に期待 群馬大, 上毛新聞, 2017年02月25日, 新聞・雑誌
  • 食べられる光学素子−群馬大が開発、ケーキの飾りなど演出, 日刊工業新聞, 2017年02月27日, 新聞・雑誌
  • 食べられるARマーカー、群馬大が寒天とチョコで実現 料理と映像連動, 日刊工業新聞, 2017年09月28日, 新聞・雑誌
  • フューチャリスタ(ルミペン,食べられる再帰性反射材), 日本テレビ, ズームイン!!サタデー, 2017年09月30日, テレビ・ラジオ番組
  • プロジェクションマッピング研究最前線(ルミペン,可視光ステルスマーカー,食べられる再帰性反射材), NHK前橋放送局, ほっとぐんま640, 2017年11月09日, テレビ・ラジオ番組
  • "動くもの"に映像を重ねたい, NHK, MIRAIMAGINE, 2017年11月29日, インターネットメディア
  • ”動くもの”に映像を重ねたい!(ルミペン,可視光ステルスマーカー,食べられる再帰性反射材), NHK総合, おはよう日本 関東甲信越, 2017年11月29日, テレビ・ラジオ番組
  • Moving Images(ルミペン,可視光ステルスマーカー,食べられる再帰性反射材), NHK WORLD, NEWSROOM TOKYO, 2017年12月19日, テレビ・ラジオ番組
  • "驚異の進化!最新プロジェクションマッピング" (ルミペン,スタジオ解説), NHK Eテレ, サイエンスZERO, 2018年05月27日, テレビ・ラジオ番組
  • 寒天で食べられる反射板, 日経産業新聞, 2019年02月04日, 新聞・雑誌
  • あめで再帰性反射材 料理・動物の演技など 可食性生かし提案(飴製食べられる再帰性反射材), 日刊工業新聞, 2019年02月28日, 新聞・雑誌
  • 光を反射するアメ,食べられます, 日経産業新聞, 2019年03月05日, 新聞・雑誌
  • ​料理でプロジェクションマッピング 食べられる「再帰性反射材」開発, ぐんま経済新聞, 2019年03月07日, 新聞・雑誌
  • ​甘~い​反射材,トレンドたまご (T.T.File-4967), テレビ東京, ワールドビジネスサテライト, 2019年03月11日, テレビ・ラジオ番組
  • 「甘い反射材」を開発 群大・奥准教授ら 糖と水を原料に, ​東京新聞, 2019年03月16日, 新聞・雑誌
  • 未来の起源(佐藤美子(取材当時修士2年生),飴製の再帰性反射材), TBS、BS-TBS, 未来の起源, 2019年05月05日, テレビ・ラジオ番組
  • 次世代の映像利用技術(1msオートパンチルト,食べられる再帰性反射材), 群馬テレビ, ビジネスジャーナル, 2019年06月21日, 新聞・雑誌
  • The Leading Edge: Projection Mapping Evolving to New Heights, 2019年12月18日, テレビ・ラジオ番組
  • 高速3次元カメラモジュール開発,群大理工学部の奥准教授,画像計測・検査の高速高精度化目指す, ぐんま経済新聞, 2020年02月13日, 新聞・雑誌
  • 超高速でシャッター カメラ1台で4焦点 群馬大と静岡大が開発, 上毛新聞, 2020年08月08日, 新聞・雑誌
  • 画像検査を効率化 異なるピントの画像を同時撮影, ぐんま経済新聞, 2020年08月13日, 新聞・雑誌
  • Science View ~Projection Mapping Evolving to New Heights~(驚異の進化!最新プロジェクションマッピング)(再放送), NHKワールド, 2020年12月16日, テレビ・ラジオ番組
  • 高速ドローンに映像 群大大学院研究室が開発 アバターや広告活用期待, 上毛新聞, 2021年03月11日, 新聞・雑誌
  • 高速で広範囲動く対象に画像を投影 群大大学院研究室が新技術開発 ドローンなど210度追随, 毎日新聞(群馬版), 2021年04月10日, 新聞・雑誌


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.